「ラブライブ!」の東條希を演ずる声優・楠田亜衣奈のソロ・デビュー作ハイレゾ配信

「ラブライブ!」の東條希役として声優デビューし、いまやμ'sとして大舞台に立つなど着々と経験を積み成長してきた楠田亜衣奈が、満を持してソロアーティスト・デビュー! 初作品となる本ミニ・アルバムは、μ'sのデビュー曲「僕らの LIVE 君との LIFE」や名曲「Snow halation」を作曲した山田高弘が音楽プロデューサーを担当。表題曲「First Sweet Wave」には作詞にこだまさおり、編曲に鈴木Daichi秀行を迎えるなど、豪華な制作陣によって練り上げられた6曲が収録。OTOTOYでは本作をハイレゾ配信するとともに、アルバムを購入した方にボーナストラックとして楠田亜衣奈の「スペシャルおやすみコール」をプレゼント! さらに本人へインタヴューも敢行した。独り立ちする彼女のいまの想いとともに、本作の魅力をお届けする。

OTOTOY限定ハイレゾ仕様のボイス特典付き!!

楠田亜衣奈 / First Sweet Wave

【Track List】
01. トドケ ミライ!
02. First Sweet Wave
03. オーマイダーリン
04. Heart's cry
05. HO♡HOLIDAY
06. 夢のつぼみ
07. 楠田亜衣奈 スペシャルおやすみコール(OTOTOYボーナストラック)

【配信形態】
24bit/48kHz(WAV / ALAC / FLAC) / AAC
※ファイル形式について
※ハイレゾとは?

【配信価格】
単曲 400円(税込) / アルバム 2,400円(税込)

INTERVIEW : 楠田亜衣奈

本作は彼女の魅力を引き出したカラフルな6曲が収録されている。今回のインタヴューでは楠田が声優を志したきっかけや、声優デビューして最初のレコーディングのエピソード、歌うことへの思いやアーティスト・デビュー発表の裏話まで、たっぷりとうかがった。インタビュー中もいろんな表情を見せながら、等身大の言葉で話してくれた楠田の魅力を、ぜひ感じとってほしい。

インタヴュー&文 : 前田将博

竹内順子さんと一緒にお仕事できたらいいなと間近に感じて、それまで漠然とした憧れだったのが、挑戦してみたいという気持ちになりました

――楠田さんは声優として活躍されていますが、子供の頃の夢はなんでしたか?

小学生くらいの頃はダンサーになるのが夢でしたね。お友達のバレエの発表会を観にいったら、私も始めたいって思って、5歳のときからダンスを始めました。一つの教室にいろんな先生が来てくださったので、いろんなダンスができるところだったんです。その頃にちょうど安室奈美恵さんが全盛期で、SPEEDさんとかもいてすごくかっこよかったので、憧れがあって。私もそういう人たちのバック・ダンサーをやりたいなと思っていました。

――前で歌う歌手ではなくダンサーだったんですね。

歌を歌うのは好きなんですけどあまり得意ではなかったし、当時はダンスが大好きだったので歌うことを考えたことはなかったですね。その当時は漫画やアニメを観ていなかったので、当時の自分が今の自分を見たらすごく不思議なんだろうなって思います。

――アニメに興味を持つようになったのは、いつ頃なんですか?

小学校6年生くらいに「ONE PIECE」のアニメが始まって、クラス中で大人気だったので観ないと話についていけないぞ、となりまして…。置いていかれないように私も観はじめたのがきっかけです。それでハマって漫画も読みはじめたので、ジャンプ作品が好きですね。他に「NARUTO -ナルト-」や「HUNTER×HUNTER」などに当時すごく影響を受けていました。それから声優さんにも興味を持つようになって、声優さんのイベントやお芝居に行ったりするようになりました。

――声優を目指すきっかけは、なんだったんでしょう。

中学生の頃に神谷明さんが文化祭で講演をしにきてくれて、キン肉マンや冴羽獠とか、いろんな役の声を披露してくださって。でもその時はお話を訊いたりしていくなかで、絶対に私には声優なんてできないなって思ったんですよ(笑)。で、普通に高校に進学したんですけど、「NARUTO -ナルト-」の主人公をやっている竹内順子さんがすごく好きだったので、握手会みたいなものに参加したんです。その時に、この人と一緒にお仕事できたらいいなと間近に感じて、それまで漠然とした憧れだったのが、挑戦してみたいという気持ちになりました。それで16歳くらいの時から本格的に勉強を始めて、専門学校に行ったりしましたね。

――迷いがなくなった。

怖いもの知らずだったというか、何も分からないし、当時は希望しか見えていなかったですね。何とかなるって思っていました。

――楠田さんは普段から前向きなことが多いですか?

基本的にはネガティブなタイプだと思うんですけど、急にそうやってスイッチが入るときがあるんです。そのときにスイッチが入ってくれたから、いまここにいるのかなって思います。

私の歌が好きって言ってくださる方もいるので、そういう方が一人でもいるなら歌いたいと思います

――「ラブライブ!」で演じている東條希ちゃんは生徒会副会長ですけど、楠田さん自身は学校でどんな生徒でしたか?

優等生タイプではなかったですね。小学校の高学年の頃は、なぜか学校の先生に問題児扱いされていたんですよ。漫画が大好きになっちゃって、そればかり読んでいたからだと思うんですけど(笑)。学校に持って行ってのがダメだったのかな。ただ、中学の頃は学級委員長をやったりもしていました。あとは部活をやりつつ、体育祭とかの行事が大好きで、そういう時だけ前に出るタイプでしたね。

――部活はなにを。

3年間、剣道部でした。

――初段を持っているんでしたっけ?

そうですね、一応(笑)。剣道部は、皆だいたい1年くらいやれば初段を取れるんです。だから普通でした。

――専門学校を卒業してからは、すぐに声優としての活動をはじめたんですか?

全然そんなことはなかったですね。卒業したからすぐに事務所に入れるわけではなく、いろんな事務所の養成所に通って、やっと今のところに辿り着いた感じです。

――では、それまで自分で事務所を探していたと。

そうですね。専門を卒業してから3~4年くらいはアルバイトしながら事務所のオーディションとかを探して受けたり、養成所やワーク・ショップにかよったり、知り合いのつてで舞台に出たりとか。とにかく経験をつもうと思って、いろいろ勉強をしていました。

――「ラブライブ!」が楠田さんの声優デビュー作なんですよね。

そうなんですよ。「ラブライブ!」が決まったときはまだ事務所のホームページにプロフィールも載っていなかったから、世間の方からしたら「楠田亜衣奈って誰だ」って感じだったと思います(笑)。その時は不安なことだらけでしたね。

――そんな裏話があったんですね。

しかも、初めてのお仕事が「ラブライブ!」のシングル(『僕らのLIVE 君とのLIFE』)のレコーディングだったんですよ。声優として入ったのですが、初めての仕事がレコーディングだったのでちょっと不思議な感じでした(笑)。

――最初のレコーディングは覚えていますか?

エアコンがすごい効いていて寒かった記憶があります(笑)。緊張と寒さで声が出ないし、でも歌うと熱くなるし、とにかく緊張していましたね。

――レコーディングはみんなで一緒にやったんですか?

一人ずつでしたね。私の前が新田(恵海)さんだったんですよ。初めての仕事だから見学させてもらったんですけど、待っている間にどんどん緊張するし、彼女はすごい慣れていて歌も上手だし、「どうしよう」ってずっとソワソワしていました。

――「ラブライブ!」では2012年に希ちゃんのソロ名義で「純愛レンズ」を発売しました。

世に出ているのはそれが初のソロだと思います。あのときはディレクターさんが「くっすんの持ち前の声をイメージして曲を選んだ」って言ってくださったので歌いやすかったですね。

――今の希ちゃんのイメージと比べても、すごくかわいらしい曲ですよね。

曲もかわいいし、自然とかわいく歌えました。当時はまだ「ラブライブ!」がアニメ化する前で、生徒会副会長という設定もなく、明るく前向きで元気な子って訊いていたので、その当時の東條希ちゃんです(笑)。

――今年の5月9日に開催されたソロ・イベント〈くすくすくっすん さんくっすん祭〉でアーティスト・デビューを発表しました。声優を始めたとき、もともとアーティストとしてもデビューしたい気持ちはありましたか?

私の歌が好きって言ってくださる方もいるので、そういう方が一人でもいるなら歌いたいと思います。表現の仕方は違うのかもしれないですけど、歌もお芝居も根っこの部分は同じなのかなと思うし。私自身、声優として今お仕事をさせていただいていますけど、歌やダンスも、お芝居することや表現の一部なのかなと。写真集も出させていただいているんですけど、それも表現の一部だし。これからも何でも挑戦していきたいなと思っています。

――この日はアニソンのほか、YUIやEvery Little Thing、いきものがかりなどのカヴァー曲も披露されていました。

私はYUIさんがすごく好きで、声優を目指しはじめた16の頃から聴いていたんです。その時に歌ったのが「My Generation」て曲なんですけど、2番に〈制服 脱ぎ捨てた16のアタシに 負けたくはないから〉っていう歌詞があって、すごく共感していて。だからデビュー発表をする日に歌いたかったんです。

――普段聴いている音楽もそういうものが多い?

そうですね。あと最近はE-girlsさんとか、その中のFlowerっていうグループをよく聴いています。メンバーの鷲尾伶菜ちゃんの歌声がすごい好きなので。E-girlsさんはアップ・テンポでダンサブルで、女の子らしい歌詞なので、元気を出したいときに聴いていて、Flowerさんはしっとりした曲が多いので、疲れたときや癒されたいときとかに聴くことが多いです。ほかにはLiSAさんの曲もいいですよね。こちらはジムに行く時とか、車の中とかでしょっちゅう聴いています。

――LiSAさんの曲はすごくパワフルですよね。

武道館のライヴを観に行かせていただいて、すごく刺激を受けました。パフォーマンスもパワフルで、何度かご一緒させていただいたこともありますけど、学ぶところも多くて。本当に音楽が大好きなんだなって伝わってくるんです。

――なるほど。イベントでデビューを発表したときは、どんな気持ちでしたか。

いや~、緊張しましたね。ただ、そのときはファン・ミーティングみたいなイベントで、バンドさんを入れて何曲か歌ったあとでの発表だったので、私もみなさんも暖まっていてガチガチに震えるほどではなかったです。前の日は「いいのかな、大丈夫なのかな」っていうのと、そこで初披露させていただいた曲の振り付けが前日の夜に最終的に完成したものだったので、間違えないようにっていう不安が大きかったです。

――そのときに披露されたのが「トドケ ミライ!」ですね。ファンの方はどんなリアクションでした?

実は前からソロ・デビューの話はちらっとあったので、それを知ってくださっている方には、だいぶお待たせしてしまっていたんです。なので今回やっと私の口から発表できて、泣いて喜んでくださっている人もいて。もちろんそれを知らなかった方もすごい喜んでくれていたので、みなさん笑顔でしたね。

――ソロの話は、かなり前からあったんでしょうか。

VAPさんから出すのが決まったのは本当に発表した少し前くらいだったんですけど、最初に話があったのは2年くらい前ですかね。音楽性や方向性の違いとかもあって、ちょっとなくなってしまったんです。

――じゃあ本当に今回のデビューはファンの方にとっても念願叶ってのことなんですね。

そうだと嬉しいです。

みなさんの顔を思い浮かべながら書いたというか、そのステージをイメージしながら書きました

――「トドケ ミライ!」はイベントに向けて作られた曲なのでしょうか。

CDを出すことが決まって、デビューに向けて作った曲です。だから発表する前にレコーディングもしていて、その時の音源がアルバムに入っています。そこから徐々に1曲1曲録っていった感じなので、「トドケ ミライ!」と一番最後に録った「HO♡HOLIDAY」では、かなり期間が空いています。

――「トドケ ミライ!」では楠田さんが作詞もされています。

レコーディングしたのが4月の後半だったので、作詞したのもその時ですね。発表が5月だったので、かなりギリギリでした(笑)。

――やはりファンの方への思いを強く感じますね。

イベントで披露することが決まっていたので、みなさんの顔を思い浮かべながら書いたというか、そのステージをイメージしながら書きました。

――ほかの曲もアップ・テンポで明るい曲が多い印象です。

最初に曲の構成みたいなものを話し合いで決めて、それから作曲家さんやアレンジャーさんに依頼して詰めていった感じですね。デビューを発表した時は「トドケ ミライ!」以外は決まっていなかったんですけど、イベントのときにカヴァー曲を歌わせていただいたのをレコード会社の方や音楽プロデューサーに観ていただいて、それから方向性が決まった感じです。

――できあがった曲を聴いた印象はいかがでしたか?

難しい曲もあるんですけど、どの曲もすごく好きですんなり入ってくるというか。やはり私を見て書いてくださった曲なので、等身大で自然と好きな曲が集まっている感じがします。だから一番好きな曲とかをよく訊かれるんですけど、本当に全部好きなんです(笑)。


楠田亜衣奈 「First Sweet Wave」MV(Short Ver.)

――レコーディングは順調に進みました?

全部が順調だったわけではないですね。「Heart's cry」は歌録りに苦労しました。

――少しクールなロック調の曲で、いままで歌っていたキャラクター・ソングにはなかったようなタイプの曲ですよね。

なので、余計に難しかったです。全部歌録りが終わったあと通して聴いてみたら、特にAメロが迷いがあるというか、しっくりこなくて。それでAメロだけを録り直してみたら、私の中で方向性が固まったのか、すごく良くなったので、全部歌を録り直しました。

――すでにインストア・イベントがはじまっていますが、ソロで歌うことは慣れてきましたか?

一人でやっていると言っても、まわりのスタッフさんとかはいつもの人たちなので、あまり一人でやっている感じはないですね。ファンの方も結構お馴染みの方もいたりするので。ステージに上がる前や、1曲目のAメロくらいまでは緊張するかもですけど(笑)。

――11月には発売記念イベントも控えていますが、こちらはどんな内容になりそうですか。

もちろんアルバムの曲は歌わせていただく予定です。それとファンの方に感謝を伝える会にしたいなと思うので、プレゼント抽選会だったりとか、みなさんに何かしらの形で思いを伝えられるようなことを計画中です。

――ライヴはまたバンドでやるのでしょうか。

アルバムにせっかくロックっぽい曲も入っているので、やりたいですね。バンドで映える曲もありそうですし。

――「オーマイダーリン」はすごくライヴ映えしそうですよね。

この曲は何度かインストア・イベントで披露させていただいているんですけど、みんなでジャンプしたいなと思っているので、「予習してきて」って今から言っています(笑)。

――ライヴで歌うのが楽しみですね。

レコーディングも楽しいんですけど、ライヴでみなさんの前で歌うのが一番楽しいので、CDを出せなくなってもライヴはやり続けたいです(笑)。パワーをもらえるし、どのステージもその時にしか見られない景色なので、毎回よく覚えています。初めて立ったステージの記憶やイメージもすごく焼き付いていて、その一瞬一瞬がすごくキラキラしていて宝物なんです。それを増やしていきたいですね。

――アーティストととしての夢や目標はありますか。

応援してくださる皆さんが来れるライヴがしたいです。全員参加の。ファンの方にも、もちろん都合とかはあると思うんですけど、大きいところでできたらいいですね。

――考えている会場などはあります?

私は千葉の習志野市出身なので、習志野文化ホールでやりたいです(笑)!

――地元ライヴはファンにとってもうれしいですね。

小学校の頃に文化ホールで毎年必ず行事があって、バレエの発表会もそこでやったことがあるので。ただ、今の私にはちょっと広すぎるかもしれない(笑)。大きい会場だと緊張しちゃうので。それ以外でも千葉でライヴができたら良いなと思いますね。

――μ'sではアリーナ・クラスの会場も多く経験されていますけど、やはりソロでは違いますか?

大きな場所ではまだμ's単独ライヴでのソロ曲くらいしか経験がないので、一人でその空間のみなさんの視線を受けて2〜3時間立っていられる体力がまだないです(笑)。

――じゃあまずは、習志野文化ホールで単独ライヴをできるくらいの体力をつけなきゃですね。

そうですね。ライヴをやっていくうちに、夢や目標もどんどん大きくなっていくのかなと思います。

RECOMMEND

新田恵海 / 笑顔と笑顔で始まるよ!(24bit/48kHz)

「ラブライブ!」など、数々のアニメで活躍中の声優、新田恵海のアーティスト・デビュー作。収録曲はサウンドをElements Gardenが完全プロデュースの上、歌詞は表題曲を畑亜貴、カップリングをSatomiが手掛け、新田恵海の魅力を最大限に引き出します!

>>特集ページはこちら

内田 彩 / アップルミント(24bit/48kHz)

TVアニメ「ラブライブ!」や「宇宙戦艦ヤマト2199」で大ブレイク中の人気声優 内田彩が満を持してデビュー! デビュー作となる1stオリジナル・フル・アルバム『アップルミント』には表題曲「アップルミント」を始め、全て新録音の全11曲を収録。内田彩の魅力をたっぷりお届け!

飯田里穂 / rippi-rippi(24bit/48kHz)

「ラブライブ!」星空凛役で大注目の飯田里穂、初のソロ・メジャー・デビュー作! アーティスト・りっぴーの世界をギュッと凝縮したアルバムが完成。透明感あふれる声で紡ぐ、キュート&エレガントな極上ナンバー集!!

>>特集ページはこちら

LIVE INFORMATION

楠田亜衣奈 デビューミニアルバム発売記念イベント「First Sweet Wave」
2015年11月7日(土)・11月8日(日)@Shibuya duo MUSIC EXCHANGE
2015年11月21日(土)・11月22日(日)@阿倍野ROCKTOWN

PROFILE

楠田亜衣奈

誕生日 : 2月1日
血液型 : A型
出身地 : 千葉県
趣味 : サッカー観戦
特技 : ダンス
主な出演作 :
「ラブライブ!」(東條希役)
「にゅるにゅる!!KAKUSENくん」2期(ニュルりん役)
「ミリオンドール」(すう子役)
「毎度!浦安鉄筋家族」、「プリパラ」他

>>楠田亜衣奈 OFFICIAL HP

o

 
 

インタヴュー

fulaから届いた、新しい旅の報せ──新体制後初のアルバム『ノート』をリリース&インタヴュー掲載!
[CLOSEUP]・2017年10月13日・fulaから届いた、新しい旅の報せ──新体制後初のアルバム『ノート』をリリース&インタヴュー掲載! 雑多な音楽性をポップにまとめあげ、耳にする人の心と体を踊らせる4人組、fula。2016年にギター・石川、ベース・安本、ドラム・髙木が脱退し、それまでのメンバーと作りあげた「楽しい音楽」「踊れる演奏」「情熱」を受け継ぎ、新たにドラム・遠藤、ベース・馬場、ギター・ピギーが加入し。再出発を始めた彼らの新体制1発目となるアルバム『ノート』の発売を記念し、インタヴューを敢行。新譜とともにお楽しみ下さい。 新体制初となるアルバムをドロップfula / ノート'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit / 44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 216円(税込) / アルバム 2160円(税込)【収録曲】''01. Circle of Flame02. スターショア03. のあ 04. Catwalk 05. 航海日誌06. グレイヴダンス 07. よあけ08. クラップユアハンズ09. 散歩道10. 夕焼け 11. 恋のスーパーケイデンス INTERVIEW : fula 突然メンバー3人の脱退
【INTERVIEW】朝も夜も、あなたの心にドッコイセ──Dokkoise Houseの変化し続ける「郊外型」シティ・ポップ
[CLOSEUP]・2017年10月11日・Dokkoise Houseの変化し続ける「郊外型」シティ・ポップ──先行&フリー曲配信開始 cero、そしてSuchmosらの登場によってシティ・ポップの一大ムーブメントが巻き起こった2015~16年。その隆盛を経て、一旦落ち着きつつあるライヴ・シーンのなかで、一層際立つバンドがいる。それがDokkoise House。シティ・ポップを都市から郊外に移したグッド・ミュージックは、都会的な側面と土着性を兼ね備え、HOLIDAY!RECORDSやモナレコードから一気に火が着いた。早耳のリスナーを虜にするその音楽性は、果たしてどこが源流となっているか。また、そのユニークなバンド名の由来は? ジャケットに込められた意味とは? バンド初となるインタヴュー。結成から音楽的なルーツ、そして現状と未来。Dokkoise Houseのそのすべてを露わにする。OTOTOYでは本作を1週間先行で配信するとともに、まずは最初の名刺とも言える彼らのリード曲「Trolly」をなんとフリーで期間限定配信。 毎日の生活にそっと寄り添う郊外型シティ・ポップを1週間先行配信!Dokkoise House / Pilotis Grow'【配
by 中の人
祝! メジャー・デビュー! BRADIOが日本中のファンキー・パーティ・ピープルを虜に!
[CLOSEUP]・2017年10月11日・祝! メジャー・デビュー! BRADIOが日本中のファンキー・パーティ・ピープルを虜にする! いま日本で1番ソウルフルでファンクなロック・バンドといえば…… そう、BRADIO! 今年の夏には〈ROCK IN JAPAN FES〉をはじめ、〈SUMMER SONIC〉、〈SWEET LOVE SHOWER〉など数多くのフェスに出演、さらに4月に行われた中野サンプラザワンマン公演をソールドアウトさせるなどその勢いはとどまることを知らない! そして〈WARNER MUSIC JAPAN INC.〉よりメジャー・デビューを果たし、その勢いはさらに加速するばかり。メジャー1作目となる今作『LA PA PARADISE』は、桑田佳祐や、玉置浩二、布袋寅泰を手掛けた藤井丈司をプロデューサーに起用し、BRADIOの力を最大まで引き出した作品となっている。OTOTOYでは今作の配信開始とともに、メンバー4人へのインタヴューを掲載。メジャー・デビューを果たした、いまの彼らに迫った。 祝! メジャー・デビュー! 初シングルをハイレゾ配信開始 BRADIO / LA PA PARADISE(24bit/96kHz)'【配信形
by 岡本 貴之
コーネリアス『Mellow Waves』待望のハイレゾ配信ーーエンジニア高山徹ロング・インタヴュー掲載
[CLOSEUP]・2017年10月09日・コーネリアス『Mellow Waves』待望のハイレゾ配信ーーエンジニア高山徹ロング・インタヴュー掲載 2017年6月、Cornelius(コーネリアス)が、『sensuous』以来11年ぶりとなるオリジナル・アルバムをリリースした。坂本慎太郎を作詞に迎えた「あなたがいるなら」、「未来の人へ」をはじめ、“メロウ”と“ウェイヴ”に満たされた全10曲。銅版画家の中林忠良によるモノクロームのジャケットも含め、2017年ひいてはテン年代の代表作になるであろう本作をハイレゾ配信開始する。それを記念し、22歳でフリッパーズ・ギターのレコーディング・エンジニアを務め、今作でもミックス、マスタリングを担当しているエンジニア・高山徹にインタヴューを敢行した。本インタヴューとともに、この大傑作をハイレゾでご堪能ください。 2017年を代表する作品を待望のハイレゾ配信スタートCornelius / Mellow Waves (24bit/96kHz)【配信形態】FLAC、ALAC、WAV(24bit/96kHz)>>ファイル形式について>>ハイレゾとは?【配信価格】アルバム価格 : 2,571円【収録曲】1. あなたがい
「2」の新たな幕開けを告げる1stアルバム『VIRGIN』を配信開始&インタヴュー!
[CLOSEUP]・2017年10月04日・さぁ、やつらの復讐劇のはじまりだ! ──エピソード「2」の幕開けを告げる『VIRGIN』を配信開始! 現在無期限活動休止中のThe SALOVERSのヴォーカリスト、そして最近では俳優として連続テレビ小説『ひよっこ』への出演など、多岐にわたって活躍をする古舘佑太郎。そして銀杏BOYZとしても活動をしている加藤綾太。このふたりを中心に結成された4人組ロック・バンド「2」が〈Youth Records〉より1stアルバム『VIRGIN』をリリース。初期衝動的でありながらストーリーテリングな古舘の歌と、それを彩る、加藤綾太(Gt.)、yucco(dr.)、赤坂真之介(ba.)が織りなすキレ味抜群のオルタナティヴかつ疾走感満載のサウンドは、聴いたものの心にストレートに突き刺さるだろう。さまざまなことがあった過去はもう振り返らない! 4人の若者が紡ぎ出す新たな物語のはじまりを見逃すな! 2(ツー)として初の音源を配信中! 2 / VIRGIN'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 207円(税込) / アルバム 2,488円(税込)【収録曲】''1. A
by ?
【EMPiRE】Epsode0.1 外林健太(PHOTOGRAPHER & COSTUME DESIGNER)
[EMPIRE]・2017年10月06日・【EMPiRE】Epsode0.1 外林健太(PHOTOGRAPHER & COSTUME DESIGNER) BiS、BiSH、GANG PARADEを手がけるプロダクション・WACKによる、4組目のアイドル・グループが誕生した。 その名は、EMPiRE!! エイベックス・エンタテインメント株式会社とタッグを組んだプロジェクト「Project aW」として生まれたEMPiREは、BiSHを手がけているチームが担当を行うという。当初はTwitter“10,000フォロワーで顔の公開”という条件で活動が始まったが、謎のフォロワーの買収などにも見舞われつつ、9月28日、ついに全員の顔が公開された。 少しずつ見え始めたEMPiREの動向に迫る連載第2回目は、EMPiREの衣装制作、そしてアーティスト写真などの撮影・デザインを手がける外林健太へのインタヴューを行なった。BiSHでの衣装制作、撮影を通してクリエイティヴ欲求が高まり、次のステップへと向かう外林はEMPiREでどのような活躍を見せ、どのような役割を担うのか。EMPiREへの期待は高まるばかりだ。 インタヴュー&文 : 西澤裕郎 Epsode0.1 :
by 西澤 裕郎
【伝説再来?!】10月の京都には竜が登る!──飯田仁一郎&成田大致〈ボロフェスタ2017〉開催直前対談
[CLOSEUP]・2017年10月06日・【伝説再来?!】10月の京都には竜が登る!──飯田仁一郎&成田大致〈ボロフェスタ2017〉開催直前対談 2017年10月20日(金)から22日(日)にかけて、京都KBSホールとMETROの2つの会場にて開催される〈ボロフェスタ2017〉。 〈ボロフェスタ〉は、知名度の有無やジャンルに関係なく主催者が「観たい! 呼びたい!」と思うアーティストのみをブッキングし、ボランティア・スタッフと主催者が一緒になって、会場設営から一切のイベント運営までを行う、いわゆる“D.I.Y”の精神でつくりあげられている。 16年目を迎える今年は、ヘッドライナーを務める大森靖子やクリープハイプをはじめ、ペトロールズ、H ZETTRIO、BiSH、yahyelをはじめ、ほかにも注目の若手バンドも多数出演。まさにジャンルや世代、シーンをも越えた新しい出会いがあるだろう。OTOTOYでは〈ボロフェスタ2017〉開催を目前に控えたこのタイミングで、主催者のひとりである飯田仁一郎(Limited Express (has gone?))と、数々の伝説的なエピソードを生んできたロック・フェス〈夏の魔物〉を主催する成田大致(THE 夏の魔物)の対
by 西澤 裕郎
再起動した東京カランコロン、1年9ヶ月ぶりとなるアルバム『東京カランコロン01』をリリース&インタヴュー掲載
[INTERVIEW]・2017年10月04日・新たな風吹く、再起動──東京カランコロン、“ポップなのに泣ける”ニュー・アルバムをリリース!! 男女ツイン・ヴォーカルと個性的な楽曲で中毒者を増やし続けるバンド、東京カランコロンが1年9ヶ月ぶりとなるアルバム『東京カランコロン01』をリリースした。2016年に開催したツアーではファイナル公演を日比谷野外音楽堂で開催し、大盛況のうちに終えた彼らは、今年2017年からライヴハウス・Shibuya eggmanのレーベルである「murffin discs」内に発足した新レーベル「TALTO」に移籍。気持ちと環境を新たにした今作は、タイトルに自らのバンド名に「01」を加えた、まさに再起動を告げるような痛快なポップ作となっている。OTOTOYでは今作のリリースを記念し、ヴォーカリストであるいちろー(Vo.Gt)、せんせい(Vo.Key)を迎えたインタヴューを掲載。再起動し、新たなフェイズに進むカランコロンの今とは!? 新レーベル移籍後初、1年9か月ぶりとなるフル・アルバム東京カランコロン / 東京カランコロン01'【配信形態】AAC【配信価格】単曲 205円(税込) / アルバム 2,000円(税込)【収録曲】01
筆者について
前田 将博 (純三)

V系生まれハロプロ育ち、aikoは俺のファムファタル。 Twitterは @junzo99 です。

同じ筆者による他の記事