つしまみれの"人間放棄"な表参道ゲリラ・ライヴを密着レポートまみれ!? 先行配信とフル試聴で最新作まみれ!!

追随許さぬガールズ・オルタナティヴ・ロック・バンド、つしまみれ。2014年に活動15周年とベスト・アルバムのリリースを経て、2015年はいよいよ待望の新作!! オリジナル・アルバムとしては2年5ヶ月ぶりの作品が完成した。 その名も『人間放棄』。2014年の10月に配信限定リリースしたシングル『ニンゲン・コーディング』のテーマを突き詰めた本作は、お馴染みの中村宗一郎(PEACE MUSIC)をサウンド・エンジニアに迎え、どこまでも挑戦的なつしまみれの姿勢がストレートに提示された作品に仕上がった。

OTOTOYではCD発売より1週間早く先行配信を開始、さらに全曲フル試聴を実施。加えて挑戦的な姿勢をどこまで体現できるか、その境地を突き詰めるかのごとく行われた東京・表参道でのゲリラライヴを密着レポート。9月12日、9月19日と2週に渡って行われたそのライヴは、初回にいたってはオフィシャルでの事前告知も一切なし。その場に居合わせたものだけが目撃した一夜の全貌をお届けする。

期間限定全曲フル試聴&先行配信スタート!!


※お手持ちのスマートフォンにOTOTOYアプリをダウンロードすると、ストリーミング再生で簡単に試聴可能!!
※期間 : 2015年9月30日(水)〜2015年10月6日(火)

【配信形態】
16bit/44.1kHz(ALAC / FLAC / WAV) / AAC / MP3
※ファイル形式について

【価格】
単曲 257円(税込) / アルバム2,057円(税込)

【OTOTOY限定特典】
表参道でゲリラライヴまみれ!? 特製フォトブックレット(PDF)


「ニンゲン・コーティング」MV

REPORT : 表参道ゲリラライヴ密着レポート

『人間放棄』という衝撃的なタイトルのアルバムを10月7日に発売するつしまみれが、9月12日に表参道でゲリラ・ライヴを行った。ゲリラ・ライヴと言っても、スピーカーから流れる音楽にあわせて楽器をあてぶりで演奏する形。それゆえに、頻繁に移動を繰り返しながら、人ごみのなかで約1時間にわたる"演奏"を可能にした。

表参道という場所柄、しかもこの日はファッション誌『VOGUE』が主催する〈Vogue Japan Fashions Night Out 2015〉がこのエリアで行われていたこともあって、さまざまな国籍やファッションの人たちが見受けられた。そんな場所で彼女たちは、アルバムにも入っている人間をテーマにした2曲を繰り返し披露。あなたたちは、いったい何者なのか。人間であること、意志を持って生きることとはどういうことなのか。彼女たちはゲリラ・ライヴを通じて、道行く人に繰り返しそう問いかけているようにも思えた。

◆◆

当日の夜8時近く、つしまみれが表参道でゲリラ・ライヴをするという情報を得て、筆者はそのスタート予定の場所へと向かった。メールに書かれた住所をたどって現地に到着すると、そこはなんとラフォーレ原宿。ファッションに疎い筆者のような人間は、普段なら立ち入ることすら少し気が引けてしまうようなこのビルのなかで、彼女たちはゲリラ・ライヴを敢行するというのだ。この日はただでさえ多くの人が足を運ぶ土曜日。しかも建物内では〈Vogue Japan Fashions Night Out 2015〉に関連した音楽イベントも行われており、そこかしこで音楽が流れるなか、人がごった返していた。なかには奇抜なファッションのモデルが立ち止まり、即席撮影会のようになっている場面もあった。

指定された場所はビルの最上階。彼女たちの到着を待つも、一向に現れない。本当にこんな場所に現れるのだろうか。そんな不安がよぎるなか、予定時刻を40分以上過ぎた頃、白いつなぎのような衣服に身を包んだ集団が突如現れた。楽器を持った3人の女性を取り囲むように、スピーカーやカメラを持った男たちもいる。ついに来た。つしまみれだ。3人は無言で柱の前に立ち、首を激しく振って体をうねらせながら演奏するそぶりを見せると、すかさずスピーカーから骨太な音楽が流れ出した。曲は「ニンゲン・コーティング」だ。突然のできごとに、通行人は次々とカメラやスマートフォンを彼女たちに向けた。

1曲を終えると、すかさず彼女たちは曲を流したままビルの階段を降りていく。途中、店のスタッフらしき男性に呼び止められるハプニングもありつつ、そのまま建物の外へと移動していった。音楽を流しながら一行は表参道を闊歩。

そしてキャット・ストリートにそびえ立つブロンズ像の前に立ち止まった。無限ループ的に"演奏"される「ニンゲン・コーティング」と「PEOPLE」の2曲。ゾンビのような顔つきで取り憑かれたように演奏する3人。まり(Vo、Gt)が「人間でいたい!」と繰り返し叫ぶと、外国人が「クレイジー!!」「グレイト!」と歓声をあげた。

その後も移動を繰り返しながら、さまざまな場所で音を轟かせていく。日本人よりも外国人に好評のようで、一緒に歌うものや、音楽に合わせて踊りだすもの、彼女たちとともに行進するものなど、さまざまな反応が見受けられた。表参道駅近く、秋葉神社の前では、その場にいた外国人カメラマンが夢中でカメラをまわす光景も。まるでPV撮影でもしているかのように、彼女たちをさまざまな角度から撮影していた。


その場に居合わせた外国人カメラマンが撮影した映像がYouTubeに公開されていた

それとは裏腹に、「バンドは顔だ」「この世の終わりだ」と冷徹な言葉を投げかける人たちもいた。そして多くの日本人は、まるで彼女たちが存在しないかのように無関心にとおりすぎていった。そんななかで、〈僕は人間じゃない存在で / 僕は存在しない人間だ / それを人間的にコーティング / どんな人間よりも人間だ〉と、繰り返しスピーカーから歌が流れていった。

つしまみれは、導かれているかのように暗がりへと消えていく。後を追うと、そこにはなんと墓場…! ゾンビ(?)たちは、ここを終着点に選び、約1時間におよんだゲリラ・ライヴを終えた。ここで筆者は彼女たちを直撃。この衝撃的なできごとを振り返ってもらった。

——道行く人たちはもちろんですが、怪訝そうに見つめる警備員などもいて、見ているこっちも少しハラハラしていました。

みずえ : 狙い通りですね。

——立ち止まる場所やコースは決めずにやっていたんですか? お店のスタッフの人に呼び止められたりしていましたが。

まり : もみ消しました(笑)。完全にゲリラです。なにも決めずにやりました。

やよい : 警備員も、出てきたら出てきたでおもしろいかな、くらいの気持ちでね(笑)。

——ラフォーレ原宿でスタートするときは、どんな気持ちでしたか?

まり : 「やるか」みたいな感じでしたね。

みずえ : やるっきゃないなと。

やよい : あの時点で、いろんなものを放棄しました。

——道行く人はいろんな反応を示していましたが、どんな思いで演奏していましたか?

みずえ : めっちゃ気持ち良かったですね。ジロジロ見られていたのを、見返したりして。

——「この世の終わりだ」と叫んでいる人がいました。

まり : 最高の褒め言葉ですね。やって良かったです。いい酒が飲めそうです。

——ラフォーレのなかでは音楽イベントをやっていたので、結構馴染んでいた気もします。表参道を選んだのは、そういう理由もあるのでしょうか。

まり : 自然だったよね。でも、もっと馴染んでバレない予定だったんですけどね(笑)。

やよい : 逆に、目立つならもっと目立ちたかったなっていう思いもありました。

——そのくらい奇抜なファッションの人も多くいたし、逆に無関心な人も多かったように思います。そんな人たちに向けて「ニンゲン・コーティング」「PEOPLE」という人間をテーマにした2曲を鳴らしていたのはとても爽快でした。

やよい : 本当に、人間を放棄している人がいっぱいいますからね。みんな、私たちについてくればいいのにって思いました。

——一緒に踊っている人もいましたね。

やよい : それがデモみたいになっていって、世界が変わっちゃうくらいにしたかったですね。

まり : そうするには、あと5周くらいやる必要があるかも。

文 : 前田将博
写真 : 岩佐篤樹

つしまみれ DISCOGRAPHY

古→新

>>まり(つしまみれ)、美容院で、シャンプーが耳にたくさん入る。――しょうもにゅーす
>>シングル『JAGUAR』インタヴュー&2大企画
>>アルバム『つしまみれ』インタヴュー
>>企画版『NO PUNK FEVER』配信&レポート
>>ベスト・アルバム記念『副音声まみれ』&『つしまみれまみれ シングルカット』配信&インタヴュー

LIVE INFORMATION

「人間放棄ツアー」透明半ワンマン
2015年10月11日(日)@下北沢SHELTER
2015年10月16日(金)@名古屋ROCK'N'ROLL
2015年10月17日(土)@大阪FANDANGO

「人間放棄ツアー」全国ツアー~GET CAR SWEET MORE QUEEN SHOWS~
2015年10月20日(火)@横浜B.B.STREET
2015年10月26日(月)@松本ALECX
2015年10月30日(金)@札幌SPIRITUAL LOUNGE
2015年11月4日(水)@仙台enn 3rd
2015年11月5日(木)@盛岡Club Change
2015年11月10日(火)@岡山PEPPER LAND
2015年11月12日(木)@福岡UTERO
2015年11月13日(金)@大分CLUB SPOT
2015年11月17日(火)@千葉LOOK

PROFILE

つしまみれ

1999年、千葉大学バンドサークルにて結成。2004年、初のアメリカツアーをきっかけに本格的に活動開始。日本を代表するオルタナティブ・ガールズ・ロック・スリーピース・バンド。その精神はパンク。結成以来15年間、同じメンバーで活動し続ける世界に類を見ないガールズ・バンド。また、圧巻のパフォーマンスとグルーヴを誇る日本屈指のライヴ・バンドである。全楽曲の作詞作曲、プロデュース、リリース、プロモーションまでを全てメンバーが行う。

これまでのライヴ活動は、下記の通り。日米大型フェスへの出演に加え、毎年20か所以上で行う日本ツアー、10度を超えるアメリカ・ツアーを行っている。特に、2006年、2007年に行ったスーサイドガールズとの全米40本ツアーはのべ10万人を動員。また、日本全国にコピー・バンドが多数いることでも知られており、 ツアーに合わせて共演イベントも開催。

そして、ライヴを支える楽曲は、一筋縄ではいかないが、一度人々の心をとらえると決して離さない。様々なジャンルを独自の解釈で取り入れ情熱と愛情と泣き笑いを吹きこんだ作品はつしまみれの人生そのものを表現する。

日本でのアルバムリリースはこれまでに10作品。BENTEN Label、July Recordsを経て、2009年、ビクターエンタテインメントよりメジャー・デビュー。その後2010年、モジャーレコードを設立して独立。『SHOCKING』(2011年発表)以降の作品はエンジニア中村宗一郎(PEACE MUSIC)を迎え制作。世界観は更に深まり、音楽性に広がりを見せている。全米リリースは、ガールズ・バンド・レーベルの殿堂、BENTEN Label、グーグードールズのベーシストRobby主宰グッドカラメルレコードより。

2014年、結成15周年を迎え、初のベスト・アルバム『つしまみれまみれ』をリリース。著名人とのコラボレーションも多数。(泉谷しげる、ROLLY、ウルフルケイスケ、寺岡呼人氏等とのセッション、レコーディングや、映画監督ヴィム・ベンダースによるショート・フィルム撮影、アメリカの国民的アニメ、パワーパフガールズのテーマソング作成等。2014年は小林幸子氏と対談)

バンド名の由来は、ベースやよいの名字「つしま」の「つし」と、ヴォーカル・ギターまりの「ま」と、ドラムみずえの「み」が「まみれ」て「つしまみれ」。

目標は「武道館でぶどうパンライブ」。
合言葉は「80歳までスリーピース」。

世界を視野につしまみれの挑戦は続く。

>>つしまみれ OFFICIAL HP

o

 
 

"powerpush"の最新アーカイヴ

LITTLE CREATURES デビュー25周年! ハイレゾ配信& 全員インタヴュー
[POWERPUSH]・2016年07月07日・LITTLE CREATURESデビュー25周年! 全編日本語詞によるニュー・アルバムをハイレゾ独占配信 昨年2015年11月にデビュー25周年を迎えたLITTLE CREATURES。OTOTOY独占ハイレゾ配信中の5年ぶり通算7枚目のオリジナル・アルバム『未知のアルバム』について3人にインタヴュー。さらに、録音とmixを担当した奥田泰次から録音使用機材とコメントも掲載。初の全編日本語詞や、トリオ編成ならではの超ソリッドな音色にも注目して聴いていただきたい。 まとめ購入でデジタル・ブックレットつき!LITTLE CREATURES / 未知のアルバム(24bit/88.2kHz)'【配信形態】ALAC / FLAC / WAV / AAC【価格】まとめ購入のみ 2,700円(税込)【Track List】'' 01. 海原 / 02. 未知の世界 / 03. 夢ならば / 04. 絡めとられて / 05. かんちがい / 06. 声なき者 / 07. 月の顔 / 08. 嘘の朝 / 09. 赤いスカート / 10. 隼飛ぶ / 11. わずかばかり INTERVIEW : LITTLE CREATURE
by 渡辺 裕也
〈Hostess Entertainment〉のフジ、サマソニ関連作を期間限定20パーセント・プライスオフ!
[POWERPUSH]・2016年07月15日・〈Hostess Entertainment〉フジ、サマソニ関連作を期間限定20パーセント・プライスオフ!──【サマーキャンペーン2016】 ということで、夏本番、日本を代表する2つの野外フェスの開催も近づいてまいりました。今年20周年を迎える苗場スキー場で開かれるFUJI ROCK FESTIVAL(7月22日~24日開催)、そして都市型フェスとして東京、大阪の2都市同時開催のSUMMER SONIC(8月20、21日開催)。どちらもここでしか見れない海外の超弩級ビッグ・アクトから、いつものライヴハウスを飛びだした身近なインディ・ロック・バンドまでさまざまなアーティストが登場する、まさに音楽シーンの恒例イベント。今回OTOTOYでは、7月1日より開始された〈OTOTOYサマーキャンペーン2016〉の一環として、そんな2大夏フェスに多くのリリース・アーティストたちが出演しているレーベル〈Hostess Entertainment〉をフィーチャー。レーベルの協力のもと、その膨大な洋楽系カタログのなかから、2大夏フェスに出演が予定されているアーティストたちの作品を、期間限定20%プライスオフで配信いたします。ぜ
by 河村 祐介
ひめとまほう、とびきりポップな2ndシングルをハイレゾ独占配信
[POWERPUSH]・2016年07月12日・2016年のサマー・アンセムはこれ! ひめとまほう、とびきりポップな2ndシングルをハイレゾ独占配信 僕とジョルジュでも活動中の姫乃たまと、“ターンテーブルを持っていないDJ”でおなじみの音楽家、DJまほうつかいによるコンテンポラリー・ポップ・ユニット「ひめとまほう」から、この夏にぴったりの2ndシングルを7月24日にリリース。OTOTOYでは独占配信が決定、現在予約受付中! 予約してくれた方は、M1「真夏のスケープゴート」をいち早くダウンロードできます。そして2曲目の「真夏のスケープゴート(姫乃たまヴォーカル) 」は、期間限定でフリー・ダウンロード。姫乃たまのヴォーカルを堪能してください! 2016年、夏のサマー・アンセムはこの曲で決まりでしょ! 7月24日発売のシングルを現在予約受付中 予約でM1「真夏のスケープゴート」を先行ダウンロード可能!ひめとまほう / 真夏のスケープゴート(24bit/48kHz)'【配信形態】ALAC / FLAC / WAV、AAC※ファイル形式について【価格】アルバム 864円(税込)で予約受付中【トラック・リスト】''1. 真夏のスケープゴート / 2. 真夏のスケー
by 純三
清 竜人25、アバンチュールなニューシングルをハイレゾ配信
[POWERPUSH]・2016年07月13日・ひと夏の恋に大人のポップスを──清 竜人25、ニューシングルでの「変化」と「進化」全員インタヴュー 6人の妻と1人の夫からなる「清 竜人25」がこの夏放った新曲は、魅惑で危険な大人の香りただよう『アバンチュールしようよ♡』。楽曲、ビジュアルともに大きく変化し、そして更に進化したその理由を、恒例となった宗像明将によるメンバー全員インタヴューで解きあかします! 清 竜人25 / アバンチュールしようよ'【配信形態】【左】ALAC / FLAC / WAV / AAC (24bit/48kHz) 【右】ALAC / FLAC / WAV / AAC / MP3 ※ファイル形式について'※ハイレゾとは?'※購入方法'【配信価格】【左】単曲 324円(税込) / まとめ購入 1,296円(税込)【右】単曲 257円(税込) / まとめ購入 772円(税込)【Track List】01. アバンチュールしようよ♡02. Coupling♡03. アバンチュールしようよ♡(Instrumental)04. Coupling♡(Instrumental) INTERVIEW : 清 竜人25 2016年4月9日に中
callme、最新シングルをハイレゾ配信&メンバー・インタヴュー
[POWERPUSH]・2016年07月09日・魅了される「攻め」の姿勢──callme、最新シングルをハイレゾ配信&メンバー・インタヴュー 自ら作詞、作曲、振付などを手がける3人組、callmeが第3弾シングル『Confession』をリリース。「告白」をテーマに、イントロのピアノが頭に残る印象的な作品に仕上がった。本作品以外にも、OTOTOYではほぼ全作をハイレゾ配信中。今年全員20歳を迎え、ますます磨きがかかる彼女たちにOTOTOY初インタヴューです! callme / Confession(24bit/48kHz)'【配信形態】ALAC / FLAC / WAV / AAC【価格】単曲 540円(税込) アルバム 1,100円(税込)【Track List】''01. Confession02. Take my time03. Summer of love INTERVIEW : callme 冒頭のイントロからいきなりテンションの高いパワフルなピアノ・プレイが鳴り響き、そのまま疾走するピアノとダンス・ビートに乗せて、3人のメンバーが妖しくシリアスな歌声を次々に聴かせていく。callmeの通算3枚目となるニュー・シングル『Confession』
【サマーキャンペーン2016】第1弾は〈WAX〉ハイレゾ30作品を期間限定で20%プライス・オフ配信!!
[POWERPUSH]・2016年07月01日・【サマーキャンペーン2016】第1弾は〈WAX〉ハイレゾ30作品を期間限定で20%プライス・オフ配信!! 「OTOTOYサマーキャンペーン 2016」を開催します!! キャンペーンの第1弾として、1987年に日本初のパンク・オルタナティヴ専門レーベルとして徳間ジャパン内に設立されたWAXレーベルをピックアップ。WAXレーベルは、80年代初頭に同時多発的に出現しカオティックな状態にあったインディ・レーベルの音源のサルベージを行いつつ、FRICTION、INU、THE STALIN、あぶらだこ、P-MODEL、カーネーションといった日本を代表するバンドの音源をリリース。「オトトイ・サマーキャンペーン 2016」では、その中から30の〈WAX〉ハイレゾ作品を20%プライス・オフで期間限定配信! これまで買い逃していた作品はもちろん、CDで持ってるんだけど、ハイレゾも…… なんてタイトルはこの機会にぜひ! サマーキャンペーン 2016期間 : 7月1日(金)〜8月31日(水)OTOTOYの夏は熱い! 第1弾の〈WAX〉ハイレゾ30作品20%プライス・オフ配信に続いて、プライスオフ企画の第2弾、『OTOTOYサンプラ
ニューエスト・モデル結成30周年! ベスト・アルバムハイレゾ先行配信& 中川敬インタヴュー
[POWERPUSH]・2016年06月29日・濃密なる8年の熱狂ーーニューエスト・モデル、結成30周年記念のベスト・アルバムを独占ハイレゾ先行配信 現在、ソウル・フラワー・ユニオンで活動する中川敬によって1985年に結成されたニューエスト・モデル。今年で結成30年を迎え、数ある名曲の中から厳選された36曲をリマスタリングしたベスト・アルバムをリリース。OTOTOYでは一般リリースより1週間早く、独占ハイレゾ配信を開始。中川敬がニューエスト・モデル時代の軌跡をじっくりと振りかえったインタヴューは必読です! ニューエスト・モデル / ザ・ベスト・オブ・ニューエスト・モデル 1986-1993(24bit/48kHz)'【配信形態】ALAC / FLAC / WAV / AAC(24bit/48kHz)【価格】まとめ購入のみ 3,000円(税込)【Track List】'DISC1 01. オモチャの兵隊 / 02. ソウル・ダイナマイト / 03. センスレス・チャター・センスレス・フィスツ / 04. ニュークリア・レース・オア・ヒューマン・レース / 05. ソウル・トゥ・ソウル / 06. プリティ・ピクチャー・ブック / 07. フィーリング
ケンイシイ、フレア名義の作品『Leaps』をハイレゾ配信開始
[POWERPUSH]・2016年06月17日・自由なる電子音の戯れ──ケンイシイ、フレア名義の作品をハイレゾ配信開始 世界中のテクノ・シーンでその名が知られるケンイシイ。そのアナザー・サイドとも言えるフレア名義の作品『Leaps』がこのたびハイレゾ配信される。ストレートなテクノ・サウンドのケンイシイ名義の作品に比べ、フレア名義は彼のエクスペリメンタルなエレクトロニック・ミュージック・サイドを担っている。ある意味で初期のケンイシイ名義の作品に渦巻いていたストレンジな電子音の感覚を継承している名義でもある。本作はすでに1年ほど前からケンイシイが出演する会場や自身のアーティスト・サイトなどかなり限られた販路でCDとして売られていた作品だが、今回、待望のハイレゾ版がリリースされる。まさに音そのものを楽しむ、その作品性を考えればハイレゾでのリスニングにもってこいの作品と言えるのではないだろうか。 Flare / Leaps(24bit/48kHz)'【Track List】01. Mole Tunnel02. Downglide03. Deep Freeze04. Sympathetic Nervous System05. Las Pozas06. Iapet
by 河村 祐介
筆者について
前田 将博 (純三)

V系生まれハロプロ育ち、aikoは俺のファムファタル。 Twitterは @junzo99 です。

同じ筆者による他の記事