思えば、大森靖子が注目を浴びる結果となった1stフル・アルバム『魔法が使えないなら死にたい』のリリースが今年の3月だったなんて、遠い昔のようだ。そう感じさせるほど、2013年、彼女はつねに動き続けている。

そんな彼女に、ありそうでなかったコラボレーションを呼びかけたのは、"商店街ポップ・バンド"、来来来チーム。大森とは反対に、ゆったりと活動する彼らをたのしみにしていた人たちにとってもうれしい話が届きました。

最初で最後かもしれないこの組み合わせによって生まれたコラボレーション・アルバム『ポイドル』。来来来チームによって大胆に生まれ変わった大森の人気曲をはじめ、お互いが愛するアイドルの名曲、そして本作のために書き下ろされた新曲など、充実の8曲をOTOTOYでは1週間はやくお届けします!!

1週間先行配信スタート!

大森靖子と来来来チーム / ポイドル

【配信価格】
WAV 単曲 250円 / アルバム購入 1,800円
mp3 単曲 200円 / アルバム購入 1,500円

【Track List】
01. ミッドナイト清純異性交遊 / 02. 音楽を捨てよ、そして音楽へ / 03. コーヒータイム / 04. 大きな愛でもてなして / 05. 桃色化粧惑星 / 06. 君と映画 / 07. さよなら、また今度ね(笑) / 08. ボーイゾーン

※まとめ購入のみ、歌詞ブックレットが付いてきます!

INTERVIEW : 大森靖子、張江浩司(来来来チーム)

大森靖子は、またしてもすごいスピードで進化している。大森靖子と来来来チームによるアルバム『ポイドル』。本作は、大森がかねてより大ファンであることを明言している、モーニング娘。の道重さゆみへの愛をふんだんに詰め込んだ渾身のキラーチューン「ミッドナイト清純異性交遊」からはじまり、ハロプロのカヴァー曲「大きな愛でもてなして」や、筆者が個人的に彼女の歴史上最高級の名曲だと思っている「君と映画」など、ディープな8曲が収録されている。すべての曲は来来来チームにより、緩やかに力の抜けたポップ・サウンドに生まれ変わり、その上で大森の歌はまたしても新しい表情を見せている。きっと彼女は、関わったミュージシャンの数だけ新しい歌や表情が生まれ、それを飲み込んで進化し続けていくのだろう。

今回は、大森靖子と来来来チームの張江浩司を迎えてインタヴューを敢行。大森が来来来のオファーを快諾した理由や、彼女がハロプロのオーディションを受けた話、張江が語る大森の魅力など、興味深い内容が満載となった。ふたりのファンのみならず、ハロプロのファンや大森とのコラボを目論むミュージシャンも必見のインタヴューだ。

インタヴュー&文 : 前田将博

私がいま調子が良いからそれに乗っかろうっていうのが見えて、潔いなと思いました(笑)

――大森さんと来来来チームは、もともとどうやって出会ったんですか?

張江浩司(以下、張江) : コピー・バンド・イベントですね。

大森靖子(以下、大森) : カメダタク(オワリカラ)くんと、畠山健嗣(H Mountains)と、わたし、張江くん、股下89のえら(めぐみ)ちゃんで東京事変をやりました。

――そのメンバーは、どうやって集まったんですか?

張江 : 主催者が集めましたね。だから、ほとんどみんな初対面です。

――それまで、お互いの存在も知らなかった?

張江 : 知っていたのは、名前くらいですね。ちょうど大森さんの1枚目の『PINK』が出たくらいで、あのジャケのイメージがあったので、やばい人なのかなって警戒していました(笑)。僕がバーをやっていたので、うちの店に来て飲んだんですけど、会ってみたら意外と大丈夫でしたね。

大森 : 私は、ハロプロが好きってことが好印象でしたね。そのとき私はあまりハロプロ好きなことを表に出していなかったので、よくハロプロの話をしにお店に通っていました。家も近かったし。

大森靖子

張江 : (田中)れいなのオーディションを受けたころだよね。

大森 : そうそう。れいなのバンド・メンバー募集オーディションを年齢を偽って受けたんですけど、その相談をしていました。それで、年齢詐欺したアメブロを作ったり(笑)。

――それは結局ダメだったんですか?

大森 : そうなんです。書類を持っていけばオーディションは受けられたので、アコギを持っていってタンポポの「I&YOU&I&YOU&I」を歌ったら「誰の曲ですか? 」ってアップフロントの人に言われて。

一同 : あはははは!

大森 : 「タンポポさんの曲なんですけど」って言ったら、「あなたの曲かと思いました」って言われてショックでしたね。あんなに良い曲なのに。

――あの名曲を会社の人が知らないとは…。でも、おふたりはそういうつながりがあったのに音楽で関わることはなかったんですね。

張江 : しばらくしてから、去年の10月くらいに僕がもう1個やってるステキスっていうバンドで、高田馬場で対バンしたんですよ。そのときが大森さんのライヴを観るのがはじめてだったんですけど、それが超良くて。観てる子も泣いたりしてて。で、終わってから、大森さんやトリプルファイヤーの大垣とかと飲んでるときに、来来来チームは2マンをいっぱいやりたいと思ってるから、大森さん一緒にやりましょうよって話をしたんです。その流れで、3月の2マン(来来来世紀で会おうよ7 大きな愛でもてなして@渋谷O-nest)が決まったんですよ。

――では、それがスタートなんですね。あの日は、最後に一緒にコラボして演奏したんですよね。

張江 : ℃-uteの「大きな愛でもてなして」と、大森さんの「コーヒータイム」「音楽を捨てよ、そして音楽へ」をやりました。

――じゃあ、今回のアルバム『ポイドル』に入ってる曲は、そのときにやった曲がメインなんですね。

張江 : そうですね。コード進行とか曲調で弦楽器隊がアレンジしやすそうな曲を選びました。

大森 : そのときに、ディスクユニオンの店員さんが、「これをCDにしたいんだけど」って言ってて。

張江 : そのあとにクアトロのワンマンとかもあって、大森さんが一気にブワーってきてたので、これは尻馬に乗らないといけないなと(笑)。それで、6月くらいに大森さんに「本当に音源出しませんか? 」ってメールしたら、「やりましょう」って返ってきました。

大森 : あからさまに、私がいま調子が良いからそれに乗っかろうっていうのが見えて、潔いなと思いました(笑)。そういう欲のあるバンドマンが少ないと思うんですよ。本当に売れたいと思ってるのかなって。そういう意味で張江くんが出した答えが私とやることならいいなと。欲深い人は正しいと思っているので、好感が持てました。

――いままで、そういう話はあまりなかったんですか?

大森 : あまりないですね。

張江 : 逆に健嗣くんに「せっかく私がうまくいってるんだから利用しろよ」って言ってたもんね(笑)。

大森 : 畠山くんのギターはすごい好きだし、同い年だから気に入ってて、どうにか上に持っていきたいって思ってるんです。でも、本人にはまったくその気がなくて、「10年後くらいに俺のCDを偶然手に取ってくれる人がいればいい」みたいに言ってるんですよ。

「ミッドナイト清純異性交遊」はまさしくキラー・チューンですね。

――『ポイドル』をはじめて聴いたときに、歌は大森靖子でしかないんですけど、音は来来来チームの色が濃い印象を受けました。僕のなかで、ピンクトカレフの印象が強いからかもしれないですけど。

張江 : それは意識しましたね。ピンクトカレフじゃない音にするのは、がんばりました。

――大森さんはアレンジに口を出さなかったんですか?

大森 : ダメ出しするだけでしたね。なにが正解かは言わずに(笑)。

――じゃあ、結構やり直した曲もあった?

張江 : 「君と映画」とかは割とすぐにできたんですけど、「ミッドナイト清純異性交遊」が1番苦しみましたね。最初にもらったデモ音源が、たぶんピンクトカレフの練習中に録ったものだと思うんですけど、ギターがジャカジャーンって鳴ってて、ドラムが8ビートで。来来来チームってそういう疾走感のある8ビートのロックって、普段あまりやったことがなかったので、どうしようと。

――この曲は、アルバムのために新しく作ったんですか?

大森 : 道重さゆみ(モーニング娘。)さんの曲を作ろうと思っていたんですよ。ほかの曲はだいたい1日とか数時間でできるんですけど、これは道重さんの曲だからすごいきれいなメロディにしないといけないし、歌詞も全部きれいにして無駄な言葉なんて1個もあっちゃいけないじゃないですか。そう考えてたら完成するのに3ヶ月くらいかかって、ちょうどこの時期にできあがったので持っていった感じですね。

――それは、ある意味すごい重いですね(笑)。

張江 : 重いですよ(笑)! 下手なことはできないから、緊張しましたね。

――でも、この曲はほかの曲とは違って、来来来チームの色が前面に出てるというよりは、いわゆる売れ線のロック・バンドが持ってるようなキラー・チューンみたいだなって思ったんですよね。8ビートで、ロックだけどポップで、何度聴いても完璧な曲です。

張江 : まさしくキラー・チューンですね。

大森 : そういう曲にしたかったんです。

――最初はどんなアレンジだったんですか?

張江 : 大森さんがいないスタジオでYo La Tengoを聴いたりして、こういうベタっとした8ビートみたいな感じかなと思って持っていったら、却下されました(笑)。

大森 : さわやかじゃなかった(笑)。

張江 : ちなみに、この完成のアレンジは後期のHUSKING BEEを参考にしています。イントロは銀杏BOYZですね。

――イントロの叫び声は爽快ですよね。あれ、なんて言ってるんですか?

大森 : 「やっぴー」と「私の部屋に会いにきて 今夜もうさちゃんピース」って言ってます。

張江 : 「やっぴー」の元ネタはアップアップガールズ(仮)の人(関根梓)ですね。レコーディングのときに「叫んでください」って言ったら出てきて、パシッとはまりました。

さゆみんを好きになった人が、いま1番楽しいですよね。

――ちょっと話は逸れますが、おふたりはハロプロのどういう部分に惹かれているんですか?

大森 : 私は道重さんがとにかく好きなんです(笑)。

張江 : リアル・タイムでは観てないんですけど、高橋愛ちゃんが卒業コンサートで、ガキさん(新垣里沙)と「好きな先輩」をふたりで歌うところがあって、その映像を1日30回観て30回泣いてましたね。最所にハマったアイドルはももいろクローバーなんですけど、そのときも早見あかりちゃんが卒業するタイミングだったんですよ。

大森 : 卒業商法に弱いんですね(笑)。

張江 : 早見あかりちゃんが脱退するときは1週間前からずっと泣いてて、ちょっとどうかしてたなって思いますね(笑)。その点、モーニング娘。は絶対に卒業があるじゃないですか。だから好きなんじゃないかな。

張江浩司

――僕も、昔のモーニング娘。の卒業ライヴに何度か行きましたけど、やっぱり独特の空気がありますよね。保田圭とか、さほど興味がなかったのに卒業ライヴを観たら超泣きましたからね。

一同 : あははは(笑)!

大森 : そうなんですよね! 卒業ライヴだと全然好きじゃなかったメンバーも好きになっちゃうんですよね。なんでいま好きになっちゃったんだろうって(笑)。

――大森さんも、やっぱり卒業ライヴのときは泣きますか?

大森 : そりゃあ泣きますよ(笑)! そんなつもりがなくても泣きます。れいなは、お客さんに泣かないでっていうカラッとしたライヴだったので泣きませんでしたけど、すばらしいライヴでした。

――大森さんはいつごろからモーニング娘。が好きなんですか?

大森 : 観にいくようになったのは「リゾナント ブルー」のころですね。その前は加護ちゃんが好きだったんですけど、そのころは地方に住んでいたのでライヴには行けなかったんです。

――そのころから知っていると、さゆがリーダーのモーニング娘。がいまオリコンで1位を取ったりしているのは、感慨深いんじゃないですか?

大森 : 道重さんの苦労が増えないか心配です(笑)。でも、さゆヲタの私としても、さゆみんが残るとは思ってなかったですけどね。だから、うれしいです。さゆみんを好きになった人が、いま1番楽しいですよね。

CMでカンフー好きな人がジャッキーチェンと共演するっていう企画があったんですけど、今回のコラボはそれとほぼ同じ

――またアルバムに話を戻しますが、数あるハロプロの曲のなかで、なぜ「大きな愛でもてなして」をカヴァーしようと思ったんでしょう。

張江 : 来来来チームに「超能力」っていう曲があるんですけど、はじまる前に「大きな愛でもてなして」を弾き語るのが定番なんです。あと、『天国』っていうアルバムを出したときに、タワレコの新宿店のインストア・ライヴで弾き語りで「大きな愛でもてなして」を演奏したこともあって、3月のライヴのときもやろうってなったんですよね。

――こちらは、原曲とはアレンジもテンポもまったく変わっていますけど、来来来チームらしいサウンドですよね。

張江 : これは、後期ゆらゆら帝国を参考にしましたね。

――大森さんは、ハロプロの曲を弾き語りでもたまに歌っていますけど、バンドで歌ってみてどうでした?

大森 : ハロプロの曲を歌えるだけで楽しいですね(笑)。でも、つんく♂さん独特の歌い方を消すっていう作業があいだに入るので、結構大変ですね。それから自分の方に持ってくるので、その変換にはこだわっています。

――これだけ好きだと、もとのイメージを消すのは難しくないですか?

大森 : それほどでもないですね。あの歌い方をなくすと違う部分を出せるので、私の方が生かせる部分もありますからね。

――確かに、大森さんが歌うハロプロの曲はどれも新しい良さを引き出していますよね。「さよなら、また今度ね(笑)」は、新しく書き下ろした曲なんですか?

張江 : これは、もともと「パーティードレス」のアレンジを考えていたんですよ。そしたら大森さんが、このアレンジは好きなんだけど歌いづらい、テンションが合わないってなって。

大森 : なので、「パーティードレス」をアレンジしたものに、違う歌詞とメロディを乗せて作りました。

――「ボーイゾーン」は作曲が山下さんで、作詞が山下さんと大森さんの共作になっていますね。

張江 : それはうちのヴォーカルが作った曲で、大森さんにサビを歌ってもらってるんですけど、そこは大森さんに言わせたいことを書いたみたいです(笑)。

大森 : ドMなんだよね(笑)。

――「しっかりしてよボーイ」ですからね(笑)。

張江 : 中間の弾き語りになる部分は大森さんが書いたんですよね。

大森 : 「ローカル線 最後まで つまさきを睨んでいる」ってところですね。

張江 : うちのヴォーカルは、こういう感じで話したり対バンしたりする前から大森さんのファンなんですよ。だから、ちょっと前にビールかなにかのCMでカンフー好きな人がジャッキーチェンと共演するっていう企画があったんですけど、今回のコラボはそれとほぼ同じって言ってました。

――なるほど(笑)。じゃあ、山下さんは前から大森さんのことを知っていたんですね。

大森 : 『PINK』の頃は、あまり私のことを好きって言ってる人はいなかったから、そのときに好きって言ってくれていたのはやっぱりうれしかったので、大事にしようって思いますね。手のひら返してホイホイ寄ってくる人もいますけど(笑)。

――「さよなら、また今度ね(笑)」や「ボーイゾーン」、来来来チームのカバーの「桃色化粧惑星」はライヴで演奏したことのない曲ですよね。そういう曲をレコーディングするのは、はじめてじゃないですか?

大森 : レコーディングで、こういう系の曲が欲しいなっていう曲をその場で作って録った曲もありますね。「KITTY’S BLUES」とかはそうです。

――そうだったんですね。じゃあ、大森さんのなかでは、ライヴでやり慣れた曲もその場で作った曲も、レコーディングするときの意識はあまり変わらない?

大森 : 一緒ですね。作ろうと思えばいくらでも曲はできるので。

みんなたぶん「俺らが1番大森靖子の魅力を引き出してる」みたいに思いながらやってると思うんですよね

――このアルバムは、1stにしてラストだと言い切っていますが、継続してやるつもりはないんですか?

張江 : 好評で大森さんも乗り気だったらまた再結成すればいいかなと思いますけど、とりあえずはこれで終わりですね。また、ライヴの誘いとかがあって、スケジュールが合えばやりたいですけど。僕らとしては良いことしかないので(笑)。

大森 : また機会があればですね。でも、私としてはいろんな人といろんなことをやりたいので、どんどん次に行きたいです(笑)。

――最近は、No Lie-Sense(鈴木慶一とKERAのユニット)のアルバム『First Suicide Note』にも参加されていますが、今後もいろんな人と絡んでいきたいと。

大森 : 全然やりたいですね。仕事量とストレスと相性で大丈夫だと思えば。ただ、私は嫌いな人の方が多いですけど(笑)。

――好き嫌いの基準はなんですか?

大森 : 勘ですね(笑)。あとは、自分のことを好きかどうか。

――音楽的な部分よりも、人間的な部分の方が大きい?

大森 : 音楽的にもですね。その人が嫌いだったら音楽も嫌いだし、音楽が嫌いだからその人も嫌いなんですよ。

――でも、もしかしたら今後こういうオファーも増えるかもしれないですよね。

張江 : 大森さんは、なんでも自分でがっつりやるタイプだって思ってる人が多いと思うんですけど、一緒にやってみて客演する能力もめちゃくちゃ高いなって思いましたね。今回は大森さんの曲ではあるんですけど、アレンジをがっつり作って用意したものに対してパッて歌う能力がすごく高いので、今後一緒にやりたがる人は増えるんじゃないですかね。

――大森さんは、ライヴではいままで何度もいろいろなコラボをしていますしね。

張江 : 2.5Dのインタヴューで、大森さんが「音楽に対してヤリマン気質なところがある」って言ってるんですよ。さっきのKERAさんのユニットとか、ピンクトカレフのメンバーもそうだと思うんですけど、みんなたぶん「俺らが1番大森靖子の魅力を引き出してる」みたいに思いながらやってると思うんですよね。

大森 : あははは(笑)。

――そう思いながら、みんな大森さんに食われていると(笑)。

張江 : ひと晩限りで食われたあとに「靖子は絶対に俺のこと好きだと思うんだけどな」みたいな。でも、大森さん自身はまったくそんなことを考えていないっていう、そういうアルバムですね(笑)。

大森 : そうかもしれないですね(笑)。

――大森さんの場合は、お客さんもそう思っている気がします(笑)。

張江 : お客さんもたぶん、「この曲のことを1番わかっているのは自分だろうな」って思っていますよね(笑)。

――来来来チームには、これにめげずにまたオファーをしてほしいです。

張江 : やられた側としては、なんとか2回目を(笑)。でも、もうないのかもしれないので、このアルバムを聴いて、気持ち良かったなって思い出していこうと思います。

――せつないですよ(笑)。

張江 : メールに鍵をかけておくみたいな感じですね(笑)。消えないようにしておきたいアルバムです。

大森靖子、来来来チームの過去音源はこちら

【特集ページ】
教会でDSDネイティヴ録音&ミックスした『大森靖子 at 富士見丘教会』を26歳誕生日にリリース!
活動初期に録り溜めた楽曲、いまでは入手困難な楽曲などを収録した『大森靖子黒歴史 EP』をリリース
〈OTOTOY×disc union NEW SENSATION 第11弾〉大森靖子『魔法が使えないなら死にたい』
"商店街ポップ・バンド"、来来来チームがミニ・アルバム『天国』と共に初見参!

LIVE INFORMATION

アルバム発売記念ライヴ

2013年12月2日(月)@渋谷O-nest
出演 : 大森靖子と来来来チーム
OA : いやいやえん
開場 18:30 / 開演 19:00
前売 2300円 / 当日2800円

PROFILE

大森靖子

1987年生まれ。はっきりと自我を自覚したとき、既に少女性を失っていた劣等感とそうさせた世の中への苛立ちにより、表現活動を始める。楽曲のポップさと世相を反映した不安定さ、老婆のような悟りと子どものような無邪気さがそれぞれ混在するライヴが圧倒的であると口コミでひろがり、ヒリヒリするのにかわいい! と徐々に支持を得る。2013年3月20日1stアルバム『魔法が使えないなら死にたい』を発売。5月13日に渋谷クラブクアトロでワンマン・ライヴを行う。

>>大森靖子 Official HP


来来来チーム

山下泰平(Vo, Gt, Songwriting)、荒本祥典(Gt)、柴田裕史(Ba)、張江浩司(Dr)

2007年聖夜結成。 当初は仕事が忙しかったり他のバンドが忙しかったりで全く活動できなかったが、会社辞めちゃったりバンドクビになっちゃったりで、2010年やむにやまれず本格始動。「商店街ポップ」を標榜し、細々とライヴ活動。

2010年9月より自主企画「来来来世紀で会おうよ」を開始。盟友H Moutainsと共同で2011年6月に「山に来い」、2012年1月に「とんちんかんマンデー」を開催。2012年4月、初の正式音源「天国」をtake a shower recordsより発売。2012年末に女子ゲスト・ヴォーカルを迎えたカバー音源集「来来来チームと女子たち」をMajixより配信。2013年1月には渋谷WWWにてH mountainsとの2マン・ライヴ「とんちんかんマンデー 2013」を敢行し、盛況のうち終了。

>>来来来チーム Official HP

o

 
 

"Close Up"の最新アーカイヴ

スカート、初のシングル『静かな夜がいい』配信&澤部渡インタヴュー
[CLOSEUP]・2016年11月26日・これを出したらこれから何モノにもなれちゃうな──スカート、2017年への兆しとなる黄金シングル完成 春に発売された3rdアルバム『CALL』の大反響から、発売週に音楽番組「ミュージックステーション」へスピッツのバックとして出演し話題を呼び、さらには渋谷WWWでのワンマンライヴもソールドアウトと、勢いに乗る澤部渡のソロ・プロジェクト、スカートより初のシングルがリリースされた。寒空のなか街を歩く背中を押し進めてくれるような疾走感溢れるイントロのリフ、夜の情景が浮かぶ素晴らしい歌詞とさらに熟成されたアレンジで、間違いなくこれからのスカートの代表曲となるであろう「静かな夜がいい」をタイトル曲に、全4曲が収録。現在のサポート・メンバーである佐久間裕太(ex. 昆虫キッズ / ドラムズ)、清水瑶志郎(マンタ・レイ・バレエ / ベース)、佐藤優介(カメラ=万年筆 / キーボード)、シマダボーイ(NATURE DANGER GANG、フジロッ久(仮) / パーカッション)に加えて、トリプルファイヤーのギター、鳥居真道が参加。配信と共に、岡村詩野によるインタヴューにて、その制作背景と現在のモードを澤部渡に訊いた。 スカー
by ms.KITTEN
里咲りさ最新アルバム『売れるまで待てない』発売記念、大森靖子との対談実現!!
[CLOSEUP]・2016年12月03日・アイドル兼社長として一躍注目を集めた里咲りさ、ソロ・アーティストとして共鳴する大森靖子との相思相愛対談!! アイドル・グループ「少女閣下のインターナショナル」を立ち上げ、運営兼メンバーとして“しゃちょー”の愛称で親しまれていた里咲りさ。当時からソロ・アイドルとして、そしてシンガー・ソングライターとしても活動していたが、グループ休止後、自身の活動に専念。9月に待望のアルバム『売れるまで待てない』をリリースした。今作は里咲の思いつきからわずか制作期間2ヶ月で書き下ろしの新曲7曲を録音し、初期衝動全開の全曲A面を宣言した意欲作。楽曲の確かなクオリティにさらなる注目を集めた。そんな最新作を待望のハイレゾ配信!! 特典として「ディアティア」と「僕らの心電図」のアコースティックver.というボーナストラックも新たに収録されている。 つい先日の11月には、2017年9月22日に自身最大規模となるワンマン・ライヴを東京・Zepp Diver Cityで開催することを宣伝した里咲。彼女がこれまでのソロで行ったワンマンのなかでは渋谷MilkyWayが最大キャパだというのだから、とんでもない宣言だ。ただ、2013年にも自身の規
by 純三
【INTERVIEW】是よマネ×カワシマユカ 真空スペクトル突然の解散からの一歩
[CLOSEUP]・2016年12月02日・【INTERVIEW】THERAPY、ただの女の子。結成記念インタビュー INTERVIEW7月に初のワンマン・ライヴを終えたばかりのアイドル・グループ、真空スペクトルが9月に突然の解散。同じ事務所で活動をフォローアップしていたエムトピも5月に渋谷duo MUSIC EXCHANGEにて行われた自主企画エムトピフェス以降、6月•7月と突然活動が止まった感があった。両グループの運営に関わっていたのが、これまでさまざまなタレントや女優やアイドルのマネージャーなどを行ってきたBYEマネことO氏である。(現在は是よマネと呼ばれている) 彼自身が夢を実現させるために始めたという真空スペクトル、そして順調に規模を拡大していたかに見えたエムトピがなぜ歩みを止めなければならなかったのか。その真相を語ってもらいつつ、彼がこの後スタートさせる新グループ、THERAPYについても訊いた。 さらにインタビューは、途中から真空スペクトルのリーダーでもあったカワシマユカ(ex.YUKACHI)が乱入するという、まさかの展開に。なんと彼女も新たなグループ「ただの女の子。」を立ち上げたとのこと。自他ともに「病みやすい」と認めるカワシマユ
中川大二朗(ex.宇宙コンビニ)新プロジェクトJYOCHO 期待の1st ミニ・アルバム『祈りでは届かない距離』をリリース&インタヴュー掲載
[CLOSEUP]・2016年11月30日・中川大二朗(ex.宇宙コンビニ)による新プロジェクト、JYOCHO始動! 期待の新作と始動経緯に迫る 2015年3月に惜しまれつつ解散した、京都発3ピース・プログレッシブ・ポップ・バンド、宇宙コンビニのリーダーとしてバンドを牽引してきた”だいじろー”こと中川大二朗が新プロジェクトJYOCHO(読み : じょうちょ)を始動し、記念すべき1stミニ・アルバム『祈りでは届かない距離』をリリース。プログレッシブ~ポップスなど様々なジャンルを通過した音楽性に、テクニカルなトラック、温かみ、激情をふんだんに盛り込んだ、まさに情緒感たっぷりな、だいじろーにしかできない独自の世界観を構築した7曲が完成。今作のメンバーにはドラムにhatch(ex DUG OUT)、ベースにシンディ(空きっ腹に酒、LOW-PASS)、ヴォーカルにrionosという彼が選りすぐった強力なメンバーが集結。彼の多様な知識と音楽性によって生み出された今作の制作意図、新プロジェクト始動の経緯について話を訊いた。 JYOCHO / 祈りでは届かない距離'【Track List】01. family02. 安い命03. furusato04. 故郷05.
Maison book girl、メジャー・デビュー作『river (cloudy irony)』をハイレゾ配信
[CLOSEUP]・2016年11月30日・Maison book girl、徳間ジャパンよりメジャー・デビュー!! 現代音楽とアイドル・ポップスの融合を聴け! コショージメグミ、矢川葵、井上唯、和田輪による4人組アイドル・グループ「Maison book girl」がシングル『river(cloudy irony)』にて、徳間ジャパンコミュニケーションズよりメジャー・デビュー。音楽家・サクライケンタが楽曲制作、総合プロデュースを行い、映画出演、ファッションブランドとのコラボレーションなど多岐にわたって活動を展開してきた彼女たちによる渾身のデビュー作。アイドルファンのみならず様々なジャンルのアーティスト、評論家からも支持を得ている現代音楽とアイドル・ポップスを融合させた独自の美学に貫かれた作品をハイレゾでお楽しみください。 メジャー・デビュー作をハイレゾ配信Maison book girl / river (cloudy irony)【Track List】1. cloudy irony2. karma3. 14days4. cloudy irony instrumental5. karma instrumental6. 14days instru
by 西澤 裕郎
【連載】タフな乙女のアパートメント〈花とポップス〉から4ヶ月連続リリース! 第3回座談会 つるうちはな × サトウトモミ × オガワマユ
[CLOSEUP]・2016年11月30日・〈花とポップス〉が呈する、純度が高く依存のないレーベルとは──連載最終回 エネルギーのベクトル異なる三者三様のSSW "タフな乙女のアパートメント"を掲げ、フリーランスの女性クリエイターが集まる、つるうちはな主宰のレーベル〈花とポップス〉。4ヶ月連続、計10タイトルのリリースに伴う連載の最終回となる第3回目は、10月、11月とミニ・アルバムをリリースしたサトウトモミ、そして11月30日にアルバムをリリースしたオガワマユと主宰のつるうちはなの3名の登場である。 同じピアノの弾き語りを主としながらも、圧倒的な陽のエネルギーで強い求心力を持つつるうちはなが「恋」が「愛」になるまでのものがたりを綴った2ndアルバムと、対照的に圧倒的な孤独を音楽に宿して人を惹きつけるオガワマユの3rdアルバム。そして打ち込みとベースの弾き語りという異色のライヴセットと澄んだ歌声を持つサトウトモミのコンセンプト2部作。計4作の配信と共に話を伺った。 第1回 : 「どんなに新人でも、母になっても──つるうちはな × あーた × イナダミホ × 青柳舞」 第2回 : 「音楽は宗教にも通ずる? 音楽と独自の思想で関係性を築く3人──つるう
【WiLL ソロ企画】第2弾、凪原亜季が日本酒を呑みながら、酒豪のグラドル、病ンドルと女子会をしてきた
[CLOSEUP]・2016年11月28日・【WiLL ソロ企画】第2弾、凪原亜季が日本酒を呑みながら、酒豪のグラドル、病ンドルと女子会をしてきた 「クール&ビューティー」をテーマに掲げ、2016年6月にデビューを果たしたガールズ・グループ、WiLL。ダンス・ミュージックをメインにした多彩な楽曲と切れのあるダンスが耳の早いリスナーの注目を集め、地方や台湾といった海外でのロック・イベントに呼ばれるなどアイドルという垣根を超えて活動中だ。12月8日にはTSUTAYA O-WESTで1stワンマンを行うことを発表している彼女たち。OTOTOYでは3ヶ月に渡りWiLLに迫る特集を展開。メンバー4人のソロ企画を4回に渡り掲載していく。第2弾はグループ1の酒豪・凪原亜季が、グラビア・アイドルの廣瀬聡子、病ンドルの陽菜菜々羽とともにお酒を飲みながら行った鼎談を掲載。凪原のWiLLにかける熱い想いをぜひお読みください。 WiLL 3ヶ月連続配信リリース、第2弾音源を配信開始 OTOTOY独占ハイレゾ配信スタートWiLL / fallin’(24bit/96kHz)【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/96kHz) / AAC【配信価格】単曲 200円
by 西澤 裕郎
【ハイレゾ配信開始】ディストピアのエレクトロニック・ソウル、yahyel
[CLOSEUP]・2016年11月16日・ディストピアに鳴り響く、モダン・マシン・ソウル、yahyel──ハイレゾ配信開始 アルバムに先行した500枚のシングルCDはほぼ即完状態、すでにライヴなどでも大きな評判を集めているyahyel。2015年3月に池貝峻、篠田ミル、杉本亘の3名によって結成(現在はさらにVJに山田健人、ドラマーに大井一彌がくわって5人)されて、活動2年弱で11月23日に1stアルバム『Flesh and Blood』をリリースする。池貝のエモーショナルなヴォーカルと、スペースを活かしたクールなエレクトロニック・トラックは、昨今のベース・ミュージックやビート・ミュージック以降のサウンドメイキングを備えたインディR&Bとシームレスに並ぶ感覚のものと言えるだろう。 アルバムには、昨年自主制作でリリースされた楽曲や新たにミックスされたアルバム・ヴァージョンとして収録されている。マスタリングは、エイフェックス・ツインやアルカ、ジェイムス・ブレイク、フォー・テット、FKAツイッグスなどを手がけるマット・コルトンが担当し、その鋭利なサウンドをより的確に鳴らしている。OTOTOYでは、本作のハイレゾ版の配信を開始。アルバム全体の予約購入で歌詞を
by 河村 祐介
筆者について
前田 将博 (純三)

V系生まれハロプロ育ち、aikoは俺のファムファタル。 Twitterは @junzo99 です。

同じ筆者による他の記事