上原れな、津田朱里、そして小木曽雪菜が彩る「WHITE ALBUM2」の歌世界――大人気レーベルF.I.X. RECORDSのハイレゾ最新作

「WHITE ALBUM2」――2010年に発売され、せつない恋愛を描いたこのWindowsゲームは、そのシナリオの確かさから人気が衰えないどころか、続編、PS3版、PSVita版と新作が続き、そして昨年冬にTVアニメが放送。さらなるファン層を増やし、その人気はいまや確固たるものに。さて今回は「WHITE ALBUM2」のTVアニメ版のヴォーカル集に加え、ゲーム版のオリジナル・サウンドトラック『WHITE ALBUM2 ORIGINAL SOUNDTRACK ~setsuna~』を2.6MHzのDSD、24bit / 96kHzのwav / alac / flacのハイレゾ音源でリリース!!

おなじみのF.I.X.RECORDSの歌姫、上原れなや津田朱里の楽曲だけでなく、ヒロイン"小木曽雪菜"の声優をつとめる米澤円の歌声も高音質に。ハイレゾで聴けるのはOTOTOYだけ。ライター、前田将博のレヴューとともに「WHITE ALBUM2」の音楽にじっくりと浸ってください。

また、5月11日(日)、中野サンプラザにて行われる「春のヘッドフォン祭」にF.I.X.RECORDSと共同でブース出展をすることが決定!! ハイレゾにまつわるトーク・イベントに、来場者特典のハイレゾ音源、そしてSuara、上原れな、津田朱里によるミニ・ライヴなど、企画盛り沢山(詳細はページ下部にございます)。まだハイレゾ体験していない方は、この機会をお見逃しなく!!

TVアニメ「WHITE ALBUM2」VOCAL COLLECTION


V.A. / TVアニメ「WHITE ALBUM2」VOCAL COLLECTION

【配信価格】
(左)DSD(2.8MHz)+mp3 まとめ購入のみ 2,500円
(右)wav(24bit/96kHz) 単曲250円 / まとめ購入 2,500円

【Track List】
01. 届かない恋 Live at Campus Fes (TVanime ver.) / 02. 悪女 / 03. I'm fallin' in love / 04. After All 〜綴る想い〜 '13 / 05. Twinkle Snow '13 / 06. 大切な君へ / 07. closing '13 / 08. WHITE ALBUM Live at Campus Fes (TVanime ver.) / 09. SOUND OF DESTINY Live at Campus Fes (TVanime ver.) / 10. さよならのこと / 11. Free and Dream / 12. 届かない恋 '13 / 13. 優しい嘘 / 14. 恋のような
※カバー許諾等の関係上、CD収録曲のうち「WHITE LOVE」は未収録です

2014年4月23日(水)13:00〜24日(木)13:00までに『TVアニメ「WHITE ALBUM2」VOCAL COLLECTION(2.8MHz dsd+mp3)』をご購入されたお客様へ

この度はご購入ありがとうございます。弊社のミスにより、M6「大切な君へ」のDSD音源、およびmp3音源の"00:55"前後で音飛びしている部分があると判明いたしました。これまでご購入いただきましたお客様には、メールにて正式な音源をお送りいたしました。ご迷惑をおかけし大変申し訳ございません。もしご購入された方でまだメールが届いていないというお客様はinfo(at)ototoy.jpまでご連絡くださいませ。

『TVアニメ WHITE ALBUM2 VOCAL COLLECTION』は、2013年に放送された同作のアニメ版のヴォーカル曲を集めたアルバム。雪菜以外にも、同シリーズの主題歌などを担当している上原れな、津田朱里も参加している。曲調もさまざまで生音を多く取り入れた演奏もあり、『WHITE ALBUM2 ORIGINAL SOUNDTRACK ~setsuna~』と比べて華やかな印象。また、ゲーム版と同じ曲もリアレンジがほどこされており、特に「Live at Campus Fes」とついた3曲はアニメのバンド演奏シーンと重なる。

しかし特筆すべきは、アニメではほんの一部しか聴けなかった「Free and Dream」がフルで収録されていることだろう。こちらは、F.I.X. RECORDSの歌姫、Suaraの原曲を上原と津田がふたりで歌っている、なんとも贅沢な曲だ。さらにアルバムの最後には、ゲーム版では上原、津田がそれぞれ歌っていた「優しい嘘」、「恋のような」の雪菜ヴァージョンも収録されている。どちらも歌詞がもろに雪菜の心情とリンクしているだけに、「WHITE ALBUM2」の世界に触れたことのある人ならば、否が応でも感情移入してしまうのではなかろうか。まだ同作を未体験の方は、アニメの世界に触れた上でもう一度聴いてもらいたい1枚でもある。登場人物が感じる痛みやせつなさを追ったうえで聴けば、きっと何倍もこのアルバムが楽しめるはずだ。(text by 前田将博)

WHITE ALBUM2 Original Soundtrack 〜setsuna〜


小木曽雪菜 / WHITE ALBUM2 Original Soundtrack 〜setsuna〜

【配信価格】
(左)DSD(2.8MHz)+mp3 まとめ購入のみ 2,500円
(右)wav(24bit/96kHz) 単曲250円 / まとめ購入 2,500円

【Track List】
01. 届かない恋 Live at Campus Fes / 02. WHITE ALBUM Live at Campus Fes / 03. Feeling Heart / 04. 夢想歌 / 05. Routes / 06. あなたを想いたい / 07. 舞い落ちる雪のように / 08. POWDER SNOW / 09. ヒトリ / 10. SOUND OF DESTINY Live at Campus Fes / 11. 君をのせて / 12. I hope so… / 13. 届かない恋 Valentine Live / 14. 時の魔法 Acoustic Version
※カバー許諾等の関係上、CD収録曲のうち「深愛」は未収録です

『WHITE ALBUM2 ORIGINAL SOUNDTRACK ~setsuna~』はタイトルどおり、ゲーム版の「WHITE ALBUM2」の中で使われた楽曲のなかから、ヒロインの小木曽雪菜が歌っている曲を集めたアルバム。こちらは、雪菜演じる声優・米澤円の歌がなによりも素晴らしい。しかしそれは、異世界に連れて行ってくれるような力強いものではない。等身大で肩の力の抜けた、自然とこちらに寄り添ってくれるような歌。あるのは安らぎと暖かさ、そして淡いせつなさ。良くも悪くも個性の強い刺激的な曲が多く存在するアニメ・ゲーム音楽の世界において、彼女の歌はとても心地良い。

主人公たちが組んでいたバンドにおいて雪菜がヴォーカルを務めるなど、音楽が登場人物をつなぐ重要なキーとなっている作品だけあって、どの曲も丁寧に作られた名曲ぞろい。また、このアルバムには、リクエストにより選りすぐったアクアプラス作品の曲たちを雪菜がカヴァーしたものも収録されている。かわいらしいポップス「Feeling Heart」、せつなさ全開のバラード「舞い落ちる雪のように」などが、アルバムにさらなる彩りを添え、1枚をとおしての完成度を高めている。どの曲も、雪菜のキャラクターがそのまま投影されているように思う。決して主張は強くないが、不器用な愛情を抱えながら寄り添ってくれる。このアルバムも、そんないつまでも変わらない安らぎを与えてくれる、普遍的なものなのではないだろうか。作品のファンはもちろんのこと、自然体で聴けるポップスを求めている人や、90年代後半の所謂アイドル声優ブームに於いて一線を画した歌手活動を行っていた、桑島法子や岩男潤子などが好きだった人にも聴いてほしいアルバムだ。(text by 前田将博)

ダウンロードに関して

高音質音源はファイルサイズが大きいため、回線速度によってはダウンロード完了するまでにお時間がかかることがございます。通信環境、お使いのPCの空き容量をご確認の上、ダウンロード頂きますようお願い致します。

※ダウンロードしたファイルに不備や不明点がありましたら、info(at)ototoy.jpまでお問い合わせくださいませ。

F.I.X. RECORDS、オススメの過去作はこちら

上原れな / Emergence

『WHITE ALBUM2』の主題歌である「届かない恋 '13」をはじめ、タイアップですでに聴き馴染みのある人気曲を収録。さらにアルバムのため書き下ろされた5曲はすべて、上原れな自身が作詞を担当。ストリングスが参加した壮大なロック・ナンバーから、打ち込みメインのポップスまで。多様なサウンドに、これまでで最も上原れな自身の想いが乗った表情豊かな歌。Emergence――"羽化"していく彼女のいまを、ぜひハイレゾで。

【配信形態】
DSD(2.8MHz)+mp3、wav / alac / flac(24bit/96kHz)(まとめ購入には歌詞ブックレットがついてきます)

>>特集&インタヴューはこちら

津田朱里 / WAVE OF EMOTION

津田朱里の2ndアルバム。ゲーム「WHITE ALBUM2」より「愛する心」、「心はいつもあなたのそばに」、「恋のような」に加え、ゲーム「ダンジョントラベラーズ2 王立図書館とマモノの封印」より「君に出会う日まで」他、全12曲収録。

【配信形態】
DSD(2.8MHz)+mp3、wav / alac / flac(24bit/96kHz)

>>特集&インタヴューはこちら

Suara / Fly away -大空へ-

TVアニメ「カードファイト!! ヴァンガード」のエンディング曲であり、アップテンポかつ疾走感溢れるリズムにわくわくさせられる「Fly away -大空へ-」に、Suaraの真骨頂とも言えるエモーショナルなミドル・バラードであり、優しく包み込むような歌声に惚れ惚れしてしまう「promise」。いずれの楽曲も、Suaraならではの美声、パワフルながら繊細なニュアンスも大切にする表現力が存分に発揮された1枚。

【配信形態】
wav / alac / flac(24bit/96kHz)、mp3(まとめ購入には歌詞ブックレットがついてきます)

>>特集はこちら

Tears to Tiara II 覇王の末裔 ボーカル集

F.I.X. RECORDSの歌姫Suara、上原れな、津田朱里がひとつのアルバムに!! 2013年10月31日発売のPlayStation3用ゲームソフト『ティアーズ・トゥ・ティアラII 覇王の末裔』のヴォーカル曲集。

【配信形態】
wav / alac / flac(24bit/96kHz)(まとめ購入には歌詞ブックレットがついてきます。)

Event Info

F.I.X.RECORDS×OTOTOY PRESENTS 春のハイレゾ祭

場所 : 中野サンプラザ11F 「春のヘッドフォン祭 2014」会場内
日時 : 2014年5月11日(日)11:00~13:00開催
入場方法 : 「春のヘッドフォン祭 2014」の開場時間(10:30)に合わせて11Fのイベント会場も開場致します。
※イベント会場への入場整理券はございません。

内容
・「OTOTOYが推薦するハイレゾのススメ!」と題し、高橋健太郎氏(OTOTOYプロデューサー/音楽評論家)と岩井喬氏(オーディオ評論家)によるトーク・コーナー
・ Suara、上原れな、津田朱里によるミニ・ライヴ

特典
ブース来場者全員にF.I.X.RECORDS作品の特典ハイレゾ音源データ(24bit/192kHz)をダウンロードできるカードを配布

物販
・F.I.X.RECORDS : CD、Blu-ray disc等出演アーティスト関連作品
・OTOTOY : 出演アーティストのヘッドフォン祭エディション・ダウンロード・カード(24bit/192kHz ver.ハイレゾ音源+特典付き)を販売予定
※当日購入者にはSuara、上原れな、津田朱里による握手会参加券をプレゼントいたします

>>「春のヘッドフォン祭 2014」特設ページはこちら

PROFILE

上原れな

2007年12月、横浜パシフィコで行われた「アクアプラスフェスタ2007」でライヴ・デビュー。

2008年3月、ゲームソフト「ToHeart2 Another Days」エンディング・テーマ「コスモスのように」とOVA「ToHeart2ad」オープニング・テーマ「虹の架け橋」のシングル2枚同時リリースでCDデビュー。その後、『toYOU』(2008年8月)、『Jewelry Songs』(2009年11月)、『l’espoir』(2012年2月)の3枚のオリジナルアルバムと1枚のベスト・アルバム『The Brilliant Best ~タイアップコレクション~』(2013年8月)をリリース。

また自身の楽曲に加えて、WEBラジオ「ささらまーりゃんの生徒会会長ラジオ for ToHeart2」のテーマ・ソング「ミゾの架け橋」や「Twinkle Stars☆ミ」などの作詞も手がける。

>>上原れな Official HP


津田朱里

2010年3月に人気ゲーム・ソフト「WHITE ALBUM2 -introductory chapter-」EDテーマ『Twinkle Snow』でデビュー。その後、「WHITE ALBUM2」、「星の王子くん」、OVA「ToHeart2ダンジョントラベラーズ」、「AQUAPAZZA」、「ダンジョントラベラーズ2 王立図書館とマモノの封印」などの主題歌を担当する。2011年2月にファースト・アルバム「Key of Dreams」を発売。やさしく、心に残る声を持った、F.I.X. RECORDSの新人アーティスト。

>>津田朱里 Official HP

o

 
 

"Close Up"の最新アーカイヴ

極上POPS誕生ーーNegicco、3作目のフル・アルバムをハイレゾ配信
[CLOSEUP]・2016年05月24日・もはや聴かない理由がみつからない極上POPS誕生ーーNegicco、3作目のフル・アルバムをハイレゾ配信 新潟在住の3人組ガールズ・グループNegiccoが、約1年4ヶ月振り3作目となるオリジナル・アルバム『ティー・フォー・スリー』をリリース。オリコンTOP10入りした「ねぇバーディア」「矛盾、はじめました。」、『圧倒的なスタイル -NEGiBAND ver.』のカップリング曲「カナールの窓辺」、再録となる「おやすみ(Album Ver.)」、中野サンプラザにて7インチ・レコードが先行発売された「土曜の夜は」を収録。加えて、坂本真綾、オカモトコウキ(OKAMOTO'S)、Spangle call Lilli line、平賀さち枝、Magic,Drums&Loveといった豪華製作陣が参加。OTOTOYでは本作をハイレゾ配信するとともに、Negiccoの3人にインタヴュー。7月30日(土)にはNHKホールでのワンマンも控えた彼女たちの現在を見逃さぬよう。 1年4ヶ月ぶりのフル・アルバムをハイレゾ配信スタートNegicco / ティー・フォー・スリー(24bit/48kHz)【配信形態】WAV、ALAC、FLA
by 西澤 裕郎
STEREO JAPAN緊急連続企画ーー5月4日リリースのシングルが1万枚売れたら解散!? リリパまでの約2ヶ月間を追う!! Vol.9 ELE TOKYO直前メンバー・インタヴュー
[CLOSEUP]・2016年05月23日・STEREO JAPAN、シングルが1万枚売れたら解散!?ーーVol.9 ELE TOKYO直前メンバー・インタヴュー EDMアイドル、Stereo TokyoとStereo Fukuokaによる合同グループ、STEREO JAPANが、2016年5月4日にシングル『Dancing Again』をリリース。5月29日にELE TOKYOにて開催されるリリース・パーティまでに同シングルが1万枚“売れたら”解散する。パーティをすることに力を入れてきたSTEREO JAPANが、なぜこのタイミングでそうした舵を取ったのか? 果たして1万枚売れて解散してしまうのか? その経緯から動向、結果まで、OTOTOYではインタヴューやライヴレポートなどで毎週追いかけていく。更新日は毎週月曜日を予定。 特集第9弾となる今回は、5月29日に開催される『Dancing Again』のリリース・パーティを目前に控えたStereo Tokyoに現在の心境をインタヴュー。また、ELE TOKYOに向けてメンバー5人に意気込みを色紙に書いてもらい掲載する。約2ヶ月に渡り行われてきた本企画も終盤戦。果たして、CDは1万枚売れ、Stereo
by 西澤 裕郎
Seiho、3年ぶりの新作『Collapse』をハイレゾ配信
[CLOSEUP]・2016年05月21日・彼のディープ・エレクトロニクス・サイドを堪能せよ──Seiho、3年ぶりの新作をハイレゾ配信 ソロでの「I Feel Rave」のヒット、Avec AvecとのSugar's Campaign、さらにはさまざまなリミックスやコラボ、プロデュースを経て、3年ぶりにSeihoがアルバムを完成させた。しかも本作にてワールドワイドでのデビューともなる。いま最も頻繁にクラブ・シーンでライヴ活動をしている国内のエレクトロニック・ミュージックのプロデューサーのひとりでもありながら、さらにはここ数年でメジャーなポップ・フィールドにまでその歩みを進めている。本作では、そんな彼がディープ・エレクトロニクスであえて表現した独自の世界観が広がっている。OTOTOYでは、本作をハイレゾ(24bit/48kHz)と、CDと同等音質のロスレス配信を行う。 Seiho / Collapse'【Track List】01. COLLAPSE (Demoware)02. Plastic03. Edible Chrysanthemum04. Deep House05. Exhibition06. The Dish07. Rubber08. P
by 河村 祐介
植谷よしえ(ex.fifi)によるAUNTIES、初音源をハイレゾ&フリーDL配信開始
[CLOSEUP]・2016年05月20日・挨拶代わりのダンス・ポップEP──植谷よしえ(ex.fifi)によるAUNTIES、初音源をハイレゾ&フリーDL配信 2015年8月に惜しまれつつも解散したfifi。その音楽性の中核を担ったのが植谷よしえだ。そんな彼がこのたびソロ・バンド・プロジェクト、AUNTIES(アンティーズ)としての活動を開始した。 そしてAUNTIESの初音源となるEP、『weekend magic』をOTOTOYにてハイレゾ配信。さらには表題曲を期間限定フリー・ダウンロード。本作は、ダンス・ミュージックを経由したポップな曲に甘い歌声が乗る。そんなfifi時代のギターロックから、いわば植谷よしえの心機一転の意欲作を、レヴューとともにお楽しみあれ。 >>weekend magicのフリー・ダウンロードはこちらから! AUNTIES / weekend magic (24bit/48kHz)'【Track List】01. weekend magic02. Missing Days 03. Treasure【配信形態】24bit/48kHz (WAV / ALAC / FLAC) / AAC >>ハイレゾとは?>>ファイル形式について
平均22歳の5人組、odolのバンドの革新感じる2ndアルバムを配信&インタヴュー
[CLOSEUP]・2016年05月19日・平均22歳の5人組、odolが表現する"鮮やかな"モラトリアム──新たな章の始まりとなる2ndアルバム完成 現在、平均22歳──つまり〈FUJI ROCK FESTIVAL'14〉に出演の際は平均20歳という驚異のキャリアを持つ5人組、odol(オドル)。1stアルバム『odol』から1年を経て、2ndアルバム『YEARS』をリリースした。アルバムはオルタナティヴなアプローチはそのままに、音と溶け合うなかにも芯を感じさせるようになったミゾベリョウの歌声と、より客観性を持って突き詰めたサウンドの進化によって、バンドの革新を感じさせる内容。この1年の驚くべき成長スピードの裏には何があったのか。バンドにとっても初だという、メンバー5人揃ってのインタヴューから読み明かす。 odol / YEARS'【Track List】01. years02. グッド・バイ03. 綺麗な人04. 逃げてしまおう05. 1706. 退屈07. ベッドと天井08. 夜を抜ければ【配信形態 / 価格】''16bit/44.1kHz(WAV / ALAC / FLAC) / AAC / MP3単曲 205円(税込) / アルバム 1
BAND-MAID、最新アルバムを配信スタート&メンバー・インタヴュー掲載
[CLOSEUP]・2016年05月18日・メイド姿のハード・ロックな5人組ーーBAND-MAID、ギャップ萌えで目指すは“世界征服”!? 2016年大注目のニュー・カマー登場です!! 「Thrill(スリル)」のMV再生回数が200万回を超えるなど、日本のみならず海外からも視線を浴びているメイド服を纏った5人組ガールズ・バンド、BAND-MAID。ファンを「ご主人様」「お嬢様」、ライヴを「お給仕」と呼び、メイド文化をバンドで再現しながらも、サウンドを聴けば可愛い姿から一変。ハード・ロックを基調とした楽曲、あてぶりなしの激しいライヴ・パフォーマンスでギャップ萌え間違いなし。そんな彼女たちが制作からアレンジまで担当した楽曲も収録した3rdミニ・アルバム『Brand New MAID』を配信スタート。世界征服に向け、進化を続けるBAND-MAIDのインタヴューを掲載します。イロモノだと思っている人こそ、まずはご一聴を!! 世界征服に向けて踏み出す3rdミニ・アルバムBAND-MAID / Brand New MAID【配信形態】WAV、ALAC、FLAC / AAC【配信価格】単曲 324円 / まとめ購入 2,000円(税込)【Track List】
by 西澤 裕郎
音楽と映像の融合、メディア・アーティスト後藤英の最新作をハイレゾ配信ーー渋谷WWWでの帰国ツアーを密着レポート
[CLOSEUP]・2016年04月14日・人間が感じられなかった知覚を引き出したいーーニューメディア・アーティスト後藤英の帰国ツアーを密着レポ ヨーロッパで数多くのアート関係の賞を受賞し、世界の最先鋭を走り続けるフランス在住のニュー・メディア・アーティスト、後藤英。エレクトロニカ、テクノやアンビエントを基調とした楽曲とロボットやボディースーツなどのテクノロジーを融合させるなど先鋭的な表現方法を探り続けている後藤が、1997年~2014年まで日仏をまたぎ録りためた音源をまとめたアルバム『CsO』をリリース。その発売を記念し、帰国ツアーを2016年3月22日(火)に渋谷WWWで開催。世界的に活躍する映像クリエイターであるアントワーヌ・シュミット、ルシオ・アリーズ、テンパトリック・ドアンが同アルバムの楽曲を元に映像作品を作成、後藤のサウンドとエレクトロニック・アートスペクタクルを繰り広げた。OTOTOYはその様子を密着レポート。芸術の可能性を感じる一夜を追体験してほしい。 1997年~2014年まで日仏をまたぎ、録りためた貴重な音源をハイレゾ配信後藤英 / CsO(24bit/44.1kHz)【配信形態】24bit/44.1kHz(WAV / ALAC
STEREO JAPAN緊急連続企画ーー5月4日リリースのシングルが1万枚売れたら解散!? リリパまでの約2ヶ月間を追う!! Vol.8 すーさん(Stereo Tokyoファン)インタヴュー
[CLOSEUP]・2016年05月16日・STEREO JAPAN、シングルが1万枚売れたら解散!?ーーVol.8 すーさん(Stereo Tokyoファン)インタヴュー EDMアイドル、Stereo TokyoとStereo Fukuokaによる合同グループ、STEREO JAPANが、2016年5月4日にシングル『Dancing Again』をリリース。5月29日にELE TOKYOにて開催されるリリース・パーティまでに同シングルが1万枚“売れたら”解散する。パーティをすることに力を入れてきたSTEREO JAPANが、なぜこのタイミングでそうした舵を取ったのか? 果たして1万枚売れて解散してしまうのか? その経緯から動向、結果まで、OTOTOYではインタヴューやライヴレポートなどで毎週追いかけていく。更新日は毎週月曜日を予定。 特集第8弾となる今回は、三浦菜々子大マラソン大会にてCDを40枚買って走ったStereo Tokyoのファン、すーさんへのメール・インタヴューを掲載。かつてOTOTOYでは「アイドル・ヲタクをEDMで解放せよ!!」というタイトルでプロデューサーの水江文人へのインタヴューを掲載したが、すーさんはStereo Tokyo
筆者について
前田 将博 (純三)

V系生まれハロプロ育ち、aikoは俺のファムファタル。 Twitterは @junzo99 です。

同じ筆者による他の記事