上原れな、津田朱里、そして小木曽雪菜が彩る「WHITE ALBUM2」の歌世界――大人気レーベルF.I.X. RECORDSのハイレゾ最新作

「WHITE ALBUM2」――2010年に発売され、せつない恋愛を描いたこのWindowsゲームは、そのシナリオの確かさから人気が衰えないどころか、続編、PS3版、PSVita版と新作が続き、そして昨年冬にTVアニメが放送。さらなるファン層を増やし、その人気はいまや確固たるものに。さて今回は「WHITE ALBUM2」のTVアニメ版のヴォーカル集に加え、ゲーム版のオリジナル・サウンドトラック『WHITE ALBUM2 ORIGINAL SOUNDTRACK ~setsuna~』を2.6MHzのDSD、24bit / 96kHzのwav / alac / flacのハイレゾ音源でリリース!!

おなじみのF.I.X.RECORDSの歌姫、上原れなや津田朱里の楽曲だけでなく、ヒロイン"小木曽雪菜"の声優をつとめる米澤円の歌声も高音質に。ハイレゾで聴けるのはOTOTOYだけ。ライター、前田将博のレヴューとともに「WHITE ALBUM2」の音楽にじっくりと浸ってください。

また、5月11日(日)、中野サンプラザにて行われる「春のヘッドフォン祭」にF.I.X.RECORDSと共同でブース出展をすることが決定!! ハイレゾにまつわるトーク・イベントに、来場者特典のハイレゾ音源、そしてSuara、上原れな、津田朱里によるミニ・ライヴなど、企画盛り沢山(詳細はページ下部にございます)。まだハイレゾ体験していない方は、この機会をお見逃しなく!!

TVアニメ「WHITE ALBUM2」VOCAL COLLECTION


V.A. / TVアニメ「WHITE ALBUM2」VOCAL COLLECTION

【配信価格】
(左)DSD(2.8MHz)+mp3 まとめ購入のみ 2,500円
(右)wav(24bit/96kHz) 単曲250円 / まとめ購入 2,500円

【Track List】
01. 届かない恋 Live at Campus Fes (TVanime ver.) / 02. 悪女 / 03. I'm fallin' in love / 04. After All 〜綴る想い〜 '13 / 05. Twinkle Snow '13 / 06. 大切な君へ / 07. closing '13 / 08. WHITE ALBUM Live at Campus Fes (TVanime ver.) / 09. SOUND OF DESTINY Live at Campus Fes (TVanime ver.) / 10. さよならのこと / 11. Free and Dream / 12. 届かない恋 '13 / 13. 優しい嘘 / 14. 恋のような
※カバー許諾等の関係上、CD収録曲のうち「WHITE LOVE」は未収録です

2014年4月23日(水)13:00〜24日(木)13:00までに『TVアニメ「WHITE ALBUM2」VOCAL COLLECTION(2.8MHz dsd+mp3)』をご購入されたお客様へ

この度はご購入ありがとうございます。弊社のミスにより、M6「大切な君へ」のDSD音源、およびmp3音源の"00:55"前後で音飛びしている部分があると判明いたしました。これまでご購入いただきましたお客様には、メールにて正式な音源をお送りいたしました。ご迷惑をおかけし大変申し訳ございません。もしご購入された方でまだメールが届いていないというお客様はinfo(at)ototoy.jpまでご連絡くださいませ。

『TVアニメ WHITE ALBUM2 VOCAL COLLECTION』は、2013年に放送された同作のアニメ版のヴォーカル曲を集めたアルバム。雪菜以外にも、同シリーズの主題歌などを担当している上原れな、津田朱里も参加している。曲調もさまざまで生音を多く取り入れた演奏もあり、『WHITE ALBUM2 ORIGINAL SOUNDTRACK ~setsuna~』と比べて華やかな印象。また、ゲーム版と同じ曲もリアレンジがほどこされており、特に「Live at Campus Fes」とついた3曲はアニメのバンド演奏シーンと重なる。

しかし特筆すべきは、アニメではほんの一部しか聴けなかった「Free and Dream」がフルで収録されていることだろう。こちらは、F.I.X. RECORDSの歌姫、Suaraの原曲を上原と津田がふたりで歌っている、なんとも贅沢な曲だ。さらにアルバムの最後には、ゲーム版では上原、津田がそれぞれ歌っていた「優しい嘘」、「恋のような」の雪菜ヴァージョンも収録されている。どちらも歌詞がもろに雪菜の心情とリンクしているだけに、「WHITE ALBUM2」の世界に触れたことのある人ならば、否が応でも感情移入してしまうのではなかろうか。まだ同作を未体験の方は、アニメの世界に触れた上でもう一度聴いてもらいたい1枚でもある。登場人物が感じる痛みやせつなさを追ったうえで聴けば、きっと何倍もこのアルバムが楽しめるはずだ。(text by 前田将博)

WHITE ALBUM2 Original Soundtrack 〜setsuna〜


小木曽雪菜 / WHITE ALBUM2 Original Soundtrack 〜setsuna〜

【配信価格】
(左)DSD(2.8MHz)+mp3 まとめ購入のみ 2,500円
(右)wav(24bit/96kHz) 単曲250円 / まとめ購入 2,500円

【Track List】
01. 届かない恋 Live at Campus Fes / 02. WHITE ALBUM Live at Campus Fes / 03. Feeling Heart / 04. 夢想歌 / 05. Routes / 06. あなたを想いたい / 07. 舞い落ちる雪のように / 08. POWDER SNOW / 09. ヒトリ / 10. SOUND OF DESTINY Live at Campus Fes / 11. 君をのせて / 12. I hope so… / 13. 届かない恋 Valentine Live / 14. 時の魔法 Acoustic Version
※カバー許諾等の関係上、CD収録曲のうち「深愛」は未収録です

『WHITE ALBUM2 ORIGINAL SOUNDTRACK ~setsuna~』はタイトルどおり、ゲーム版の「WHITE ALBUM2」の中で使われた楽曲のなかから、ヒロインの小木曽雪菜が歌っている曲を集めたアルバム。こちらは、雪菜演じる声優・米澤円の歌がなによりも素晴らしい。しかしそれは、異世界に連れて行ってくれるような力強いものではない。等身大で肩の力の抜けた、自然とこちらに寄り添ってくれるような歌。あるのは安らぎと暖かさ、そして淡いせつなさ。良くも悪くも個性の強い刺激的な曲が多く存在するアニメ・ゲーム音楽の世界において、彼女の歌はとても心地良い。

主人公たちが組んでいたバンドにおいて雪菜がヴォーカルを務めるなど、音楽が登場人物をつなぐ重要なキーとなっている作品だけあって、どの曲も丁寧に作られた名曲ぞろい。また、このアルバムには、リクエストにより選りすぐったアクアプラス作品の曲たちを雪菜がカヴァーしたものも収録されている。かわいらしいポップス「Feeling Heart」、せつなさ全開のバラード「舞い落ちる雪のように」などが、アルバムにさらなる彩りを添え、1枚をとおしての完成度を高めている。どの曲も、雪菜のキャラクターがそのまま投影されているように思う。決して主張は強くないが、不器用な愛情を抱えながら寄り添ってくれる。このアルバムも、そんないつまでも変わらない安らぎを与えてくれる、普遍的なものなのではないだろうか。作品のファンはもちろんのこと、自然体で聴けるポップスを求めている人や、90年代後半の所謂アイドル声優ブームに於いて一線を画した歌手活動を行っていた、桑島法子や岩男潤子などが好きだった人にも聴いてほしいアルバムだ。(text by 前田将博)

ダウンロードに関して

高音質音源はファイルサイズが大きいため、回線速度によってはダウンロード完了するまでにお時間がかかることがございます。通信環境、お使いのPCの空き容量をご確認の上、ダウンロード頂きますようお願い致します。

※ダウンロードしたファイルに不備や不明点がありましたら、info(at)ototoy.jpまでお問い合わせくださいませ。

F.I.X. RECORDS、オススメの過去作はこちら

上原れな / Emergence

『WHITE ALBUM2』の主題歌である「届かない恋 '13」をはじめ、タイアップですでに聴き馴染みのある人気曲を収録。さらにアルバムのため書き下ろされた5曲はすべて、上原れな自身が作詞を担当。ストリングスが参加した壮大なロック・ナンバーから、打ち込みメインのポップスまで。多様なサウンドに、これまでで最も上原れな自身の想いが乗った表情豊かな歌。Emergence――"羽化"していく彼女のいまを、ぜひハイレゾで。

【配信形態】
DSD(2.8MHz)+mp3、wav / alac / flac(24bit/96kHz)(まとめ購入には歌詞ブックレットがついてきます)

>>特集&インタヴューはこちら

津田朱里 / WAVE OF EMOTION

津田朱里の2ndアルバム。ゲーム「WHITE ALBUM2」より「愛する心」、「心はいつもあなたのそばに」、「恋のような」に加え、ゲーム「ダンジョントラベラーズ2 王立図書館とマモノの封印」より「君に出会う日まで」他、全12曲収録。

【配信形態】
DSD(2.8MHz)+mp3、wav / alac / flac(24bit/96kHz)

>>特集&インタヴューはこちら

Suara / Fly away -大空へ-

TVアニメ「カードファイト!! ヴァンガード」のエンディング曲であり、アップテンポかつ疾走感溢れるリズムにわくわくさせられる「Fly away -大空へ-」に、Suaraの真骨頂とも言えるエモーショナルなミドル・バラードであり、優しく包み込むような歌声に惚れ惚れしてしまう「promise」。いずれの楽曲も、Suaraならではの美声、パワフルながら繊細なニュアンスも大切にする表現力が存分に発揮された1枚。

【配信形態】
wav / alac / flac(24bit/96kHz)、mp3(まとめ購入には歌詞ブックレットがついてきます)

>>特集はこちら

Tears to Tiara II 覇王の末裔 ボーカル集

F.I.X. RECORDSの歌姫Suara、上原れな、津田朱里がひとつのアルバムに!! 2013年10月31日発売のPlayStation3用ゲームソフト『ティアーズ・トゥ・ティアラII 覇王の末裔』のヴォーカル曲集。

【配信形態】
wav / alac / flac(24bit/96kHz)(まとめ購入には歌詞ブックレットがついてきます。)

Event Info

F.I.X.RECORDS×OTOTOY PRESENTS 春のハイレゾ祭

場所 : 中野サンプラザ11F 「春のヘッドフォン祭 2014」会場内
日時 : 2014年5月11日(日)11:00~13:00開催
入場方法 : 「春のヘッドフォン祭 2014」の開場時間(10:30)に合わせて11Fのイベント会場も開場致します。
※イベント会場への入場整理券はございません。

内容
・「OTOTOYが推薦するハイレゾのススメ!」と題し、高橋健太郎氏(OTOTOYプロデューサー/音楽評論家)と岩井喬氏(オーディオ評論家)によるトーク・コーナー
・ Suara、上原れな、津田朱里によるミニ・ライヴ

特典
ブース来場者全員にF.I.X.RECORDS作品の特典ハイレゾ音源データ(24bit/192kHz)をダウンロードできるカードを配布

物販
・F.I.X.RECORDS : CD、Blu-ray disc等出演アーティスト関連作品
・OTOTOY : 出演アーティストのヘッドフォン祭エディション・ダウンロード・カード(24bit/192kHz ver.ハイレゾ音源+特典付き)を販売予定
※当日購入者にはSuara、上原れな、津田朱里による握手会参加券をプレゼントいたします

>>「春のヘッドフォン祭 2014」特設ページはこちら

PROFILE

上原れな

2007年12月、横浜パシフィコで行われた「アクアプラスフェスタ2007」でライヴ・デビュー。

2008年3月、ゲームソフト「ToHeart2 Another Days」エンディング・テーマ「コスモスのように」とOVA「ToHeart2ad」オープニング・テーマ「虹の架け橋」のシングル2枚同時リリースでCDデビュー。その後、『toYOU』(2008年8月)、『Jewelry Songs』(2009年11月)、『l’espoir』(2012年2月)の3枚のオリジナルアルバムと1枚のベスト・アルバム『The Brilliant Best ~タイアップコレクション~』(2013年8月)をリリース。

また自身の楽曲に加えて、WEBラジオ「ささらまーりゃんの生徒会会長ラジオ for ToHeart2」のテーマ・ソング「ミゾの架け橋」や「Twinkle Stars☆ミ」などの作詞も手がける。

>>上原れな Official HP


津田朱里

2010年3月に人気ゲーム・ソフト「WHITE ALBUM2 -introductory chapter-」EDテーマ『Twinkle Snow』でデビュー。その後、「WHITE ALBUM2」、「星の王子くん」、OVA「ToHeart2ダンジョントラベラーズ」、「AQUAPAZZA」、「ダンジョントラベラーズ2 王立図書館とマモノの封印」などの主題歌を担当する。2011年2月にファースト・アルバム「Key of Dreams」を発売。やさしく、心に残る声を持った、F.I.X. RECORDSの新人アーティスト。

>>津田朱里 Official HP

o

 
 

"Close Up"の最新アーカイヴ

カネコアヤノの音楽は生活を“ちょっとだけ”楽しくする──18歳の女子インターンとその魅力を語り合う
[CLOSEUP]・2017年04月26日・カネコアヤノの音楽は生活を“ちょっとだけ”楽しくする──18歳の女子インターンとその魅力を語り合う 飾らない言葉と心地よい歌声、ポップネス満載のメロディーを奏でるシンガー・ソングライター「カネコアヤノ」。昨年11月に発売した『さよーならあなた』では、ギタリストとして林宏敏(ex.踊ってばかりの国)がバンド・メンバーに加わった。それによってカネコアヤノの音楽性はさらに飛躍を遂げた。そんな彼女が2nd EP『ひかれあい』を4月26日にリリース。OTOTOYではハイレゾ配信もスタートしました。〈かわる! かわる! かわってく覚悟はあるはずだ〉と歌うリード曲「とがる」には、新たなフェイズへと躍進する彼女の強い意志と勢いを感じざるを得ない。 今回のリリースにあたり、過去2回カネコアヤノのライヴ・レポートを行ってきた女性インターンのYさん(18歳)に、今作を聴いてみてどのようなことを感じ取ったか、18歳の女性インターンにとっての「カネコアヤノの魅力」とは何なのかを訊いてみた。どうせならカネコアヤノ本人も呼んで、その話を聞いてもらうことに。 カネコアヤノの2nd EPをハイレゾ配信中! カネコアヤノ / ひかれあい'【配
by 西澤 裕郎
さよならだけが人生さと唄う18歳ーーシンガー・ソングライター、山﨑彩音の心の底に迫る
[CLOSEUP]・2017年04月26日・さよならだけが人生さと唄う18歳ーーシンガー・ソングライター、山﨑彩音の心の底に迫る 18歳のシンガー・ソングライター、山﨑彩音が4曲入り音源『キキ』をリリース。15歳から東京・神奈川のライヴハウスで活動をはじめ、16歳のときに声と言葉、全曲詩先による作風、唄とギターのみの一発録音、6曲中2曲がカセットテープ・レコーディングされた1st E.P『Yer』をライヴ会場と通信販売のみで発表。2016年には仲井戸“CHABO”麗市、GLIM SPANKYのオープニング・アクトを務め、〈FUJI ROCK FESTIVAL 2016〉にシンガー・ソングライター史上最年少で出演するなど話題を集めてきた。〈さよならだけが人生さ〉と唄い出す今作は、言葉と空間を響かせる、余計なものが一切入っていない。削っていく、捨てていくというよりは、鳴っているべき、必要な音しか入れない、声と音の間の空気や静寂を鳴らしている。西野カナ、aiko、ハナレグミ等のエンジニア / マニュピュレーター / キーボーディストとして活躍する山本哲也と共に作り上げられた本作をOTOTOYではハイレゾ配信し、山崎彩音への初インタヴューを掲載する。 同世
by 岡本 貴之
名門Ghostly Internationalから、Bathsが放つGeoticのカラフルなテクノ・アルバム
[CLOSEUP]・2017年03月30日・Bathsのアンビエント・プロジェクト、Geotic、待望の新作をハイレゾ&特別ライナー&インタヴューPDF付きで配信 先日のWWWやCIRCUS TOKYOでの来日公演での熱演も記憶に新しいLAを拠点に活動しているビートメイカー、Bathsことウィル・ウィーゼンフェルド。そのサイド・プロジェクトとしてこれまでにコンスタントに自主制作で作品をリリースしてきた名義、Geoticとしてアルバム『Abysma』をリリースする。リリースはエレクトロニック・ミュージックの名門、昨年グラミーにノミネートされたティコなどを擁する〈Ghostly International〉。これまでGeotic名義では10作以上のアンビエント作品を自身のBandcampで発表してきたが、名門レーベルからの本名義で初のオフィシャル・リリースとなる(日本では〈Tugboat〉からのリリース)。これまで彼がアンビエント的なアプローチで展開してきた穏やかなメロディのシンセに、緩やかなグルーヴがミックスされたカラフルなテクノ・アルバムとなっている。日本先行となる本作をOTOTOYでは独占ハイレゾ&特別版のライナーノーツ&インタヴューPDF(LAビ
by 寺島 和貴
DÉ DÉ MOUSE、祝活動10周年──6thアルバムのハイレゾ版、1ヶ月独占配信
[CLOSEUP]・2017年04月12日・DÉ DÉ MOUSE、祝10周年──6thアルバムのハイレゾ版、1ヶ月独占配信 〈RAW LIFE〉からインディ・ロック・シーンまでに届いたアンセム「baby's star jam」も収録のマスターピース、1st『tide of stars』から10年、DÉ DÉ MOUSEの通算6枚目のアルバムがここに完成した。きらびやかなカットアップ・シンセ・サウンドによるポップなエレクトロ・トラックは、まさに彼の真骨頂にして、そのスタイルの最新型とも言えるサウンドに仕上がり、ここ数年の活発なリリースの勢いをそのまま封入したようなエネルギッシュな作品とも言える。OTOTOYでは本作のハイレゾ版を1ヶ月独占で配信開始する。またリリースを記念して、こちらのアルバムから「pump it up (feat. Anamanaguchi from NY)」を2週間限定フリーダウンロードを開始(4月26日19時まで)! デビュー10周年を迎え、名義も新たに「DÉ DÉ MOUSE」と改めた、彼に話を訊いた。 6thアルバムのハイレゾ版1ヶ月独占配信DÉ DÉ MOUSE / dream you up(24bit/48kHz)'【T
by JJ
CUBERS、1st EP『シアン』をハイレゾ配信開始
[CLOSEUP]・2017年04月20日・【REVIEW】“聴けるボーイズユニット”CUBERS、音楽的実験を見せた1st EPをハイレゾ配信 “聴けるボーイズユニット”CUBERSが1st EP『シアン』を完成させた。ブラックミュージックを軸に制作された1stアルバム『PLAY LIST』から一歩足を踏み出し、本作ではアイドル・ポップ然とした楽曲から、ギターリフが印象的なロック調、キャッチーなメロディとアレンジで構成された楽曲まで、バラエティに富んだ6曲を収録。そんな本作をOTOTOYではハイレゾ配信し、レビューとともにお届けする。 聴けるボーイズユニット、1st EPをハイレゾ配信スタートCUBERS / シアン'【配信形態】WAV / ALAC / FLAC / AAC【価格】単曲 200円(税込) アルバム 1,080円(税込)【収録曲】''1. Circus2. NANDE3. サイケ4. Today5. Tic Tac6. 神様は忙しい REVIEW : 「聴けるボーイズユニット」だと思わず膝を叩かざるをえない 先日「はじめての男性グループ特集ーーまずはこれだけ押さえておくべし」という記事を公開した。 これは、男性グループに詳しい
by 西澤 裕郎
【ライブ・レポート】京都の若きノスタルジー・バンド、バレーボウイズ
[REVIEW]・2017年04月19日・【ライヴ・レポート】京都の若きノスタルジー・バンド、バレーボウイズ いま京都では、ギリシャラブや本日休演、台風クラブなど、ノスタルジックなサウンドで懐かしさを醸し出しているバンドが1つのムーヴメントになりつつある。京都のインディー・シーンは今、彼らの話題で持ち切りなのだ。かつてくるりやキセルなど、京都の音楽シーンに注目が集まっていた時代があった。そんな時代の再来を期待させるような火種が、京都には転がっている。そしてその火種の1つに名乗り上げようとしているのが、超若手の7人組ノスタルジック・ロックバンド、バレーボウイズである。avex、DUM DUM LLP.、HOT STUFF、lute、ULTRA-VYBEが合同で開催し、特別審査員として中尾憲太郎(ex.ナンバーガール、Crypt City)、松田“CHABE”岳二(LEARNERS、CUBISMO GRAFICO)、MC.sirafu(片想い、ザ・なつやすみバンド)が参加した無差別級ライヴ・オーディション「TOKYO BIG UP! 」ではグランプリを獲得するなど、着々とその名を広めるバレーボウイズのライヴ・レポートをお届け。 テキスト : 水上健汰
【ハイレゾ配信】8年ぶりの新作『async』について訊く──坂本龍一メール・インタヴュー
[CLOSEUP]・2017年04月17日・坂本龍一『async』について語る──メール・インタヴュー 8年ぶりの新作アルバムとしてリリースされるや、OTOTOYでも一気にチャートを駆け上がった坂本龍一の『async』。往年のファンはもちろんのこと、現在のアンダーグラウンドな電子音響のファンまで、広く聴かれるべき刺激的な作品となっている。OTOTOYでは本作をハイレゾで配信するとともに、アルバムまとめ購入には坂本龍一自らが書き下ろしたライナー、そしてクレジットなどが掲載された、CDと同様の内容のPDFライナーが付属している。そして、ここに坂本龍一からのメール・インタヴューが到着した。 24bit/96kHzハイレゾ+ブックレトPDF付きで配信坂本龍一 / async(24bit/96kHz)'【Track List】01. andata 02. disintegration03. solari04. ZURE05. walker 06. stakra 07. ubi08. fullmoon09. async10. tri 11. LIFE, LIFE12. honj13. ff14. garden【配信形態 / 価格】''24bit/96kHz WA
by 八木 皓平
白昼夢のミニマル・グルーヴ──D.A.N、ミニ・アルバム『TEMPEST』リリース
[CLOSEUP]・2017年04月19日・白昼夢のトロピカル・ミニマル・グルーヴ──D.A.N.の新作『TEMPEST』を巡って 1stアルバム・リリースからわずか1年、あれよあれよという間に、フジロック・フェスなど各種フェスに出演、さらにはリキッドルーム・ワンマンのチケットは即完……そんなバンドへと成長したD.A.N.。まさに飛ぶ鳥を落とす勢いの彼らから、まとまった作品としては1年ぶりとなるミニ・アルバム『TEMPEST』が届いた。すでに昨年末のデジタル・リリース & MVの公開でヒット、さらにはライヴでは定番となっている「SSWB」に加えて、こちらもすでにライヴで披露されている「Shadows」、「Tempest」といった新録曲が収録。今回ミックスを手がけているAOKI takamasaとFumitake Tamura(BUN) のユニット、Neutralの再構築による「Tempest」エデット・ヴァージョンも。またハイレゾ版デジタル・パッケージには、すでに完売となっている12インチ・シングルに収録されていたAOKI takamasaの「SSWB」リミックスがボーナス・トラックとして収録されている。さて本作から、半野喜弘、Jazztronik、
by 河村 祐介
筆者について
前田 将博 (純三)

V系生まれハロプロ育ち、aikoは俺のファムファタル。 Twitterは @junzo99 です。

同じ筆者による他の記事