Suara津田朱里(つだあかり)が所属するF.I.X. RECORDSの歌姫、上原れな。ジャンルやタイアップに合わせてさまざまな表情を見せる彼女の歌声は、”アニソン歌手”という枠をこえている。そんな彼女が、ゲーム「WHITE ALBUM2」シリーズや「ToHeart2」シリーズなど、2008年のCDデビューからこれまでにリリースしたタイアップつきの楽曲を集め、ベスト盤としてリリース。OTOTOYでは2.8MHzのDSDとHQD(24bit/96kHzのwav)という2つの高音質ヴァージョンで配信を開始。ベスト盤のリリースはあくまで通過点と話す彼女の可能性を、この機会に高音質で感じてください。



上原れな / The Brilliant Best~タイアップコレクション~

【配信価格】
DSD+mp3 Part.1 (01. Heart To Heart 〜 12. 余韻) まとめ購入のみ 1,250円
DSD+mp3 Part.2 (13. 届かない恋 〜 24. Answer) まとめ購入のみ 1,250円
HQD (24bit/96kHzのwav) 単曲 200円 まとめ購入 2,500円
※全タイトル、OTOTOY限定歌詞ブックレットつき!

※24曲のDSDデータが4GBをこえたため、DSD+mp3 ver.は分割して配信させていただきます。
※DSD+mp3ヴァージョンのPart.1、2には、それぞれ12曲ずつの楽曲のDSFファイルとDPPファイル、全曲のmp3トラックと歌詞ブックレットが同梱されております。

【Track List】
01. Heart To Heart / 02. コスモスのように / 03. 虹の架け橋 / 04. 君が残したもの / 05. Until / 06. Hold a dream / 07. Seed / 08. 夢のつづき / 09. Tears to Tiara ~the essence~ / 10. Please sing with me / 11. WORDS OF LOVE / 12. 余韻 / 13. 届かない恋 / 14. After All ~綴る想い~ / 15. トキメキ / 16. 旅立ち / 17. 虹色の風 / 18. my friend / 19. 幸せな記憶 / 20. 優しい嘘 / 21. closing / 22. ただひとつの星 / 23. Sparkling Heart / 24. Answer

※ダウンロードしたファイルに不備や不明点がありましたら、info(at)ototoy.jpまでお問い合わせください。

※2013年8月7日から2013年9月13日までに
『The Brilliant Best ~タイアップコレクション~ (HQD ver.)』をご購入いただいたお客様へ

上原れな『The Brilliant Best ~タイアップコレクション~ (HQD ver.)』に関しまして、2013年8月7日から9月13日まで、F.I.X.RECORDSが「高音質」としている24bit/96kHzのwav音源ではなく、24bit/48kHzのwav音源にて配信をおこなってしまいました。深くお詫び申し上げます。

該当期間中にご購入いただいたお客様には、24bit/96kHzのwav音源を送付させていただきます。9月中にメールが届かないお客様は、お手数をおかけいたしますが、会員登録されているメール・アドレスより、info(at)ototoy.jpまでご連絡くださいませ。ご購入から744時間以内は、再ダウンロードいただけますので、こちらも合わせてご利用くださいませ。


【DSDとは?】
DSDとはDirect Stream Digital(ダイレクト・ストリーム・デジタル)の略称。音声をデジタル化する方式の1つで、音の細かいニュアンスの忠実な再現を目指して開発されました。DSDは通常のCDのPCM方式とはまったく違う1bitのレコーディング形式で、サンプリング周波数は2.8224MHz(CDの44.1kHzの64倍)にも及びます。奏でられた音と会場の空気が蘇るその音質は、アナログ・レコードのような滑らかさと、デジタルならではの透明度を合わせ持っています。

>>DSDの聴き方はこちら
>>DSD配信カタログはこちら

【ダウンロードに関して】
作品によって異なりますが、DSDやHQDの高音質音源は、1GB〜2GBとファイル・サイズが大きいため、ダウンロード完了までに時間がかかることがございます。通信環境、お使いのPCの空き容量を確認の上、ダウンロードいただきますようお願い致します。

INTERVIEW : 上原れな、有村健一(F.I.X. RECORDS)

Suaraや津田朱里が所属するF.I.X. RECORDSより、2008年にシングル2枚同時リリースでデビューした上原れな。CDデビュー前の2007年には、横浜パシフィコというキャパ3000人近くの大会場にてライヴ・デビューを果たしている。そんな彼女が、デビューから5年間で築き上げてきたタイアップ曲は24曲にもおよぶ。それらの曲が、今回初のベスト盤『The Brilliant Best~タイアップコレクション~』としてまとめられた。

ベストのタイトルどおり、これまで順風満帆な輝かしい道を歩んできたかに見える上原れなの5年間。その裏にはどんな思いがあったのだろうか。苦悩や葛藤はあったのか。今回は、上原れなとF.I.X. RECORDSの有村健一を迎え、彼女の5年間を紐解いていった。そのなかで、彼女が1歩1歩着実に歩めるように大事に育ててきたレーベルの姿勢と、それに応えお客さんに求められるものを常に提供し、ひとつひとつのチャンスをものにしてきた上原れなの真摯な思いが見えてきた。

彼女の曲は、タイアップという枠を超えたJ-POPとしての可能性も存分に感じる。これで終わりではないと語る上原れなは、これからも成長し続け、確実に大きくなっていくのだろう。未来がとても楽しみなアーティストである。

インタビュー& 文 : 前田将博

上原れな

歌を歌いたいという思いがブレずにあった

ーー上原さんが歌手になりたいと思ったきっかけを教えてください。

上原れな(以下、上原) : 私はT.M.Revolutionさんのファンで、ライヴにはじめて行ったアーティストでもあるんですけど、はじめてライヴの生の音を体感したらもう本当にすごい感動して、生で聴くと心にくるものが違うと思ったので、私もあのステージに立ちたいなと思ったのがきっかけですね。そのときに職業として歌手になりたいと意識して、高校を出てから音楽の専門学校に行きました。

ーーレーベル・メイトの津田朱里さんとは、専門学校時代からの音楽仲間だとうかがいました。

上原 : 実は一緒の学校だったんですよ。津田ちゃんの方が学年はひとつ下でしたけど。

ーーでは、上原さんも津田さんと同じようにオーディションでデビューが決まった?

上原 : 専門学校でいろんな企業さんに自分をプレゼンする機会があるんですけど、そこで有村さん(F.I.X. RECORDS)と出会ってオーディションを受けました。

ーー上原さんは、アニソンの世界にもともと興味はあったんですか?

上原 : 特にアニソンをやりたかったっていうわけではないですけど、もともとT.M.Revolutionさんがアニソンをやってた影響もあったので、全然違和感はなかったですね。自分がなにをやりたいかを突き詰めて考えたときに、やっぱり歌を歌いたいっていう思いがブレずにあったので、とにかく自分の歌を受け取ってもらえる場所があるのであればぜひやりたいという感じで、飛び込んでみようと思いました。

ーーまずはとにかく歌を歌う場所が欲しかったと。

上原 : 最初はいろいろ大変でしたけどね(笑)。はじめてレコーディングをした「Heart To Heart」がすごくかわいらしい曲だったので、ロック系が好きだった自分のなかでは挑戦的な楽曲でした。最初は戸惑ったんですけど、アドバイスをいただいて模索しながらやってOKをもらえたときはうれしかったですね。やっぱり、自己満足だけでは仕事として成り立たないと思っていたし、お客さんが求めてくれないと成り立たない世界という意識もありました。だから最初は、染めてくださいっていう感じでした(笑)。求められてることをやりたいっていうのが第一にあったので、いまここにいられる気もします。

有村健一(F.I.X. RECORDS)

ーー会社としては当然タイアップの曲が前提としてあると思うんですけど、有村さんとしても上原さんがアニソンに合う歌手だと感じていましたか?

有村健一(以下、有村) : ゲームのタイアップをやっていくにあたって会社のカラーが少なからずあるので、そこに合う曲が歌えるのかっていうのも選ぶ基準としてありました。もちろん最初はイメージでしかないんですけど、会社のカラーと彼女が持っているカラー、これから彼女が出していきたいカラーのバランスが良かったのかなと思います。それが結果としてこれだけのタイアップを生んだのかなと。

ーーデビューが決まってはじめてのライヴが、いきなりパシフィコ横浜という大舞台だったんですよね。

上原 : そうなんです(笑)。専門学校のイベントとかで歌わせてもらうことはあったんですけど、それ以外のステージ経験はほぼなかったんです。だから、3000人の前で歌うって言われたときは「えっ!?」て感じでした(笑)。もちろん、それだけのお客さんの前で歌わせてもらえることはうれしかったんですけど、大丈夫かなって思いました。めちゃくちゃ緊張したのを覚えています。

ーーそのライヴはどうやって決まったんですか?

有村 : うちがやってるアクアプラスっていうゲーム会社のイベントなので、そのときに話題になってる作品や次期作とかを中心に発表する、声優さんとかも出るイベントなんです。その次期作のなかに上原が歌うことが決まっている作品があったので、せっかくなのでそれのお披露目を兼ねて歌おうと。

上原 : CDデビューする前で、まだ誰も私のことを知らないときだったので、ここにいてもいいのかなっていう状況でした(笑)。でも、みなさん本当に暖かく迎えてくれましたね。

ーー実際のステージに立ってみて、どんな思いがありましたか?

上原 : デビュー・シングルになった2曲を歌わせてもらったんですけど、頭が真っ白でした。目の前に広がる光景がいままで見たことがない景色だったので本当に夢みたいで、ちゃんとやらなきゃっていう気持ちとか、ただ呆然とうれしいなっていう気持ちとか、いろんな気持ちが一気にきましたね。2曲目からちょっと落ち着いてきて、もっと歌に集中しなきゃって思ったのは覚えています。

ーーそんなライヴを経て、デビュー・シングルの『コスモスのように』と『虹の架け橋』を2枚同時リリースするんですよね。

上原 : はじめは別の月に出す予定と聞いていたんですけど、制作過程で、こういう機会はなかなかないしせっかくだから同時に発売しちゃえばいいって話になって、出させていただくことになりました。これも、いいんですかって感じでしたね(笑)。

ーーいきなり大舞台に立って、いきなりデビュー・シングルを2枚同時発売というのは、会社としてもかなりのチャレンジですよね。上原さんへの大きな期待を感じます。

有村 : 当たって砕けろくらいの気持ちもありました(笑)。ただ、機を逃すのももったいないですし、巡り会った以上は挑戦するしかないと思いましたね。

タイアップ付きの楽曲を歌うことに関して、責任感はあります

ーーデビューから5年経って、タイアップ曲を集めた初のベスト・アルバム『The Brilliant Best~タイアップコレクション~』をリリースするわけですが、こちらはどんな経緯で決まったんですか?

有村 : ベストを出すならタイアップ集を出したかったので、タイアップ曲がもう24曲もあるっていうのと、「WHITE ALBUM2」(アクアプラスがリリースしている恋愛アドベンチャー・ゲーム)のタイアップで認知度が上がったので、そのお客さんにいろんなジャンルを歌っている上原の魅力を伝えたいという思いもありましたね。

上原 : レーベルの先輩のSuaraさんがベストを先に出していたので、いつか私も出せたらいいなと思ってはいたんですけど、このタイミングで出すのは私も最初はびっくりしました。たまたまデビュー5周年っていう節目のときでもあるので、ちょうどよかったんじゃないかなって思います。

ーーベスト盤を出すこと自体、歌手にとっては勲章のようなものだと思うんです。それが更にタイアップ集となると、いままで求められてきたものに対して常に応え続けてきた証だと思うんですよね。

上原 : 今回改めて1曲1曲聴き返してみたら、24曲もできたことは当たり前のことじゃないし、応援してくれるみなさんがいたから、ここまで続けられてきたんだと思いました。歌わせてもらうことは本当に私ひとりじゃできないことだと感じているので、本当に感謝の気持ちしかないですね。

ーータイアップをやり続けることへのプレッシャーはなかった?

上原 : その作品のオープニングとエンディングっていうのは、それが良くなければ作品自体に興味を持ってもらえなくなる可能性もあるので、責任感はあります。タイアップによって全然違ったジャンルに挑戦しなくちゃいけないし、その振り幅も大きいので、毎回難しいですね。その都度スタッフさんと一緒に話し合って、曲の世界観を最大限引き出すためにゲームを実際にやってみたり、どういうストーリーなのかっていうのを訊いたりとか、そういうのがすごく大事なんだっていうのも最初はわからなかったですから。ずっと挑戦し続けられたことはすごくありがたいですし、これだけやらせてもらえたってことは、ちょっとずつでも成長できたのかなって感じています。

ーーこのベストは年代順に曲が並んでいますが、前半よりも後半の方が歌自体の表現力も広がってるし、単純に曲調の幅も広がっている印象を受けました。そこはやはり曲を出すごとに少しずつハードルをあげているのでしょうか。

有村 : 意図的にではないですけど、自然とそうなると思いますね。そのときの課題をクリアすることで次が見えてくるので、歌い手がどう応えてくれるかっていうのはこちらも期待しています。もちろんタイアップ以外のオリジナル曲でもジャンルの違うものにチャレンジして、そこで結果を出せるかとか、その積み重ねが表現力などの成長につながっていると思いますね。その間にライヴもあるし、すべてがつながったうえでこの成長があると思います。

ーー上原さんのやりたいことともバランスをとってやっていきたいとうががいましたが、できることが増えていくとそれだけやりたいことも増えるんじゃないですか?

上原 : やりたいことは、アルバム曲とかでやらせてもらえる機会を結構いただいていますね。このベスト・アルバムのなかにも入ってるんですけど、そこで形になったことが後にタイアップ曲になったりすることもあるんですよ。好きにやらせてもらった音楽がタイアップとして使われることを最初は想像していなかったので、私自身を受け止めてもらえたのかなっていう気がしてうれしいです。

ーーそういう曲が増えていくと、逆にタイアップであらかじめ決められた世界観を表現することに息苦しさを感じることはない?

上原 : タイアップでもこういう曲調をやりたいとか、前向きな願望はでてきますね。やりたいことと違うのかなって思われたら、聴いている人も楽しくないと思うんです。なので、その曲の世界にすっと寄り添えるものをいかに作れるかっていうのは、歌を歌う上で常に考えています。アルバム曲でもタイアップ曲でも、そういう意味ではあまり変わらないのかもしれないですね。でも、自分がこう歌いたいってイメージして歌った曲でも「それやりすぎでしょ」って言われたりして、実際にあとでできたものを聴くとそのとおりだったなって思うこともあります(笑)。

有村 : やっぱり自分で歌詞を書いている曲は変わってくるよね。

上原 : 思い入れが強くなっちゃうんです(笑)。

有村 : それがお客さんからすると重く聴こえちゃうこともありますからね。特に歌詞を生かした曲っていうのは、あまり強すぎると言葉が耳で止まっちゃって心に入っていかない時もあります。だから、いかに耳どおりよく言葉が心に入っていって、その人のなかでいかにイマジネーションを膨らませられるか。そういう聴き心地の部分は、リスナーとしての視点を大事にしていますね。

ーー今回のアルバムのなかで、上原さん自身が特に思い入れの強い曲はありますか?

上原 : 年数を重ねていくなかで、それまでとは違う表情の私を見せられるきっかけになったと思うのは「届かない恋」ですね。それまでは女の子っぽいかわいらしい雰囲気の曲のものが多かったんですけど、この曲以降はより大人っぽいせつない感じの曲調が増えたりとか。たまたまなんですけど、上原れなっていう存在自体を広く知っていただけるきっかけになった、多くの人に愛されている「WHITE ALBUM2」という作品の曲だし、そういう意味での思い入れはありますね。

デビューから4年、はじめてのワンマン・ライヴ

ーーこれまでの話をうかがってきて、ここまですごく順調にきていて、まさにベスト・アルバムのタイトルどおりに、上原さんの活動自体が輝いていると感じます。上原さん自身としては、この5年間の活動をどう捉えていますか?

上原 : いまとなっては、デビュー当時から曲や環境に恵まれていると思います。でも、ライヴがきっかけで歌手になりたいと思ったので、私のなかでワンマン・ライヴを絶対にやりたいという思いがずっとあって。それがひとつの目標でもあったので、去年はじめてワンマン・ライヴをやるまでは、実現できないんじゃないかと思ったこともありました。

ーーデビューから4年以上経って、はじめてワンマン・ライヴをやったんですね。

上原 : そうなんです。だから、求められてないんだったらここにいる意味がないんじゃないかっていう、ネガティヴなことを思っていた時期もあったんですよね。ライヴとかで人前に出る機会もコンスタントにあるわけではないし、タイアップもそのときのタイミングで決まったりするお仕事なので、なにもない期間に自分自身のことや歌に対してどうしていきたいかっていうことを改めて見つめ直したときに、落ち込んだりすることもありました。いまとなっては全部が良い経験になったと思えますけどね。

ーーワンマン・ライヴを経て、前向きに考えられるようになった。

上原 : ワンマン・ライヴで純粋にお客さんが楽しんでくれている光景を見て、私が弱音をはいている場合じゃないっていうか、ひとりでも求めてくれる人がいるんだったら私から辞めることは絶対にできないんじゃないかって思いました。歌に対してまたひとつ自分のなかで考えが変わった瞬間というか、改めて求められていることへの責任感も感じて、歌に対して強くもっとやっていきたいと思いましたね。私が楽しいというのももちろんなんですけど、お客さんが楽しいから私も楽しいというのが重要だっていうのを感じた瞬間でしたね。

ーーワンマン・ライヴを実現して、ベストを出して、これからまた次のステージに行く時期だと思うのですが、今後の目標や実現したいことはありますか?

上原 : 今後もより良い作品をコンスタントに出していきたいし、違った面をどんどん見せられるように成長していきたいですね。それで、ライヴを通してまたお客さんと音楽でコミュニケーションをとっていきたいです。そういう機会を増やしていきたいし、単純に歌手としてもっと大きい会場でライヴができたらいいなっていう思いもあります。それこそ、またパシフィコ横浜のステージで、今度はひとりでできたらどう思うんだろうとか(笑)。できるかどうかはわからないですけど、そういうふうになっていけたらいいなと思いますね。

ーーそれが実現できたら素敵なことですよね。有村さんとしては、これからどう育ってほしいと思いますか?

有村 : 正直悩んでいた時期もあったと思うんですけど、今となっては日々の積み重ねでベストが出せたりライヴが出来たりっていうのは理解してもらえたと思います。日々の積み重ねが次のステップに繋がるんだといつも言ってはいるので。その成長のなかで、求められているものに対してこちらはちょっとでも上にいけるものを提示できたらと思います。目新しいものというのは正直いまの段階ではないですけど、まだいまの積み重ねをひとつひとつ大きくしていく段階ではあるのかなと思いますね。

ーーベスト盤のリリースも、大きくなっていく段階のひとつであると。

有村 : そこも通過点だと思います。

上原 : ベストを出すことは歌手人生のひとつの節目ではあると思うんですけど、これで終わりじゃないし、ここからまたどれだけ成長した姿を見せられるかが勝負だと思っているので、それを見せられるようにこれからもがんばっていこうと思います。

RECOMMEND

津田朱里 / WAVE OF EMOTION

津田朱里の2ndアルバムです。ゲーム「WHITE ALBUM2」より「愛する心」、「心はいつもあなたのそばに」、「恋のような」に加え、ゲーム「ダンジョントラベラーズ2 王立図書館とマモノの封印」より「君に出会う日まで」他全12曲収録。

>>特集ページはこちら

Suara / the Best〜タイアップコレクション〜(DSD+mp3 Ver.)

2005年9月にゲーム主題歌『睡蓮-あまねく花-』でデビュー、数々のアニメやゲーム音楽を歌い、香港・韓国などでもライヴを行うなど多岐にわたる活動を続けてきたSuaraが、デビュー以来初のベスト・アルバムをリリース。OTOTOYでは、スペシャル・エディット版を高音質のDSDで配信します。特集ページではインタヴューも公開中!!

>>特集ページはこちら

Suara / DSD live session

12月20日(木)、シブヤ ヒカリエ8/(ハチ)内aiiima 2+3にて開催中の”OTOTOY DSD SHOP”にて公開レコーディングを実施。田村太一(アコースティック・ギター)、西村泳子(バイオリン)を迎えたアコースティック編成で、「桜」「POWDER SNOW」の2曲を歌い上げました。

>>特集ページはこちら

PROFILE

上原れな

・2008年3月、ゲームソフト『ToHeart2 Another Days』エンディング・テーマ「コスモスのように」とOVA『ToHeart2 ad』オープニング・テーマ「虹の架け橋」のシングル2枚同時リリー スでCDデビュー。その後、『toYOU』(2008年8月)、『Jewelry Songs』(2009年11月)、『l'espoir』(2012年2月)の3枚のアルバムをリリース。

また自身の楽曲に加えて、WEBラジオ「ささらまーりゃんの生徒会会長ラジオfor ToHeart2」のテーマ・ソング「ミゾの架け橋」や「Twinkle Stars☆ミ」などの作詞も手がける。

>>上原れな Official HP

o

 
 

"Close Up"の最新アーカイヴ

【REVIEW】JJJ、驚くべき進化の先へ、ノイジーでありポップ、2ndアルバムをリリース
[CLOSEUP]・2017年02月23日・【REVIEW】ノイジーでありポップ、驚くべきスピードで進化を遂げたヒップホップ・サウンド——JJJ、2ndアルバム その存在は、Fla$hBackS、ソロとして作品の評価はもとより、その客演やトラックメイクのクレジットのリストを見るだけでもシーンのなかでもはや欠かせない才能であることがわかる。ここに、JJJの2ndソロ『HIKARI』が届いた。自身のトラックメイク、ラップを中心に、自身のトラックメイク、ラップを中心に、5lack、同郷川崎のSTICKY、MONJU/DOWN NORTH CAMPの仙人掌、KANDYTOWN / BCDMGのラッパーYOUNG JUJUなどのラッパーをフィーチャー。またENDRUN、Aru-2、STUTSといったトラックメイカーも参加。まさに2017年の国産ヒップホップの重要作の1枚と言えるだろう。OTOTOYでは本作を配信、二木信のレヴューで紹介しよう。 JJJ / HIKARI'【Track List】01. BABE feat. 鋼田テフロン02. ELA03. EXP feat. KID FRESINO04. COWHOUSE feat. YOUNG JUJU05.
BELLRING少女ハート、赤坂BLITZ単独公演〈BABEL〉ライヴ音源を独占ハイレゾ配信
[CLOSEUP]・2017年02月24日・東京最狂ーーBELLRING少女ハート最後の赤坂BLITZ単独公演をハイレゾ配信 BELLRING少女ハートが2016年いっぱいで活動休止した。そこから朝倉みずほ、柳沢あやの、甘楽の3名が卒業、有坂玲菜に改名した仮眠玲菜とカイに新メンバーを3名加え、There There Theresにグループ名を変更し2017年2月にスタートを切った。幅広い音楽性と黒い羽をつけたセーラー服でステージを駆け回るパフォーマンスで東京最狂の名を欲しいままにした、そんなベルハーが2016年12月22、東京・赤坂BLITZで開催したワンマン・ライヴ〈BABEL〉のライヴ音源をOTOTOYにて独占ハイレゾ配信する。3月1日にはThere There Theresの初音源の配信、ディレクターの田中紘治、コレオグラファーのYUKOとの対談記事も掲載予定。2017年以降も彼女たちから目を離すことはできなそうだ!! ベルハー、赤坂BLITZでのワンマンライヴをハイレゾ配信BELLRING少女ハート / 「BABEL」at AKASAKA BLITZ'【配信形態】 FLAC、ALAC、WAV(24bit/48kHz)【配信価格】まとめ価格
by 西澤 裕郎
どついたるねん、9作目のアルバム『COLOR LIFE』をリリース&インタヴュー掲載
[CLOSEUP]・2017年02月15日・どついたるねん、一本糞あり!!ーー僕たちはロックンローラーとしてのスタート地点に立つことを許された 6008曲入りのアルバムをリリースしたり、AVメーカーHMJMとタッグを組んだ映画を公開するなど、常に話題を振りまき続けるバンド“どついたるねん”。昨年は47都道府県をまわる全国ツアーを約2ヶ月間で達成、ファイナルのリキッドルームは満員の中ライヴを行いました。そんな彼らが通算9作目のアルバム『COLOR LIFE』をリリース。タワーレコード限定発売のシングル曲「緊張の糸」、新たな彼らの代表曲「わたちゃん2」などを含む全11曲を収録。同作発売とともに全国ツアー〈彦龍〉を開催、ファイナルにバンド最大規模の赤坂BLITZワンマンも発表した、どついたるねんの現在を見逃さないよう!! 通算9作目のフル・アルバムを配信スタートどついたるねん / COLOR LIFE'【配信価格】WAV / ALAC / FLAC / AAC : 単曲 216円(税込) まとめ価格 1,944円(税込)【Track List】1. Hello never mind2. Human 3. ミッドナイト デジャヴ4. freedom5. 緊
by 西澤 裕郎
24組のアイドルが名古屋に集結! 年に一度開催の「東海アイドル万博2017」 PHOTO REPORT
[CLOSEUP]・2017年02月17日・【PHOTO REPORT】24組のアイドルが名古屋に集結! 「東海アイドル万博2017」 関東・東海地方のアイドル・イベント制作会社、アイドル侍が主催する、年に一度行われているアイドル・イベント「東海アイドル万博2017」が2017年2月11日に愛知県名古屋市のダイアモンドホールにて開催された。 メジャーからインディーズまで、全24組のアイドルが名古屋に集合。その中からピックアップしたアイドル達のライヴの模様を写真で紹介する。 イベント名 : 東海アイドル万博2017日程 : 2017年2月11日(土)会場 : DIAMOND HALL出演 : 虹のコンキスタドール(東京)、マジカルパンチライン(東京)、天晴れ!原宿(東京)、Pimm's(東京)、強がりセンセーション(東京)、POP UP(大阪)、ICE CREAM SUICIDE(東京)、PREDIANNA(愛知)、*ココロモヨヲ*(愛知)、オレンジみるふぃ~ゆ(山口)、全力少女R(東京)、MilkShake(長崎) 、煌めき☆アンフォレント(三重)、ゆるめるモ!(東京)、P.IDL(東京)、Star☆T(愛知)、てのひらえる(兵庫)、ナト☆カン
2月13日(月)にツアー・ファイナルを開催のPAELLAS、リミックス・コンテストの結果を発表
[CLOSEUP]・2017年02月10日・【ツアー・ファイナル開催間近!】PAELLASがリミックス・コンテストの結果を発表 昨年末にリリースされたPAELLASの『Pressure』。現在の空気にドンピシャなインディR&Bのサウンドを携えたモダンなバンド・サウンドで話題を集めている。このアルバムのリリースに際して、OTOTOYではリミックス・コンテストを開催しました。制作期間は、ほぼ1ヶ月程度とかなりタイトな日程のなかでたくさんのご応募ありがとうございました! ということで本ページにて優秀作品を発表させていただきます。またこの優秀作品は後ほどOTOTOYでも配信予定です。そして『Pressure』のリリース・ツアーのファイナルも2月13日(月)に渋谷Club Asiaで開催。アルバム制作を終えてさまざまな面で変化を迎えた彼らのライヴもぜひとも! 2月13日(月)、アルバム『Pressure』リリース・ツアー・フィナル開催PAELLAS "Pressure" Release Tour Final2月13日(月)@渋谷 Club AsiaOPEN 19:00 / START 19:30LIVE : PAELLAS、ヤシの木フラミンゴVJ : chao
by 河村 祐介
7人組ロックンロール・バンド、THE 夏の魔物のスタジオ潜入レポート&インタヴュー掲載
[CLOSEUP]・2017年02月10日・【2ヶ月連続特集】7人組ロックンロール・バンドーーTHE 夏の魔物、スタジオ潜入レポート&インタヴュー 2017年1月6日、ロック・フェス〈夏の魔物〉の主催者・成田大致によって結成された7人組ロックンロール・バンド、THE 夏の魔物。3月15日リリース予定の1stシングルより浅野尚志作曲、只野菜摘作詞による「僕と君のロックンロール」を現在無料先行配信中だ。同楽曲は2月16日に新代田FEVERで開催されるワンマン・ライヴ〈THE 夏の魔物登場!!! TOUR特別編~麻宮みずほ20才おめでとう歓迎会スペシャル~〉にて初披露される。ギターに越川和磨と林宏敏(ex.踊ってばかりの国)、キーボードにハジメタル、ベースにえらめぐみ(theMADRAS、股下89)、ドラムにBOBOが参加し行われる同ワンマンのリハーサルに潜入、レポートとインタヴューを掲載。2ヶ月連続でTHE 夏の魔物をフィーチャーする。 1stシングルより期間限定フリー・ダウンロード中THE 夏の魔物 / 僕と君のロックンロール'【配信形態】''mp3 【配信価格】0円新世代ロックンロール・アンセム!! 21世紀の『リンダリンダ』がここにある! 3月1
by 岡本 貴之
水曜日のカンパネラ、メジャー1stアルバム『SUPERMAN』をハイレゾ配信開始
[CLOSEUP]・2017年02月08日・【REVIEW】水曜日のカンパネラ、待望のメジャー1stアルバム『SUPERMAN』をハイレゾ配信中 水曜日のカンパネラのメジャー1stアルバム『SUPERMAN』をハイレゾ配信スタート。全曲ケンモチヒデフミによる作詞・作曲による本作は、2016年11月にリリースされたシングル『SUPERKID』より「アラジン」、「カメハメハ大王」を含む全10曲入り。2017年3月8日(水)には日本武道館でワンマン・ライヴを行うことも発表し、さらなる水曜日のカンパネラ旋風が吹き荒れること間違いなし。OTOTOYでは過去作もすべてハイレゾ配信中。この機会にあわせて揃えてみてはいかがでしょう? メジャー1stフル・アルバムをハイレゾ配信水曜日のカンパネラ / SUPERMAN'【配信形態 / 価格】24bit/96kHz(WAV / ALAC / FLAC)まとめ購入のみ 3,859円(税込)>>ハイレゾとは?【Track List】''1. アラジン2. 坂本龍馬3. 一休さん4. オニャンコポン5. チンギス・ハン6. チャップリン7. オードリー8. カメハメハ大王9. 世阿弥10. アマノウズメ REVIEW : 水
by 西澤 裕郎
特集 : 選ばれたグルーヴ――この国のインディ・ロックの新たなグルーヴ・メソッド
[CLOSEUP]・2017年02月03日・特集 : 選ばれたグルーヴ──この国のインディ・ロックの新たなグルーヴ・メソッド ここ数年の、この国のインディ・ロックのシーンにインディR&Bやネオ・ソウル、現代ジャズといった音楽のグルーヴを援用したバンドたちが人気を集めている。本特集では、「選ばれたグルーヴ」と題して、現在OTOTOYでは配信中で、こうしたサウンドへと接続する音源を紹介するとともに、『Jazz The New Chapter』監修者 / ライターの柳樂光隆と、OTOTOYプロデューサー、高橋健太郎のふたりの識者の対談なども交えてお届けしよう。また、ここで、こうした流れの注目のバンドで昨年リリースされ話題を呼んだ、WONKの『Sphere』も配信開始する。文・選盤・構成 : 河村祐介 イントロ──選ばれたグルーヴ 2015年から、そして2016年にかけて、この国のインディ・ロック・シーンのサウンド面で新たにキーワードとして出てきたのは、インディR&B、ロバート・グラスパー以降の現代ジャズやアシッド・ジャズ……ざっくりと言ってこういったものだろう。こうした見方で言えば、さきほどリリースされたSuchmosのアルバム『THE KIDS』は、そう
by 河村 祐介