でんぱ組.incが"初レゾ"体験!――【REPORT】でんぱ組.incと一緒に新曲をCD&ハイレゾ&アナログ&カセットで聴き比べてみた!

でんぱ組.inc、初のハイレゾ作となるシングル『でんぱーりーナイト』がリリースされました!!! 表題曲「でんぱーりーナイト」はこれまでも数々のキラーチューンを提供してきた玉屋2060%(Wienners)が作詞作曲。まるでサーカスの世界に迷い込んだような、オーケストラ&マーチングで構成された華々しいサウンド。カップリングには初の冠番組CX『でんぱジャック - World Wide Akihabara -』のオープニング・テーマ「バリ3共和国 」、そしてそれぞれのオフ・ヴォーカルを収録。

さて今回、彼女たちはCDとハイレゾ配信に加えて、7インチ・アナログ・レコード、カセットと、4形態でリリースするという試みを行いました。しかもそれだけじゃない。「いや、でも、これって本当にちがうの?」という純粋な疑問にお応えするイベントを急遽企画!! その名も〈みんなで「でんぱーりーナイト」聴き比べ! 試聴会~ウェルカム トゥ でんぱーりーナイト~〉。全4形態をじっくり聴き比べたのです。オフィシャル・ファンクラブ「でんぱとう」会員様限定イベントのため事前に告知は行えませんでしたが、実はOTOTOYのイベント・スペースで開催したんです〜!! OTOTOY編集長 飯田仁一郎をハイレゾの解説にむかえ、メンバーとファンの皆様と一緒に「"初レゾ"体験」してもらいました!

レポート : 前田将博
撮影 : チェリーマン

でんぱ組.inc、初のハイレゾ作品!!

でんぱ組.inc / でんぱーりーナイト

【配信価格】
ALAC / FLAC / WAV(24bit/96kHz) : 単曲 328円 / アルバム 1080円(各税込)

【Track List】
01. でんぱーりーナイト
02. バリ3共和国
03. でんぱーりーナイト (Off vocal)
04. バリ3共和国 (Off vocal)

そもそもハイレゾとは?

High-Resolution(= 高解像度)の略称が"ハイレゾ"。一般的なCDの規格である16bit/44.1kHzを超える情報量を持つ音源(例:24bit/48kHz、24bit/96kHz)をこう呼びます。文字通り、高い解像度を誇る音源であり、音の波形をより滑らかにデジタル化しています。そのきめ細やかな再現によって、音質の低下によってカットされてしまったほんのわずかな息づかいや曲のディティールから、録音した"場"の空気感なども含めて感じ取ることができます。

クイック・ガイド! ファイル形式はどれがいい?

【WAV】
様々なビットレートに対応し、高音質再生が可能だが、非圧縮で容量が大きく、アーティスト名などのメタ情報が入力されていないなど扱いにくい場合がある。が、総じて、どのようなプレイヤー、機器でも再生できる。

【ALAC】
Appleが開発した可逆圧縮の音声ファイル形式、Apple Lossless Audio Codecの略称。同ビットレート/周波数であればWAVと同音質で、24bitのハイレゾ音源にも対応。70%から50%のファイルサイズの圧縮ができる。メタ情報も入っているので管理もしやすい。iTunes派はこちらがオススメ。OTOTOYの場合は、アーティスト名 / アルバム・タイトル / トラック番号 / ジャケット画像の情報が埋め込まれているので、iTunesのライブラリでスッキリ管理ができます。

【FLAC】
可逆圧縮の音声ファイル形式。こちらも音質の劣化なく、70%から50%のファイルサイズの圧縮ができる。メタ情報も埋め込めるなどALACと非常に近い利便性があるがiTunesには対応していない。24bit音源にも対応しているため、ハイレゾ器機やプレイヤーの多くで再生が可能。OTOTOYの場合、ALACと同様、細かなメタ情報が埋め込まれています。
>>FLACの解説・聴き方の詳細はこちら

【mp3】
不可逆圧縮音源なので容量が小さく小回りが利くが、音質がCDの音質より劣る。

でんぱ組.incは良い意味で特殊なアイドルで、それぞれの楽しみ方がある

左から、相沢梨紗、成瀬瑛美、最上もが、藤咲彩音、古川未鈴、夢眠ねむ

11月26日に発売されたばかりのでんぱ組.incの新曲「でんぱーりーナイト」の試聴会〈みんなで「でんぱーりーナイト」聴き比べ! 試聴会 ~ウェルカム トゥ でんぱーりーナイト~〉が、11月27日にOTOTOYで開催された。

新曲はCDのほかにカセットテープ、レコード、ハイレゾ音源でも発売されており、今回のイベントでは、メンバーがファンクラブ会員と一緒にそれぞれの音源を聴き比べて音の違いを体感しようというもの。イベントは2回にわけて開催され、参加できるファンは各回30名ずつという狭き門。会場に集まった幸運なファンが着席すると、まずは所属レコード会社の山岸直人がイベントの趣旨を説明。ここで来場者にどの音源を購入したか訊いたところ、CDはほとんどの人が購入済み。カセット、アナログが5人ずつくらいで、ハイレゾはわずかにひとりだった。

拍手に迎えられながら、お待ちかねのメンバー登場。ハイレゾの話題を振られるも、メンバーはみんなほとんど知らない様子。そこでOTOTOYの編集長、飯田仁一郎がハイレゾ配信がはじまった経緯や、音の違いについて説明。音質の良さをCDの盤やクリア・ファイルの大きさに例え、ハイレゾはより大きな領域に波紋が広がっていくことで音が繊細に聴こえることを説明すると、メンバーも来場者も思わず「へー!!!」と納得していた。続いて、メンバーから飯田に質問。夢眠ねむが「ハイレゾをギュッとしたのがCDなんですか?」「車で聴くときやDJをやるときに、ハイレゾをCDに焼いちゃうとダメ?」など鋭い質問を投げかけると、飯田は「CDは形が決まっちゃっていて、それ以上発展しなかった。でも、録音の技術はどんどん発展していったから、ハイレゾで配信しようって流れになった」「CDに焼かずにUSBメモリに入れたり、パソコンのまま持ち込めばハイレゾで再生できる」と答えた。さらに古川未鈴からの「拡張子はなんですか?」という少しマニアックな質問には、飯田がWAVやFLAC、ALACなどの拡張子を挙げ、それぞれの特徴を丁寧に説明した。WAVという単語をみんな当たり前のように知っているあたりは、さすがでんぱ組.incだ。説明を訊いていた相沢梨紗は「早く聴きたくなってきました」と待ちきれない様子。そこでいよいよ、各音源を順番に聴いていくことに。メンバーも客席の前方に座り、一緒に聴く。

まずはCDから試聴。相沢がプレイヤーのスイッチを入れると、聴き慣れた音にみんなそれぞれ頷く。2コーラスほど聴いたところで、次はいよいよハイレゾ音源へ。飯田が改めて「細かさを聴いてください。よくよく聴くと違いがわかります。すごい違うってわけではないけど、密度、奥行きなどを」と聴き所を語ったあと、成瀬瑛美が緊張気味にパソコンの再生ボタンを押す。初のハイレゾ体験、略して”初レゾ”(メンバー命名)に、場内は真剣な表情で聴き入る。やはり、CDとはかなり違った感触があるようだ。藤咲彩音が「それぞれ楽器の音や歌が別々に、綺麗に聴こえた」と語れば、古川は「音のざらつき感が減ってた」、相沢は「音が静かなところでも、より静寂感を感じた」と思い思いの感想を述べる。客席も、大半の人が違って聴こえたとのことだ。飯田が、いまはiPhoneでもハイレゾが聴けることを明かすと、メンバーは「えー!」「聴きたい!!」と興奮気味。ハイレゾをだいぶ身近に感じたようだ。

続いて、最上もがが再生スイッチを入れて、レコードの試聴。相沢は「ハイレゾよりもパーカッション系は強く聴こえた」、夢眠は「レコードならではのパチパチ感。ダイナミック感が強い」、古川は「意外とはっきり聴こえる」とコメント。さらに夢眠は山岸に、さまざまな形態で音源をリリースする趣旨を問う。「でんぱ組.incは良い意味で特殊なアイドルなので、それぞれの楽しみ方があるし。音源もただみんな同じように聴くのではなくて、いろんな楽しみ方を用意して。リスナーに合わせて、なるべく幅広い選択肢を作りたいなと思って今回リリースしました」との答えには、大きな拍手が起こった。なお、第2部では古川がレコードに針を落とす役割に挑戦。馴染みのない作業に苦戦する彼女の姿に、会場は暖かいムードに包まれた。

続いてはカセットへ。現在プレイヤーを持っている人は少ないものの、客席も含めほとんどの人はカセットの音は体験したことがあるようだ。特に古川はカセットでSPEEDを聴いていたことや、「ウォークマンの電池が無くなってくると再生速度が遅くなってくるよね」といったエピソードを披露。最上は「テープを引っ掛けると壊れたりするよ」、成瀬は「ツメをセロテープで貼れば上書きで録音できるからすごい」と、それぞれの思い出を語った。藤咲がスイッチを入れて試聴スタート。親近感あふれる音に、メンバーはイントロから笑顔に。曲中に音が一瞬飛ぶというハプニングもあり、彼女たちは大爆笑だった。カセットでは、夢眠のリクエストでカップリングの「バリ3共和国」も試聴。夢眠は「ハイレゾのことを思い出すと、全部聴けるいまってすごいね」、相沢は「不安的な感じがたまらないね」と感想を述べた。

すべての試聴を終え、相沢が総括する。「いろいろ聴けたのはうれしかったし、特に後半に聴いたものはコピーができない良さがあるなって思って。でんぱ組.incは秋葉原でチェキとかを毎日売ったりしていて、それにサインをして。ポーズが同じだろうが、絶対に1枚1枚違うものしかないのがチェキの良さだよねって言っていたのが、改めてこういう音源の形として感じることができたのが、うれしいなって思いました。お家でも聴けるようになりたいと思いました。今日はすごいいい経験をさせていただきました。みなさんも一緒に聴いていただき、ありがとうございました」とあいさつした。

ハイレゾやアナログに多くの人はまだまだ馴染みが薄い中で、イベント終了後に客席の多くが、機会があればハイレゾを買ってみたいと答えていた。山岸も、希望があれば今後もさまざまな形態でのリリースを続けていきたいと語っていたのが印象的だった。ただリリースするだけでなく、でんぱ組.incのメンバーと一緒に音の違いを体感できるという貴重な機会を作ってくれた関係者に、拍手を贈りたい。とても有意義かつ、うれしい1時間だった。

でんぱとう会員様限定イベント
みんなで「でんぱーりーナイト」聴き比べ! 試聴会~ウェルカム トゥ でんぱーりーナイト~

日時 : 2014年11月27日(木)
時間 : (1)18:00の部 (2)20:00の部
場所 : オトトイ株式会社
定員 : 各回30名様
内容 : ハイレゾ、レコード、CD、カセットテープを聴きくらべる「でんぱーりーナイト」試聴会。でんぱ組.incメンバーと一緒にそれぞれの聴き方を楽しもう!

でんぱ組.inc 過去作品

でんぱ組.inc / 愛があるから!!

2014年9月27日(土)より角川シネマ新宿他で公開されたCGアニメ劇場版『gdgd妖精s っていう映画はどうかな…?』主題歌。テレビ・シリーズ終了から1年半で復活する劇場版。脚本には、脱力系アニメ「Peeping Life」で話題を呼んだ「森りょういち」が参加。

PROFILE

でんぱ組.inc

古川未鈴、相沢梨紗、夢眠ねむ、成瀬瑛美、最上もが、藤咲彩音の6人組ユニットで、「秋葉原ディアステージ」に所属し、様々な活動を展開。メンバーはもともと、アニメ・漫画・ゲームなど、自分の趣味に特化したコアなオタクでもある! また最近は、東京コレクションや、ミキオサカベをはじめとして様々なクリエイターとのコラボレーションなどを活発に展開。国内のみならず海外からも注目を集め、台北やジャカルタでのファッション・イベントに参加、さらに日本代表として「JAPAN EXPO 2013」にも出演。東西野音ツアーでのワンマンライヴも満員のファンで埋め尽くされた。TOY'S FACTORY×もふくちゃんの新レーベルMEME TOKYO所属。シングル『W.W.D / 冬へと走りだすお!』が、マイナスからのスタートなめんな! というキャッチフレーズで話題になり、さらに、10月2日にはシングル『W.W.D Ⅱ』をマイナスからのスタートやっぱキツい!? をキャッチフレーズにリリースし、オリコン3位を獲得!

>>でんぱ組.inc Ofiicial HP

RECOMMEND

水曜日のカンパネラ / 私を鬼ヶ島に連れてって(24bit/48kHz)

オリコン・デイリー・チャート8位を記録した100円CD収録の「桃太郎」「千利休」をはじめ、サウンド・プロデューサーkenmochi hidefumiのエディットが光る「チャイコフスキー」「インカ」など、捨て曲なしの8曲を収録。水曜日のカンパネラのブレイク・ポイントとなるであろう待望のミニ・アルバム!!

BELLRING少女ハート / EPEP EP(24bit/48kHz)

ベルハー最強のキラー・チューン「the Edge of Goodbye」ぶりにタニヤマ氏が手がける、破壊力抜群の新曲「rainy dance」!! ディレクターの田中がタニヤマ曲に対抗すべく、初めて編曲に挑みエンジニアを精神的に追いつめた名曲「男の子、女の子」も収録!

プラニメ / Plastic 2 Mercy(24bit/96kHz)

BiS 解散ライブ内での発表で話題を集めた、カミヤサキ(元BiS)とミズタマリ(いずこねこ茉里)による新ユニット、プラニメ。デビュー・シングルはBiSや中川翔子の楽曲を手掛けるサウンドプロデューサー松隈ケンタ(SCRAMBLES)プロデュース。以前までプロデュースを行ってきたBiSとは違い、デジタルナンバーに松隈ケンタが得意とする切ないメロディーが映える新機軸な楽曲!!

o

 
 

"Close Up"の最新アーカイヴ

【連載】タフな乙女のアパートメント〈花とポップス〉から4ヶ月連続リリース! 第1回座談会
[CLOSEUP]・2016年09月28日・どんなに新人でも、母になっても──タフな乙女のアパートメント〈花とポップス〉連載、第1回座談会 "タフな乙女のアパートメント"を掲げ、フリーランスの女性クリエイターが集まる、つるうちはな主宰のレーベル〈花とポップス〉が4ヶ月連続、計10タイトルをリリースすることとなった。幕開けは8月31日。「モナレコ女子2015」で準グランプリを獲得し実力を伸ばすシンガー・ソングライター"あーた"の2ndミニ・アルバムと、そんな彼女に憧れてアコギ弾き語りを始め早くもその才能を開花しようとしている札幌在住の"はかまたりの"の初作品。それに続いて9月28日にリリースとなったのが、大人気の音楽ゲームアプリ「Cytus」、「Deemo」で楽曲が使用され、その歌声に海外からも注目を集めた青柳舞と、現在4児の母となり10年ぶりに作品をリリースする元junior size、sinkirowとしても活動していたイナダミホ。〈花とポップス〉という場に集まった彼女たちは、いまここでどのような表現をするのか。主宰のつるうち含む4人に話を訊いた。 〈花とポップス〉9月リリース作品 妊娠を機に活動休止を発表した青柳舞が復帰を誓う約束のEP青柳舞
M.O.J.O(武蔵野 ONE JONA3 ORQUESTA) 7インチでリリースした人気曲を配信リリース
[CLOSEUP]・2016年08月15日・【あの人の5曲】武蔵野 ONE JONA3 ORQUESTA(M.O.J.O) 【あの人の5曲】とは…新たに楽曲配信がスタートしたミュージシャンに、「OTOTOYで配信している中から自分が好きな5曲」を選択してもらい、選んだ理由とその楽曲に対する思い入れを存分に語ってもらうコーナー! なのだ!! 武蔵野 ONE JONA3 ORQUESTA(M.O.J.O)が7インチでリリースした曲の配信がスタート 吉祥寺を拠点に活動している5人組ヒップホップ・バンド、武蔵野 One Jona3 Orquesta(略してM.O.J.O)。彼らが2015年11月にリリースした7インチ・シングルがOTOTOYで配信されることとなった。配信がスタートしたのは、モッキーにインスパイアされた「Hol'up」と、Jディラに捧げた「SeeDilla」の2曲だ。 生ドラムの上でデュエットするように混ざり合う淡々としたフロウのラップと流麗なフルート、実在する店名や人名といった固有名詞がバンバン登場する私小説的なリリック… 情緒的でありながらもストリート感が詰め込まれた彼らの音楽は、いわゆるメロディアスな歌ものラップとも文化系ラップとも一味
南壽あさ子、6ヶ月連続特集第3弾、OTOTOY編集部・西澤裕郎と振り返る、南壽あさ子の歩み
[CLOSEUP]・2016年09月27日・【南壽あさ子】6ヶ月連続特集第3弾、OTOTOY編集部・西澤裕郎と振り返る、南壽あさ子の歩み 南壽あさ子がヤマハミュージックコミュニケーションズに移籍、7月から3ヶ月連続で配信リリースをしていく。OTOTOYでは彼女の作品をハイレゾ配信、月1で南壽あさ子の魅力にさまざまな視点から迫る6ヶ月連続特集を7月から12月まで掲載する。配信第3弾となる9月の楽曲は、ローマ神話に登場する花の女神をモチーフにした「flora」、そして「このごろ、そのひぐらしで」。本特集では、南壽あさ子の活動初期から取材を続けているOTOTOY編集部でライターの西澤裕郎と、南壽あさ子の作品と歩みについてじっくりと迫った。 YAMAHA移籍3rdシングルをハイレゾ配信南壽あさ子 / flora '【配信価格】WAV / ALAC / FLAC : 円(税込)AAC、mp3 : 円(税込)【Track List】''1. flora 2. このごろ、そのひぐらしで 「2人で作ってるイメージで作品を仕上げよう」って考え方に変わった ーー南壽さんがデビューした2012年の音楽シーンについて、西澤さんは「溢れる情報の中、どれだけ癖のあることを
by 西澤 裕郎
一時期小説ばっかり書いてたけど、いまは音楽──いとうせいこう『再建設的』をめぐって
[CLOSEUP]・2016年09月23日・一時期小説ばっかり書いてたけど、いまは音楽──いとうせいこう『再建設的』をめぐって いとうせいこう & Tinnie Punx『建設的』は1986年にリリースされた最初期の日本語ラップの楽曲を含んだ作品として名高い。そんなクラシック・アルバムのリリース30周年を記念して、このたび、いとうせいこう & リビルダーズ名義でトリビュート盤『再建設的』がリリース。豪華メンツが参加し、当時の楽曲をカヴァーしている。また日本語ラップの金字塔的作品たる「東京ブロンクス」では、いとうせいこう自らがヤン冨田とともにスリリングにカヴァーしており、間違いなくアルバムのクライマックスと言えるだろう。OTOTOYでは本作を配信開始。またオリジナルの『建設的』もリリース30周年記念に再リリース。こちらも配信開始しています。そして本アルバム・リリースとともに9月30日、10月1日、東京体育館にて「いとうせいこうフェス~デビューアルバム『建設的』30周年祝賀会~」が開催。アルバム参加の豪華メンツに加えて、さまざまなアーティスト、DJやお笑い芸人が入り乱れての、まさにいとうせいこうにしか成しえないイベントとなるだろう。 豪華メンバーによる
ハコイリ♡ムスメ、これまでの活動を振り返るインタヴュー掲載!! 会場限定シングル4作品を一挙配信スタート!!
[CLOSEUP]・2016年09月23日・ハコイリ♡ムスメ、会場限定シングル4作品を一挙配信スタート!! これまでの活動を振り返るインタヴュー 80〜90年代のアイドルの名曲をカバーし、見る人に癒しとトキメキを与え「女の子本来の可愛らしさ」を表現することをテーマとした11歳〜17歳の女優志望の女の子9人組、ハコイリ♡ムスメ。本業の「女優」を生かした「劇団ハコムス」という芝居と音楽の融合にも挑戦している彼女たちが、2016年11月に南波一海が主宰するレーベルPENGUIN DISCより初の全国流通音源をリリースする。まさに世の中に広く羽ばたく直前の彼女たちに、これまでの歩みを伺うとともに、会場限定で発売されていた4作のシングルをOTOTOY独占で配信スタート。この機会にハコイリ♡ムスメに触れてみてはいかがだろう。 会場限定の4作品をOTOTOY独占ハイレゾ配信スタート!! ハコイリ♡ムスメ / 微笑みと春のワンピース【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) / AAC : 単曲 251円 まとめ購入 500円【Track List】1. 微笑みと春のワンピース2. なかよし ハコイリ♡ムスメ / 夏に急かされて【配信形態】
by 西澤 裕郎
ベイビーレイズJAPAN、メンバーに訊く2ndアルバムとこの2年
[CLOSEUP]・2016年09月09日・改名後の2年間、そして今作に込められた思いとはーーベイビーレイズJAPAN、メンバーに訊く2ndアルバム 2012年に活動を開始した5人組アイドル・グループ、ベイビーレイズJAPAN。9月21日に2年ぶりの2ndアルバム『ニッポンChu! Chu! Chu!』をリリース。数々のライヴやフェスで人気沸騰中の青春エモ・ロック「夜明けBrand New Days」や、ラップを取り入れた「真夏のフィーバー!」、新しいメンバー紹介曲としてライヴで定番となりそうな「Ride On IDOROCK」など、かわいく、暑苦しく、エモい彼女たちのすべてが詰まったアルバムとなった。 待望の2ndアルバム!!!!!ベイビーレイズJAPAN / ニッポンChu! Chu! Chu!'【収録曲】1. Ride On IDOROCK2. 虎虎タイガー!!3. 閃光Believe4. シンデレラじゃいられない5. Pretty Little Baby6. 真夏のフィーバー!7. Baby Kiss8. 栄光サンライズ9. 走れ、走れ10. 少しだけ11. 夜明けBrand New Days12. ニッポンChu! Chu! Chu!【配
Predawn、3年半ぶりのフル・アルバムをハイレゾ配信&インタヴュー
[CLOSEUP]・2016年09月21日・Predawn、音作りの"文法"、その新境地とはいかに──2ndフル・アルバム『Absence』ハイレゾ配信 溢れ出る才能と音楽への探求を丁寧に綴じ込んだ1stフル・アルバム『A Golden Wheel』から3年半、Predawnが待望の2ndフル・アルバム『Absence』をリリースした。収録楽曲にはライヴでの人気曲 「Universal Mind」を始め、正式な作品としては初めての日本語曲「霞草」など、音源化を待ち望まれていた9曲を収録。初めてアルバム制作にゲスト・ミュージシャンを迎え、より奥行きのある音像を目指したという今作。24bit/44.1kHzのハイレゾ音源は、そのささやかながら匂い立つような歌声と繊細ながら豊かなアレンジ、全編を通して縫い込まれたPredawnの文学を驚くほどダイレクトに、鮮やかに、感じてもらえるだろう。秋の夜長に最適の1枚を、是非。 Predawn、3年半の沈黙を破り待望のフル・アルバム、ハイレゾ配信!Predawn / Absence'【Track List】01. Skipping Ticks02. Black & White03. Universal Mind04
いまっぽい〈黒さ〉で都会を描く――新生bonobosが表現した東京という街
[CLOSEUP]・2016年09月21日・いまっぽい〈黒さ〉で都会を描く――新生bonobosが表現した東京という街 2011年の『Ultra』では管楽器やストリングスを大胆に取り入れ、続く2014年『Hyper Folk』ではさらにエレクトロニックな要素も取り込み壮大な表現を見せたbonobos。7枚目のオリジナル・アルバム『23区』は、それらの表現を引き継いだ… というよりは、過去作を咀嚼した上で新たな方向性をメンバー同士で探り合った結果作られた、バンド感の強い一枚だ。演奏面では、ファンキーでソウルフルな表現がぐっと増え、作品を通して開放的な空気が流れている。〈黒い〉表現が特徴的ではあるが、アーシーというより都会的。風通しがよくて軽やか、これまで以上に洗練されており、かつ折衷的なアルバムと言っていい。本作をOTOTOYでは、それぞれ音源形式に合わせてマスタリングされたというDSD、そしてPCM 24bit/48kHzにてハイレゾ配信を開始する。結成して間もない時期より共に活動してきたドラマーの辻凡人が脱退し、オリジナル・メンバー2人に。さらにその後3人の新メンバーを追加し、5人体制での再スタートという大きなメンバーチェンジは、彼らがアウトプット
筆者について
前田 将博 (純三)

V系生まれハロプロ育ち、aikoは俺のファムファタル。 Twitterは @junzo99 です。

同じ筆者による他の記事