ライター前田の独断と偏見による「レア音源」をご紹介。あなたの見逃しているOTOTOYがここにある! 発掘! レア音源!!

OTOTOY編集部も驚きの好評をいただいているため、地道に改良、改善が加えられている本コーナー! より前田色を打ち出しています!? TOKYO NEW WAVE3連発と異色の芸人音源の後、加護ちゃん、ぐしゃ人間… その後、やつはどんな音源を掘り出してくるのか!

文 : 前田将博

今週の発掘音源はこちら!!

第7回 ウミネコサウンズ×シャムキャッツ『あたらしい時間』


ウミネコサウンズ×シャムキャッツ / あたらしい時間

【配信価格】
mp3 単曲 200円 / まとめ購入 200円

【Track List】
1. あたらしい時間

>>特集ページはこちら
>>シャムキャッツ『渚』リリース時の対談はこちら

ウミネコサウンズこと古里おさむとシャムキャッツの、スペシャル・セッション音源がドロップ! 2010年2月に開催されたウミネコサウンズのイベント「ウタイホーダイ」で共演することになった両者が、ウミネコサウンズの「あたらしい時間 」を大胆にリ・アレンジ。それぞれの持ち味が最大限に生かされ、まったく新しいサウンドに変貌を遂げました。原曲の陽気でポップなサウンドから一転、シャムキャッツならではの、たよりなくも味のあるローファイ・サウンドに、古里おさむの温かなうたが響きます。ここでしか聴けません! あたらしいポップ・ミュージックをどうぞ。


ネコとキャッツのコラボ音源!

8月ももう終わりに近づき、秋の気配を感じる今日この頃、みなさまいかがお過ごしでしょうか。この連載もいつのまにか第7回まできました。ラッキー7です。余談ですが、先日、天狗バンドthis is not a businessの加藤小判にインタヴューして以来、ラッキー7というワードがなんだか不吉に思えるようになりました。彼らの初ワンマン、めっちゃ熱かったです。

今回紹介する音源は、そんな天狗とはまったく関係のない、ウミネコサウンズ×シャムキャッツの『あたらしい時間』です。ネコとキャッツ。いつの時代も猫は人気者です。平賀さち枝が猫について歌った「おだいじに」という曲のなかに〈朝には隣で寝てます 本当に勝手です なのにみんなに愛されています〉という一節があります。私も猫になって、さっちゃんの隣で寝たいと強く願っています。

話が逸れました…。こちらの音源は、ウミネコサウンズが2010年にシャムキャッツとコラボレーションしたものです。もちろん、OTOTOY限定配信。ウミネコサウンズの同曲を、2組のセッションによりリアレンジ。原曲のポップなイメージから一転、シャムキャッツの肩の力を抜いたゆるめのロック・サウンドへと変貌を遂げています。ちなみに、こちらの音源は、演奏がシャムキャッツで、歌がウミネコサウンズこと古里おさむ。そう、古里おさむは、現在はバンド、uminecosoundsとして活動していますが、当時はソロ・ユニットのウミネコサウンズとして活動していました。シャムキャッツとのコラボを行ったあとにも、ウミネコサウンズ×スーパーノアで「手紙」をリリースしています。こちらも、ウミネコサウンズの原曲をスーパーノアの華やかなサウンドで彩っています。

ちなみに、シャムキャッツも、今週末の8月31日より、シャムキャッツ×Turntable Filmsのスプリット盤をアナログで限定リリース。スプリット盤に同梱されているダウンロード・コードにより、OTOTOYで配信音源も入手できます。最近、あまりバンド同士がコラボレーションをする機会が少なくなってきたように思いますが、OTOTOYでは配信という手軽さもあってか、結構いろいろなコラボレーション音源があります。有名なところでは、坂本龍一のDSDセッションなど。みなさんもぜひ貴重なコラボ音源を発掘して、このコーナーにタレ込んでください!

イチオシのコラボレーション音源はこちら

PROFILE

uminecosounds

古里おさむ vocal、guitar
ヤマジカズヒデ guitar,、vocal
須藤俊明 bass
コテイスイ drum

くるりが主催するNOISE McCARTNEY RECORDSよりソロ・アルバムをリリースしている古里おさむ(Vo&Gt)、HiGEのドラムとしても活躍するコテイスイ(Dr)、dipのヤマジカズヒデ(Gt)、ジム・オルークを始め様々なアーティストやバンドで演奏している須藤俊明(Ba)によるロック・バンド。もともとは古里おさむのソロ・ユニットとして活動を開始し、2009年5月13日に、CINRA RECORDSよりデビュー・ミニ・アルバム『夕焼け』をリリース。『FUJI ROCK FESTIVAL’09』にも出演を果たし、2010年1月には2ndミニ・アルバム『宇宙旅行』をリリース。そして2011年、表記を「uminecosounds」に改め、バンドとして始動した。

結成1年足らずでアルバムを作り上げ、2012年2月1日にタワーレコード新宿店限定でワンコイン・シングル「サルとバナナ」(カップリングに”まちのあかり”)をリリース。

2012年6月6日に初のフル・アルバム「uminecosounds」をリリース。不定期で開催する自主イベント「ウミネコ集会」も行っている。

>>Official website


シャムキャッツ

藤村頼正 (Drums&Chorus)
大塚智之 (Bass&Chorus)
夏目知幸 (Vocal&Guitar)
菅原慎一 (Guitar&Vocal)

東京を中心に活動している4人組ロック・バンド。

2007年頃から活動開始。2009年4月に1stアルバム『はしけ』をリリース。以降、枠にはまらない楽曲と自由なステージングで、その独特な存在感はじわじわと広がりを見せる。2010年、「DEMO SINGLE SERIES」と銘打ったCD-R作品を3作連続リリースし全てソールドアウト。2011年、3月9日に1stシングル「渚」、8月24日に2ndシングル「サマー・ハイ」をリリース。どちらも良い感じにヒット。11月23日にミニ・アルバム『GUM』をリリース。

2012年12月5日に約3年半ぶりのフル・アルバム『たからじま』をP-VINE RECORDSよりリリース。

現在の東京インディ・シーンの台風の目として活動し、今もっともブレイクが期待される若きファビュラス・フォー、シャムキャッツ!

>>Official website

Wr.前田がこれまで発掘したレア音源はこちら

第1回 東京カランコロン『東京カランコロン』
第2回 オワリカラ『OWARIKARA 2009 DEMO CD 3rd』
第3回 太平洋不知火楽団『live@shinjuku motion』、『そうだ、海え帰ろう!!』
第4回 エスパー伊東『バイク王』
第5回 加護亜依『no hesitAtIon』他2タイトル
第6回 ぐしゃ人間『ババアの祈り』

o

 
 

コラム

【新世代参上! 】ガレージ・ロックが1番アツい夏──いま勢いづくインディ最前線
[CLOSEUP]・2017年08月09日・特集 : 新世代参上! ガレージ・ロックが1番アツい夏──いま勢いづくインディ最前線 暑い! そして熱い! この国のインディ・ロック・シーンのなかで、いま最も注目すべきサウンドはこれだ、キーワードはガレージ・ロックだ。ガレージ・ロックといえば…… 1990年代のあのバンドたち? なんていうのはもう昔の昔、2010年代も終わりですよ。今回紹介するのは8月9日に1stフル・アルバムをリリースしたばかりのTENDOUJIを中心に、とにかくスペシャルに活きの良いバンドたちを紹介していきますよ〜! グイーンとギターをかき鳴らして、ドカドカかっこいい、ロウなロックンロールを勢いよく奏でているかっちょいいバンドがいっぱいいるんです。シティポップもいいけど、こういうストレートに熱い、ロック・サウンドも聴きたくなってきた頃じゃないですか? いまこのガレージ・ロックの波に乗らなきゃ、2017年の夏は終われないですよ! インディ・ガレージ・ロックを語る上でこのバンドは忘れられない! 【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込) / アルバム 2,200円
by 鈴木 雄希
はじめての男性グループ特集ーーまずはこれだけ押さえておこう
[CLOSEUP]・2017年04月07日・はじめての男性グループ特集ーーまずはこれだけ押さえておくべし おかげさまで、OTOTOYでは女性アイドル&グループを取り上げることが増えました。きっかけになったのは新生アイドル研究会ことBiSの存在。当時、インディ・ロックのツボを押さえたエモーショナルな楽曲は新鮮で、BELLRING少女ハート、ゆるめるモ!、Especia、Negicco、おやすみホログラムをはじめ、3776、KOTO、amiinAなど、バラエティ豊かなアイドルたちを特集してきました。いまなお、ヤなことそっとミュートや新しいアイドルたちが登場しており、ワクワクした状況が続いています。 そんな折、OTOTOYでは男性アイドル&グループをほとんど取り上げていないことに気がつきました。BiSをきっかけにいろいろなグループに魅了されたように、男性アイドルやグループにも、たくさんの魅力があるんじゃないか。そう思い立ち、一度男性アイドル&グループ特集を組んでみることにしました。男性アイドル・グループを愛してやまない音楽関係者Mr.Kに話を聴きながら、これは押さえておいたほうがいいというグループをまとめてみました。こんなの常識でしょ? と思われる方もい
by 西澤 裕郎
女子高生「OTOTOY」知ってる人0人説ーー新人スタッフ鈴木雄希が渋谷のJKに実際に訊いてみた
[CLOSEUP]・2017年01月20日・女子高生「OTOTOY」知ってる人0人説ーー新人スタッフ鈴木雄希が渋谷のJKに実際に訊いてみた 2017年4月から新入社員としてOTOTOYに入社することになった現在大学4年生の鈴木雄希。しかし蓋を開けてみるとOTOTOYには若い社員がいない! そもそも若い人たちは「OTOTOY」のことを知っているのか…。ふと疑問に思った鈴木は渋谷のセンター街に繰り出し、女子高生をターゲットに街頭インタヴューを敢行。はたして新人スタッフ鈴木は「女子高生知ってる人0人説」を証明してしまうのか!? さまざまなドラマがうまれた今回の企画、結果はぜひみなさんのその目でご確認ください! 新人スタッフ鈴木、渋谷の街へいざ出発!! はじめまして。4月からOTOTOYに新入社員として入社する鈴木雄希です。高校まで野球部で、キャプテンでキャッチャーをしていました。尊敬する選手は古田選手です! 音楽は渋谷系が好きで、小沢健二さんを敬愛しています。OTOTOYではロックを担当する予定です。みなさん、よろしくおねがいします! さて、僕は現在アルバイトとして週3回ほど会社に出勤しています。毎日刺激的なことが多いんですけど、あるときふと気がついたこ
by ?
OTOTOY AWARD 2016──30位〜11位編──
[CLOSEUP]・2016年12月07日・OTOTOY AWARD 2016──OTOTOY特選年間ベスト作品、30位〜11位を発表! その年の音楽総決算、OTOTOY AWARD。今年はジャンルをぶち抜いて、アルバム、シングル含めて総合チャートとして、2016年にイキの良かった50枚を選出しました。こちらでは30位から11位を発表します。今年の音楽、ちゃんとチェックしてから2017年へいきましょうぞ。 >>50位から31位はコチラ>>11位から1位はコチラ 30. HIROSHI WATANABE『MULTIVERSE』【作品詳細】KAITO名義でのジャーマン・テクノ名門〈コンパクト〉からのリリースでも知られる、HIROSHI WATANABEのデトロイト・テクノの伝説的レーベル、デリック・メイの〈トランスマット〉よりリリースされたアルバム。まっすぐにエネルギッシュなテクノ・アルバム。>>本作に関する特集ページ【配信形態】24bit/48kHz WAV / FLAC / ALAC / AAC【アルバム配信価格】 2,700円(税込) 29. ミツメ『A Long Day』【作品詳細】インドネシア、台湾、テキサス、ニューヨークなどでの海外公演も含
OTOTOY AWARD 2016──2016年、年間ベスト、50位〜31位
[CLOSEUP]・2016年12月05日・OTOTOY AWARD 2016──OTOTOY特選年間ベスト作品、50位〜31位を発表! 2016年もあと少し。ということで、今年もやってまいりました。その年の音楽総決算、OTOTOY AWARD。2016年のOTOTOY AWARDは、ジャンルの垣根をぶち抜いて、総合チャートとして、アルバム、シングルに関わらず50枚を選出しました。まずは50位から31位までの20作品を発表いたします! >>30位から11位はコチラ>>10位から1位はコチラ 50. Predawn『Absence』【作品詳細】Predawn (プリドーン=夜明け前)を名乗る、女性ソロ・シンガー・ソングライターの2ndアルバム。UKロック、オルタナティヴ・ロック、ルーツ・ミュージックを独自に昇華し、少々ひねくれつつもドリーミングかつヒーリング的な聴き心地が融合。初のゲスト・ミュージシャンを迎え、より奥行きのある作品に。>>本作に関する特集ページ【配信形態】24bit/44.1kHz WAV / FLAC / ALAC / AAC【アルバム配信価格】 1,650円(税込) 49. ART-SCHOOL『Hello darkness, m
OTOTOY AWARDS 2015 まとめ編──OTOTOYエディターズが選ぶ、各ジャンル・ベスト10作品
[CLOSEUP]・2015年12月18日・配信曲から各ジャンルの2015年OTOTOYベスト10作品をご紹介、まとめ編──OTOTOY AWARDS 2015 え~、年の暮れも近く、日々の生活を忙しいながら振り返るこの季節。おまっとさんで、毎年恒例、OTOTOYスタッフ・セレクトによるOTOTOY AWARDSの季節。今年は新機軸、配信カタログの充実とともに今年はさまざまなジャンルにて展開いたします。各ジャンル順次公開していきますのでチェックをよろしくお願いいたします! 邦楽ロック / ポップス編 いやー、ついにあのユニットが大ブレイク。まだまだ無名の時代からしっかりフォローしてたのは間違いなくOTOTOYでしょう! インディ・ロック・バンドはかなり面白いバンドが目白押しだったんですが、“シティポップ”なる言葉で逆にわからなくなってしまった側面も……。とはいえceroの勢いはすごかった! OTOTOY AWARDS 2015 邦楽ロック / ポップス編はこちらへ 洋楽ロック / ポップス編 出るぞ、出るぞとここ数年言われていた歌姫、アデルの圧倒的な新作がついに登場! 1980年代のエレクトロ路線にカムバックしたようなニュー・オーダーのひさびさの
LOCAL REPORT『家出ジョニーの神戸のお話』
[LOCALREPORT]・2009年04月12日・ VOL.1 どうも、神戸の家出ジョニー(BLONDnewHALF)です。 神戸のシーンに関する記事を書くぞ! ということで第1回目は神戸のポップ・シーンの最前線にいるヒダリのベース担当上月氏にインタビューです。 J : 早速ですが、ヒダリというバンドの紹介をしてください。 上月 : ヒダリは神戸で結成して、神戸を中心に活動しています。シーケンサーを使ってドラムを打ち込み、ギター・ポップっぽい歌物のバンドです。 J : 最近、『ワインとチョコレート』というアルバムが出たそうで。 上月 : このアルバムはバッド・ニュースからの2枚目のフル・アルバムです。1枚目を出したときとプログラミングをする人が代わっていて、音が1枚目とだいぶかわりましたね。 J : どこがかわったんですか? 上月 : ファースト・アルバムを聞いてない人にはわかりにくいかもしれませんが、ファースト・アルバムの時はメンバーが日本人で、才能溢れるワビサビの効いた打ち込みだったんですが、今のメンバーはアメリカ人ということもあって大陸的な音になってると思います。やり過ぎ感があるかなっていう。 J : 良い意味で? 上月 : 良い意味でも悪い意味でも
Wr.前田の『発掘! レア音源!!』
[MAEDA]・2013年08月30日・ ライター前田の独断と偏見による「レア音源」をご紹介。あなたの見逃しているOTOTOYがここにある! 発掘! レア音源!! OTOTOY編集部も驚きの好評をいただいているため、地道に改良、改善が加えられている本コーナー! より前田色を打ち出しています!? TOKYO NEW WAVE3連発と異色の芸人音源の後、加護ちゃん、ぐしゃ人間… その後、やつはどんな音源を掘り出してくるのか! 文 : 前田将博 今週の発掘音源はこちら!! 第7回 ウミネコサウンズ×シャムキャッツ『あたらしい時間』 ウミネコサウンズ×シャムキャッツ / あたらしい時間'【配信価格】mp3 単曲 200円 / まとめ購入 200円【Track List】1. あたらしい時間>>特集ページはこちら>>シャムキャッツ『渚』リリース時の対談はこちら''ウミネコサウンズこと古里おさむとシャムキャッツの、スペシャル・セッション音源がドロップ! 2010年2月に開催されたウミネコサウンズのイベント「ウタイホーダイ」で共演することになった両者が、ウミネコサウンズの「あたらしい時間 」を大胆にリ・アレンジ。それぞれの持ち味が最大限に生かされ、まった
by 純三