注目の新人声優、武藤志織をはじめ、浅川悠、斉藤千和の歌声をハイレゾで!! ――おとといあにそん部!! vol.2

©久正人 / アース・スター エンタテインメント・「ノブナガン製作委員会」

前回はアニメ業界の変遷や「のうりん」の魅力を語った当コーナー。その「のうりん」の曲がOTOTOYでまさかの大ブレイクを果たし、ますますアニソン部は勢力を拡大!? 第2回となる今回は「のうりん」の音源を振り返りつつ、アニメ業界におけるハイレゾの可能性や、新たにハイレゾでの配信がスタートする「ノブナガン」の話題などを中心にお届けします。暴走気味なじゅんの趣味趣向もあわせてお楽しみください!

注目の新人声優、武藤志織をメインに、上坂すみれ、斉藤千和がハイレゾで!!

ノブナガン オリジナル・サウンドトラック

【価格】WAV(24bit/48kHz) 単曲 200円(一部250円) / まとめ購入 2,000円

新屋豊が手掛けるサウンドトラック。注目はヒャダインこと前山田健一が作曲を手掛けるエンディング・テーマ「ちいさな星」。サウンドトラックには「ver.α」と「ver.β」が収録。ともにメイン・ヴォーカルは今回主人公に大抜擢された注目の新人声優、武藤志織。脇を固めるのは"ボーカロイド巡音ルカ"の声として耳にしているだろう浅川悠や、「魔法少女まどか☆マギカ」の暁美ほむら役を務める斉藤千和など、いま人気の声優たちとなっている。


【Track List】
01. ちいさな星 ver.α(※1) / 02. Enemy invasion / 03. Let’s see which is the better woman! / 04. 1カ8カ / 05. Military OTAKU / 06. ODOODO×KYOROKYORO / 07. 女子トーク / 08. Mysterious love feelingなど、M32「ちいさな星 ver.β」(※2)を含む全35曲

※1 ちいさな星 ver.α
作詞 : 大塚利恵、作曲 : 前山田健一、編曲 : 山崎真吾
歌 : 小椋しお(CV 武藤志織)、ニュートン(CV 浅川悠)、ガリレオ(CV 上坂すみれ)

※2 ちいさな星 ver.β
作詞 : 大塚利恵、作曲 : 前山田健一、編曲 : 鈴木Daichi秀行
歌 : 小椋しお(CV 武藤志織)、ジェニロモ(斉藤千和)、スーホ(CV 田村陸心)、ガウディ(CV 村瀬歩)

■TVアニメ「ノブナガン」とは?
時は1582年、所は本能寺。明智光秀の謀反のさなか、織田信長は炎に取りまかれながら、遮光器土偶にも似た謎の生命体に遭遇する。時は流れ、現代。ミリタリー好きで人付合いの苦手な女子高生、小椋しお。その彼女が、突如現われた謎の巨大怪獣〝進化侵略体〟の襲来に遭遇。もはや為す術がないと思われたとき、しおの中の眠れる織田信長のE遺伝子が目覚める。久正人による月刊コミックアース・スターで連載中の漫画を原作としたアニメ作品。
>>TVアニメ「ノブナガン」 Official HP

おとといあにそん部! vol.2

■おとといあにそん部とは?
OTOTOYには、「おとといアニソン部」なる組織が密かに存在する。アニメ好きの有志が集い、日々語らうだけの組織だ。在籍しているのは、純愛系の学園ものを好む情熱の部長・じゅんを筆頭に、萌え系からメカ系までOK、幅広くアニメ文化に精通している知識の副部長・たくや。そんなふたりを時に冷ややかな目で眺める紅一点、サブカル少女・かじこ。そして最近加入したばかりの新入部員・じんだ。


部長 じゅん
純愛系の学園ものを好む情熱家。


副部長 たくや
幅広くアニメ文化に精通している知識担当。

マネージャー かじこ
部長と副部長を時に冷ややかな目で眺める紅一点のサブカル少女。

部員 じん
昨今のアニメ・ブームに感化された新入部員。

「のうりん」がめっちゃ売れたってよ!!

じん : 部長、大変です! のうりんの曲OTOTOYでめっちゃ売れてるみたいです!!

じゅん : 落ち着け、じん! めっちゃ売れてるって、どのくらい売れてるんだ?

じん : それこそ、週間ダウンロード数がこれまでの新記録なんじゃないかってレベルらしいです。やっぱり、いまはアニソンの時代だったんですね!

たくや : ふふふ… ついに我々の時代が来たようですね。このままOTOTOYをアニメ色に…(不気味な笑みを浮かべている)。

じん : でも、今回はハイレゾっていうだけでOTOTOYの独自音源ってわけじゃないですよね。それがなんでこんなに売れてるんでしょう? やっぱり、それだけハイレゾがアニメ・ファンに需要があったってことなんですかね。

じゅん : まず、俺が気になるのはどんな人が買ってるんだろうってとこだよね。この作品が好きな人は絶対にCDも買うじゃない。

たくや : CDはCDでコールが入ってるヴァージョン(「コードレス☆照れ☆PHONE ~ゆかたんコンサートバージョン~」)が入っていたりするので、差別化できてるんじゃないですかね。別腹みたいな感じで買ってるんじゃないかと。

じん : 配信だと値段もそんなに高くないから手を出しやすいですもんね。あと、良い音で聴きたいっていう当たり前のことに対して、アニメ・ファンの方がほかの音楽ファンよりも素直だったのかも。

じゅん : もちろん、音楽を良い音で聴きたいっていうのもあると思うんですけど、俺はそれ以上に声優さんの"声"を良い音で聴けるっていうのがめちゃくちゃでかいんじゃないかって思ったね。のうりんの場合は特に超大人気のゆかりん(田村ゆかり)と花澤香菜が歌ってるわけだし。このふたりの声が良い音… 生々しい音で聴けるって言うなら、そりゃ買っちゃうよ。だからそう考えると、アニソンのハイレゾ音源はオーディオ好き以外にも訴求力があると思う。少なくとも俺は、サウンドを高音質で聴きたいってよりも、ゆかりんの声を高音質で聴けるって方に食いついたもん。あわよくば、くぎゅ(釘宮理恵)の声をハイレゾで…(しばらくの間、釘宮の中毒性について延々と語る)。

たくや : 声はアニメのなかで唯一、生身の部分ですからね。

じゅん : だから、まだまだ発展性があると思う。それこそ音楽ですらなくても、ドラマCDとか、声優さんの声の音源とかをハイレゾで出せばもっと新たな客層を開拓できるんじゃないかな。例えば、声優さんが「お兄ちゃん」って呼んでくれるだけのCDとかもあるわけじゃない。ハイレゾの生々しい声でくぎゅに「せんぱいっ(ハート)」って呼ばれたら、俺はもう思い残すことはないよ。

かじこ : ……(地球外生命体を見るような視線をじゅんに向けている)。

じゅん : そう考えると、アイドルのそういう音源があってもいいのになって思う。俺はアイドルも好きなんだけど、単純にあったらうれしいもん。

じん : でもハイレゾ以外は0に等しいくらい売れてないんですよね。

じゅん : やっぱり、まだまだ配信はCDに比べてなにかアドバンテージがないとダメってことなんだろうね。

たくや : 「ガッチャマンクラウズ」のサントラとかも、「ハイレゾだったらいいのに」っていう声をTwitterで見ましたね。

織田信長の遺伝子を引き継ぐ女の子が主人公、TVアニメ「ノブナガン」!!

じん : そこで今回は「ノブナガン」ですよ! これもハイレゾで配信させてくれることになったんです! これも見てみたんですけど、3話目からまたおっぱいが主張してきましたね。

じゅん : お前はおっぱいしか言うことがないのか(笑)。でも、ある程度のお色気はアニメの定番みたいなもんだからなー。エヴァンゲリオンとかにだってあるわけだし。

たくや : ドラゴンボールにだってブルマがいるわけですもんね。

©久正人 / アース・スター エンタテインメント・「ノブナガン製作委員会」
じん : あと、「ノブナガン」は少し懐かしい気がしました。それこそ、アクエリオンとかエヴァンゲリオンみたいな。

たくや : 若干メカものですよね。バトルもの。

かじこ : 私は、そのバトルのときのメカっぽさが「デジモンアドベンチャー」みたいな"男の子向け"って感じがしたかなー。"男性向け"じゃなくて。

たくや : 色使いも独特ですよね。突然お花のテクスチャが広がったり。

じゅん : 主人公の小椋しおは織田信長の魂を受け継いでるみたいな設定なわけだけど、最近そういう設定のものも増えてきてませんか?

たくや : 能力ものですね。

じゅん : うん。それプラス歴史ものって感じ。

じん : へ~。それは他にどんなのがあるんですか?

たくや : 有名なのだと「Fate」シリーズですね。北欧神話が使われていて。あと、ルーツとしては「ジョジョの奇妙な冒険」もあるんじゃないですかね。能力ものって意味では。

じゅん : なるほどね。俺はストレートにエヴァだと思ってた。

たくや : 演出とか、狙撃のところとかはそっちの影響も感じますね。

じん : 「ノブナガン」は今後、どんな展開になっていくんですかね。

たくや : 誰か死ぬんじゃないですかね、やっぱり。

じゅん : バトルもので主要人物が死ぬと一気に感情移入しちゃうよね。悲しいけど。

「ノブナガン」のEDは前山田健一作曲。新人声優をメインにトップ声優が集結!

たくや : あと、これも声優さんが豪華ですよね。

かじこ : ヒロイン以外にも、石田彰さんとかが出てるし。エヴァのカヲルくんとかもやってるし、昔から不動の人気ですもんね。鈴木達央さんもいますごく女の子に人気だし。

じん : 主人公の子が歌ってるエンディング曲もめっちゃかっこいいですよね!

じゅん : アニメの世界観を大事にしてるよね。

たくや : 作ってるのがヒャダインこと前山田健一さんですしね。アニメのエンディングとして余韻がすごくあっていいですよね。

かじこ : メイン・ヴォーカルの武藤志織さんは新人の方なんですよね。いますごく注目されてる。

じん : 新人さんだったんですね! この初々しい感じがすごくかわいいです。

たくや : 萌ポイントですよね。

かじこ : 上坂すみれさんって方も人気ですよ。

たくや : 「中二病でも恋がしたい!」の凸守早苗さんという役が有名ですね。もうひとりの浅川悠さんもすごくて、ボーカロイドの巡音ルカの声をやっています。

じん : えー! これはきた!!

一同 : (笑)。

たくや : あと、今回のサントラには「ver.α」と「ver.β」の2パターンが入ってるのが楽しみですね。「ver.β」の方は斎藤千和さんとか、田村睦心さん、村瀬歩さんも歌ってますしね!

じん : え、誰ですか?

たくや : 斎藤千和さんは「のうりん」の先生ですよ。

じん : そうだったんですね!

じゅん : ほかには〈物語〉シリーズのガハラさん(戦場ヶ原ひたぎ)とかもやってるね。

かじこ : でも、1番有名なのはなんといっても「魔法少女まどか☆マギカ」のほむらちゃん(暁美ほむら)です。

じん : それはやばい…!

かじこ : 斎藤千和さんのヴァージョンだと、全然変わって聴こえますね。さすがって感じです。

じゅん : やっぱりね、ガハラさんに歌われたら俺はもうなにもいうことなあよ。あ、失礼、噛みまみた。

かじこ : … そういえば、先週部長がおすすめしてた「妹ちょ(最近、妹のようすがちょっとおかしいんだが。)」の放送時間が深い時間になっちゃいましたよね。

じゅん : BPO(放送倫理・番組向上機構)に苦情が入ったとかなんとか。でもやっぱり、真の名作はそのくらい尖ってないとダメなんだよ! 美月ちゃん、まじかわいい。黒髪ロング・ストレート最高!! こっちの曲もなんとかハイレゾで配信できないものか…。

かじこ : …(めんどくさい話題に触れてしまった)。じ、次回は、もっとその話もできるといいですね!

田村ゆかり&花澤香菜が高音質で聴ける!!

TVアニメーション「のうりん」挿入歌&エンディングテーママキシシングル

声優、そして歌手として絶大な人気を誇る田村ゆかりと花澤香菜がデュエットする「のうりん」のエンディング・テーマ「も・ぎ・た・て♡フルーツガールズ」、そしてアニメ内で田村ゆかりが声を担当する日本一のトップアイドル、ゆかたんこと草壁ゆかの新曲としての「コードレス☆照れ☆PHONE」がハイレゾ音源でリリース!!

>>おとといあにそん部 vol.1で特集!!

高音質レーベルF.I.X. RECORDSの最新作は上原れな

上原れな / Emergence

上原れな、2014年最新作。2013年アニメ化された『WHITE ALBUM2』の主題歌である「届かない恋 '13」をはじめ、タイアップですでに聴き馴染みのある人気曲を収録。ストリングスが参加した壮大なロック・ナンバーから、打ち込みメインのポップスまで。多様なサウンドに、これまでで最も上原れな自身の想いが乗った表情豊かな歌。Emergence――"羽化"していく彼女のいまを、ぜひハイレゾで。

>>そのほか、高音質でお届けするF.I.X. RECORDSの音源はこちら

メカ系といえば!!「機動戦士ガンダムSEED」のED等を歌っていた石川智晶ソロ作!!

石川智晶 / 前夜

M1、M5は舞台「戦国BASARA3宴弐」の主題歌として制作された2曲。近年、アニメ「戦国BASARA」、「戦国BASARA弐」のそれぞれの挿入歌に始まり、ゲーム「戦国BASARA3」のEDを担当するなど縁も深く、今回は舞台の劇中歌に挑戦した。音楽制作チーム「MATERIALWORLD」として、石川智晶の世界観を確立。独自のコーラス・パフォーマンスが満載のアルバム!!

おとといあにそん部バックナンバー

o

 
 

"Close Up"の最新アーカイヴ

極上POPS誕生ーーNegicco、3作目のフル・アルバムをハイレゾ配信
[CLOSEUP]・2016年05月24日・もはや聴かない理由がみつからない極上POPS誕生ーーNegicco、3作目のフル・アルバムをハイレゾ配信 新潟在住の3人組ガールズ・グループNegiccoが、約1年4ヶ月振り3作目となるオリジナル・アルバム『ティー・フォー・スリー』をリリース。オリコンTOP10入りした「ねぇバーディア」「矛盾、はじめました。」、『圧倒的なスタイル -NEGiBAND ver.』のカップリング曲「カナールの窓辺」、再録となる「おやすみ(Album Ver.)」、中野サンプラザにて7インチ・レコードが先行発売された「土曜の夜は」を収録。加えて、坂本真綾、オカモトコウキ(OKAMOTO'S)、Spangle call Lilli line、平賀さち枝、Magic,Drums&Loveといった豪華製作陣が参加。OTOTOYでは本作をハイレゾ配信するとともに、Negiccoの3人にインタヴュー。7月30日(土)にはNHKホールでのワンマンも控えた彼女たちの現在を見逃さぬよう。 1年4ヶ月ぶりのフル・アルバムをハイレゾ配信スタートNegicco / ティー・フォー・スリー(24bit/48kHz)【配信形態】WAV、ALAC、FLA
by 西澤 裕郎
STEREO JAPAN緊急連続企画ーー5月4日リリースのシングルが1万枚売れたら解散!? リリパまでの約2ヶ月間を追う!! Vol.9 ELE TOKYO直前メンバー・インタヴュー
[CLOSEUP]・2016年05月23日・STEREO JAPAN、シングルが1万枚売れたら解散!?ーーVol.9 ELE TOKYO直前メンバー・インタヴュー EDMアイドル、Stereo TokyoとStereo Fukuokaによる合同グループ、STEREO JAPANが、2016年5月4日にシングル『Dancing Again』をリリース。5月29日にELE TOKYOにて開催されるリリース・パーティまでに同シングルが1万枚“売れたら”解散する。パーティをすることに力を入れてきたSTEREO JAPANが、なぜこのタイミングでそうした舵を取ったのか? 果たして1万枚売れて解散してしまうのか? その経緯から動向、結果まで、OTOTOYではインタヴューやライヴレポートなどで毎週追いかけていく。更新日は毎週月曜日を予定。 特集第9弾となる今回は、5月29日に開催される『Dancing Again』のリリース・パーティを目前に控えたStereo Tokyoに現在の心境をインタヴュー。また、ELE TOKYOに向けてメンバー5人に意気込みを色紙に書いてもらい掲載する。約2ヶ月に渡り行われてきた本企画も終盤戦。果たして、CDは1万枚売れ、Stereo
by 西澤 裕郎
Seiho、3年ぶりの新作『Collapse』をハイレゾ配信
[CLOSEUP]・2016年05月21日・彼のディープ・エレクトロニクス・サイドを堪能せよ──Seiho、3年ぶりの新作をハイレゾ配信 ソロでの「I Feel Rave」のヒット、Avec AvecとのSugar's Campaign、さらにはさまざまなリミックスやコラボ、プロデュースを経て、3年ぶりにSeihoがアルバムを完成させた。しかも本作にてワールドワイドでのデビューともなる。いま最も頻繁にクラブ・シーンでライヴ活動をしている国内のエレクトロニック・ミュージックのプロデューサーのひとりでもありながら、さらにはここ数年でメジャーなポップ・フィールドにまでその歩みを進めている。本作では、そんな彼がディープ・エレクトロニクスであえて表現した独自の世界観が広がっている。OTOTOYでは、本作をハイレゾ(24bit/48kHz)と、CDと同等音質のロスレス配信を行う。 Seiho / Collapse'【Track List】01. COLLAPSE (Demoware)02. Plastic03. Edible Chrysanthemum04. Deep House05. Exhibition06. The Dish07. Rubber08. P
by 河村 祐介
植谷よしえ(ex.fifi)によるAUNTIES、初音源をハイレゾ&フリーDL配信開始
[CLOSEUP]・2016年05月20日・挨拶代わりのダンス・ポップEP──植谷よしえ(ex.fifi)によるAUNTIES、初音源をハイレゾ&フリーDL配信 2015年8月に惜しまれつつも解散したfifi。その音楽性の中核を担ったのが植谷よしえだ。そんな彼がこのたびソロ・バンド・プロジェクト、AUNTIES(アンティーズ)としての活動を開始した。 そしてAUNTIESの初音源となるEP、『weekend magic』をOTOTOYにてハイレゾ配信。さらには表題曲を期間限定フリー・ダウンロード。本作は、ダンス・ミュージックを経由したポップな曲に甘い歌声が乗る。そんなfifi時代のギターロックから、いわば植谷よしえの心機一転の意欲作を、レヴューとともにお楽しみあれ。 >>weekend magicのフリー・ダウンロードはこちらから! AUNTIES / weekend magic (24bit/48kHz)'【Track List】01. weekend magic02. Missing Days 03. Treasure【配信形態】24bit/48kHz (WAV / ALAC / FLAC) / AAC >>ハイレゾとは?>>ファイル形式について
平均22歳の5人組、odolのバンドの革新感じる2ndアルバムを配信&インタヴュー
[CLOSEUP]・2016年05月19日・平均22歳の5人組、odolが表現する"鮮やかな"モラトリアム──新たな章の始まりとなる2ndアルバム完成 現在、平均22歳──つまり〈FUJI ROCK FESTIVAL'14〉に出演の際は平均20歳という驚異のキャリアを持つ5人組、odol(オドル)。1stアルバム『odol』から1年を経て、2ndアルバム『YEARS』をリリースした。アルバムはオルタナティヴなアプローチはそのままに、音と溶け合うなかにも芯を感じさせるようになったミゾベリョウの歌声と、より客観性を持って突き詰めたサウンドの進化によって、バンドの革新を感じさせる内容。この1年の驚くべき成長スピードの裏には何があったのか。バンドにとっても初だという、メンバー5人揃ってのインタヴューから読み明かす。 odol / YEARS'【Track List】01. years02. グッド・バイ03. 綺麗な人04. 逃げてしまおう05. 1706. 退屈07. ベッドと天井08. 夜を抜ければ【配信形態 / 価格】''16bit/44.1kHz(WAV / ALAC / FLAC) / AAC / MP3単曲 205円(税込) / アルバム 1
BAND-MAID、最新アルバムを配信スタート&メンバー・インタヴュー掲載
[CLOSEUP]・2016年05月18日・メイド姿のハード・ロックな5人組ーーBAND-MAID、ギャップ萌えで目指すは“世界征服”!? 2016年大注目のニュー・カマー登場です!! 「Thrill(スリル)」のMV再生回数が200万回を超えるなど、日本のみならず海外からも視線を浴びているメイド服を纏った5人組ガールズ・バンド、BAND-MAID。ファンを「ご主人様」「お嬢様」、ライヴを「お給仕」と呼び、メイド文化をバンドで再現しながらも、サウンドを聴けば可愛い姿から一変。ハード・ロックを基調とした楽曲、あてぶりなしの激しいライヴ・パフォーマンスでギャップ萌え間違いなし。そんな彼女たちが制作からアレンジまで担当した楽曲も収録した3rdミニ・アルバム『Brand New MAID』を配信スタート。世界征服に向け、進化を続けるBAND-MAIDのインタヴューを掲載します。イロモノだと思っている人こそ、まずはご一聴を!! 世界征服に向けて踏み出す3rdミニ・アルバムBAND-MAID / Brand New MAID【配信形態】WAV、ALAC、FLAC / AAC【配信価格】単曲 324円 / まとめ購入 2,000円(税込)【Track List】
by 西澤 裕郎
音楽と映像の融合、メディア・アーティスト後藤英の最新作をハイレゾ配信ーー渋谷WWWでの帰国ツアーを密着レポート
[CLOSEUP]・2016年04月14日・人間が感じられなかった知覚を引き出したいーーニューメディア・アーティスト後藤英の帰国ツアーを密着レポ ヨーロッパで数多くのアート関係の賞を受賞し、世界の最先鋭を走り続けるフランス在住のニュー・メディア・アーティスト、後藤英。エレクトロニカ、テクノやアンビエントを基調とした楽曲とロボットやボディースーツなどのテクノロジーを融合させるなど先鋭的な表現方法を探り続けている後藤が、1997年~2014年まで日仏をまたぎ録りためた音源をまとめたアルバム『CsO』をリリース。その発売を記念し、帰国ツアーを2016年3月22日(火)に渋谷WWWで開催。世界的に活躍する映像クリエイターであるアントワーヌ・シュミット、ルシオ・アリーズ、テンパトリック・ドアンが同アルバムの楽曲を元に映像作品を作成、後藤のサウンドとエレクトロニック・アートスペクタクルを繰り広げた。OTOTOYはその様子を密着レポート。芸術の可能性を感じる一夜を追体験してほしい。 1997年~2014年まで日仏をまたぎ、録りためた貴重な音源をハイレゾ配信後藤英 / CsO(24bit/44.1kHz)【配信形態】24bit/44.1kHz(WAV / ALAC
STEREO JAPAN緊急連続企画ーー5月4日リリースのシングルが1万枚売れたら解散!? リリパまでの約2ヶ月間を追う!! Vol.8 すーさん(Stereo Tokyoファン)インタヴュー
[CLOSEUP]・2016年05月16日・STEREO JAPAN、シングルが1万枚売れたら解散!?ーーVol.8 すーさん(Stereo Tokyoファン)インタヴュー EDMアイドル、Stereo TokyoとStereo Fukuokaによる合同グループ、STEREO JAPANが、2016年5月4日にシングル『Dancing Again』をリリース。5月29日にELE TOKYOにて開催されるリリース・パーティまでに同シングルが1万枚“売れたら”解散する。パーティをすることに力を入れてきたSTEREO JAPANが、なぜこのタイミングでそうした舵を取ったのか? 果たして1万枚売れて解散してしまうのか? その経緯から動向、結果まで、OTOTOYではインタヴューやライヴレポートなどで毎週追いかけていく。更新日は毎週月曜日を予定。 特集第8弾となる今回は、三浦菜々子大マラソン大会にてCDを40枚買って走ったStereo Tokyoのファン、すーさんへのメール・インタヴューを掲載。かつてOTOTOYでは「アイドル・ヲタクをEDMで解放せよ!!」というタイトルでプロデューサーの水江文人へのインタヴューを掲載したが、すーさんはStereo Tokyo
筆者について
前田 将博 (純三)

V系生まれハロプロ育ち、aikoは俺のファムファタル。 Twitterは @junzo99 です。

同じ筆者による他の記事