【REVIEW】大森靖子「音楽の魔法」を証明するーー「神」をテーマにした新アルバムをリリース

大森靖子が3rdアルバム『kitixxxgaia』を3月15日にリリース。メジャー第3弾となる同作は様々なアーティストとのコラボレーションに特化した作品に。人気のシングル曲、fox capture planをゲストに迎えた「ドグマ・マグマ」、DAOKOが共作した「地球最後のふたり」など、1曲1曲が濃密な全13曲を収録。また、大森自身が℃-uteに提供した「夢幻クライマックス」の歌詞をあらたに書き直し、ピアノで弾き語った「夢幻クライマックス かもめ教室編」も収録。聞き応え抜群の「神」をテーマにした本作を、前田将博による濃厚レヴューとあわせてお楽しみください。

大森靖子 / kitixxxgaia

【配信形態】
AAC

【価格】
単曲 257円(税込) / アルバム 2,200円(税込)

【収録曲】
01. ドグマ・マグマ / 02. 非国民的ヒーロー / 03. IDOL SONG / 04. JI・MO・TOの顔かわいいトモダチ / 05. 勹″ッと<るSUMMER / 06. 地球最後のふたり / 07. ピンクメトセラ / 08. POSITIVE STRESS / 09. 夢幻クライマックス かもめ教室編 / 10. オリオン座 / 11. コミュニケイション・バリア / 12. 君に届くな kitixxxgaia ver. / 13. アナログシンコペーション



あらゆるカテゴリを取っ払ったすべての存在を肯定しようとしたアルバム

「音楽は魔法ではない」と長らく歌っている大森靖子が、2016年末に行ったカウントダウン・ライヴで「音楽で魔法が使えることを2017年は証明します」と言い放った。そのときの会場がライヴハウスだったため言葉が聴き取りづらかったのだが、そう言っているように自分には聴こえた。年が明けて2017年1月1日に「疑って疑って疑って向き合って裏切られて疑って疑ってそれでも信じ抜いた者だけが音楽の魔法が使えると2017年は証明したいものです」と本人がツイートしているので、ライヴ中に言いたかったことも、おそらくこういうことなのだろう。

それから3ヶ月ちょっと経った3月15日に、大森靖子はメジャー3枚目のアルバム『kitixxxgaia』をリリースした。「神」をテーマにしたアルバムで、タイトルはキチ(基地、聖地)+ガイア(女神)から成る造語だという。1曲目を飾る「ドグマ・マグマ」の冒頭では「私だよ私、神様だよ」というセリフが収められている。彼女は、神様になろうとしているのだろうか。たしかに神様になれば、魔法が使えるどころか、きっとなんだってできてしまうのかもしれない。

「神」をテーマにしながらも、このアルバムには「ドグマ・マグマ」以外に「神」という歌詞はほとんど出てこない。それどころか「魔法」という言葉も、アイドルの自己紹介やキャッチフレーズを並べた「IDOL SONG」以外には皆無。代わりに多く目に付いたのは「愛」「夢」「幸せ」といったワードだ。これらの言葉は、もしかしたら世間的な大森靖子のイメージとは少し離れたものかもしれない。でも一見ありきたりなように見えるこれらの言葉たちは、いまの彼女にはとてもしっくりくる。


大森靖子「ドグマ・マグマ」Music Video/YOUTUBE Ver.

大森靖子ほど「愛」が溢れている人はそうそういない。道重さゆみをはじめとした好きなアイドルたちに対しては言うまでもない。その結晶が道重への尊敬の念をこれでもかと詰め込んだ「ミッドナイト清純異性交遊」であり、さまざまなアイドルへの愛情を無差別的に封じ込めた今回のアルバムに収録されている「IDOL SONG」。彼女の作品はいつも、そんな愛情で溢れている。これまで愛してきた音楽やアーティストへのリスペクト、そしてファンに対しての「私信」がふんだんに盛り込まれているのだ。そんな彼女のまわりに集まってくる人も、自然ととびきり鋭利な愛情を持った人たちばかり。それは大森靖子自身が、どんな愛情も受け止めてくれる器の大きな人だからなのだろう。

そんな愛情を武器に、彼女はさまざまな「夢」を叶えてきた。でも大森靖子がインディーズ時代から語ってきた夢は、まったく夢とは思えないようなものが多かった。それは現実離れしすぎているからというわけではなく、逆にリアリティを感じるものばかりだったからだ。実際に当時から彼女が憧れの対象として名前をあげてきた人たち、例えば銀杏BOYZの峯田和伸や、道重さゆみ、小室哲哉、つんく♂といった人たちと邂逅し、共演を果たし、ともに作品を作ったりするような関係になった。2013年11月に「ミッドナイト清純異性交遊」を最初に音源化してから、たった3年ちょっとで道重本人に楽曲提供するまでになってしまった。しかしきっと当時から、多くのファンの人たちはこうなる未来をなんとなく予測できていたのではないだろうか。


大森靖子『ミッドナイト清純異性交遊』Music Video

大森靖子は2014年の8月に結婚した。彼女は結婚して以降、「幸せ」になることを恐れなくなった気がする。もともと「どうせ27歳ぐらいで死ぬ」と思い、結婚することも考えていなかったそうなので、世間一般的な幸せの価値観には最初から自分を当てはめていなかったのだと思う。でも結婚をすることで「幸せ」になることを躊躇しなくなったとでもいうのだろうか。「日経DUAL」に本人が寄稿した文章に「私は好きな音楽をずっとやってきて、十分幸せだった」と書いていたけれど、音楽以外の部分もふくめて幸せになることを自分に許容したというか。そもそももうこの時点で、どんなに自分の状況が変わっても霞まない個性と自分の音楽に対する絶対的な自信を彼女は手にしていたから、そうなれたのかもしれない。実際、大森靖子は結婚、出産をしていから目に見えて笑顔が増えた気がするし、なによりもそういう「幸せな自分」を積極的に外側に発信するようになった。幸せを発信しているというよりは、それがありのままの彼女であるというだけなのかもしれないけれど。でも、これは以前なら考えられなかったことだと思う。

自分のことは歌わないと公言していた大森靖子が、2015年7月に発売した「マジックミラー」で自分の意志を明確に示した。その以降に出したシングルでも、メッセージ性が強くなっていく傾向にあるように思う。その結晶とも言える今回のアルバムで、彼女自身のなかにある「愛」「夢」「幸せ」といったワードが多く歌詞にふくまれているのは、もはや必然であるような気もする。それでいて、当たり前だが、「愛してる」とか、「夢を見よう」とか、「幸せになろう」とか、そんな使い古された表現は一切使っていない。ありふれた言葉を使おうとも、彼女らしさはまったく薄れずに、どの曲もほかのどこにもない、大森靖子にしかできない表現となっている。誰もが知っている言葉で、誰もがわかるように、誰も思いつかなかった表現をすること。多くの人の共感を得る普遍的な表現とは、まさにこういうことだと思っている。

大森靖子は、このアルバムを通して神様になれたのだろうか。このアルバムを聴いていると、彼女自身が神であるのと同時に、これを聴いているすべてのリスナーこそ神様のように尊いものなのだと歌っている気がしてならない。「ドグマ・マグマ」には「誰でもなれますGOD」という歌詞もある。このアルバムのリリース・イベントで大森靖子は「私が私のままで、みんながみんなのままでいることで、素晴らしいことができる」というような発言をしていた。昨年行ったツアーでは、各地で「あなたたちのひとりひとりの人生が最高です!」と叫んでいた。彼女にとっては、身近にいる旦那さんや大切なスタッフ、仲間たちはもちろんのこと、多くのファンも神様なのだと思う。だからこそ、音楽をとおしてその人たちを尊重し、それを受け取ったひとりひとりがその自覚を持てるようにすることこそが「音楽の魔法」なのかもしれない。

もはやファンという区切りすらないように感じる。大森靖子はメジャー1stアルバム『絶対少女』ですべての女の子を肯定しようとした。その一方で、2ndアルバム『TOKYO BLACK HOLE』には、意図的ではないのかもしれないけれど、一般的には男性の一人称である「ぼく」という言葉が多くの曲で使われていた。だから3枚目となる今回のアルバムでは、性別をふくむあらゆるカテゴリを取っ払ったすべての存在を肯定しようとしているのではないだろうか。

さらに今作では、大森靖子以外の人が作曲した楽曲がこれまででもっとも多く収録されている。コラボレーションしている相手は、当然のことながら彼女自身が多大なる尊敬の意を表しているアーティストばかり。小室哲哉、の子(神聖かまってちゃん)、DAOKOらはもちろんのこと、「アナログシンコペーション」の作曲者に名を連ねているバンド・メンバーもそうなのだろう。だからこのアルバムは、大森靖子が尊敬する神様たちと一緒に、神様のことを歌った、神様のために作りあげた作品でもあるのだと思う。


大森靖子「非国民的ヒーロー feat.の子(神聖かまってちゃん)」Music clip

アルバムの最後を飾る「アナログシンコペーション」は、バンド・メンバーたちとのセッションから生まれた楽曲だという。「あのステージへ続く光のみち眩しくて足元よくみえない つまずいたあの日の石を拳に握りしめて強く歩いてきた」からはじまるこの曲には、「マジックミラー」にも通じる強い決意表明を感じる。もはや補足が不要なほど、いまの彼女が表現したいこと、音楽を作る意味、そしてこれからの未来、すべてが詰まっているように思う。「あなたとの違いを許せずに 向き合うことに疲れたなら 同じあの光のなかで同じ夢と向き合って それぞれ音を鳴らそう」「個性を重ねてよ アナログシンコペーション」と歌い、最後は「キラキラ」とつづられている。どうかこの曲が、ひとりでも多くの人に届いてほしいと願う。そしてこの曲を受け取った人の心にほんの少しでもなにかが残ったのなら、その人自身がきっと「音楽の魔法」を証明することになるのだと思う。

最後に、このレビューは、ただ勝手に溢れてしまった愛情でしかないので、多くの私見が含まれています。ご了承いただければ幸いです。(text by 前田将博)

大森靖子の過去作品もチェック!

LIVE SCHEDULE

大森靖子 2017 LIVE TOUR 「kitixxxgaia」

2017年6月2日(金)@仙台Rensa
2017年6月23日(金)@福岡BEAT STATION
2017年7月7日(金)@札幌PENNYLANE24
2017年7月13日(木)@大阪BIG CAT
2017年7月14日(金)名古屋CLUB QUATTRO

TOUR FINAL!
2017年7月20日(木)@東京ZEPP Diver City
時間 : 開場 18:00 開演 19:00
料金 : 前売 5,500円(税込)※スタンディング。ドリンク代別

PROFILE

大森靖子

新少女世代言葉の魔術師。超歌手。弾切れも気にせず畳み掛けるように言葉を撃ちまくるジェットコースターみたいな弾き語りや、ときにギターすら持たないアカペラによる夜のパレードのような空間制圧型ライヴの評判が広がりメジャー・デビュー直後2014年11月26日、道重さゆみさんモーニング娘。卒業、2017年道重再生するやいなや大森靖子自身体調も気分もお人柄もよく大絶賛音楽活動中。

音楽の中ならどこへだって行ける通行切符を唯一持つ、無双モードのただのハロヲタ。あとブログ。

大森靖子 Official HP

o

 
 

"review"の最新アーカイヴ

【REVIEW】ISSUGI & GRADIS NICE、昨年リリースのアルバム 『DAY and NITE』のリミックス盤をリリース!!
[REVIEW]・2017年05月18日・【REVIEW】ISSUGI & GRADIS NICE、昨年リリース『DAY and NITE』のリミックス盤をリリース!! MONJU、SICKTEAM、DOWN NORTH CAMPのメンバーであり、東京を代表するラッパー、ISSUGI。そしてニューヨーク・ ブルックリンを拠点とし、5lackの『5 sence』や、C.O.S.A.×KID FRESINOの『Somewhere』など近年の日本のヒップホップの名盤にいくつも参加しているプロデューサーGRADIS NICE。この2人がタッグを組み、昨年2016年アルバム『DAY and NITE』をリリース。今作はそのリミックス盤ということで国内外を問わず彼らと親交のあるプロデューサーたちが集結。さらに、長野県松本市を中心に活動するラッパー、トラック・メイカーであるMASS-HOLEのプロデュースによる新曲も収録。こちらにはセカンド・アルバム『So Sophisticated』をリリースしたばかりのFEBBがゲストとして参加しており、FEBBのビートによる新曲「RHYZMIK & POET」も収められている。2曲の新曲とまた別の顔を見せるリミックス楽曲。
【REVIEW】再び火のついた初期衝動──アット・ザ・ドライヴ・イン、実に17年ぶりとなるアルバムをリリース!!
[REVIEW]・2017年05月05日・再び火のついた初期衝動──アット・ザ・ドライヴ・イン、17年ぶり(!!)となるアルバムをリリース!! アメリカを代表するエモ、ポスト・ハードコア・バンド、アット・ザ・ドライヴ・イン。2001年に無期限の活動休止を宣言し、以降はマーズ・ヴォルタ、スパルタなどで精力的に活動を続けていた彼らですが、突如として2012年活動再開。海外フェスであるコーチェラやロラパルーザにヘッドライナーとして出演し、日本でもフジロックに出演した。その後はしばらく沈黙が続いたものの、2016年には活動休止後は初となる大規模なワールド・ツアーを実施。圧巻のライヴを世界各地で見せつけた彼らは今年2017年、満を持して17年ぶりとなるアルバム『in∙ter a∙li∙a』をドロップ。伝説となっていたバンドを再びその前線へと引き戻す快作。是非ともハイレゾで。 At The Drive-In / in∙ter a∙li∙a'【Track List】01. NO WOLF LIKE THE PRESENT02. CONTINUUM03. TILTING AT THE UNIVENDOR04. GOVERNED BY CONTAGIONS05. P
HIP HOPライター斎井直史による定期連載──「パンチ・ライン of The Month」 第4回
[REVIEW]・2017年05月11日・HIP HOPライター斎井直史による定期連載──「パンチ・ライン of The Month」 第4回 桜咲く4月もあっという間過ぎ去り、早くも5月。夏に向かってじわじわと気温も上がってきている今日この頃ですが、今月もHIP HOPライター・斎井直史による定期連載「パンチ・ライン of The Month」いきますよ〜! 先月は『So Sophisticated』をリリースしたFla$hBackS、DOGGIESのFebbを迎えての本人解説によるパンチ・ライン特集ですが、今月は名古屋を中心に活躍するラッパー、SOCKSがリリースしたアルバム『JAPANESE THAN PARADISE』より「KUTABARE feat.般若」をピックアップ! 残念ながら今作はOTOTOYでの扱いは無いのですが、ページの下の方に名古屋産・ヒップホップをいくつかチョイスしたのでコラムと共にそちらも是非。では今月もいきましょ〜!! 第3回 SOCKS 「KUTABARE feat.般若」 平日は忙しくてもニュースを観るのに、連休中は時間があってもニュースはそんな観ない。これって自分だけですかね。とはいえGW中にニュースを観なく
by 斎井 直史
【REVIEW】新たな扉を開いたTOTALFAT、8枚目のフル・アルバムリリース!
[REVIEW]・2017年05月04日・【REVIEW】新たな扉を開いたTOTALFAT、8枚目のフル・アルバムリリース! TOTALFATが約2年振りに8枚目のフル・アルバム『FAT』をリリースした。TOTALFATというバンドの身体の一部である言葉を切り取り「FAT」と名付けられたアルバム、そのタイトルの中にTOTALFATの歩んできた17年間が垣間見えるデザインになっている。そんな想いが詰まった今作を紹介しよう。 TOTALFAT / FAT'【配信形態】alac,flac,wav【配信価格】単曲 200円(税込) / アルバム価格 1,650円(税込)【収録曲】''01. R.E.P02. スクランブル03. Delight feat. J-REXXX04. 晴天05. Chanse06. Wanna Be07. Revenge of Underdogs08. 宴の合図09. マエニマエニ10. Eyes11. CALLING YOU faet. LIBRO12. ONE FOR THE DREAMS 【REVIEW】TOTALFAT『FAT』これまでTOTALFATのアルバムは疾走感のあるメロディックなサウンドが魅力的で、何よりも全神経
【REVIEW】USツアーを経てパワーアップしたCHAIの2nd EPをハイレゾ配信!
[REVIEW]・2017年04月26日・USツアーを経てパワーアップしたCHAI、最強の2nd EP『ほめごろシリーズ』をリリース! 今年3月に米国で開催された世界最大級フェスティバル〈2017 SXSW Music Festival〉内で開催されるJapan Niteに出演し、その後7都市に渡る全米ツアーを敢行したCHAI。USツアーから帰ってきて、さらにたくましさを増した彼女たちの2nd EP『ほめごろシリーズ』がリリース。本作にはCHAI初のアナログ・リリースとなった「Sound & Stomach」「ボーイズ・セコ・メン」をはじめとした5曲を収録。オトトイではこちらをハイレゾ配信中です! さらに今回はOTOTOYインターン5人によるクロス・レヴューを掲載。CHAIメンバーとほぼ同世代の彼らにとって、CHAIの音楽はどんな風に聞こえているのか、その音楽からはどのようなものを感じ取っているのか、語ってもらいました。ぜひ音源と共にお楽しみください。 パワー・アップしたCHAIの2nd EP!!! CHAI / ほめごろシリーズ 【配信形態】 ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC >>>ハイレゾとは? 【配信価
【REVIEW】街から街へと旅する現代の流れ者たちのための歌──SSW・松井文、5年ぶりとなるアルバムをリリース
[REVIEW]・2017年04月26日・街から街へと旅する現代の流れ者たちのための歌──SSW・松井文、5年ぶりとなるアルバムをリリース 1989年生まれ、横浜出身のシンガー・ソング・ライター松井 文(まつい あや)。そんな彼女が1stアルバム『あこがれ』から5年の月日を経て、2ndアルバム『顔』をこの度リリースした。折坂悠太、夜久一(やく)と共に運営するレーベル「のろしレコード」通算4枚目となる今作は、昨年発売した1stフルアルバム「たむけ」が好評を得た折坂悠太が初のサウンド・プロデュースを担当。折坂のほか、田中悠貴(ex. THE NAMPA BOYS)、三輪二郎といった多くのミュージシャンが作品に彩りを加えている。OTOTOYでは本作の配信とともに、彼女のキャリアのスタートから今作までを記したレヴューを掲載。彼女が描く10の様々な「顔」たちに是非とも触れていただきたい。 松井文 / 顔'【Track List】01. 相槌02. ああ無常03. いつになったら04. 安いバーボン05. カエル06. 海は遠かった07. 水平線08. 家路09. 君の顔が霞んでみえる10. すきま【配信形態 / 価格】''16bit/44.1kHz WAV
【REVIEW】遠くの空へ向けた悲しくも美しい手紙──マウント・イアリ最新作『A Crow Looked At Me』をハイレゾ配信
[REVIEW]・2017年04月18日・遠くの空へ向けた悲しくも美しい手紙──マウント・イアリ新作『A Crow Looked At Me』をハイレゾ配信 2001年にリリースした『The Glow Pt. 2』がレディオヘッド、ホワイト・ストライプス、ストロークス、フガジ、アヴァランチーズなどの強豪を抑えて米サイト〈Pitchfork〉にて2001年のアルバム・オブ・ザ・イヤーに輝くなど、名門インディ・レーベル〈K Records〉の看板アーティストとして1990年代後半〜2000年代初頭までザ・マイクロフォンズという名義で多くの賞賛を得たフィル・エルヴラム。活動名義をマウント・イアリと変えた後も精力的にリリースを行ってきた彼だが、今回リリースする『A Crow Looked At Me』は自身も音楽家として国際的に評価を受けるドローイング / コミック・アーティスト、ジュヌヴィエーヴ・カストレイ夫人の死をテーマに制作が進められ、身近な人の「死」による悲しみを描いた11曲が収められている。OTOTOYでは本作をハイレゾ配信すると共に、前述のアルバム『The Glow Pt. 2』も配信スタート。両作品ともブックレットを付属しているので訳詞と共に
ラッキ−オールドサン、2thFullAlbum『Belle Époque』レヴュー掲載
[REVIEW]・2017年04月13日・ラッキーオールドサン、希望的な春をもたらすセカンド・アルバムリリース ラッキーオールドサンが約2年ぶりに待望のセカンド・アルバム『Belle Époque』をリリース。70年代の豊潤なサウンドを、現代的な解釈と日常感覚で独自に消化してみせた。録音 / ミックス・エンジニアには馬場友美、マスタリング・エンジニアには木村健太郎を起用し、安部勇磨(never young beach)、夏目知幸(シャムキャッツ)、角舘健悟(Yogee New Waves)、平賀さち枝やHomecomingsら同世代のアーティストからも支持されるその瑞々しい音楽性はよりふくよかで、彩り豊かなものに更新された。そんな日常に寄り添う彼女たちの本作のレヴューを掲載。 ラッキーオールドサン、2年ぶりのセカンド・アルバムラッキーオールドサン / Belle Époque'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【配信価格】単曲 250円(税込) / アルバム 1,800円(税込)【収録曲】1. さよならスカイライン2. ベッドサイドストリート3. フューチュラマ4. 写真5. 夢でも
by 宮尾茉実
筆者について
前田 将博 (純三)

V系生まれハロプロ育ち、aikoは俺のファムファタル。 Twitterは @junzo99 です。

同じ筆者による他の記事