【REVIEW】大森靖子「音楽の魔法」を証明するーー「神」をテーマにした新アルバムをリリース

大森靖子が3rdアルバム『kitixxxgaia』を3月15日にリリース。メジャー第3弾となる同作は様々なアーティストとのコラボレーションに特化した作品に。人気のシングル曲、fox capture planをゲストに迎えた「ドグマ・マグマ」、DAOKOが共作した「地球最後のふたり」など、1曲1曲が濃密な全13曲を収録。また、大森自身が℃-uteに提供した「夢幻クライマックス」の歌詞をあらたに書き直し、ピアノで弾き語った「夢幻クライマックス かもめ教室編」も収録。聞き応え抜群の「神」をテーマにした本作を、前田将博による濃厚レヴューとあわせてお楽しみください。

大森靖子 / kitixxxgaia

【配信形態】
AAC

【価格】
単曲 257円(税込) / アルバム 2,200円(税込)

【収録曲】
01. ドグマ・マグマ / 02. 非国民的ヒーロー / 03. IDOL SONG / 04. JI・MO・TOの顔かわいいトモダチ / 05. 勹″ッと<るSUMMER / 06. 地球最後のふたり / 07. ピンクメトセラ / 08. POSITIVE STRESS / 09. 夢幻クライマックス かもめ教室編 / 10. オリオン座 / 11. コミュニケイション・バリア / 12. 君に届くな kitixxxgaia ver. / 13. アナログシンコペーション



あらゆるカテゴリを取っ払ったすべての存在を肯定しようとしたアルバム

「音楽は魔法ではない」と長らく歌っている大森靖子が、2016年末に行ったカウントダウン・ライヴで「音楽で魔法が使えることを2017年は証明します」と言い放った。そのときの会場がライヴハウスだったため言葉が聴き取りづらかったのだが、そう言っているように自分には聴こえた。年が明けて2017年1月1日に「疑って疑って疑って向き合って裏切られて疑って疑ってそれでも信じ抜いた者だけが音楽の魔法が使えると2017年は証明したいものです」と本人がツイートしているので、ライヴ中に言いたかったことも、おそらくこういうことなのだろう。

それから3ヶ月ちょっと経った3月15日に、大森靖子はメジャー3枚目のアルバム『kitixxxgaia』をリリースした。「神」をテーマにしたアルバムで、タイトルはキチ(基地、聖地)+ガイア(女神)から成る造語だという。1曲目を飾る「ドグマ・マグマ」の冒頭では「私だよ私、神様だよ」というセリフが収められている。彼女は、神様になろうとしているのだろうか。たしかに神様になれば、魔法が使えるどころか、きっとなんだってできてしまうのかもしれない。

「神」をテーマにしながらも、このアルバムには「ドグマ・マグマ」以外に「神」という歌詞はほとんど出てこない。それどころか「魔法」という言葉も、アイドルの自己紹介やキャッチフレーズを並べた「IDOL SONG」以外には皆無。代わりに多く目に付いたのは「愛」「夢」「幸せ」といったワードだ。これらの言葉は、もしかしたら世間的な大森靖子のイメージとは少し離れたものかもしれない。でも一見ありきたりなように見えるこれらの言葉たちは、いまの彼女にはとてもしっくりくる。


大森靖子「ドグマ・マグマ」Music Video/YOUTUBE Ver.

大森靖子ほど「愛」が溢れている人はそうそういない。道重さゆみをはじめとした好きなアイドルたちに対しては言うまでもない。その結晶が道重への尊敬の念をこれでもかと詰め込んだ「ミッドナイト清純異性交遊」であり、さまざまなアイドルへの愛情を無差別的に封じ込めた今回のアルバムに収録されている「IDOL SONG」。彼女の作品はいつも、そんな愛情で溢れている。これまで愛してきた音楽やアーティストへのリスペクト、そしてファンに対しての「私信」がふんだんに盛り込まれているのだ。そんな彼女のまわりに集まってくる人も、自然ととびきり鋭利な愛情を持った人たちばかり。それは大森靖子自身が、どんな愛情も受け止めてくれる器の大きな人だからなのだろう。

そんな愛情を武器に、彼女はさまざまな「夢」を叶えてきた。でも大森靖子がインディーズ時代から語ってきた夢は、まったく夢とは思えないようなものが多かった。それは現実離れしすぎているからというわけではなく、逆にリアリティを感じるものばかりだったからだ。実際に当時から彼女が憧れの対象として名前をあげてきた人たち、例えば銀杏BOYZの峯田和伸や、道重さゆみ、小室哲哉、つんく♂といった人たちと邂逅し、共演を果たし、ともに作品を作ったりするような関係になった。2013年11月に「ミッドナイト清純異性交遊」を最初に音源化してから、たった3年ちょっとで道重本人に楽曲提供するまでになってしまった。しかしきっと当時から、多くのファンの人たちはこうなる未来をなんとなく予測できていたのではないだろうか。


大森靖子『ミッドナイト清純異性交遊』Music Video

大森靖子は2014年の8月に結婚した。彼女は結婚して以降、「幸せ」になることを恐れなくなった気がする。もともと「どうせ27歳ぐらいで死ぬ」と思い、結婚することも考えていなかったそうなので、世間一般的な幸せの価値観には最初から自分を当てはめていなかったのだと思う。でも結婚をすることで「幸せ」になることを躊躇しなくなったとでもいうのだろうか。「日経DUAL」に本人が寄稿した文章に「私は好きな音楽をずっとやってきて、十分幸せだった」と書いていたけれど、音楽以外の部分もふくめて幸せになることを自分に許容したというか。そもそももうこの時点で、どんなに自分の状況が変わっても霞まない個性と自分の音楽に対する絶対的な自信を彼女は手にしていたから、そうなれたのかもしれない。実際、大森靖子は結婚、出産をしていから目に見えて笑顔が増えた気がするし、なによりもそういう「幸せな自分」を積極的に外側に発信するようになった。幸せを発信しているというよりは、それがありのままの彼女であるというだけなのかもしれないけれど。でも、これは以前なら考えられなかったことだと思う。

自分のことは歌わないと公言していた大森靖子が、2015年7月に発売した「マジックミラー」で自分の意志を明確に示した。その以降に出したシングルでも、メッセージ性が強くなっていく傾向にあるように思う。その結晶とも言える今回のアルバムで、彼女自身のなかにある「愛」「夢」「幸せ」といったワードが多く歌詞にふくまれているのは、もはや必然であるような気もする。それでいて、当たり前だが、「愛してる」とか、「夢を見よう」とか、「幸せになろう」とか、そんな使い古された表現は一切使っていない。ありふれた言葉を使おうとも、彼女らしさはまったく薄れずに、どの曲もほかのどこにもない、大森靖子にしかできない表現となっている。誰もが知っている言葉で、誰もがわかるように、誰も思いつかなかった表現をすること。多くの人の共感を得る普遍的な表現とは、まさにこういうことだと思っている。

大森靖子は、このアルバムを通して神様になれたのだろうか。このアルバムを聴いていると、彼女自身が神であるのと同時に、これを聴いているすべてのリスナーこそ神様のように尊いものなのだと歌っている気がしてならない。「ドグマ・マグマ」には「誰でもなれますGOD」という歌詞もある。このアルバムのリリース・イベントで大森靖子は「私が私のままで、みんながみんなのままでいることで、素晴らしいことができる」というような発言をしていた。昨年行ったツアーでは、各地で「あなたたちのひとりひとりの人生が最高です!」と叫んでいた。彼女にとっては、身近にいる旦那さんや大切なスタッフ、仲間たちはもちろんのこと、多くのファンも神様なのだと思う。だからこそ、音楽をとおしてその人たちを尊重し、それを受け取ったひとりひとりがその自覚を持てるようにすることこそが「音楽の魔法」なのかもしれない。

もはやファンという区切りすらないように感じる。大森靖子はメジャー1stアルバム『絶対少女』ですべての女の子を肯定しようとした。その一方で、2ndアルバム『TOKYO BLACK HOLE』には、意図的ではないのかもしれないけれど、一般的には男性の一人称である「ぼく」という言葉が多くの曲で使われていた。だから3枚目となる今回のアルバムでは、性別をふくむあらゆるカテゴリを取っ払ったすべての存在を肯定しようとしているのではないだろうか。

さらに今作では、大森靖子以外の人が作曲した楽曲がこれまででもっとも多く収録されている。コラボレーションしている相手は、当然のことながら彼女自身が多大なる尊敬の意を表しているアーティストばかり。小室哲哉、の子(神聖かまってちゃん)、DAOKOらはもちろんのこと、「アナログシンコペーション」の作曲者に名を連ねているバンド・メンバーもそうなのだろう。だからこのアルバムは、大森靖子が尊敬する神様たちと一緒に、神様のことを歌った、神様のために作りあげた作品でもあるのだと思う。


大森靖子「非国民的ヒーロー feat.の子(神聖かまってちゃん)」Music clip

アルバムの最後を飾る「アナログシンコペーション」は、バンド・メンバーたちとのセッションから生まれた楽曲だという。「あのステージへ続く光のみち眩しくて足元よくみえない つまずいたあの日の石を拳に握りしめて強く歩いてきた」からはじまるこの曲には、「マジックミラー」にも通じる強い決意表明を感じる。もはや補足が不要なほど、いまの彼女が表現したいこと、音楽を作る意味、そしてこれからの未来、すべてが詰まっているように思う。「あなたとの違いを許せずに 向き合うことに疲れたなら 同じあの光のなかで同じ夢と向き合って それぞれ音を鳴らそう」「個性を重ねてよ アナログシンコペーション」と歌い、最後は「キラキラ」とつづられている。どうかこの曲が、ひとりでも多くの人に届いてほしいと願う。そしてこの曲を受け取った人の心にほんの少しでもなにかが残ったのなら、その人自身がきっと「音楽の魔法」を証明することになるのだと思う。

最後に、このレビューは、ただ勝手に溢れてしまった愛情でしかないので、多くの私見が含まれています。ご了承いただければ幸いです。(text by 前田将博)

大森靖子の過去作品もチェック!

LIVE SCHEDULE

大森靖子 2017 LIVE TOUR 「kitixxxgaia」

2017年6月2日(金)@仙台Rensa
2017年6月23日(金)@福岡BEAT STATION
2017年7月7日(金)@札幌PENNYLANE24
2017年7月13日(木)@大阪BIG CAT
2017年7月14日(金)名古屋CLUB QUATTRO

TOUR FINAL!
2017年7月20日(木)@東京ZEPP Diver City
時間 : 開場 18:00 開演 19:00
料金 : 前売 5,500円(税込)※スタンディング。ドリンク代別

PROFILE

大森靖子

新少女世代言葉の魔術師。超歌手。弾切れも気にせず畳み掛けるように言葉を撃ちまくるジェットコースターみたいな弾き語りや、ときにギターすら持たないアカペラによる夜のパレードのような空間制圧型ライヴの評判が広がりメジャー・デビュー直後2014年11月26日、道重さゆみさんモーニング娘。卒業、2017年道重再生するやいなや大森靖子自身体調も気分もお人柄もよく大絶賛音楽活動中。

音楽の中ならどこへだって行ける通行切符を唯一持つ、無双モードのただのハロヲタ。あとブログ。

大森靖子 Official HP

o

 
 

レヴュー

【REVIEW】生活を彩る音楽隊、フィクションに誘い込むトイ・ポップ──Ribet towns『フラッシュフィクション』
[CLOSEUP]・2017年10月11日・フィクションに誘い込むトイ・ポップ──生活を彩る音楽隊・Ribet townsの『フラッシュフィクション』 渋谷系や北欧音楽への憧憬を、京都という街から鳴らす12人組ポップ・バンド、Ribet towns。今年2月にファースト・ミニ・アルバム『ショートショート』を発売したばかりの彼らが、配信限定となるEP作品『フラッシュフィクション」をリリース。前作に収録されていた「メトロ」「ショートシネマ」のリアレンジと新曲2曲の全4曲を収録した今作を、OTOTOYでは発売日に先駆け、先日より配信スタート。ハイレゾでの配信もOTOTOYのみということで、これから要注目となるであろう彼らのサウンドをぜひ良い音で楽しんでいただくとともに、レヴューを掲載。カラフルなフィクションの世界へどうぞ。 ハイレゾ版の配信はOTOTOYのみ!Ribet towns / フラッシュフィクション'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/96kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【配信価格】単曲 185円(税込) / アルバム 750円(税込)【収録曲】01. ベッドタウン02. ショートシネマ03. caravan04.
by 中の人
原稿ライオット2017結果発表!!ーー聴けるボーイズユニット、CUBERSの2nd EP『マゼンタ』ハイレゾ配信
[REVIEW]・2017年10月12日・原稿ライオット2017結果発表ーー聴けるボーイズユニット、CUBERSの2nd EP『マゼンタ』ハイレゾ配信 “聴けるボーイズユニット”CUBERSが、2nd EP『マゼンタ』をリリース。ディスコ〜ブラック・ミュージックを軸に制作された1stアルバム『PLAY LIST』、そこから一歩踏み出しアイドル・ポップ然とした楽曲からロック調の楽曲まで幅を見せた1st EP『シアン』、本作はそのどちらも取り入れったCUBERSの真骨頂とも言えるEPとなっている。OTOTOYでは本作をハイレゾ配信スタート!! そして、本作のレビュー記事を募集する原稿の登竜門コンテスト「原稿ライオット2017」の結果を発表する!! 審査委員長は、南波一海!! ライターを目指している人はもちろん、CUBERSを世に広めたい人、プロのライターまで、数多くの応募作の中から選ばれたグランプリのレビューをお楽しみください。 2nd EPをハイレゾ配信スタートCUBERS / マゼンタ【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【価格】単曲 250円(税込) / まとめ 1,500円(税込
峯田和伸が歌う「恋とロック」とは? 銀杏BOYZ3ヶ月連続リリースを読み解く!
[CLOSEUP]・2017年10月12日・青春に別れを告げた峯田和伸が歌う「恋とロック」とは? 銀杏BOYZの3ヶ月連続リリースを読み解く! 日本武道館での公演を目前に控えたバンド活動はもちろん、連続テレビ小説「ひよっこ」への出演などで、お茶の間の幅広い世代にもその存在感を示した銀杏BOYZ・峯田和伸。そんな銀杏BOYZが「恋とロック」をテーマとして3ヶ月連続で「エンジェルベイビー」「骨」「恋は永遠」というシングルをリリースした。今回の3ヶ月連続リリース第1弾の「エンジェルベイビー」で〈ロックンロールは世界を変えて〉と叫んだ銀杏BOYZ、そして峯田和伸は、きっとこれからもぼくらの世界を変え続けてくれるはず! あなたの世界を変えるかもしれない3作品を、「岡村詩野音楽ライター講座」講座生によるクロス・レヴューとともにお届けします。 3ヶ月連続リリース、3部作配信中【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】それぞれ 単曲 200円 / まとめ購入 400円 REVIEW : 銀杏BOYZ「エンジェルベイビー」「骨」「恋は永遠」 峯田和伸の、変わらないピュアネス(額田大志)ノイジーなバンド・サウンドの上
『23区』以降のメロウ・グルーヴ──bonobos、ニュー・シングルをリリース
・2017年10月13日・【REVIEW】『23区』以降のメロウ・グルーヴ──bonobos、ニュー・シングルをリリース メンバーの大幅な更新を経て昨年リリースされたアルバム『23区』で、その表現をネオ・ソウル〜R&Bのグルーヴへとシフトさせたbonobos。その長いキャリアのなかで大きな転換となったアルバムから1年、ここに新たなシングル『FOLK CITY FOLK .ep』を発表した。先行ですでにリリースされている、彼らの代表曲「THANK YOU FOR THE MUSIC」のリアレンジ・ヴァージョンも含む6曲は、まさに彼らの『23区』以降の現在の勢いを感じさせるものだ。端的にいえば『23区』でバンドが獲得した表現をさらに一歩推し進めた作品となっている。OTOTOYでは本作を、DSD、そしてハイレゾ版にて配信中。そしてレヴューにてその内容を紹介します。 bonobos / FOLK CITY FOLK .ep'【配信形態 / 価格】'【左パッケージ】DSD(5.6MHz) + MP3データ付きシングルまとめ購入のみ 1,800円(税込)【右パッケージ】24bit/96kHz WAV / FLAC / ALACAAC単曲購入 3
聴けるボーイズユニット、CUBERSの2nd EP『マゼンタ』をハイレゾ配信!! 南波一海によるレビュー掲載
[REVIEW]・2017年10月04日・南波一海によるレビュー掲載ーー聴けるボーイズユニット、CUBERSの2nd EP『マゼンタ』ハイレゾ配信 “聴けるボーイズユニット”CUBERSが、2nd EP『マゼンタ』をリリース。ディスコ〜ブラック・ミュージックを軸に制作された1stアルバム『PLAY LIST』、そこから一歩踏み出しアイドル・ポップ然とした楽曲からロック調の楽曲まで幅を見せた1st EP『シアン』、本作はそのどちらも取り入れったCUBERSの真骨頂とも言えるEPとなっている。OTOTOYでは本作をハイレゾ配信スタート!! 南波一海のレビューを掲載する。さらに本作のレビュー記事を募集する原稿の登竜門コンテスト「原稿ライオット2017」も引き続き絶賛開催中!! 審査委員長は、南波一海!! ライターを目指している人はもちろん、CUBERSを世に広めたい人、プロのライターまで、応募は自由。本作を隅から隅まで味わいつくそう!! 2nd EPをハイレゾ配信スタートCUBERS / マゼンタ【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【価格】単曲 250円(税込) / まとめ 1,500円
【REVIEW】Okada Takuro(ex 森は生きている)の1stソロをハイレゾ配信開始
[CLOSEUP]・2017年10月04日・【REVIEW】Okada Takuro(ex 森は生きている)の鮮明な登場──1stソロをハイレゾ配信開始 2枚のアルバムをリリースし、2015年に突如解散をした“森は生きている”の岡田拓郎が、2017年10月4日、ソロ名義“Okada Takuro”としてのデビュー・アルバム 『ノスタルジア』をリリースする。マルチ楽器奏者であり、作曲家であり、更に“森は生きている”ではミキシングやジャケット写真までも手がけた、いわば芸術的創造力の塊ともいえる、岡田拓郎。そんな彼のデヴュー・アルバムは、ボブ・ディランからボン・イヴェールなど数々の名作を手掛けたグラミー賞ノミネート経験もあるエンジニア、グレッグ・カルビがマスタリングを担当。さらに、増村和彦(ex. 森は生きている)、谷口雄(ex. 森は生きてい る)、大久保淳也(ex. 森は生きている)の他に、西田修大(吉田ヨウヘイgroup)、三船雅也(ROTH BART BARON)、水谷貴次(peno 他)、優河、石若駿など彼と繋がりのある様々なアーティストも参加。多様な楽器が紡ぐ音、静かに漂う歌声がすっと心に沁み込む傑作『ノスタ
by ai
【REVIEW】大野雄二トリオ、5年ぶりのジャズ・アルバムをハイレゾ配信
[REVIEW]・2017年09月27日・ジャズ・ピアノの奥深さにハマる秋! 大野雄二トリオ、5年ぶりのジャズ・アルバムをハイレゾ配信 2017年は大野雄二特別活動年といっても過言ではないでしょう。今年に入ってなんと3作目となる作品は、5年ぶりとなるトリオ名義でのジャズ・アルバム! 現編成のトリオでのリリースは初でもある。スタンダード・ジャズナンバーから、もちろんルパンの曲まで12曲収録。これから深まる秋の夜長にハイレゾ音質でじっくり耳を傾けてはいかがでしょうか。 YUJI OHNO TRIO / LET'S FALL IN JAZZ'【Track List】01. LET’S FALL IN JAZZ feat.Lyn02. SWEET SUE, JUST YOU03. MISTY TWILIGHT04. LET’S FALL IN LOVE05. LOVE SQUALL06. LET’S FALL IN JAZZ -interlude-07. MY ONE AND ONLY LOVE08. LET’S FACE THE MUSIC AND DANCE09. A FOGGY DAY10. LOVE THEME11. THEME FROM LUPI
【REVIEW】最高傑作の呼び声高い、ホラーズの新作をハイレゾ配信
・2017年09月26日・【REVIEW】バンドの実験性の歴史を内包、そして新たなる質感も備えたホラーズの新作──ハイレゾ配信 リリースから約1週間、UKの『The Gardian』誌では満点のレヴューが掲載されるなど、すでに海外メディアでは大きな話題となっているザ・ホラーズの5thアルバム『V』。作品ごとにさまざまな方向性へと、その音楽性を変え、その登場以来、高い評価を受けてきたUKのバンド。デビューから10周年目の作品となる『V』ではこれまで挑戦してきたさまざまな音楽性を内包し、さらなる新たな一歩へと進み、バンドのポテンシャルそのものがさらに一段高い位置にあることを知らしめた、そんな作品となっている。OTOTOYではハイレゾ配信と、若干お得な、CDと同等音質のデータにて配信中(1500円!)。 ハイレゾ版&お得なCDと同様音質のWAV / FLAC / ALAC版を配信中The Horrors / V'【左パッケージ : ハイレゾ版】'【右パッケージ : CD音質版】'【Track List】01. Hologram02. Press Enter To Exit03. Machine04. Ghost05. Point Of N
by 尾野 泰幸
筆者について
前田 将博 (純三)

V系生まれハロプロ育ち、aikoは俺のファムファタル。 Twitterは @junzo99 です。

同じ筆者による他の記事