ここから羽化する――『WHITE ALBUM2』の主題歌含む、上原れなのニュー・アルバムがハイレゾ独占配信!!

OTOTOYでアニソンのハイレゾ配信が盛り上がってます!! そんななか、以前からゲーム、アニメ・ソングのハイレゾ配信に力を入れてきたのが、大人気ゲーム『WHITE ALBUM2』や『ToHeart2』などを制作するアクアプラスの自社レーベル、F.I.X.RECORDS。これまでの作品もすべて、OTOTOYではハイレゾでお届けしてきました。今回は上原れなが半年前のベスト・アルバムに続き、オリジナル・アルバムとしては約2年半ぶりの作品をリリース!! もちろん、2.6MHzのDSD、24bit / 96kHzのwavのハイレゾ音源でお届けします。

昨年アニメ化された『WHITE ALBUM2』の主題歌である「届かない恋 '13」をはじめ、タイアップですでに聴き馴染みのある人気曲を収録。さらにアルバムのため書き下ろされた5曲はすべて、上原れな自身が作詞を担当(うち1曲は作曲も!)。ストリングスが参加した壮大なロック・ナンバーから、打ち込みメインのポップスまで。多様なサウンドに、これまでで最も上原れな自身の想いが乗った表情豊かな歌。Emergence――"羽化"していく彼女のいまを、ぜひハイレゾで。


上原れな / Emergence

【配信価格】
(左)DSD(2.8MHz)+mp3 まとめ購入のみ 3,000円
(右)wav(24bit/96kHz) 単曲250円 / まとめ購入 3,000円
※アルバム購入の方には歌詞ブックレットが付いてきます

【Track List】
01. 届かない恋 '13 / 02. いくつもの未来 / 03. summer rain / 04. Happy Ending / 05.Answer / 06. closing '13 / 07. イミテーションワールト / 08. Sparkling Heart / 09. BUTTERFLY / 10. ただひとつの星 / 11. 手紙~10 年後の私へ~ / 12. Until -from Hispania- / 13. After All~綴る想い~ '13 / 14. さよならのこと

【ダウンロードに関して】
作品によって異なりますが、DSDやHQDの高音質音源は、1GB~2GBとファイル・サイズが大きいため、ダウンロード完了までに時間がかかることがございます。通信環境、お使いのPCの空き容量を確認の上、ダウンロードいただきますようお願い致します。

※ダウンロードしたファイルに不備や不明点がありましたら、info(at)ototoy.jpまでお問い合わせくださいませ。

INTERVIEW : 上原れな

初のワンマン・ライヴやベスト・アルバムのリリースなど、歌手としてのターニング・ポイントとも言える大きなできごとを経て、着実に成長を遂げている上原れな。彼女はさらに、初の地上波でのアニメの主題歌という大役を果たし、ベスト・アルバム発売からわずか半年足らずで今度はオリジナル・アルバム『Emergence』をリリースする。彼女自身が作詞・作曲した曲を含む全14曲。まさにいまの彼女の勢いと成長を象徴するかのように、表情豊かなアルバムに仕上がっている。

そんな上原に、歌に込めたメッセージやいまの率直な思いなどを伺った。彼女の口からは、「挑戦」や「はじまり」という言葉が何度も飛び出してきた。無邪気な笑顔で語る瞳の奥には、確かな強さがある。いくつもの大きなチャンスをものにしてもなお、彼女は地に足をつけて着実に歩みを進めているのだ。これほど真摯で貪欲な歌手やバンドが、ほかにどれほどいるのだろうか。上原れなの快進撃は、まだまだ続きそうだ。

インタヴュー&文 : 前田将博
写真 : 有田昌弘

これが第2章の始まりなんだ

――昨年8月に初のベストアルバム『The Brilliant Best~タイアップコレクション~』をリリースしてから、上原さんが主題歌を担当したテレビ・アニメ『WHITE ALBUM2』の放送が始まったり、そのシングルをリリースしたりと、かなりめまぐるしい半年だったと思います。

自分の中ではベストアルバムを出すことで第1章の区切りみたいな気持ちもあったので、ファンの人たちにこれからどういう姿を見せていこうかって考えていたんです。ちょうどそのタイミングで、初めてのテレビ・アニメの主題歌を担当させていただけることになって。上原れなという存在をより知っていただけるきっかけが出来たっていう意味でもいいタイミングだったし、これが第2章の始まりなんだっていう感覚がありますね。

――第2章の始まりとしては、最高のスタートですよね。今までもゲームやOVAの主題歌などは担当されていたと思うんですけど、今回はテレビ・アニメ、それも地上波の全国放送じゃないですか。

やっぱり、私もテレビ・アニメの主題歌を担当することは、デビューしたときからの夢のひとつでもありました。ゲームやOVAだと商品を購入しないとすぐには聴けなかったりするので、友だちとかにも「聴いて」って言いづらかったりするんですけど。でも、テレビ・アニメだと、オープニングとエンディングを歌っているよって言ったらすぐに観てもらえるし、親戚とかにも気軽に言えるので「がんばってるね」とか「観たよ」って声をかけてもらったりしました。あと、今回初めてPV撮影をさせてもらったりとか、そういう新しい挑戦もあってうれしかったですね。

――まわりの反響などはいかがですか。今まで上原さんのことを知らなかった人にまで広がっていると思います?

ブログとかでも『WHITE ALBUM2』のアニメを観て「良かったので音源を買いました」ってコメントをくださる方もいらっしゃったり、うれしかったですね。少しずつ多くの人に広がっていっているのかなって思います。

――『WHITE ALBUM2』はストーリーに音楽が密接に関わっているので、なおさら上原さんの曲が重要な役割を果たしていると思うんですよ。しかも、キャラクターが上原さんの曲を歌う場面もありますよね。

ゲームのときも感じたんですけど、不思議な感覚はありましたね。アニメのキャラクターが歌っているっていうことは、作品の一部だってことじゃないですか。なので、私はどういう立ち位置で歌えばいいんだろうっていうのは、改めて考えましたね。もちろんアニメの世界観を理解して寄り添おうって気持ちはあるんですけど、それとは別にアニメを観ていない人にも届くようにって意識して歌ってみたりとか。普通に曲を聴いた人が、「これがアニメで使われているなら観てみようかな」って思ってくれたらいいなと思いました。

――「届かない恋 '13」はアニメ用にリアレンジして、歌も録り直しているんですよね。前回のインタヴューでも特に思い入れの強い曲だとおっしゃっていましたが、改めて歌ってみていかがでしたか?

今回のアルバムに入っている「'13」って書いてある曲は全部アニメ用にリアレンジされた曲なんですけど、アレンジ自体も雰囲気が変わっていて、ストリングスなど楽器の音も生音に差し代わっていたり、より豪華に仕上がっています。そこに歌を乗せるにあたって、原曲がすごく支持されている部分もあり、どう新しい部分を出していけばいいか悩みましたね。ゲームからアニメになって、変わりすぎても良くないし、でも進化してる部分も出していかないといけないと思うし。なので、現場でエンジニアであり、歌のディレクションも行ってくれた橋本まさしさんと話しながら、生音と差し代わったことで歌が楽器に埋もれてしまうから、もっと前に来るようにアタック感を強めにしたりとか、試行錯誤しながら歌いましたね。

――では、結構苦戦した?

1度歌っている曲だったのでスムーズにできるかと思いきや、意外と難しかったですね。歌のレコーディングもいつもは大阪の自社のスタジオでしているんですけど、今回は東京のアニメのBGMなども含めた音楽制作を担当しているチームの方と東京のスタジオで一緒に作り上げたので、それも新しい経験でした。

またここからまっさらな気持ちで、もっと上のステージに進んでいきたい

――そんな新しい経験を重ねつつ、今回のアルバム『Emergence』がリリースされるわけですが、このタイトルにもまさに「再出発」とか「発生する」みたいな意味があるんですね。

そうなんです! あと「羽化」っていう意味もあるので、アルバムのジャケットに蝶々のモチーフが描かれているんです。またここからまっさらな気持ちで、もっと上のステージに進んでいきたいという思いも込めて『Emergence』っていうタイトルにさせていただきました。生まれ変わって出てきたっていう思いがあるので、真っ白な衣装なんですよ。

――今の上原さんのイメージにぴったりですよね。このアルバムは『WHIE ALBUM2』の曲が中心となりつつも、ほかのタイアップ曲や書き下ろしの曲も入っていて、ある意味ではベストアルバム以上にバラエティに富んでいて入りやすいアルバムなのかなって思いました。

『WHIE ALBUM2』で知ってくださった方には、やっぱりせつない歌を歌っているイメージが強いと思うんです。もちろんそれも主軸にあるので、1曲目と最後にオープニング曲とエンディング曲を置かせていただいたんですけど、ほかにも『ティアーズ・トゥ・ティアラII 覇王の末裔』のオープニング曲など、ちょっとロックなアニソンぽい楽曲があったり、『ToHeart2』関連楽曲のようにかわいらしい楽曲もあったり。何かひとつでも引っかかる、お気に入りの1曲が見つかるアルバムにしたいなと思いました。

――その中でも、書き下ろしの5曲はすべて上原さんの作詞なんですよね。

そうなんです。アルバム曲の作詞は毎回させてもらってはいるんですけど、全曲させてもらうのは初挑戦でした。それも、私の中でどこか挑戦していきたいというか、これから上っていくぞっていう気持ちを自分の言葉で伝えたいっていう思いがあったので、書かせていただきました。

――この5曲だけを見ても、曲調も歌詞もさまざまでバラエティ豊かですよね。「summer rain」は『WHITE ALBUM 2』に通じるようなちょっとせつない感じの曲調で、「Happy Ending」はもうちょっとダークというか、上原さんの新たな一面を感じます。

「Happy Ending」は少しダークでミステリアスなイメージがありますよね。

――歌詞も少し複雑な人間関係を描いていますよね。それこそ『WHITE ALBUM 2』で描かれていた世界観にインスパイアされている部分もあるのかなと思ったんですけど、これはどんな思いで書きましたか?

いつも作詞をするときは、曲をいただいてからその曲の持っている雰囲気で言葉を生みだしていくんです。それで、この曲は背徳感みたいなものも感じたのでそういうイメージで書いていったんですけど、確かに『WHITE ALBUM2』に近い雰囲気はありますね。インスパイアして書こうと思ったわけではないんですけど、人間臭い歌詞も書いてみたいなという思いもあったので、自然と出てきているのかもしれないです。

――そんな少しドロドロしたストーリーとは裏腹に、タイトルが「Happy Ending」なんですよね。

そうなんです(笑)。最初は幸せそうな曲なのかなって思って聴いてみたら、実は違うっていうのを狙ってみました。

――「イミテーションワールド」は、また雰囲気が一転してテクノ・ポップみたいにキラキラした曲ですよね。

ちょうど7曲目のこの曲からキラキラ方向に雰囲気が変わるような構成になっているんです。「Happy Ending」や『WHITE ALBUM2』の曲は少し80年代ぽいというか、ちょっとノスタルジックな雰囲気ですけど、「イミテーションワールド」は現代チックなイメージで書きました。機械的で物がたくさんあって、便利なものが溢れてる時代背景がふっと浮かんできたので、こういう曲になりましたね。

――「BUTTERFLY」はメッセージ性が強いというか、それこそ上原さんのこれから先の未来への決意が込められていると感じました。<この場所から羽ばたくんだ 新たなるステージへ>や、<もう諦めたりしない この声がかれるまで>などは、まさに今までおっしゃっていたことそのままというか。

この曲は作曲もさせていただいたんですけど、作詞作曲をするときはなおさら私のパーソナルな思いを込めているんです。ほかの曲は結構、こういう世界観があったらいいなっていう妄想や想像で書いているんですけど、「BUTTERFLY」とか「手紙~10年後の私へ~」はよりパーソナルな部分… ファンの方へのメッセージだったり、歌に対するメッセージだったりをダイレクトにファンの方に伝えたいなと思って書きました。

――曲調もストレートなロック調で、勢いのある曲に仕上がっていますよね。

前回の『l'espoir』のときにはじめて作曲もさせていただいたんですけど、前作(「泡沫(うたかた)の声」)がバラードだったので、今回はライヴで盛り上がる曲を書いてみたいなって思ったんです。私が明るい曲を作れるのかなっていう不安もあったんですけど、挑戦させてくださいって頼んで作りました。鼻歌で作ったんですけど、ライヴでみんなと一体感が出て楽しい気分になる曲にしたいっていうイメージがあったので、それをアレンジャーさんに伝えて、話し合いながら作っていきましたね。

――アレンジにも上原さんの思いが込められているんですね。では、なおさら思い入れが強そうですね。

はじめてワンマン・ライヴをさせてもらったときに、お客さんのパワーやその場でもらえるエネルギーをすごく感じたので、その感謝の気持ちを歌で返していきたいというか、私にはそれしかないなって思ったんです。その思いをいつか自分で歌にしたいと、その初ワンマンのときから思っていたので、それを今回なんとか形にしてもらいました。だから、ファンの方への感謝を込めた1曲になりましたね。

10年経った今、やっぱり思い続けて諦めないでいれば叶うものなんだなって

――「手紙~10年後の私へ~」は10年後の自分に向けた曲とのことですが、まず10年後になにをしていると思います?

あるときに、それをふと考えちゃったんですよね(笑)。今まで歌を続けさせてもらって、アルバムも出し続けさせてもらっている状況で、ふと「私は10年後に歌い続けているのかな」って思う瞬間があって。10年前を振り返ると17歳くらいで、ちょうど歌を歌っていきたいって思ったときなんです。で、10年経った今、やっぱり思い続けて諦めないでいれば叶うものなんだなって思っている。今この場を与えていただいていることは当たり前ではないし、すごくありがたいことなので、その気持ちをここに置いておきたいなって思ったんです。

――その気持ちを、10年後の自分にも届けたいと。

10年後の私がどうなっているかわからないですけど、例えばそのときの自分が落ち込んでいたとして、そういうときでも大丈夫だなって思ってもらえる曲になればいいなっていうか。タイム・カプセルじゃないですけど、例え歌をやっていようがなかろうが、そういう気持ちは私にとっては宝物だし、それをずっと大切にしていたいなって思うんです。でも、10年後に聴いたらどう思うんだろう(笑)。

――ちなみに、10年後にも歌い続けていたいとは思いますか?

歌い続けていられれば素敵だなって思いますね。もちろん、今後どうなるかはわからないですけど。10年前にも漠然と広いステージで歌えたらいいなっていう夢はありましたけど、今はそのときには考えついてもいなかった世界にいるので。でも、10年前の私にメッセージを送るとしたら、そのまま突き進んでいっていいよ! と言いますね(笑)。いま、こうして歌わせてもらえることがすごくうれしいので。

――そう思えることは、とても素敵なことですよね。そして、このアルバムのリリースを経て、3月にワンマン・ツアーがあります。上原さんとしても、念願だったんじゃないですか?

前回ワンマン・ライヴをやったときは東京と大阪の2ヶ所だったんですけど、今回は初めて名古屋でワンマンが出来るんです。名古屋のお客さんとどういうふうにライヴを作っていけるかっていうのが、不安もあるけどすごく楽しみです。

――前回に初めてワンマンを経験して、ライヴをイメージした曲も作ったりしたことで、また違った世界観が観られそうですよね。

夏にベスト・アルバムを出したときにはワンマン・ライヴはなかったので、今回はベストと『Emergence』の2枚を引っさげたツアーになります。なので、懐かしい曲やタイアップ曲から、今回のアルバムの新しい世界観のものまでいろいろ歌おうと考えています。

――では、かなりのヴォリュームになりそうですね。アルバム2枚でかなりの曲数があるので、選曲も悩みそうですね。

そうなんですよ。候補の曲はいくつかあがっているんですけど、どこの箇所でどの曲を歌おうかなっていうのは、これから始まるリハを踏まえて考えていくところですね。

――とても楽しみです。

やっぱり、初めてのときはなんとか乗り切ることで精一杯だったので、私も心に余裕を持って楽しめるように、ちょっとでも成長した部分を観てもらえるライヴにできたらいいなと思いますね。

過去作はこちら

上原れな / 届かない恋 '13 short version

大人気ゲーム『WHITE ALBUM2』が2013年9月にアニメ化! もちろん、主題歌を担当するのは上原れな。OTOTOYは高音質のみならず、TVサイズのショート・ヴァージョンの未マスタリング音源を独占配信。本来ならレコーディング・スタジオでしか聴くことができない、貴重な音源をお楽しみください。

【配信形態】
DSD(2.8MHz)+mp3、wav(24bit/96kHz)


Tears to Tiara II 覇王の末裔 ボーカル集

上原れなが所属するF.I.X. RECORDSの歌姫3人がひとつのアルバムに!! 2013年10月31日発売のPlayStation3用ゲームソフト『ティアーズ・トゥ・ティアラII 覇王の末裔』のボーカル曲集。

【配信形態】
wav(24bit/96kHz)
※まとめ購入には歌詞ブックレットがついてきます。


上原れな / The Brilliant Best~タイアップコレクション~


デビュー5周年を迎えた上原れなの初のベスト・アルバム。デビュー曲の「コスモスのように」「虹の架け橋」から最新曲「Answer」までのタイアップ曲全24曲を収録した豪華版。


【配信形態】
DSD(2.8MHz)+mp3、wav(24bit/96kHz)
※まとめ購入には歌詞ブックレットがついてきます。

※24曲のDSDデータが4GBをこえたため、DSD+mp3 ver.は分割して配信させていただきます。
※DSD+mp3ヴァージョンのPart.1、2には、それぞれ12曲ずつの楽曲のDSFファイルとDPPファイル、全曲のmp3トラックと歌詞ブックレットが同梱されております。

>>特集&インタヴューはこちら

上原れな / l'espoir

アイドル・ソングからデジタルロックまで、より幅広い楽曲に挑戦。PSPソフト『ToHeart2 ダンジョントラベラーズ』主題歌、OVA『ToHeart2adnext』主題歌を含む全14曲を収録した3rdアルバム。

【配信形態】
DSD(2.8MHz)+mp3、wav(24bit/96kHz)
※まとめ購入には歌詞ブックレットがついてきます。


上原れな / Jewelry Songs

OVA『うたわれるもの』EDテーマ「夢のつづき」をはじめ、『君が呼ぶ、メギドの丘で』OP / EDなど、自ら作詞した楽曲も収録した初めてのフル・アルバム。

【配信形態】
DSD+mp3、wav(24bit/96kHz)
※まとめ購入には歌詞ブックレットがついてきます。



LIVE INFORMATION

上原れな LIVE TOUR 2014 ~The Brilliant Stage~

大阪
日時 : 2014年3月1日(土) 開場 16:30 / 開演 17:00
会場 : OSAKA MUSE
チケット : 4,800円(税込)
※ご入場時別途ドリンク代必要、オールスタンディング(整理番号順入場)
主催・お問合せ : サウンドクリエーター (TEL 06-6357-4400)

名古屋
日時 : 2014年3月2日(日) 開場 16:00 / 開演 16:30
会場 : ell.FITS ALL
チケット : 4,800円(税込)
※ご入場時別途ドリンク代必要、オールスタンディング(整理番号順入場)
主催・お問合せ : サンデーフォークプロモーション (TEL 052-320-9100)

東京
日時 : 2014年3月8日(土) 開場 16:30 / 開演 17:00
会場 : アストロホール
チケット : 4,800円(税込)
※ご入場時別途ドリンク代必要、オールスタンディング(整理番号順入場)
主催・お問合せ : ネクストロード (TEL 03‒5712‒5232(平日14:00~18:00))

【主催】
フィックスレコード
サウンドクリエイター(大阪公演)
サンデーフォークプロモーション(名古屋公演)
ネクストロード(東京公演)
【企画制作】
アクアプラス

【チケット販売】
一般販売 : 2014年2月1日(土) 10:00 販売開始
販売箇所
・チケットぴあ
TEL 0570-02-9999 Pコード : 212-526(大阪公演)、217-294(名古屋公演)、213-156(東京公演)
・ローソンチケット
TEL 0570-084-005 Lコード : 55953(大阪公演)
TEL 0570-084-003 Lコード : 77114(東京公演)
TEL 0570-084-004 Lコード : 45071(名古屋公演)
・イープラス http://eplus.jp(全公演共通)
・TANK! The WEB http://www.sundayfolk.com(名古屋公演のみ)
・ダイレクトセンター TEL 052-320-9000 (名古屋公演のみ)

PROFILE

上原れな

2007年12月、横浜パシフィコで行われた「アクアプラスフェスタ2007」でライヴ・デビュー。

2008年3月、ゲームソフト「ToHeart2 Another Days」エンディング・テーマ「コスモスのように」とOVA「ToHeart2ad」オープニング・テーマ「虹の架け橋」のシングル2枚同時リリースでCDデビュー。その後、『toYOU』(2008年8月)、『Jewelry Songs』(2009年11月)、『l’espoir』(2012年2月)の3枚のオリジナルアルバムと1枚のベスト・アルバム『The Brilliant Best ~タイアップコレクション~』(2013年8月)をリリース。

また自身の楽曲に加えて、WEBラジオ「ささらまーりゃんの生徒会会長ラジオ for ToHeart2」のテーマ・ソング「ミゾの架け橋」や「Twinkle Stars☆ミ」などの作詞も手がける。

>>上原れな Official HP

o

 
 

"Close Up"の最新アーカイヴ

極上POPS誕生ーーNegicco、3作目のフル・アルバムをハイレゾ配信
[CLOSEUP]・2016年05月24日・もはや聴かない理由がみつからない極上POPS誕生ーーNegicco、3作目のフル・アルバムをハイレゾ配信 新潟在住の3人組ガールズ・グループNegiccoが、約1年4ヶ月振り3作目となるオリジナル・アルバム『ティー・フォー・スリー』をリリース。オリコンTOP10入りした「ねぇバーディア」「矛盾、はじめました。」、『圧倒的なスタイル -NEGiBAND ver.』のカップリング曲「カナールの窓辺」、再録となる「おやすみ(Album Ver.)」、中野サンプラザにて7インチ・レコードが先行発売された「土曜の夜は」を収録。加えて、坂本真綾、オカモトコウキ(OKAMOTO'S)、Spangle call Lilli line、平賀さち枝、Magic,Drums&Loveといった豪華製作陣が参加。OTOTOYでは本作をハイレゾ配信するとともに、Negiccoの3人にインタヴュー。7月30日(土)にはNHKホールでのワンマンも控えた彼女たちの現在を見逃さぬよう。 1年4ヶ月ぶりのフル・アルバムをハイレゾ配信スタートNegicco / ティー・フォー・スリー(24bit/48kHz)【配信形態】WAV、ALAC、FLA
by 西澤 裕郎
STEREO JAPAN緊急連続企画ーー5月4日リリースのシングルが1万枚売れたら解散!? リリパまでの約2ヶ月間を追う!! Vol.9 ELE TOKYO直前メンバー・インタヴュー
[CLOSEUP]・2016年05月23日・STEREO JAPAN、シングルが1万枚売れたら解散!?ーーVol.9 ELE TOKYO直前メンバー・インタヴュー EDMアイドル、Stereo TokyoとStereo Fukuokaによる合同グループ、STEREO JAPANが、2016年5月4日にシングル『Dancing Again』をリリース。5月29日にELE TOKYOにて開催されるリリース・パーティまでに同シングルが1万枚“売れたら”解散する。パーティをすることに力を入れてきたSTEREO JAPANが、なぜこのタイミングでそうした舵を取ったのか? 果たして1万枚売れて解散してしまうのか? その経緯から動向、結果まで、OTOTOYではインタヴューやライヴレポートなどで毎週追いかけていく。更新日は毎週月曜日を予定。 特集第9弾となる今回は、5月29日に開催される『Dancing Again』のリリース・パーティを目前に控えたStereo Tokyoに現在の心境をインタヴュー。また、ELE TOKYOに向けてメンバー5人に意気込みを色紙に書いてもらい掲載する。約2ヶ月に渡り行われてきた本企画も終盤戦。果たして、CDは1万枚売れ、Stereo
by 西澤 裕郎
Seiho、3年ぶりの新作『Collapse』をハイレゾ配信
[CLOSEUP]・2016年05月21日・彼のディープ・エレクトロニクス・サイドを堪能せよ──Seiho、3年ぶりの新作をハイレゾ配信 ソロでの「I Feel Rave」のヒット、Avec AvecとのSugar's Campaign、さらにはさまざまなリミックスやコラボ、プロデュースを経て、3年ぶりにSeihoがアルバムを完成させた。しかも本作にてワールドワイドでのデビューともなる。いま最も頻繁にクラブ・シーンでライヴ活動をしている国内のエレクトロニック・ミュージックのプロデューサーのひとりでもありながら、さらにはここ数年でメジャーなポップ・フィールドにまでその歩みを進めている。本作では、そんな彼がディープ・エレクトロニクスであえて表現した独自の世界観が広がっている。OTOTOYでは、本作をハイレゾ(24bit/48kHz)と、CDと同等音質のロスレス配信を行う。 Seiho / Collapse'【Track List】01. COLLAPSE (Demoware)02. Plastic03. Edible Chrysanthemum04. Deep House05. Exhibition06. The Dish07. Rubber08. P
by 河村 祐介
植谷よしえ(ex.fifi)によるAUNTIES、初音源をハイレゾ&フリーDL配信開始
[CLOSEUP]・2016年05月20日・挨拶代わりのダンス・ポップEP──植谷よしえ(ex.fifi)によるAUNTIES、初音源をハイレゾ&フリーDL配信 2015年8月に惜しまれつつも解散したfifi。その音楽性の中核を担ったのが植谷よしえだ。そんな彼がこのたびソロ・バンド・プロジェクト、AUNTIES(アンティーズ)としての活動を開始した。 そしてAUNTIESの初音源となるEP、『weekend magic』をOTOTOYにてハイレゾ配信。さらには表題曲を期間限定フリー・ダウンロード。本作は、ダンス・ミュージックを経由したポップな曲に甘い歌声が乗る。そんなfifi時代のギターロックから、いわば植谷よしえの心機一転の意欲作を、レヴューとともにお楽しみあれ。 >>weekend magicのフリー・ダウンロードはこちらから! AUNTIES / weekend magic (24bit/48kHz)'【Track List】01. weekend magic02. Missing Days 03. Treasure【配信形態】24bit/48kHz (WAV / ALAC / FLAC) / AAC >>ハイレゾとは?>>ファイル形式について
平均22歳の5人組、odolのバンドの革新感じる2ndアルバムを配信&インタヴュー
[CLOSEUP]・2016年05月19日・平均22歳の5人組、odolが表現する"鮮やかな"モラトリアム──新たな章の始まりとなる2ndアルバム完成 現在、平均22歳──つまり〈FUJI ROCK FESTIVAL'14〉に出演の際は平均20歳という驚異のキャリアを持つ5人組、odol(オドル)。1stアルバム『odol』から1年を経て、2ndアルバム『YEARS』をリリースした。アルバムはオルタナティヴなアプローチはそのままに、音と溶け合うなかにも芯を感じさせるようになったミゾベリョウの歌声と、より客観性を持って突き詰めたサウンドの進化によって、バンドの革新を感じさせる内容。この1年の驚くべき成長スピードの裏には何があったのか。バンドにとっても初だという、メンバー5人揃ってのインタヴューから読み明かす。 odol / YEARS'【Track List】01. years02. グッド・バイ03. 綺麗な人04. 逃げてしまおう05. 1706. 退屈07. ベッドと天井08. 夜を抜ければ【配信形態 / 価格】''16bit/44.1kHz(WAV / ALAC / FLAC) / AAC / MP3単曲 205円(税込) / アルバム 1
BAND-MAID、最新アルバムを配信スタート&メンバー・インタヴュー掲載
[CLOSEUP]・2016年05月18日・メイド姿のハード・ロックな5人組ーーBAND-MAID、ギャップ萌えで目指すは“世界征服”!? 2016年大注目のニュー・カマー登場です!! 「Thrill(スリル)」のMV再生回数が200万回を超えるなど、日本のみならず海外からも視線を浴びているメイド服を纏った5人組ガールズ・バンド、BAND-MAID。ファンを「ご主人様」「お嬢様」、ライヴを「お給仕」と呼び、メイド文化をバンドで再現しながらも、サウンドを聴けば可愛い姿から一変。ハード・ロックを基調とした楽曲、あてぶりなしの激しいライヴ・パフォーマンスでギャップ萌え間違いなし。そんな彼女たちが制作からアレンジまで担当した楽曲も収録した3rdミニ・アルバム『Brand New MAID』を配信スタート。世界征服に向け、進化を続けるBAND-MAIDのインタヴューを掲載します。イロモノだと思っている人こそ、まずはご一聴を!! 世界征服に向けて踏み出す3rdミニ・アルバムBAND-MAID / Brand New MAID【配信形態】WAV、ALAC、FLAC / AAC【配信価格】単曲 324円 / まとめ購入 2,000円(税込)【Track List】
by 西澤 裕郎
音楽と映像の融合、メディア・アーティスト後藤英の最新作をハイレゾ配信ーー渋谷WWWでの帰国ツアーを密着レポート
[CLOSEUP]・2016年04月14日・人間が感じられなかった知覚を引き出したいーーニューメディア・アーティスト後藤英の帰国ツアーを密着レポ ヨーロッパで数多くのアート関係の賞を受賞し、世界の最先鋭を走り続けるフランス在住のニュー・メディア・アーティスト、後藤英。エレクトロニカ、テクノやアンビエントを基調とした楽曲とロボットやボディースーツなどのテクノロジーを融合させるなど先鋭的な表現方法を探り続けている後藤が、1997年~2014年まで日仏をまたぎ録りためた音源をまとめたアルバム『CsO』をリリース。その発売を記念し、帰国ツアーを2016年3月22日(火)に渋谷WWWで開催。世界的に活躍する映像クリエイターであるアントワーヌ・シュミット、ルシオ・アリーズ、テンパトリック・ドアンが同アルバムの楽曲を元に映像作品を作成、後藤のサウンドとエレクトロニック・アートスペクタクルを繰り広げた。OTOTOYはその様子を密着レポート。芸術の可能性を感じる一夜を追体験してほしい。 1997年~2014年まで日仏をまたぎ、録りためた貴重な音源をハイレゾ配信後藤英 / CsO(24bit/44.1kHz)【配信形態】24bit/44.1kHz(WAV / ALAC
STEREO JAPAN緊急連続企画ーー5月4日リリースのシングルが1万枚売れたら解散!? リリパまでの約2ヶ月間を追う!! Vol.8 すーさん(Stereo Tokyoファン)インタヴュー
[CLOSEUP]・2016年05月16日・STEREO JAPAN、シングルが1万枚売れたら解散!?ーーVol.8 すーさん(Stereo Tokyoファン)インタヴュー EDMアイドル、Stereo TokyoとStereo Fukuokaによる合同グループ、STEREO JAPANが、2016年5月4日にシングル『Dancing Again』をリリース。5月29日にELE TOKYOにて開催されるリリース・パーティまでに同シングルが1万枚“売れたら”解散する。パーティをすることに力を入れてきたSTEREO JAPANが、なぜこのタイミングでそうした舵を取ったのか? 果たして1万枚売れて解散してしまうのか? その経緯から動向、結果まで、OTOTOYではインタヴューやライヴレポートなどで毎週追いかけていく。更新日は毎週月曜日を予定。 特集第8弾となる今回は、三浦菜々子大マラソン大会にてCDを40枚買って走ったStereo Tokyoのファン、すーさんへのメール・インタヴューを掲載。かつてOTOTOYでは「アイドル・ヲタクをEDMで解放せよ!!」というタイトルでプロデューサーの水江文人へのインタヴューを掲載したが、すーさんはStereo Tokyo
筆者について
前田 将博 (純三)

V系生まれハロプロ育ち、aikoは俺のファムファタル。 Twitterは @junzo99 です。

同じ筆者による他の記事