まさかのVineでインタヴュー、ボンジュール鈴木ワールドがループ――2ndミニ・アルバム、ハイレゾ配信

ボンジュール鈴木が急成長を遂げている。2015年2月、アニメ「ユリ熊嵐」のOP主題歌を収録したシングルをリリースし、4月には初のフル・アルバム『さよなら。また来世で』を発表。そして11月、早くも6曲入りの2ndミニ・アルバム『Lollipopシンドローム』が到着した。OTOTOYでは今作もハイレゾで配信スタート。彼女の魅力のひとつであるウィスパー・ヴォイスを堪能できるだけではなく、バイノーラル・レコーディングを用いた「close to me」は360度音に包み込まれている感じがより際立っている。

さて、これまで露出を控えた活動を続けている彼女に、LINEでインタヴューを申し込んだり、対面インタヴューをお願いするなどしてきたが、なんと今回は本人に動いて喋ってもらうという無茶を叶えてもらった。しかも動画アプリ「Vine」を使用した6秒縛りで…。その結果はいかに!?

ボンジュール鈴木 / Lollipopシンドローム

【配信形態】
24bit/48kHz(WAV / ALAC / FLAC) / AAC
>>ハイレゾとは?

【配信価格】(各税込)
単曲 300円 / アルバム 1,620円

【Track List】
01. Lollipopシンドローム
02. パーティーがはじまるよ
03. close to me
04. 金魚
05. Lovin' You
06. サヨナラ
07. 月のかけてく夜に


「Lollipopシンドローム」MV


INTERVIEW : ボンジュール鈴木

ボンジュール鈴木の新作『Lollipopシンドローム』が届いた。彼女がついに本性をさらけだしたのかもしれない。これはボンジュール鈴木中毒になる危険性があるので、ぜひ取り扱いに注意していただきたい。

ソールド・アウトとなった初のワンマン・ライヴや、代々木第一体育館という大舞台でももいろクローバーZ・高城れにとの共演、トベタ・バジュンの新作をはじめとしたさまざまなコラボなどを経て発売された今作。これまでよりエレクトロ色が増し、ボンジュール鈴木が本来持っていた北欧音楽やフランス映画的な世界観、そして彼女の脳内に広がる妄想世界が色濃く楽曲に宿っているように思う。クールで煌びやかなサウンドに身をゆだね、脳に直接訴えかけてくるような甘すぎるウィスパー・ヴォイスに耳を傾けていると、いとも簡単に彼女がつくりだす魅惑的で幻想的な世界に迷い込んでしまう。まさに〈頭うにゃうにゃキミでいっぱい〉(「Lollipopシンドローム」)である。

これまでOTOTOYではLINEインタヴュー 対面インタヴューなど、さまざまな方法で彼女の魅力を探ってきた。最近行われたツイキャス放送ではかなりの天然ぶりをみせてくれたが、いまだ謎は多く、その全貌はつかめない。まるで追えば追うほど抜け出せなくなる迷路のような存在だ。そこで今回行ったVineインタヴューでは、アルバム制作に関するものからライヴのこと、彼女がTwitter上でたまに発する謎のワードについてまで、幅広く質問をぶつけてみた。そして返ってきた答えとは…。ボンジュール鈴木というキャラクターは、彼女がつくりだす音楽と同様、いや、それ以上に衝撃的かもしれない。その一筋縄ではいかない魅力に、もっともっと取り憑かれてほしい。

インタヴュー&文 : 前田将博

1. 今年6月にワンマンライヴがありましたが、あの日を振り返ってみていかがでしたか? 楽しめました?


https://vine.co/v/eLPgvMILVgI

2. 代々木第一体育館でももいろクローバーZの高城れにさんと「あの森で待ってる」を一緒に歌ったそうですが、ワンマンライヴや大きなステージを経て音楽制作に影響はありましたか?


https://vine.co/v/eLPHOMzHLh5

3. これまでさまざまなアーティストとコラボレーションしていますが、特に刺激的だったものや印象深いものはありますか?


https://vine.co/v/eLPtmrPjOdl

4. ファースト・アルバムでも少し披露していましたが、動物の鳴きマネが得意とのことなので、実際にやってみてください。


https://vine.co/v/eLPP02zPubn

5. 「Lollipop」という言葉はボンジュールさんにぴったりだなと思います。ボンジュールさん自身はどんなイメージでこのアルバム・タイトルをつけましたか?


https://vine.co/v/eLPVb0WHr1Z

6. 「Lollipop シンドローム」のイントロやアウトロにも猫(?)の鳴き声のような音が聴こえますが、あれもボンジュールさんの声なのでしょうか。


https://vine.co/v/eLPYXTnAr1B

7. 「パーティーがはじまるよ」をはじめて聴いたとき、かわいらしくてきゅんきゅんしました。この曲や「金魚」のAメロは地声が多めで新鮮でしたが、こういう歌い方にしたのはなぜでしょうか。


https://vine.co/v/eLPLzlbDiBa

8. 逆に「close to me」は日本語詞の部分もウィスパー全開ですが、どのように歌声を使い分けたのでしょうか?


https://vine.co/v/eLPLiieZ2D1

9. 「パーティーがはじまるよ」の主人公は小悪魔的な雰囲気がありますが、ボンジュールさん自身にも通じる部分はあると思いますか?


https://vine.co/v/eLxuWIT2Ipu

10. 「ぷくぷくって溺れちゃう」金魚のマネをしてみてください。


https://vine.co/v/eLxaAtvFJV2

11. 「Lovin' You」はカヴァーでありながら、高音域を多用した歌声と浮遊感のある幻想的なアレンジで、ボンジュールさんの魅力が存分につまった曲だと思います。ライヴでも毎回歌っていますが、ボンジュールさんにとってどのような曲なのでしょうか。


https://vine.co/v/eLx7HEa6vh2

12. ラスト前の「サヨナラ」はループするピアノの音が印象的で、楽しかったパーティーが終わりに近づき、サヨナラを悟ったような歌詞がせつないです。アウトロの無音部分が長く、EPのストーリーはここで一度終わっているように感じたのですが、この部分にはどのような意図があるのでしょうか。


https://vine.co/v/eLxmJBD91QB

13. 次のライヴの予定や構想はありますか?


https://vine.co/v/eLxhzxePehX

14. 最後に、読者にメッセージをお願いします。


https://vine.co/v/eLxMUzMrExr

過去作もハイレゾ配信中!

【特集】
>>「やっと会えたね」――ボンジュール鈴木、対面インタヴュー
>>スペシャル企画『気になるあの娘、ボンジュール鈴木とLINEしてみた』

LIVE INFORMATION

ボンジュール鈴木 2nd mini album『Lollipop シンドローム』release party
2016年1月16日(土)@北堀江vijon
2016年1月23日(土)@渋谷duo MUSIC EXCHANGE

PROFILE

ボンジュール鈴木

3歳からクラシックピアノをはじめ、Jazz歌手だった母とフランスの親族の影響で幼少期からヨーロッパを中心とした様々な音楽に触れ、次第に作曲活動 をスタート。ヴォーカル / ラップ / ポエトリー、編曲、打ち込み、演奏、ミッ クス、マスタリングまでを1人で行う、女性マルチ・アーティスト、"ボンジュール鈴木"。南フランスのカトリックの大学に留学中に触れた、ヨーロッパのエレクトロニカ / ヒップホップ・シーン、クラシック、教会音楽からの影響が色濃く出たサウンドには、北欧エレクトロニカ勢と共鳴する「透明感」と、ドリームポップ、トリップ・ホップの流れを汲んだ「深遠な響き」が見事なまでに共存。そこに『日本語』『フランス語』『英語』をPOPなメロディーで織り交ぜ、フランスのヴォイス・トレーニングで身につけた、甘ったるい中毒性のある独特のロリータ・ウィスパー・ヴォイスと絡み合う童話の中のようなファンタジックで不思議なサウンドは、現在の音楽シーンの中でも一際異彩を放っている。

>>ボンジュール鈴木 Official HP

o

 
 

"Close Up"の最新アーカイヴ

2017年最大の衝撃! Suchomos、ニュー・アルバム『THE KIDS』のハイレゾ版を予約受付開始!
[CLOSEUP]・2017年01月11日・2017年最大の衝撃! Suchmos、ニュー・アルバム『THE KIDS』のハイレゾ版を予約受付開始! 昨年、FUJI ROCK FESTIVALをはじめとする多数の夏フェスに参加し、一気にバンドの知名度と立ち位置を決めたSuchmos。まさしく、飛ぶ鳥を落とす勢いと言えるだろう。そんな彼らが、前作『THE BAY』から1年6ヶ月ぶりのリリースとなるニュー・アルバム『THE KIDS』をリリースする。OTOTOYでは、本作のハイレゾ版の予約受付を開始! さらにアルバム『THE KIDS』からスタジアムロックを彷彿とさせ、アルバムのスタートを切る1曲「A.G.I.T.」の先行配信もスタート! 今最も注目を集めるバンドSuchmosの、ストリートの殻を破り洗練されたサウンドに酔い痴れよう。 待望のニュー・アルバム『THE KIDS』のハイレゾ版予約はこちら! Suchmos / THE KIDS'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【配信価格】アルバム 2037円(税込)【収録曲】1. A.G.I.T.2. STAY TUNE3. PINKVI
by ?
ロストフィルムの新たな門出へ、ライヴ音源2種、自主企画イベントをリスタート
[CLOSEUP]・2017年01月11日・ロストフィルムの2017年、新たな門出──ライヴ2作品リリース、自主企画イベントも 約1年間、活動をほぼ休止していたロストフィルムが2016年末、そして2017年のスタートとともに、新たな門出を飾る。名古屋を拠点に、AORやソウル、ファンクといった要素を入れ込み、流麗なポップスを生み出す彼らだが、ひさびさの作品として昨年末にはライヴ作品を2種リリース。そして2017年1発目は、15回目となる彼らの自主企画イベント「めっちゃええかんじ」を1月21日開催する。2017年、確実に名古屋のインディ・シーンを中心に活発な活動へと乗り出しそうな注目のバンドの中心人物、松岡直哉にインタヴューを敢行した。 名物自主企画イベントも再始動「めっちゃええかんじ15回目」'2017年1月21日(土)@名古屋鶴舞KD JAPON出演:tio、HoSoVoSo、ロストフィルム会場装飾:AZKopen/start 18:00/19:00adv/door 2000円/2500円ご予約lostfilm2016jpn@gmail.com予約方法件名「1/21予約」本文「お名前(カタカナ)・人数・メールアドレス」を入力し送信して下さい。3日程度
by 鶯巣 大介
これはギターインスト最終形態であるーーdowny・青木裕による初ソロ・アルバムを先行ハイレゾ配信
[CLOSEUP]・2017年01月11日・これはギターインスト最終形態であるーーdowny・青木裕による初ソロ・アルバムを先行ハイレゾ配信 downyのギタリスト青木裕が初のソロ・アルバム『Lost in Forest』を完成させた。楽音とノイズの境を超え、すべての音で構築されるオーケストレーション。OTOTOYでは今作の先行ハイレゾ配信を行い、本作について青木裕にインタヴューを行った。今回なぜソロ・アルバムを作ることになったのか? そしてどのようにしてこの超大作が完成したのか。音楽を表現することについての考えを訊いた。 青木裕の初のソロ・アルバムを先行ハイレゾ配信青木裕 / Lost in Forest【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/96kHz) / AAC>>ハイレゾとは? '【価格】WAV / ALAC / FLAC(24bit/48kHz)単曲 200円(税込) アルバム 2,100円(税込)AAC / MP3単曲 150円(税込) アルバム 1,900円(税込)【収録曲】''1. I am Lost (feat. MORRIE)2. Open the Gate (feat. MORRIE)3. 8514. Waltz
by JJ
メンバー脱退とバンド継続の“破壊と創造”ーー歌うアホウドリ、4曲入り1stEPをリリース
[CLOSEUP]・2017年01月11日・メンバー脱退とバンド継続の“破壊と創造”ーー歌うアホウドリは、なにを想う? 2011年結成、2016年には5年越しで12曲入り初の全国流通盤『無我夢中』をリリースした歌うアホウドリ。ラップ、ポエトリー・リーディング、歌と叫びを織り交ぜ、徹底的に喜怒哀楽を表現する楽曲の作成と演奏を志す4人組バンドの次なる作品は、ゲストボーカルにKIM(from UHNELLYS)、Miya-Z(from memento森)を迎えたEP『Scrap & Build』。前作から短いスパンで作られた理由は、ギターのMitsuyoshiが脱退することがきっかけで作られたから。今回は、バンドを続けていくヴォーカルのSatoshiと、抜けるMitsuyoshiの2人にインタヴューを敢行。彼らの想いを訊いた。 歌うアホウドリ / Scrap&Build'【Track List】01. Scrap&Build02. The World is Mine(feat. KIM fromUHNELLYS)03. 泡沫(w/piano ver.)04. ソラノワ(feat.Miya-Z from memento森)【配信形態 / 価格】''WAV /
by 岡本 貴之
カーネーション『Multimodal Sentiment』をハイレゾ配信&インタヴュー掲載
[CLOSEUP]・2017年01月10日・【待望のハイレゾ】カーネーション、4年ぶりのアルバム『Multimodal Sentiment』を語る 結成33年というキャリアを持ちながら若きリスナーから円熟のマニアまでをも魅了する直枝政広(Vo.G)と大田譲(B)の2人からなるバンド、カーネーション。彼らが2016年7月にリリースした4年ぶりとなるアルバム『Multimodal Sentiment』をOTOTOYで初ハイレゾ配信!! 大谷能生、大森靖子、川本真琴、西川弘剛(GRAPEVINE)、佐藤優介(カメラ=万年筆)など豪華アーティストが参加し完成した本作について直枝にメール・インタヴューを敢行。4年ぶりのフル・アルバムに込められた思いなど彼らの現在の考えに迫った。 4年ぶりのフル・アルバムをハイレゾ配信!カーネーション / Multimodal Sentiment'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【配信価格】単曲 324円(税込) / アルバム 3200円 (税込)【収録曲】1. まともになりたい 2. WARUGI3. Lost in the Stars4. いつかここで会いま
ツボを心得たポップ職人・杉本清隆、9年ぶりの新作をハイレゾ配信、インタヴュー掲載
[CLOSEUP]・2016年12月27日・サウンド・クリエーターからバンド、そしてソロへーーツボを心得たポップ職人、杉本清隆が9年ぶりの新作 2017年、活動15周年を迎えるorangenoise shortcutの杉本清隆が、12月14日にリリースした9年ぶりとなる新作『グッバイ・レイディ』をハイレゾ・リリース。ゲームのサウンド・クリエイターとして始まった音楽キャリアがどのような変遷をたどり、いま現在どのように反映されているのか。実に9年ぶりとなるソロ名義の作品についてインタヴューした。臨場感のある演奏を是非ハイレゾでお楽しみください。 9年ぶりの新作をOTOTOYにて独占ハイレゾ配信!! 杉本清隆 / グッバイ・レイディ'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/96kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【価格】まとめ購入のみ 1,080円【トラック・リスト】1. グッバイ・レイディ2. It’s A Shiny Day!3. Seaside Christmas INTERVIEW : 杉本清隆 音楽ゲーム『pop'n music』シリーズのサウンド・クリエーターとしてその名を知られる一方、90年代渋谷系の空気を継承したポップス
by 岡本 貴之
コムアイ、ケンモチヒデフミ、Dir.Fとともに振り返る、水曜日のカンパネラの2016年、そして2017年
[CLOSEUP]・2016年12月30日・コムアイ、ケンモチヒデフミ、Dir.Fとともに振り返る、水曜日のカンパネラの2016年、そして2017年 毎年恒例、水曜日のカンパネラの1年間を振り返るインタヴューも4回目!? 2016年の水曜日のカンパネラは、アメリカ・テキサス州で開催されている世界最大規模の音楽フェスティバル〈SXSW2016〉に出演したり、ワーナーミュージックからメジャー・デビューを果たしたり、雑誌「FRIDAY」にスクープされたり、世の中からの関心が一層大きくなった1年間でした。そして、2017年3月8日(水)には日本武道館でワンマン・ライヴを行うことも発表。果たして2017年はどんな年になるのか? 2016年を振り返るこのインタヴューをご覧になって、2017年を想像してみてはいかがでしょう? 取材 & 文 : ねるねるね〜るね西澤 デジタル・リリースのEPをハイレゾ配信水曜日のカンパネラ / SUPERKID'【配信形態 / 価格】24bit/48kHz(WAV / ALAC / FLAC)単曲 432円(税込) / アルバム 773円(税込)AAC単曲 250円(税込) / アルバム 463円(税込)>>ハイレゾとは?【Tra
by 西澤 裕郎
GANG PARADE、代表曲『Plastic 2 Mercy』で7人体制のスタートを切る、全員インタヴュー掲載
[CLOSEUP]・2016年12月31日・GANG PARADE、代表曲『Plastic 2 Mercy』で7人体制のスタートを切る、全員インタヴュー掲載 POPから改名し活動中のアイドル・グループ、GANG PARADE(以下、ギャンパレ)。シグサワアオ、イヌカイマアヤの脱退を経て、10月2日の名古屋ワンマンで新メンバー、キャン・マイカが加入、10月6日には元SiSメンバー3名ーーテラシマユウカ、ユイ・ガ・ドクソン、ココ・パーティン・ココの電撃加入が発表された。そして、11月13日(日)の新宿BLAZEワンマンで7人体制の初お披露目がされ、12月3、4日の2日間で熱海までの往復200kmを走る駅伝企画を行うなど、現在精力的に活動中である。そんな7人による初シングル『Plastic 2 Mercy』がタワーレコード限定でリリースされた。プラニメ、POPと歌い継がれてきた代表曲を7人がどのような想いで歌ったのか、そしてこの激動の半年間を3組にわけてロング・インタヴューで迫った。2017年はギャンパレ飛躍の年になること間違いなし!! GANG PARADE、現体制初シングルをタワーレコード限定で発売中GANG PARADE / Plastic 2 M
by 西澤 裕郎
筆者について
前田 将博 (純三)

V系生まれハロプロ育ち、aikoは俺のファムファタル。 Twitterは @junzo99 です。

同じ筆者による他の記事