まさかのVineでインタヴュー、ボンジュール鈴木ワールドがループ――2ndミニ・アルバム、ハイレゾ配信

ボンジュール鈴木が急成長を遂げている。2015年2月、アニメ「ユリ熊嵐」のOP主題歌を収録したシングルをリリースし、4月には初のフル・アルバム『さよなら。また来世で』を発表。そして11月、早くも6曲入りの2ndミニ・アルバム『Lollipopシンドローム』が到着した。OTOTOYでは今作もハイレゾで配信スタート。彼女の魅力のひとつであるウィスパー・ヴォイスを堪能できるだけではなく、バイノーラル・レコーディングを用いた「close to me」は360度音に包み込まれている感じがより際立っている。

さて、これまで露出を控えた活動を続けている彼女に、LINEでインタヴューを申し込んだり、対面インタヴューをお願いするなどしてきたが、なんと今回は本人に動いて喋ってもらうという無茶を叶えてもらった。しかも動画アプリ「Vine」を使用した6秒縛りで…。その結果はいかに!?

ボンジュール鈴木 / Lollipopシンドローム

【配信形態】
24bit/48kHz(WAV / ALAC / FLAC) / AAC
>>ハイレゾとは?

【配信価格】(各税込)
単曲 300円 / アルバム 1,620円

【Track List】
01. Lollipopシンドローム
02. パーティーがはじまるよ
03. close to me
04. 金魚
05. Lovin' You
06. サヨナラ
07. 月のかけてく夜に


「Lollipopシンドローム」MV


INTERVIEW : ボンジュール鈴木

ボンジュール鈴木の新作『Lollipopシンドローム』が届いた。彼女がついに本性をさらけだしたのかもしれない。これはボンジュール鈴木中毒になる危険性があるので、ぜひ取り扱いに注意していただきたい。

ソールド・アウトとなった初のワンマン・ライヴや、代々木第一体育館という大舞台でももいろクローバーZ・高城れにとの共演、トベタ・バジュンの新作をはじめとしたさまざまなコラボなどを経て発売された今作。これまでよりエレクトロ色が増し、ボンジュール鈴木が本来持っていた北欧音楽やフランス映画的な世界観、そして彼女の脳内に広がる妄想世界が色濃く楽曲に宿っているように思う。クールで煌びやかなサウンドに身をゆだね、脳に直接訴えかけてくるような甘すぎるウィスパー・ヴォイスに耳を傾けていると、いとも簡単に彼女がつくりだす魅惑的で幻想的な世界に迷い込んでしまう。まさに〈頭うにゃうにゃキミでいっぱい〉(「Lollipopシンドローム」)である。

これまでOTOTOYではLINEインタヴュー 対面インタヴューなど、さまざまな方法で彼女の魅力を探ってきた。最近行われたツイキャス放送ではかなりの天然ぶりをみせてくれたが、いまだ謎は多く、その全貌はつかめない。まるで追えば追うほど抜け出せなくなる迷路のような存在だ。そこで今回行ったVineインタヴューでは、アルバム制作に関するものからライヴのこと、彼女がTwitter上でたまに発する謎のワードについてまで、幅広く質問をぶつけてみた。そして返ってきた答えとは…。ボンジュール鈴木というキャラクターは、彼女がつくりだす音楽と同様、いや、それ以上に衝撃的かもしれない。その一筋縄ではいかない魅力に、もっともっと取り憑かれてほしい。

インタヴュー&文 : 前田将博

1. 今年6月にワンマンライヴがありましたが、あの日を振り返ってみていかがでしたか? 楽しめました?


https://vine.co/v/eLPgvMILVgI

2. 代々木第一体育館でももいろクローバーZの高城れにさんと「あの森で待ってる」を一緒に歌ったそうですが、ワンマンライヴや大きなステージを経て音楽制作に影響はありましたか?


https://vine.co/v/eLPHOMzHLh5

3. これまでさまざまなアーティストとコラボレーションしていますが、特に刺激的だったものや印象深いものはありますか?


https://vine.co/v/eLPtmrPjOdl

4. ファースト・アルバムでも少し披露していましたが、動物の鳴きマネが得意とのことなので、実際にやってみてください。


https://vine.co/v/eLPP02zPubn

5. 「Lollipop」という言葉はボンジュールさんにぴったりだなと思います。ボンジュールさん自身はどんなイメージでこのアルバム・タイトルをつけましたか?


https://vine.co/v/eLPVb0WHr1Z

6. 「Lollipop シンドローム」のイントロやアウトロにも猫(?)の鳴き声のような音が聴こえますが、あれもボンジュールさんの声なのでしょうか。


https://vine.co/v/eLPYXTnAr1B

7. 「パーティーがはじまるよ」をはじめて聴いたとき、かわいらしくてきゅんきゅんしました。この曲や「金魚」のAメロは地声が多めで新鮮でしたが、こういう歌い方にしたのはなぜでしょうか。


https://vine.co/v/eLPLzlbDiBa

8. 逆に「close to me」は日本語詞の部分もウィスパー全開ですが、どのように歌声を使い分けたのでしょうか?


https://vine.co/v/eLPLiieZ2D1

9. 「パーティーがはじまるよ」の主人公は小悪魔的な雰囲気がありますが、ボンジュールさん自身にも通じる部分はあると思いますか?


https://vine.co/v/eLxuWIT2Ipu

10. 「ぷくぷくって溺れちゃう」金魚のマネをしてみてください。


https://vine.co/v/eLxaAtvFJV2

11. 「Lovin' You」はカヴァーでありながら、高音域を多用した歌声と浮遊感のある幻想的なアレンジで、ボンジュールさんの魅力が存分につまった曲だと思います。ライヴでも毎回歌っていますが、ボンジュールさんにとってどのような曲なのでしょうか。


https://vine.co/v/eLx7HEa6vh2

12. ラスト前の「サヨナラ」はループするピアノの音が印象的で、楽しかったパーティーが終わりに近づき、サヨナラを悟ったような歌詞がせつないです。アウトロの無音部分が長く、EPのストーリーはここで一度終わっているように感じたのですが、この部分にはどのような意図があるのでしょうか。


https://vine.co/v/eLxmJBD91QB

13. 次のライヴの予定や構想はありますか?


https://vine.co/v/eLxhzxePehX

14. 最後に、読者にメッセージをお願いします。


https://vine.co/v/eLxMUzMrExr

過去作もハイレゾ配信中!

【特集】
>>「やっと会えたね」――ボンジュール鈴木、対面インタヴュー
>>スペシャル企画『気になるあの娘、ボンジュール鈴木とLINEしてみた』

LIVE INFORMATION

ボンジュール鈴木 2nd mini album『Lollipop シンドローム』release party
2016年1月16日(土)@北堀江vijon
2016年1月23日(土)@渋谷duo MUSIC EXCHANGE

PROFILE

ボンジュール鈴木

3歳からクラシックピアノをはじめ、Jazz歌手だった母とフランスの親族の影響で幼少期からヨーロッパを中心とした様々な音楽に触れ、次第に作曲活動 をスタート。ヴォーカル / ラップ / ポエトリー、編曲、打ち込み、演奏、ミッ クス、マスタリングまでを1人で行う、女性マルチ・アーティスト、"ボンジュール鈴木"。南フランスのカトリックの大学に留学中に触れた、ヨーロッパのエレクトロニカ / ヒップホップ・シーン、クラシック、教会音楽からの影響が色濃く出たサウンドには、北欧エレクトロニカ勢と共鳴する「透明感」と、ドリームポップ、トリップ・ホップの流れを汲んだ「深遠な響き」が見事なまでに共存。そこに『日本語』『フランス語』『英語』をPOPなメロディーで織り交ぜ、フランスのヴォイス・トレーニングで身につけた、甘ったるい中毒性のある独特のロリータ・ウィスパー・ヴォイスと絡み合う童話の中のようなファンタジックで不思議なサウンドは、現在の音楽シーンの中でも一際異彩を放っている。

>>ボンジュール鈴木 Official HP

o

 
 

"Close Up"の最新アーカイヴ

STEREO JAPAN緊急連続企画ーー5月4日リリースのシングルが1万枚売れたら解散!? リリパまでの約2ヶ月間を追う!! Vol.9 ELE TOKYO直前メンバー・インタヴュー
[CLOSEUP]・2016年05月23日・STEREO JAPAN、シングルが1万枚売れたら解散!?ーーVol.9 ELE TOKYO直前メンバー・インタヴュー EDMアイドル、Stereo TokyoとStereo Fukuokaによる合同グループ、STEREO JAPANが、2016年5月4日にシングル『Dancing Again』をリリース。5月29日にELE TOKYOにて開催されるリリース・パーティまでに同シングルが1万枚“売れたら”解散する。パーティをすることに力を入れてきたSTEREO JAPANが、なぜこのタイミングでそうした舵を取ったのか? 果たして1万枚売れて解散してしまうのか? その経緯から動向、結果まで、OTOTOYではインタヴューやライヴレポートなどで毎週追いかけていく。更新日は毎週月曜日を予定。 特集第9弾となる今回は、5月29日に開催される『Dancing Again』のリリース・パーティを目前に控えたStereo Tokyoに現在の心境をインタヴュー。また、ELE TOKYOに向けてメンバー5人に意気込みを色紙に書いてもらい掲載する。約2ヶ月に渡り行われてきた本企画も終盤戦。果たして、CDは1万枚売れ、Stereo
by 西澤 裕郎
Seiho、3年ぶりの新作『Collapse』をハイレゾ配信
[CLOSEUP]・2016年05月21日・彼のディープ・エレクトロニクス・サイドを堪能せよ──Seiho、3年ぶりの新作をハイレゾ配信 ソロでの「I Feel Rave」のヒット、Avec AvecとのSugar's Campaign、さらにはさまざまなリミックスやコラボ、プロデュースを経て、3年ぶりにSeihoがアルバムを完成させた。しかも本作にてワールドワイドでのデビューともなる。いま最も頻繁にクラブ・シーンでライヴ活動をしている国内のエレクトロニック・ミュージックのプロデューサーのひとりでもありながら、さらにはここ数年でメジャーなポップ・フィールドにまでその歩みを進めている。本作では、そんな彼がディープ・エレクトロニクスであえて表現した独自の世界観が広がっている。OTOTOYでは、本作をハイレゾ(24bit/48kHz)と、CDと同等音質のロスレス配信を行う。 Seiho / Collapse'【Track List】01. COLLAPSE (Demoware)02. Plastic03. Edible Chrysanthemum04. Deep House05. Exhibition06. The Dish07. Rubber08. P
by 河村 祐介
植谷よしえ(ex.fifi)によるAUNTIES、初音源をハイレゾ&フリーDL配信開始
[CLOSEUP]・2016年05月20日・挨拶代わりのダンス・ポップEP──植谷よしえ(ex.fifi)によるAUNTIES、初音源をハイレゾ&フリーDL配信 2015年8月に惜しまれつつも解散したfifi。その音楽性の中核を担ったのが植谷よしえだ。そんな彼がこのたびソロ・バンド・プロジェクト、AUNTIES(アンティーズ)としての活動を開始した。 そしてAUNTIESの初音源となるEP、『weekend magic』をOTOTOYにてハイレゾ配信。さらには表題曲を期間限定フリー・ダウンロード。本作は、ダンス・ミュージックを経由したポップな曲に甘い歌声が乗る。そんなfifi時代のギターロックから、いわば植谷よしえの心機一転の意欲作を、レヴューとともにお楽しみあれ。 >>weekend magicのフリー・ダウンロードはこちらから! AUNTIES / weekend magic (24bit/48kHz)'【Track List】01. weekend magic02. Missing Days 03. Treasure【配信形態】24bit/48kHz (WAV / ALAC / FLAC) / AAC >>ハイレゾとは?>>ファイル形式について
平均22歳の5人組、odolのバンドの革新感じる2ndアルバムを配信&インタヴュー
[CLOSEUP]・2016年05月19日・平均22歳の5人組、odolが表現する"鮮やかな"モラトリアム──新たな章の始まりとなる2ndアルバム完成 現在、平均22歳──つまり〈FUJI ROCK FESTIVAL'14〉に出演の際は平均20歳という驚異のキャリアを持つ5人組、odol(オドル)。1stアルバム『odol』から1年を経て、2ndアルバム『YEARS』をリリースした。アルバムはオルタナティヴなアプローチはそのままに、音と溶け合うなかにも芯を感じさせるようになったミゾベリョウの歌声と、より客観性を持って突き詰めたサウンドの進化によって、バンドの革新を感じさせる内容。この1年の驚くべき成長スピードの裏には何があったのか。バンドにとっても初だという、メンバー5人揃ってのインタヴューから読み明かす。 odol / YEARS'【Track List】01. years02. グッド・バイ03. 綺麗な人04. 逃げてしまおう05. 1706. 退屈07. ベッドと天井08. 夜を抜ければ【配信形態 / 価格】''16bit/44.1kHz(WAV / ALAC / FLAC) / AAC / MP3単曲 205円(税込) / アルバム 1
BAND-MAID、最新アルバムを配信スタート&メンバー・インタヴュー掲載
[CLOSEUP]・2016年05月18日・メイド姿のハード・ロックな5人組ーーBAND-MAID、ギャップ萌えで目指すは“世界征服”!? 2016年大注目のニュー・カマー登場です!! 「Thrill(スリル)」のMV再生回数が200万回を超えるなど、日本のみならず海外からも視線を浴びているメイド服を纏った5人組ガールズ・バンド、BAND-MAID。ファンを「ご主人様」「お嬢様」、ライヴを「お給仕」と呼び、メイド文化をバンドで再現しながらも、サウンドを聴けば可愛い姿から一変。ハード・ロックを基調とした楽曲、あてぶりなしの激しいライヴ・パフォーマンスでギャップ萌え間違いなし。そんな彼女たちが制作からアレンジまで担当した楽曲も収録した3rdミニ・アルバム『Brand New MAID』を配信スタート。世界征服に向け、進化を続けるBAND-MAIDのインタヴューを掲載します。イロモノだと思っている人こそ、まずはご一聴を!! 世界征服に向けて踏み出す3rdミニ・アルバムBAND-MAID / Brand New MAID【配信形態】WAV、ALAC、FLAC / AAC【配信価格】単曲 324円 / まとめ購入 2,000円(税込)【Track List】
by 西澤 裕郎
音楽と映像の融合、メディア・アーティスト後藤英の最新作をハイレゾ配信ーー渋谷WWWでの帰国ツアーを密着レポート
[CLOSEUP]・2016年04月14日・人間が感じられなかった知覚を引き出したいーーニューメディア・アーティスト後藤英の帰国ツアーを密着レポ ヨーロッパで数多くのアート関係の賞を受賞し、世界の最先鋭を走り続けるフランス在住のニュー・メディア・アーティスト、後藤英。エレクトロニカ、テクノやアンビエントを基調とした楽曲とロボットやボディースーツなどのテクノロジーを融合させるなど先鋭的な表現方法を探り続けている後藤が、1997年~2014年まで日仏をまたぎ録りためた音源をまとめたアルバム『CsO』をリリース。その発売を記念し、帰国ツアーを2016年3月22日(火)に渋谷WWWで開催。世界的に活躍する映像クリエイターであるアントワーヌ・シュミット、ルシオ・アリーズ、テンパトリック・ドアンが同アルバムの楽曲を元に映像作品を作成、後藤のサウンドとエレクトロニック・アートスペクタクルを繰り広げた。OTOTOYはその様子を密着レポート。芸術の可能性を感じる一夜を追体験してほしい。 1997年~2014年まで日仏をまたぎ、録りためた貴重な音源をハイレゾ配信後藤英 / CsO(24bit/44.1kHz)【配信形態】24bit/44.1kHz(WAV / ALAC
STEREO JAPAN緊急連続企画ーー5月4日リリースのシングルが1万枚売れたら解散!? リリパまでの約2ヶ月間を追う!! Vol.8 すーさん(Stereo Tokyoファン)インタヴュー
[CLOSEUP]・2016年05月16日・STEREO JAPAN、シングルが1万枚売れたら解散!?ーーVol.8 すーさん(Stereo Tokyoファン)インタヴュー EDMアイドル、Stereo TokyoとStereo Fukuokaによる合同グループ、STEREO JAPANが、2016年5月4日にシングル『Dancing Again』をリリース。5月29日にELE TOKYOにて開催されるリリース・パーティまでに同シングルが1万枚“売れたら”解散する。パーティをすることに力を入れてきたSTEREO JAPANが、なぜこのタイミングでそうした舵を取ったのか? 果たして1万枚売れて解散してしまうのか? その経緯から動向、結果まで、OTOTOYではインタヴューやライヴレポートなどで毎週追いかけていく。更新日は毎週月曜日を予定。 特集第8弾となる今回は、三浦菜々子大マラソン大会にてCDを40枚買って走ったStereo Tokyoのファン、すーさんへのメール・インタヴューを掲載。かつてOTOTOYでは「アイドル・ヲタクをEDMで解放せよ!!」というタイトルでプロデューサーの水江文人へのインタヴューを掲載したが、すーさんはStereo Tokyo
Homecomings福富×もぐら、バンド史振り返り対談
[CLOSEUP]・2016年05月12日・Homecomings福富、京都名物ライヴハウス店長と共に4年間のバンド活動を振り返る 5月11日にセカンド・フル・アルバム『SALE OF BROKEN DREAMS』をリリースしたHomecomings。京都という街にこだわって活動を続ける彼らが、バンド結成当初より通っていた〈Live House nano〉の店長・もぐらとバンドの歴史を振り返る対談を敢行。 京都で活動するあらゆるバンドたちとの関係性~土地と作品の繋がり~今後の活動についてなど、長年の親交によって築かれた2人だからこそ出てきた話もたっぷり収録しました(この対談をきっかけにして、Homecomingsの未発表デモ音源「BASEBALL」を期間限定でフリー配信させてもらうことになりました! ダウンロードは↓のリンクからどうぞ)。 お酒を飲みつつざっくばらんに行われた対談ではありますが、Homecomingsとnano、京都インディー界を牽引する2つの存在を、改めて感じることができる内容となっております。 >>Homecomings未発表のデモ音源「BASEBALL」をフリー配信中! 6月12日までの期間限定です!! 一つの街をテーマに
筆者について
前田 将博 (純三)

V系生まれハロプロ育ち、aikoは俺のファムファタル。 Twitterは @junzo99 です。

同じ筆者による他の記事