まさかのVineでインタヴュー、ボンジュール鈴木ワールドがループ――2ndミニ・アルバム、ハイレゾ配信

ボンジュール鈴木が急成長を遂げている。2015年2月、アニメ「ユリ熊嵐」のOP主題歌を収録したシングルをリリースし、4月には初のフル・アルバム『さよなら。また来世で』を発表。そして11月、早くも6曲入りの2ndミニ・アルバム『Lollipopシンドローム』が到着した。OTOTOYでは今作もハイレゾで配信スタート。彼女の魅力のひとつであるウィスパー・ヴォイスを堪能できるだけではなく、バイノーラル・レコーディングを用いた「close to me」は360度音に包み込まれている感じがより際立っている。

さて、これまで露出を控えた活動を続けている彼女に、LINEでインタヴューを申し込んだり、対面インタヴューをお願いするなどしてきたが、なんと今回は本人に動いて喋ってもらうという無茶を叶えてもらった。しかも動画アプリ「Vine」を使用した6秒縛りで…。その結果はいかに!?

ボンジュール鈴木 / Lollipopシンドローム

【配信形態】
24bit/48kHz(WAV / ALAC / FLAC) / AAC
>>ハイレゾとは?

【配信価格】(各税込)
単曲 300円 / アルバム 1,620円

【Track List】
01. Lollipopシンドローム
02. パーティーがはじまるよ
03. close to me
04. 金魚
05. Lovin' You
06. サヨナラ
07. 月のかけてく夜に


「Lollipopシンドローム」MV


INTERVIEW : ボンジュール鈴木

ボンジュール鈴木の新作『Lollipopシンドローム』が届いた。彼女がついに本性をさらけだしたのかもしれない。これはボンジュール鈴木中毒になる危険性があるので、ぜひ取り扱いに注意していただきたい。

ソールド・アウトとなった初のワンマン・ライヴや、代々木第一体育館という大舞台でももいろクローバーZ・高城れにとの共演、トベタ・バジュンの新作をはじめとしたさまざまなコラボなどを経て発売された今作。これまでよりエレクトロ色が増し、ボンジュール鈴木が本来持っていた北欧音楽やフランス映画的な世界観、そして彼女の脳内に広がる妄想世界が色濃く楽曲に宿っているように思う。クールで煌びやかなサウンドに身をゆだね、脳に直接訴えかけてくるような甘すぎるウィスパー・ヴォイスに耳を傾けていると、いとも簡単に彼女がつくりだす魅惑的で幻想的な世界に迷い込んでしまう。まさに〈頭うにゃうにゃキミでいっぱい〉(「Lollipopシンドローム」)である。

これまでOTOTOYではLINEインタヴュー 対面インタヴューなど、さまざまな方法で彼女の魅力を探ってきた。最近行われたツイキャス放送ではかなりの天然ぶりをみせてくれたが、いまだ謎は多く、その全貌はつかめない。まるで追えば追うほど抜け出せなくなる迷路のような存在だ。そこで今回行ったVineインタヴューでは、アルバム制作に関するものからライヴのこと、彼女がTwitter上でたまに発する謎のワードについてまで、幅広く質問をぶつけてみた。そして返ってきた答えとは…。ボンジュール鈴木というキャラクターは、彼女がつくりだす音楽と同様、いや、それ以上に衝撃的かもしれない。その一筋縄ではいかない魅力に、もっともっと取り憑かれてほしい。

インタヴュー&文 : 前田将博

1. 今年6月にワンマンライヴがありましたが、あの日を振り返ってみていかがでしたか? 楽しめました?


https://vine.co/v/eLPgvMILVgI

2. 代々木第一体育館でももいろクローバーZの高城れにさんと「あの森で待ってる」を一緒に歌ったそうですが、ワンマンライヴや大きなステージを経て音楽制作に影響はありましたか?


https://vine.co/v/eLPHOMzHLh5

3. これまでさまざまなアーティストとコラボレーションしていますが、特に刺激的だったものや印象深いものはありますか?


https://vine.co/v/eLPtmrPjOdl

4. ファースト・アルバムでも少し披露していましたが、動物の鳴きマネが得意とのことなので、実際にやってみてください。


https://vine.co/v/eLPP02zPubn

5. 「Lollipop」という言葉はボンジュールさんにぴったりだなと思います。ボンジュールさん自身はどんなイメージでこのアルバム・タイトルをつけましたか?


https://vine.co/v/eLPVb0WHr1Z

6. 「Lollipop シンドローム」のイントロやアウトロにも猫(?)の鳴き声のような音が聴こえますが、あれもボンジュールさんの声なのでしょうか。


https://vine.co/v/eLPYXTnAr1B

7. 「パーティーがはじまるよ」をはじめて聴いたとき、かわいらしくてきゅんきゅんしました。この曲や「金魚」のAメロは地声が多めで新鮮でしたが、こういう歌い方にしたのはなぜでしょうか。


https://vine.co/v/eLPLzlbDiBa

8. 逆に「close to me」は日本語詞の部分もウィスパー全開ですが、どのように歌声を使い分けたのでしょうか?


https://vine.co/v/eLPLiieZ2D1

9. 「パーティーがはじまるよ」の主人公は小悪魔的な雰囲気がありますが、ボンジュールさん自身にも通じる部分はあると思いますか?


https://vine.co/v/eLxuWIT2Ipu

10. 「ぷくぷくって溺れちゃう」金魚のマネをしてみてください。


https://vine.co/v/eLxaAtvFJV2

11. 「Lovin' You」はカヴァーでありながら、高音域を多用した歌声と浮遊感のある幻想的なアレンジで、ボンジュールさんの魅力が存分につまった曲だと思います。ライヴでも毎回歌っていますが、ボンジュールさんにとってどのような曲なのでしょうか。


https://vine.co/v/eLx7HEa6vh2

12. ラスト前の「サヨナラ」はループするピアノの音が印象的で、楽しかったパーティーが終わりに近づき、サヨナラを悟ったような歌詞がせつないです。アウトロの無音部分が長く、EPのストーリーはここで一度終わっているように感じたのですが、この部分にはどのような意図があるのでしょうか。


https://vine.co/v/eLxmJBD91QB

13. 次のライヴの予定や構想はありますか?


https://vine.co/v/eLxhzxePehX

14. 最後に、読者にメッセージをお願いします。


https://vine.co/v/eLxMUzMrExr

過去作もハイレゾ配信中!

【特集】
>>「やっと会えたね」――ボンジュール鈴木、対面インタヴュー
>>スペシャル企画『気になるあの娘、ボンジュール鈴木とLINEしてみた』

LIVE INFORMATION

ボンジュール鈴木 2nd mini album『Lollipop シンドローム』release party
2016年1月16日(土)@北堀江vijon
2016年1月23日(土)@渋谷duo MUSIC EXCHANGE

PROFILE

ボンジュール鈴木

3歳からクラシックピアノをはじめ、Jazz歌手だった母とフランスの親族の影響で幼少期からヨーロッパを中心とした様々な音楽に触れ、次第に作曲活動 をスタート。ヴォーカル / ラップ / ポエトリー、編曲、打ち込み、演奏、ミッ クス、マスタリングまでを1人で行う、女性マルチ・アーティスト、"ボンジュール鈴木"。南フランスのカトリックの大学に留学中に触れた、ヨーロッパのエレクトロニカ / ヒップホップ・シーン、クラシック、教会音楽からの影響が色濃く出たサウンドには、北欧エレクトロニカ勢と共鳴する「透明感」と、ドリームポップ、トリップ・ホップの流れを汲んだ「深遠な響き」が見事なまでに共存。そこに『日本語』『フランス語』『英語』をPOPなメロディーで織り交ぜ、フランスのヴォイス・トレーニングで身につけた、甘ったるい中毒性のある独特のロリータ・ウィスパー・ヴォイスと絡み合う童話の中のようなファンタジックで不思議なサウンドは、現在の音楽シーンの中でも一際異彩を放っている。

>>ボンジュール鈴木 Official HP

o

 
 

"Close Up"の最新アーカイヴ

【REVIEW】JJJ、驚くべき進化の先へ、ノイジーでありポップ、2ndアルバムをリリース
[CLOSEUP]・2017年02月23日・【REVIEW】ノイジーでありポップ、驚くべきスピードで進化を遂げたヒップホップ・サウンド——JJJ、2ndアルバム その存在は、Fla$hBackS、ソロとして作品の評価はもとより、その客演やトラックメイクのクレジットのリストを見るだけでもシーンのなかでもはや欠かせない才能であることがわかる。ここに、JJJの2ndソロ『HIKARI』が届いた。自身のトラックメイク、ラップを中心に、自身のトラックメイク、ラップを中心に、5lack、同郷川崎のSTICKY、MONJU/DOWN NORTH CAMPの仙人掌、KANDYTOWN / BCDMGのラッパーYOUNG JUJUなどのラッパーをフィーチャー。またENDRUN、Aru-2、STUTSといったトラックメイカーも参加。まさに2017年の国産ヒップホップの重要作の1枚と言えるだろう。OTOTOYでは本作を配信、二木信のレヴューで紹介しよう。 JJJ / HIKARI'【Track List】01. BABE feat. 鋼田テフロン02. ELA03. EXP feat. KID FRESINO04. COWHOUSE feat. YOUNG JUJU05.
BELLRING少女ハート、赤坂BLITZ単独公演〈BABEL〉ライヴ音源を独占ハイレゾ配信
[CLOSEUP]・2017年02月24日・東京最狂ーーBELLRING少女ハート最後の赤坂BLITZ単独公演をハイレゾ配信 BELLRING少女ハートが2016年いっぱいで活動休止した。そこから朝倉みずほ、柳沢あやの、甘楽の3名が卒業、有坂玲菜に改名した仮眠玲菜とカイに新メンバーを3名加え、There There Theresにグループ名を変更し2017年2月にスタートを切った。幅広い音楽性と黒い羽をつけたセーラー服でステージを駆け回るパフォーマンスで東京最狂の名を欲しいままにした、そんなベルハーが2016年12月22、東京・赤坂BLITZで開催したワンマン・ライヴ〈BABEL〉のライヴ音源をOTOTOYにて独占ハイレゾ配信する。3月1日にはThere There Theresの初音源の配信、ディレクターの田中紘治、コレオグラファーのYUKOとの対談記事も掲載予定。2017年以降も彼女たちから目を離すことはできなそうだ!! ベルハー、赤坂BLITZでのワンマンライヴをハイレゾ配信BELLRING少女ハート / 「BABEL」at AKASAKA BLITZ'【配信形態】 FLAC、ALAC、WAV(24bit/48kHz)【配信価格】まとめ価格
by 西澤 裕郎
どついたるねん、9作目のアルバム『COLOR LIFE』をリリース&インタヴュー掲載
[CLOSEUP]・2017年02月15日・どついたるねん、一本糞あり!!ーー僕たちはロックンローラーとしてのスタート地点に立つことを許された 6008曲入りのアルバムをリリースしたり、AVメーカーHMJMとタッグを組んだ映画を公開するなど、常に話題を振りまき続けるバンド“どついたるねん”。昨年は47都道府県をまわる全国ツアーを約2ヶ月間で達成、ファイナルのリキッドルームは満員の中ライヴを行いました。そんな彼らが通算9作目のアルバム『COLOR LIFE』をリリース。タワーレコード限定発売のシングル曲「緊張の糸」、新たな彼らの代表曲「わたちゃん2」などを含む全11曲を収録。同作発売とともに全国ツアー〈彦龍〉を開催、ファイナルにバンド最大規模の赤坂BLITZワンマンも発表した、どついたるねんの現在を見逃さないよう!! 通算9作目のフル・アルバムを配信スタートどついたるねん / COLOR LIFE'【配信価格】WAV / ALAC / FLAC / AAC : 単曲 216円(税込) まとめ価格 1,944円(税込)【Track List】1. Hello never mind2. Human 3. ミッドナイト デジャヴ4. freedom5. 緊
by 西澤 裕郎
24組のアイドルが名古屋に集結! 年に一度開催の「東海アイドル万博2017」 PHOTO REPORT
[CLOSEUP]・2017年02月17日・【PHOTO REPORT】24組のアイドルが名古屋に集結! 「東海アイドル万博2017」 関東・東海地方のアイドル・イベント制作会社、アイドル侍が主催する、年に一度行われているアイドル・イベント「東海アイドル万博2017」が2017年2月11日に愛知県名古屋市のダイアモンドホールにて開催された。 メジャーからインディーズまで、全24組のアイドルが名古屋に集合。その中からピックアップしたアイドル達のライヴの模様を写真で紹介する。 イベント名 : 東海アイドル万博2017日程 : 2017年2月11日(土)会場 : DIAMOND HALL出演 : 虹のコンキスタドール(東京)、マジカルパンチライン(東京)、天晴れ!原宿(東京)、Pimm's(東京)、強がりセンセーション(東京)、POP UP(大阪)、ICE CREAM SUICIDE(東京)、PREDIANNA(愛知)、*ココロモヨヲ*(愛知)、オレンジみるふぃ~ゆ(山口)、全力少女R(東京)、MilkShake(長崎) 、煌めき☆アンフォレント(三重)、ゆるめるモ!(東京)、P.IDL(東京)、Star☆T(愛知)、てのひらえる(兵庫)、ナト☆カン
2月13日(月)にツアー・ファイナルを開催のPAELLAS、リミックス・コンテストの結果を発表
[CLOSEUP]・2017年02月10日・【ツアー・ファイナル開催間近!】PAELLASがリミックス・コンテストの結果を発表 昨年末にリリースされたPAELLASの『Pressure』。現在の空気にドンピシャなインディR&Bのサウンドを携えたモダンなバンド・サウンドで話題を集めている。このアルバムのリリースに際して、OTOTOYではリミックス・コンテストを開催しました。制作期間は、ほぼ1ヶ月程度とかなりタイトな日程のなかでたくさんのご応募ありがとうございました! ということで本ページにて優秀作品を発表させていただきます。またこの優秀作品は後ほどOTOTOYでも配信予定です。そして『Pressure』のリリース・ツアーのファイナルも2月13日(月)に渋谷Club Asiaで開催。アルバム制作を終えてさまざまな面で変化を迎えた彼らのライヴもぜひとも! 2月13日(月)、アルバム『Pressure』リリース・ツアー・フィナル開催PAELLAS "Pressure" Release Tour Final2月13日(月)@渋谷 Club AsiaOPEN 19:00 / START 19:30LIVE : PAELLAS、ヤシの木フラミンゴVJ : chao
by 河村 祐介
7人組ロックンロール・バンド、THE 夏の魔物のスタジオ潜入レポート&インタヴュー掲載
[CLOSEUP]・2017年02月10日・【2ヶ月連続特集】7人組ロックンロール・バンドーーTHE 夏の魔物、スタジオ潜入レポート&インタヴュー 2017年1月6日、ロック・フェス〈夏の魔物〉の主催者・成田大致によって結成された7人組ロックンロール・バンド、THE 夏の魔物。3月15日リリース予定の1stシングルより浅野尚志作曲、只野菜摘作詞による「僕と君のロックンロール」を現在無料先行配信中だ。同楽曲は2月16日に新代田FEVERで開催されるワンマン・ライヴ〈THE 夏の魔物登場!!! TOUR特別編~麻宮みずほ20才おめでとう歓迎会スペシャル~〉にて初披露される。ギターに越川和磨と林宏敏(ex.踊ってばかりの国)、キーボードにハジメタル、ベースにえらめぐみ(theMADRAS、股下89)、ドラムにBOBOが参加し行われる同ワンマンのリハーサルに潜入、レポートとインタヴューを掲載。2ヶ月連続でTHE 夏の魔物をフィーチャーする。 1stシングルより期間限定フリー・ダウンロード中THE 夏の魔物 / 僕と君のロックンロール'【配信形態】''mp3 【配信価格】0円新世代ロックンロール・アンセム!! 21世紀の『リンダリンダ』がここにある! 3月1
by 岡本 貴之
水曜日のカンパネラ、メジャー1stアルバム『SUPERMAN』をハイレゾ配信開始
[CLOSEUP]・2017年02月08日・【REVIEW】水曜日のカンパネラ、待望のメジャー1stアルバム『SUPERMAN』をハイレゾ配信中 水曜日のカンパネラのメジャー1stアルバム『SUPERMAN』をハイレゾ配信スタート。全曲ケンモチヒデフミによる作詞・作曲による本作は、2016年11月にリリースされたシングル『SUPERKID』より「アラジン」、「カメハメハ大王」を含む全10曲入り。2017年3月8日(水)には日本武道館でワンマン・ライヴを行うことも発表し、さらなる水曜日のカンパネラ旋風が吹き荒れること間違いなし。OTOTOYでは過去作もすべてハイレゾ配信中。この機会にあわせて揃えてみてはいかがでしょう? メジャー1stフル・アルバムをハイレゾ配信水曜日のカンパネラ / SUPERMAN'【配信形態 / 価格】24bit/96kHz(WAV / ALAC / FLAC)まとめ購入のみ 3,859円(税込)>>ハイレゾとは?【Track List】''1. アラジン2. 坂本龍馬3. 一休さん4. オニャンコポン5. チンギス・ハン6. チャップリン7. オードリー8. カメハメハ大王9. 世阿弥10. アマノウズメ REVIEW : 水
by 西澤 裕郎
特集 : 選ばれたグルーヴ――この国のインディ・ロックの新たなグルーヴ・メソッド
[CLOSEUP]・2017年02月03日・特集 : 選ばれたグルーヴ──この国のインディ・ロックの新たなグルーヴ・メソッド ここ数年の、この国のインディ・ロックのシーンにインディR&Bやネオ・ソウル、現代ジャズといった音楽のグルーヴを援用したバンドたちが人気を集めている。本特集では、「選ばれたグルーヴ」と題して、現在OTOTOYでは配信中で、こうしたサウンドへと接続する音源を紹介するとともに、『Jazz The New Chapter』監修者 / ライターの柳樂光隆と、OTOTOYプロデューサー、高橋健太郎のふたりの識者の対談なども交えてお届けしよう。また、ここで、こうした流れの注目のバンドで昨年リリースされ話題を呼んだ、WONKの『Sphere』も配信開始する。文・選盤・構成 : 河村祐介 イントロ──選ばれたグルーヴ 2015年から、そして2016年にかけて、この国のインディ・ロック・シーンのサウンド面で新たにキーワードとして出てきたのは、インディR&B、ロバート・グラスパー以降の現代ジャズやアシッド・ジャズ……ざっくりと言ってこういったものだろう。こうした見方で言えば、さきほどリリースされたSuchmosのアルバム『THE KIDS』は、そう
by 河村 祐介
筆者について
前田 将博 (純三)

V系生まれハロプロ育ち、aikoは俺のファムファタル。 Twitterは @junzo99 です。

同じ筆者による他の記事