2010年に5年振りのソロ・アルバム『pd』をリリースしたJimanicaが、Band SetでのLIVEを収録したDSD音源をリリース。ここ数年はフルカワミキへのリミックス曲の提供や、やくしまるえつこのシングル曲のアレンジなど、コンポーザーとしても活躍し、また、DE DE MOUSEWorld’s End Girlfriend、蓮沼執太などのバンドにも参加しているJimanica。その彼が昨年立ち上げたJimanica Band Setが、昨年11月に渋谷O-nestで行われたイベント「a place in the sun」に出演した際のライヴをDSDで収録。そのうち全6曲を配信すると共に、1曲目の「Free Me」を1/26からの1週間限定でフリー・ダウンロードを開始!

>>>「Free Me」のフリー・ダウンロードはこちらから(期間 : 2/2 15:00まで)

Jimanica Band Set / Show at Nest


【配信形態】
1) DSD+MP3
2) HQD

【価格】
各1200円(まとめ購入のみ)

【トラック・リスト】
01. Free Me
02. Enzo
03. Mr. C side
04. 76 Diplomas
05. White Neighbor 〜 Fu La Da Di Da

<member>
Jimanica(ds)、前田紗希 / Saki Maeda(ds)、田中啓介 / Keisuke Tanaka(bs)、河内肇 / Hajime Kawauchi(key)、ノンパレイユ / Nonpareille(cho)、山田杏奈 / Anna Yamada(cho)

【ダウンロードに関して】
windowsをご利用のお客さまは、標準の解凍設定、もしくは解凍ソフトによっては正常にファイルを解凍できない可能性がございます。その場合、お手数ですが別の解凍ツールを使用し、再度解凍をお試しくださるようお願い致します。7-zip(フリー・ソフト)での解凍を推奨しています。
※7-zip http://sevenzip.sourceforge.jp/
また、ファイル名が長く操作出来ない場合や、ダウンロードしたファイルに不備や不明点がありましたら、info(at)ototoy.jpまでお問い合わせください。

解凍ソフト7-zipの詳しい使い方はこちらから

Jimanicaの新しい側面を発見する

即興的かつ緻密なドラム、温もりを感じさせる電子音のテクスチャー、透明感があるようでどことなく垢抜けない声でハーモニーを織りなすヴォーカル/コーラス、そして地を這うように鳴らされるベース。閉じられた生態系の文脈に存在するこれら一つひとつの生命体が、ライヴという空間で交錯するとき、そこにはある現象が起きる。それはJimanica Band Setでのライヴでしか起こり得ない体験となる。誤解を恐れずに言う。それはファンクであると。2011年11月20日に渋谷O-nestで開催された「a place in the sun vol.14」で披露されたJimanica Band Setのライヴを瞬間密封したこのライヴ音源から感じられるのは、ミニマルにも関わらず、腰を直撃するようなファンクの躍動感、そして、ポップ・ミュージックにも通ずる親近感なのである。

このライヴの大部分を構成しているのは、2010年にリリースされた『pd』からの楽曲である。この『pd』は、新たに女性ヴォーカリストの山田杏奈を起用し、生演奏と電子音にヴォーカルという要素を融合させることによって、リズムに幅が増え、実験的ではありながらも、より生々しい体温を持ったポップ・ミュージックにフォーカスした作品であった。それはJimanica流の音楽におけるハーモニーへの新しいアプローチであったようにも思える。そして、そのリリース・ツアーを兼ねて編成されたバンド・セットによるライヴが収録されたこの音源にこそ、その『pd』という作品に、ひいてはJimanicaという人間が紡ぎだす楽曲に込められた秘密を解く鍵があるように思えて仕方がない。そして、その秘密を解き明かす鍵こそが、本作から聴こえてくるファンクのグルーヴに他ならない。あるいはこのような言い方も可能かもしれない。このグルーヴこそがJImanicaの楽曲を呼吸させている最たる要因であると。

そして、それを最も私に印象づけてくれたのがこの本作最後に収録されている「Fu La Da Di Da」である。一曲前の「White Neighbor」から連鎖するように始まるこの曲は、四つ打ちから変則的、即興的に万華鏡のように変化するドラムとリズミカルなコーラスに彩られ、ピーク・タイムへと進行していく。そして曲終盤にさらにカラフルな電子音が加わることによって、そのランダムなようで極めて反復的なリズムは加速し続ける。その電子音が加わってから、曲が終わるまでのわずか40~50秒の間がこのライヴ・アルバムの肝であるといっても過言ではないであろう。なぜならば、そこに彼の楽曲がより一層新鮮に聴こえる秘密、すなわち、グルーヴの源が隠されているからだ。

私はこのライヴ・アルバムこそがJimanicaの最新作であると位置づける。それは文字通りの最新作ではなく、このライヴ・アルバムというフィルターをさらに通すことによって、彼の音楽をまた違った、そして新しい側面から聴くことができる、という意味合いにおいてである。もちろん、だからこそ本当の最新作も待ち遠しい限りではあるのだ。(text by 坂本哲哉)

>>>Jimanicaの『pd』配信時のインタビューはこちら

Jimanica Works

RECOMMEND


V.A / Songs of Twilight

「世界を最も美しくする時間」夕暮れをドラマチックにするコンピレーション『songs of twilight -ソングス・オブ・トワイライト-』「songs of seven colors」と「Variations of Silence」に続くエレクトロニカ最強のコンピレーション・シリーズ第3弾! "Twilight 夕暮れ"をテーマにAmetsub、マトリョーシカ、alep-1(Alva Noto)の未発表曲を収録した美しくも儚い刹那の輝き。エレクトロニカを世間に大きく広める事となったコンピレーション「songs of seven colors」。


COMBOPIANO-1+HAIR STYLISTICS / COMBOPIANO-1+HAIR STYLISTICS

渡邊琢磨(COMBOPIANO、Sighboat)、中原昌也(Hair Stylistics)、千住宗臣(COMBOPIANO、ウリチパン群、PARA)によるブルース・バンド(あえてこう呼ぼう)のデビュー・アルバム!


V.A / PROGRESSIVE FOrM

2001年のレーベル発足以降、2012年に設立11周年目を迎えるPROGRESSIVE FOrM、歴史を築いてきた希代の名曲群によりコンパイルされた初のレーベル・ベスト盤が完成! 青木孝允の1stアルバム『SILICOM』に収録された「Kes.」、V.A.『Forma.2.03』に収録されたAmetsubのデビュー曲「Sahsanoha」等現在では流通されていない傑作曲がリマスタリングで甦る。「どれから手をつければ良いだろう? 」というビギナーのリスナーにも、エレクトロニック・ミュージックのマニアにも、電子音響の歴史を語る上で一家に1枚と言える内容。

LIVE INFORMATION

SPIRAL RECORDS presents FIND MUSIC vol.1
2012年1月29日(日)@青山sprial
Shuta Hasunuma Spiral set

Shuta Hasunuma@渋谷Tower Records
2012年2月11日(土)@渋谷Tower Records
Shuta Hasunuma

Impact unknown vol.2
2012年2月17日(金)@Iriya Natteru House
Teruyuki Ohshima + Tsuneyasu Inoue + Jimanica

TPAM performing arts meeting in Yokohama
2012年2月19日(日)@KANAGAWA ARTS THEATRE、Middle Studio
Shuta Hasunuma × Ryouta Yamada

Tomohiko Gondoh produce "Euphobia001"
2012年2月23日(木)@SARAVAH Tokyo
Tomohiko Gondoh + Kan Takano、Kumorina and more

WEATHER presents Anna Yamada 1st album"Colourful"release party!!
2012年2月25日(土)@渋谷O-nest
Anna Yamada band set(Jimanica(dr) / Hajime Kawauchi(key) / Saki Maeda(key) / Keisuke Tanaka(bass) / Taro Sukegawa(g) / nonpareil(cho) / meilling(cho)) / ANIMA with Tatsuki Masuko(ROVO))、DJ : Taro Acida(DUB SQUAD)

L.E.D. presents "in the universe"
2012年3月4日(日)@渋谷O-NEST
DUB SQUAD、Jimanica Band Set、NINGEN OK(6F Floor Live)、 L.E.D.、ゆるマクロビ屋台"naturemian"

polylis 1st Release Party
2012年3月30日(金)@六本木SuperDeluxe
Jimanica band Set、GROUP、HB、polylis

PROFILE

Jimanica
15才よりドラムを始める。武蔵野美術大学映像学科卒業後、渡米。NYでフリーランス・ドラマーとしてマンハッタン、ニュージャージーを中心に数々のジャム・バンドやR&B、ヒップ・ホップのセッションに参加し、数枚のレコーディング作品を残す。2000年の帰国後、自身のユニットを結成し、クラブや野外フェスなど東京を中心に活動を開始。2005年ドラム・ソロ・アルバム『Entomophonic』(mao)をリリース。以降、ドラム+PCでのソロ・ライヴの他、多数アーティストと共演。2006年にd.v.dを結成、日本のみならずヨーロッパ、韓国、オーストラリアなど各地で公演を重ね、活動の場を再び海外にも広げる。2007年にAmetsub(PROGRESSIVE FOrM)とのデュオ・ユニットJimanica : Ametsubを結成。ミニ・アルバム『Surge』をリリース。近年はDE DE MOUSEやWorld's end Girlfriend、蓮沼執太などのバンドに参加。また古くからミシシッピ出身のブルース・シンガーSteve Gardnerのドラマーも務めるなど、まさにルーツ〜ダンス・ミュージック〜即興エレクトロニカまでを横断する。

Jimanica official HP

o

 
 

レヴュー

【REVIEW】ルーツを表明し、越える──福岡発のニュー・カマー、よあけの1stアルバムを先行配信&期間限定フリーDLも!
[CLOSEUP]・2017年11月17日・ルーツを表明し、越える──福岡発のニュー・カマー、よあけの1stアルバムを先行配信 & 期間限定フリーDLも! 九州大学のサークル・メンバーで2015年に結成され、はっぴいえんど、山下達郎、PAVEMENT、sea and cake、ミツメ、ホテルドミニク、Mac Demarco...古今東西のポップ・ミュージックたちと、同郷の先達であるNumber Girlをナードな佇まいで咀嚼した、人懐こさと青さ漂うサウンドを鳴らす3人組、その名もよあけ(yoake)。 そんな彼らが九州のオルタナティヴ・シーンにおける最重要人物、PANICSMILE・吉田肇が主宰する〈Headache Sounds〉より初の全国流通作となる1stアルバムをリリース!! OTOTOYでは是非とも多くの人に聴いていただきたく、12月15日の発売に先駆け約1ヶ月の先行配信と、アルバムの楽曲より「MABOROSHI」の期間限定フリー・ダウンロードが決定! レーベル・オーナーである吉田肇のコメント、そしてアルバム・レヴューと共にまずはフリー楽曲の一聴を! アルバム収録曲より期間限定フリー・ダウンロード!よあけ / MABOROSHI(期間
むすびズム、ラスト・シングルをOTOTOY独占ハイレゾ配信
[REVIEW]・2017年11月21日・むすびズム、ラスト・シングルをOTOTOY独占ハイレゾ配信 ASOBISYSTEM発、5人組アイドル・グループ、むすびズム。12月10日の3周年ワンマン・ライヴをもって解散することになった彼女たちの、4枚目にしてラスト・シングル『恋の戦士』がリリース。前作の『キミに夢CHUXX』に引き続き、今作もSEIJプロデュースによるキャッチーなシンセ・ポップ・サウンドに仕上がっている。OTOTOYでは本作をハイレゾ独占配信するとともに、メンバーからのコメントを掲載。キラキラ可愛い5人のビジュアルと歌声は永遠です!! アルバム購入でブックレットpdfつき!むすびズム / 恋の戦士【A盤】'【収録曲】1. 恋の戦士2. またね 3. 恋の戦士 -Instrumental-4. またね -Instrumental- 【配信形態】24bit/96kHz WAV / FLAC / ALAC / AAC【配信価格】単曲 300円(税込) / まとめ価格 1,200円(税込)むすびズム / 恋の戦士【B盤】'【収録曲】1. 恋の戦士2. 確信のフライデー 3. 恋の戦士 -Instrumental-4. 確信のフライデー -In
現役高校生5人組ロック・バンド、FAITHがポップ・パンクを正面突破
[CLOSEUP]・2017年11月17日・この音楽は勇気で、正義だ──現役高校生5人組FAITHがポップ・パンクを正面突破 すごいやつらが現れた! 長野県伊那が生んだポップ・パンクのニューヒーロー候補、FAITH! 現役高校生5人組、うち3人が日米のダブルという珍しい組み合わせに加え、Vo.ドリチュラーあかりはSPINNSのモデルとしても活躍中。「モデルがファッション感覚で音楽やってるんだろ?」そう思いの方もいるかもしれませんが、すでに実力は折り紙付き! 今夏開催された10代限定夏フェス〈未確認フェスティバル2017〉ではファイナリスト8組の1組に選ばれており、サウンドも往年のエモ / ポップ・パンク好きにはたまらない海外志向の本格派! OTOTOYではそんな期待のニューカマーの記念すべき初全国流通盤を配信とともに、現役大学生の目線から独自のレヴュー掲載! FAITH / 2×3 BORDER【配信形態】ALAC / FLAC / WAV / AAC【価格】単曲 257円(税込) アルバム 1201円(税込)【収録曲】1. Take me away from here2. Bana Pla3. distance4. DON’T FALL5. S
by 中の人
BATHS、シンガーとしての存在感をさらにましたポップな新作──ハイレゾ配信
[CLOSEUP]・2017年11月17日・BATHS、シンガーとしての存在感をさらにましたポップな新作──ハイレゾ配信 ウィル・ウィーゼンフェルトのメイン・プロジェクト、バスの3rdアルバム『Romaplasm』が到着した。もはや老舗アンダーグラウンド・レーベルとなった〈アンチコン〉からリリースされた本作は、開放感に溢れるポップな作品に、また“ビートメイカー”から一歩踏み込んだ、シンガー・ソング・ライターとしての側面も前面に出た作品となった。OTOTOYでは本作をハイレゾ配信。ダディー・ケヴによるマスタリングもぜひとも堪能していただきたい。さらにはレヴューとともに、こちらもハイレゾ配信となっているジオテック名義『Abysma』リリース時の記事も関連作として再掲してお届けします。 Baths / Romaplasm(24bit/48kHz)'【Track List】01. Yeoman02. Extrasolar03. Abscond04. Human Bog05. Adam Copies06. Lev07. I Form08. Out09. Superstructure 10. Wilt11. Coitus12. Broadback【配信形態 /
by 寺島 和貴,河村 祐介
【REVIEW】地に足がついていない!?──愛はズボーン、煎じ詰めた“待望”の1stフル・アルバムリリース
[CLOSEUP]・2017年11月15日・【REVIEW】地に足がついていない!? ──愛はズボーン、煎じ詰めた“待望”の1stフル・アルバムリリース OTOTOYとレコード・プレス・メーカーの東洋化成によるコラボレーション・レーベル〈TOYOTOY〉から初のアナログ盤となる『銀ギラ』のリリースや、自主企画イベント〈アメ村天国〉の開催など、今年は飛躍の年であることがうかがえる、愛はズボーン。そんな彼らがこのたび満を持して、1stフル・アルバム『どれじんてえぜ』をリリースした。本作のジャケットは世界的画家・黒田征太郎が手掛けている。黒田は愛はズボーンのメンバーたちが敬愛している画家で、まさに細部にまで強い想いが込められた作品に仕上がったと言えるだろう。そんな彼らの活躍を良質なハイレゾ音質で感じることができるのは、OTOTOYだけ! 本作をさらに楽しむテキストとして、レヴューも掲載! 未来の音楽濃縮盤をとくとご堪能いただきたい! ハイレゾはOTOTOYだけ! 未来の音楽が濃縮された、1stフル・アルバム愛はズボーン / どれじんてえぜ'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【価格】単曲 2
by 宮尾茉実
《12ヶ月連続配信企画、第9弾》──goodtimes、カップル同士の"あるある"な感情に容赦なく切り込む
[CLOSEUP]・2017年11月15日・《12ヶ月連続配信企画、第9弾》──goodtimes、カップル同士の"あるある"な感情に容赦なく切り込む 10年超のバンドキャリアを持つ、井上朝陽(Vo&Gt.)、安田そうし(Gt.)の2人が新たにスタートさせたギター・ロック・バンド、goodtimes(グッドタイムス)。2017年3月より《12ヶ月連続音源配信》をOTOTOYで行い、注目を集めている彼らが、この度第9弾「アメニモマケル」の配信をスタートした。彼らの魅力にもっと浸ってもらえる楽曲を、ぜひレヴューと共にお楽しみください。 goodtimes、全ての恋愛経験者に捧ぐ第9弾goodtimes / アメニモマケル'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込)【収録曲】''1. アメニモマケル REVIEW : 全ての恋愛経験者が唸る、く人の"あの頃"を刺激する goodtimesは前回のインタヴューで、情景が浮かびやすい曲を作っていると語っていたわけだが、今回も人が「もう触れたくない」としまい込んでいた気持ちに、ピンポイントで突き刺さる"あるある"な楽曲「アメニモマケル」をリリー
by 宮尾茉実
【REVIEW】映画『この世界の片隅に』の音楽を手がけ、多くの話題を呼んだコトリンゴが約3年半ぶりとなるオリジナル・アルバムをリリース!
[CLOSEUP]・2017年11月08日・『雨の箱庭』は私たちにどんな世界のすばらしさを見せる?──約3年半ぶりコトリンゴのオリジナル・アルバム 卓越したピアノ演奏と柔らかな歌声で浮遊感に満ちたポップ・ワールドを描くコトリンゴ。そんな彼女が約3年半ぶりとなるオリジナル・アルバム『雨の箱庭』をリリースする。前作からこれまで、アニメ映画『この世界の片隅に』の全ての音楽を担当し数々の賞を受賞する等、音楽家としての評価を高めた彼女。映画同様、今作でも作詞作曲編曲(ストリングス、ホーン含む)、サウンド・プロデュースのすべてを手掛けている。そんな今作は、のちにドキュメンタリー映画となった企画「LIGHT UP NIPPON」のために書きおろした楽曲のほか、RADWIMPS・野田洋次郎主演ドラマ「100万円の女たち」の主題歌等、色とりどりの音楽たちがぎゅっと詰め込まれた鮮やかなアルバムが完成。歌のように響くピアノの音色と、そっと優しいコトリンゴの歌声と共に生み出されるカラフルな音世界を、レヴューと共におたのしみください。 約3年半ぶりとなるオリジナル・アルバムコトリンゴ / 雨の箱庭'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) /
by ai
つりビット、ニュー・シングルをハイレゾ配信
[POWERPUSH]・2017年11月06日・5人が挑む、新たな海原への決意をこめてーーつりビット、ニュー・シングルをハイレゾ配信 5人組アイドル・ユニットのつりビットがニュー・シングル『1010〜とと〜』をリリースした。今年の春にリリースされた2ndアルバム『Blue Ocean Fishing Cruise』も好評な中、彼女たちの成長と主張が感じられる新曲が到着。その理由を、宗像明将のレヴューで紐解いてみよう。 ハイレゾver.のアルバム購入者から抽選でサイン入りポスタープレゼント!つりビット / 1010~とと~(初回生産限定盤)'【配信形態】24bit/48kHz ALAC / FLAC / WAV / AAC【価格】単曲 540円(税込) アルバム 750円(税込)【Track List】01.1010~とと~02.A Color Summer!! ポスタープレゼントの詳細は、こちらからご確認ください。'' REVIEW : 『1010~とと~』 つりビットが大きく変化する瞬間を私たちは目にしようとしている。彼女たちのニュー・シングル「1010〜とと〜」は、サウンド面ではこれまでのイメージを大きく変え、歌詞の面ではつりビットらしさを追求した