2010年に5年振りのソロ・アルバム『pd』をリリースしたJimanicaが、Band SetでのLIVEを収録したDSD音源をリリース。ここ数年はフルカワミキへのリミックス曲の提供や、やくしまるえつこのシングル曲のアレンジなど、コンポーザーとしても活躍し、また、DE DE MOUSEWorld’s End Girlfriend、蓮沼執太などのバンドにも参加しているJimanica。その彼が昨年立ち上げたJimanica Band Setが、昨年11月に渋谷O-nestで行われたイベント「a place in the sun」に出演した際のライヴをDSDで収録。そのうち全6曲を配信すると共に、1曲目の「Free Me」を1/26からの1週間限定でフリー・ダウンロードを開始!

>>>「Free Me」のフリー・ダウンロードはこちらから(期間 : 2/2 15:00まで)

Jimanica Band Set / Show at Nest


【配信形態】
1) DSD+MP3
2) HQD

【価格】
各1200円(まとめ購入のみ)

【トラック・リスト】
01. Free Me
02. Enzo
03. Mr. C side
04. 76 Diplomas
05. White Neighbor 〜 Fu La Da Di Da

<member>
Jimanica(ds)、前田紗希 / Saki Maeda(ds)、田中啓介 / Keisuke Tanaka(bs)、河内肇 / Hajime Kawauchi(key)、ノンパレイユ / Nonpareille(cho)、山田杏奈 / Anna Yamada(cho)

【ダウンロードに関して】
windowsをご利用のお客さまは、標準の解凍設定、もしくは解凍ソフトによっては正常にファイルを解凍できない可能性がございます。その場合、お手数ですが別の解凍ツールを使用し、再度解凍をお試しくださるようお願い致します。7-zip(フリー・ソフト)での解凍を推奨しています。
※7-zip http://sevenzip.sourceforge.jp/
また、ファイル名が長く操作出来ない場合や、ダウンロードしたファイルに不備や不明点がありましたら、info(at)ototoy.jpまでお問い合わせください。

解凍ソフト7-zipの詳しい使い方はこちらから

Jimanicaの新しい側面を発見する

即興的かつ緻密なドラム、温もりを感じさせる電子音のテクスチャー、透明感があるようでどことなく垢抜けない声でハーモニーを織りなすヴォーカル/コーラス、そして地を這うように鳴らされるベース。閉じられた生態系の文脈に存在するこれら一つひとつの生命体が、ライヴという空間で交錯するとき、そこにはある現象が起きる。それはJimanica Band Setでのライヴでしか起こり得ない体験となる。誤解を恐れずに言う。それはファンクであると。2011年11月20日に渋谷O-nestで開催された「a place in the sun vol.14」で披露されたJimanica Band Setのライヴを瞬間密封したこのライヴ音源から感じられるのは、ミニマルにも関わらず、腰を直撃するようなファンクの躍動感、そして、ポップ・ミュージックにも通ずる親近感なのである。

このライヴの大部分を構成しているのは、2010年にリリースされた『pd』からの楽曲である。この『pd』は、新たに女性ヴォーカリストの山田杏奈を起用し、生演奏と電子音にヴォーカルという要素を融合させることによって、リズムに幅が増え、実験的ではありながらも、より生々しい体温を持ったポップ・ミュージックにフォーカスした作品であった。それはJimanica流の音楽におけるハーモニーへの新しいアプローチであったようにも思える。そして、そのリリース・ツアーを兼ねて編成されたバンド・セットによるライヴが収録されたこの音源にこそ、その『pd』という作品に、ひいてはJimanicaという人間が紡ぎだす楽曲に込められた秘密を解く鍵があるように思えて仕方がない。そして、その秘密を解き明かす鍵こそが、本作から聴こえてくるファンクのグルーヴに他ならない。あるいはこのような言い方も可能かもしれない。このグルーヴこそがJImanicaの楽曲を呼吸させている最たる要因であると。

そして、それを最も私に印象づけてくれたのがこの本作最後に収録されている「Fu La Da Di Da」である。一曲前の「White Neighbor」から連鎖するように始まるこの曲は、四つ打ちから変則的、即興的に万華鏡のように変化するドラムとリズミカルなコーラスに彩られ、ピーク・タイムへと進行していく。そして曲終盤にさらにカラフルな電子音が加わることによって、そのランダムなようで極めて反復的なリズムは加速し続ける。その電子音が加わってから、曲が終わるまでのわずか40~50秒の間がこのライヴ・アルバムの肝であるといっても過言ではないであろう。なぜならば、そこに彼の楽曲がより一層新鮮に聴こえる秘密、すなわち、グルーヴの源が隠されているからだ。

私はこのライヴ・アルバムこそがJimanicaの最新作であると位置づける。それは文字通りの最新作ではなく、このライヴ・アルバムというフィルターをさらに通すことによって、彼の音楽をまた違った、そして新しい側面から聴くことができる、という意味合いにおいてである。もちろん、だからこそ本当の最新作も待ち遠しい限りではあるのだ。(text by 坂本哲哉)

>>>Jimanicaの『pd』配信時のインタビューはこちら

Jimanica Works

RECOMMEND


V.A / Songs of Twilight

「世界を最も美しくする時間」夕暮れをドラマチックにするコンピレーション『songs of twilight -ソングス・オブ・トワイライト-』「songs of seven colors」と「Variations of Silence」に続くエレクトロニカ最強のコンピレーション・シリーズ第3弾! "Twilight 夕暮れ"をテーマにAmetsub、マトリョーシカ、alep-1(Alva Noto)の未発表曲を収録した美しくも儚い刹那の輝き。エレクトロニカを世間に大きく広める事となったコンピレーション「songs of seven colors」。


COMBOPIANO-1+HAIR STYLISTICS / COMBOPIANO-1+HAIR STYLISTICS

渡邊琢磨(COMBOPIANO、Sighboat)、中原昌也(Hair Stylistics)、千住宗臣(COMBOPIANO、ウリチパン群、PARA)によるブルース・バンド(あえてこう呼ぼう)のデビュー・アルバム!


V.A / PROGRESSIVE FOrM

2001年のレーベル発足以降、2012年に設立11周年目を迎えるPROGRESSIVE FOrM、歴史を築いてきた希代の名曲群によりコンパイルされた初のレーベル・ベスト盤が完成! 青木孝允の1stアルバム『SILICOM』に収録された「Kes.」、V.A.『Forma.2.03』に収録されたAmetsubのデビュー曲「Sahsanoha」等現在では流通されていない傑作曲がリマスタリングで甦る。「どれから手をつければ良いだろう? 」というビギナーのリスナーにも、エレクトロニック・ミュージックのマニアにも、電子音響の歴史を語る上で一家に1枚と言える内容。

LIVE INFORMATION

SPIRAL RECORDS presents FIND MUSIC vol.1
2012年1月29日(日)@青山sprial
Shuta Hasunuma Spiral set

Shuta Hasunuma@渋谷Tower Records
2012年2月11日(土)@渋谷Tower Records
Shuta Hasunuma

Impact unknown vol.2
2012年2月17日(金)@Iriya Natteru House
Teruyuki Ohshima + Tsuneyasu Inoue + Jimanica

TPAM performing arts meeting in Yokohama
2012年2月19日(日)@KANAGAWA ARTS THEATRE、Middle Studio
Shuta Hasunuma × Ryouta Yamada

Tomohiko Gondoh produce "Euphobia001"
2012年2月23日(木)@SARAVAH Tokyo
Tomohiko Gondoh + Kan Takano、Kumorina and more

WEATHER presents Anna Yamada 1st album"Colourful"release party!!
2012年2月25日(土)@渋谷O-nest
Anna Yamada band set(Jimanica(dr) / Hajime Kawauchi(key) / Saki Maeda(key) / Keisuke Tanaka(bass) / Taro Sukegawa(g) / nonpareil(cho) / meilling(cho)) / ANIMA with Tatsuki Masuko(ROVO))、DJ : Taro Acida(DUB SQUAD)

L.E.D. presents "in the universe"
2012年3月4日(日)@渋谷O-NEST
DUB SQUAD、Jimanica Band Set、NINGEN OK(6F Floor Live)、 L.E.D.、ゆるマクロビ屋台"naturemian"

polylis 1st Release Party
2012年3月30日(金)@六本木SuperDeluxe
Jimanica band Set、GROUP、HB、polylis

PROFILE

Jimanica
15才よりドラムを始める。武蔵野美術大学映像学科卒業後、渡米。NYでフリーランス・ドラマーとしてマンハッタン、ニュージャージーを中心に数々のジャム・バンドやR&B、ヒップ・ホップのセッションに参加し、数枚のレコーディング作品を残す。2000年の帰国後、自身のユニットを結成し、クラブや野外フェスなど東京を中心に活動を開始。2005年ドラム・ソロ・アルバム『Entomophonic』(mao)をリリース。以降、ドラム+PCでのソロ・ライヴの他、多数アーティストと共演。2006年にd.v.dを結成、日本のみならずヨーロッパ、韓国、オーストラリアなど各地で公演を重ね、活動の場を再び海外にも広げる。2007年にAmetsub(PROGRESSIVE FOrM)とのデュオ・ユニットJimanica : Ametsubを結成。ミニ・アルバム『Surge』をリリース。近年はDE DE MOUSEやWorld's end Girlfriend、蓮沼執太などのバンドに参加。また古くからミシシッピ出身のブルース・シンガーSteve Gardnerのドラマーも務めるなど、まさにルーツ〜ダンス・ミュージック〜即興エレクトロニカまでを横断する。

Jimanica official HP

o

 
 

レヴュー

【REVIEW】ハイレゾ配信開始! 『からかい上手の高木さん』Music Collection
・2018年04月18日・堤博明が彩る暖かく優しい、からかいの日々 ──『からかい上手の高木さん』Music Collection 2018年1月より3月まで放送され、各メディア、SNSでも話題となった人気テレビアニメ『からかい上手の高木さん』そのオリジナル・サウンド・トラックがOTOTOYでもハイレゾ配信開始! 音楽は『クジラの子らは砂上に歌う』『sin 七つの大罪』等のヒット作を手かげた堤博明が担当。放送が終わってしまい、高木さんロスになってしまっているかたも、改めて作品の魅力を感じたいかたも、本作と共にもう一度あの甘酸っぱいからかいの日々をレヴューと一緒に振り返ってみましょう! (text by 伊達恭平) ハイレゾ音源配信中! 堤博明 / からかい上手の高木さん Music Collection 【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) >>>ハイレゾとは?'【配信価格】''単曲400円(税込) / アルバム3500円(税込) 日常とキャラクターの魅力へ寄り添う、「暖かな」楽曲達 「ゲッサン」(小学館)にて好評連載中、コミックス累計400万部突破!! 照れたら負けからかいコメディ! とある
by 伊達 恭平
【REVIEW】ロックンロール覚醒──春ねむり、目覚めのシャウトを打ち鳴らす初のフル・アルバムをリリース
・2018年04月16日・【REVIEW】ロックンロール覚醒──春ねむり、目覚めのシャウトを打ち鳴らす初のフル・アルバムをリリース 横浜出身のポエトリー・ラッパー、春ねむり。2016年10月に1stミニ・アルバム『さよなら、ユースフォビア』でデビュー、昨年6月に2ndミニ・アルバム『アトム・ハート・マザー』をリリースした。そして3作品目となる、初のフル・アルバム『春と修羅』が完成した。諸刃の剣のように近付けば危うく、力強さすら感じさせる彼女の言葉達は、ラップのリズムに隙間なく詰め込まれ、彼女独特のエモーショナルなサウンドへと変わっていく。さらに今作には客演として突然少年、NERO IMAI、リミックスとして長谷川白紙が参加している。音楽の新しい可能性を追求する彼らとの楽曲は、春ねむりの新たなバック・グラウンドを知るきっかけとなるだろう。そんな本作をより深く楽しんでいただくため、OTOTOYではレヴューを掲載することにした。 自身初のフル・アルバム!!春ねむり / 春と修羅'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込) / アルバム 1800円(税込)【収録曲】''
京都発の大注目バンド“ベランダ”──ポップの旗手としての資質を裏付ける初の全国流通盤
・2018年04月11日・【REVIEW】京都発の大注目バンド“ベランダ”──ポップの旗手としての資質を裏付ける、初の全国流通盤 京都のオルタナティヴ・バンド、ベランダが待望の全国流通盤をリリース。昨年1月にリリースしたミニ・アルバム 『Any Luck to You』 は、 ライブ会場と一部店舗のみでの販売にもかかわらず半年で約900枚を売り上げたほか、くるり岸田やASIAN KUNG-FU GENERATION後藤正文など多くのアーティストからも高い評価を得た。そんな彼らが、親しみやすいメロディの中に、どこか懐かしい空気感を漂わせるその世界観を維持しつつも、さらに表現の幅を広げた2ndミニ・アルバム『Anywhere You Like』をリリースした。彼らにとって初の全国流通盤となる今作をレヴューとともにお届けしよう。リード曲となる「エニウェア」を期間限定で無料配信するので、まずは彼らの世界観を体感してみてはいかがだろうか。 リード曲を期間限定フリー配信!ベランダ / エニウェア'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信期間】''2018年4月18日23:59まで※会員登録なしでもダ
by 阿部 文香
【REVIEW】ヤなことそっとミュート、初となるバンド・セットを披露した2度目のワンマン・ライヴがハイレゾ配信スタート!!
[CLOSEUP]・2018年03月29日・ヤなことそっとミュート、初となるバンド・セットを披露した2ndワンマン・ライヴがハイレゾ配信スタート!! オルタナ、グランジを踏襲したロック・サウンドと、そのパフォーマンスで注目を集めるアイドル・グループ、ヤなことそっとミュート。2017年12月に赤坂BLITZにて行われた、彼女たちの2ndワンマン・ライヴの模様がハイレゾ音源となって蘇ります! この日のライヴではグループ初となるバンド・セットも披露し、グループとしての新たな可能性を提示した1日は、当日ライヴに足を運んだ方はもちろん、彼女たちに初めて触れる方にもおすすめしたい作品! OTOTOYでは音楽評論家、宗像明将によるレヴューを掲載。作品と併せてこちらもぜひ! また、購入者の方にはこの日の模様を収録したライヴDVDのプレゼント企画もありますのでこちらもお見逃しなく! 初のバンド・セットでのパフォーマンスも収録!!ヤなことそっとミュート / 2ND ONEMAN LIVE@AKASAKA BLITZ'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC【配信価格】単曲 400円(税込) / アルバム 3,000円(税込)【収録曲
【REVIEW】ビート・ミュージックのルーツを探る──Dabrye、三部作の完結を記念して過去作のリマスターをリリース
[CLOSEUP]・2018年03月26日・ビート・ミュージックのルーツを探る──Dabrye、三部作の完結を記念して過去作のリマスターをリリース タッド・マリニックスによるヒップホップ・プロジェクト、Dabryeによる三部作シリーズが、彼の12年ぶりとなるニュー・アルバム『Three/Three』を以てついに完結。これを記念して、三部作の一作目『One/Three』にリマスタリングとボーナス・トラック3曲を加えた復刻盤がリリースされる。2001年にリリースされた本作は、現在ではすっかりお馴染みとなっている、エレクトロニカとヒップホップの交差点に位置する「ビート」サウンドの最初期に位置する一枚として知られている。リマスタリングは「LOW END THEORY」、レーベル〈ALPHA PUP〉を主催する、ビート・サウンドにおける最大の功労者のひとり、Daddy Kevが担当。OTOTOYでは、このビート・ミュージック・シーンにおける最重要盤をより楽しんでいただくため、配信を行うとともにレヴューを掲載します。 三部作完結記念、マスタリングはDaddy Kevが担当 Dabrye / One/Three'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bi
by 井上裕樹
【REVIEW】タイの実力派SSWがついに日本デビュー──詩情豊かに織りなされる、苦く美しい過去の世界
[CLOSEUP]・2018年03月18日・タイの実力派SSW、プム・ヴィプリット日本デビュー──詩情豊かに織りなされる、苦く美しい過去の世界 YouTubeにおいてシングル「Long Gone」のミュージック・ヴィデオが公開から半年余りで200万回再生を数え、 アジアのみならず世界中で話題を集めてきたタイのヤング・スターがついに日本デビュー。 ニュージーランド育ちバンコク在住・若干22歳のタイ人シンガー・ソングライター、プム・ヴィプリット。その実力はASIAN KUNG-FU GENERATIONの後藤正文(Gotch)が 2017年ベスト・アルバムに選出したり、方々からの高い評価からもうかがい知れることだろう。ぜひご一聴ください。 クラウド・ファンディングによって制作した待望のデビュー・アルバム!Phum Viphurit / Manchild【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込) / アルバム価格 2,000円(税込)【収録曲】01. Strangers in A Dream02. Run03. The Art of Detaching One's Heart(feat
by 阿部 文香
忘却のカラスと記憶をめぐるマウント・イアリの選択──新アルバム配信スタート
[CLOSEUP]・2018年03月16日・忘却のカラスと記憶をめぐるマウント・イアリの選択──新アルバム『Now Only』配信スタート 昨春、夭折した最愛のパートナーの死をテーマに制作・リリースされ、衝撃と絶賛を浴びた『A Crow Looked At Me』から1年、マウント・イアリから早くもニュー・アルバム『Now Only』が届いた。ジュヌヴィエーヴ・カス トレイ夫人との出会いを綴った「TINTIN IN TIBET」から始まり、前作の続編でありながらも、少年期のエピソードを交えながら、彼の抑制された声と美しいメロディーで奏でられサウンドは、先へと踏み込んだものであるとうかがえられる。OTOTOYでは歌詞対訳デジタルブックレット付で配信します。この1年彼は何を見つめ前へ進んでいったのか、レヴューとともに浸ってみては? 前作からわずか1年で圧巻のニュー・アルバム配信スタートMount Eerie / Now Only'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込) / アルバム 1,500円(税込)【収録曲】''1. TINTIN IN TIBET2. DISTORTION3
by 尾野 泰幸
シティ・ポップを昇華させた、さとうもかが歌う恋物語──入江陽プロデュースのフル・アルバムをリリース
[CLOSEUP]・2018年03月14日・シティ・ポップを昇華させた、さとうもかが歌う恋物語──入江陽をプロデュースに迎えたフル・アルバム 岡山出身のシンガー・ソングライター、さとうもかが待望のフル・アルバム『Lukewarm』をリリースした。“新世代のユーミン”と称されるようにシティ・ポップを彷彿させながらも、繊細かつ、ユーモラスな歌声で紡ぐポップ性がたまらない! 入江陽をアルバム・プロデュースに迎え、ゲストで鶴岡龍(LUVRAW)が参加したアレンジ面においても注目してほしい。今回OTOTOYでは3月14日から3月31日まで、今作をハイレゾ音源を独占配信します。レヴューとともに彼女の世界に浸ってみては? 期間限定OTOTOY独占ハイレゾ配信!さとうもか / Lukewarm'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【配信価格】単曲 324円(税込) / アルバム 2,700円(税込)【Track List】1. old young2. Lukewarm3. あの夜の忘れ物4. 最低な日曜日 feat.鶴岡龍(LUVRAW)5. 2つのわたし6. Hello,Valentine's day7