“名刺代わり”の自信作!!ーー覆面のリリカル・モンスター894(MIDICRONICA)のソロ第3弾が完成

奇妙かつキャッチーな道化師に自らを置きかえ、変幻自在にリズムを操るラッパー894(MIDICRONICA)。これまでさまざまなアーティストとともに音を紡いできた彼がセルフ・タイトルで放つ13曲は、危険因子の塊とも言える濃密な楽曲ばかりだ。巧みなフロウにハッとさせるような言葉をひょうひょうと組み込むそのさまは、まさに“リリカル・モンスター”。しかしそんな態度とは裏腹に今インタビューで彼が見せてくれた姿からは、自身の存在、ラップへの美学について考える、純粋で飾らないストイシズムが滲み出ていた。

894(MIDICRONICA) / #894

【価格】
alac、flac、wav、mp3 : アルバム 2,160円(単曲 270円)

【TRACK LIST】
1. 89448 Track : うなぎWORKS
2. WoRLD's eND(CircuS HeaD) Track : LASPHERE a.k.a. DJ SHUNYA
3. JOKeR Feat. ISH-ONE Track : MUMA a.k.a Quidam Beatz
4. E-E-L Track : うなぎWORKS
5. Love is Deathmetal Feat. Kevin Ocostner Track : DELOMONTE
6. BTOD Track : KO-NEY
7. oNIGoRoSHI Feat.ポチョムキン(餓鬼レンジャー) Track : DJ CO-MA
8. WU!!!! Track : 894
9. MaDagasCar choColaTe Feat. TAK THE CODONA Track : TAK THE CODONA
10. ON/OFF Track : うなぎWORKS
11. JeWel Track : lee (asano+ryuhei)
12. MagiC~sutekinadoku~ Track : DJ first from TAION
13. 89424(SaMe diFFerenCE) Track : DELOMONTE

INTERVIEW : 894(MIDICRONICA)

3人組の覆面増殖型ヒップホップ・ユニット、MIDICRONICA。その中でも、リズムに対して最も自由奔放であり、畳み掛けるようにラップをかます894(ハクシ)。そんな彼のソロ・プロジェクト第3弾となるアルバム『#894』が届けられた。約2年振りとなるこのソロ・アルバムは、フィーチャリングに餓鬼レンジャーのポチョムキン、ISH-ONE、TAK THE CODONA、トラックメーカーとしてDJ CO-MA、LASPHERE a.k.a. DJ SHUNYA、MUMA a.k.a.Quidam Beatzなど錚々たる客演陣が参加している。それは一見すると、ヒップホップの異種格闘技戦が繰り広げられているような光景にもみられるが、ここでの894は今までのソロ・アルバムの中で最も自分の内面を曝け出し、毒を吐きながら、リズムに拘束されることのないラップを展開している。そんな894に新作の手ごたえから自分自身のヒップホップへの思いまで、多岐に渡って語ってもらった。

インタヴュー & 文 : 坂本哲哉

作っていくうちにやっぱスゲーかっこいいものできた

ーーまずアルバム制作はいつから始めたのですか?

894 : 前のソロ・アルバム『CHAOS PLANET』をリリースしてちょっと休んでから始めました。実は去年に楽曲自体は作り終えてたんですが、MIDICRONICA本体のアルバム『#303』との兼ね合いもあって、リリースがちょっとずれこんで今になったっていう感じですね。マスタリングをしたのが今年っていう感じで。

ーーISH-ONEさんが参加したトラック「JOKeR」も既に去年に録り終えていたということですか?

894 : そうですね。

ーーなぜ彼と一緒にやろうと思ったんですか?

894 : もともとDELOMONTE STUDIOというスタジオが渋谷にあって、そこでお互いが遊びにくる流れで繋がったんです。そこで仲良くなって、「じゃあ何か一緒にやろう」という話になったんですね。そのタイミングでトラックメーカーのMUMAも遊びにきてて、「じゃあトラックも選ぼう」とトントン拍子で話は進んだんですけど、そこから無駄に時間が過ぎて(笑)。

ーー何かに苦戦したんですか?

894 : いや、特に何もないんですけど、純粋にお互いに何もしないっていう(笑)。まあお互いに忙しかったっていうのもあって、ちょうどタイミングがあう時間があったので、そこでしっかり作ったって感じです。むしろその曲がアルバムの中で最後の方に録り終えた曲じゃないですかね。


894(MIDICRONICA)「JOKeR Feat. ISH-ONE Track : MUMA a.k.a Quidam Beatz(Clean Version)」

ーーそれでは、餓鬼レンジャーのポチョムキンさんとはどういったきっかけで?

894 : ポチョくんの曲は、DJ CO-MAのアルバム・リリース・パーティーが新潟であったんですけど、そこに俺らも参加したんです。そのパーティーにポチョくんも参加してて、そこで話をした流れでできました。DJ CO-MAにトラックを頼んだから、ポチョくんとも「せっかくここに集まったんだからやろう」って。

ーーそのように知り合うのはパーティーとか現場が多いんですか?

894 : そうですね。例えばこのアルバムに参加してくれたLASPHEREはMIDICRONICAのリミックス・コンテストで入賞したヤツなんですよ。それで、直接は面識なかったんですけど、ソロのライヴのときにたまたま一緒になって、その流れでトラック作ってもらったんです。だから現場で会って仲良くなって、そこから頼んだりする流れが多いですね。

ーーそういった流れで一つ伺いたいのですが、今回客演で参加されてる“うなぎWORKS”というのは……

894 : ははは(爆笑)。うなぎWORKSっていうのは俺とスタジオをやってるデルモンテの二人組のよくわかんないグループなんですけど、もともとはトラックを作るんじゃなくて、フライヤーとかのデザインをしてたんですね。うなぎWORKSって名前は言いまくってたんだけど、あまりオファーがこなくて(笑)。「このままじゃやってられんから、トラックも作るぞ」という流れで出来たものなんですよ。

ーーそういった様々な客演陣が参加されているアルバム『#894』ですが、アルバムの青写真はあったんですか?

894 : いや、なかったですね。前作『CHAOS PLANET』は、一人のプロデューサーと制作したんですよ。なので、次のソロ作る時はいろんな人といろんなトラックでやりたいなってのだけは漠然とありました。

ーーアルバムの流れは意識してたのですか?

894 : これも最初はそんなに考えてはなくて、全部作ったあとに流れを考えました。曲順を考えるのって大変だからいろいろ試行錯誤したんですけど、最終的にはDELOMONTEが「これでいけ」と(笑)。1曲目も、最初はインストにしようと思ったんですけど、最初からドカン!と声が入ってきたほうが、なんかいいなぁって思いまして。

ーーでは期間限定でフリー・ダウンロードでリリースした「BLoW THe s**t pro by CARREC」ですが、なぜアルバムに入れようと思わなかったのですか?

894 : というか、純粋にアルバムのために山のように曲を作ってたんですよ。作った曲は全部良かったんですけど、泣く泣く外した曲を特典とか別の形でのリリースにしようと思って。「BLoW THe s**t」もその中の一曲だったんです。曲を作ったときはもちろんフレッシュなんですけど、アルバムを作るということで全部並べたときに、曲の強度もそうだし、この曲はこのアルバムとは別の形でリリースしたいと思って。だから決してフリー・ダウンロードのために作ったわけではないんです。

ーーアルバム・タイトル『#894』というのは、自信の表れなのではと感じたんですが。

894 : 最初は『89448(ハクシフォーティーエイト)』っていうタイトルで作ろう!みたいなしょうもない話をしてて、結構ふざけた感じにしてたんですけど、作っていくうちにやっぱスゲーかっこいいものできたし、自分の名前をアルバム・タイトルに据えてもいいんじゃないかなって思ったんです。ちなみに一曲目の「89448」ってのはそのときの名残ですね(笑)。

今度は真逆のことをやろうと決めてた

ーーわりとライヴ映えしそうなトラックが多いと思ったのですが、ライヴを意識して作ったのですか?わりと低域が強い感じがしたのですが。

894 : ライヴのために曲を作るってのはないんですけど、ライヴを意識したってのはあると思います。まあ、下(低音)が出てた方が好きですし、ライヴで上がるというか高まるっていう感覚はありますよね。あと、前作が聴く人を選ぶ作品になったかなっていう意識がちょっとあって、だったら違うことをしようかなと。だからライヴ向けの曲も作ってみるのもいいかなとは思いました。でも、底抜けにアがるライヴをするための曲だけを作るのは俺らしくない、というか894らしくないと思ったんです。じゃないと894ソロでやってる意味ないんで。だから、ライヴでもアがるし、なおかつ聴き込めるようなヤバいものを作ろうってのは思ってました。

ーーじゃあ、ソロとしての894、MIDCRONICAとしての894、客演としての894と、それぞれにおける立ち位置は違うということなんですね

894 : そうですね。MIDICRONICAの俺(894)とソロや客演の俺(894)は明らかに違うと思いますよ。トピックにしろ歌詞にしろ。

ーーMIDICRONICAでも894というソロ名義でも、アングラ臭のするハードなトラックとポップでキャッチーなトラックがあると思うんですが、その振れ幅の差についてどう考えていますか?

894 : 雑種なんだと思うんですよね。それはもちろん周りの環境も大きいと思います。ゴリゴリのヒップホップやってるヤツもいたり、ポップでキャッチーなこともやってるヤツもいるし、ヒップホップ自体聴かないっていうヤツもいる。あと、俺草野球とかもやってて、そこだと音楽以外の人とも繋がったりするんですけど、そういった所での繋がりも大きいと思います。俺、そんなに積極的に手を広げて聴こうとするタイプじゃないと思うんですよ。だから、人に教えてもらって、かっこいいと思えたものをたくさん聴いて、貪欲に吸収していくって感じなんです。

ーーその雑種性っていうのは面白いキーワードだと思うんですけど、昨年リリースしたMIDICRONICAのアルバム『#303』がド直球なヒップホップだったじゃないですか?

894 : そうですね。あれはもう完全に狙って作ったんですよ。その前のアルバム『color』が振れ幅的にはすごいポップな方に傾いていたので、その反動が思いっきりあって、「じゃあ今度は真逆のことやろうよ」っていうのは最初から決めてたことなんです。

ーーその感覚はこの作品にも反映されてるんですか?

894 : その『#303』と同時にこのアルバムのトラックも作ってたんですけど、そんなに意識はしてなかったです。このアルバムの構成をどうするか最初から考えていなかったんですよ。だから、作っていくうちに足りない部分であるとか、こういう曲ないなって思ったときはその都度作ってる感じでした。

ーー次にリリックについて聞きたいのですが、リリックはどういう感じで書いてるのですか?

894 : 今回に関しては、スタジオで作ったり、ちゃんと書いたりとかバラバラですね。トラックを作りながら書いたりとか、書きながらトラック作ったりとか。そういうパターンもありました。何も持っていかないで、今日何しようかとスタジオいってから考えて、こういうもの作りたいっていうヴィジョンを漠然と考えて、じゃあ作ってみようかという流れをひたすら繰り返して作った曲もありますよ。それで、トラック作ってる段階でこれ良い感じじゃね?って思ったときに、バーッと書きながら、トラックを作って、また書くっていう感じですね。だから、考えてリリックを書いているというよりは、その場で思いついたことを書くって感じが今回は多かったかも。

ーーリリックによく「猫」ってよくでてくるじゃないですか。あれは何かのメタファーなのですか?

894 : いやーとにかく猫が大好きなんですよ。スタジオいっても猫と一緒にずっと遊んでるときもあったり(笑)。本当にそれだけなんですよね。「WU!!!!」っていう曲も、DELOMONTE STUDIOで飼ってる「ウラン」という猫への愛情を込めて作ったんですけど、単に猫が好きすぎる人が作ったんだなあって思われても構わないんですよ。でも、リリックをちゃんと聴くと猫が好きすぎることだけじゃなくて、結構毒を吐いてることがわかるので面白いと思ってます。


894(MIDICRONICA)「WU!!!!」

ーーラップのリズムの置き方はどう考えているんですか?聴いてると自由にリズムを行き来しているように感じたのですが。

894 : あんまり考えてないんですけど、同じリズムを取りながらうたってると自分で飽きちゃうんですよね。だからどんどん面白くしようと思ってるうちに、自分でも「これどうやって乗せるんだろ?」とかわかんなくなっちゃうこともあります。だからレコーディングで何回か録っても、その度にフローが変わるんです。自分もブースの中にはいって、とりあえずうたって段々固めていくって感じで。がっちりレコーディング前にフローも決めて…って言うのができない子でして…。そういうのもあるからどんどん変な言葉のハメ方になっちゃうのかもしれないです。

ーー韻の踏み方は常に考えてたりするんですか?

894 : 俺、ストックとかを貯めない人なんで。韻を集めたりだとかしたこともないんですよ。韻を踏むって、要はケツだけ踏んでいくっていう話だと思うんですけど、ケツだけ踏んでいっても面白くないってのもあって。だから、思いついたことをバンバン書いているときの流れで、踏むポイントをみつけていくっていう感じです。

戻るんだったら新しいことをしたい

ーーリリックは録ったものを聴き直して、いじったりするんですか?'894 : ''一度バッと作って、完璧!おしまい!って感じですね。おいおい聴き直したりはしますよ。だけど、そこでトラックの抜き差しとかはすることはあっても、リリックに関しては書き直したりってことはしないですね。リリックをもっとカッコよくしたい、完璧にしたいっていう欲求はもちろんあるんですけど、でもそうやってるとロクなことが浮かばないんで(笑)。凝りたくもなるんですけど、そこで浮かんだアイデアはここでやるなら、次の曲で活かそうって思うんですよね。

ーーアルバムに入ってる「LoVe is DeaTHmetaL」とかも、約2年前に期間限定の形で一旦リリースしてますよね。それは今回リリースするにあたって何かいじったりはしたんですか?

894 : その当時は本当に録って出しの状況だったんで、今回これを入れるにあたってマスタリングをし直したっていう感じです。それ以外は全くいじってない。

ーー作り直そうとかは思わなかった?

894 : 思ったには思ったんですけどそのとき浮かんだアイデアは、やっぱ次に取っておこうって。あと、やっぱ俺、戻るのが好きじゃないんですよ。戻るんだったら新しいことをしたい。

ーーでは894さん自身についてお伺いしたいのですが、影響を受けたラッパーとかアーティストはいらっしゃいます?

894 : うーん、ブート・キャンプ・クリックは好きでよく聴いてましたね。あと・・・椎名林檎も好きだったりします(照)。実は椎名林檎と一緒に何かやりたかったりもする(真顔で)。

ーー894さんのイメージするヒップホップって何ですか?

894 : いやー難しいですね。自由なようで自由じゃない感じかな……シーンの真ん中にいたいとかそういったことは全く考えてないんですけど……。(しばらく考えて)俺のヒップホップはライフ・スタイルというか、俺の人生を楽しくさせてくれるモノですね。多分俺ヒップホップがなかったら、休日に草野球して、ずっと猫と遊んでるだけの人生になっていたと本当に思う。周りの人からも「ラップしかないね、お前は」っていわれることが多いんですよ(笑)。だから、改めて音楽、そしてヒップホップとの出会いがなかったらやべえなって思うし、それが原動力にもなってる。

ーーではそのヒップホップに出会ったきっかけを教えてほしいんですが。

894 : 中学のときに友達と遊びでスケボーやってたんですよ。スケーターってメロコアとかハードコアとかのパンク聴くヤツとヒップホップ聴くヤツに分かれてて、俺らの周りはヒップホップ聴いてるヤツが多くて。その当時はヒップホップはおろか音楽自体も全然聴いてなかったんですよ(笑)。聴かせてもらったら本当にわけわからなくて、受け付けなかったんですよ。確か最初に聴いたのは、LL COOL Jの『Mr Smith』だったかな。でも繰り返し聴いていくうちに、これは面白れえかもしれないって思って。その時スケーターの友達がDJでライヴに参加するのをきっかけに、まったくやったことないのにラッパーとして誘われたんですよ。多分そいつがいなかったら俺、ラップやってないと思います。そのころは、そんなに情報が多いわけでもなかったし、韻を踏むとかも全然わかんなくて。でもライヴとかいろいろやっていくうちに仲間とかも増えて、そこから影響は受けましたね。あと、そのころ「何かしらで引っ掻き傷というか、俺の人生を生きた証を残したいなあ」って思ってて、偶然にもそこと重なったってのもあると思います。

ーーではラッパーとしての894さんの色ってなんだと思いますか?

894 : 色ですか……。難しい…。(しばらく熟考して)いろんな面を見せれるところかなと。それこそMIDICRONICAのアルバムの俺のイメージと、ソロのイメージって全然違うと思うんですよ。だから見る角度によって全然違うものに見える花火みたいなものですかね。花火が本当に角度に違うものに見えるかは確証無いですけど(笑)色んな俺がいて、色んな側面の俺を皆には聴いてほしいし、それを楽しんでくれれば良いと思ってます。なによりもそこを自分が一番楽しめているのも大きいかもしれないですね。スキルに関してはまだまだリズム感をもっと磨きたいし…言い出したら切りがないですよ(笑)。でももっと上手くなる自信はあるし、でなければ生きてる意味がないと思うんですよ。やり続けてるとヤバいラッパーにも沢山出会うから、そいつらに刺激もらって今日も頑張って生きようと思います。

ーーこのソロ・アルバムを作って、もれたアイデアを使って次は何かヤバいことしようって考えてますか?

894 : もちろんです。今はリリースされたばかりなんで、ちょっと経ってからまたスタジオ入ろうとは漠然と思ってますね。あんま人がやってないことをやりたいってのはもちろんありますし、そのヤバいアイデアももちろんありますけど、それは秘密です。誰もやったことのない実験的なものになるかもしれない(笑)。

MIDICRONICAの過去作もチェック

RECOMMEND

50 Cent / Animal Ambition: An Untamed Desire To Win

もはやヒップホップ・アイコンである彼による5年ぶりの新作。音楽のみならず多方面での成功をおさめた今の彼がシーンに向けて燃やす野心=Animal Ambitionを是非体感していただきたい。

>>50 Cent特集ページはこちら

clipping. / CLPPNG

LAシーン発信の、Rolling Stone誌にて2014年最も注目すべき新人10組にも選ばれたclipping.待望のデビュー作。894(MIDICRONICA)に近い豊かなリズム・センスで畳み掛けるようなフロウを放つDaveed Diggsとインダスリアルなビート・メイキングをほどこすJonathan Snipes、William Hutsonによるグルーヴはシーン全体をもはね飛ばす独自性に満ちている。

>>clipping.特集ページはこちら

PROFILE

894(MIDICRONICA)

唯一無二のラップスキルと世界感を持つリリカル・モンスター。MIDICRONICAの雰囲気担当。猫好き。野球が好き。カープファン。サッカーはキーパー。お米が好き。テキーラはスポーツ。

>>MIDICRONICA official website

o

 
 

インタヴュー

MOROHA、結成10周年記念インタビュー【後半】──「金になると思わせるだけのものが俺たちにはあった」
[FEATURE]・2018年01月22日・「金になると思わせるだけのものが俺たちにはあった」──MOROHA、結成10周年記念インタビュー【後半】 魂を震わせるリリックと、互いの持ち味を最大限に生かすためアコースティック・ギターとMCだけの最小編成にて行われるライヴで、彼らの音楽を聴いたもの、観たものを圧倒させるMOROHA。そんな彼らが2018年に10周年を迎える。このタイミングで6月6日(水)には再録ベスト・アルバム『MOROHA BEST〜十年再録〜』のリリース、そして12月16日(日)にZEPP TOKYOにて単独ライブも決定したのだ。着々と多くの人に向けて、彼らの音楽が届くよう歩みを進める彼らであるが、OTOTOYは、お茶の間にもMOROHAの音楽が届く未来がそう遠くないことを確信している! 今回OTOTOYでは、10周年を迎えた今までの活動についてを、インタビューや主宰のボロフェスタに招集する等、時には言い合いをしながらもデビュー当時からずっと応援し続けるOTOTOY編集長の飯田仁一郎と共に振り返る。 先日公開したインタヴュー前半ではメジャー・デビューを果たした今の心境やデビュー当時の彼らの活動、1stアルバムをリリース以降の彼らの想
by JJ
ルーツに素直に向き合うこと──ポニーのヒサミツの2ndアルバムを1週間先行 & ハイレゾ独占配信
[CLOSEUP]・2018年01月17日・ルーツに素直に向き合うこと──ポニーのヒサミツの2ndアルバムを1週間先行 & ハイレゾ独占配信 1stアルバム『休日のレコード』がタワレコメンに選出、7インチ・シングル『羊を盗め』が〈カクバリズム〉からリリースされ話題を呼んだ、前田卓朗によるカントリー・ポップ・ソロ・ユニット、“ポニーのヒサミツ”が4年ぶりとなる2ndアルバム『The Peanut Vendors』をリリース! 今作はライヴ・メンバーとして共に活動してきた大塚智之(シャムキャッツ)らに加え、中川理沙(ザ・なつやすみバンド)と谷口雄(1983、あだち麗三郎クワルテッット)がゲスト参加。彼が敬愛するカントリーやポップスの世界観が色濃く反映された1枚となっております。そんな今作をOTOTOYでは1週間先行にて配信すると共に、ハイレゾ版を独占配信。彼へのメール・インタヴューと共にお楽しみください。 ハイレゾ版の配信はOTOTOYのみ!!ポニーのヒサミツ / THE PEANUT VENDORS'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込) / アルバム 2,000円(税込)【収
スクールカースト最底辺からの刺客がやってきた! ──ハンブレッダーズ、初の全国流通盤を配信開始
[CLOSEUP]・2018年01月17日・スクールカースト最底辺からの刺客がやってきた!!! ──ハンブレッダーズ、初の全国流通盤がついに配信開始 高校の文化祭に出演する為、同級生によって結成された4人組"ネバーエンディング思春期"バンド、ハンブレッダーズが初の全国流通盤をリリース! Voムツムロによる「イケてない奴」なりの青臭さ全開の歌詞、その歌詞を乗せたメロディックな歌。そんな彼らの楽曲は、青春の1ページを切り取り、終わらない青春をメッセージとしてリスナーに届ける。今回OTOTOYでは、ハンブレッダーズとも所縁の深いライヴハウス、京都のライヴハウス・nanoの店長である土龍(モグラ)と共に対談形式のインタビューを掲載。活動初期の印象や、本作の制作など、どのようなバンドになっていきたいかなど語ってくれています。OTOTOY初登場! 快進撃中のバンドが放つ、初の全国流通盤!!ハンブレッダーズ / 純異性交遊'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込) / アルバム 1,600円(税込)【収録曲】''1. DAY DREAM BEAT2. スクールマジシャンガール(純Mix)
by 阿部 文香
*鳥クルッテル.incが創る、360度音が上下左右から鳴る超常音空間
[FEATURE]・2018年01月15日・驚異の立体音響! 音楽での新たな体験、その可能性を形にする鳥クルッテル.incって何モノ?! 音楽で人と人が結びつけ、新しい音楽の可能性を見い出すためさまざまな音楽イベントやワーク・ショップを企画する2人組、「鳥クルッテル.inc」。彼らのイベントでは、四方を囲むスピーカーにより、一つひとつの音の色や形、動きが見えるように感じる取れる臨場感のある音響システムを使うことによって、360度縦横無尽に音が動き回る新感覚の音楽体験をすることができるという。今回OTOTOYでは、特別な音響システムを使用しなくても、この音楽体験ができる「Kachōfūgetsu 〜fireworks〜」を配信開始。彼らの活動や、サウンドの作り方まで、さまざまな話を訊いた。 OTOTOY配信限定!〈Kachōfūgetsu〉のイメージサウンド鳥クルッテル.inc / Kachōfūgetsu ~fireworks~'【配信価格】WAV、ALAC、FLAC(24bit/96kHz) : 540円AAC : 216円【Track List】1. Kachōfūgetsu ~fireworks~>> 〈Kachōfūgetsu〉特設サイト
by 岡本 貴之
音楽にはユーモアが必要──折坂悠太、新作EP『ざわめき』を独占ハイレゾ配信 & 井手健介との対談を掲載
[CLOSEUP]・2018年01月17日・音楽にはユーモアが必要──折坂悠太、新作EP『ざわめき』を独占ハイレゾ配信 & 井手健介との対談を掲載 後藤正文や小山田壮平など、多くのミュージシャンも賛辞を送るSSW・折坂悠太が初のバンド編成で録音に挑んだEP『ざわめき』をリリース。演奏には2016年から活動を始めたバンド編成でのライヴ・サポートを行なっているベース・寺田燿児、管楽器、弦楽器を扱う青野慧志郎、ドラム・田中久仁彦(yoji &his ghost band)、ピアノ・飯島はるか(に角すい)のほか、フルートに松村拓海(1983、俺はこんなもんじゃない)、トランペット・高橋三太(1983)、ヴィブラフォン・影山朋子が参加しており、弾き語りでは表現することの出来なかった音のダイナミズムと、ブルースや民族音楽、ジャズなどを吸収したのびのびと響き渡る彼の歌声が閉じ込められた作品となっている。そんな今作をOTOTOYのみでハイレゾ配信すると共に、シンセサイザーでアルバムに参加しているSSW・井手健介との対談を掲載。お互いが影響を受けたアーティストから今作に至るまで、たっぷりと語ってもらった。 ハイレゾ版の配信はOTOTOYのみ!!折坂悠太 / ざわめ
音楽は幸せな空間を作れるのか? ──新たなバンド・サウンドを得たAL『NOW PLAYING』を先行配信
[CLOSEUP]・2018年01月10日・音楽は幸せな空間を作れるのか? ──新たなバンド・サウンドを得たAL『NOW PLAYING』を先行配信 小山田壮平と長澤知之がプライベートのアコースティック・ユニットとして数年前に活動をはじめ、そののちに藤原寛、後藤大樹をバンドに迎えて2016年4月に1stアルバム『心の中の色紙』をリリースしたロック・バンド「AL」。そんな彼らが2018年のはじまりに快作の2ndアルバム『NOW PLAYING』をリリースする。今回OTOTOYでは本作の1週間先行配信を実施。本文の中でも語られているように、1stアルバム『心の中の色紙』よりも、よりバンドらしい作品ともいえる『NOW PLAYING』はどのように生まれたのか、ソングライターである小山田壮平、長澤知之の2人に話を訊いた。ちなみにこの2人でのインタヴューはAL史上初! みなさま必見です! よりバンドらしくなったALの最新作を先行配信 AL / NOW PLAYING'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込) / アルバム 2,000円(税込)【収録曲】''1. 会いにいくよ2. NO
MOROHA、結成10周年記念インタビュー【前半】──「茶の間の胸ぐらをつかんで、ライヴ会場に!」
[FEATURE]・2018年01月14日・「茶の間の胸ぐらをつかんで、ライヴ会場に引きずり込め!」──MOROHA、結成10周年記念インタビュー【前半】 魂を震わせるリリックと、互いの持ち味を最大限に生かすためアコースティック・ギターとMCだけの最小編成にて行われるライヴで、彼らの音楽を聴いたもの、観たものを圧倒させるMOROHA。そんな彼らが2018年に10周年を迎える。このタイミングで6月6日(水)には再録ベスト・アルバム『MOROHA BEST〜十年再録〜』のリリース、そして12月16日(日)にZEPP TOKYOにて単独ライブも決定したのだ。着々と多くの人に向けて、彼らの音楽が届くよう歩みを進める彼らであるが、OTOTOYは、お茶の間にもMOROHAの音楽が届く未来がそう遠くないことを確信している! 今回OTOTOYでは、10周年を迎えた今までの活動についてを、インタビューや主宰のボロフェスタに招集する等、時には言い合いをしながらもデビュー当時からずっと応援し続けるOTOTOY編集長の飯田仁一郎と共に振り返る。まずはインタヴューの前半をどうぞ。 元旦リリースの最新曲をチェック!【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1k
by JJ
2018年の始まりにして年間ベスト級デビュー・アルバムーー “エモい”都市生活を鳴らすアイドル・・・・・・・・・に迫る
[CLOSEUP]・2018年01月05日・2018年の始まりにして年間ベスト級デビュー・アルバムーー “エモい”都市生活を鳴らすアイドル・・・・・・・・・に迫る シューゲイザー的な「エモさ」とアンダーグラウンド・パンク的な「ヤバさ」を楽曲コンセプトに活動するアイドル・ユニット「・・・・・・・・・」が、2018年1月12日リリースの1stアルバム『 』をOTOTOY独占で1週間先行でハイレゾ配信開始。日本ドローン界の雄、hakobuneディレクションの元、ノイズやアンビエント等を用いた1トラック72分の1stシングル『CD』がネットを中心に大きな話題を呼んだが、初アルバムとなる今作は、ForTracyHydeの管梓、Mavや、my letterのキヌガサチカラ、あヴぁんだんどやアシモフが手品師で知られるteoremaa等が楽曲提供を手掛け、シューゲイザーから、90sUK、90semo、ローファイ、ドラムンベース、エレポップまで、様々なジャンルを「エモい」にぎゅっと集約した全10曲。アイドルという記号性を取り除くため、アーティスト名もアルバム名も検索に引っかからないなど、コンセプトも練りこまれている彼女たちに改めて迫るインタヴューを掲載し迫った。