ポップの旗手としての飛躍が始まる! ──ミツメの史上最高のポップ・ソングを、ハイレゾ配信&レヴュー掲載

2016年のアルバム『A LONG DAY』リリース以降、国内12箇所、15公演、中国7都市、台湾、韓国、ロサンゼルスをまわるツアーを行ったミツメが、満を持してシングル「エスパー」をリリースした。ミツメ節と言える、人肌の温かいポップ・エッセンスを還元濃縮した、ミツメ史上最高との呼び声高いポップ・ソング「エスパー」を表題曲にし、初期ミツメを彷彿とさせながらも、ライブで培った圧倒的な演奏力と、進化し続ける川辺のソングライティングが爆発。新たな一面とミツメらしさを兼ね備えたこちらの最新作を、OTOTOYではハイレゾ配信、そして楽曲をよりお楽しみいただくためにレヴューを掲載する。

ミツメ史上最高のポップ・ソング

エスパー / ミツメ

【配信形態】
WAV、ALAC、FLAC(24bit/96kHz) / AAC
【価格】
単曲 324円(税込) / まとめ 540円(税込)

【収録曲】
1. エスパー
2. 青い月


エスパー / ミツメ

REVIEW : いまだかつてなく熱っぽいミツメのポップ宣言

こんなにも熱っぽいミツメを聴く時が来たとは! 思わず笑顔がこぼれた。これは紛れもなく私達の待っていたミツメ。淡々とその時やりたい音楽を探求してきた彼らはついに、聴き手に大きく懐を開いていく時を迎えた。

表題曲「エスパー」は、彼らの持ち味でもあるコーラスがかった揺らめきがトーキング・ヘッズやニュー・オーダーらニューウェーブからの影響を思わせるだけでなく、それが幾重にも重なっていくラストの展開にサイケデリア(まさにエスパー!! )すら感じさせる。が、これまでとは明らかに違うのは、溢れ出る温かみだ。柔らかくリヴァーヴに包んだギターやシンセ・サウンドがいつになくあっという間にキュンと心を掴んで離さない。日本人には馴染みが深い、音節を一つずつ音符に置いた歌メロはどこか懐かしく、川辺の歌詞の寂寥感はこの曲ではむしろ、私達一人ひとりにある郷愁をほぐしていくだろう。

またカップリングの「青い月」は、構成の熱っぽさが秀逸だ。さらりとはじまりながら、次第にドゥー・ワップ風のコーラスが分厚くなっていく。楽器の手数も増えて徐々に上がっていくテンポに、気がつけば胸が熱くさせられているのだ。

筆者にはずっと、ミツメは涼やかなバンドに写っていた。点と点が絡むようなアンサンブルは、掴もうとすると逃げていく霧のようにも思えていた。けれどこの「エスパー」、「青い月」という2曲は、筆者だけではなく、きっと誰の耳にも焼き付いて離れないはず。その変化には、前作『A Long Day』(2016年)でより強固となったバンド・アンサンブル以上に、4人だけの生身の演奏で挑んできた長い長いツアーや、海外でのライブでの、観客とのダイレクトな熱量のやり取りで得たものが多分に大きかったに違いない。ひょっとすると彼らを後押ししたのは、私達聴き手なのかもしれないのだ。

もし“ポップ”の意味が多くの聴き手の懐に飛び込むことならば、ミツメはもう“孤高”ではない。彼らの盟友・スカートのメジャー進出も記憶に新しい中、ミツメのポップの旗手としての飛躍もここから始まることを、このシングルは私達に宣言している。(text by 井草七海)

過去作品もチェック!!

【過去の特集記事】
>>1stアルバム『mitsume』リリース記念インタヴュー
>>OTOTOY×disk union 合同企画「NEW SENSATION」ミツメ特集
>>4曲入りEP『うつろ』リリース記念インタヴュー
>>3rdアルバム『ささやき』リリース記念インタヴュー
>>4thアルバム『A Long Day』リリース記念インタヴュー

RECOMMEND

BOY / どついたるねん

多岐にわたるクリエイティブ活動! &業界人気が猛烈に高い“東京で一番おもしろくてかっこいいバンド”どついたるねんのメジャー・デビュー・シングル! 親交の深いミツメの代表曲「煙突」をアレンジした「煙突(モクモク remix)」を収録。
>>【短期連載第1弾】鳥刺し食って、エロ本見て、酒飲みながらできた
>>【短期連載第2弾】いつ解散してもおかしくない緊張感とバンドを続けていく矛盾
>>【短期連載第3弾】どついたるねん、なぜメジャーは彼らと契約したか?


20/20 / スカート

カクバリズム所属の澤部渡によるソロ・プロジェクト“スカート”のメジャー初アルバム。スマッシュヒットを記録した前作『CALL』から約1年半ぶりの作品。

>>『20/20』岡村詩乃によるロング・インタヴュー


FIRE / トリプルファイヤー

トリプルファイヤー、通算4枚目にあたる最新作。録音に馬場友美、ミックス&マスタリングにillicit tsuboi、パーカションにシマダボーイを迎え制作された、新機軸にして最高傑作。

>>『FIRE』を徹底解剖! 鳥居真道×澤部渡

LIVE INFORMATION

〈Homecomings presents "Casper the Friendly Ghost"〉
2017年12月23日(土)@大阪 梅田 CLUB QUATTRO
時間 : Open 17:00 / Start 18:00

〈WWMM〉
2017年1月21日(日)@恵比寿 LIQUIDROOM
時間 : Open 14:00 / Start 14:00

〈mitsume tour esper 2018〉
2018年1月27日(土)@タイ バンコク ROCKADEMY(※対バンあり)
2018年2月24日(土)@宮城県 enn 2nd
2018年3月3日(土)@北海道 COLONY
2018年3月10日(土)@石川県 金沢GOLD CREEK
2018年3月11日(日)@京都府 磔磔
2018年3月17日(土)@鹿児島県 SR HALL
2018年3月18日(日)@福岡県 THE Voodoo Lounge
2018年3月23日(金)@愛知県 伏見JAMMIN'
2018年3月24日(土)@広島県 CAVE-BE
2018年3月25日(日)@大阪府 umeda TRAD
2018年3月31日(土)@中国 上海(※詳細は後日発表)
2018年4月25日(水)@東京都 マイナビBLITZ赤坂

>>more live information

PROFILE

ミツメ

2009年、東京にて結成。4人組のバンド。オーソドックスなバンド編成ながら、各々が担当のパートにとらわれずに自由な楽曲を発表し続けている。そのときの気分でいろいろなことにチャレンジしています。

>>ミツメ official site