album jacket
 How To Buy
TitleDurationPrice
河童 -- 左右  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 02:47
ハキダメに鉛 -- SOSITE  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 02:40
Debug -- ENERGISH GOLF  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 02:17
nanda? -- JIMSY  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 02:14
音楽は武器 -- tnwh  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 02:10
ホーリーマウンテン -- アーバンダンス  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 03:42
PASADENA -- Zeeblebuzz A Knot  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 03:08
モアフリクション -- ソコラノグループ  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 04:51
REACTION -- デマゴーグ  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 03:39
ある朝の夢 -- Bossston Cruizing Mania  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 03:22
ビートルズ -- H MOUNTAINS  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 02:46
newborn baby -- FALSETTOS  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 04:04
ちゃんとしないと死ぬ -- トリプルファイヤー  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 02:56
停電ロック -- tnwh  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 01:32
The Parade -- PANICSMILE  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 02:52
Spring Sale -- ENERGISH GOLF  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 01:57
Listen the trial version of tracks by clicking the circle Total: 46:57
Album Info

93年に福岡で始動した自主レーベル、ヘッドエイクサウンズのオムニバスシリーズ、20年目の第5弾。レコーディングは全て13年の春に東京で行われ、ミックスまで全てPANICSMILE吉田が行っている。CDのリリースは14年1月。全バンド東京のバンドながらも福岡からの発信となる。

Discography

Rock

盟友ceroをはじめ、数多のアーティストから賞賛の嵐!東京インディー・シーン“最後の刺客”というべきロックでアートなガールズ4ピースFALSETTOS、待ち焦がれた初のオフィシャル・リリースが遂に!!

Rock

トリプルファイヤー、通算4枚目にあたる最新作。録音に馬場友美、ミックス&マスタリングにillicit tsuboi、パーカションにシマダボーイを迎え制作された、新機軸にして最高傑作。

Rock

渋谷クアトロにて開催されたeastern youth主催の「極東最前線」への出演など、着実にライブでの評価を得ている左右。結成以来、桑原美穂と花池洋輝の二人から出す音のみで活動してきたミニマルデュオが2枚目のアルバムを完成させた。前作「スカムレフト スカムライト」から2年。ギター、ベース、バスドラム、ハイハットの音にボーカルを加えた、簡素かつ入り組んだ楽曲構成はそのままに、アプローチはよりユーモラスに、ドライに仕上がり、歌詞もより個人的な言葉が端的に選ばれている。ライブでの人気曲「カンバセイション」「ネイキッド」の他、音響の関係上、限られた会場でしか演奏されない楽曲「ダンス」などを収録。

Rock

過去2作でもじゅうぶんにその片鱗をうかがわせた彼らの特異性はさらに際立ち、今作をもっていよいよ完成の域に到達した感がある。定型化/音楽のテンプレート化が進む現代にあって、時代や文脈を超越した歴史的大傑作の誕生です。前作「スキルアップ」が各方面で話題となり(彼らを支持/賞賛するミュージシャン多数)、テレビ番組出演や、ラジオの年間チャートに入るなど、ひとり歩き状態に。既存のどのヒット・パターンにもあてはまらない、はたしてそれが道なのかどうかすらも正直あやしい独自のコースをひた走る彼らに対し、周囲の期待が熱を帯び異様な高まりをみせる中、ついに届けられる最新作。前作に続き、吉田肇(プロデュース)/松石ゲル(録音/ミックス)と、PANICSMILEの奇才コンビが強力にサポート。今作品をいっそう類稀なものに押し上げている。

Rock

横浜在住、花池洋輝と桑原美穂によるオルタナティブデュオ【左右】。ほぼ楽器未経験の二人がYOUTUBEにアップしたスタジオセッションの様子がネットで反響を呼び、2012年、突然段ボール主催の「第8回深谷ロックフェスティバル」に出演する。その後もPANICSMILE吉田肇主催「Headache sounds SAMPLER live」へのレギュラー出演、オーストラリアの番組制作会社『VICE』への楽曲提供、イギリスの新聞「The Guardian」にアルバムレビューが掲載されるなど、予測できない活動を続ける。70sポストパンク・ノーウェーブの緊張感と、日本人特有の素朴さとぼんくら感がせめぎ合う変則ツーピースです。そんな左右の初のフル・アルバム『スカムレフト スカムライト』。ライブでの人気曲や未発表の新曲を収録。編成はライブ同様ギター、ベース、バスドラム、ハイハットという最小限のバンドセットで、レコーディングは全てメンバーによる一発録り。意図的に削られた音や言葉など、左右を知るには最適な一枚です。

ENERGISH GOLF エネルギッシュゴルフ。花澤(Electribe)、高山(Drs)、新間(B)、OK(G)、Mr.Mushroom(Key)の5人組。スカム、フェイント、キッチュ、居直り、脱線まみれの悦楽ディスコパンク。音源は「Bunker」(CDR 2011)、高円寺円盤より7インチアナログ「Ichinokura EP」(2013)、Panicsmileの吉田肇氏主宰のコンピ「Headache sounds SAMPLER CD volume FIVE」(2014)。

93年福岡製のPANICSMILE、前作から約5年ぶりの8作目アルバム。また2010年のメンバーチェンジ後初の作品となる。

Rock

Far Franceの畠山健嗣を中心に、東京インディー・シーンで活躍するメンバーで結成された5人組ロックバンド、H MOUNTAINSの1stアルバム。ニューウェイヴ、サイケ、プログレ、ポップス、あらゆるジャンルを呑み込んだトロピカル・オルタナ天国。3曲目、「天国」は盟友来来来チームのカヴァー、マスタリングは中村宗一郎が担当。OTOTOYではアルバム特典として全曲のカラオケ音源付き!! OTOTOYのインタヴュー(http://ototoy.jp/feature/2014031101)にて女性SSW大森靖子に「ヴォーカルをのぞけばいい音源ですからね(笑)。ほかは本当に完璧だと思います」と言われたことであえてのカラオケ音源!!

1stアルバムリリースから約3年、ライブの本数も増え、着実に実力をつけてきたSOSITEの新作は、録音、ミックスを手掛けた、 中村宗一郎、Boris/Atsuoのサウンドセンスが注入された注目作。 1stはインスト曲のみの収録だったが、今作ではギターの加倉がVoをとる楽曲を3曲収録。儚げで透明感溢れる歌声と、繊細な歌詞が、情景的な楽曲を更に引き立てている。 ギターとドラムという最小限のアンサンブルとして、2人のプレイはよりシンクロ度を増し、 彼らの持つクールでストイックな印象に、ハードな部分、ポップさ、そしてファニーな一面も覗かせ、表現力のバリエーションの広がりを見せた傑作!

Rock

トリプル・ギター編成の5人組ロック・バンド、H MOUNTAINS。これまで自主制作で3枚をリリースしてきた彼らが、ついに2014年4月、1stフル・アルバム『GOLD MEDAL PARTY』のリリースが決定!! 先行でアルバムから「なんか落ちてないか」を配信リリース。

Rock

“高田馬場のJOY DIVISION”の異名をとる「トリプルファイヤー」は2006年結成の4人組バンド。2010年に現編成となり、昨年1st『エキサイティングフラッシュ』リリース後、じわじわと頭角を現し始めました。約1年半ぶりとなる新作は、サウンドプロデューサーに吉田肇(PANICSMILE)を迎え録音。格好良いサウンドにのせて、好きな人にはたまらない&そうではない人にはそれなりの曲が満載です。最近では、今泉力哉監督(『こっぴどい猫』がトランシルヴァニア国際映画祭最優秀監督賞を受賞) による最新作『サッドティー』でトリプルファイヤーが音楽を担当し、東京国際映画祭で上映されるなど、各方面からも彼らに注目が集まっています。

V.A.

コロナ渦でライブハウスNEPOやヒソミネを休業している中、動画配信サービス「Fourth Place」や、エフェクターケーキなどの通販サイト「kilk store」を立ち上げ、どうにか再建しようとしている株式会社キルクが、今回第三弾プロジェクトとして新たにコンピレーションアルバムをリリース。こちらの作品はOTOTOYが立ち上げたライブハウスへの支援企画「Save Our Place」の一環として、NEPO、ヒソミネが中心となり集まった全67組のアーティストの楽曲を5枚のアルバムにしたもの。収録アーティストはNEPOの立ち上げ3人のバンド、Aureole、KAGERO、SuiseiNoboAzの他、downyの青木ロビンの別ユニットzezeco、world`s end girlfriend、MASS OF THE FERMENTING DREGSの宮本菜津子、siraph、HOPI、 箱庭の室内楽、H Mountainsなど豪華ラインナップが揃った。 森大地コメント 「今回アーティストの皆様には完全にチャリティーという形でご参加いただきました。この1ヶ月間、多くの皆様から激励のメッセージやお言葉をいただき、絶対に潰すわけにはいかないという想いを抱くことができました。今回の5枚のアルバムは、皆様にも喜んでほしいと思い、スタッフで厳選した67のアーティストに声をかけました。純粋に作品としても素晴らしい内容に仕上がったと思います。今回ご参加いただいたアーティストや関係者の皆様、購入していただいた皆様、本当にありがとうございます。NEPOやヒソミネもきちんと再建できることが恩返しかと思っていますので、全スタ ッフで力を合わせて、このコロナ渦を乗り越えていきたいと思っています。」

V.A.

93年に福岡で始動した自主レーベル、ヘッドエイクサウンズのオムニバスシリーズ、20年目の第5弾。レコーディングは全て13年の春に東京で行われ、ミックスまで全てPANICSMILE吉田が行っている。CDのリリースは14年1月。全バンド東京のバンドながらも福岡からの発信となる。

Rock
V.A.

(2006年掲載文)「妄想できない未来じゃなくて妄想に満ちた未来を。Conti5周年おめでとう!のコンピだヨ☆」ドラム&シタールのデュオ、Conti。んでも彼らが織りなす変拍子のポリリズム二乗は、インドの民族楽器シタールを使いながらもサイケデリックでもチルアウトでもなくて、どっちかっつーと「冷たいのん好きやろ自分?」的スリル&スピード&テンション=レッドゾーン。「手塚マンガのコマ割りってかなり変拍子だなぁ~と思ってて。だからそれを音楽でやりたいなぁって。「火の鳥」みたいなね、曲が作りたい。音楽を使って、ああいうマンガを描きたい」 とゆうContiの音楽には、鉄腕アトムが見せた夢と希望、そして不安と警告が表裏一体となった21世紀観が存在する。つまり想像。そんで妄想。コマ割り(リズム)、ネーム(リリック)、絵(メロディ)が三位一体になった体感するマンガ。もといマンガ音楽は、Contiのふたりによる壮大なるショート・ショート。 そ・し・て、そのContiの5周年を記念して、今回はなんとRUINS aloneやら、nhhmbase、maniaorganなどの録りおろし音源が収録されたコンピがリリース! 他にもsim featuring kamura moe、PANICSMILE、MUMU、Optrumなど多くのアーティストがライブ音源を収録してるとゆう太っ腹。これで1000円は安い! Contiを知っている人も、知らない人も、好きな人も、興味ない人も。ぜひともバカげた妄想で果てしないテンションでわけわからん音楽で、怒濤の17ストーリーを体感してみてください。ませ。 そして、想像できない未来じゃなくて、妄想に満ちた未来を。(近藤チマメ / ライター)

View More Discography Collapse
Collapse

News

『Save Our Place』第8弾で朝日美穂の新曲、ソンソン弁当箱や勃発が参加のコンピほか4作品配信開始

『Save Our Place』第8弾で朝日美穂の新曲、ソンソン弁当箱や勃発が参加のコンピほか4作品配信開始

OTOTOYによるライヴハウス支援企画『Save Our Place』の第8弾となる作品が、2020年5月28日(木)にリリースされた。 今回配信開始されたのは4作品。 朝日美穂が下北沢 leteのために書き下ろした、プライベートスタジオで録音されたシン

NEPO、ヒソミネ支援コンピ『Fourth Place』にAureole、KAGERO、SuiseiNoboAz、zezeco、world’s end girlfriend、siraph、マスドレ宮本ら全67組集結

NEPO、ヒソミネ支援コンピ『Fourth Place』にAureole、KAGERO、SuiseiNoboAz、zezeco、world’s end girlfriend、siraph、マスドレ宮本ら全67組集結

コロナ禍でライブハウスNEPOやヒソミネを休業している中、動画配信サービス「Fourth Place」や、エフェクターケ ーキなどの通販サイト「kilk store」を立ち上げ、どうにか再建しようとしている株式会社キルクが、今回第三弾プロジ ェクトとして

THE RATEL × Taiko Super Kicks 3月に2マン決定!BBS形式のディスカッション企画やライヴ音源配布も

THE RATEL × Taiko Super Kicks 3月に2マン決定!BBS形式のディスカッション企画やライヴ音源配布も

THE RATELとTaiko Super Kicksが3月28日(土)に東京・落合soupで自主企画2マン・イベント〈archive us〉を開催する。 企画タイトルには、"音楽とは時間をアーカイブするものである"という視点をベースに、ライヴという人の

ミツメ自主企画イベントに、ホムカミ、トリプルファイヤーら出演

ミツメ自主企画イベントに、ホムカミ、トリプルファイヤーら出演

毎年恒例となっているミツメの自主企画イベント〈WWMM(わくわくミツメまつり)〉の全出演者とタイムテーブルが発表となった。 メインステージには、古くから縁のある2組、Homecomingsとトリプルファイヤー、さらにKATAにはin the blue s

トリプルファイヤー、2020年最初の自主企画は急きょワンマンに

トリプルファイヤー、2020年最初の自主企画は急きょワンマンに

トリプルファイヤーが2020年2月10日に自主企画を開催する。 当初、対バン形式でのイベント開催を予定していたが、協議の結果、急きょワンマン公演に変更となったとのこと。 先日おこなわれた自身初の二週連続ワンマン、 「アルティメットパーティー7-1」(20

radioDTMアニバーサリーイベントのタイムテーブル発表

radioDTMアニバーサリーイベントのタイムテーブル発表

音楽Podcast番組「radioDTM」の配信500回と10周年を記念したアニバーサリーイベントのタイムテーブルが発表された。 また、イラストレーターの牧野桜とコラボレーションしたオフィシャルグッズの内容も公開され、出演者全員が集合したイラストなどを使

View More News Collapse
DJ後藤まりこ、1stアルバム収録曲&ダイジェスト公開

DJ後藤まりこ、1stアルバム収録曲&ダイジェスト公開

DJ後藤まりこが12月11日(水)に発売する1st ALBUM『ゲンズブールに愛されて』の収録曲および曲順、そしてアルバムのダイジェストがYouTubeにて公開された。 さらにアルバム発売に伴うレコ発ツアーの沖縄追加公演が決定。ワンマンを予定している公演

radioDTMアニバーサリーイベントにeastern youth出演決定

radioDTMアニバーサリーイベントにeastern youth出演決定

音楽Podcast番組「radioDTM」の配信500回と10周年を記念したアニバーサリーイベントに、eastern youthが出演することが発表された。 これまでに発表されていた、折坂悠太(合奏)、Have A Nice Day!との豪華スリーマンが

Monaural mini plug、11/8にトリプルファイヤーとの2マンイベント開催

Monaural mini plug、11/8にトリプルファイヤーとの2マンイベント開催

各地のイベントやフェスを賑やかし、遂に今年はFUJIROCK FESTIVALにも出演してその存在を知らしめた日本唯一のピンプラユックバンドMonaural mini plug。 前回はOLEDICKFOGGYを招いた自主企画を大成功させた彼らの次なる相

Group2、新曲「Penguin Highway」本日配信リリース

Group2、新曲「Penguin Highway」本日配信リリース

東京を拠点に活動する、男女4人組“靴見るシティサイケバンド”、Group2(グループツー)が9月11日(水)より「Penguin Highway」の配信をスタートした。 昨年末リリースの1stアルバム『Group2』に続く今作は、Yellow Daysや

安齋肇率いる「チョコベビーズ」再結成ライブにトリプルファイヤー、クリトリック・リス、古都の夕べ出演

安齋肇率いる「チョコベビーズ」再結成ライブにトリプルファイヤー、クリトリック・リス、古都の夕べ出演

イラストレーター、アートディレクター、ソラミミストとしてお馴染み安齋肇が率いる「チョコベビーズ」がこのたび約15年ぶりに再結成ライブを東高円寺 U.F.O. CLUB にて行うことが決定した。 今回の復活を祝し、トリプルファイヤー、クリトリック・リス、古

xiangyu、初の自主企画にトリプルファイヤーなど追加出演者決定

xiangyu、初の自主企画にトリプルファイヤーなど追加出演者決定

先月、初めての自主企画イベント<香魚荘827>を発表したxiangyu。本日全アーティストを解禁した。 追加発表されたのは、トリプルファイヤー、ぎゅうにゅうとたましい、コメカ(TVOD)、酒向萌実の4組。 先日発表されたテニスコート 、半澤慶樹(PERM

トリプルファイヤー、次回ワンマンは初の2days開催

トリプルファイヤー、次回ワンマンは初の2days開催

トリプルファイヤーのワンマンライヴ「アルティメットパーティー7」の開催が決定した。 今回は初の試みとして、11月22日(金)「アルティメットパーティー7-1」、11月29日(金)「アルティメットパーティー7-2」の二日開催となる。 通常の前売券(一日券)

〈加賀温泉郷フェス2019〉第3弾アーティスト発表、さらに前夜祭、アフターパーティー出演アーティスト発表

〈加賀温泉郷フェス2019〉第3弾アーティスト発表、さらに前夜祭、アフターパーティー出演アーティスト発表

7月20日(土)に石川県加賀市山代温泉の旅館、瑠璃光を貸し切りで開催される、今年8回目を迎える〈加賀温泉郷フェス2019〉。 その第3弾アーティストと前夜祭、アフターパーティー出演アーティストが発表された。 第3弾アーティストは以下の14組。 amiin

タモリ倶楽部で「トリプルファイヤー吉田vs新日本プロレス」

タモリ倶楽部で「トリプルファイヤー吉田vs新日本プロレス」

4月12日(金)放送の「タモリ倶楽部」で「トリプルファイヤー吉田vs新日本プロレス」が放送されることが明らかになった。 番組オフィシャル・ウェブサイト掲載の放送内容によると… 「ついに夢のリングデビューなるか!? トリプルファイヤー吉田vs新日本プロレス

「Output」下北沢SHELTER 3DaysイベントにGANG PARADE、BILLIE IDLE、どついたるねん、トリプルファイヤーら出演

「Output」下北沢SHELTER 3DaysイベントにGANG PARADE、BILLIE IDLE、どついたるねん、トリプルファイヤーら出演

下北沢SHELTERに3日間、那覇の空気がやってくる。 沖縄のライブハウス「Output」店長(ex.下北沢SHELTER店長)上江洲修の新企画〈I Rashiku〉が7月2日~4日の3日間、下北沢SHELTERで開催されることが決定した。 出演は、GA

カネコアヤノ、両A面シングル『愛のままを/セゾン』発売決定

カネコアヤノ、両A面シングル『愛のままを/セゾン』発売決定

カネコアヤノが1年ぶりとなる全国流通作品にして、初の両A面シングル『愛のままを/セゾン』を4月17日に、CD、7インチ、配信の3形態で発売する。 CDは2枚組仕様となっており、DISC1には「愛のままを」と「セゾン」の新曲2曲を収録し、DISC2にはライ

3月16日(土)WWW、WWW X 両店にて開催の〈Alternative Tokyo〉最終ラインナップ発表

3月16日(土)WWW、WWW X 両店にて開催の〈Alternative Tokyo〉最終ラインナップ発表

商業的な方法論的や流行音楽とは一線を引き、時代の流れに捕われない普遍的な音楽を中心に、ART展示やトークセッション等を紹介してしていくショーケース・イベント〈Alternative Tokyo〉。 今回の第3弾発表にて各コンテンツの全貌を紹介。 [MUS

SOSITE、ニュー・アルバム『LUNCH OF THE DEAD』より「マターリング」のMV公開

SOSITE、ニュー・アルバム『LUNCH OF THE DEAD』より「マターリング」のMV公開

3月20日に約5年振りとなるニュー・アルバム『LUNCH OF THE DEAD』をリリースする、加倉ミサト(G/Vo)と小松正宏(Dr)によるオルタナティヴロック・デュオ“SOSITE”の新作ミュージック・ビデオが完成、公開された。 今作は、Boris

And You Will Know Us By The Trail Of Dead、7年ぶりの来日公演、サポートアクトに踊ってばかりの国、トリプルファイヤーの出演決定

And You Will Know Us By The Trail Of Dead、7年ぶりの来日公演、サポートアクトに踊ってばかりの国、トリプルファイヤーの出演決定

98年のアルバム・デビュー以来現在までに7枚のアルバムを発表、ポストロック、オルタナ、プログレ、サイケ等の要素を取り込み、聴くものの心を一瞬にして鷲掴みするドラマティックなサウンドでリスナーを魅了してきたAnd You Will Know Us By T

SOSITE、5年振りの3rdフル・アルバム『LUNCH OF THE DEAD』3月20日リリース

SOSITE、5年振りの3rdフル・アルバム『LUNCH OF THE DEAD』3月20日リリース

透明感あふれるヴォーカルにも定評のある、札幌出身の可憐なギタリスト、加倉ミサトと、bloodthirsty butchers, FOE, Crypt City, アレルギーと幅広く活躍中のドラマー、小松正宏によるオルタナティヴロック・デュオ SOSITE

〈Alternative Tokyo〉が3月16日(土)渋谷WWW、WWW X 両店にて4回目の開催決定、第一弾出演者公開

〈Alternative Tokyo〉が3月16日(土)渋谷WWW、WWW X 両店にて4回目の開催決定、第一弾出演者公開

〈Alternative Tokyo〉とは、商業的な音楽や方法論的な流行音楽とは一線を引き、時代の流れに捕われない普遍的な音楽を中心に、ART展示やトークセッション等を通じてそれぞれのコンテンツを紹介していくことを理想とし実践していくイベント。4回目とな

溝渕匠良、畠山健嗣らによるバンドTHE RATELが初音源リリース!uri gagarn迎えレコ発ライヴも

溝渕匠良、畠山健嗣らによるバンドTHE RATELが初音源リリース!uri gagarn迎えレコ発ライヴも

THE RATELが初音源『Focus EP』を12月16日に自主制作でリリースする。 それに伴い、ツアーやレコ発ライヴも決定した。 THE RATELは2018年よりライヴ活動を開始。ポストパンク、オルタナ、ポストハードコア、カンタベリーなどの要素を内

西中島きなこ、遊佐春菜とのコラボ曲「Soup」を配信限定リリース

西中島きなこ、遊佐春菜とのコラボ曲「Soup」を配信限定リリース

西中島きなこが12月12日に配信限定シングル『Soup(feat.遊佐春菜)』をリリースする。 今作は壊れかけのテープレコーダーズ、Have a Nice Day!(ハバナイ)のほか、トリプルファイヤーなどのライブで鍵盤を担当している遊佐春菜をゲスト・ボ

Collapse

Articles

LIQUIDROOM14周年企画特別鼎談 : ドミコ x トリプルファイヤー

インタヴュー

LIQUIDROOM14周年企画特別鼎談 : ドミコ x トリプルファイヤー

8月16日(木)、LIQUIDROOMの14周年企画の一環として開催される2マン・ライヴ、ドミコ x トリプルファイヤー。2ピースとは思えないガレージ・サウンドを携えたドミコ、そして各方面でじわりじわりと注目を集める、吉田靖直の強烈な歌詞とバンドのグルーヴ…

【対談】bossston・カシマ × トリプル・吉田靖直──「ロックな考え方ができない」コンプレックスから生まれる音楽

インタヴュー

【対談】bossston・カシマ × トリプル・吉田靖直──「ロックな考え方ができない」コンプレックスから生まれる音楽

「熱さもエモーショナルさもないNO EMOTIONAL PUNK BAND」こと、bossston cruizing maniaが、6年ぶり5枚目となるフル・アルバム『IDEA』をリリースした。1993年結成以降、20年以上東京アンダーグラウンド・シーンで…

OTOTOY AWARDS 2017──2017を彩った珠玉の名アルバム──

コラム

OTOTOY AWARDS 2017──2017を彩った珠玉の名アルバム──

今年もやってまいりました“OTOTOY AWARD”。今年もOTOTOY配信中の作品から選りすぐりの30作品を紹介します。さまざまなフォーマットでのリリースも多い最近ですが、ここではあえてのオリジナル・アルバムに絞ってのジャンルを超えた30作品をランキング…

【先行配信】トリプルファイヤー『FIRE』徹底解剖!!スカート澤部を迎え、鳥居真道とともに語り尽くす

インタヴュー

【先行配信】トリプルファイヤー『FIRE』徹底解剖!!スカート澤部を迎え、鳥居真道とともに語り尽くす

「タモリ倶楽部」にてヴォーカル・吉田靖直の特集が組まれるなど、音楽以外の世界からも注目を集めているトリプルファイヤーが、前作より約2年ぶり通算4作目となるアルバム『FIRE』を11月2日にリリースする。録音を馬場友美が、ミックス&マスタリングをillici…

老害と若作りはどっちが恥ずかしい?──谷ぐち順(LessThanTV)×増子真二(DMBQ)×吉田肇(PANICSMILE)によるアラフィフ対談!!

その他

老害と若作りはどっちが恥ずかしい?──谷ぐち順(LessThanTV)×増子真二(DMBQ)×吉田肇(PANICSMILE)によるアラフィフ対談!!

日本のアンダーグラウンド・シーン最重要レーベル〈Less Than TV〉主宰、そして現在はフォーク・シンガー・FUCKERとして活動する谷ぐち順、日本、果ては世界で轟音を鳴らし続けてきたDMBQのリーダーとしてはもちろん、BOREDOMSへの参加やエンジ…

トリプルファイヤー、待望の新作『エピタフ』を先行配信&フル試聴

インタヴュー

トリプルファイヤー、待望の新作『エピタフ』を先行配信&フル試聴

過去2作『エキサイティングフラッシュ』『スキルアップ』での、無駄を削ぎ落としたタイトなグルーヴと意表を突く歌詞センスでリスナーを驚かせたトリプルファイヤー。彼らが約1年半ぶりとなる新作『エピタフ』を発表した。OTOTOYでは本作をどこよりも早く配信するとと…

オルタナティヴ・シーンの長、PANICSMILEの21年間を振り返る

インタヴュー

オルタナティヴ・シーンの長、PANICSMILEの21年間を振り返る

縫い目が粗くも美しいパッチワークのような曲展開と事故が連続多発したような、せわしさと緊張が混じり合ったグルーヴ。常にミュータント過ぎるサウンドを放ち続けるバンドPANICSMILEが、長い充電期間を経て新メンバーとの初アルバムをリリース。今年で結成21周年…

H MOUNTAINS、1stアルバム『GOLD MEDAL PARTY』をトリプルファイヤーが解説!?

レヴュー

H MOUNTAINS、1stアルバム『GOLD MEDAL PARTY』をトリプルファイヤーが解説!?

ニューウェイヴ、サイケ、プログレ、ポップス、あらゆるジャンルを呑み込んだオルタナティヴ・ロック・バンド、H MOUNTAINSの1stフル・アルバムがついにリリース!! リード曲「なんか落ちていないか」の超先行配信とともに行った大森靖子との対談はもうご覧い…

H MOUNTAINS 畠山健嗣×大森靖子――1stアルバム『GOLD MEDAL PARTY』リリース記念対談

インタヴュー

H MOUNTAINS 畠山健嗣×大森靖子――1stアルバム『GOLD MEDAL PARTY』リリース記念対談

大森靖子に「畠山くんのギターはすごい好きだし、同い年だから気に入ってて、どうにか上に持っていきたいって思ってるんです」(「大森靖子と来来来チーム」での取材より)と言わしめた、畠山健嗣が率いるバンド、H MOUNTAINS。2012年ごろからシャムキャッツや…

トリプルファイヤーの新作『スキルアップ』を9人のクロスレビューで

レヴュー

トリプルファイヤーの新作『スキルアップ』を9人のクロスレビューで

もう君は聴いただろうか? 新作『スキルアップ』を先月1月28日(火)よりOTOTOYで先行配信するとともに、驚くべき反響を呼んだトリプルファイヤー。音楽ライター、岡村詩野にも「東京に久々に現れた愛すべきミュータントたち」と言わしめ、その独特な歌詞センスと、…

トリプルファイヤー、待望の新作をOTOTOY先行でリリース!

レヴュー

トリプルファイヤー、待望の新作をOTOTOY先行でリリース!

いま、巷を密かに、でも確実に騒がせているバンド、トリプルファイヤー。確かな演奏力を持ちながらもストイックなまでに削ぎ落とされたサウンド、歌ともラップともお経ともつかない不思議なヴォーカル。紡がれる歌詞はセンスに溢れながら、その内容はどうしようもないほどにリ…

ありそでなかった3ドリンク制パーティー〈MORE FUN〉開催!!

レヴュー

ありそでなかった3ドリンク制パーティー〈MORE FUN〉開催!!

Tシャツ・ブランドとしてスタートしながら、2013年9月には音楽レーベルを旗揚げし、インディー・シーンに焦点を当てた刺激的なイヴェントを数多くプロデュースしているOTOE(音と絵)。そんな彼らが、2014年1月18日(土)、渋谷TSUTAYA O-nest…

View More Articles Collapse
ototoy×disk union 共同企画"NEW SENSATION"第2回トリプルファイヤー

連載

ototoy×disk union 共同企画"NEW SENSATION"第2回トリプルファイヤー

インディーズに力を入れるレコード店disk unionと配信情報サイトOTOTOYがガッチリタッグを組んで、1ヶ月にわたって、たった一つのアーティストを押し続ける企画、「NEW SENSATION」が始まります! この企画でもっとも大事にするのは、バイヤー…

Collapse