album jacket
 How To Buy
TitleDurationPrice
河童 -- 左右  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 02:47
ハキダメに鉛 -- SOSITE  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 02:40
Debug -- ENERGISH GOLF  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 02:17
nanda? -- JIMSY  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 02:14
音楽は武器 -- tnwh  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 02:10
ホーリーマウンテン -- アーバンダンス  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 03:42
PASADENA -- Zeeblebuzz A Knot  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 03:08
モアフリクション -- ソコラノグループ  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 04:51
REACTION -- デマゴーグ  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 03:39
ある朝の夢 -- Bossston Cruizing Mania  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 03:22
ビートルズ -- H MOUNTAINS  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 02:46
newborn baby -- FALSETTOS  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 04:04
ちゃんとしないと死ぬ -- トリプルファイヤー  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 02:56
停電ロック -- tnwh  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 01:32
The Parade -- PANICSMILE  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 02:52
Spring Sale -- ENERGISH GOLF  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 01:57
Listen the trial version of tracks by clicking the circle Total: 46:57
Album Info

93年に福岡で始動した自主レーベル、ヘッドエイクサウンズのオムニバスシリーズ、20年目の第5弾。レコーディングは全て13年の春に東京で行われ、ミックスまで全てPANICSMILE吉田が行っている。CDのリリースは14年1月。全バンド東京のバンドながらも福岡からの発信となる。

Discography

Rock

福岡発、ジャパニーズオルタナパンクシーン最重要バンド PANICSMILE、 記念すべき 10th アルバム。 2017年以降不動となった Gt.Vo 吉田肇 /Gt. 中西伸暢 (IRIKO)/Ba. 二宮 友和 (uIIIn、トンカツ /ex eastern youth、ひょうたん )/Ds. 松石ゲルという編成 の 2 枚目。 2 0 2 0 年 2 月 、メ ン バ ー チ ェ ン ジ 後 初 、約 7 年 ぶ り の 9 t h ア ル バ ム を リ リ ー ス 。 その勢いをそのままに 2020 年は日本各地でレコ発等、活発にライブをする 予定がほぼキャンセルに。 そこで PANICSMILE なりに出した答えが、ツアー日程を使った遠隔作曲 & レコーディング。 そしてそのノリを維持したまま本作は 2020年12月に期間限定で配信版が リリースされている。 住む場所も違う4 人が、楽曲案を出し合い、そこに他のメンバーが音を重ね ていく。そして、その模様をheadachesoundsのYouTube で随時アップ。 僕自身も楽曲が出来ていくのを一緒に感じながら完成を待っておりました。 基本的に吉田さんと中西ノブ発信のギターはかなり無茶ぶりだと聴いてい ましたがあそこから完成形に持っていく様は流石です。 PNICSMILE らしい不協和音フレーズ、奇天烈アンサンブルは炸裂、プラス 今作は二宮と松石からの先行トラックを元に吉田と中西がギターとボーカル を 作 っ て い く と い う 楽 曲 が あ り 、P A N I C S M I L E 史 上 一 番 エ モ ー シ ョ ナ ル な 要 素が詰まっている作品になっているのではないでしょうか。 現 状 打 破 、常 に 変 化 を 求 め て き た P A N I C S M I L E に し か な い パ ン ク ミ ュ ー ジ ッ ク 。 ゲストミュージシャンに福岡の SKA★ROCKETS、九州ロッカーズ、建築写真 などで活躍するマルチプレーヤー・ナカムラユウスケ(keyboad)、ジャケット デザインも福岡在住のデザイナー・さかもと、ミックスは松石ゲル氏、マスタ リングは前作から引き続き、CHIIO、SUMMERMAN、NENGU、ayutthaya等のレコー ディングも手掛けるエンジニア横山令氏が務めている。

11 tracks

北海道出身のギタリスト/ヴォーカリストのミサトと、bloodthirsty butchersのドラマー小松正宏のデュオとして活動していたSOSITEに、2020年新たにベーシストとしてex-PAELLASのbisshiが加入。スリーピース編成となったSOSITEの第二弾シングル作品。今作はこれまで多かったシリアスな楽曲とは打って変わり、ポップでユーモアに溢れた、曲名通り軽やかで弾むような一曲。しかし冷ややかさや暗澹としたものも密かに感じられ、一筋縄ではいかないSOSITE独特の世界観が、三人のバンドアンサンブルによって鮮やかに表現されている。

1 track

デュオからスリーピースバンドへと変貌を遂げたSOSITEが出す初の自主制作シングルCD。今作はBa.bisshi(ex-PAELLAS)が加わったことでアンサンブルが強固になり、SOSITEの特徴であったシリアスさや叙情性がより増した一方、今までにないポップネスが顔を出している。メンバーのセルフプロデュースによる全三曲はそれぞれ表情の違う楽曲にミサトの澄んだヴォーカルが映え中毒性の高いものとなっている。

3 tracks
Rock

福岡発、ジャパニーズオルタナパンクシーン最重要バンドPANICSMILEの、メンバーチェンジ後初となる約6年ぶり9thアルバム。 現メンバーはGu.Vo.吉田肇/Gu.中西伸暢(IRIKO)/Ba.二宮友和(ex-eastern youth/トンカツ/ひょうたん)/Ds.松石ゲルという編成。 絶妙な隙間を作りつつ、ツインギター、ベース、ドラム、唄が徐々に重なり合っていく様、独特なワードチョイスは流石オリジナルなPANICSMILE節でしかないし、さらに削ぎ落とされた洗練したこの4人ならではのタイトでノイジー、ユニークでジャンキーなサウンド、名古屋でマルチで独特な活動を続ける奇才松石ゲル氏によるレコーディングマジックも完璧、何度聴いても新鮮で新しい発見があります。 ラストを飾る"Living in Wonderland"では、The Ratel、MUSQIS等でも活躍するゲストプレーヤー達のホーン隊も相まってPANICSMILEの新たなスーパーアンセムとなっております。 マスタリングはCHIIO、SUMMERMAN、NENGU等のレコーディングも手掛ける若手エンジニア横山令氏。 NUMBER GIRL、MO'SOME TONEBENDER、らと共に九州発で90年代前半からジャパニーズオルタナシーンを作り上げ、独自な活動の甲斐あり現在進行形の今でしかないサウンド、PANICSMILEのこのアルバムでしか聴けない音でしょう。 余談ですが、PANICSMILEギターの中西、アートワークデザインのYARハナフサ(PANICSMILEとも対バンした当時若手オルタナ最大勢力だったFar France (現在休止中))とは、同い年で10年近い付き合い。 間違いなくPANICSMILEを追っていた僕らが、今はその作品を手掛けてる。 長く音楽を続けていると面白い経験が沢山できます。 音楽っていいっすね。

11 tracks
Rock

9 tracks
Rock

盟友ceroをはじめ、数多のアーティストから賞賛の嵐!東京インディー・シーン“最後の刺客”というべきロックでアートなガールズ4ピースFALSETTOS、待ち焦がれた初のオフィシャル・リリースが遂に!!

9 tracks
Rock

トリプルファイヤー、通算4枚目にあたる最新作。録音に馬場友美、ミックス&マスタリングにillicit tsuboi、パーカションにシマダボーイを迎え制作された、新機軸にして最高傑作。

11 tracks
Rock

渋谷クアトロにて開催されたeastern youth主催の「極東最前線」への出演など、着実にライブでの評価を得ている左右。結成以来、桑原美穂と花池洋輝の二人から出す音のみで活動してきたミニマルデュオが2枚目のアルバムを完成させた。前作「スカムレフト スカムライト」から2年。ギター、ベース、バスドラム、ハイハットの音にボーカルを加えた、簡素かつ入り組んだ楽曲構成はそのままに、アプローチはよりユーモラスに、ドライに仕上がり、歌詞もより個人的な言葉が端的に選ばれている。ライブでの人気曲「カンバセイション」「ネイキッド」の他、音響の関係上、限られた会場でしか演奏されない楽曲「ダンス」などを収録。

8 tracks
Rock

過去2作でもじゅうぶんにその片鱗をうかがわせた彼らの特異性はさらに際立ち、今作をもっていよいよ完成の域に到達した感がある。定型化/音楽のテンプレート化が進む現代にあって、時代や文脈を超越した歴史的大傑作の誕生です。前作「スキルアップ」が各方面で話題となり(彼らを支持/賞賛するミュージシャン多数)、テレビ番組出演や、ラジオの年間チャートに入るなど、ひとり歩き状態に。既存のどのヒット・パターンにもあてはまらない、はたしてそれが道なのかどうかすらも正直あやしい独自のコースをひた走る彼らに対し、周囲の期待が熱を帯び異様な高まりをみせる中、ついに届けられる最新作。前作に続き、吉田肇(プロデュース)/松石ゲル(録音/ミックス)と、PANICSMILEの奇才コンビが強力にサポート。今作品をいっそう類稀なものに押し上げている。

12 tracks
Rock

横浜在住、花池洋輝と桑原美穂によるオルタナティブデュオ【左右】。ほぼ楽器未経験の二人がYOUTUBEにアップしたスタジオセッションの様子がネットで反響を呼び、2012年、突然段ボール主催の「第8回深谷ロックフェスティバル」に出演する。その後もPANICSMILE吉田肇主催「Headache sounds SAMPLER live」へのレギュラー出演、オーストラリアの番組制作会社『VICE』への楽曲提供、イギリスの新聞「The Guardian」にアルバムレビューが掲載されるなど、予測できない活動を続ける。70sポストパンク・ノーウェーブの緊張感と、日本人特有の素朴さとぼんくら感がせめぎ合う変則ツーピースです。そんな左右の初のフル・アルバム『スカムレフト スカムライト』。ライブでの人気曲や未発表の新曲を収録。編成はライブ同様ギター、ベース、バスドラム、ハイハットという最小限のバンドセットで、レコーディングは全てメンバーによる一発録り。意図的に削られた音や言葉など、左右を知るには最適な一枚です。

11 tracks

ENERGISH GOLF エネルギッシュゴルフ。花澤(Electribe)、高山(Drs)、新間(B)、OK(G)、Mr.Mushroom(Key)の5人組。スカム、フェイント、キッチュ、居直り、脱線まみれの悦楽ディスコパンク。音源は「Bunker」(CDR 2011)、高円寺円盤より7インチアナログ「Ichinokura EP」(2013)、Panicsmileの吉田肇氏主宰のコンピ「Headache sounds SAMPLER CD volume FIVE」(2014)。

22 tracks
Rock

93年福岡製のPANICSMILE、前作から約5年ぶりの8作目アルバム。また2010年のメンバーチェンジ後初の作品となる。

10 tracks
Rock

Far Franceの畠山健嗣を中心に、東京インディー・シーンで活躍するメンバーで結成された5人組ロックバンド、H MOUNTAINSの1stアルバム。ニューウェイヴ、サイケ、プログレ、ポップス、あらゆるジャンルを呑み込んだトロピカル・オルタナ天国。3曲目、「天国」は盟友来来来チームのカヴァー、マスタリングは中村宗一郎が担当。OTOTOYではアルバム特典として全曲のカラオケ音源付き!! OTOTOYのインタヴュー(http://ototoy.jp/feature/2014031101)にて女性SSW大森靖子に「ヴォーカルをのぞけばいい音源ですからね(笑)。ほかは本当に完璧だと思います」と言われたことであえてのカラオケ音源!!

26 tracks

1stアルバムリリースから約3年、ライブの本数も増え、着実に実力をつけてきたSOSITEの新作は、録音、ミックスを手掛けた、 中村宗一郎、Boris/Atsuoのサウンドセンスが注入された注目作。 1stはインスト曲のみの収録だったが、今作ではギターの加倉がVoをとる楽曲を3曲収録。儚げで透明感溢れる歌声と、繊細な歌詞が、情景的な楽曲を更に引き立てている。 ギターとドラムという最小限のアンサンブルとして、2人のプレイはよりシンクロ度を増し、 彼らの持つクールでストイックな印象に、ハードな部分、ポップさ、そしてファニーな一面も覗かせ、表現力のバリエーションの広がりを見せた傑作!

9 tracks
Rock

トリプル・ギター編成の5人組ロック・バンド、H MOUNTAINS。これまで自主制作で3枚をリリースしてきた彼らが、ついに2014年4月、1stフル・アルバム『GOLD MEDAL PARTY』のリリースが決定!! 先行でアルバムから「なんか落ちてないか」を配信リリース。

1 track
Rock

“高田馬場のJOY DIVISION”の異名をとる「トリプルファイヤー」は2006年結成の4人組バンド。2010年に現編成となり、昨年1st『エキサイティングフラッシュ』リリース後、じわじわと頭角を現し始めました。約1年半ぶりとなる新作は、サウンドプロデューサーに吉田肇(PANICSMILE)を迎え録音。格好良いサウンドにのせて、好きな人にはたまらない&そうではない人にはそれなりの曲が満載です。最近では、今泉力哉監督(『こっぴどい猫』がトランシルヴァニア国際映画祭最優秀監督賞を受賞) による最新作『サッドティー』でトリプルファイヤーが音楽を担当し、東京国際映画祭で上映されるなど、各方面からも彼らに注目が集まっています。

9 tracks
View More Discography Collapse
Collapse

News

ポしな×トリプルファイヤーの2マンが開催決定

ポしな×トリプルファイヤーの2マンが開催決定

ポップしなないでが、7月24日(土)、東京・新代田FEVERにて自主企画「メジャーな音楽」を開催することを彼らのオフィシャルYoutube内の不定期生配信ラジオ「オールナイトニッポし」にて発表した。 さらに対バンにはトリプルファイヤーの出演も決定しており

吉田靖直(トリプルファイヤー)初の書籍『持ってこなかった男』発売決定

吉田靖直(トリプルファイヤー)初の書籍『持ってこなかった男』発売決定

トリプルファイヤーのボーカル、吉田靖直による初の単行本『持ってこなかった男』が2021年2月18日に双葉社より発売される。 これは『EX 大衆』2015年5月号から2020年10月号まで吉田が連載していたコラム「あなたが本気で紅白に出たいなら」に大幅加筆

PANICSMILE、新作AL『PANICSMILE』を配信スタート

PANICSMILE、新作AL『PANICSMILE』を配信スタート

PANICSMILEが、新作アルバム『PANICSMILE』を本日12/29(火)12:00に配信リリースすることを発表した。 今作は2020年2月にリリースされた9thアルバム『REAL LIFE』に続く、2020年2枚目の10thアルバム。コロ

日本全国の先鋭的なオルタナティブアーティストによるアルバム『MITOHOS』デジタル・リリース

日本全国の先鋭的なオルタナティブアーティストによるアルバム『MITOHOS』デジタル・リリース

日本全国の未踏峰音楽たちをコンパイルしたデジタル・アルバム『MITOHOS』がBandcampにてリリースされた。 もともとコロナ禍での生存確認、のモチベーションで始めたプロジェクトだったのが、あれよという間に日本中の18組の素晴らしい才能たちの協力の元

ライブイベント〈東京BOREDOM〉無観客ライブ生配信決定

ライブイベント〈東京BOREDOM〉無観客ライブ生配信決定

8月15日(土)に、ライブイベント〈東京BOREDOM〉が3年ぶりに無観客ライブとして開催されることが決定した。 8月に閉店するライブハウス秋葉原CLUB GOODMANを舞台の中心とし、北海道、京都(CLUB METRO)、大阪(梅田HARDRAIN)

FALSETTOSのMIUKO初ソロ作品『Uncover』を本日配信リリース

FALSETTOSのMIUKO初ソロ作品『Uncover』を本日配信リリース

オルタナ4ピースFALSETTOSのギター/ヴォーカル兼メイン・ソングライターのMIUKO(ミウコ)が、初のオフィシャル・ソロ作品となる7曲入りアルバム『Uncover』を本日配信リリースした。 アルバムは、作詞作曲はすべてMIUKOが手掛け、自身初の日

View More News Collapse
来来来チームとH Mountains、閉店する秋葉原CLUB GOODMANで2マン配信ライヴ開催

来来来チームとH Mountains、閉店する秋葉原CLUB GOODMANで2マン配信ライヴ開催

「商店街ポップ」を標榜する来来来チームと、大森靖子などのサポートでも知られる畠山健嗣率いるH Mountainsが、2020年7月5日(日)に秋葉原CLUB GOODMANから無観客2マンライヴを配信することが決定した。 GOODMANは先日閉店が発表さ

LIQUDIROOMドネーションTシャツシリーズにミツメ、トリプルファイヤーが登場

LIQUDIROOMドネーションTシャツシリーズにミツメ、トリプルファイヤーが登場

これまで電気グルーヴ、坂本慎太郎、サカナクション、女王蜂などが参加、LIQUIDROOMとアーティストたちによる新型コロナ・ウィルス影響下のメッセージTシャツ・プロジェクト〈We will meet again〉。 今回は新たに、ミツメとトリプルファイヤ

『Save Our Place』第8弾で朝日美穂の新曲、ソンソン弁当箱や勃発が参加のコンピほか4作品配信開始

『Save Our Place』第8弾で朝日美穂の新曲、ソンソン弁当箱や勃発が参加のコンピほか4作品配信開始

OTOTOYによるライヴハウス支援企画『Save Our Place』の第8弾となる作品が、2020年5月28日(木)にリリースされた。 今回配信開始されたのは4作品。 朝日美穂が下北沢 leteのために書き下ろした、プライベートスタジオで録音されたシン

NEPO、ヒソミネ支援コンピ『Fourth Place』にAureole、KAGERO、SuiseiNoboAz、zezeco、world’s end girlfriend、siraph、マスドレ宮本ら全67組集結

NEPO、ヒソミネ支援コンピ『Fourth Place』にAureole、KAGERO、SuiseiNoboAz、zezeco、world’s end girlfriend、siraph、マスドレ宮本ら全67組集結

コロナ禍でライブハウスNEPOやヒソミネを休業している中、動画配信サービス「Fourth Place」や、エフェクターケ ーキなどの通販サイト「kilk store」を立ち上げ、どうにか再建しようとしている株式会社キルクが、今回第三弾プロジ ェクトとして

THE RATEL × Taiko Super Kicks 3月に2マン決定!BBS形式のディスカッション企画やライヴ音源配布も

THE RATEL × Taiko Super Kicks 3月に2マン決定!BBS形式のディスカッション企画やライヴ音源配布も

THE RATELとTaiko Super Kicksが3月28日(土)に東京・落合soupで自主企画2マン・イベント〈archive us〉を開催する。 企画タイトルには、"音楽とは時間をアーカイブするものである"という視点をベースに、ライヴという人の

ミツメ自主企画イベントに、ホムカミ、トリプルファイヤーら出演

ミツメ自主企画イベントに、ホムカミ、トリプルファイヤーら出演

毎年恒例となっているミツメの自主企画イベント〈WWMM(わくわくミツメまつり)〉の全出演者とタイムテーブルが発表となった。 メインステージには、古くから縁のある2組、Homecomingsとトリプルファイヤー、さらにKATAにはin the blue s

トリプルファイヤー、2020年最初の自主企画は急きょワンマンに

トリプルファイヤー、2020年最初の自主企画は急きょワンマンに

トリプルファイヤーが2020年2月10日に自主企画を開催する。 当初、対バン形式でのイベント開催を予定していたが、協議の結果、急きょワンマン公演に変更となったとのこと。 先日おこなわれた自身初の二週連続ワンマン、 「アルティメットパーティー7-1」(20

radioDTMアニバーサリーイベントのタイムテーブル発表

radioDTMアニバーサリーイベントのタイムテーブル発表

音楽Podcast番組「radioDTM」の配信500回と10周年を記念したアニバーサリーイベントのタイムテーブルが発表された。 また、イラストレーターの牧野桜とコラボレーションしたオフィシャルグッズの内容も公開され、出演者全員が集合したイラストなどを使

DJ後藤まりこ、1stアルバム収録曲&ダイジェスト公開

DJ後藤まりこ、1stアルバム収録曲&ダイジェスト公開

DJ後藤まりこが12月11日(水)に発売する1st ALBUM『ゲンズブールに愛されて』の収録曲および曲順、そしてアルバムのダイジェストがYouTubeにて公開された。 さらにアルバム発売に伴うレコ発ツアーの沖縄追加公演が決定。ワンマンを予定している公演

radioDTMアニバーサリーイベントにeastern youth出演決定

radioDTMアニバーサリーイベントにeastern youth出演決定

音楽Podcast番組「radioDTM」の配信500回と10周年を記念したアニバーサリーイベントに、eastern youthが出演することが発表された。 これまでに発表されていた、折坂悠太(合奏)、Have A Nice Day!との豪華スリーマンが

Monaural mini plug、11/8にトリプルファイヤーとの2マンイベント開催

Monaural mini plug、11/8にトリプルファイヤーとの2マンイベント開催

各地のイベントやフェスを賑やかし、遂に今年はFUJIROCK FESTIVALにも出演してその存在を知らしめた日本唯一のピンプラユックバンドMonaural mini plug。 前回はOLEDICKFOGGYを招いた自主企画を大成功させた彼らの次なる相

Group2、新曲「Penguin Highway」本日配信リリース

Group2、新曲「Penguin Highway」本日配信リリース

東京を拠点に活動する、男女4人組“靴見るシティサイケバンド”、Group2(グループツー)が9月11日(水)より「Penguin Highway」の配信をスタートした。 昨年末リリースの1stアルバム『Group2』に続く今作は、Yellow Daysや

安齋肇率いる「チョコベビーズ」再結成ライブにトリプルファイヤー、クリトリック・リス、古都の夕べ出演

安齋肇率いる「チョコベビーズ」再結成ライブにトリプルファイヤー、クリトリック・リス、古都の夕べ出演

イラストレーター、アートディレクター、ソラミミストとしてお馴染み安齋肇が率いる「チョコベビーズ」がこのたび約15年ぶりに再結成ライブを東高円寺 U.F.O. CLUB にて行うことが決定した。 今回の復活を祝し、トリプルファイヤー、クリトリック・リス、古

xiangyu、初の自主企画にトリプルファイヤーなど追加出演者決定

xiangyu、初の自主企画にトリプルファイヤーなど追加出演者決定

先月、初めての自主企画イベント<香魚荘827>を発表したxiangyu。本日全アーティストを解禁した。 追加発表されたのは、トリプルファイヤー、ぎゅうにゅうとたましい、コメカ(TVOD)、酒向萌実の4組。 先日発表されたテニスコート 、半澤慶樹(PERM

トリプルファイヤー、次回ワンマンは初の2days開催

トリプルファイヤー、次回ワンマンは初の2days開催

トリプルファイヤーのワンマンライヴ「アルティメットパーティー7」の開催が決定した。 今回は初の試みとして、11月22日(金)「アルティメットパーティー7-1」、11月29日(金)「アルティメットパーティー7-2」の二日開催となる。 通常の前売券(一日券)

〈加賀温泉郷フェス2019〉第3弾アーティスト発表、さらに前夜祭、アフターパーティー出演アーティスト発表

〈加賀温泉郷フェス2019〉第3弾アーティスト発表、さらに前夜祭、アフターパーティー出演アーティスト発表

7月20日(土)に石川県加賀市山代温泉の旅館、瑠璃光を貸し切りで開催される、今年8回目を迎える〈加賀温泉郷フェス2019〉。 その第3弾アーティストと前夜祭、アフターパーティー出演アーティストが発表された。 第3弾アーティストは以下の14組。 amiin

タモリ倶楽部で「トリプルファイヤー吉田vs新日本プロレス」

タモリ倶楽部で「トリプルファイヤー吉田vs新日本プロレス」

4月12日(金)放送の「タモリ倶楽部」で「トリプルファイヤー吉田vs新日本プロレス」が放送されることが明らかになった。 番組オフィシャル・ウェブサイト掲載の放送内容によると… 「ついに夢のリングデビューなるか!? トリプルファイヤー吉田vs新日本プロレス

「Output」下北沢SHELTER 3DaysイベントにGANG PARADE、BILLIE IDLE、どついたるねん、トリプルファイヤーら出演

「Output」下北沢SHELTER 3DaysイベントにGANG PARADE、BILLIE IDLE、どついたるねん、トリプルファイヤーら出演

下北沢SHELTERに3日間、那覇の空気がやってくる。 沖縄のライブハウス「Output」店長(ex.下北沢SHELTER店長)上江洲修の新企画〈I Rashiku〉が7月2日~4日の3日間、下北沢SHELTERで開催されることが決定した。 出演は、GA

Collapse

Articles

LIQUIDROOM14周年企画特別鼎談 : ドミコ x トリプルファイヤー

インタヴュー

LIQUIDROOM14周年企画特別鼎談 : ドミコ x トリプルファイヤー

8月16日(木)、LIQUIDROOMの14周年企画の一環として開催される2マン・ライヴ、ドミコ x トリプルファイヤー。2ピースとは思えないガレージ・サウンドを携えたドミコ、そして各方面でじわりじわりと注目を集める、吉田靖直の強烈な歌詞とバンドのグルーヴ…

【対談】bossston・カシマ × トリプル・吉田靖直──「ロックな考え方ができない」コンプレックスから生まれる音楽

インタヴュー

【対談】bossston・カシマ × トリプル・吉田靖直──「ロックな考え方ができない」コンプレックスから生まれる音楽

「熱さもエモーショナルさもないNO EMOTIONAL PUNK BAND」こと、bossston cruizing maniaが、6年ぶり5枚目となるフル・アルバム『IDEA』をリリースした。1993年結成以降、20年以上東京アンダーグラウンド・シーンで…

OTOTOY AWARDS 2017──2017を彩った珠玉の名アルバム──

コラム

OTOTOY AWARDS 2017──2017を彩った珠玉の名アルバム──

今年もやってまいりました“OTOTOY AWARD”。今年もOTOTOY配信中の作品から選りすぐりの30作品を紹介します。さまざまなフォーマットでのリリースも多い最近ですが、ここではあえてのオリジナル・アルバムに絞ってのジャンルを超えた30作品をランキング…

【先行配信】トリプルファイヤー『FIRE』徹底解剖!!スカート澤部を迎え、鳥居真道とともに語り尽くす

インタヴュー

【先行配信】トリプルファイヤー『FIRE』徹底解剖!!スカート澤部を迎え、鳥居真道とともに語り尽くす

「タモリ倶楽部」にてヴォーカル・吉田靖直の特集が組まれるなど、音楽以外の世界からも注目を集めているトリプルファイヤーが、前作より約2年ぶり通算4作目となるアルバム『FIRE』を11月2日にリリースする。録音を馬場友美が、ミックス&マスタリングをillici…

老害と若作りはどっちが恥ずかしい?──谷ぐち順(LessThanTV)×増子真二(DMBQ)×吉田肇(PANICSMILE)によるアラフィフ対談!!

その他

老害と若作りはどっちが恥ずかしい?──谷ぐち順(LessThanTV)×増子真二(DMBQ)×吉田肇(PANICSMILE)によるアラフィフ対談!!

日本のアンダーグラウンド・シーン最重要レーベル〈Less Than TV〉主宰、そして現在はフォーク・シンガー・FUCKERとして活動する谷ぐち順、日本、果ては世界で轟音を鳴らし続けてきたDMBQのリーダーとしてはもちろん、BOREDOMSへの参加やエンジ…

トリプルファイヤー、待望の新作『エピタフ』を先行配信&フル試聴

インタヴュー

トリプルファイヤー、待望の新作『エピタフ』を先行配信&フル試聴

過去2作『エキサイティングフラッシュ』『スキルアップ』での、無駄を削ぎ落としたタイトなグルーヴと意表を突く歌詞センスでリスナーを驚かせたトリプルファイヤー。彼らが約1年半ぶりとなる新作『エピタフ』を発表した。OTOTOYでは本作をどこよりも早く配信するとと…

オルタナティヴ・シーンの長、PANICSMILEの21年間を振り返る

インタヴュー

オルタナティヴ・シーンの長、PANICSMILEの21年間を振り返る

縫い目が粗くも美しいパッチワークのような曲展開と事故が連続多発したような、せわしさと緊張が混じり合ったグルーヴ。常にミュータント過ぎるサウンドを放ち続けるバンドPANICSMILEが、長い充電期間を経て新メンバーとの初アルバムをリリース。今年で結成21周年…

H MOUNTAINS、1stアルバム『GOLD MEDAL PARTY』をトリプルファイヤーが解説!?

レヴュー

H MOUNTAINS、1stアルバム『GOLD MEDAL PARTY』をトリプルファイヤーが解説!?

ニューウェイヴ、サイケ、プログレ、ポップス、あらゆるジャンルを呑み込んだオルタナティヴ・ロック・バンド、H MOUNTAINSの1stフル・アルバムがついにリリース!! リード曲「なんか落ちていないか」の超先行配信とともに行った大森靖子との対談はもうご覧い…

H MOUNTAINS 畠山健嗣×大森靖子――1stアルバム『GOLD MEDAL PARTY』リリース記念対談

インタヴュー

H MOUNTAINS 畠山健嗣×大森靖子――1stアルバム『GOLD MEDAL PARTY』リリース記念対談

大森靖子に「畠山くんのギターはすごい好きだし、同い年だから気に入ってて、どうにか上に持っていきたいって思ってるんです」(「大森靖子と来来来チーム」での取材より)と言わしめた、畠山健嗣が率いるバンド、H MOUNTAINS。2012年ごろからシャムキャッツや…

トリプルファイヤーの新作『スキルアップ』を9人のクロスレビューで

レヴュー

トリプルファイヤーの新作『スキルアップ』を9人のクロスレビューで

もう君は聴いただろうか? 新作『スキルアップ』を先月1月28日(火)よりOTOTOYで先行配信するとともに、驚くべき反響を呼んだトリプルファイヤー。音楽ライター、岡村詩野にも「東京に久々に現れた愛すべきミュータントたち」と言わしめ、その独特な歌詞センスと、…

トリプルファイヤー、待望の新作をOTOTOY先行でリリース!

レヴュー

トリプルファイヤー、待望の新作をOTOTOY先行でリリース!

いま、巷を密かに、でも確実に騒がせているバンド、トリプルファイヤー。確かな演奏力を持ちながらもストイックなまでに削ぎ落とされたサウンド、歌ともラップともお経ともつかない不思議なヴォーカル。紡がれる歌詞はセンスに溢れながら、その内容はどうしようもないほどにリ…

ありそでなかった3ドリンク制パーティー〈MORE FUN〉開催!!

レヴュー

ありそでなかった3ドリンク制パーティー〈MORE FUN〉開催!!

Tシャツ・ブランドとしてスタートしながら、2013年9月には音楽レーベルを旗揚げし、インディー・シーンに焦点を当てた刺激的なイヴェントを数多くプロデュースしているOTOE(音と絵)。そんな彼らが、2014年1月18日(土)、渋谷TSUTAYA O-nest…

View More Articles Collapse
ototoy×disk union 共同企画"NEW SENSATION"第2回トリプルファイヤー

連載

ototoy×disk union 共同企画"NEW SENSATION"第2回トリプルファイヤー

インディーズに力を入れるレコード店disk unionと配信情報サイトOTOTOYがガッチリタッグを組んで、1ヶ月にわたって、たった一つのアーティストを押し続ける企画、「NEW SENSATION」が始まります! この企画でもっとも大事にするのは、バイヤー…

Collapse