サウンドデザイナーであり、ドラマーのKUJUN(ex.poodles)と、ギタリスト小笠原峰生が結成したユニット、Khaki。1stアルバム『透明な街』をこのたびリリースする。藤岩聡子、浦田真由子(Roswells等で活動、Strobo、DACHAMBO等に参加)をゲスト・ミュージシャンに迎えての作品となった。「聴いていて気持ちいいという単純なよろこびを感じてほしい」という彼らが、今回OTOTOYで24bit/96kHzの高音質音源を用意してくれた。そのなかから軽やかなメロディが身体に染み込んでいく「牛乳とハチミツ」を、フリー・ダウンロードでお届けする。インタヴューとともに美しいアンビエントな世界に足を踏みこんでもらえればと思う。

>>>「牛乳とハチミツ」のフリー・ダウンロードはこちらから(〜6/6まで)


Khaki / 透明な街

【価格】
HQD 単曲 250円 / まとめ購入 1,200円
mp3 単曲 200円 / まとめ購入 900円

【Track List】
1. Reborn / 2. 透明な街 / 3. 井の頭池 / 4. Magic Hour / 5. 牛乳とハチミツ


INTERVIEW : Khaki

元poodlesのKUJUNと小笠原峰生が結成したユニット、Khaki。彼らの初の音源となる『透明な街』をリリースする。彼らが期間を決めず、いっさいの妥協をせずに練りあげたという今作には、透き通るような世界観を持った5曲が収録されている。今回は、時間をかけて大切に楽曲と向き合った彼らのこだわりと、アルバムに込められた思いなどをうかがった。都会には非現実感があると語るKUJUNが見る『透明な街』とは、どんな風景なのだろうか。このインタヴューを読んで思い浮かべた風景を心に描きながら、もう一度『透明な街』に流れる音楽に耳を傾けてもらえたら幸いである。

インタビュー & 文 : 前田将博

ライヴをやらなくてもいいから、とにかく良い音楽を作ろう

——ユニット名のKhakiは、とても音楽に合っている名前ですよね。

KUJUN : すごい悩んでいっぱい候補が出たんですけど、思いつきです。(小笠原が)カーキ色の服をよく着ているからですかね(笑)。もうアラフォーだし、年齢的にもそういった渋い色合いが似合うというか、土色でアースカラーな感じが曲にあっているかなって。

——おふたりはpoodlesのことから一緒にやられていますよね。音楽性もpoodlesのアンビエントよりな部分や、繊細なところを広げていったような印象を受けました。

小笠原峰生(以下、小笠原) : poodlesはバンドなので、ジャムってグルーヴを出すところを主眼に置いていたんですけど、今回は2人だけのユニットなのでちょっと変えていこうと思っていました。つくり方を変えると自然に中身も変わっていくので、poodlesとは少し広がり方が違うのかなと。
KUJUN : ソロ活動ではアンビエントをよく作るんですが、poodles時代のドラマー視点より、もっとフロント側で曲を作りたかったんですよね。バンドをやろうっていうよりは、ライヴをやらなくてもいいから、とにかく良い音楽をつくろうっていうコンセプトがありました。

KUJUN

——曲はどうやって作っているんですか?

KUJUN : ふたりで毎週会って、ギターやプリセットのドラム、ループを組んだりしてネタだしするのを、2年くらいやってたよね。そのなかでいいと思ったやつをミックスして完成させたって感じですね。
小笠原 : 今回はそれぞれの楽器担当がいてつくる感じではなかったので、ある意味制限がないんですよ。どうアレンジするかも、いろいろ試したし。そのぶん、なかなか決められなかったっていうのはあるかも(笑)。
KUJUN : でも、その過程があったから良い曲になったよね。
小笠原 : そうそう。すごく時間かけただけあって、曲も成長したと思いますね。
KUJUN : 前もって発売日から逆算して曲をつくらなきゃいけない場合もあるじゃないですか。それをはずして、長い時間をかけて曲を作りたかった。

——納得できるまで試行錯誤したと。

KUJUN : いままでも妥協していたわけではないけどね。

——では、もともと完成形が見えていたというよりは、煮詰めていった結果、こういう音楽になった。

小笠原 : 最終目標があって、そこを目指したって感じはないですね。自然とこういうふうになっていったのかな。
KUJUN : 僕はもともとこういう音楽の作り方が個人的には好きなんです。あとは、生きている環境が関連しているかも。

聴いてて気持ちいいっていう単純なよろこび

——生きている環境というと?

KUJUN : 例えば、小笠原が住んでいる武蔵野に通ったりとか、逆に僕のスタジオのほうに来てもらったりするときに、環境や雰囲気が毎日違うわけじゃないですか。そういうものも還元しているんですよ。

——なるほど。僕が今回のアルバムを聴いていて、おふたりが住んでいる東京の雑踏や忙しない感じとは、少し離れたところにある音楽だと思ったんです。だからそういった環境が反映されているとしたら、むしろアンチテーゼになっているのかなって思ったんですよね。

KUJUN : なるほどね! 僕はいまもDJをやっているんですけど、最近はDJバーだけじゃなくて、カフェとバーとギャラリーが一体化していろんなコンセプトが入ってるお店が増えてきたので、だんだんそっちのほうに行くようになったんですよ。ライヴ・ハウスも、ちょっとワーク・ショップをやっていたりとか、いろんなタイプのお店が増えてきて。だから、カフェっぽいところでうけそうなものとか、ギャラリーでも演奏できるようなアイデアもありましたね。

——たしかに、カフェなどには合っていますね。一般的な日常というよりは、おふたりの日常がそのまま反映されているんですね。

小笠原 : 僕個人としてはこの1年くらいハイレゾにはまってて、良い音で音楽を聴くことにすごい興味があって。なので、聴いてて気持ちいいっていう単純なよろこびみたいなものも、すごく感じてほしいんですよ。

——それを感じられるような曲を作った。

小笠原 : もちろん生で聴くのが一番良いんだけど、やっぱりスタジオで聴く音はすごいんですよ。CDの音もがんばってはいるんだけど、やっぱりそこには敵わないわけです。でも、最近はハイレゾが出てきて、(リスナーに)渡せる音自体が遜色ないものになってきている。これは時代のメリットだと思うので、今回はぜひ高音質のほうを買っていただきたいですね。
KUJUN : 伝えたい部分がそっち側なんですよ。あとは、ダウンロードする際のインターネット回線のスピードが上がってくれればいいよね(笑)。
小笠原 : 例えば5曲目の「牛乳とハチミツ」とかは、キャッチーなメロディがあってポップな感じだと思うんですけど、鳴ってるバスドラの音とかはものすごく低い音なんですね。その低音の上にメロディがふわっと乗っている感じが、高音質だと聴けるんじゃないですかね。ヘッドフォンもiPhoneの付属のものだと低音が鳴らないんですけど、ちょっとお金を出して2000~3000円くらいのを買ってもらうと下のほうまで再生できると思います。そういうところまで感じてほしいですね。

小笠原峰生

——「井の頭池」ではフィールド・レコーディングされた音が使われていますが、あれもすごく生々しいですよね。あれは実際に井の頭公園で録ったものなんですか?

小笠原 : KUJUNのフィールドものをやろうって発想で、井の頭池の周りで録っています。これが良い音で録れるんですよ。井の頭公園に神田川のもとが湧いてるところがあるんですけど、そこでちょろちょろ湧き出る水の音を録ったりとか。
KUJUN : 貴重な音源だね!
小笠原 : ここから湧き出た水(お茶の水)が東京を横断するわけですからね(笑)。あとは、白鳥のスワン・ボードの「ぱしゃぱしゃ」って音を日曜の昼とかに行って録ったり。井の頭池の真ん中の橋で足音なんかも録っています。

——この曲がアルバムの真ん中の3曲目に収録されていますが、ここからアルバムの流れが少し変わっている印象を受けました。前半は朝がはじまるような雰囲気なんですけど、4曲目はエレキの音なども入っていて、少し重い午後な感じなのかなって。

小笠原 : 流れ的にそうかもしれないですね。「井の頭池」は、ちょっと箸休めみたいなところはあります。
KUJUN : そして5曲目は次のアルバムに繋がる感じですね。

——今回のアルバムには、ゲスト・ミュージシャンとしてピアノの藤岩聡子さんとパーカッションの浦田真由子さんが参加されています。

小笠原 : 2曲目は全員でコーラスも入れていますし、1、2、5曲目は、藤岩聡子さんにピアノを弾いてもらったので、深みが全然違って、曲のグレードがあがりました。

——曲のミックスは小笠原さんは行っているとのことですが、ソフトをこれまで使っていたPro ToolsからAbleton Liveに変えたとうかがいました。

小笠原 : KUJUNがディレクションして僕がミックスをしています。Ableton Liveはライヴのパフォーマンスでも使えるようにできているんですけど、フレーズをカット・アップしてつくっていけるっていうPro Toolsにはない機能があるんです。バンドサウンド以外の打ち込みフレーズなど、ふたりで作り上げたという感じです。4曲目とかは特にフレーズや楽器を抜き差しして作っているので、Ableton Liveならではの曲だと思います。

都会に住んで生きていると、非現実感ってないですか?

——なるほど。ちなみに、アルバム・タイトルの『透明な街』には、どのような思いが込められていますか?

小笠原 : 透明感ていうのは、今回のアルバムのキーワードですかね。

——『透明な街』と聴いたときに、はじめはガラス張りの高層ビルが立ち並んでるような都会的なイメージを持ちました。でも、アルバムを聴いた上で考えると、井の頭公園みたいな大きい公園があって、人がまばらで閑散としているような街のイメージが浮かびました。おふたりは『透明な街』と聴いてどのような風景をイメージしますか?

KUJUN : たしかに、グラス感とかそういうほうに行きがちなんだけど、僕がこの言葉を思いついたとき、逆に人の実態がない感じがしました。人を見透かすとか、内面を見ている感じなんですよ。ビルのなかの生活や営みとか、そういうものが透けて見えるような。

——心のなかの風景みたいなものでしょうか?

KUJUN : もしくは、ありえない街みたいな。それを上から透かして見ているようなイメージかな。
小笠原 : 夏より冬のほうが空気が透明な感じがするじゃないですか。僕としては、そういうイメージなんですよね。ミックスしてしあげたのが2月~3月くらいだったっていうのもあるかもしれないですけど。井の頭池を録音したのも寒いときだったし。そのくらいの季節って光が強くないじゃないですか。斜めから差していて、ちょっと現実感がない気がするんです。4曲目の「Magic Hour」っていうのは日没後の数分間どこにも陰ができない時間帯のことなんですけど、曲に対して通底するイメージがあるんですね。具体的なイメージというよりは、曖昧な光の感じがイメージとしてあります。あと、アルバム・タイトルを英語にした場合はどうしようか? という話になったときに、「City of Glass」っていうポール・オースターの小説が浮かんだんですよね。ニューヨークのお話ですが、透明感の他にも、いろんなイメージを投影できる印象です。

——非現実的で曖昧なイメージが共通してあると。

KUJUN : 都会に住んで生きていると、非現実感ってないですか? 見知らぬ人とすれ違うときに、この人は本当に存在しているのかなって思ったりとか。その人とは二度と会わないかもしれないし、前にも会ったかもしれない。そういう見方をしてしまっている自分や、見透かしちゃっている自分がいたりとか。透明といっても、ガラスとかは反射していますよね。その人と僕自身の心に反射しあって映っているイメージがありのままの姿で、自分自身が意識している様には、相手には写っているわけではない。

——最後に個人的にお聴きしたいんですけど、おふたりとも長く音楽を続けていますが、その原動力はなんだと思いますか?

KUJUN : 音楽の専門学校に通っていたときに、ゴスペルの先生が「音楽の神様は女神様だよ」って教えてくれたんですよ。ずっとやってるってことは、女神が俺を見捨てないでいてくれてるんだって思います(笑)。あとは、僕は音楽に何度も救われているから、たぶん音楽がなかったら死んでいました。失恋したり、いろいろな問題を抱えたときも、最後には音楽が音圧で悩みを吹き飛ばしてくれて、救われたことが本当にいっぱいあるからすごく感謝しているんです。たぶん、それだけですね。

——音楽に恩返しをしていると。

KUJUN : 返しているというか、やらせてもらっているというか。ビジネスとしてやっていると、お客さんに気に入ってもらいたいっていうのもあるけど、その前提にはそういう思いがあります。音楽だけは裏切らないんです。

——小笠原さんはいかがですか?

小笠原 : 自己実現をするためとか、就活なんかでよくあるじゃないですか。陳腐な感じでいうと、僕はたぶんそれなんですよ。

——自分を表現できるのが音楽であると。

小笠原 : 根底には音楽が好きだっていうのがあると思うんです。去年高音質にはまったときも、「これはすごい!」とか思えるわけですよ。名盤を聴き直して、「こんな音が入っていたのか!」とか(笑)。年齢によっても違って聴こえたりするし。

——自分の状況によっても音楽の聴こえ方は変わりますよね。

小笠原 : そうです。こういう協力関係があって、自分でそういうものをリリースできる環境にあるのは、すごい素晴らしいことだと思うんですよ。タイミングもあるだろうし、なかなかできないことだと思う。僕にとってはすごいことなんですよ。

——それができる状況にあるから続けて行くと。

小笠原 : そういうことですね。

RECOMMEND

田中茉裕 / 小さなリンジー

現役女子高生という若きシンガー・ソングライター、田中茉裕。6才よりピアノを学び、12才から3年間シンガポールで生活。その頃から作詞、作曲を始める。2010年に行われたEMI Music Japan50周年記念オーデション「REVOLUTION ROCK」で歌唱力が審査員の絶賛を受け、現在は某音大付属高校のピアノ科に在籍し、都内を中心にライヴ活動中。

Predawn / A Golden Wheel (HQD ver.)

Predawn(プリドーン=夜明け前)を名乗る、女性ソロ・シンガー・ソングライター。かわいらしくも凛としたたたずまいと、天性の声に魅了されるリスナーが続出している。UKロック、オルタナティヴ・ロック、ルーツ・ミュージックを独自に昇華し、少々ひねくれつつもドリーミングかつヒーリング的な聴き心地が融合した音楽は、国内において類を見ない。対バンや口コミによりミュージシャンからの支持も厚く、今までにandymori、QUATTRO、Eccyの作品に参加。

>>Predawnの特集ページはこちら

吉田ヨウヘイgroup / From Now On

レインボータウンFM、北海道ノースウェイブ等でピックアップされ、岡村詩野ら著名音楽評論家も太鼓判を押す、吉田ヨウヘイgroup。和製ダーティー・プロジェクターズ、遂に全国リリース。

PROFILE

Khaki

サウンドデザイナー、ドラマーのKUJUNと、ギタリスト小笠原峰生のユニット。アコースティック・ギター、エレキギターを基調に、ベース、ドラム、プログラム、作曲、ミックス等を2人でこなす。ゲスト・ミュージシャンに藤岩聡子(上原ひろみを輩出した疋田範子氏にピアノを師事)、浦田真由子(Roswells等で活動、Strobo、DACHAMBO等に参加)を迎える。

>>Khaki official HP

o

 
 

"freedl"の最新アーカイヴ

【新曲追加】演者と観客がひとつのバンドになった「街」で起こる大合唱『清 竜人 TOWN』
[FREEDL]・2016年12月05日・演者と観客がひとつのバンドになった「街」で起こる大合唱『清 竜人 TOWN』 2016年12月5日に発表された、清 竜人の新プロジェクト『TOWN』。演者と観客との境界線をなくし、ひとつのバンド『TOWN』として一緒に歌い、演奏し、作品を残すことをコンセプトに発表された曲はOTOTOYからフリー・ダウンロードが可能です。 『TOWN』楽曲 ※ダウンロードはOTOTOYの無料会員登録が必要です。※ダウンロードはPCからのみです。※PCからのダウンロードには歌詞pdfが同梱、OTOTOYアプリでお聴きの場合は、プレゼントボックスのアイコンをクリックすると歌詞が表示されます。(一部歌詞なし楽曲もあります)>>OTOTOYアプリとは 5月22日『清 竜人 TOWN Vol.5』PHOTO 4月10日『清 竜人 TOWN Vol.4』PHOTO 3月13日『清 竜人 TOWN Vol.3』PHOTO 2月20日『清 竜人 TOWN Vol.2』PHOTO 2月2日『清 竜人 TOWN Vol.1』REPORT 今まで見たこともないようなエンターテインメントが現れた。その名は「清 竜人 TOWN」
大阪から届いた強烈な宅録プロジェクト、音に敏感!! 8作一斉配信&1曲フリーDL
[FREEDL]・2014年01月16日・大阪から届いた強烈な宅録プロジェクト、音に敏感!! 8作一斉配信&1曲フリーDL まわりの意見に流されることなく、自分のやりたいことをダイレクトに楽曲に活かし、「さあ、どうだ!!」と迫ってくるアーティストに出会う機会が減った気がする。もちろん名前のあるミュージシャンや、ベテラン・ミュージシャンなどでそういう人はいるけれど、まだ無名ながら前のめりな勢いでやってくる人は多くない。少なくとも、2年近くOTOTOYに来る個人からの配信希望の担当をしている身としては、そう感じることが増えた。 そんななか、「これが自分のすべてなんだ!!」という強い主張を感じるアーティストが久しぶりにやってきた。それが西中島きなこによるソロ・プロジェクト、音に敏感だ。本来なら1月中旬にシングルとミニ・アルバム2作品を配信するはずだったのだが、年末にかけて音源が大量に届き、あれよあれよと8作品ものタイトルが配信スタート。大晦日、そして正月から配信スタートしてほしいと、一刻も早く自分の作品を公表したいという強い想いが伝わってきた。そんな音に敏感の楽曲は、西中島一人の手によって宅録で打ち込み主体で制作されている。訊けば、彼が作る楽曲、そして
by 西澤 裕郎
LOOLOWNINGEN & THE FAR EAST IDIOTSが生み出す唯一無二のオルタナティヴ・ブルーズ、1stアルバム配信&1曲フリーダウンロード
[FREEDL]・2016年11月02日・これは「バトルス × ダーティー・プロジェクターズ meets 坂本慎太郎」?──LOOLOWNINGEN & THE FAR EAST IDIOTS初アルバム配信 マヒルノ、MUSIC FROM THE MARS、school food punishmentの元メンバーというツワモノどもが集まったトリオ、LOOLOWNINGEN & THE FAR EAST IDIOTS(ルロウニンゲン・アンド・ザ・ファー・イースト・イディオッツ)の1stアルバムがリリースされた。「水墨画のような」「一筆書きのような」と形容される楽曲を、休符や空耳まで駆使したアンサンブルで鳴らす、唯一無二のオルタナティヴ・ブルーズ。東京アンダーグラウンド・シーンの未踏峰へ辿り着いたと言える作品を、OTOTOYではハイレゾ配信! さらに1曲、「バグとデバッグ(Bug And Debug)」を期間限定無料配信でお届けする。 期間限定フリーダウンロード「バグとデバッグ(Bug And Debug)」 LOOLOWNINGEN & THE FAR EAST IDIOTS / CREOLES'【Track List】01. 未踏峰(We Cl
京都のスーパーノアのギター&ヴォーカル、井戸健人のソロ・プロジェクト「イツキライカ」より1stフル・アルバム配信
[FREEDL]・2016年11月01日・関西の音楽家たちと紡いだまばゆいフォーキー・サウンド──イツキライカ、初フル・アルバム配信 スーパーノアのギター/ヴォーカルとしても活動する井戸健人によるソロ・ユニット、イツキライカ。2012年のミニ・アルバム『ピンホール透過光』以降、4年ぶりとなる本作は、自身のバンド、スーパーノアのメンバーをはじめ、LLamaやBaa Baa Blacksheeps、白黒ミドリ、サルバ通りなど同じく関西を拠点とするメンバーを迎えて、まばゆいばかりのギター・アンサンブルと歌声のハーモニーで街の情景を描いた11編の楽曲を収録。アルバム配信と共に、そのなかから2曲目の「Kind of Lou」を期間限定フリーダウンロードでお届けする。 スーパーノアがポスト・ロック的なアプローチで刹那さを感じさせる音楽であるのに対し、イツキライカはコラージュでつくりあげたような音像であり牧歌的だ。イツキライカとして音楽を生み出すこと、その意識の違いや制作過程について井戸健人に話を聞いた。期間限定フリーダウンロード「Kind of Lou」 イツキライカ / Kind of Blue'【Track List】01. おきざりの庭で02. Ki
【期間限定6曲フリーDL】8度目のアメリカ・ツアーに渡ったELEKIBASS、約2年半ぶりの新作先行配信&インタヴュー
[FREEDL]・2016年10月25日・音楽と純粋に向き合うとはどういうことか──ELEKIBASS、新アルバム先行&6曲フリーDL サカモトヨウイチとカメダジュンペイ”JP”によるポップ・デュオ、ELEKIBASSが11月9日にリリースするニュー・アルバム『Theme of Melancholic Matilda』の先行配信をスタートした。かねてから強い海外志向を持ち、オブ・モントリオールとの交流も深く2015年までに7度のアメリカ・ツアーを重ねてきた彼らであるが、今年2016年の8月に再びアメリカへ。ジョージア州アセンズで開催されたインディポップ・ミュージックのフェスティバル〈Athens Popfest〉にディアフーフやエルフ・パワー、ダニエル・ジョンストンらとともに出演してきたのである。 そのアメリカへ提げていくために作られたのが今回のアルバムだというが、なんとおもしろいことに収録楽曲は幕間の楽曲を除きすべて2012年にレコーディングを終えていたらしい。なぜこの4年間楽曲を眠らせ、そしていまアルバムのリリースに至ったのか。そこにはごく簡単で、しかしELEKIBASSの核ともいえる理由が眠っていた。OTOTOYではアルバムのなかから計6曲
【期間限定フリーDL】スウェーデンのポップ職人デュオ、MARCHING BANDより3年ぶりの新アルバム、ハイレゾ配信
[FREEDL]・2016年10月07日・MARCHING BAND祝来日! ゆーきゃんが案内する傑作4thアルバム『So Much Imagine』 MARCHING BANDの前作『So Much Imagine』は、2人だけで制作された全21曲、70分超の濃厚なポップ・アルバムだった。みんなが口をそろえて言った「魔法がかったメロディー、繊細なアレンジ、果てしない多幸感」。そして2014年の奇跡的な来日公演は、とにかく“from Sweden, via US-INDIE, to everywhere”。夢の国で生まれたような彼らのサウンドを聴いた者は、決まって恋に落ちたのだ。 そんな彼らの新作は「温かく迎えてくれた日本のファンへの恩返しでもあり、12年にも及ぶ彼らの音楽活動の、集大成とも言える作品」でもあるらしい。 これまでにカーディガンズやクラウドベリー・ジャムなどの作品を生んだスウェディッシュ・ポップの聖地である〈タンバリン・スタジオ〉でレコーディングされ、曲ごとに異なる7人のミキサー(驚くべきことに、そこにはWATER WATER CAMELの田辺玄も名を連ねている)を起用したというこの『Heart Jewel』は、一聴して『So Mu
伊豆のバンド、ヤングの『ニューパーク』配信開始! 歌いだす楽曲で全国のフロアをステップさせる!!
[FREEDL]・2013年08月29日・ 豊かな自然と海、そしてちょっとヘンテコな博物館が多い静岡県・伊豆。そんな伊豆で生まれ、「かわいい女の子スタジオ」というこれまたちょっと不思議な名前のスタジオを拠点とするロック・バンドがいる。その名はヤング。昨年まで乍東十四雄(さとうとしお)という名で活動していた5人組ロック・バンドである。SEBASTIAN X、フジロッ久(仮)、シャム・キャッツらと肩を並べ、ライブ・ハウス「南池袋ミュージック・オルグ」などを中心とする東京インディ・シーンの中で活躍してきた。2008年にはフジロックの新人ステージ「ルーキー・ア・ゴーゴー」への出演も果たしている。そして今回、ヤング改名後初となるアルバム『ニューパーク』をリリース! >>「ももいろダンス」のフリー・ダウンロードはこちら ヤング / ニューパーク'【配信価格】WAV、mp3ともに 単曲 200円 / アルバム購入 1,600円【Track List】''01. ももいろダンス / 02. やってみようよ / 03. Day to Day / 04. レストラン / 05. タイム / 06. ムーンのライト / 07. 国語と天丼 / 08. パーク ヤングのサ
by 梶原 綾乃
JariBu Afrobeat Arkestra『AfroSoundSystem』text by 渡辺裕也
[FREEDL]・2009年07月31日・ フェラ・クティの魂はここにもある フェラ・クティが自身の作り上げた音楽を「アフロビート」と名付けてから40年以上、そのフェラが亡くなって10年以上の月日が経った今でもなお、アフロビートは世界中で支持され、受け継がれてきている。 先日のフジ・ロック・フェスティバルでは、フェラの実子シェウン・クティが父のバンドであるエジプト80を率いて来日公演を果たした。そしてフェラと並ぶアフロビートの第一人者トニー・アレンも今年新作を発表したばかりだ。彼らのようなフェラと直接的な関係で結ばれた者がアフロビートを現在まで引率しているのは確かな一方で、この音楽に魅了される若い世代のミュージシャンは、欧米そして日本でも後を絶たない。アフロビートのルーツを辿ると、どうしてもポリティカルな側面を避ける事は出来ないし、そこには苦い歴史も少なからずあるのだが、それ以上にこの音楽には他にはない享楽性、自由度の高さがある。フェラの意志はそのサウンドに宿る事で未だ求心力を保っているのだ。ジャリブ・アフロビート・アーケストラが演奏するのも、その名に冠している通りアフロビートだが、彼らはこのハイブリット・ミュージックを方法論として用いるのではなく
by 渡辺 裕也
筆者について
前田 将博 (純三)

V系生まれハロプロ育ち、aikoは俺のファムファタル。 Twitterは @junzo99 です。

同じ筆者による他の記事