News

2019年09月06日19時25分

 
マイルス・デイヴィスの秘蔵アルバム『ラバーバンド』発売を記念しミニ・ドキュメンタリー公開
 

30年以上もの間誰にも聴かれることなく、誰にも触られないままとなっていた、マイルス・デイヴィスMiles Davis)の幻のアルバム『ラバーバンド』が、遂に本日発売となった。

この発売を記念して、ミニ・ドキュメンタリー映像(日本語字幕付)が公開されている。

今回公開となったドキュメンタリーは、今作のレコーディングからリリースに至るまでの過程を、オリジナル・プロデューサーのランディ・ホールやゼイン・ジャイルズ、マイルスの甥でありドラマー/プロデューサーであるヴィンス・ウィルバーン・ジュニア、そして今作にゲスト・ヴォーカリストとして参加しているララ・ハサウェイやレデシーといった人達からのコメントを中心とした映像となっている。

『ラバーバンド』 ミニ・ドキュメンタリー映像


https://youtu.be/E28mM97I8bU

1985年、マイルス・デイヴィスは30年にも渡り所属していたコロンビア・レコードを離れ、新たにワーナー・レコーズと契約し、世界中に衝撃を与えた。その年の10月、ロサンゼルスにあるAmeraycan Studiosにてプロデューサーのランディ・ホールとゼイン・ジャイルズとともにアルバム『ラバーバンド』のレコーディングを開始、マイルスはこの作品で、ファンクやソウルのグルーヴを大胆に取り入れ、急進的なサウンド・スタイルという方向性を打ち出し、アル・ジャロウやチャカ・カーンをゲスト・ヴォーカリストとして迎える予定もあったという。しかし、最終的にこの作品は日の目を見ることなく、マイルスは新たな作品をレコーディング、今や歴史的名盤として知られる傑作『TuTu』をもって、移籍第一弾作品としてリリースする。結果、この『ラバーバンド』は30年以上もの間、そのまま誰にも聴かれることなく、誰にも触れられないままの状態となっていた。

この幻の作品を今回最終的に完成させたのは、オリジナル・セッション時のプロデューサーでもあったランディ・ホールとゼイン・ジャイルズに加え、85年から86年にドラマーとして実際にレコーディングに参加していたマイルスの甥、ヴィンス・ウィルバーン・ジュニアだ。また、ジャケット・カヴァーは当時マイルスが描き上げた絵画がレイアウトされている。 (内)

「マイルスおじさんも、この仕上がりを誇りに思ってくれるはずさ。ランディとゼイン、そして私や、このプロジェクトに携わった全ての人達が、この「Rubberband」に全ての情熱と魂を注ぎ込んできたからね」 ─ ヴィンス・ウィルバーン・ジュニア

ハイレゾ配信版をOTOTOYでチェック
https://ototoy.jp/_/default/p/433377

【アルバム情報】
アーティスト:マイルス・デイヴィス
アルバム:『ラバーバンド』

<収録曲>
1. Rubberband of Life- featuring Ledisi / ラバーバンド・オブ・ライフ - フィーチャリング・レデシー
2. This Is It / ジス・イズ・イット
3. Paradise - featuring Medina Johnson / パラダイス - フィーチャリング・メディナ・ジョンソン
4. So Emotional-featuring Lalah Hathaway / ソー・エモーショナル - フィーチャリング・レイラ・ハサウェイ
5. Give It Up / ギヴ・イット・アップ
6. Maze / メイズ
7. Carnival Time / カーニヴァル・タイム
8. I Love What We Make Together-featuring Randy Hall / アイ・ラヴ・ホワット・ウィ・メイク・トゥゲザー - フィーャリング・ランディ・ホール
9. See I See / シー・アイ・シー
10. Echoes in Time/The Wrinkle / エコーズ・イン・タイム/ザ・リンクル
11. Rubberband / ラバーバンド

<マイルス・デイヴィス>
https://wmg.jp/miles-davis/

あわせて読みたい