kilk recordsの2012年版のフリー・サンプラーが配信開始!

OTOTOYがプッシュし続けているレーベルkilk records。つい先日、渋谷WWWでワンマン・ライヴを成功させた虚弱。、続々と楽曲をリリースし続けるHydrant House Purport Rife On Sleepy、新作のリリース・ツアーを行ったばかりのbronbabaなど、勢いのあるアーティストを数多く擁しています。そんなkilk recordsの現在を聞くことが出来るフリー・サンプラー『kilk records sampler summer 2012』を配信スタート!

更に、7月16日にkilk records主宰で行われたDeep Moat Festivalのライヴ・レポートを公開。エレクトニカやポスト・ロックを中心とした、kilk records所属のアーティストの他、no9.orchestra、number0、ハチスノイト(夢中夢)やハイスイノナサなど、レーベル外のアーティストも数多く参加した同イベントを振り返ります。kilk recordsを中心として、現在起こっているシーンの熱狂を感じてください!

>>>『kilk records sampler summer 2012』のダウンロードはこちらから

15曲を収録! フリー・サンプラーが手に入るのはOTOTOYだけ!


VA / kilk records sampler summer 2012

【参加アーティスト】
Aureole、cellzcellar、Tie These Hands、nemlino、bronbaba、Manuok、Meme、Stripmall Architecture、Yagya、Speaker Gain Teardrop、虚弱。、Glaschelim、Hydrant House Purport Rife On Sleepy、Lööf、Gamine

artwork : 武田政弘(OTOnO)

2012.4.16@WOMB Deep Moat Festival ライヴ・レポート

2012年7月16日、kilk Records主催のDeep Moat Festivalが開催された。ジャンルやレーベルの枠を超え、今注目のアーティストたち19組が渋谷に集結、熱い演奏が繰り広げられた。「新たなシーンを作りたい」。kilk records発起人でありAureoleのメンバーでもある森大地(Vo,Gt&Prog)の根強い意思が形となった、夢のような1日に密着した。

その日の気温は36℃。汗だくで辿り着いた渋谷WOMBは、地下ならではの落ち着いた涼しさを放っていた。クラブ・ハウスということもあり、深く座れる柔らかなソファー、淡い照明、螺旋階段といったアイテムが上品に配置されている。この秘密の隠れ家のような雰囲気には、エレクトロニカやアンビエントという言葉がよく似合う。今年は1階と4階のステージに加え、新たに2階のメイン・ステージが登場した。それに伴い、参加アーティスト数も倍近くなった。昨年のメンバーに加え、no.9 orchestraやハチスノイト(夢中夢)など新たに追加された者の多くがkilk records以外からの参加という点も見逃せない。なぜなら、事前に行われた座談会にもあるとおり、彼らは音楽シーンの分断に疑問を抱いていたからだ。各々のシーンが閉鎖的なため、ミュージシャン間の交友も偏ってしまっているのではないだろうか。その考えの下、今回実現したラインナップは、既存の交友だけではない。オーガナイザー・森大地自らの願望によって実現した、隔たりのない新たな交友関係。音楽シーンをつなげるためのシーンが今、形成されようとしているのだ。

nemlino

入り口付近の軽食コーナーから漂う骨付きソーセージの匂いが充満し、真昼間からビールがすすむ時間となれば、もうフェスの始まりである。一番手はMeme。触れるか触れないかの繊細なタッチの重なりから生まれる、無垢なサウンドで大いに魅せた。2階メイン・ステージでは、number0。見上げると大きなミラー・ボウルに圧倒されるこのステージ、とても天井が高く、喜ばしいことに彼らの持ち味である美しいファルセットがよく響く! UKが生んだ歌姫クラウヴィア&紳士な鍵盤奏者イアンのユニット・gamineでは、ゲストとしてハチスノイト(夢中夢)とAureoleから中村敬治(G)、佐藤香(Vibs&Glocken)が登場。おどけた少女から官能的な大人まで、多様に歌声を使いこなすクラウヴィアの衝撃は生演奏でも健在である。この日一番の個性派アーティスト・ハチスノイト(夢中夢)は楽器を使わず声だけで曲を創造し、どこか女性版group_inouをも思わせるHer ghost FriendがVJと共にヘンテコで奇妙な世界を演出。クラブ・ハウスでの初演奏となったno.9 orchestraの見事なセッションで、フェスは加速度を上げていく。そしてAureole。本日、ずっと忙しく動き回っていたオーガナイザー森大地が、ようやくエンターテイナーとして舞台へ。2曲目「World As Myth」で会場の熱気を一気に吸い寄せ歓声を呼ぶ。アルバムに先駆け新曲も初披露し、無事にこのフェスを終幕へと送り出していった。

gamine

そしてこの日、なんといっても忘れられないのが、トリであるbronbaba。マイクに噛みつくように、吠えるように歌う。感情のタガが外れて、今にも爆発してしまいそうな圧迫感。彼らを観るのは初めてだったが、音源のイメージとは全然違った、そのパフォーマンスに圧倒された。アルバムを出して初の東京公演となった今回。彼らが仙台でのレコ発ライヴから背負ってきた想いとは、「誰かのきっかけになりたい」だった。それはまさにkilk recordsの信念「精神に溶け込む、人生を変えてしまうほどの音楽との出会い」に合致した、このDeep Moat Festivalにふさわしいものであった。私自身も、新たなミュージシャンとの出会いや気に入った楽曲を購入するきっかけ、そしてこのライヴ・レポートを書くきっかけのように、このフェスティバルで沢山の出会いときっかけを掴むことができたと感じている。

bronbaba

そしてアンコールに応え披露された“新曲”は、演奏しながらギターの弦を1本ずつ引きちぎるという驚きのパフォーマンスであった。生きることへの疑問、音楽からの逃避。bronbabaという複雑な想いを持つバンドなりの、等身大の魂の叫び。堪えてきたその思いが決壊し、溢れだした瞬間だった。弦という線引きが、彼らの手で取り払われていく様子に思わず「よくやった! 」とつぶやいた。投げ出されたギターが残る終演後のステージには、重たくも晴れやかな気持ちが転がっていた。出せるものを惜しみなく出し尽くした、感無量の終演であった。

Aureole

今回実現した交友の数々は、必ずしも同じ音楽性に位置していたわけではない。しかしこの共演で、彼らは各々の音楽性とぶつかり合って化学反応を起こし、それぞれの音楽の聴こえ方に新たな側面をもたらしたのだった。レーベルの枠・ジャンルの枠を超えつつも、Deep Moat Festivalでは、参加ミュージシャンの誰もがkilk recordsというブランドらしいラインナップとして染まっていたことに間違いなかった。交友の繋がりが新たな音楽的繋がりを呼ぶ、それが、kilk recordsという新しいシーンの誕生なのである。縦の関係で分断された交友ばかりから生まれる閉塞感、そんなしがらみは必要ないのではないだろうか。それぞれ色彩に溢れた才能を汲取り、パッケージングするという試みで、今日の音楽シーンに換気口を設けてしまっても、良いのではないだろうか。今日彼らはそれを実現することに成功したのだ。

設立から2年、日本の音楽シーンに着実に根を張り続けるkilk records。彼らが作り出す新たなシーンは暖かな土壌から今、ゆっくりと芽を咲かせたばかりである。今回をきっかけとしてまた彼らは、より多くのミュージシャンと心を通わせ、大きなシーンを完成させてゆくに違いないだろう。今後も要注目だ。(text by 梶原綾乃)

photo by ameshiba


日時 : 2012年7月16日(月・祝)@渋谷WOMB
OPEN : 13:00 / START : 13:30
Live : bronbaba、Aureole(with brass session)、‬‪sgt.、no.9 orchestra、ハイスイノナサ、‬‪number0、gamine(from UK)、‬‪speaker gain teardrop、Takahiro Kido、‬‪ハチスノイト(夢中夢)、Her Ghost Friend、‬nemlino、Meme、Lööf、Anrietta(acoustic set)、‪urbansole、kanina、fraqsea、köttur‬

Deep Moat Festivalに出演したアーティストの音源をチェック!

kilk records RECOMMEND

虚弱。 / 孤高の画壇

『孤高の画壇』。悲劇の画家、ゴッホを想起させるようなタイトルを冠した虚弱。のデビュー・アルバム。平均年齢21才の4ピース・ガールズ・バンドの虚弱。は、2007年に高校生の時に結成。2008年に1st demo CD-R『kabetosogy』、2009年に2nd demo CD-R『donguribouya』を完全自主制作で発売。自主盤の2枚は記録的なセールスを残した。

cellzcellar / circus from a bygone era

耳の早いリスナーを中心に、かねてより噂になっていた音の魔術師『セルズセラー』がついにその姿をあらわす!まるで御伽の国に迷い込んだかのような不思議な音世界。あまりに素晴らしい圧倒的なデビュー作の登場です。※ゲストとして美里(kacica)、鎌野愛(ハイスイノナサ)、森大地(Aureole)、Ferri、üka、金子祐二(hydrant house purport rife on sleepy)が参加。

PROFILE

kilk records
2010年、Aureoleの森大地により設立。「精神に溶け込む、人生を変えてしまうほどの音楽との出会い」。kilk recordsはそういった体験を皆様にお届けすることを第一に考えております。オルタナティブ・ロック、ポスト・ロック、エレクトロニカ、テクノ、サイケデリック、プログレッシブ、フォーク、アヴァンギャルド、アンビエント、ヒップ・ホップ、ブレイクコア、インダストリアル、ジャズ、クラシカル、民族音楽... 。魂を震わせるような音楽であれば、ジャンルは一切問いません。kilk recordsが最もこだわりたい点は「独創性」です。信じられないほどの感動や興奮は「独創性」から生まれるように思えます。これから多数の作品をリリースしていきます。末永くkilk recordsにお付き合いくだされば幸いです。

>>>kilk records official website

kilk records sessionも公開中!

kilk records session vol.1 野心の可能性

kilk records session vol.2 歌姫達の女子会

kilk records session vol.3 クロスオーバーの可能性

kilk records session vol.4 2012年レーベル座談会 レーベルの野心

kilk records session vol.5 2012年レーベル座談会 未来への野心

kilk records session vol.6 CDショップ座談会

kilk records session vol.7 ライヴ・ハウス座談会

kilk records session vol.8 Deep Moat Festival座談会

o

 
 

連載

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《第8回》高橋靖子(フリースタイリスト)
・2018年05月18日・【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第8回》高橋靖子 INTERVIEW : 高橋靖子(フリー・スタイリスト)忌野清志郎といえば、ステージやテレビ番組、CM出演時のド派手なファッションがすぐに目に浮かぶ。そんな清志郎の衣装スタイリングを手掛けた中のひとりが、今回ご登場いただく高橋靖子さんだ。1960年代からフリーランスで活動をはじめ、日本のスタイリストの草分け的存在として、デヴィッド・ボウイら数々のロック・アーティストのステージ衣装のスタイリングを手掛けてきた“ヤッコさん”こと高橋さんから見た普段の忌野清志郎は、とてもシャイで純粋な人物だったようだ。 企画・取材 : 岡本貴之 / ゆうばひかり文・編集 : 岡本貴之撮影 : ゆうばひかりページ作成 : 鈴木雄希(OTOTOY編集部)協力 : Babys 清志郎さんはとてもシャイな方でした──高橋さんはみなさんに「ヤッコさん」と呼ばれていらっしゃるそうですが、私たちもヤッコさんと呼ばせていただいていいですか? 高橋 : もちろんです、そうしてもらった方がうれしい(笑)。 ──ありがとうございます! では最初にご紹介させていただきますが、ヤッコさんは
by 岡本 貴之
BiSH~Rock'n Roll Swindle~ 二番煎じは本物を超えられるのか?! Epsode51 モモコグミカンパニー「これからはメンバー1人ひとりが自分で頑張らなきゃいけない」
[BISH]・2018年05月16日・【BiSH】Epsode51 モモコグミカンパニー「これからはメンバー1人ひとりが自分で頑張らなきゃいけない」 2017年11月に発売したメジャー2ndアルバム『THE GUERRiLLA BiSH』がオリコン・デイリーチャート1位獲得、大阪 / 東京でのゲリラ・ライヴの開催、ミュージックステーションへの初登場など、大きな話題になっている"楽器を持たないパンクバンド”BiSH。現在、全国12ヶ所16公演で開催される〈BiSH pUBLic imAGE LiMiTEd TOUR〉を巡っており、5月22日には自身最大規模となる横浜アリーナでの単独ワンマン公演〈BiSH "TO THE END"〉を開催する彼女たちが3月28日にメジャー3rdシングル『PAiNT it BLACK』をリリース。OTOTOYでは、7周目となるメンバー個別インタヴューを敢行。第6回は、モモコグミカンパニーの声をお届け。 BiSHのメジャー3rdシングルをハイレゾ配信中BiSH / PAiNT it BLACK'【配信価格】WAV / ALAC / FLAC / AAC : 単曲 540円 / まとめ購入 700円【Track Lis
by JJ
ヒップホップ・ライター斎井直史による定期連載──「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第16回
[CLOSEUP]・2018年05月15日・斎井直史による定期連載「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第16回──“Type Beat”文化について GWもあけ、5月も半ば! 第16回目となる「パンチライン・オブ・ザ・マンス」今月もいきますよ! 先月は初の映画特集ということで、神奈川県大和市を舞台にした映画『大和(カリフォルニア)』をピックアップしました。今月は、日本ではまだあまり耳慣れない“Type Beat”という文化を紹介します。いつもより内容濃いめでお届けです! >>先月号、第15回はこちら 第16回 “Type Beat”文化について ちょっと今回は変則的な導入から。時々YouTube等で“Type Beat”とタイトルに入った動画を見かけませんか。 これらの楽曲はお金を払い、使用の際には製作者のクレジットを明記すれば、曲中の音のタグを抜いたデータが使用できます。大抵は学生でも手が届く値段なので、若いアーティストを中心にこうした“Type Beat”文化は急速に広まりました。事実として“Type Beat”から生まれたヒットは多く、Desiigner「Panda」は元々「Meek Mill—Ace Hood “Type Beat”」として
by 斎井 直史
BiSH~Rock'n Roll Swindle~ 二番煎じは本物を超えられるのか?! Epsode50 リンリン「横アリでのライヴは数年経ってもすぐ思い浮かべられるような1日にしたい」
[BISH]・2018年05月04日・【BiSH】Epsode50 リンリン「横アリでのライヴは数年経ってもすぐ思い浮かべられるような1日にしたい」 2017年11月に発売したメジャー2ndアルバム『THE GUERRiLLA BiSH』がオリコン・デイリーチャート1位獲得、大阪 / 東京でのゲリラ・ライヴの開催、ミュージックステーションへの初登場など、大きな話題になっている"楽器を持たないパンクバンド”BiSH。現在、全国12ヶ所16公演で開催される〈BiSH pUBLic imAGE LiMiTEd TOUR〉を巡っており、5月22日には自身最大規模となる横浜アリーナでの単独ワンマン公演〈BiSH "TO THE END"〉を開催する彼女たちが3月28日にメジャー3rdシングル『PAiNT it BLACK』をリリース。OTOTOYでは、7周目となるメンバー個別インタヴューを敢行。第5回は、リンリンの声をお届け。 BiSHのメジャー3rdシングルをハイレゾ配信中BiSH / PAiNT it BLACK'【配信価格】WAV / ALAC / FLAC / AAC : 単曲 540円 / まとめ購入 700円【Track List】''1.
by JJ
【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第7回》 のん(女優 創作あーちすと)
・2018年05月02日・【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第7回》 のん(女優 創作あーちすと) INTERVIEW : のん(女優 創作あーちすと) 連載第7回にご登場いただくのは、女優 創作あーちすと、として大活躍中の「のん」。2017年に音楽レーベル〈KAIWA(RE)CORD〉を立ち上げ、8月6日に開催された〈WORLD HAPPINESS 2017〉に出演したことを皮切りに音楽活動を本格させてきた彼女が、2018年5月9日(水)に待望の1stアルバム『スーパーヒーローズ』を発表する。そのリード曲として5月2日(水)にアナログ・配信限定で先行リリースされるのが「わたしはベイベー」だ。矢野顕子作詞・作曲により生まれた同曲のモチーフはズバリ、「忌野清志郎」。かねてから清志郎ファンとして知られ、この連載のタイトルでもあるRCサクセションの楽曲「I LIKE YOU」をカヴァーしているのんに、清志郎の魅力を語ってもらった。 企画・取材 : 岡本貴之 / ゆうばひかり文・編集 : 岡本貴之撮影 : ゆうばひかりページ作成 : 鈴木雄希(OTOTOY編集部)協力 : Babys アルバムからリード曲を先行配信中 のん /
by 岡本 貴之
【連載】sora tob sakanaメンバー間インタヴュー 第3回 寺口夏花が神﨑風花に訊く
[POWERPUSH]・2018年05月02日・【連載】sora tob sakanaメンバー間インタヴュー 第4回 神﨑風花が山崎愛に訊く 神﨑風花、山崎愛、寺口夏花、風間玲マライカによる4人組アイドル・ユニット、sora tob sakana。メジャー1stEP『alight ep』のリリース日、5月16日(水)まであと2週間となった本日5月2日に、EPから2曲を通常・ハイレゾ音質ともに先行配信がスタート。OTOTOYではこの先行配信に加え、sora tob sakanaの世界を知るにはかかせない旧譜4タイトルを5月31日までの期間限定で30%オフでお求めいただけます。 そして、メンバー間インタヴューの4回目は神﨑風花が山崎愛にインタヴューしました。好きな食べ物、とある外国のこと、そしてグループのことまで縦横無尽なふたりの会話をお楽しみください。 M1.M2の2曲を先行配信中!sora tob sakana / alight ep 【収録曲】 M1. Lightpool (先行配信中) M2. 鋭角な日常 (先行配信中) M3. 秘密 M4. Brand New Blue M5. 蜃気楼の国 M6. Lighthouse 【配信形態】24bit/48
【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第6回》 山本キヨシ
・2018年04月20日・【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第6回》山本キヨシ INTERVIEW : 山本キヨシ(アムリタ・カスタム・ギターズ 店長)1980年代後半、日本のロック界で確固たる地位を築いていたRCサクセション、忌野清志郎。その存在に憧れて音楽業界へと足を踏み入れた者も多かった。今回ご登場いただく山本キヨシさんも、そのひとりだ。現在は渋谷でカスタム・ギター・ショップ「アムリタ・カスタム・ギターズ」の店長を務めつつ、数々のライヴにも携わっている山本さんは、楽器担当スタッフとして忌野清志郎のライヴ、レコーディングには欠かせない存在であり、清志郎のステージのハイライトであった「マントショー」でも活躍したことで知られている。晩年まで最も清志郎の近くにいた人物の1人である彼が語る数々のエピソードからは、音楽家としても人間としても魅力的な忌野清志郎の姿が見えてくる。 企画・取材 : 岡本貴之 / ゆうばひかり文・編集 : 岡本貴之撮影 : ゆうばひかりページ作成 : 鈴木雄希(OTOTOY編集部)協力 : Babys ※文中、作品の括弧内はオリジナル発売日 みんなに対してフラットだったというか、そういう部分が最高に
by 岡本 貴之
BiSH~Rock'n Roll Swindle~ 二番煎じは本物を超えられるのか?! Epsode49 ハシヤスメ・アツコ「常に背中を見せ続けられるようにしていたい」
[BISH]・2018年04月20日・【BiSH】Epsode49 ハシヤスメ・アツコ「常に背中を見せ続けられるようにしていたい」 2017年11月に発売したメジャー2ndアルバム『THE GUERRiLLA BiSH』がオリコン・デイリーチャート1位獲得、大阪 / 東京でのゲリラ・ライヴの開催、ミュージックステーションへの初登場など、大きな話題になっている"楽器を持たないパンクバンド”BiSH。現在、全国12ヶ所16公演で開催される〈BiSH pUBLic imAGE LiMiTEd TOUR〉を巡っており、5月22日には自身最大規模となる横浜アリーナでの単独ワンマン公演〈BiSH "TO THE END"〉を開催する彼女たちが3月28日にメジャー3rdシングル『PAiNT it BLACK』をリリース。OTOTOYでは、7周目となるメンバー個別インタヴューを敢行。第4回は、ハシヤスメ・アツコの声をお届け。 BiSHのメジャー3rdシングルをハイレゾ配信中BiSH / PAiNT it BLACK'【配信価格】WAV / ALAC / FLAC / AAC : 単曲 540円 / まとめ購入 700円【Track List】''1. PAi
by JJ