How To Buy
TitleDurationPrice
マジでハイ -- KZpekoふぁんくKOPERU  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 06:10
Runnin' -- KZタウリンふぁんく  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 03:47
風向き -- KennyDoesコーラILL SWAG GAGA鉄兵  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 04:55
New Basic Case.1 -- 鉄兵KennyDoesOSCAKOPERU  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 04:22
ゼンボー・レノン -- ふぁんくKZKBDKOPERU  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 04:55
OSAKA ANZEN UNTEN -- R-指定KOPERUKennyDoes  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 05:40
New Basic Case.2 -- ILL SWAG GAGAタマイコスケ  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 02:50
明日がある -- KZふぁんくILL SWAG GAGAコーラ  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 03:59
エピソード -- KZふぁんくコーラKOPERU  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 07:41
決意 -- KZふぁんくKBDコーラ  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 05:16
Never Get Old -- KennyDoes  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 04:28
Listen the trial version of tracks by clicking the circle Total: 54:03
Album Info

このフリースタイルブームを作った、西側の震源地でもあり、日本一ラップが好きな集団「梅田サイファー」。 R-指定 / KOPERU / ふぁんく / KBD / peko / KZ / ドイケン a.k.a. KennyDoes / コマツヨシヒロ / タマイコウスケなど、有数のプレイヤーを輩出してきた。

2013 年末にリリースした 1 枚目のアルバムは、 CD で 1000 枚、再プレスで 500 枚、 さらにダウンロードで 1000 DL と、ほとんど口コミレベルのインディーズにしては、 爆発的な売れ行きを記録。

2016 年にリリースをした事実上の 2ndアルバムである「UCDFBR sampler Vol.2」も プレスでCD 500 枚を、瞬時に売り切り、現在は入手困難となっている。

「自分たちで日本語ラップに残るクラシックを作ろう」と始まった今回のプロジェクト。 前作から 2 年が経ち、メジャーアーティストになった「R-指定」や、 今なおバトル界隈で名を売り続けている「ふぁんく」や、 フリースタイルダンジョンでは4人抜きをした「peko」や、 1stソロアルバムが好調で関西ではLIVEに引っ張りだこの「KZ」や、 お互いが音源、LIVE、バトルで、さらに研鑽をしあった 2 年間だった。

トラックも今回は半数以上を外部に依頼し、LIBRO、DJ 松永、Jazadocument、Cosaquがトラックメイカーとして参加。 内省的な部分は極力廃し、力強いテーマと、お得意の強固なライムに素晴らしいグルーブ、さらに磨きがかかった日本語然としたフレーズ。

「これがクラシックじゃなきゃ、何がクラシックやねん」と言いたくなる、「マジでハイ」な最高の1枚となっている。

レペゼン歩道橋、日本語ラップ is Good Music 、俺らがただいま君がおかえり、ヘッズのみなさん、お待たせしました。 さぁ、また梅田サイファーの「Never Get Old」なラップを、お楽しみあれ。

Discography

HipHop/R&B

TVアニメ『ザ・ファブル』第2クールOP 「スイッチ」 カップリング曲にはライブですでに披露されている人気曲「VIBE SHAKE」収録

2 tracks
HipHop/R&B

TVアニメ『ザ・ファブル』第2クールOP 「スイッチ」 カップリング曲にはライブですでに披露されている人気曲「VIBE SHAKE」収録

2 tracks
HipHop/R&B

KennyDoes(梅田サイファー)、セルフタイトルとなるアルバム『KennyDoes』をリリース!

11 tracks
HipHop/R&B

KennyDoes(梅田サイファー)、セルフタイトルとなるアルバム『KennyDoes』をリリース!

11 tracks
HipHop/R&B

2022年、渋谷の某ライブハウスでの出会いをきっかけに意気投合した、LowCulTokyo / IKE & rice water Groove Production所属のIKEと、 梅田サイファーのKennyDoesが今回、 初の共作となるシングル「Freshman Class」をリリースする。 全米で認知度の高いヒップホップ専門誌の 恒例企画から着想を得た本楽曲は、互いが経験し、 培った様々な刺激や表現方法から得た魅力が落とし込まれた作品となった。 異なる土地に同じ年に生まれ、偶然にも同じ音楽を愛し、 それぞれ活躍してきたMC2人によるコンビネーションや、 初の共作とは思えない親和性に溢れる掛け合いを是非感じて欲しい。 ビートはIKEが作成し、KennyDoesが構成を提案。 エンジニア/プロデューサーのCosaqu(梅田サイファー)が ミックス、マスタリングを担当。 Gong (Doggy G Central Records)がアートワークを手がけた。

1 track
HipHop/R&B

2022年、渋谷の某ライブハウスでの出会いをきっかけに意気投合した、LowCulTokyo / IKE & rice water Groove Production所属のIKEと、 梅田サイファーのKennyDoesが今回、 初の共作となるシングル「Freshman Class」をリリースする。 全米で認知度の高いヒップホップ専門誌の 恒例企画から着想を得た本楽曲は、互いが経験し、 培った様々な刺激や表現方法から得た魅力が落とし込まれた作品となった。 異なる土地に同じ年に生まれ、偶然にも同じ音楽を愛し、 それぞれ活躍してきたMC2人によるコンビネーションや、 初の共作とは思えない親和性に溢れる掛け合いを是非感じて欲しい。 ビートはIKEが作成し、KennyDoesが構成を提案。 エンジニア/プロデューサーのCosaqu(梅田サイファー)が ミックス、マスタリングを担当。 Gong (Doggy G Central Records)がアートワークを手がけた。

1 track
HipHop/R&B

前作「Laugh」から約二年半ぶりのリリースとなるふぁんくの3rd album「Balance」。 キャリア当初より十数年身を置いた古巣「梅田サイファー」を離れ、 一人のrapperとしての道へ踏み出す第一歩目となる今作。これまでも制作をともにしてきた、 梅田サイファーやヒプノシスマイクへの楽曲提供や、神門をはじめ、数多くの作品へのエンジニアリングでの参加など、 多くの実績を持つプロデューサーCosaquとマンツーマンで創り上げた、 全12曲客演無しのソロ一本勝負。

12 tracks
HipHop/R&B

前作「Laugh」から約二年半ぶりのリリースとなるふぁんくの3rd album「Balance」。 キャリア当初より十数年身を置いた古巣「梅田サイファー」を離れ、 一人のrapperとしての道へ踏み出す第一歩目となる今作。これまでも制作をともにしてきた、 梅田サイファーやヒプノシスマイクへの楽曲提供や、神門をはじめ、数多くの作品へのエンジニアリングでの参加など、 多くの実績を持つプロデューサーCosaquとマンツーマンで創り上げた、 全12曲客演無しのソロ一本勝負。

12 tracks
HipHop/R&B

ILL SWAG GAGA… 梅田サイファー所属の、類稀なるワードセンスを持ちながらもそれを上手く使いこなせない歪んだ天才。 2014年、フリーダウンロードの怪作EP「FORBBIDDEN」のリリースよりキャリアをスタートさせる。 2019年、初のフルアルバム「PEDIGREE」を発表。 2021年発表の梅田サイファーのアルバム「ビッグジャンボジェット」では、タイトルトラックのサビを歌唱。パンパパした。 2022年、3年ぶりにソロ名義の新作ハイブリッドe.p「シャラマ」をリリースする。 今回のソロ血統プロジェクトは、同じく梅田サイファーのKennyDoesがフルプロデュース。 旧知の"マブダチ"に背中を任せ、客演にはファーストアルバム収録曲の「oddBRED」でも相性の良さを見せたpekoを召喚。 前作を出してからの環境の変化、それに伴う激しい感情と奥深い優しさを、他の追随を許さぬ(許されても追随したくない)ワードセンスでまとめあげた。 一代限りの血統書付きMC、今後の更なる活躍に期待が高まる。 ※2021年12月14日執筆時点で、口座の残高は4円です。

4 tracks
HipHop/R&B

ILL SWAG GAGA… 梅田サイファー所属の、類稀なるワードセンスを持ちながらもそれを上手く使いこなせない歪んだ天才。 2014年、フリーダウンロードの怪作EP「FORBBIDDEN」のリリースよりキャリアをスタートさせる。 2019年、初のフルアルバム「PEDIGREE」を発表。 2021年発表の梅田サイファーのアルバム「ビッグジャンボジェット」では、タイトルトラックのサビを歌唱。パンパパした。 2022年、3年ぶりにソロ名義の新作ハイブリッドe.p「シャラマ」をリリースする。 今回のソロ血統プロジェクトは、同じく梅田サイファーのKennyDoesがフルプロデュース。 旧知の"マブダチ"に背中を任せ、客演にはファーストアルバム収録曲の「oddBRED」でも相性の良さを見せたpekoを召喚。 前作を出してからの環境の変化、それに伴う激しい感情と奥深い優しさを、他の追随を許さぬ(許されても追随したくない)ワードセンスでまとめあげた。 一代限りの血統書付きMC、今後の更なる活躍に期待が高まる。 ※2021年12月14日執筆時点で、口座の残高は4円です。

4 tracks
HipHop/R&B

梅田サイファー所属のMC、KennyDoesとteppeiの共作によるEP。

制作のきっかけはお互いの前作のリリースが同時期だったこと。 リリースツアーへ一緒に出かけ、「ライブでのサプライズとして2人で1曲作る」程度のはずが、 作った曲でのケミストリーの良さに気を良くしてしまいEPサイズでの発表となった。 KennyDoesプロデュースのM1「GO」は2人が取り掛かった1曲目で、それぞれの良さが 十二分に発揮されるトラックパターンや、サビを入れ替えながら勢いを持って進む快作。 同じくKennyDoesのトラックによるM2「HAZIKENA」は、 それぞれの元気の良さがいかん無く発揮されたアッパーかつ豪快な雰囲気。 teppeiのドープなビートが体にクるM3「Warotoke」では、様々な人生を通過する事象を笑い飛ばしてやるという気合い、そして笑う/笑われることに絡めたワードプレイが散りばめられている。 ラストナンバーM4「Junichi」もteppeiのプロデュース。ここまでとはうってかわってメローな 一曲。ツアーや制作を通じて見つけた心情の変化や、会場にライブを見に来てくれた サポーター達への感謝も込められている。終わりと、新たな始まりに挑む気持ちが込められた一曲。 そしてM5には、KennyDoesとのダブルネームアルバム「NEVER CHANGE」や 梅田サイファー周辺はもちろん、近年ではSkaaiや神門へのトラック提供やミキシングなどで 精力的に活動する(本作のレコーディング・ミキシング・マスタリングも担当)、 プロデューサーのCosaquがリミキサーとして参加。 「Junichi」の魅力をまた新たな側面から掘り起こす、音数はシンプルにとどめられているが、 それでいてフューチャリスティックな今の時代を反映したような最高のカーテンコールに仕上がっている。 それぞれのソロ活動にも通じる要素を持ちつつも、 スピード感を前面に出したKennyDoesのラップと、どっしりとパワーで聴かせるteppeiが上手く調和し、 二人が並ぶことでしか生まれないシナジーが上手く作用した一枚となった。

5 tracks
HipHop/R&B

梅田サイファー所属のMC、KennyDoesとteppeiの共作によるEP。

制作のきっかけはお互いの前作のリリースが同時期だったこと。 リリースツアーへ一緒に出かけ、「ライブでのサプライズとして2人で1曲作る」程度のはずが、 作った曲でのケミストリーの良さに気を良くしてしまいEPサイズでの発表となった。 KennyDoesプロデュースのM1「GO」は2人が取り掛かった1曲目で、それぞれの良さが 十二分に発揮されるトラックパターンや、サビを入れ替えながら勢いを持って進む快作。 同じくKennyDoesのトラックによるM2「HAZIKENA」は、 それぞれの元気の良さがいかん無く発揮されたアッパーかつ豪快な雰囲気。 teppeiのドープなビートが体にクるM3「Warotoke」では、様々な人生を通過する事象を笑い飛ばしてやるという気合い、そして笑う/笑われることに絡めたワードプレイが散りばめられている。 ラストナンバーM4「Junichi」もteppeiのプロデュース。ここまでとはうってかわってメローな 一曲。ツアーや制作を通じて見つけた心情の変化や、会場にライブを見に来てくれた サポーター達への感謝も込められている。終わりと、新たな始まりに挑む気持ちが込められた一曲。 そしてM5には、KennyDoesとのダブルネームアルバム「NEVER CHANGE」や 梅田サイファー周辺はもちろん、近年ではSkaaiや神門へのトラック提供やミキシングなどで 精力的に活動する(本作のレコーディング・ミキシング・マスタリングも担当)、 プロデューサーのCosaquがリミキサーとして参加。 「Junichi」の魅力をまた新たな側面から掘り起こす、音数はシンプルにとどめられているが、 それでいてフューチャリスティックな今の時代を反映したような最高のカーテンコールに仕上がっている。 それぞれのソロ活動にも通じる要素を持ちつつも、 スピード感を前面に出したKennyDoesのラップと、どっしりとパワーで聴かせるteppeiが上手く調和し、 二人が並ぶことでしか生まれないシナジーが上手く作用した一枚となった。

5 tracks
HipHop/R&B

5 tracks
HipHop/R&B

5 tracks
View More Discography Collapse
Collapse

News

DJ RYOW、14thアルバム『DRIVE MY DREAMS』リリースパーティーにR-指定、¥ellow Bucks、般若ら出演

DJ RYOW、14thアルバム『DRIVE MY DREAMS』リリースパーティーにR-指定、¥ellow Bucks、般若ら出演

ヒップホップDJ・プロデューサー DJ RYOWによる14枚目のリーダーアルバム『DRIVE MY DREAMS』のリリースパーティーが開催決定。 C.O.S.A.、Carz、DADA、EMI MARIA、guca owl、Kaneee、LANA、R-指

SPICY CHOCOLATE、R-指定 & CHEHONを迎えた新SG「アガリサガリ」リリース

SPICY CHOCOLATE、R-指定 & CHEHONを迎えた新SG「アガリサガリ」リリース

SPICY CHOCOLATEが2023年8月4日(金)にニューシングル「アガリサガリ feat. R-指定 & CHEHON」をリリースする。 レゲエ界を第一線で引っ張るCHEHONと、ヒップホップシーンで大活躍するR-指定を客演に迎えた本作。レゲエと

“スサシ”ことSPARK!!SOUND!!SHOW!!、ツアーの熱い対バン4組を解禁!!

“スサシ”ことSPARK!!SOUND!!SHOW!!、ツアーの熱い対バン4組を解禁!!

“スサシ”ことSPARK!!SOUND!!SHOW!!が、6月にリリースした1stフル・アルバム『火花音楽匯演』を引っさげて行なう〈火花音楽匯演 RELEASE TOUR〉。その第1弾ゲスト・アーティストが解禁となった。 今回解禁となったゲスト・アーティ