album jacket
 How To Buy
TitleDurationPrice
HEADSHOT -- KOPERU  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 05:23
トラボルタカスタム (feat. 鋼田テフロン) -- KennyDoes  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 04:46
Kenny’s Boot Camp -- KZ  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 04:10
道の先にある高み -- KZ  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 04:16
Glass -- KOPERU  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 06:31
梅田ナイトフィーバー’19 -- テークエム  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 06:08
Listen the trial version of tracks by clicking the circle Total: 31:14
Album Info

このフリースタイルブームを作った、西側の震源地でもあり、日本一ラップが好きな集団「梅田サイファー」。R-指定 / KOPERU / ふぁんく / KBD / peko / KZ / ドイケン a.k.a. KennyDoes / テークエム など、有数のプレイヤーを輩出してきた。

19年のリリースの「Never Get Old」も 2000 枚を初動で売り切り、収録曲の「マジでハイ」は Youtube で 350 万回再生と爆発的なヒットとなった。

19年夏よりの全国ツアーにあたり、再度、EPの製作を決意。梅田サイファー、アッセンブル。

今回は、あえて参加メンバーを絞り、より純度の高さを追い求めた。プロデューサー陣も、日本有数のプロデューサーで固めた本作。BACHLOGIC、DJ Mitsu the Beats、ALI-KICKと最強布陣。

多くを語らずとも、前作をさらに大きく更新し、今年一の作品でなること間違いなし、また日本語ラップ史に刻まれる一枚になる。

Discography

KZ

大阪、梅田サイファーが出自のラッパーKZ。 前作の1st「PULP」と2nd「CASK」は、再プレスも含めて入手困難な状況となっている中、 前作から、わずか8ヶ月で3rd「NORITO」をリリース。 UMB18、19にて2年連続、激戦区大阪代表の座を勝ち取る。 さらに、全国の代表が集まる本戦UMB18では大きな爪痕を残す。 さらに19年1月にリリースした「マジでハイ」がYoutubeにて 350 万回再生を記録し、 19年夏から梅田サイファーの主要メンバーとして全国ツアーをまわっている。 ソロとしても年間50本近いライブを行い、全国各地の大小様々な箱でマイクを握る。 見ている人を飲み込む力強いライブは定評があり、毎回のライブでは涙ぐむ人たちが続出する。 ライムを踏みつつ、詩情に溢れたフレーズと、人生に対する普遍的なトピック選びを得意とし、 それは、聞く人の心の奥底にある感情に強く訴えかけ、深い共感を得る。 今作「NORITO」は、ネガティブな事件が多く、SNSやネットでは批判や否定的な言葉が飛び交う、 そんな時勢の中で、極力ポジティブな言葉や観点から言葉を紡ぎ、作り上げた一枚。 強い否定に対抗するために、さらに強い否定を用いては、誰も救われないから、 真に必要なのは、否定ではなく、まっすぐとした肯定だと考え、 聞いた人をポジティブへ誘う作品だ。 優しい日本語と腐らずのサンプル、か弱きものたちのアンサンブル。ユアーフレンドKZ。 さぁ、またプレイリストでお会いしましょう。

KZ

9/7 恵比寿バチカにて開催される「SOLOIST Vol5 」を記念して、参加メンバーでのエクスクルーシブ

KennyDoes、大阪市北区"梅田サイファー"。92年9月生まれ。 高校2年時、KOPERUのバックDJとして音楽活動開始。その後、コッペパン(KOPERU,R-指定)/TinyTitanBoxに参加。「TinyTitanBox vol.0」でラップのキャリアをスタート。その期間に梅田サイファーにも通い始める。コッペパン解散(忌々しいクソドッキリ)後にKZとのタッグ「KZ and doiken」名義での「Plain」、ホシノコプロとのダブルネームEP「New Basic」、梅田サイファーでの「See ya at the footbridge」「UCDFBR smplr vol.1」「UCDFBR smplr vol.2」を経て、記憶に新しいであろう「Never Get Old」での活躍に至る。韻によって支えられている独特なグルーヴと、キレのいい声が武器。ソロのフルアルバム、梅田サイファーの次の作品並びにツアー、カミングスーン。

CRD

“青”をイメージした全5曲のプレイリスト。先行してMVが公開された楽曲“NEW CLOTHES”では黒衣からKENT、梅田サイファーからテークエムが客演参加。本作は全曲のビート作成/レコーディング/ミキシング/マスタリングをCRD自身が手掛けている。 【CRD profile】 大阪市此花区在住のラッパー /ビートメイカー。 2007年に活動開始。バンド活動をしていたが 楽曲を完成まで自己完結できるスタイルを 確立するためラップとビートメイクを 同時に開始。 3枚のデモ作品を経て、2013年に自身のレーベル NOSHAME RECORDSを立ち上げ。 同年に1st ALBUM「WHITE」をリリース。 その後はMVやシングル、レーベルで制作した MIXTAPEなどのリリースを重ね、 2019年11月に6年ぶりとなる音源集 「BLUE」を発表予定。 楽曲は既存曲のサンプリングをせず打ち込みのみで作曲し、クリアで浮遊感のあるシンセサウンドが特徴。ビートメイカーとしても 関西のラッパーを中心に数々の ビート提供を行う。

CRD

“青”をイメージした全5曲のプレイリスト。先行してMVが公開された楽曲“NEW CLOTHES”では黒衣からKENT、梅田サイファーからテークエムが客演参加。本作は全曲のビート作成/レコーディング/ミキシング/マスタリングをCRD自身が手掛けている。 【CRD profile】 大阪市此花区在住のラッパー /ビートメイカー。 2007年に活動開始。バンド活動をしていたが 楽曲を完成まで自己完結できるスタイルを 確立するためラップとビートメイクを 同時に開始。 3枚のデモ作品を経て、2013年に自身のレーベル NOSHAME RECORDSを立ち上げ。 同年に1st ALBUM「WHITE」をリリース。 その後はMVやシングル、レーベルで制作した MIXTAPEなどのリリースを重ね、 2019年11月に6年ぶりとなる音源集 「BLUE」を発表予定。 楽曲は既存曲のサンプリングをせず打ち込みのみで作曲し、クリアで浮遊感のあるシンセサウンドが特徴。ビートメイカーとしても 関西のラッパーを中心に数々の ビート提供を行う。

HipHop/R&B

KEN THE 390の配信ミニアルバム「Faces」 全ての楽曲で異なるプロデューサーを迎え、それぞれに違った”顔”を見せる。 プロミスWeb限定ムービータイアップ曲として話題となった「My Peromise」 レゲエシーンからHISATOMIを招いた「深海魚 feat. HISATOMI」 Abema TVにて放送された有名ヒップホップアーティスト達による楽曲バトル番組「KING OF TRACKS」にて見事優勝した、RHYMESTERのDJ JINによるプロデュースと3MCの掛け合いが光る「Knock Down feat. TARO SOUL,DEJI」など収録。

大阪は枚方、HRKTからDraw4が待望の1stAlbumをリリース。いつまでも時の人間であり輝き続けたいと言う意味が込められた今作のタイトルは『Ride on Time』。featuring Artistには、Stroll KidzからLEAP、梅田サイファーからKZ、HRKTからTERUを迎え注目を集める。力強くあるが、優しくもあり、メローでもある、アルバムを通して感じられるDraw4の正義を体感せよ。地元を超え、全国へ羽ばたけ。

AMATEUR BOX CREWによるマイクリレー

▼ヨツカドアクマEP 「あの交差点で、アクマと遭ったんだ。」 "抹 a.k.a. ナンブヒトシ"によるダブルネームEP第2弾がORIGAMI Ent.よりリリース! 今回のタッグメイトは、古のネットラップクルー"普通/FUTOO"のメンバーでもあったワールドクラスのMPCプレイヤー"KO-ney"。 この二人が奏でるのは、現代のそれとはねじれの関係にある『忘れられたHIPHOP』。 客演にフリースタイルダンジョンの生還者の"KOPERU(梅田サイファー)"を迎え、錆びたマイクと叩き慣れたMPCが火を噴く!! アタマからケツまで味わい尽くせ!

HipHop/R&B

1992年生まれ福岡県出身。 トラックメイクから映像制作、デザインまでを自身で担うマルチな才能を持つ。 全13曲セルフ・プロデュースの1stアルバム。 客演にて、DREAM BOYからのリリースで知られる大阪のKOPERU、北九州のLOWCH(nicejoke)、そして自身が所属するクルー零式が参加。

KZ

場所は、大阪の北側の繁華街、再開発が進む梅田駅。 阪神百貨店と阪急百貨店をつなぐ歩道橋。 そこでは毎週、土曜の夜に日本一有名なサイファーが行われている。 それは10年以上前のフリースタイルの黎明期から始まった。 「ラップ好き」達が、特に決まりもなく集まりだし、毎夜ラップを楽しみあい 今では、耳の超えたヘッズが垂涎もののをラップをする集団となった。 その梅田サイファーの初期メンバーであり中心的な人物である KZ がソロアルバムをリリースする。 これまでは、梅田サイファーとして 13 年に「 SEE YA AT THE FOOTBRIDGE 」を 16 年に「 UCDFBR sampler Vol.2 」をリリースし、 17年には KZ and doiken で「 (not only) Two Sides 」をリリース。 今作のソロアルバムは「どんな人生でも素晴らしく、美しい」をテーマに 自身のキャリアスタートの少し前から、ここまでを描き切った作品。 ビートはサンプリングを主体としながら、アップデートされたものが多く リリックの力と相まって、独特のエモーショナルさを生み出す。 人生の岐路に立ち悩みつつも、幸せへ帰結するように祈り綴った歌詞、 それは男女や職業や年齢、また生い立ちに主義主張が異なれどフィットする作品となっている。 フィーチャリングは、梅田サイファーからふぁんく、ILL SWAG GAGA、テークエム、Kenny Doesが参加。 息の知れた仲だからこそ、作り得た曲が並ぶ。 7 年続く鰻谷の地下一階のステップ、8 年続く河合の高台のブース、 10 年続く中崎の高架下のライブ、11 年続く土曜の歩道橋のライム そして1枚の、このアルバムから愛を込めて。

毎週土曜日の夜、梅田阪急と梅田阪神を繋ぐ歩道橋にて、もう何年も行われている フリースタイルラップ、即興ラップでのコミュニケーションの場「梅田サイファー」 今回サイファーの常連とも言える面々の人生の転機が度重なり 今現在のメンツで、一度記念になるものを作ろうとなった経緯を経て、 「梅田サイファーアルバム」が2013年12月に発売される 参加アーティストにはB-BOY PARK 2009 U-20 MC BATTLE優勝後、 KEN THE 390主宰DREAM BOY所属として活動するKOPERUや ULTIMATE MC BATTLE 2012にて優勝したR-指定を始め サイファーを始めた頃には考えられなかった数のタイトルやライブで全国に名を轟かすMCが枚挙する 全曲新曲録って出し シリアスからえぐめの下ネタまで揃えた珠玉の13曲 「See Ya At The Footbridge」 1.Intro Words by:ふぁんく,KZ,たぅりん,KBD,Kenny,R-指定 Beats by :7次元 from EATMIC 2.マイ・バック・ページス Words by:Scaffold(KZ,ふぁんく) Beats by:dio j 3.Black Pepper Mill Words by:Japidiot MC's(コマツヨシヒロ,テークエム,tella,鉄兵) Beats by:dio j 4.ドリームフィニッシュ2 Words by:ネピア,ヤス八番 Beats by:Abratic Cut by:DJ HAMAYA 5.Eat You Up Words by:Kenny Does,テークエム,KOPERU Beats by:dio j 6.What's 韻?! Words by:KBD,コマツヨシヒロ,Ray,KZ,R-指定 Beats by:DJ HAMAYA 7.Inner Flame Words by:ふぁんく,たぅりん Beats by:dio j 8.ユーモア Words by:ふぁんく Beats by:dio j 9.COLOR Words by:FUNHOUSE(テークエム,ペッペBOMB),Kenny Beats by:dio j 10.テレフォンショッキング Words by 旧コッペパン(R-指定,KOPERU,たまこぅ,ペッペBOMB) Beats by:dio j 11.25 Words by:KZ and doiken,We La Works(tella,鉄兵) beats by dio j 12.分岐点 Words by:ふぁんく,KZ,たぅりん,KBD,Kenny,R-指定 Beats by:dio j 13.Umeda Cypher's Delight Words by:梅田サイファーMC's Beats by:dio j

V.A.

2019年決定版!今年のベストはこれでキマり! 年末を締めくくる2019年のヒット曲だけを25曲詰め込みました。 最新曲はもちろん定番ヒット曲、映画話題曲まで人気曲ばかりが収録♪ クラブ好きから音楽好きまで、ドライブ、通勤、BGMに繰り返し聴きたくなる決定版!

V.A.

イタリアの「Hoop Records(フープレコーズ)」の新作コンピレーション「BEST OF HOOP RECORDS」の第2弾がリリース!! 「Hoop Records」はイタリアの若き精鋭3⼈によって2016年に設⽴された新しいレーベルであり、これまでにリリースした楽曲は”Hardwell”“Don Dialbo” “Yves V” など名だたるアーティストからサポートを受けている。今回2作⽬となるレーベル・コンピレーションには、これまでリリースされてきた⼈気曲を余すことなく収録しており、収録楽曲一連してキャッチーで、特にT1 からT5までは歌もの、中盤はアップテンポ、終盤にはしっかりとクローズダウンな選曲で、コンピレーションならではの起承転結が楽しめるので、普段EDM系やダンスミュージックを聴かないという⼈にでも、かなりオススメしたいアルバムである。 ホットな曲を聴いて、2019年のあなたの冬を盛り上げよう︕︕

V.A.

アソビゴコロの天才 第3弾!! POP・HAPPYからラウンジ・スタイリッシュまでイロトリドリな曲を贅沢に33曲収録! スタイリッシュ&ファニーがたくさん詰まった心躍る1枚!

V.A.

世界で話題となっているローファイ・ヒップホップ~チルアウト・ビーツ・シーン・ファン必聴!「Boom Bap Jazz」をビートメイカーが表現したコンピレーション・アルバム!

View More Discography Collapse
Collapse