artist image

KennyDoes

HipHop/R&B

Discography

HipHop/R&B

大阪府枚方市出身のラッパー”Draw4”が、ソロ作としては約1年半振りとなるNEW EP 「17ROOM」(セブンティーンルーム)を2024/6/12に各配信サイトにてデジタルリリース。 客演には梅田サイファーからKennyDoes、同郷枚方市のラッパーVarieが参加。 Draw4自身が約5年間続けた社会人生活において感じた“外の世界への憧れ”、実際に定職から離れ、ラッパーとして外の世界で体感した”自由への有り難さ・素晴らしさ”をテーマに、メロウなラップに乗せて想いを綴った計5曲入りのEP。 “自由”の中に芽生える”不自由さ”さえも受け入れ、そこで改めて強く感じた”地元や仲間の大切さ”。そんな一面も作品の中では表現されている。 今作品が、Draw4にとって間違いなく再出発地点であり、ここから新しく始まる、そんな意味を込めてEPジャケットは、現在Draw4が生活するアパートのドア前(17号室)で撮影を行い、作品名を17ROOM(セブンティーンルーム)と名付けた。 多くの人の耳をジャックし、生活にフィットし、心を踊らすあろう今作品。2024年必聴EPである。

5 tracks
HipHop/R&B

KennyDoes(梅田サイファー)、セルフタイトルとなるアルバム『KennyDoes』をリリース!

11 tracks
HipHop/R&B

KennyDoes(梅田サイファー)、セルフタイトルとなるアルバム『KennyDoes』をリリース!

11 tracks
HipHop/R&B

2022年、渋谷の某ライブハウスでの出会いをきっかけに意気投合した、LowCulTokyo / IKE & rice water Groove Production所属のIKEと、 梅田サイファーのKennyDoesが今回、 初の共作となるシングル「Freshman Class」をリリースする。 全米で認知度の高いヒップホップ専門誌の 恒例企画から着想を得た本楽曲は、互いが経験し、 培った様々な刺激や表現方法から得た魅力が落とし込まれた作品となった。 異なる土地に同じ年に生まれ、偶然にも同じ音楽を愛し、 それぞれ活躍してきたMC2人によるコンビネーションや、 初の共作とは思えない親和性に溢れる掛け合いを是非感じて欲しい。 ビートはIKEが作成し、KennyDoesが構成を提案。 エンジニア/プロデューサーのCosaqu(梅田サイファー)が ミックス、マスタリングを担当。 Gong (Doggy G Central Records)がアートワークを手がけた。

1 track
HipHop/R&B

2022年、渋谷の某ライブハウスでの出会いをきっかけに意気投合した、LowCulTokyo / IKE & rice water Groove Production所属のIKEと、 梅田サイファーのKennyDoesが今回、 初の共作となるシングル「Freshman Class」をリリースする。 全米で認知度の高いヒップホップ専門誌の 恒例企画から着想を得た本楽曲は、互いが経験し、 培った様々な刺激や表現方法から得た魅力が落とし込まれた作品となった。 異なる土地に同じ年に生まれ、偶然にも同じ音楽を愛し、 それぞれ活躍してきたMC2人によるコンビネーションや、 初の共作とは思えない親和性に溢れる掛け合いを是非感じて欲しい。 ビートはIKEが作成し、KennyDoesが構成を提案。 エンジニア/プロデューサーのCosaqu(梅田サイファー)が ミックス、マスタリングを担当。 Gong (Doggy G Central Records)がアートワークを手がけた。

1 track
HipHop/R&B

梅田サイファー所属のMC、KennyDoesとteppeiの共作によるEP。

制作のきっかけはお互いの前作のリリースが同時期だったこと。 リリースツアーへ一緒に出かけ、「ライブでのサプライズとして2人で1曲作る」程度のはずが、 作った曲でのケミストリーの良さに気を良くしてしまいEPサイズでの発表となった。 KennyDoesプロデュースのM1「GO」は2人が取り掛かった1曲目で、それぞれの良さが 十二分に発揮されるトラックパターンや、サビを入れ替えながら勢いを持って進む快作。 同じくKennyDoesのトラックによるM2「HAZIKENA」は、 それぞれの元気の良さがいかん無く発揮されたアッパーかつ豪快な雰囲気。 teppeiのドープなビートが体にクるM3「Warotoke」では、様々な人生を通過する事象を笑い飛ばしてやるという気合い、そして笑う/笑われることに絡めたワードプレイが散りばめられている。 ラストナンバーM4「Junichi」もteppeiのプロデュース。ここまでとはうってかわってメローな 一曲。ツアーや制作を通じて見つけた心情の変化や、会場にライブを見に来てくれた サポーター達への感謝も込められている。終わりと、新たな始まりに挑む気持ちが込められた一曲。 そしてM5には、KennyDoesとのダブルネームアルバム「NEVER CHANGE」や 梅田サイファー周辺はもちろん、近年ではSkaaiや神門へのトラック提供やミキシングなどで 精力的に活動する(本作のレコーディング・ミキシング・マスタリングも担当)、 プロデューサーのCosaquがリミキサーとして参加。 「Junichi」の魅力をまた新たな側面から掘り起こす、音数はシンプルにとどめられているが、 それでいてフューチャリスティックな今の時代を反映したような最高のカーテンコールに仕上がっている。 それぞれのソロ活動にも通じる要素を持ちつつも、 スピード感を前面に出したKennyDoesのラップと、どっしりとパワーで聴かせるteppeiが上手く調和し、 二人が並ぶことでしか生まれないシナジーが上手く作用した一枚となった。

5 tracks
HipHop/R&B

梅田サイファー所属のMC、KennyDoesとteppeiの共作によるEP。

制作のきっかけはお互いの前作のリリースが同時期だったこと。 リリースツアーへ一緒に出かけ、「ライブでのサプライズとして2人で1曲作る」程度のはずが、 作った曲でのケミストリーの良さに気を良くしてしまいEPサイズでの発表となった。 KennyDoesプロデュースのM1「GO」は2人が取り掛かった1曲目で、それぞれの良さが 十二分に発揮されるトラックパターンや、サビを入れ替えながら勢いを持って進む快作。 同じくKennyDoesのトラックによるM2「HAZIKENA」は、 それぞれの元気の良さがいかん無く発揮されたアッパーかつ豪快な雰囲気。 teppeiのドープなビートが体にクるM3「Warotoke」では、様々な人生を通過する事象を笑い飛ばしてやるという気合い、そして笑う/笑われることに絡めたワードプレイが散りばめられている。 ラストナンバーM4「Junichi」もteppeiのプロデュース。ここまでとはうってかわってメローな 一曲。ツアーや制作を通じて見つけた心情の変化や、会場にライブを見に来てくれた サポーター達への感謝も込められている。終わりと、新たな始まりに挑む気持ちが込められた一曲。 そしてM5には、KennyDoesとのダブルネームアルバム「NEVER CHANGE」や 梅田サイファー周辺はもちろん、近年ではSkaaiや神門へのトラック提供やミキシングなどで 精力的に活動する(本作のレコーディング・ミキシング・マスタリングも担当)、 プロデューサーのCosaquがリミキサーとして参加。 「Junichi」の魅力をまた新たな側面から掘り起こす、音数はシンプルにとどめられているが、 それでいてフューチャリスティックな今の時代を反映したような最高のカーテンコールに仕上がっている。 それぞれのソロ活動にも通じる要素を持ちつつも、 スピード感を前面に出したKennyDoesのラップと、どっしりとパワーで聴かせるteppeiが上手く調和し、 二人が並ぶことでしか生まれないシナジーが上手く作用した一枚となった。

5 tracks
HipHop/R&B

5 tracks
HipHop/R&B

5 tracks
HipHop/R&B

梅田サイファー所属のMC、KennyDoesと ユニットはもちろん、彼らのソロ活動それぞれへの トラック提供やミキシングなどを担い、 全面的にバックアップし続けるプロデューサーのCosaqu。 ユニットでの活動から始まったこのダブルネームアルバム「NEVER CHANGE」の制作は、 梅田サイファーのアルバム「ビッグジャンボジェット」のそれとほぼ同時期に進められた。 収録曲「HEADSHOT pt.2」「無敵ライクセブンティーン」(両曲ともCosaquプロデュース)で 得られた手応えをベースに、今回の作品は更に高みを目指すバイブスに満ちている。 それを象徴する”道が開けていく瞬間を切り取った”(KennyDoes)オープニングナンバー「DAYZ」や、 アップテンポな「24」、不変の決意表明であるタイトルトラック「NEVER CHANGE」。 この二人だからこそ出来るビートスイッチが光る「誰かにはなれない」で構成された序盤。 KennyDoesのスキルをCosaquの得意分野でもある「怪しい雰囲気」が 広がるトラックの上で存分に堪能出来る「Varlander」「RUN!!!」。 スラムダンクの三井寿をイメージした、モチベーションが上がること必須の「三井」。 収録曲の中でも随一の壮大さを感じさせる「Echoes」などが連なる中盤。 Cosaquのプロデュース能力の高さが惑星を飛び出した「月まで」、 “ここにいない人に向けた”切なさをメロディと昇華する「Wish You Were Here」、 そして今作のハイライトにもなり得る、勢いとエモーションの両方が存分に活かされた 「遠くまで行こう」「考えすぎは良くないぜ」と続く終盤。 正に隙がない、二人のコンビネーションが存分に発揮された音楽として良質な一枚。

12 tracks
HipHop/R&B

梅田サイファー所属のMC、KennyDoesと ユニットはもちろん、彼らのソロ活動それぞれへの トラック提供やミキシングなどを担い、 全面的にバックアップし続けるプロデューサーのCosaqu。 ユニットでの活動から始まったこのダブルネームアルバム「NEVER CHANGE」の制作は、 梅田サイファーのアルバム「ビッグジャンボジェット」のそれとほぼ同時期に進められた。 収録曲「HEADSHOT pt.2」「無敵ライクセブンティーン」(両曲ともCosaquプロデュース)で 得られた手応えをベースに、今回の作品は更に高みを目指すバイブスに満ちている。 それを象徴する”道が開けていく瞬間を切り取った”(KennyDoes)オープニングナンバー「DAYZ」や、 アップテンポな「24」、不変の決意表明であるタイトルトラック「NEVER CHANGE」。 この二人だからこそ出来るビートスイッチが光る「誰かにはなれない」で構成された序盤。 KennyDoesのスキルをCosaquの得意分野でもある「怪しい雰囲気」が 広がるトラックの上で存分に堪能出来る「Varlander」「RUN!!!」。 スラムダンクの三井寿をイメージした、モチベーションが上がること必須の「三井」。 収録曲の中でも随一の壮大さを感じさせる「Echoes」などが連なる中盤。 Cosaquのプロデュース能力の高さが惑星を飛び出した「月まで」、 “ここにいない人に向けた”切なさをメロディと昇華する「Wish You Were Here」、 そして今作のハイライトにもなり得る、勢いとエモーションの両方が存分に活かされた 「遠くまで行こう」「考えすぎは良くないぜ」と続く終盤。 正に隙がない、二人のコンビネーションが存分に発揮された音楽として良質な一枚。

12 tracks
HipHop/R&B

梅田サイファー所属のMCが放つ今作は、 現代の日本語ラップのロールモデルとなり得る1枚。 部屋で一人で、車で、クラブで、 どこで鳴らしてもそれぞれ別の表情を 楽しめる仕上がりとなっている。 ミレニアル世代にはどこか懐かしく、 それでいて新しい”何かと聴きたくなる” 感情をくすぐるだろう。

10 tracks
HipHop/R&B

梅田サイファー所属のMCによる作品。スキルを思う存分に堪能できる1枚になっている。

9 tracks
HipHop/R&B

EVO Japan 2024 presented by ROHTO テーマソング

1 track
HipHop/R&B

EVO Japan 2024 presented by ROHTO テーマソング

1 track
HipHop/R&B

TVアニメ『ザ・ファブル』EDテーマ

1 track
HipHop/R&B

TVアニメ『ザ・ファブル』EDテーマ

1 track
View More Discography Collapse
Collapse