Never Learn

KennyDoes
Lossless

KennyDoes

HipHop/R&B

KennyDoes

KennyDoes(梅田サイファー)、セルフタイトルとなるアルバム『KennyDoes』をリリース!

KennyDoes
High Resolution

KennyDoes

HipHop/R&B

KennyDoes

KennyDoes(梅田サイファー)、セルフタイトルとなるアルバム『KennyDoes』をリリース!

NEVER CHANGE
Lossless

NEVER CHANGE

HipHop/R&B

KennyDoes

梅田サイファー所属のMC、KennyDoesと ユニットはもちろん、彼らのソロ活動それぞれへの トラック提供やミキシングなどを担い、 全面的にバックアップし続けるプロデューサーのCosaqu。 ユニットでの活動から始まったこのダブルネームアルバム「NEVER CHANGE」の制作は、 梅田サイファーのアルバム「ビッグジャンボジェット」のそれとほぼ同時期に進められた。 収録曲「HEADSHOT pt.2」「無敵ライクセブンティーン」(両曲ともCosaquプロデュース)で 得られた手応えをベースに、今回の作品は更に高みを目指すバイブスに満ちている。 それを象徴する”道が開けていく瞬間を切り取った”(KennyDoes)オープニングナンバー「DAYZ」や、 アップテンポな「24」、不変の決意表明であるタイトルトラック「NEVER CHANGE」。 この二人だからこそ出来るビートスイッチが光る「誰かにはなれない」で構成された序盤。 KennyDoesのスキルをCosaquの得意分野でもある「怪しい雰囲気」が 広がるトラックの上で存分に堪能出来る「Varlander」「RUN!!!」。 スラムダンクの三井寿をイメージした、モチベーションが上がること必須の「三井」。 収録曲の中でも随一の壮大さを感じさせる「Echoes」などが連なる中盤。 Cosaquのプロデュース能力の高さが惑星を飛び出した「月まで」、 “ここにいない人に向けた”切なさをメロディと昇華する「Wish You Were Here」、 そして今作のハイライトにもなり得る、勢いとエモーションの両方が存分に活かされた 「遠くまで行こう」「考えすぎは良くないぜ」と続く終盤。 正に隙がない、二人のコンビネーションが存分に発揮された音楽として良質な一枚。

NEVER CHANGE
High Resolution

NEVER CHANGE

HipHop/R&B

KennyDoes

梅田サイファー所属のMC、KennyDoesと ユニットはもちろん、彼らのソロ活動それぞれへの トラック提供やミキシングなどを担い、 全面的にバックアップし続けるプロデューサーのCosaqu。 ユニットでの活動から始まったこのダブルネームアルバム「NEVER CHANGE」の制作は、 梅田サイファーのアルバム「ビッグジャンボジェット」のそれとほぼ同時期に進められた。 収録曲「HEADSHOT pt.2」「無敵ライクセブンティーン」(両曲ともCosaquプロデュース)で 得られた手応えをベースに、今回の作品は更に高みを目指すバイブスに満ちている。 それを象徴する”道が開けていく瞬間を切り取った”(KennyDoes)オープニングナンバー「DAYZ」や、 アップテンポな「24」、不変の決意表明であるタイトルトラック「NEVER CHANGE」。 この二人だからこそ出来るビートスイッチが光る「誰かにはなれない」で構成された序盤。 KennyDoesのスキルをCosaquの得意分野でもある「怪しい雰囲気」が 広がるトラックの上で存分に堪能出来る「Varlander」「RUN!!!」。 スラムダンクの三井寿をイメージした、モチベーションが上がること必須の「三井」。 収録曲の中でも随一の壮大さを感じさせる「Echoes」などが連なる中盤。 Cosaquのプロデュース能力の高さが惑星を飛び出した「月まで」、 “ここにいない人に向けた”切なさをメロディと昇華する「Wish You Were Here」、 そして今作のハイライトにもなり得る、勢いとエモーションの両方が存分に活かされた 「遠くまで行こう」「考えすぎは良くないぜ」と続く終盤。 正に隙がない、二人のコンビネーションが存分に発揮された音楽として良質な一枚。

TOP