【連載】sora tob sakanaメンバー間インタヴュー 第2回 風間玲マライカが寺口夏花に訊く

左から、風間玲マライカ、寺口夏花

神﨑風花、山崎愛、寺口夏花、風間玲マライカによる4人組アイドル・ユニット、sora tob sakana。2月12日に東京・中野サンプラザで開催された主催イベント〈天体の音楽会〉にて、5⽉16⽇(⽔)にワーナーブラザースジャパンからメジャー・ミニ・アルバムのリリース、そして、7月1月(日)にsora tob sakana結成4周年記念ワンマン・ライヴが国際フォーラムホールCにて開催されることを祝し、OTOTOYでは全4回に渡りメンバー間インタヴューをお届け中です。2回目の今回は、風間玲マライカが寺口夏花にいろいろと訊きました。実に自由なインタヴュー、読んでのお楽しみ感満載です。

ハイレゾ独占配信!
sora tob sakana / sora tob sakana

【Track List】
1. 海に纏わる言葉
2. 夏の扉
3. 広告の街
4. 夜空を全部
5. 魔法の言葉
6. まぶしい
7. My notes
8. Summer Plan
9. 帰り道のワンダー
10. おやすみ
11. Moon Swimming Weekender
12. 新しい朝
13. ケサランパサラン
14. クラウチングスタート

【配信形態】
24bit/48kHz (WAV / FLAC / ALAC) / AAC

【価格】
単曲 250円(税込) / アルバム 2,700円(税込)

INTERVIEW : 寺口夏花(sora tob sakana)

みんなー! こんにちは!
風間玲マライカです!

今回は……
なつれい、です!!

わたしは夏花にインタヴューをして、新しい発見や、二人揃って「それなー!!!」ってこともあって、とても楽しかったです!!

ではインタヴュー楽しんでねー!

聞き手 : 風間玲マライカ(sora tob sakana)
構成 : 田尻菜穂子
撮影 : ペータ

意味わかんない系のボカロが好き

──まずは、知らない人のために。身長は何センチですか?

寺口 : 145.6cmです。

──今、ハマってる音楽は?

寺口 : 今は、BiSHさんの曲をよく聴きます。

──1曲挙げてください。

寺口 : 一昨日ハマってたのは「オーケストラ」で、昨日ハマってたのは「My landscape」。

──BiSHさん以外でありますか?

寺口 : BiSHさん以外で? なんか最近あんまり音楽を聴かなくて。

──ほんと? 何してるの最近。

寺口 : イヤフォンつけてるだけで何も聴いてない(笑)

──ああ、あるあるね。わかるよ。

寺口 : そう。

──そっか。じゃあ、暇なときは何してますか? 音楽聴く以外で。

寺口 : 寝るか、携帯のゲームするとかかな。

──好きなボカロの曲は何ですか?

寺口 : 好きなボカロの曲は、昔よく聴いてたのを思い出したのを思い出したように聴く時があって、そういう時は、あ! 「クワガタにチョップしたらタイムスリップした」っていう曲があって、それが結構好きかも。


クワガタにチョップしたらタイムスリップした

──その曲、わからないからちょっと説明してください。

寺口 : なんか、ペットのクワガタをチョップしたら、何年後だっけ… 50年後とかにスリップしちゃって、死に際の自分に会う話。

──曲調とかはどんな感じ?

寺口 : 結構ポップ。歌詞に、リアス式かい... ん? 「リアス式歯並びの君」みたいな。歯並びがガタガタだから。「現代生け花の髪型」とか、意味わかんない単語とか。

──意味わかんない曲が好きなの?

寺口 : 意味わかんない系がすごい好きかも!

──そうなんだ。

寺口 : この間聴いたのは、「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています」みたいな感じのタイトルの曲。


家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。

──ボカロ?

寺口 : そう。面白いの。奥さんが死んだフリしてるの、いつも。パターンがあって。

──そういうゲームしたよね。

寺口 : したね!

──スタッフさんに、ライヴ終わりに「死んだフリしよう」って言ってやったよね。

寺口 : やったね。懐かしい。

──面白かったよね。

寺口 : 全然驚いてもらえなかったね(笑)。もっと本格的にやろうよ、今度。

──今度はゾンビとか。

寺口 : ゾンビ(笑) ちゃんとやってね?

うちらがもっと頑張れば会えるかなって思う

──じゃあ次。空は飛びたいですか?

寺口 : あんまり飛びたくない。

──なんで?

寺口 : 絶叫系が苦手だから。

──そっか。

寺口 : テレビの映像で、パラシュートを乗ってる側から撮ってる映像を見てたら酔っちゃって。

──そうなの?

寺口 : うん。多分無理だなって思った。

──今いちばん会いたい芸能人は?

寺口 : YouTuberのかすちゃんと、きりたんぽちゃん。

──女優系で会ってみたい芸能人はいますか?

寺口 : 女優さんは、戸田恵梨香さん。

──それは言うと思った。

寺口 : 言うと思った? ずっと好きだからね。

──アーティストさんだったら?

寺口 : BiSHさんには会いたいけど、うちらがもっと頑張れば会えるかなって思う。

寺口夏花

──なっちゃんが今までいちばん自分がしていて好きだった髪型はなんですか?

寺口 : 髪型? うーん。今的にはおろしてるのがいちばん好きかも。

──Twitterの署名で今まで「なつめろ」「かに」「寺口」ときて… 次はなんですか?

寺口 : 次は… なんだろうね。割と気分で書いちゃってるから。その時の気分次第! 変わるかもしれないし、戻るかもしれないし。

──戻る? 今までは戻ってないけどね。

寺口 : ほんと? じゃあ戻らないかもしれないね。

学校では、仲良い子たちといるときはうるさい感じ

──ファンの皆さんのことどう思ってますか?

寺口 : 素晴らしいですね。普通にいい人たちだと思います。

──気に入っているコスメはなんですか?

寺口 : うーん、なんだろう。最近買ってっもらったのが、ADDICTIONのアイシャドウ。ミスユーモアってやつ。99番の。YouTuberさんとかみんな持ってる。

──結構有名だよね。

寺口 : そう、有名で。いちばん可愛い色で。どんな感じなのかなって思って使ってみたかったから。

──学校ではなっちゃんはどんなキャラですか?

寺口 : 学校では、仲良い子たちといるときはうるさい感じだけど、他の人と喋るときは喋れないかな。

──メンバーに対して1人ずつ思ってることは?

寺口 : 風花は、頑張ってるなって思う。すごいと思うよ。私は風花と真逆の人間だから。すごいストイックに、どれにも全力みたいな感じじゃん、風花は。それがすごいなと思う。私は手抜いちゃうから。

──わかる。

寺口 : ほんとすごいよね。

──私も同じこと言ったよ。

寺口 : あ、同じこと言ってる? やっぱ風花はすごいんだね。だってさ、いちばん「アイドル」って感じじゃん。4人の中で。

──向いてるよね、アイドル。

寺口 : 握手会の対応もそうだし、ライヴ表情やパフォーマンスがすごい。

──アイドルっぽい。

寺口 : あと、普通にアイドルさんの動画とかいつも観てるからさ、そこから吸収するんだろうね。そういうのがすごいと思う。それを自分でできちゃうから。

──うん。

寺口 : 私は観てるだけで自分でできないんだよね。ただのファンみたいな感じになちゃう。

──まあ、わかる。そっかそっか。あとのメンバーは?

寺口 : 愛ちゃん(山崎)が、14歳でしょ? すごくない? だってうちらがsora tob sakana始めた時が14歳とかでしょ? きっと。13歳?

──いや、12?

寺口 : 12?

──小6って何?

寺口 : 中1じゃないっけ? 13? 玲たちは13で私が14じゃん。でもさ、それなのにもう3年くらい経ってるわけでしょ? すごいなって思う。本当にすごいなって思う。

──それは本当にそう思う。

寺口 : あと、めっちゃ大人っぽい。すごいよね。すごいしか言ってないよね(笑)

──最年少だもんね。

寺口 : 一応最年少らしいところはあるじゃん。

──ふとした行動とかだよね。

寺口 : あ、わかった。現代っ子だなと思う。最近あたり強くない?

──ちょっと強いよね。

寺口 : 思春期だから仕方ないのかなって思って。

──そう、終わればいいなと思ってるけど。

寺口 : 玲は、愛ちゃんに「嫌だ」って言われても突き通すところがすごいと思う。

──それは自分が好きだからでしょう?

寺口 : 私はあんまりできないの。「嫌だ」って言われたら「ああそっか、嫌なのか」って思って自分もそういう気持ちに引っ張られちゃう。

──え、ほんと?

寺口 : そう。結構昔からそうなの。例えば、自分と仲良くて好きな友達の悪口を言われたらそればっかり気にするようになっちゃうの。でも玲はちゃんと貫き通してる。

──まあ、そうだけど、なっちゃんはいろんな角度から見てますね。

寺口 : ああ、そうなのかな。

──あとは何かある?

寺口 : 流行に敏感だよね。

──それは本当に思う。前まで全然知らなかった。

寺口 : 今、いちばん女子高生らしいよ。

みんな血は近くないと思うんですよね

──メジャーになって、これからしてみたいことはありますか。

寺口 : 個人でいつかは、自分のラジオ番組を持ちたい。

──単独で?

寺口 : そう。ラジオ・パーソナリティーになりたいです。

──メンバーを家族とか親戚を当てはめていってもらっていいですか?

寺口 : 愛ちゃんは、いとこの子供。ちょっとクソガキ感。生意気な感じだよね。

──まあ確かに。

寺口 : だから、誰かの子供って感じかな。でも、性格からして血はそこまで近くないと思うから、いとこの子供くらいで。風花は、おばあちゃんの兄弟。おばあちゃんの妹かな。いや、おばあちゃんのお姉ちゃんかな。風花はおばあちゃん感あるじゃん?

──食べ物とかもね。

寺口 : 昆布茶が好きとか。梅干しシート好きみたいな。おばあちゃんっぽい感じする。血縁上近くはないかなって思ったから、おばあちゃんのお姉ちゃんかな。

──玲は?

寺口 : どうだろうな。玲は、お母さんのいとこ。

──親戚ばっかりだね。

風間玲マライカ

寺口 : みんな血は近くないと思うんですよね。お母さんのいとこって感じです。

──じゃあ、年齢は高め?

寺口 : 玲は見た目は大人っぽいから。で、どっちかっていうとお母さん感が強いから。

──そうだよね。それはわかる。

寺口 : うん。

──sora tob sakanaの活動でこれはしたくなかったなってことはありますか?

寺口 : やりたくなかったなってこと? 今思うともう覚えてないから、その時はやりたくないって思ったけどやった後はどうでもよかったのかな。

──じゃあ、結構結果オーライ?

寺口 : あんまり記憶にないかな。

──sora tob sakanaの活動で思い出に残ってることは?

寺口 : 思い出に残ってることは、中野。いちばん最近。新しい。中野サンプラザのことが。

──やっぱり?

寺口 : うん。どんどん上書きされてくじゃん。結局いちばん最近がいちばんいい思い出になる。

「さすが国際フォーラムでやるだけあるな」って思わせたい

──これからsora tob sakanaでしてみたいことは?

寺口 : 銀テープ「バーン! 」とかやりたい。あとトロッコ乗りたい。

──あとは?

寺口 : あ、セグウェイ!

──セグウェイで何したいの?

寺口 : セグウェイを使った振り付けの曲みたいな。セグウェイに乗ったらクルクル回ったりするから。

──それがやりたいの?

寺口 : あとは、ピューロランドでライヴがしたいです。

──中野サンプラザはどうでしたか?

寺口 : とても楽しかったです。発表したときにいろんな方に「sakana、中野でやるの?」って驚かれたんですけど、sora tob sakanaってあんまり大きいキャパでやったことないからファンの皆さんも「できるの?」って思ってたと思うし自分的にも思ってたところもあるけど、いざ当日になってみたらお客さんもたくさん来てくださって、アーティストの人もいっぱい来てくれて。大成功に終わったと思います。

──大成功でしょう。

寺口 : あはは(笑)

──国際フォーラム、単独では1000越えるキャパということで、この夏まで頑張っていこうね。

寺口 : 頑張ろうね。

──夏のフェスも出たいよね。

寺口 : 夏のフェスって一気にお客さん増やせる時期だけど、国際フォーラムの日付が7月1日で夏のはじまりって感じだから、今までの集大成を夏フェス前に見せて「さすが国際フォーラムでやるだけあるな」って思わせたいな。

──じゃあ頑張りましょう。

寺口 : まだどんなことするかわからないけど。

──楽しみだね。国際フォーラムでワンマン・ライヴをするって言われた時はどう思いましたか?

寺口 : ずっと口開いてた私(笑) だって国際フォーラムって普通にライヴで行ったことあるから、いきなりそんなところでいいの? みたいな。ライヴハウス系を想像してたから、いきなりホールでワンマンやるの?ってびっくりしました。ファーストのワンマンが180とかだっけ?

──どこでやったっけ?

寺口 : 新宿MARZ。その次がWWWで300だっけ? で、WWW Xが500。今まで1.5倍だったのに、急に3倍のキャパ。

──恵比寿LIQUIDROOMのバンド・セットもあったよね。

寺口 : あ、それもあったか。でもそれでも倍くらいじゃん。びっくりって感じ。逆に反応できなかった。

──ワンマン・ライヴは全部ソールドしてきましたから。

寺口 : 確かに!

──ガチでソールドはしたいと思ってます。

寺口 : そうだね! 1500人来て欲しい。

──前、スタッフさんがsora tob sakanaは絶対ソールドアウトできる箱でやるからって言ってたじゃん。それを目標に頑張って来たのもあるので。

寺口 : そうだね。来てもらおうね。

──来てください!

寺口 : お願いします。

DISCOGRAPHY

LIVE INFORMATION

結成4周年記念ワンマンライブ
2018年7月1月(日)@国際フォーラム ホールC

PROFILE

sora tob sakana

2014年7月結成。風間玲マライカ、神﨑風花、寺口夏花、山崎愛の4人からなる平均年齢15歳のアイドルユニット。 ASOBISYSTEM×アイドル横丁によって2015年5月に始動したアイドルレーベル「フジヤマプロジェクトジャパン」より1stシングル「夜空を全部」を10月27日にリリース。アイドルファンだけではなく、音楽ファンへも反響を呼ぶ。 音楽プロデュースを照井順政(ハイスイノナサ、siraph etc)が手掛けており、ポストロックとエレクトロニカを基調にした物語性の強い楽曲と表情豊かでまっすぐなパフォーマンスが唯一無二の世界観を作り出している。 2016年7月26日1stAlbum「sora tob sakana」リリース。7月23日渋谷WWWで行われた2ndワンマンライブ「境界線上のサカナ」はSOLD OUTし、大成功!アイドルシーン要注目の存在として勢いにのる!!

各フェスやイベントでその楽曲が高く評価されたsora tob sakanaの期待のminiAlbum「cocoon ep」を2017年4月11日release! 2017年4月30日には恵比寿LIQUIDROOMにて初の全編band setでのsora tob sakana 単独公演「月面の音楽隊」を開催!チケットはSOLD OUTとなった。 2018年2月12日には中野サンプラザにて主催イベント「天体の音楽会」を開催。

official HP

 
 

連載

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《第12回》zAk × 佐野敏也
・2018年07月13日・【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第12回》zAk × 佐野敏也 INTERVIEW : zAk(レコーディング・エンジニア)× 佐野敏也(スペースシャワーネットワーク) プライベート・スタジオ「ロックン・ロール研究所」で音源制作を行うなど、音作りへの深いこだわりを持っていた忌野清志郎。『KING』『GOD』といったキャリア後年の作品ではソウル・クラシックな音作りが際立っている。そうした作品に携わっていたのが、FISHMANSの作品等で知られるレコーディング・エンジニアのzAkだ。そしてその間を取り持った人物が、『RUFFY TUFFY』『冬の十字架』でレコーディング・ディレクターを務めた佐野敏也氏。2人が間近で見た忌野清志郎の姿とは? zAkの所有するスタジオ「ST-ROBO」にて、対談形式で話を訊いた。 企画・取材 : 岡本貴之 / ゆうばひかり文・編集 : 岡本貴之撮影 : ゆうばひかりページ作成 : 鈴木雄希(OTOTOY編集部)協力 : Babys 高校時代、まわりはRCのコピーバンドばっかりだった──お2人は、お仕事で関わる前から清志郎さんの音楽は聴いていらっしゃったんですか。 佐
by 岡本 貴之
BiSH~Rock'n Roll Swindle~ 二番煎じは本物を超えられるのか?! Epsode52 セントチヒロ・チッチ「BiSHは誰かにとってのヒーローであり続けたい」
[BISH]・2018年07月13日・【BiSH】Epsode52 セントチヒロ・チッチ「BiSHは誰かにとってのヒーローであり続けたい」 2018年3月発売のメジャー3rdシングル『PAiNT it BLACK』がオリコン・ウィークリーチャート1位を獲得、5月22日には自身最大規模となる横浜アリーナでの単独ワンマン公演〈BiSH "TO THE END"〉を即完させ圧倒的なライヴを行った"楽器を持たないパンクバンド”BiSH。今年の夏は〈ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2018〉〈SUMMER SONIC 2018〉をはじめ様々なロック・フェスにも出演する彼女たちが、初の両A面シングル『Life is beautiful / HiDE the BLUE』をリリース。また同日に内容が過激なゲリラ・シングル『NON TiE-UP』をリリースし、攻める姿勢は止まることをしらない。OTOTOYでは、8周目となるメンバー個別インタヴューを敢行。第1回は、セントチヒロ・チッチの声をお届けする。 BiSH初となる両A面シングルをハイレゾ配信中BiSH / Life is beautiful / HiDE the BLUE'【配信価格】WAV
by JJ
ヒップホップ・ライター斎井直史による定期連載──「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第18回
[CLOSEUP]・2018年07月10日・斎井直史による定期連載「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第18回──豊作! この夏、オススメの新譜! 梅雨という梅雨もないまま、あっという間に本格的な夏に突入! 今年の夏は長い夏になりそうな予感! 今月も「パンチライン・オブ・ザ・マンス」始まります! 先月はこの夏のサマソニでの来日も控え、ドレイク、ケンドリック・ラマーといったビッグ・アーティストもラヴ・コールを送るUKの新星R&Bシンガー、ジョルジャ・スミスの初アルバム『Lost & Found』を取り上げました。今月は豊作な新譜の中からいくつかの作品をピックアップ! ぜひこの夏はこちらの作品たちをチェックしてみては?? >>先月号、第17回(2018年6月)はこちら 第18回 豊作! この夏、オススメの新譜! 夏が近づくと、夏っぽい曲がチラホラと出るじゃないですか。それらを拾いながら、今年の夏を断片的に妄想したりしません? 今、自分はその最中ですが、昨年は海や山が似合う明るい曲が多く、今年はクールな都会の夜を思わせるサウンドが多いように思います。まず1発目。個人的には今のとこ今年イチです。 先月の記事に組み込まなかったんですが、丁度1ヵ月前に突
by 斎井 直史
【BiS連載vol.96】BiS1st「BiSにとっての起爆剤になって、新しい道を作れる存在になりたい」
[POURLUI]・2018年07月09日・【BiS連載vol.96】BiS1st インタヴュー「私たちの進化を見逃さないでほしいです」 2016年9月に2度目の再スタートを切り、メンバーの脱加入を経て、現在はBiS1stとBiS2ndに分裂し活動中のBiS。2018年7月4日リリースのシングル『Don't miss it!!』タイミングで、メンバー総勢10名を対象に、ファンの投票によってBiS1st所属メンバーとBiS2nd所属メンバーを決定する『BiS.LEAGUE』が行われ、その得票数の1位~5位が次作のBiS1st、6位~10位がBiS2ndとして再編成されることになっている。激動の最中にいるBiSからBiS1stのインタヴューをお届けする。 BiS1st、初シングルを配信スタートBiS1st / Don't miss it!!【配信形態】ALAC、FLAC、WAV / AAC【配信価格】単曲 257円(税込) / まとめ 750円(税込) 1. Don't miss it!!2. TiME OVER3. Don't miss it!! (instrumental)4. TiME OVER (instrumental) INTERVIEW
by 西澤 裕郎
【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第11回》蔦岡晃
[CLOSEUP]・2018年06月29日・【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第11回》 蔦岡晃 INTERVIEW : 蔦岡晃(有限会社フェイスクルー 代表取締役)忌野清志郎がヴォーカルを務めたRCサクセションは、1970年代の低迷期をタフに乗り越えると、エレキ・バンドとして生まれ変わり、80年代に大ブレイク。一度聴いたら忘れられない清志郎の歌声、派手なメイクとファッション、強烈無比なライヴ・パフォーマンスにより“THE KING OF LIVE"と呼ばれ、一躍脚光を浴びるようになっていった。今回ご登場いただく蔦岡晃さんは、RCの絶頂期からライヴ・スタッフを務め、清志郎の晩年にはライヴのオープニングに欠かせない役割を担っていた人物だ。長年、清志郎のライヴ・パフォーマンスを支え続け、現在も数多くのライヴ制作に携わっている蔦岡さんならではの視点から語る“KING"忌野清志郎とは。 企画・取材 : 岡本貴之 / ゆうばひかり文・編集 : 岡本貴之撮影 : ゆうばひかりページ作成 : 鈴木雄希(OTOTOY編集部)協力 : Babys はじめてRCのライヴで清志郎を観たとき“こんな人は日本にいないな"と思った──蔦岡さんは、1979年にRCサ
by 岡本 貴之
【BiS連載vol.95】ネル・ネール「BiSにとっての起爆剤になって、新しい道を作れる存在になりたい」
[POURLUI]・2018年06月22日・【BiS連載vol.95】ネル・ネール「BiSにとっての起爆剤になって、新しい道を作れる存在になりたい」 2016年9月に2度目の再スタートを切り、メンバーの脱加入を経て、現在はBiS1stとBiS2ndに分裂し活動中のBiS。2018年7月4日リリースのシングル『Don't miss it!!』タイミングで、メンバー総勢10名を対象に、ファンの投票によってBiS1st所属メンバーとBiS2nd所属メンバーを決定する『BiS.LEAGUE』が行われ、その得票数の1位~5位が次作のBiS1st、6位~10位がBiS2ndとして再編成されることになっている。まさに激動の最中にいるBiSに6月より加入した新メンバーの中から、OTOTOYではBiS1stの初ソロ・インタヴューを2回に渡りお届けする。 BiS1st、初シングルをOTOTOYでも配信予定BiS1st / Don't miss it!!【発売日】2018年7月4日(水)1. Don't miss it!!2. TiME OVER3. Don't miss it!! (instrumental)4. TiME OVER (instrumental) IN
by 西澤 裕郎
【BiS連載vol.94】トリアエズ・ハナ「人の心を動かせるような歌を歌いたい」
[POURLUI]・2018年06月21日・【BiS連載vol.94】トリアエズ・ハナ「人の心を動かせるような歌を歌いたい」 2016年9月に2度目の再スタートを切り、メンバーの脱加入を経て、現在はBiS1stとBiS2ndに分裂し活動中のBiS。2018年7月4日リリースのシングル『Don't miss it!!』タイミングで、メンバー総勢10名を対象に、ファンの投票によってBiS1st所属メンバーとBiS2nd所属メンバーを決定する『BiS.LEAGUE』が行われ、その得票数の1位~5位が次作のBiS1st、6位~10位がBiS2ndとして再編成されることになっている。まさに激動の最中にいるBiSに6月より加入した新メンバーの中から、OTOTOYではBiS1stの初ソロ・インタヴューを2回に渡りお届けする。 BiS1st、初シングルをOTOTOYでも配信予定BiS1st / Don't miss it!!【発売日】2018年7月4日(水)1. Don't miss it!!2. TiME OVER3. Don't miss it!! (instrumental)4. TiME OVER (instrumental) INTERVIEW : トリ
by 西澤 裕郎
ヒップホップ・ライター斎井直史による定期連載──「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第17回
[CLOSEUP]・2018年06月19日・斎井直史による定期連載「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第17回──Jorja Smith 『Lost & Found』 今年もあっという間に折り返しの6月! 梅雨入りの日本列島ですが激しい寒暖差に体調を崩しがちな今日この頃ですが、みなさまいかがお過ごしでしょうか? 先月の特集では、日本ではまだあまり耳慣れない“Type Beat”という文化について紹介しました。今月は新たにUKから現れた、現在21歳のR&Bシンガー、ジョルジャ・スミスをピックアップ。ビック・アーティストたちからも多くの賛辞を浴びる彼女の待望となるデビュー作に迫ります! 8月にはサマソニにて来日も控えてますよ〜! >>先月号、第16回(2018年5月)はこちら 今月ピックアップ! UKから現れた新たなR&Bの新星によるデビュー作!Jorja Smith / Lost & Found'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込) / アルバム 1,543円(税込)【収録曲】''01. Lost & Found02. Teenage Fantasy03. Where Di
by 斎井 直史