何もかもを肯定する美しい破壊衝動――緻密に再構築されたworld's end girlfriendの完結する世界

world's end girlfriendによる6年ぶりのアルバム『LAST WALTZ』、wegの音としか形容のしようのない、圧倒的な世界観を繰り広げていたが、このたび、収録楽曲をさまざまなアーティストがリミックスしたリミックス・アルバム『LAST WALTZ REMIX』をリリース。主宰レーベルのアーティストなど、多彩な顔ぶれのリミキサーたちが、その世界観をさらに拡張している。OTOTOYでは本作品をレヴューとともにハイレゾ配信でお届けしよう。

豪華クリエイター陣によるリミックス・アルバム!!

world's end girlfriend / LAST WALTZ REMIX

【配信形態】
WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) / AAC
>>>ハイレゾとは?

【配信価格】
単曲 173円(税込) / アルバム価格 1,728円(税込)
※AACのみ単曲 162円(税込) / アルバム 1,620円(税込)

【収録曲】
01. matryoshka REMIX / Plein Soleil
02. Kazuki Koga REMIX / Crystal Chrysalis
03. Satanicpornocultshop REMIX / Flowers of Romance
04. arai tasuku REMIX / LAST WALTZ
05. CRZKNY REMIX / LAST WALTZ
06. SPEAK LAW REMIX / Plein Soleil
07. FilFla REMIX / LAST BLINK
08. Serph REMIX / Angel Ache
09. KASHIWA Daisuke REMIX / Radioactive Spell Wave
10. Go-qualia REMIX / Girl
11. Vampillia REMIX / Girl
12. 2994898 REMIX / Plein Soleil



オリジナルアルバムも好評配信中!!

world's end girlfriend / LAST WALTZ

【配信形態】
WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) / AAC
>>>ハイレゾとは?

【配信価格】
単曲 216円(税込) / アルバム 2,160円(税込)
※AACのみ単曲 162円(税込) / アルバム 1,620円(税込)

【Track List】
01. LAST WALTZ
02. Plein Soleil
03. Angel Ache
04. Flowers of Romance
05. Void
06. Crystal Chrysalis
07. in Silence / in Siren
08. Radioactive Spell Wave
09. Girl
10. LAST BLINK
11. NEW KIDS(ボーナストラック)

>>この作品の特集ページはこちら



【REVIEW】world's end girlfriend 『LAST WALTZ』

「Plein Soleil」を聴くと、今までのちいさな罪を懺悔したいような気持にかられる。抒情的なコーラスワークは胸を締め付け、厳しくも優しい風を吹き込むのだ。必死になって記憶を手繰り寄せ、ごめんなさい、と呟くと、ふっと赦されたような感情が舞い込んでくる。それはWEGの音楽が内包する優しい暴力性によるものであろう。

このリミックス・アルバムは、WEGが出した『LAST WALTZ』という回答の、緻密な再構築だ。「Plein Soleil」を冒頭と最後に配置し、その優しくも厳しい残酷な美しさを提示した中に、散りばめられた曲の数々。それらは一見様々なジャンルに散らばっているようでいて、WEGの音楽が我々にもたらすノンバーバルなものの一つの解釈として同一線上に広がっているように思えてならない。


world's end girlfriend / matryoshka REMIX/Plein Soleil

YouTubeにも事前投稿されたmatryoshka Remixの「Plein Soleil」では、静謐なピアノの音が導入剤となって、楽曲が持つ魔力が心のさらに深みへと入り込んでいく。そうしてその美しくも厳しい破壊を目の当たりにしたと思えば、続く「Crystal Chrysalis」で暴力的なまでのノイズを降らせる。衝動的な一面はやがて美しく昇華され、鮮やかに幕を閉じる。実験的な積み重ねを追っていけば、arai taskuによる「LAST WALTZ」のメタル的なリアレンジは激しく荘厳で、まるで怒れる神のような静かな魅力を秘めているのだ。

そしてやはり、特筆すべきは「LAST BLINK」のリアレンジであろう。昨年発売のオリジナル盤ではアルバムのラストを美しく締めくくる役割を担っていたこの曲は、FilFlaによってアレンジを加えられ、より聖歌的で壮大な一大抒情詩となっている。揺らめく光と、懐かしい記憶と、情景が浮かぶような音の洪水。まるで廃教会の窓辺から差し込む光のように、この楽曲はアルバムを分断し、それまでの暗さや厳しさを纏ったトラックとの差を際立たせる。喩えるならば、荘厳と高潔の対比。このリミックス・アルバムはリミックスでありながら、入念に考え抜かれた新譜と言っても過言ではない。


world's end girlfriend/ Plein Soleil

今、世界は少しずつ平穏を失くしている気がする。誰しもがきっと心のどこかで、何となく予期していることだろう。いつ戦争が始まってもおかしくないという状況を、どこかで感じ取っている。それが本当になるかはわからない。日本はおそらく隔離された国だ。単一民族によって整備され、守られた普通の生活。少なくとも多数派ではない。WEGは『LAST WALTZ』のインタヴューで死について触れた。

オリジナル・アルバム『LAST WALTZ』リリース時のインタヴュー

死を体感できる人はいまこの国にどれくらいいるのだろうか。現代日本では、死は映像に切り取られ、描かれることを拒絶する。先日あるドキュメンタリー映画を観た。僧侶の一生を追った物語だった。あまりにも自然に画面に映された彼の死体に、私はひどく動揺した。小さい頃に祖父を失くした経験もあるし、グロテスクな紛争の動画も淡々と観れるのに、ほんのさっきまでスクリーンで普通に話していた人が死体として登場することにひどく狼狽した。そして、それを映せてしまうことに驚いた。「規制されなかったの?」と無意識に考えてしまった。刺激の強いものばかり見るのがいいこととは言わない。しかし我々は余りにも守られることに慣れ過ぎてしまっているのではないのだろうか。当たり前に訪れることからも、逃げるように目を背けることができてしまう。まるでメディアにおけるフィルター・バブルのように。WEGがリリース時に「人間もいつか死ぬとは分かっているけど、普段はそれが見えていないんです」と語ったアルバムが2017年の今、リミックスという形で再び我々の前へ顕現することに、なんら関係がないとは思えない。

ひとつの実を結んだ一種メタフォリカルな終焉に対し、与えられた新たな形態。このリミックス・アルバムそのものが、一種の再生であり、死であり、終焉であるのだ。(Text by 阿部文香)

RECOMMEND

Aoki Yutaka / Lost in Forest

downyギタリスト青木裕の初のソロ・アルバム。制作期間10年をかけ、数千トラックのギターで構築した音のミクロコスモス。

>>この作品の特集ページはこちら

戸川純 with Vampillia / わたしが鳴こうホトトギス

Vampilliaとともに、戸川純が歌手活動35周年を記念しリリースしたセルフ・カヴァー集『私が鳴こうホトトギス』。

>>この作品の特集ページはこちら

ode

sione

¥ 1,836

sione / ode

湯川潮音の新たな唄の世界となる新名義sioneでリリースされたアルバム。全12曲がworld's end girlfriendアレンジ / プロデュース。

>>この作品の特集ページはこちら

LIVE INFORMATION

『LAST WALTZ』のリリース・パーティー「LAST WALTZ IN TOKYO」が2018年1月19日に開催

2016年11月にリリースされworld's end girlfriend 6年ぶりのアルバムとなった『LAST WALTZ』のリリース・パーティー「LAST WALTZ IN TOKYO」が2018年1月19日に〈リキッドルーム〉にて開催決定!
ツイン・ギター、バイオリン、チェロ、ベース、ドラム、PCというバンド編成にVJと照明が合わさり、静寂と轟音、生音とプログラミング、旋律とノイズ、喜怒哀楽の境界を自由に行き来するwegの音世界をライブという場で描く激しくも美しい集大成的ライヴとなる模様。ゲスト・プレーヤーとしてweg主宰の〈Virgin Babylon Records〉から、2017年にsione名義でアルバム『ode』をリリースし、普遍的歌声を聴かせた湯川潮音と、downyのギタリストであり、こちらも〈Virgin Babylon Records〉から、2017年にソロ・アルバム『Lost in Forest』をリリースし、アーティストとしても圧倒的ギターを聴かせる青木裕の参加も決定。また、ライブ会場にはフラワーアーティスト ahi.相壁琢人による巨大押し花の展示も行われる。特別チケットは数量限定販売、一般チケットは10月14日より各プレイガイドにて販売開始。
入場者特典として、world's end girlfriend、matryoshka、Vampillia、Have a Nice Day!などの音源が収録されたVirgin Babylon Records レーベルサンプラー音源のダウンロードコードが無料配布される。

world's end girlfriend「LAST WALTZ IN TOKYO」


2018年1月19日(木)
@LIQUIDROOM
Act : world's end girlfriend
Guest : 湯川潮音, 青木裕(from downy)
Open : 19:00 / Start : 20:00
Price : ¥3900

先行特別チケットは9月26日より数量限定にて発売。
<*特別チケットは予定枚数終了しました。
一般前売りチケットは各プレイガイドにて10月14日より発売。
ぴあ(345-983)、ローソン(L:75606)、e+(pre:10/3-9)
(問)SMASH 03-3444-6751 http://smash-jpn.com http://smash-jpn.com
TICKET INFO
一般発売:10月14日(土)
ぴあ(345-983)、ローソン(L:75606)、e+(pre:10/3-9)
CREDIT主催:SMASH企画制作:Virgin Babylon Records

PROFILE

world's end girlfriend

1975年11月1日 長崎県、かつて多くの隠れキリシタン達が潜伏した島「五島列島」に生まれ、10歳の時聴いたベートーヴェンに衝撃を受け音楽/作曲をはじめる。2000年デビュー。その後多くのアルバム作品、リミックス作品を発表。2002年、2005年にはバルセロナで行われる『Sonar Festival』に出演。2004年にはアジア・ツアー。2005年にはEUツアー。2007年にはUSツアーを行う。2008年にはイギリスで開催された『All Tomorrow's Parties』に出演。2009年カンヌ映画祭でも絶賛され世界中で公開された映画「空気人形」の音楽を担当。前作『Hurtbreak Wonderland』(2007年作)は現在も売れ続ける異例のセールスを記録し,ライブやweb上でも圧倒的世界観を提示しつづけている。2010年7月14日、matryoshka、about tess、夢中夢、Ryoma Maeda(aka milch of source)という濃厚なラインナップを率いてVirgin Babylon Recordsを設立。

>>world’s end girlfriend オフィシャル・サイト

o

 
 

レヴュー

変化せよ、音楽のように――ヘンリー・グリーン、自然体で「変化すること」を描く1stアルバム
[CLOSEUP]・2018年04月20日・変化せよ、音楽のように――ヘンリー・グリーン、自然体で「変化すること」を描く1stアルバム マッシヴ・アタックやポーティスヘッドといったアーティストを輩出し、その音楽シーンが常に世界中の注目を集めるイギリスの港湾都市・ブリストル。そんな港町のベッドルームから現れたのが、ヘンリー・グリーンという22歳の青年だ。繊細なヴォーカルと、エレクトロニクスとアコースティックを高次元で融合させたサウンド・プロデュースが魅力的な彼が注目を集めたのは2013年、彼がカヴァーしたMGMT「Electric Feel」をノルウェーの人気プロデューサー、KYGOがリミックスしたのが切っ掛けだった。その後もベッドルームから精力的にリリースを続けてきた彼が、待望の1stアルバムがリリースするにあたって本作のテーマに掲げたのは「Shift」、変化ということだ。OTOTOYでは、そんな要注目の一枚をより楽しんでいただくため、ハイレゾ配信を行うとともにレビューを掲載します。 要注目、待望の1stアルバムHenry Green / Shift'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?
by 井上裕樹
【REVIEW】ハイレゾ配信開始! 『からかい上手の高木さん』Music Collection
・2018年04月18日・堤博明が彩る暖かく優しい、からかいの日々 ──『からかい上手の高木さん』Music Collection 2018年1月より3月まで放送され、各メディア、SNSでも話題となった人気テレビアニメ『からかい上手の高木さん』そのオリジナル・サウンド・トラックがOTOTOYでもハイレゾ配信開始! 音楽は『クジラの子らは砂上に歌う』『sin 七つの大罪』等のヒット作を手かげた堤博明が担当。放送が終わってしまい、高木さんロスになってしまっているかたも、改めて作品の魅力を感じたいかたも、本作と共にもう一度あの甘酸っぱいからかいの日々をレヴューと一緒に振り返ってみましょう! (text by 伊達恭平) ハイレゾ音源配信中! 堤博明 / からかい上手の高木さん Music Collection 【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) >>>ハイレゾとは?'【配信価格】''単曲400円(税込) / アルバム3500円(税込) 日常とキャラクターの魅力へ寄り添う、「暖かな」楽曲達 「ゲッサン」(小学館)にて好評連載中、コミックス累計400万部突破!! 照れたら負けからかいコメディ! とある
by 伊達 恭平
【REVIEW】ロックンロール覚醒──春ねむり、目覚めのシャウトを打ち鳴らす初のフル・アルバムをリリース
・2018年04月16日・【REVIEW】ロックンロール覚醒──春ねむり、目覚めのシャウトを打ち鳴らす初のフル・アルバムをリリース 横浜出身のポエトリー・ラッパー、春ねむり。2016年10月に1stミニ・アルバム『さよなら、ユースフォビア』でデビュー、昨年6月に2ndミニ・アルバム『アトム・ハート・マザー』をリリースした。そして3作品目となる、初のフル・アルバム『春と修羅』が完成した。諸刃の剣のように近付けば危うく、力強さすら感じさせる彼女の言葉達は、ラップのリズムに隙間なく詰め込まれ、彼女独特のエモーショナルなサウンドへと変わっていく。さらに今作には客演として突然少年、NERO IMAI、リミックスとして長谷川白紙が参加している。音楽の新しい可能性を追求する彼らとの楽曲は、春ねむりの新たなバック・グラウンドを知るきっかけとなるだろう。そんな本作をより深く楽しんでいただくため、OTOTOYではレヴューを掲載することにした。 自身初のフル・アルバム!!春ねむり / 春と修羅'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込) / アルバム 1800円(税込)【収録曲】''
京都発の大注目バンド“ベランダ”──ポップの旗手としての資質を裏付ける初の全国流通盤
・2018年04月11日・【REVIEW】京都発の大注目バンド“ベランダ”──ポップの旗手としての資質を裏付ける、初の全国流通盤 京都のオルタナティヴ・バンド、ベランダが待望の全国流通盤をリリース。昨年1月にリリースしたミニ・アルバム 『Any Luck to You』 は、 ライブ会場と一部店舗のみでの販売にもかかわらず半年で約900枚を売り上げたほか、くるり岸田やASIAN KUNG-FU GENERATION後藤正文など多くのアーティストからも高い評価を得た。そんな彼らが、親しみやすいメロディの中に、どこか懐かしい空気感を漂わせるその世界観を維持しつつも、さらに表現の幅を広げた2ndミニ・アルバム『Anywhere You Like』をリリースした。彼らにとって初の全国流通盤となる今作をレヴューとともにお届けしよう。リード曲となる「エニウェア」を期間限定で無料配信するので、まずは彼らの世界観を体感してみてはいかがだろうか。 リード曲を期間限定フリー配信!ベランダ / エニウェア'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信期間】''2018年4月18日23:59まで※会員登録なしでもダ
by 阿部 文香
【REVIEW】ヤなことそっとミュート、初となるバンド・セットを披露した2度目のワンマン・ライヴがハイレゾ配信スタート!!
[CLOSEUP]・2018年03月29日・ヤなことそっとミュート、初となるバンド・セットを披露した2ndワンマン・ライヴがハイレゾ配信スタート!! オルタナ、グランジを踏襲したロック・サウンドと、そのパフォーマンスで注目を集めるアイドル・グループ、ヤなことそっとミュート。2017年12月に赤坂BLITZにて行われた、彼女たちの2ndワンマン・ライヴの模様がハイレゾ音源となって蘇ります! この日のライヴではグループ初となるバンド・セットも披露し、グループとしての新たな可能性を提示した1日は、当日ライヴに足を運んだ方はもちろん、彼女たちに初めて触れる方にもおすすめしたい作品! OTOTOYでは音楽評論家、宗像明将によるレヴューを掲載。作品と併せてこちらもぜひ! また、購入者の方にはこの日の模様を収録したライヴDVDのプレゼント企画もありますのでこちらもお見逃しなく! 初のバンド・セットでのパフォーマンスも収録!!ヤなことそっとミュート / 2ND ONEMAN LIVE@AKASAKA BLITZ'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC【配信価格】単曲 400円(税込) / アルバム 3,000円(税込)【収録曲
【REVIEW】ビート・ミュージックのルーツを探る──Dabrye、三部作の完結を記念して過去作のリマスターをリリース
[CLOSEUP]・2018年03月26日・ビート・ミュージックのルーツを探る──Dabrye、三部作の完結を記念して過去作のリマスターをリリース タッド・マリニックスによるヒップホップ・プロジェクト、Dabryeによる三部作シリーズが、彼の12年ぶりとなるニュー・アルバム『Three/Three』を以てついに完結。これを記念して、三部作の一作目『One/Three』にリマスタリングとボーナス・トラック3曲を加えた復刻盤がリリースされる。2001年にリリースされた本作は、現在ではすっかりお馴染みとなっている、エレクトロニカとヒップホップの交差点に位置する「ビート」サウンドの最初期に位置する一枚として知られている。リマスタリングは「LOW END THEORY」、レーベル〈ALPHA PUP〉を主催する、ビート・サウンドにおける最大の功労者のひとり、Daddy Kevが担当。OTOTOYでは、このビート・ミュージック・シーンにおける最重要盤をより楽しんでいただくため、配信を行うとともにレヴューを掲載します。 三部作完結記念、マスタリングはDaddy Kevが担当 Dabrye / One/Three'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bi
by 井上裕樹
【REVIEW】タイの実力派SSWがついに日本デビュー──詩情豊かに織りなされる、苦く美しい過去の世界
[CLOSEUP]・2018年03月18日・タイの実力派SSW、プム・ヴィプリット日本デビュー──詩情豊かに織りなされる、苦く美しい過去の世界 YouTubeにおいてシングル「Long Gone」のミュージック・ヴィデオが公開から半年余りで200万回再生を数え、 アジアのみならず世界中で話題を集めてきたタイのヤング・スターがついに日本デビュー。 ニュージーランド育ちバンコク在住・若干22歳のタイ人シンガー・ソングライター、プム・ヴィプリット。その実力はASIAN KUNG-FU GENERATIONの後藤正文(Gotch)が 2017年ベスト・アルバムに選出したり、方々からの高い評価からもうかがい知れることだろう。ぜひご一聴ください。 クラウド・ファンディングによって制作した待望のデビュー・アルバム!Phum Viphurit / Manchild【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込) / アルバム価格 2,000円(税込)【収録曲】01. Strangers in A Dream02. Run03. The Art of Detaching One's Heart(feat
by 阿部 文香
忘却のカラスと記憶をめぐるマウント・イアリの選択──新アルバム配信スタート
[CLOSEUP]・2018年03月16日・忘却のカラスと記憶をめぐるマウント・イアリの選択──新アルバム『Now Only』配信スタート 昨春、夭折した最愛のパートナーの死をテーマに制作・リリースされ、衝撃と絶賛を浴びた『A Crow Looked At Me』から1年、マウント・イアリから早くもニュー・アルバム『Now Only』が届いた。ジュヌヴィエーヴ・カス トレイ夫人との出会いを綴った「TINTIN IN TIBET」から始まり、前作の続編でありながらも、少年期のエピソードを交えながら、彼の抑制された声と美しいメロディーで奏でられサウンドは、先へと踏み込んだものであるとうかがえられる。OTOTOYでは歌詞対訳デジタルブックレット付で配信します。この1年彼は何を見つめ前へ進んでいったのか、レヴューとともに浸ってみては? 前作からわずか1年で圧巻のニュー・アルバム配信スタートMount Eerie / Now Only'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込) / アルバム 1,500円(税込)【収録曲】''1. TINTIN IN TIBET2. DISTORTION3
by 尾野 泰幸