OTOTOY・クリスマス特集2017! ──聖夜にぴったりのクリスマス・ソングを新作からピックアップ!

H ZETTRIO

待ちに待ったクリスマスの季節! OTOTOYでもクリスマス特集をやっちゃいます。イルミネーションに染まり、イベント・ムードに街が包まれる年の瀬。クリスマスに予定がある人も、今年は一人でのんびりという人も、しっとりと音楽を聴く冬を過ごすのはどうでしょうか。

今回はニュー・リリースのタイトルの中から、とっておきのクリスマス・ソングたちをセレクト!! スタッフ一押しのクリスマス・ソングの数々を、レヴューと合わせて、お楽しみください。

文 : 阿部文香

H ZETTRIO 『H ZETTRIOのChristmas Songs』

ユニークかつテクニカルなピアノで独自のグルーヴを生み出し続ける珠玉のピアノ・トリオ、H ZETTRIOによるクリスマス・コンセプト・アルバム。初となるコンセプト・アルバムでは、誰もが一度は聞いたことのあるクリスマスのスタンダード・ナンバーの数々を、H ZETTRIO流に大胆アレンジ。たくさんの煌めきを詰め込んだようなワクワクするサウンドは、老若男女を問わず、聴く者の心を昂ぶらせること間違いなし! そしてもちろん、持ち前のスタイリッシュで刺激的な魅力も健在です。高い演奏技術に支えられた巧みなグルーヴと、クリスマス・ソングならではのノスタルジックな温かさ。普段の彼らとは一味違うアルバムは、マストチェックです。

H ZETTRIOは今月頭に配信シングル『What’s Next』をリリースしたばかり。是非、そちらも合わせてチェックしてみてください。

笑って踊れるウィンター・アルバム!!


【配信形態】
WAV、ALAC、FLAC(24bit/96kHz) / AAC
>>>ハイレゾとは?

【配信価格】
単曲 432円(税込) / アルバム価格 3,024円(税込)


>>この作品の特集ページはこちら



ザ・なつやすみバンド 『Santa is Happy!』

〈聴いた人が現実逃避できるようなバンド〉ザ・なつやすみバンドによるクリスマス・ソングが到着! 中川理沙(Vo,Pf)が駆け抜けるように軽やかに歌い上げるのは、最上級のポップ・ソング! 走り出したくなるような鈴の音、軽快なフルート、楽しげなスティール・パン、と様々な音がキラキラの宝箱のように散らばっている。スウィート・チェンバー・ポップ、イージー・ポップの要素を感じさせるメロディからは、子供の頃にサンタさんを待って眠るのを我慢していたときの思い出すような、ときめきと遊び心が伝わってくる。そして何よりの魅力は、スッと耳に入ってくる歌詞。〈今宵は君に いつもあげられないもの プレゼントするつもりなんだ〉のくだりなんて、聴いているだけで心の奥がきゅんとしてしまう。きっとあなたも、普段は意識しない大切な人のことが頭の片隅に浮かぶはず。知らず知らず大人になってしまった人にこそ、聴いてほしい1曲です。

OTOTOY限定特典として、ザ・なつやすみバンドからはがきサイズのクリスマス・カードが付きます。お聴き忘れなく!

OTOTOY独占リリース! 特典にはクリスマス・カードも!

レーベル TNB RECORDS  発売日 2017/12/05

※ 曲名をクリックすると試聴できます。


【配信形態】
WAV、ALAC、FLAC(24bit/96kHz) / AAC
>>>ハイレゾとは?

【配信価格】
単曲 300円(税込)

【購入特典】
オリジナル・クリスマス・カード(PDF)

サニーデイ・サービス 『クリスマス -white falcon & blue christmas- remixed by 小西康陽』

今年6月に〈Apple MusicとSpotifyにおけるストリーミング配信のみ〉という形で発表し、瞬く間に反響を呼んだサニーデイ・サービスのアルバム『Popcorn Ballads』より、「クリスマス」の小西康陽リミックスがシングル・カットで到着。ハイレゾ配信はOTOTOYのみ。先日公開されたばかりのMVは曽我部恵一(Vo, G)も出演した映画『アイムクレイジー』監督・工藤将亮によるもの。オリジナルとリミックスでそれぞれ違う解釈を促す内容となっている。

グルーヴィーなリズムに合わせて〈彼女の名前はクリスマス〉と歌うキラー・チューンを、元ピチカート・ファイヴでお馴染みの小西康陽がアレンジ。クリスマスを歌いながら一筋縄ではいかない、そんなサニーデイ流ポップスをこの機会にぜひどうぞ。なお、『Popcorn Ballads』は12月25日にCD・アナログ・DL販売にてリリースが決定。OTOTOYでもハイレゾ音源を独占配信&曽我部恵一インタヴューを掲載予定! 同時発売の野音公演ライヴDVDもマスト・チェック!

ハイレゾはOTOTOYだけでの配信!


【配信形態】
WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) / AAC

【配信価格】
単曲 270円(税込) / アルバム価格 540円(税込)

>>この作品の特集ページはこちら




【配信形態】
ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC
>>>ハイレゾとは?

【配信価格】
単曲 216円(税込) / アルバム 1,944円(税込)

【まとめ購入特典】
『Popcorn Ballads(完全版)』テジタル・ブックレット(PDF)

【予約・配信ページ】
https://ototoy.jp/_/default/p/90623

2017年12月25日(水)より配信スタート!
配信日に先駆けて予約受付中です。
予約注文に関してはこちら



鈴木祥子 『Merry Christmas From BEARFOREST RECORDS~ベアフォレストのクリスマス~』

小泉今日子「優しい雨」などで知られるシンガー・ソング・ライター、鈴木祥子によるクリスマス・アルバムが2年ぶりに再リリース。キャリア初の試みとして限定発売し、1週間で売り切れたという伝説のアルバムに加え、2015年発売時のCDR特典『復活! 愛のベアフォレスト・アワー』をリマスタリングして全収録。さらに『この世のどこかに』は、2017年1月7日音響ハウスでのライヴ・ヴァージョンで追加収録!

活動初期の音源も収められているためか、「録音はフシギです。10年も過ぎてからその意味が初めてわかったりする。デビュー30周年前年のクリスマス・シーズンにこうしてお聴きいただけることを、とても幸せに思います」と鈴木本人がコメントを寄せる今回のリリース。アルバムは通して、すべて彼女の多重録音と弾き語りのみで構成されている。先日横浜でのクリスマス・ライヴを成功させたばかりの彼女が贈る安らかなクリスマス・ソングをお楽しみください。

特典音源を加えた待望の再リリース!


【配信形態】
ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC

【配信価格】
単曲 162円(税込) / アルバム価格 2,916円(税込)



Gondo's Carol Brass Ensemble 『Silent Night』

METAFIVEをはじめ、YMO、anonymass、pupa、蓮沼執太フィルなど、幅広く活躍するゴンドウトモヒコ。そんな彼が率いる管楽器六重奏のアンサンブル・ユニット、Gondo's Carol Brass Ensembleからクリスマス・アルバムが到着だ! メンバーそれぞれ普段はクラシックに馴染みのない活動が多い中、毎年クリスマスシーズンに集まりコンサートを行っている彼らが活動5年目となる今年、満を持して初のアルバムをリリース。600曲以上あると言われるクリスマス・キャロルから厳選した、全30曲を収録している。ゴンドウ自身が「そろそろカタチにでもしようと今年の5月に一発録音を試みた。決して完ペキと言える演奏ではないが、そこは敢えて手アカを残した」と語る珠玉の楽曲群を、ぜひハイレゾでお楽しみください。

12月24日には東京・フクモリ マーチエキュート神田万世橋店にて、恒例のクリスマス・コンサートも開催。チケットはこちらにて販売中です。

ゴンドウトモヒコの期間限定ユニット、初となるアルバム!!

レーベル 愚音堂 | B.J.L. X AWDR/LR2  発売日 2017/11/22

01. 神の御子は今宵しも | Adeste Fideles 02. グレイト アンド マイティー ワンダー | A Great and Mighty Wonder 03. ディンドン!といと高きところでほがらかに | Ding dong! Merrily on High 04. チャイルド イズ ボーン イン ベツレヘム | A Child is Born in Bethlehem 05. メリークリスマス | A Merry Christmas 06. ヴァージン モスト ピュア | A Virgin Most Pure 07. 甘き死よ、来たれ | Come, Sweet Death 08. 神が喜びを下さるように(ほしかげさやけき) | God Rest you Merry, Gentlemen 09. ウェンセスラスはよい王様 | Good King Wenceslas 10. 天には栄え | Hark! the Herald-Angels Sing 11. メイデン モスト ジェントル | A Maiden Most Gentle 12. ハッシュ!マイ ディア、ライ スティル アンド スランバー | Hush! My Dear, Lie Still and Slumber 13. アイ ソウ ア メイデン | I Saw a Maiden 14. もろびとこぞりて | Joy to the World 15. この聖夜に | This Christmas Night 16. 明日はわたしが踊る日 | Tomorrow Shall be My Dancing Day 17. 彷徨いながら不思議に思う | I Wonder as I wander 18. この喜ばしいイースターの季節に | This Joyful Eastertide 19. 羊を飼うもの夜牧場にて | While Shepherds Watched Their Flocks by Night 20. ニューイヤーキャロル | A New Year Carol 21. アス ウィズ グラッドネス メン オブ オールド | As With Gladness Men of Old 22. ひいらぎかざろう | Deck the Hall 23. ヘイル ブレスト ヴァージン メリー | Hail! Blessed Virgin Mary 24. 天なる神にはみ栄えあれ | It Came Upon A Midnight Clear 25. ロングフェローのキャロル | Longfellows's Carol 26. ムエラン ラス ペイナス イ セニョーラ サンタ アナ | Mueran las penas y Senora santa Ana 27. 聖しこの夜 | Silent Night 28. シング アラウド オン ディス デイ | Sing Aloud on This Day! 29. ウェックスフォード キャロル | Wexford Carol 30. 牧人羊を | The First Nowell

※ 曲名をクリックすると試聴できます。


【配信形態】
WAV、ALAC、FLAC(24bit/96kHz) / AAC
>>>ハイレゾとは?

【配信価格】
単曲 300円(税込) / アルバム価格 2,057円(税込)



o

 
 

コラム

スカート・澤部渡に訊く2017年に聴きたい旧作&今年の作品、シーンを紐解く『Year in Music 2017』
[CLOSEUP]・2017年12月28日・スカート・澤部渡に訊く2017年に聴きたい旧作&今年の作品、シーンを紐解く『Year in Music 2017』 岡村詩野が講師を務め、音楽に関わるさまざまな表現を学ぶ場『岡村詩野音楽ライター講座』。先日まで開かれていた2017年の10月期では『Year in Music 2017』を共通テーマとし、2017年にリリースされた作品の中からベスト・ディスクを選出し、原稿を執筆してきました。本ページでは、今回の講座の最終回にゲスト講師として登場していただいた、スカートの澤部渡氏と岡村詩野のトークセッションの模様を掲載。さまざまな音楽が生み出された2017年に聴くべき名作について語ってくれています。またライター講座の講座生によって選定された、2017年のベスト・ディスクについてのレヴューも掲載。昨年の音楽シーンの振り返りにもどうぞ! >>『Year in Music 2017』はこちらから!!
宗像明将に訊く、OTOTOYトピック2017アイドル編
[CLOSEUP]・2017年12月20日・結成・加入・卒業・解散・メジャー進出──宗像明将に訊く、OTOTOYトピック2017アイドル編 今月からスタートした「OTOTOYトピック2017」。ヒップホップの次はアイドル編です。他ジャンルに比べて、活動時期がある程度限られているジャンルだからこそ、日々の喜怒哀楽な情報や発表でアイドル界隈は大いに賑わいました。そんな2017年のアイドル・カルチャーはどんな一年だったのか、音楽評論家の宗像明将とともに振り返ります。今年のアイドル10タイトル選出もありますので読み逃しなく〜。 ライヴ・アイドル・シーンが掻き回された一年 インタヴュー & 構成 : 田尻菜穂子──2017年のアイドル界隈、ざっくり言うとどんな一年でしたか。 去年は欅坂46の圧勝でしたし、今年も私はNGT48の「世界はどこまで青空なのか?」のMVを何度となく見たのですが、巨大資本の圧勝というムードで終わらなくて良かったなと思いますね。フィロソフィーのダンスの活躍も目立ちましたし。ただ、「資本」というと「ラストアイドル」にライヴ・アイドル・シーンが掻き回された一年でもありましたね。あと、男性アイドルシーンの活性化も感じました。二丁目の魁カミング
【最大50%オフ】ファイナルファンタジー30周年記念!──高音質サントラが期間限定プライス・オフ!
[CLOSEUP]・2017年12月20日・ファイナルファンタジー・シリーズ30周年記念!──高音質サントラが期間限定、最大50%プライス・オフ! スクウェア・エニックスの大人気ゲーム〈ファイナルファンタジー〉は2017年でシリーズ30周年! それを記念しOTOTOYでは12月20日(水)より3週間、歴代人気シリーズのサウンドトラックの最大50%プライス・オフがスタート! そして今までハイレゾでは未配信だったタイトルもカタログに新規追加! 最新作から懐かしのあのタイトルまで...ぜひこの機会をお見逃しなく! 期間 : 2017年12月20日(水)〜2018年1月9日(火) ご購入の際の注意点プライス・オフ価格は期間内(2018年1月9日(火)まで)に決済した商品まで適応されます。割引期間内にカート挿入しただけでは適応されません。決済のタイミングが上記時間から外れた場合は通常の価格が適応されますのでご注意ください。(12:01以降の決済では割引価格が適応されません)アルバム購入のみプライス・オフが適用されます。 プライス・オフ対象アルバムはこちら! FINAL FANTASY ORCHESTRAL ALBUM 【配信形態】24bit/96kHz(W
OTOTOY・クリスマス特集2017! ──聖夜にぴったりのクリスマス・ソングを新作からピックアップ!
[CLOSEUP]・2017年12月19日・OTOTOY・クリスマス特集2017! ──聖夜にぴったりのクリスマス・ソングを新作からピックアップ! 待ちに待ったクリスマスの季節! OTOTOYでもクリスマス特集をやっちゃいます。イルミネーションに染まり、イベント・ムードに街が包まれる年の瀬。クリスマスに予定がある人も、今年は一人でのんびりという人も、しっとりと音楽を聴く冬を過ごすのはどうでしょうか。 今回はニュー・リリースのタイトルの中から、とっておきのクリスマス・ソングたちをセレクト!! スタッフ一押しのクリスマス・ソングの数々を、レヴューと合わせて、お楽しみください。 文 : 阿部文香 H ZETTRIO 『H ZETTRIOのChristmas Songs』 ユニークかつテクニカルなピアノで独自のグルーヴを生み出し続ける珠玉のピアノ・トリオ、H ZETTRIOによるクリスマス・コンセプト・アルバム。初となるコンセプト・アルバムでは、誰もが一度は聞いたことのあるクリスマスのスタンダード・ナンバーの数々を、H ZETTRIO流に大胆アレンジ。たくさんの煌めきを詰め込んだようなワクワクするサウンドは、老若男女を問わず、聴く者の心を昂ぶらせること間
by 阿部 文香
OTOTOY AWARDS 2017──2017を彩った珠玉の名アルバム──
・2017年12月11日・OTOTOY AWARDS 2017──2017年、OTOTOYを彩った珠玉のアルバム30選── 今年もやってまいりました“OTOTOY AWARD”。今年もOTOTOY配信中の作品から選りすぐりの30作品を紹介します。さまざまなフォーマットでのリリースも多い最近ですが、ここではあえてのオリジナル・アルバムに絞ってのジャンルを超えた30作品をランキング形式でおとどけします(シングル、ミニ・アルバム、ライヴ・アルバムなどは除外させていただきました! 悪しからず!)。OTOTOYお得意のフレッシュな新人から、この国の音楽シーンを作ってきたベテランまで多様な音楽性のチャートができあがりました。ぜひとも買い逃しなく! またそれぞれのジャンルに特化、その道の識者に2017年の音楽事情をきく「OTOTOYトピック2017」も展開中! ぜひともご覧ください(「OTOTOYトピック2017」1月中旬まで続きます!)。 30. Maison book girl 『image』【レヴュー】コショージメグミ、矢川葵、井上唯、和田輪による4人組ニューエイジ・ポップ・ユニット、Maison book girlによるメジャー1stア
トランプ、ミーゴス、ゆるふわ、そしてPUNPEE──渡辺志保に訊く、OTOTOYトピック2017ヒップホップ編
[CLOSEUP]・2017年12月07日・トランプ、ミーゴス、ゆるふわ、そしてPUNPEE──渡辺志保に訊く、OTOTOYトピック2017ヒップホップ編 ということで、OTOTOYの年末企画としてさまざまなジャンルの識者に、その年のポイントを訊くという企画「OTOTOYトピック2017」スタートです(年間ベストももうすぐ発表ですよ)。トップ・バッターはヒップホップ。本文中にもあるように、本国アメリカはもちろん、ここ日本も含めてヒップホップ、そしてラップという表現は世界中のポップ・カルチャーを席巻しております。ということで、ここで「いまのヒップホップってどうなっているの?」というOTOTOY編集部の問いに快く答えてくれたのは、block.fmの名物ヒップホップ番組「INSIDE OUT」のMC、さらにはさまざまな文章仕事でもおなじみ、日米のヒップホップはもちろんアメリカのアップデーテッドなポップ・カルチャーにも詳しい、渡辺志保を迎え、2017年、ヒップホップにまつわるトピックをいくつかあげてもらい語っていただきました。それではどうぞ。 米トランプ新政権誕生 〜ヒップホップのメインストリームはよりコンシャスに〜 インタヴュー & 構成 : 高木理太─
あなたは何バンド知っている?ーー音楽好きの若者が選ぶ! 2018年ブレイクが期待される超早耳アーティスト10選!
[CLOSEUP]・2017年11月30日・あなたは何バンド知っている?ーー2018年ブレイクが期待される超早耳アーティスト10選 個人的な体験として、2017年は去年と比べて圧倒的なヒット作がないといった声をしばしば聞く。しかし、当たり前ながら新しいバンドや新しい曲は絶えず生まれ続けている。そういった意味では2017年は、シティ・ポップから別のモードに移行する音楽シーンの基礎となる土台作りの年だったのかもしれない。海外でいえば、RideやSlowdiveの新作リリースによって生まれたシューゲイザー復興だったり、Anderson PaakやThe Internetといったフューチャー・ソウルのトレンドがWONKやyahyelを経て、日本でも開花しはじめていることだったりと、にわかに新しい音楽シーンの芽生えを感じさせることもあった。そこでライヴに足繁く通うOTOTOYインターンが2018年の音楽シーンを賑わしそうな若手アーティストを10選ピック・アップし、いち早く来年を占う!! 群雄割拠となった2017年、2018年はどうなる? エレクトロニカなのか、ドリーム・ポップ / シューゲイザーなのか、オルタナなのか、フューチャー・ソウルなのか、はたまたギタ
by 中の人
〈りんご音楽祭2017〉開催直前!! オーガナイザー・ 古川陽介と巡る「松本」の激オススメスポット
[CLOSEUP]・2017年09月15日・〈りんご音楽祭2017〉開催直前!! オーガナイザー・ 古川陽介と巡る「松本」の激オススメスポット 2017年9月23日(土)、24日(日)、長野県松本市にて〈りんご音楽祭2017〉が開催される。松本市の古民家を改造したパーティーハウス〈瓦RECORD〉に集う地元地域のスタッフたちが作り上げている地域密着型の野外フェスティバル〈りんご音楽祭〉。9年目となる今年は、日本全国各所からポップ・ミュージックとアンダーグラウンドの垣根を越えた186組のアーティストが出演!! トークブースも加わり、よりおもしろみと挑戦に満ちた今年の開催を目前に、〈瓦RECORD〉オーナーで主催者であるdj sleeperこと古川陽介に松本のオススメスポットを案内してもらった。さらに、毎年恒例の「RINGOOO A GO-GO 2017」出演者のコンピレーション・アルバムを期間限定で無料ダウンロード!! 7ステージ・全186組による夢の2日間が長野県松本で開催りんご音楽祭20172017年9月23日(土)、24日(日)@長野県松本市アルプス公園時間 : 9月23日 10:00 / 9月24日 9:00料金(税込)■通し券 13,800
by 西澤 裕郎
筆者について
阿部 文香 (阿部 文香)

1996年生まれの大学生。零-0(れんれん)って名前で絵も描いてます。

同じ筆者による他の記事