秘密のミーニーズがみせた、昇華という名の“サイケ・フォークな変革”──初のフル・アルバムを配信開始

2010年代に突如現れたサイケ・フォーク・ロック・バンド、秘密のミーニーズ。男女混声のコーラス・アンサンブルを軸とし、時にはフォーキーに、時にはサイケデリックに煌めく独自のサウンドは、瞬く間に人々を虜にし、2014年〈FUJI ROCK FESTIVAL〉の新人アーティスト登竜門ともいえる《ROOKIE A GO-GOステージ》 への出演も果たした。それから約3年の月日が流れた2017年9月6日。バンド初のフル・アルバムとなる『イッツ・ノー・シークレット』がリリースされる。ドラムの脱退、新メンバーの加入、ベース兼ヴォーカルを担当していた淡路がヴォーカル専任になるなど、様々な変革を遂げた彼ら。その3年間の結晶となった今作は、情緒溢れる甘く気だるげな楽曲やバンド初のインストゥルメンタル楽曲、ギターによる間奏曲など、前作までの“ザ・西海岸”なサウンドの予想を上回る変化球が詰まった作品となった。OTOTOYでは今作を1週間の先行配信でお届け。さらにOTOTOY限定ボーナストラックをつけて配信します。秘密のミーニーズの変革が詰まった『イッツ・ノー・シークレット』を、レヴューと共にお楽しみください。

OTOTOY限定でボーナストラックも!


秘密のミーニーズ / イッツ・ノー・シークレット

【配信形態】
ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC

【配信価格】
単曲 162円(税込) / アルバム 1,728円(税込)

【収録曲】
1. ねずはうす
2. モーニングレイン
3. アルカイックスマイル
4. 風はざわめき
5. #無題1(instrumental)
6. ハマナス特急/海岸線より(instrumental)
7. 虹の架かる丘を越えて
8. 名前のない鳥
9. ヌマベの踊り
10. ローリン・アンド・タンブリン
11. 麗しの四姉妹
12. #無題2(instrumental)
13. 藪の中
14. 虹の架かる丘を越えて(reprise)
15. 虹の架かる丘を越えて(reprise)DEMO (OTOTOY限定ボーナストラック)


秘密のミーニーズ/『イッツ・ノー・シークレット』トレイラー


REVIEW : 漂う甘さがもたらした、昇華という名の“変革”

少し肌寒い風が頬にあたる夕暮れの帰り道。こんな時に『イッツ・ノー・シークレット』を聴きたいと思った。急ぎ足でなく、ゆっくりと、オレンジ色の空の下で思いにふけりたい。そう感じたのは、アルバム全体を通してのレイドバックなサウンドが印象的だったからかもしれない。

M3「アルカイックスマイル」の冒頭、ドローンなギターの音色を聴いた瞬間、男と女の気怠くも美しい午後が脳裏に浮かんだ。これまでの秘密のミーニーズらしいウエストコースト・ロックのカラッとした空はそこにはない。前作から約3年の間、彼らが直面してきた環境の変化、新メンバーによるリズム・セクションの変化などから得た、さまざまな想いがまるで集約されているかのようだった。そんなアンビエントなサウンドに、聴く者の心はすっと引き込まれるだろう。

そして続くのは、はかなくも芯のある歌声と、優しくきらめくピアノの旋律が印象的なM4「風はざわめき」。海辺の夕焼けに“あなた”の横顔が照らされる情景をふっと思い出させてくれる。紐解けない儚さが音として心に響き、時を忘れて聴いていてしまいたくなる。そんな心を、更に掴んで離さなかったのがM6「ハマナス特急 / 海岸線より」。まさかのバンド初となるインストゥルメンタル楽曲となるこの曲の舞台は架空の電車。怪しげで美しいギターにすっと入り込むオルガンにより、広がりのある浮遊感を思わせる曲となっている。インストゥルメンタルでここまで柔らかな質感を表現してくるなんて……。予想外の楽曲に視界が淡くなる。


秘密のミーニーズ/名まえの無い鳥

しかし、もちろん彼らのお家芸である複雑な3声コーラスと煌びやかなギター・サウンドが特徴的な、ウエストコースト・ロックのサウンドも健在。ペダルスチールやカラッとしたタンバリンの音色が印象的なM8「名まえの無い鳥」。そして〈rollin’,rollin’ くるくる回って lonely,lonely 朝まで踊ろう〉といった歌詞からも思わず腰をゆらしたくなるような疾走感のあるM10「ローリン・アンド・タンブリン」。M8から続く4曲は、まさに秘密のミーニーズらしいキャッチーな楽曲たちともいえるだろう。

そしてアルバムのクロージング・タイトルとなるのがM7の原型となった「虹の架かる丘を越えて」。アルバム前半部分のレイドバックな楽曲と、後半部分のキャッチーな楽曲の質感をうまく融合させるかのような、最後の1曲。M7よりも広大さを感じさせるメロディラインと軽やかなストロークは、少しだけ、懐かしさが遠ざかるようにフェードアウトして終わっていく。

このフェードアウトで、少し我に返った。気づかぬ間に楽曲たちに引き込まれていたのだ、と感嘆すると同時に、この優しく情緒あふれる日本語ロックを今作で全面におしだしてきた彼らの”これから“が気になって仕方がなかった。煌びやかなアコースティック・ギターや複雑な3声コーラスで魅せるウエストコースト・ロックと、甘く漂う日本語ロックと。これらを絶妙に融合させる彼らの作品集は、昇華という名の“変革”が、まだまだ止まらないことを、そっと物語っているかのようだった。(Text by 福田 愛)

過去作もチェック!

秘密のミーニーズ / おはなフェスタ

CSN&Yなどのウエストコースト系のロックに影響を受けつつも日本人らしさを絶妙なバランスで埋め込んだ、はっぴいえんどフォロワーとも違う切り口をみせた、彼らの1stアルバム。

RECOMMEND

The Pen Friend Club / Best Of The Pen Friend Club 2012-2017

60年代中期ウェストコーストロックをベースとした音楽性を表現The Pen Friend Club。これまで4枚のアルバムをリリースしてきた彼らがオリジナル10曲&カバー10曲を選曲し、全曲リミックスをしたベスト盤。

この作品に関する特集ページはこちら


ギリシャラブ / イッツ・オンリー・ア・ジョーク

京都インディ・シーンの新星、ギリシャラブの1stアルバム。今作のプロデュースには、プロデュースに本日休演の岩出拓十郎を迎え、無駄をそぎ落としたアンサンブルの上で、若者二人のちょっとアブナい逃避行の顛末が、軽妙な筆致で描かれています。

この作品に関する特集ページはこちら

LIVE SCHEDULE

〈秘密のミーニーズ『イッツ・ノー・シークレット』発売記念ライヴ〉
2017年9月29日(金)@渋谷ラストワルツ
時間 : OPEN 19:00 / START 19:30
料金 : 前売り 2,500円 / 当日2,800円 (税込み ドリンク別)出演 : 秘密のミーニーズ / BAND EXPO(西村哲也 / 青木孝明 / コーノカオル+矢部浩志) / ポニーのヒサミツ

>>詳しいライブ情報はこちら

PROFILE

秘密のミーニーズ

〈CSN&YThe〉、〈Byrds〉など60〜70年代の西海岸ロック&3声コーラスに強い影響を受け、リバイバルブームを目論みつつ、コーラス・サウンドと長尺ジャムも交えた独自のサウンドを展開する。

公式HP : https://secretmeanies.jimdo.com/discography/
Twitter : https://twitter.com/secret_meanies

o

 
 

レヴュー

セツナブルースター、9年ぶりの復活ライヴを12月3日開催──インディーズ期のデモ音源を期間限定公開!!
[CLOSEUP]・2017年11月16日・セツナブルースター、9年ぶりの復活ライヴを12月3日開催──インディーズ期のデモ音源を期間限定公開!! 10代の心象風景を激しさとせつなさとともに描く楽曲とライヴで話題を呼んだ3ピース・バンド、セツナブルースター。2008年に活動休止を宣言した彼らが、12月3日(日)、マイナビBLITZ赤坂で開催予定の〈DECEMBER'S CHILDREN〉昼の部で復活を果たす。2002年12月11日にリリースされた『キセキ』発売15周年を記念して、ギター倉島大輔の弾き語りを中心に全収録曲演奏、メンバーの島田賢司(B&Vo)と宮下裕報(Dr&Vo)も出演し、公式には9年ぶりにバンド形式の演奏も行われることがアナウンス。それを記念しOTOTOYではインディーズ期の名盤を一挙配信開始。さらにインディ2ndアルバム『「二十歳」より』のデモ音源を期間限定で試聴解禁。彼らの高校の同級生のライター西澤裕郎がレビューでその歩みを振り返る。この機会を絶対に見逃さないように。 >>セツナブルースター「キセキ」リリース15周年特設ページはこちら セツナブルースター、インディーズ時代の名盤を一挙CD音質にて配信開始 記念すべきインデ
by 西澤 裕郎
【REVIEW】ルーツを表明し、越える──福岡発のニュー・カマー、よあけの1stアルバムを先行配信&期間限定フリーDLも!
[CLOSEUP]・2017年11月17日・ルーツを表明し、越える──福岡発のニュー・カマー、よあけの1stアルバムを先行配信 & 期間限定フリーDLも! 九州大学のサークル・メンバーで2015年に結成され、はっぴいえんど、山下達郎、PAVEMENT、sea and cake、ミツメ、ホテルドミニク、Mac Demarco...古今東西のポップ・ミュージックたちと、同郷の先達であるNumber Girlをナードな佇まいで咀嚼した、人懐こさと青さ漂うサウンドを鳴らす3人組、その名もよあけ(yoake)。 そんな彼らが九州のオルタナティヴ・シーンにおける最重要人物、PANICSMILE・吉田肇が主宰する〈Headache Sounds〉より初の全国流通作となる1stアルバムをリリース!! OTOTOYでは是非とも多くの人に聴いていただきたく、12月15日の発売に先駆け約1ヶ月の先行配信と、アルバムの楽曲より「MABOROSHI」の期間限定フリー・ダウンロードが決定! レーベル・オーナーである吉田肇のコメント、そしてアルバム・レヴューと共にまずはフリー楽曲の一聴を! アルバム収録曲より期間限定フリー・ダウンロード!よあけ / MABOROSHI(期間
むすびズム、ラスト・シングルをOTOTOY独占ハイレゾ配信
[REVIEW]・2017年11月21日・むすびズム、ラスト・シングルをOTOTOY独占ハイレゾ配信 ASOBISYSTEM発、5人組アイドル・グループ、むすびズム。12月10日の3周年ワンマン・ライヴをもって解散することになった彼女たちの、4枚目にしてラスト・シングル『恋の戦士』がリリース。前作の『キミに夢CHUXX』に引き続き、今作もSEIJプロデュースによるキャッチーなシンセ・ポップ・サウンドに仕上がっている。OTOTOYでは本作をハイレゾ独占配信するとともに、メンバーからのコメントを掲載。キラキラ可愛い5人のビジュアルと歌声は永遠です!! アルバム購入でブックレットpdfつき!むすびズム / 恋の戦士【A盤】'【収録曲】1. 恋の戦士2. またね 3. 恋の戦士 -Instrumental-4. またね -Instrumental- 【配信形態】24bit/96kHz WAV / FLAC / ALAC / AAC【配信価格】単曲 300円(税込) / まとめ価格 1,200円(税込)むすびズム / 恋の戦士【B盤】'【収録曲】1. 恋の戦士2. 確信のフライデー 3. 恋の戦士 -Instrumental-4. 確信のフライデー -In
現役高校生5人組ロック・バンド、FAITHがポップ・パンクを正面突破
[CLOSEUP]・2017年11月17日・この音楽は勇気で、正義だ──現役高校生5人組FAITHがポップ・パンクを正面突破 すごいやつらが現れた! 長野県伊那が生んだポップ・パンクのニューヒーロー候補、FAITH! 現役高校生5人組、うち3人が日米のダブルという珍しい組み合わせに加え、Vo.ドリチュラーあかりはSPINNSのモデルとしても活躍中。「モデルがファッション感覚で音楽やってるんだろ?」そう思いの方もいるかもしれませんが、すでに実力は折り紙付き! 今夏開催された10代限定夏フェス〈未確認フェスティバル2017〉ではファイナリスト8組の1組に選ばれており、サウンドも往年のエモ / ポップ・パンク好きにはたまらない海外志向の本格派! OTOTOYではそんな期待のニューカマーの記念すべき初全国流通盤を配信とともに、現役大学生の目線から独自のレヴュー掲載! FAITH / 2×3 BORDER【配信形態】ALAC / FLAC / WAV / AAC【価格】単曲 257円(税込) アルバム 1201円(税込)【収録曲】1. Take me away from here2. Bana Pla3. distance4. DON’T FALL5. S
by 中の人
BATHS、シンガーとしての存在感をさらにましたポップな新作──ハイレゾ配信
[CLOSEUP]・2017年11月17日・BATHS、シンガーとしての存在感をさらにましたポップな新作──ハイレゾ配信 ウィル・ウィーゼンフェルトのメイン・プロジェクト、バスの3rdアルバム『Romaplasm』が到着した。もはや老舗アンダーグラウンド・レーベルとなった〈アンチコン〉からリリースされた本作は、開放感に溢れるポップな作品に、また“ビートメイカー”から一歩踏み込んだ、シンガー・ソング・ライターとしての側面も前面に出た作品となった。OTOTOYでは本作をハイレゾ配信。ダディー・ケヴによるマスタリングもぜひとも堪能していただきたい。さらにはレヴューとともに、こちらもハイレゾ配信となっているジオテック名義『Abysma』リリース時の記事も関連作として再掲してお届けします。 Baths / Romaplasm(24bit/48kHz)'【Track List】01. Yeoman02. Extrasolar03. Abscond04. Human Bog05. Adam Copies06. Lev07. I Form08. Out09. Superstructure 10. Wilt11. Coitus12. Broadback【配信形態 /
by 寺島 和貴,河村 祐介
【REVIEW】地に足がついていない!?──愛はズボーン、煎じ詰めた“待望”の1stフル・アルバムリリース
[CLOSEUP]・2017年11月15日・【REVIEW】地に足がついていない!? ──愛はズボーン、煎じ詰めた“待望”の1stフル・アルバムリリース OTOTOYとレコード・プレス・メーカーの東洋化成によるコラボレーション・レーベル〈TOYOTOY〉から初のアナログ盤となる『銀ギラ』のリリースや、自主企画イベント〈アメ村天国〉の開催など、今年は飛躍の年であることがうかがえる、愛はズボーン。そんな彼らがこのたび満を持して、1stフル・アルバム『どれじんてえぜ』をリリースした。本作のジャケットは世界的画家・黒田征太郎が手掛けている。黒田は愛はズボーンのメンバーたちが敬愛している画家で、まさに細部にまで強い想いが込められた作品に仕上がったと言えるだろう。そんな彼らの活躍を良質なハイレゾ音質で感じることができるのは、OTOTOYだけ! 本作をさらに楽しむテキストとして、レヴューも掲載! 未来の音楽濃縮盤をとくとご堪能いただきたい! ハイレゾはOTOTOYだけ! 未来の音楽が濃縮された、1stフル・アルバム愛はズボーン / どれじんてえぜ'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【価格】単曲 2
by 宮尾茉実
《12ヶ月連続配信企画、第9弾》──goodtimes、カップル同士の"あるある"な感情に容赦なく切り込む
[CLOSEUP]・2017年11月15日・《12ヶ月連続配信企画、第9弾》──goodtimes、カップル同士の"あるある"な感情に容赦なく切り込む 10年超のバンドキャリアを持つ、井上朝陽(Vo&Gt.)、安田そうし(Gt.)の2人が新たにスタートさせたギター・ロック・バンド、goodtimes(グッドタイムス)。2017年3月より《12ヶ月連続音源配信》をOTOTOYで行い、注目を集めている彼らが、この度第9弾「アメニモマケル」の配信をスタートした。彼らの魅力にもっと浸ってもらえる楽曲を、ぜひレヴューと共にお楽しみください。 goodtimes、全ての恋愛経験者に捧ぐ第9弾goodtimes / アメニモマケル'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込)【収録曲】''1. アメニモマケル REVIEW : 全ての恋愛経験者が唸る、く人の"あの頃"を刺激する goodtimesは前回のインタヴューで、情景が浮かびやすい曲を作っていると語っていたわけだが、今回も人が「もう触れたくない」としまい込んでいた気持ちに、ピンポイントで突き刺さる"あるある"な楽曲「アメニモマケル」をリリー
by 宮尾茉実
フューチャー・ソウルの新たなページをめくる最新作『ar』──活動再開を果たした吉田ヨウヘイgroupの新作を配信開始!
[CLOSEUP]・2017年11月15日・フューチャー・ソウルの新たなページをめくる『ar』──活動再開の吉田ヨウヘイgroup、最新作を配信開始! 1stアルバム『From Now On』を2013年にリリースして以来、インディ・シーンの注目株として陽の目を観ていた突如、2016年2月に活動を一時休止。同年10月に活動を再開させた吉田ヨウヘイgroupが、『paradise lost, it begins』以来およそ2年5カ月ぶりの4thアルバム『ar』をリリースした。音楽に深い造詣のあるメンバーのセンスや技術が嗜好に寄り添うように体現された本作は、フューチャー・ソウルが盛り上がりをみせる現代の音楽シーンに一石を投じる作品となっている。アルバム全12曲、すべての楽曲で異なる表情を写す吉田ヨウヘイgroupの現在のフェーズが伺える最新作を、OTOTOYでは配信とともにレヴューを掲載する。 吉田ヨウヘイgroupの約2年半ぶりの新作を配信開始! 吉田ヨウヘイgroup / ar'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】 単曲 257円(税込) / アルバム 2057円(税込)【収録曲】''01.
by 中の人
筆者について
同じ筆者による他の記事