でんぱ組.inc「夢眠ねむ」がボカロ“夢眠ネム”に! 豪華クリエイター参加のコンピ・アルバムをハイレゾ配信

でんぱ組.incのメンバー、夢眠ねむのボイスをサンプリングして2月に製品化発売されている「VOCALOID4 Library夢眠ネム」を使用して制作されたコンピレーション・アルバム『VOCALOID夢眠ネム』がリリースされた。楽曲制作には、kz(livetune)、八王子P、ゆよゆっぺ、tilt-six、ナユタン星人、玉屋2060%(Wienners)、MOSAIC.WAV、Yamaha VOCALOID夢眠ネム開発チーム、Tom-H@ckら豪華メンバーが参加。まだボカロの魅力に気づいていない人へ、南波一海のレヴューでその深みにハマってください。

V.A. / VOCALOID 夢眠ネム【配信形態】
(左)(24bit/48kHz) WAV / ALAC / FLAC / AAC
(右)(16bit/44.1kHz) WAV / ALAC / FLAC / AAC

【配信価格】(税込)
(左)単曲 324円 / まとめ価格 2,700円
(右)単曲 257円 / まとめ価格 1,852円
【Track List】
01. コズミックメロンソーダマジックラブ / PandaBoY× 夢眠ねむ× 夢眠ネム
02. シリカゲルでも吸いきれない夏がある / Tom-H@ck× 夢眠ねむ× 夢眠ネム
03. すうぃーと☆プラネット / tilt-six×PandaBoY× 夢眠ネム
04. カナリアのいっぽ / ゆうゆ× 夢眠ネム
05. ひとみをとじてあいにいこう / ゆよゆっぺ× 夢眠ネム
06. first love / 純愛の巨人P× 夢眠ネム
07. エビバ! Dreamin / emon(Tes.)× 夢眠ネム
08. 安全運転ムジ娘ちゃん / 八王子P× 夢眠ネム
09. ウーピーアイランド / 玉屋2060%× 夢眠ネム
10. ドリームドリーム夢ドリーム / ナユタン星人× 夢眠ネム
11. Anywhere / kz(livetune)× 夢眠ネム
12. あるいは夢眠ねむという概念へのサクシード / MOSAIC.WAV× 夢眠ねむ× 夢眠ネム


VOCALOID 夢眠ネム Trailer Movie

REVIEW : VOCALOID夢眠ネム

夢眠ねむが“夢眠ネム”としてボーカロイドになった。

じつは彼女がボーカロイドになったのは初めてのことではなく、兎眠りおんのCVを務めていたことが昨年末に自身のブログで明かされた。兎眠りおんに関してはあくまでキャラクターを演じていて、「りおんの声のコンセプトは鼻にかかったような甘ったるい声、いわゆるロリボイス」であり、夢眠ネムに関しては「普段喋ってるトーンやライブで使う力強い声なども搭載していてりおんよりは大人な声」とのこと。夢眠ネムのほうが素に近い声と捉えていいだろう(もっとも、夢眠ねむもある意味キャラクター化した存在であり、アイドルという形態を操る中の人がいるわけですが)。

この作品は、その夢眠ネムを使用して様々なクリエイターが楽曲を制作したコンピレーション・アルバムである。

冒頭のPandaBoYによる「コズミックメロンソーダマジックラブ」は2012年にリリースされた夢眠ねむのセカンド・シングルの曲。それを夢眠ネムがカヴァー(ってややこしいよ!)することで、オリジナルと比較して夢眠ネムがどんなスペックを持つのかがわかりやすく示されるのだが、これぞ夢眠ねむとしか言いようのない声の癖が随所にあらわれるので度肝を抜かれる。テクノロジーの凄みたるや。同時にボーカロイドとしての個性を持った夢眠ネムの声も確立していて、カヴァーというより半セルフカヴァー(?)として仕上がったこの曲には不思議なおかしさが滲み出ている。ちなみにこの曲ではアディショナル・ボーカロイドとして兎眠りおんを起用しているのもポイント。

Tom-H@ckの「シリカゲルでも吸いきれない夏がある」のように素のトーンをうまく使用して疑似・夢眠ねむを立ち上がらせている曲もあれば、ナユタン星人の「ドリームドリーム夢ドリーム」のようにボカロでしかあり得ない高いキーで歌わせた曲もある。八王子Pによる「安全運転♥ムジ娘ちゃん」の早口パートも生身の人間では歌えないだろう。この作品は、どこまで夢眠ねむに近づけるか、あるいは遠のくかという距離感のとりかたに面白さの妙がある。

間違いなくボカロナンバーを聴いているにも関わらず、ふとした瞬間に人間味があらわれる場面がいくつもあり、その行き来が聴覚を刺激する。歌詞にしても同様で、純愛の巨人Pの書いた「first love」のようなストレートなラブソングは、もし本人が歌っていたら照れくさいものになっていたのかもしれないな……と思いつつ、不意に夢眠ねむのリアルな声が顔を覗かせるのでドキッとする。

また、本作はシンプルに優れたポップス集であるという点も見逃してはならない。エモーショナルなスロウ・ナンバーもあればハイブリッドな4つ打ちもある。玉屋2060%による「ウーピーアイランド」はまるででんぱ組.incのレパートリーのようなアミューズメント・パーク仕様だし、kzの「Anywhere」は現行のR&B~トロピカル路線を押さえた世界照準のサウンド・プロダクションと言っていいだろう。

なかでもハイライトと言えそうなのがMOSAIC.WAVによる「あるいは夢眠ねむという概念へのサクシード」。本人とボカロの歌唱が入り混じり、夢眠ネムというソフトと夢眠ねむというファンタジーを重ねて描いた電波ソングだ。この企画を締めくくるにふさわしい、ぶっ飛んだ一曲。

単なる企画盤を越えて、歌い手に寄り添った創意工夫や熱量の大きさが随所に感じられる。先に本作はコンピレーション・アルバムであると述べたが、シンガー・夢眠ネムのために(あるいは夢眠ねむのために)作家陣が珠玉の楽曲を提供したソロ・アルバムと捉えてもいいのかもしれない。(text by 南波一海)

参加クリエイター作品

V.A.

¥ 2,100

でんぱ組.inc DISCOGRAPHY

ALBUM

WWDBEST 〜電波良好!〜

でんぱ組.inc初のベストアルバム。代表曲はじめ初収録の新曲まで網羅した最強ベスト!!

夢眠ねむソロ・インタビューはこちら

GOGO DEMPA

ゆず 北川悠仁×ヒャダインによる夏のアンセムチューン「おつかれサマー!」、漫画家・浅野いにお作詞による「あした地球がこなごなになっても」、でんぱ組.incらしさの詰まった三ヶ月連続配信シングル「破!to the Future」「ファンファーレは僕らのために」など豪華シングルを含むアルバム。

特集ページはこちら

WWDD

玉屋2060%による4つ打ちキラーチューン「サクラあっぱれーしょん」、でんぱ組.incの原点であるDearStageを舞台に清竜人が作り上げた「Dear☆Stageへようこそ♡」、ヒャダインによるカップヌードルCM曲「ちゅるりちゅるりら」、ファンタジー感溢れる最新シングル「でんぱーりーナイト」に加え、アルバム新録曲も多数収録。

特集ページはこちら

WORLD WIDE DEMPA

「でんぱれーどJAPAN」や、瑛太主演のフジテレビ系ドラマ「最高の離婚」でも二週連続で披露し話題となったドキュメンタリーソング「W.W.D」、かせきさいだぁプロデュース「冬へと走りだすお! 」、そして最新楽曲「W.W.DII」までのシングル作品5枚を含むアルバム。

SINGLE

『でんぱーりーナイト』リリース記念! "初レゾ"体験! 特集ページはこちら

>>VOCALOID4 Library 夢眠ネム HP

TOP