大学生、佐久間望が追いかける桐嶋ノドカ――file.6「ドキドキ! 初インタヴュー!!」後編

新人女性シンガー・ソングライター、桐嶋ノドカを追いかける連載の第6回。前回、ついに実現した佐久間望によるインタヴューの前半を公開しました。後半は緊張もかなり解れ、佐久間さん、しっかりと自分の想いをぶつけることができたようです。取材を終えた彼女の背中は、心なしかひと回り大きくなったような…。大好評のフリー・ダウンロード曲「ボーダーライン (DEMO ver.)」をまだゲットしていない人は、ぜひお早めに! (※インタヴュー前編はこちら)

>>大好評!! 「ボーダーライン (DEMO ver.)」のフリーDLはこちら

佐久間望(左)と桐嶋ノドカ(右)

ドキドキ! 初インタヴュー!! (後編)

お待たせしました! 桐嶋ノドカのインタヴュー後編ですっ! 私の聞きたかったことや伝えたかったことが全部言えるように、めちゃくちゃがんばって準備したつもりだったんです…。でも実際に文字起こしをしてみると、「なんでこれを聞かなかったんだ!」っていうことがたくさん出てきてしまいます…。これってきっと、"インタヴューあるある"ですよね…! そんな話はさておき…、後編は桐嶋さんの現在の活動について聞いてみました。プロデューサーの小林武史さんとの出会いとか、桐嶋さんの歌への想いとか、我ながらインタヴューらしいインタヴューになったかな…。あ! ファンのみなさんにはちょっと嬉しい話も聞けたので、ぜひ最後まで読んでくださいね〜。

インタヴュー & 文 : 佐久間望

小林武史に見出され、一気にアーティストの道へ

——桐嶋さんって、小林武史さんにデモを送ったのがアーティスト活動を始めるきっかけになったんですよね。それはいつ頃だったんですか?

桐嶋ノドカ

桐嶋ノドカ(以下、桐嶋) : 大学3年の夏だったと思います。いつも髪を切ってもらってる美容師さんがいるんですけど、その美容師さんがたまたま小林さんと知り合いだったらしくて、「デモを渡してあげるよ」って言われて。正直、最初は半信半疑だったんですけど、その美容師さんにCDを渡したのが始まりなんですよね。

——運命ですね…! それまでデモをどこかに送ろうとしたことはなかったんですか?

桐嶋 : オーディションを受けたことはあったんですけど、デモを送るってすごくガッツが必要だったので、なかったですね。

——いきなりデモを渡すことになってどんな気持ちでしたか??

桐嶋 : う〜ん。渡してもちゃんと聴いてもらえるわけがないと思っていたから、けっこう気楽な感じでした。そしたら、意外とすぐに連絡があったんですよ。

——そうなんですね〜。小林さんと出会ってから、桐嶋さんの生活に変化はありましたか?

桐嶋 : スタジオに通う日々が始まりましたね。初めてスタジオに呼ばれたときに、「ピアノ弾いてごらん」って言われて、「優しい雨」を歌ったのが記憶に残っています。そのあとは、徐々にレコーディングを進めながら、とにかく曲を作って…。

佐久間望

——ミュージシャンの生活ですね〜! 素朴な疑問なんですけど、レコーディングするときって緊張しないですか?

桐嶋 : レコーディングは楽しいです! 他の楽器を録り終わってから最後に歌を録ることが多いんですけど、ひとりでマイクに向かって長時間歌い続けるっていうのはストイックだなと思います。「私って歌うことが好きなんだな」ってあらためて実感する瞬間でもありますね。ライヴでお客さんを前にして歌うのも、バンドのメンバーと一緒に歌うのももちろん好きなんですけど、レコーディングのときに小さな部屋の中で歌うのが大好きなんです。

——なんか素敵ですね…! 桐嶋さんって、キーボードを弾きながら歌っていたこともあるんですよね。

桐嶋 : 大学に入ってすぐの頃は、サポート・メンバーと一緒にキーボードを弾きながら歌っていたんですけど、途中からキーボードは他の人にやってもらったほうが歌に専念できるなと思って、歌だけを歌うようにしたんです。小林さんに渡したデモも、弾き語りの曲は1、2曲しかなくて、他はバンド・メンバーに演奏を任せた音源でした。

真剣に生きたい、そして歌で生き様を表現したい

——3月に入って桐嶋さんのオフィシャル・サイトとかFacebookとか、YouTube動画が一気に公開されましたよね。身の回りで何か変化はありましたか?

桐嶋 : 変化というか、自分の家族に見られるのが「恥ずかし〜っ!!」っていう感じでした(笑)。親には公開日を言ってなかったんですけど、お母さんが友達のFacebook経由で知ったみたいで、「見たよ! がんばってね!」って応援メッセージをくれました。外から知られちゃった分、余計に恥ずかしかったな(笑)。


桐嶋ノドカ / ボーダーライン

——私にはわからない気持ちだけど、そういうのってきっと恥ずかしいですよね…(笑)。桐嶋さん自身の気持ちの変化はありますか?

桐嶋 : あるような、ないような…。オフィシャル・サイト公開のタイミングで完成した「END」っていう曲があるんですけど、私の中でその曲はひとつの区切りというか決意というか、そんな意味を持った曲なんです。この曲をきっかけに新しく踏み出そうって思っていて、そういう意味ではかなり気持ちに変化があるのかも。今まさに飛び立ったような気分で、離陸中って感じです!

——かっこいい! 今後はどんな活動をしていきたいですか??

桐嶋 : そうだなぁ。今はアルバムを作りたいですね。

——今のところOTOTOYのフリー・ダウンロードとYouTubeでしか音源が聴けないですよね。私、初めてライヴを観たときからずっと桐嶋さんの音源が欲しくて…。この連載でもずっと書いてるんです!

桐嶋 : わー! ありがとうございます! 猛烈に準備してます!!

——えー! めちゃくちゃ楽しみにしてますっ!

桐嶋 : がんばります!

——あ、そうだ。もうひとつ、私の大好きな曲「ボーダーライン」について聞かせてください。この曲って、始まりはゆったりとした曲調で、モヤモヤする気持ちを歌っているけど、終わりに向けてパッと晴れやかになる感じですよね。私は大学生で、就職のこととかもいろいろ考えなきゃいけない時期なんですけど、やりたいことがないわけじゃないのに、思い切って踏み出せないなぁってずっと思ってるんです…。そんな私に、「とにかくウジウジしてないで挑戦しよう!」って勇気を与えてくれたのが、「ボーダーライン」でした。桐嶋さんはこの曲をどんな気持ちで作ったんですか?

桐嶋 : なんかそう言ってもらえると嬉しいです! 「ボーダーライン」は、じつは私もウジウジしていたときに作った曲なんです。音楽に対してもそうだし、普段の自分に対してもそうだし、問題をたくさん抱えているのに、そこに立ち向かう勇気がないというか…。でも、この曲を書いているうちに気持ちが楽になったというか、「こうなりたい!」という気持ちで書いた曲ですね。今となってはぜんぜん違う気持ちで歌えるから、それもおもしろいなって思います。

——桐嶋さんもモヤモヤした気持ちを抱えているときに作った曲だったんですね! ほんとに励まされる曲です。私もいつか違う気持ちで聴けるようになるかな…。あ、もうそろそろ時間ですね。桐嶋さんとお話してると時間が経つのが早い! 最後に言っておきたいこと、ありますか?

桐嶋 : う〜ん…。ちょっとくさいセリフなので恥ずかしいんですけど、私、本当に真剣に生きようとしていて、そんな生き様を歌で表現したいって思ってるんです。なんて言うか、「私が理想とする生き方を生きたい!」「それを歌で発信したい!」って。だから、こんな人もいるんだなって思いながら歌を聴いてもらえたらいいなと思います。あとは、自分に嘘をつかないとか、かっこつけずにナチュラルでいるとか、そういうことも目標かな。

——ありがとうございます! 初インタヴューでめちゃくちゃ緊張したけど、本当に楽しかったです!

桐嶋 : こちらこそ、ありがとうございました! 私もすごく楽しかったですよ〜。

file.7「最終回! 桐嶋ノドカと出会えたこと」編に続く


桐嶋ノドカをライヴで見よう!

〈FLOWER FASHION FEST〉
2014年4月29日(火・祝) @万代シティパーク
詳細 : http://fff-ngt.com/

〈FM802×FM COCOLO FUNKY MARKET〉
2014年5月3日(土) @万博記念公園自然文化園お祭り広場 下の広場
開場 / 開演 : 9:30 (終演は17:00予定)
料金 : 無料 (自然文化園の入園料 大人250円 小中学生70円が必要)
出演 : 井手綾香 / USAGI / 桐嶋ノドカ / CREAM / 指田郁也 / Salley / Suzu / NIKIIE / 見田村千晴
詳細 : http://funky802.com/pages/pickup_detail/3011

〈VIVA LA ROCK〉
2014年5月5日(月・祝) @さいたまスーパーアリーナ けやき広場 GARDEN STAGE
料金 : 無料
詳細 : http://vivalarock.jp/2014/attraction/

〈J-WAVE & Roppongi Hills present TOKYO M.A.P.S TAKESHI KOBAYASHI EDITION〉
2014年5月6日(火・祝) @六本木ヒルズアリーナ
料金 : 無料
出演 :
[5月5日]青葉市子 / 赤い公園 / Salyu / スガシカオ / 田島貴男 / 藤巻亮太
[5月6日]桐嶋ノドカ / 黒木渚 / ストレイテナー / 曽我部恵一 / パスピエ / 細野晴臣
詳細 : http://www.j-wave.co.jp/event/7865-201405.htm#pagetop

桐嶋ノドカについてもっと知る

3歳からピアノを始め、13歳で聖歌隊に入り、歌うことにのめり込む。高校入学と同時期にキャロル・キングやノラ・ジョーンズなどに影響を受け、弾き語りを始める。次第に自身の想いを歌うようになり、高校を卒業する頃にはシンガー・ソングライターの道へ進むことを決める。2012年夏、デモ音源を音楽プロデューサーの小林武史へ送ったことがきっかけとなり、同氏が代表を務める音楽事務所「OORONG-SHA」のスタジオに通いはじめる。華奢で小柄な外見からは想像がつかないパワフルな歌声は、聴くものに強烈なインパクトを残す。今春、大学を卒業し、本格的にアーティスト活動をスタートする要注目の新人アーティスト。

>>桐嶋ノドカ OFFICIAL HP
>>桐嶋ノドカ OFFICIAL BLOG
>>桐嶋ノドカ facebook
>>桐嶋ノドカ Twitter

o

 
 

インタヴュー

MOROHA、結成10周年記念インタビュー【後半】──「金になると思わせるだけのものが俺たちにはあった」
[FEATURE]・2018年01月22日・「金になると思わせるだけのものが俺たちにはあった」──MOROHA、結成10周年記念インタビュー【後半】 魂を震わせるリリックと、互いの持ち味を最大限に生かすためアコースティック・ギターとMCだけの最小編成にて行われるライヴで、彼らの音楽を聴いたもの、観たものを圧倒させるMOROHA。そんな彼らが2018年に10周年を迎える。このタイミングで6月6日(水)には再録ベスト・アルバム『MOROHA BEST〜十年再録〜』のリリース、そして12月16日(日)にZEPP TOKYOにて単独ライブも決定したのだ。着々と多くの人に向けて、彼らの音楽が届くよう歩みを進める彼らであるが、OTOTOYは、お茶の間にもMOROHAの音楽が届く未来がそう遠くないことを確信している! 今回OTOTOYでは、10周年を迎えた今までの活動についてを、インタビューや主宰のボロフェスタに招集する等、時には言い合いをしながらもデビュー当時からずっと応援し続けるOTOTOY編集長の飯田仁一郎と共に振り返る。 先日公開したインタヴュー前半ではメジャー・デビューを果たした今の心境やデビュー当時の彼らの活動、1stアルバムをリリース以降の彼らの想
by JJ
ルーツに素直に向き合うこと──ポニーのヒサミツの2ndアルバムを1週間先行 & ハイレゾ独占配信
[CLOSEUP]・2018年01月17日・ルーツに素直に向き合うこと──ポニーのヒサミツの2ndアルバムを1週間先行 & ハイレゾ独占配信 1stアルバム『休日のレコード』がタワレコメンに選出、7インチ・シングル『羊を盗め』が〈カクバリズム〉からリリースされ話題を呼んだ、前田卓朗によるカントリー・ポップ・ソロ・ユニット、“ポニーのヒサミツ”が4年ぶりとなる2ndアルバム『The Peanut Vendors』をリリース! 今作はライヴ・メンバーとして共に活動してきた大塚智之(シャムキャッツ)らに加え、中川理沙(ザ・なつやすみバンド)と谷口雄(1983、あだち麗三郎クワルテッット)がゲスト参加。彼が敬愛するカントリーやポップスの世界観が色濃く反映された1枚となっております。そんな今作をOTOTOYでは1週間先行にて配信すると共に、ハイレゾ版を独占配信。彼へのメール・インタヴューと共にお楽しみください。 ハイレゾ版の配信はOTOTOYのみ!!ポニーのヒサミツ / THE PEANUT VENDORS'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込) / アルバム 2,000円(税込)【収
スクールカースト最底辺からの刺客がやってきた! ──ハンブレッダーズ、初の全国流通盤を配信開始
[CLOSEUP]・2018年01月17日・スクールカースト最底辺からの刺客がやってきた!!! ──ハンブレッダーズ、初の全国流通盤がついに配信開始 高校の文化祭に出演する為、同級生によって結成された4人組"ネバーエンディング思春期"バンド、ハンブレッダーズが初の全国流通盤をリリース! Voムツムロによる「イケてない奴」なりの青臭さ全開の歌詞、その歌詞を乗せたメロディックな歌。そんな彼らの楽曲は、青春の1ページを切り取り、終わらない青春をメッセージとしてリスナーに届ける。今回OTOTOYでは、ハンブレッダーズとも所縁の深いライヴハウス、京都のライヴハウス・nanoの店長である土龍(モグラ)と共に対談形式のインタビューを掲載。活動初期の印象や、本作の制作など、どのようなバンドになっていきたいかなど語ってくれています。OTOTOY初登場! 快進撃中のバンドが放つ、初の全国流通盤!!ハンブレッダーズ / 純異性交遊'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込) / アルバム 1,600円(税込)【収録曲】''1. DAY DREAM BEAT2. スクールマジシャンガール(純Mix)
by 阿部 文香
*鳥クルッテル.incが創る、360度音が上下左右から鳴る超常音空間
[FEATURE]・2018年01月15日・驚異の立体音響! 音楽での新たな体験、その可能性を形にする鳥クルッテル.incって何モノ?! 音楽で人と人が結びつけ、新しい音楽の可能性を見い出すためさまざまな音楽イベントやワーク・ショップを企画する2人組、「鳥クルッテル.inc」。彼らのイベントでは、四方を囲むスピーカーにより、一つひとつの音の色や形、動きが見えるように感じる取れる臨場感のある音響システムを使うことによって、360度縦横無尽に音が動き回る新感覚の音楽体験をすることができるという。今回OTOTOYでは、特別な音響システムを使用しなくても、この音楽体験ができる「Kachōfūgetsu 〜fireworks〜」を配信開始。彼らの活動や、サウンドの作り方まで、さまざまな話を訊いた。 OTOTOY配信限定!〈Kachōfūgetsu〉のイメージサウンド鳥クルッテル.inc / Kachōfūgetsu ~fireworks~'【配信価格】WAV、ALAC、FLAC(24bit/96kHz) : 540円AAC : 216円【Track List】1. Kachōfūgetsu ~fireworks~>> 〈Kachōfūgetsu〉特設サイト
by 岡本 貴之
音楽にはユーモアが必要──折坂悠太、新作EP『ざわめき』を独占ハイレゾ配信 & 井手健介との対談を掲載
[CLOSEUP]・2018年01月17日・音楽にはユーモアが必要──折坂悠太、新作EP『ざわめき』を独占ハイレゾ配信 & 井手健介との対談を掲載 後藤正文や小山田壮平など、多くのミュージシャンも賛辞を送るSSW・折坂悠太が初のバンド編成で録音に挑んだEP『ざわめき』をリリース。演奏には2016年から活動を始めたバンド編成でのライヴ・サポートを行なっているベース・寺田燿児、管楽器、弦楽器を扱う青野慧志郎、ドラム・田中久仁彦(yoji &his ghost band)、ピアノ・飯島はるか(に角すい)のほか、フルートに松村拓海(1983、俺はこんなもんじゃない)、トランペット・高橋三太(1983)、ヴィブラフォン・影山朋子が参加しており、弾き語りでは表現することの出来なかった音のダイナミズムと、ブルースや民族音楽、ジャズなどを吸収したのびのびと響き渡る彼の歌声が閉じ込められた作品となっている。そんな今作をOTOTOYのみでハイレゾ配信すると共に、シンセサイザーでアルバムに参加しているSSW・井手健介との対談を掲載。お互いが影響を受けたアーティストから今作に至るまで、たっぷりと語ってもらった。 ハイレゾ版の配信はOTOTOYのみ!!折坂悠太 / ざわめ
音楽は幸せな空間を作れるのか? ──新たなバンド・サウンドを得たAL『NOW PLAYING』を先行配信
[CLOSEUP]・2018年01月10日・音楽は幸せな空間を作れるのか? ──新たなバンド・サウンドを得たAL『NOW PLAYING』を先行配信 小山田壮平と長澤知之がプライベートのアコースティック・ユニットとして数年前に活動をはじめ、そののちに藤原寛、後藤大樹をバンドに迎えて2016年4月に1stアルバム『心の中の色紙』をリリースしたロック・バンド「AL」。そんな彼らが2018年のはじまりに快作の2ndアルバム『NOW PLAYING』をリリースする。今回OTOTOYでは本作の1週間先行配信を実施。本文の中でも語られているように、1stアルバム『心の中の色紙』よりも、よりバンドらしい作品ともいえる『NOW PLAYING』はどのように生まれたのか、ソングライターである小山田壮平、長澤知之の2人に話を訊いた。ちなみにこの2人でのインタヴューはAL史上初! みなさま必見です! よりバンドらしくなったALの最新作を先行配信 AL / NOW PLAYING'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込) / アルバム 2,000円(税込)【収録曲】''1. 会いにいくよ2. NO
MOROHA、結成10周年記念インタビュー【前半】──「茶の間の胸ぐらをつかんで、ライヴ会場に!」
[FEATURE]・2018年01月14日・「茶の間の胸ぐらをつかんで、ライヴ会場に引きずり込め!」──MOROHA、結成10周年記念インタビュー【前半】 魂を震わせるリリックと、互いの持ち味を最大限に生かすためアコースティック・ギターとMCだけの最小編成にて行われるライヴで、彼らの音楽を聴いたもの、観たものを圧倒させるMOROHA。そんな彼らが2018年に10周年を迎える。このタイミングで6月6日(水)には再録ベスト・アルバム『MOROHA BEST〜十年再録〜』のリリース、そして12月16日(日)にZEPP TOKYOにて単独ライブも決定したのだ。着々と多くの人に向けて、彼らの音楽が届くよう歩みを進める彼らであるが、OTOTOYは、お茶の間にもMOROHAの音楽が届く未来がそう遠くないことを確信している! 今回OTOTOYでは、10周年を迎えた今までの活動についてを、インタビューや主宰のボロフェスタに招集する等、時には言い合いをしながらもデビュー当時からずっと応援し続けるOTOTOY編集長の飯田仁一郎と共に振り返る。まずはインタヴューの前半をどうぞ。 元旦リリースの最新曲をチェック!【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1k
by JJ
2018年の始まりにして年間ベスト級デビュー・アルバムーー “エモい”都市生活を鳴らすアイドル・・・・・・・・・に迫る
[CLOSEUP]・2018年01月05日・2018年の始まりにして年間ベスト級デビュー・アルバムーー “エモい”都市生活を鳴らすアイドル・・・・・・・・・に迫る シューゲイザー的な「エモさ」とアンダーグラウンド・パンク的な「ヤバさ」を楽曲コンセプトに活動するアイドル・ユニット「・・・・・・・・・」が、2018年1月12日リリースの1stアルバム『 』をOTOTOY独占で1週間先行でハイレゾ配信開始。日本ドローン界の雄、hakobuneディレクションの元、ノイズやアンビエント等を用いた1トラック72分の1stシングル『CD』がネットを中心に大きな話題を呼んだが、初アルバムとなる今作は、ForTracyHydeの管梓、Mavや、my letterのキヌガサチカラ、あヴぁんだんどやアシモフが手品師で知られるteoremaa等が楽曲提供を手掛け、シューゲイザーから、90sUK、90semo、ローファイ、ドラムンベース、エレポップまで、様々なジャンルを「エモい」にぎゅっと集約した全10曲。アイドルという記号性を取り除くため、アーティスト名もアルバム名も検索に引っかからないなど、コンセプトも練りこまれている彼女たちに改めて迫るインタヴューを掲載し迫った。