大学生、佐久間望が追いかける桐嶋ノドカ――file.5「ドキドキ! 初インタヴュー!!」前編

新人女性シンガー・ソングライター、桐嶋ノドカを追いかける連載の第5回。ついに夢が実現しました! 前回の連載で直接本人にお願いしてしまうくらい、佐久間さんの念願だったインタヴュー。取材前はガチガチに緊張していた佐久間さんですが、いざ始まってしまえば堂々としたもの。終始和やかな雰囲気で、初体験のインタヴューとは思えないほど、しっかりと桐嶋ノドカの活動に迫っていました。今回の連載では、1時間に及んだインタヴューの前半部分を公開します。大好評のため期間延長が決定した「ボーダーライン (DEMO ver.)」のフリー・ダウンロードとあわせて、ぜひチェックしてみてくださいね。

>>大好評!! 「ボーダーライン (DEMO ver.)」のフリーDLはこちら(期間延長中)

佐久間望(左)と桐嶋ノドカ(右)

ドキドキ! 初インタヴュー!!

つ・い・にインタヴューしちゃいました!! 何もかもが初体験で、超緊張&超不安な私(佐久間)でしたが、なんと桐嶋さんも初インタヴューだったとか! 「初めて同士、がんばりましょ!」って言ってもらえて、少しだけ気持ちが楽になりました。聞きたいことが多すぎて、何から聞いていいかわからなかったけど、桐嶋さんの小さい頃のお話とか、音楽の道を志しはじめた頃のお話とか、いろいろ聞いちゃいました! 桐嶋さんとお話していると本当に楽しい!! 楽しすぎて、なんか友達同士の雑談みたいになっちゃった部分も…(笑)。でも、これが私のスタイルですっ! なんて思ったり…。とにかく、これを読めば桐嶋ノドカというアーティストの魅力がわかってもらえるはずです!!

インタヴュー & 文 : 佐久間望

聖歌隊、合唱部… 歌に囲まれていた中高時代

――初インタヴューなので、めちゃくちゃ緊張してますっ…!! よろしくお願いします!!

桐嶋ノドカ(以下、桐嶋) : 私もインタヴュー受けるの初めてなんです! こちらこそよろしくお願いしますね! 初めて同士、がんばりましょ!

――はいっ! どこから聞けばいいんだろう…。まず、歌を歌いはじめたきっかけがあれば教えてください…!

桐嶋 : 小さい頃から歌うのがすごく好きだったんですけど、最初はヤマハの音楽教室で人前で歌ったことですかね。

――そうなんですね。その頃から人前で何かをするのが好きだったんですか?

桐嶋 : 好きでした。あ、好きとは言わないのかな…(笑)。

――それはどういうことですか??

桐嶋 : すごく目立ちたがり屋だったんです。でも、みんなには目立ちたがり屋って思われたくない、みたいな(笑)。

桐嶋ノドカ

――なるほどー(笑)。ほかに習っていたことはありますか?

桐嶋 : ピアノと水泳と習字ですね。習字の先生が踊りもやっている人で、なぜかお習字のあとにみんなで踊っていました(笑)。

――不思議ですね(笑)。

桐嶋 : そうなんです! 急にガサガサっと片付けて踊りはじめるんです。べつに誰も望んでなかったんですけど、なぜかみんな踊らないといけないみたいな(笑)。

――おもしろい(笑)。中学校の頃は聖歌隊に入っていたんですよね。聖歌隊ってどんな感じなんですか…?

桐嶋 : 私、中学と高校はキリスト教系の学校に通っていたんですけど、毎日礼拝があって、てるてる坊主みたいなガウンを着て歌うんですよ。もちろん全部聖歌でした。

――見てみたいです…! 聖歌を歌うのは好きでしたか?

桐嶋 : 好きでしたね。心が洗われるというか。

――桐嶋さんの歌って、「祈り」っていう言葉が出てきたり、誰かのための願いを歌った曲もありますよね。それは聖歌隊にいたことが影響しているのかなって…。

桐嶋 : そうですね。中学、高校時代は毎日お祈りを欠かさない生活をしていて、「人生とは」みたいな哲学的なことを考える機会も少なくなかったです。いま思うと、その経験が曲とか歌詞のベースになっているかもしれないですね。

佐久間望

――私は小さいとき仏教系の幼稚園にいたので、キリスト教には馴染みがないのですが、そこでは毎週お経を読むっていう習慣がありました。でも、私はお経を読むことがあまり好きになれなくて…。

桐嶋 : 聖歌を好きじゃなかった人も少なからずいたと思います。でも私は好きでした。読んでみたら意外といいこと書いてあるじゃん、みたいな(笑)。

――聖歌隊のほかに合唱部にも入っていたんですよね。たくさん歌ってますね!!

桐嶋 : たくさん歌ってました(笑)。合唱はもう長らくやってないけど、楽しかったな~。ほんとに毎日歌ってましたね。あの頃の経験が歌の道を選ぶきっかけになっていると思います。あの経験がなかったら、いまは違う道を選んでいたかもです。

――桐嶋さんにとってかけがえのない経験ですね! 突然ですけど、桐嶋さんって文化系だったんですか?

桐嶋 : 文化系でしたね。体育はちょっと苦手でした。でも走るのは速かったと思いますよ!

――いいなぁ。私はぜんぜん速く走れなかったから、すごく練習したんですよ。そしたら持久走が得意になっちゃって(笑)。

桐嶋 : すごい! 私は短距離が得意でしたね。何事もガッといってパッと終わらせたいタイプなんです(笑)。

――そうなんですね。でも、歌って絶対に根気強い練習が必要ですよね…?

桐嶋 : 歌の練習は好きですよ! スイッチが入るまでに時間がかかるんですけど、一度始めちゃうと夢中になっちゃいます。そんな性格なんですよね。

キャロル・キング、ノラ・ジョーンズを弾き語り

――桐嶋さんってどんな音楽が好きなんですか??

桐嶋 : 好きな音楽は、そうですねえ…。たくさんあるんですけど、私が作曲を始めたときによく聴いていたのはクラムボンでした。今はColdplayとかBjorkとかが好きです。

――クラムボンの音楽は自然体って感じですよね! そこが桐嶋さんと共通しているのかな、なんて思います。桐嶋さんのライヴを観たとき、すごく楽しそうで、歌うことがほんとに好きなんだなって思ったことがあって。

桐嶋 : 嬉しいです! ありがとうございます!

――桐嶋さんのオフィシャル・サイトを見たら、プロフィールに「モー娘。『LOVEマシーン』。憧れる。」って書いてあったんですけど、モー娘。も好きだったんですか?

桐嶋 : たぶんあの頃の女の子は、多かれ少なかれ憧れる部分があったんじゃないかな。特に目立ちたがり屋の人たちは(笑)。

――(笑)。私も世代だからわかります~。いまはJ-POPよりも洋楽を聴きますか?

桐嶋 : 中学、高校の頃はJ-POPをたくさん聴いてたんですけど、大学に入った頃くらいから、時代の流れに左右されない音楽に魅力を感じるようになりましたね。だから、邦楽も洋楽もいろんなものを聴きますよ~。

――その頃から作詞作曲を始めたんですか?

桐嶋 : そうなんです。大学に入ってからですね。

――それであんなに曲が書けちゃうってすごい…! 高校生の頃は合唱部以外では歌ってなかったんですか?

桐嶋 : 高校生の頃に歌を歌おうって決めてから、ピアノの弾き語りをやってました。でも、そのときはキャロル・キングとかノラ・ジョーンズとか、わりとアダルトな感じのカヴァーが多かったですね。

――高校生でキャロル・キングとかノラ・ジョーンズって、なんか大人ですね!

桐嶋 : 親がよく聴いていたので、その影響が強いかもしれないです。ピアノの弾き語りといえばこの人! って感じでした。

――そうなんですね。その頃に音大に通う決意をするんですよね。それってすごく勇気のいることだと思うんですけど…?

桐嶋 : 勇気いりました! まず親に言い出せない。反対されたらどうしようって考えちゃって…。でも、思い切って言ってみたら、「がんばって~」ってあっさりしていて(笑)。小学生のときから塾に通っていたし、けっこう勉強もさせられたんですけど、こんなに自由なの! って思いましたね。

――桐嶋さんは高校生のときからしっかり将来を見据えてて偉いなぁ…。

桐嶋 : でも、最初は「音楽を仕事にしよう」っていうよりは、「ただただ歌が好きだから歌っている」という感じでしたよ。そのうちにだんだんと自分の想いを歌いたいなって思いはじめて…。ちょうど高校生の頃から日記を毎日書くようになって、いまも続いているんです。日記を書くと自分で考えていることが整理できるようになって、その中からこれはみんなに言いたいなっていうものを曲にしています。

file.6「ドキドキ! 初インタヴュー!!」後編に続く


桐嶋ノドカについてもっと知る

3歳からピアノを始め、13歳で聖歌隊に入り、歌うことにのめり込む。高校入学と同時期にキャロル・キングやノラ・ジョーンズなどに影響を受け、弾き語りを始める。次第に自身の想いを歌うようになり、高校を卒業する頃にはシンガー・ソングライターの道へ進むことを決める。2012年夏、デモ音源を音楽プロデューサーの小林武史へ送ったことがきっかけとなり、同氏が代表を務める音楽事務所「OORONG-SHA」のスタジオに通いはじめる。華奢で小柄な外見からは想像がつかないパワフルな歌声は、聴くものに強烈なインパクトを残す。今春、大学を卒業し、本格的にアーティスト活動をスタートする要注目の新人アーティスト。

>>桐嶋ノドカ OFFICIAL HP
>>桐嶋ノドカ OFFICIAL BLOG
>>桐嶋ノドカ facebook
>>桐嶋ノドカ Twitter

o

 
 

インタヴュー

ニッポンのロックンロールに、新たなモッズの風? ──Layneの1stアルバム『Be The One』に迫る
[CLOSEUP]・2017年11月13日・ニッポンのロックンロールに、新たなモッズの風が吹く? ──Layneの1stアルバム『Be The One』に迫る 湘南在住、ザ・ビートルズ、オアシス、ザ・フーなどの英国音楽をはじめ、ザ・コレクターズなどのモッズ・ミュージックの影響も感じさせる4人組バンド・Layne。9月に先行リリースした7インチをきっかけに早耳リスナーの中で話題を呼んだLayneが、満を持して〈Youth Records〉から1stアルバム『Be The One』をリリース! 狂おしいほどのロックンロール・サウンド満載の10曲が収録されています! andymoriなどを輩出した〈Youth Records〉からの、新たな才能の誕生に、絶対に立ち会うべきです! このインタヴューを読めば、Layneがどんなバンドなのか丸わかり! ぜひアルバムとともにお楽しみください。 ニッポンの音楽をアップデートする、記念すべき1stアルバム! Layne / Be The One'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込) / アルバム 2,488円(税込)【収録曲】''1. ステ
by ?
世界を旅した音楽家・谷澤智文、長編3部作の第2部完成! 第1部とともに独占ハイレゾ配信開始 & 自宅兼スタジオ、農園に潜入!
[FEATURE]・2017年11月11日・音楽と農業のあるライフスタイル──谷澤智文の農園、自宅兼スタジオに潜入! 最新作の独占ハイレゾ配信も! かつてはメジャー・レーベルに所属し、アニメの主題歌なども手がけていた音楽家・谷澤智文。東日本大震災を経たことで彼の価値観は大きく変わり、2012年に彼は今までの活動をなげうって世界放浪の旅に出た。帰国後は生活のサイクルを変え、現在は東京を離れて埼玉県加須市にて新たな生活をしながら音楽活動を続けている。昨年2016年にはアコースティック宇宙奏楽長編3部作「”ぼくらはみんな”シリーズ」と銘打った第1作目『ぼくらはみんなスペーシー(We Are All Spacy)』をリリース。そしてこの度、制作期間1年半の時を経て第2部となる『ぼくらはみんなエイリアン(We Are All Alien)』が遂に完成した。 自身の演奏に加え、これまでの活動や旅で出会った仲間たちのサポートによって産まれた今作は、壮大な世界観と細部までこだわり抜かれた彼の美学が込められた渾身の1作。アートワークは前作に引き続き、気鋭の漫画家・panpanyaが担当、アルバム特設サイトには詩人・谷川俊太郎からのコメントも寄せられているので、
渋谷慶一郎のレーベル、ATAKの過去音源配信開始、第3弾
・2017年11月11日・ATAK過去作配信第3弾、今回は渋谷慶一郎の1stソロ、そして渋谷の原点となったアーティストの作品も 2017年9月11日より、毎月11日に、半年に渡って渋谷慶一郎が主宰レーベルのATAK過去作品を配信リリース。OTOTOYでは各作品に関して、毎回、ライター、八木皓平による渋谷慶一郎本人へのインタヴューを行い解説をお送りします。第3弾は、2004年リリースの渋谷慶一郎の1stソロ・アルバム『ATAK000』にボーナス・トラックが2曲加わった、2011年の『ATAK000+』。そして渋谷慶一郎が音楽の道を志すきっかけとなった、実験音楽の巨星、高橋悠治の関連作2作。『ATAK002』での共演から親交をさらに深め、〈ATAK〉からのリリースとなった、高橋悠治のソロ作で、電子音楽作品によるフル・アルバムとしては12年ぶりとなった『ATAK006』。そして、こうした交流が渋谷慶一郎とmaria、そして高橋悠治との共演ライヴへと結実、凄まじい緊迫感の中繰り広げられたこのライヴのドキュメントとなった『ATAK007』の3作品だ。インタヴュー : 八木皓平 ミニマリズムは結構強力な乗り越える対象としてあって ──いま、パ
by 八木 皓平
大西順子、バラッド集&ピアノ・トリオ新作を先行ハイレゾ配信スタート
・2017年11月10日・大西順子、待望の8年ぶりのレギュラー・トリオと、初のバラッド集をリリース──先行ハイレゾ配信 2度の活動休止(2012年には引退宣言も)からの復活を遂げ、昨年は菊地成孔プロデュースによるニュー・アルバム「Tea Times」をリリース「Tea Times」をリリースするなど、ここにきてまた活動を活発化させているジャズ・ピアニスト、大西順子。そんな活動の勢いを象徴するように2枚のアルバムを同時にリリースする。まずはファン待望、8年ぶりとなる待望のピアノ・トリオ・アルバム『Glamorous Life』、そして彼女が10年以上、そのアイディアを温め続けてきたという初のバラッド集『Very Special』の2枚だ。OTOTOYではこの2作を、11月15日のCDリリースを前に、24bit/96kHzのハイレゾ音源データにて、先行配信開始いたします。さらには本作を巡るインタヴュー敢行。『Jazz The New Chapter』監修のジャズ評論家、柳樂光隆によるインタヴューを掲載いたします。また次週には同インタヴューの後編として、往年の名ジャズ・ピアニストに関して、柳樂が大西に問う特別企画も掲載予定です。そちらもお
10年前に想像してた10年後よりも楽しく音楽をやれてる──GHEEEの、5thアルバムを独占ハイレゾ配信 & インタヴュー掲載
[CLOSEUP]・2017年11月08日・10年前に想像してた10年後よりも楽しく音楽をやれてる──GHEEEの、5thアルバムを独占ハイレゾ配信 PLAGUES、PEALOUT、ZEPPET STOREといった90年代中盤以降のギター・ロック・シーンを担ってきたメンバーを中心にHisayo(tokyo pinsalocks / a flood of circle)が加わり2007年に結成されたドリーム・バンド、GHEEE(ギー)。個人やその他のバンドでの活動と共に4枚のアルバムを発表しつつ、今年で結成を10周年を迎えた彼らですが、この度5枚目のアルバムとなる『CINQ(サンク)』を完成! OTOTOYでは今作をハイレゾ独占配信すると共に、フロントマンである近藤智洋と深沼元昭へのインタヴューを掲載。10年の歩みを感じる、今までのアーティスト写真やライヴ写真と共にお楽しみください! 結成10年目のアニヴァーサリー作!! ハイレゾ配信はOTOTOYのみ!!GHEEE / CINQ'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC 【配信価格】単曲 324円(税込) / アルバム 3,780円(税込)【収録曲】''01.
H ZETTRIOから全音楽ファンに送る最高のクリスマス・プレゼント──メンバーへのメール・インタヴュー!
[CLOSEUP]・2017年11月08日・キラキラとワクワクが空から降ってくる!!! H ZETTRIOから全音楽ファンに送る最高のクリスマス・プレゼント ルックスと人柄の良さ、人並み外れた演奏力で子供から大人まで幅広い層から支持を集め、人気沸騰中のピアノ・トリオ、H ZETTRIO(エイチ・ゼットリオ)。着々と年末へのカウントダウンもはじまりつつある11月8日に、聴くとたちまち笑顔が溢れ、踊れる、そんなアレンジをほどこしたクリスマス・アルバム『H ZETTRIOのChristmas Songs』をリリース。誰もが耳にしたことのある定番曲の数々をカヴァー、さらにオリジナル楽曲も2曲収録された贅沢この上ない1枚に仕上がっている。OTOTOYでは今作のハイレゾ配信を実施するとともに、キラキラときめくクリスマスへの思いを馳せる、新定番のアルバムについて訊いた、メンバーへのメール・インタヴューを掲載します! 笑って踊れるウィンター・アルバム!! H ZETTRIOのChristmas Songs / H ZETTRIO'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/96kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【価格】単曲 432円(税込) /
by 岡本 貴之
いま聴くべきはこいつらだ!! “合唱系ノスタルジック青春歌謡オーケストラ”を謳うバレーボウイズって?!
[CLOSEUP]・2017年11月08日・いま聴くべきはこいつらだ!! “合唱系ノスタルジック青春歌謡オーケストラ”を謳うバレーボウイズってナニモノ?! “合唱系ノスタルジック青春歌謡オーケストラ”…… というキャッチコピーとともに7人全員がマイクをとって歌い、昭和歌謡もアイドル・サウンドもフォークもロックもパンクも飲み込んだ“ナツカシイサウンズ”を展開する京都のバンド「バレーボウイズ」。もう、これ、あなたの心を鷲掴みにすること間違いなしです! まずはOTOTOY大プッシュということで、とにかく聴いて欲しいのです。なのでフリー音源「真夜中のレコォド」を用意しました、まずは聴いてください! しかも、そんな彼らの1stをハイレゾで配信しているのはOTOTOYだけ。 ということで、興奮してなにがなんだかわからないかもしれませんが、とにかく聴いて欲しい一心でインタヴューも掲載します。「ひとりバレーボウイズ」としてソロ活動もしているネギ(guitar / vo)に登場してもらいました。先日開催された〈ボロフェスタ2017〉で撮影されたライヴ写真とともにぜひ。 まずはこれをダウンロード!!! 収録曲「真夜中のレコォド」期間限定で無料で配信中! バレーボウ
by JJ
東京のハードコア・パンク・バンド、V/ACATIONが新体制初となる音源を先行配信 & インタヴュー掲載!
[CLOSEUP]・2017年10月26日・自分たちだけで完結しない「+何か」──東京のハードコア・バンド“V/ACATION”、新体制初音源をリリース! 東京のハードコア・パンク・バンド、V/ACATIONが2年ぶりとなる音源『Your Name Here』をドロップ。2010年に〈Less Than TV〉より1stアルバム『with vacation』、2015年に自主でカセットテープ『Vacant or Action』をリリースしてきた彼らですが、その間に2度のメンバー・チェンジを経て現在はメロディック・パンク・バンド、Shipyardsでギター / ヴォーカルを務める篠沢がベースで加入し、今作はその体制で初となる音源。リリースは彼らとも古くから親交があり、海外バンドの招聘なども手がける〈imakinn records〉。OTOTOYでは11月に7インチで発売予定の今作を発売に先駆けて配信開始するとともに、メンバー・チェンジなどを経た今のV/ACATIONに話を訊いた。 11月のリリースに先駆け、先行配信開始!!V/ACATION / Your Name Here'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) /