the chef cooks me、ASIAN KUNG-FU GENERATIONの後藤正文をプロデューサーに迎えついに本格始動!! オリジナル・メンバーの下村亮介(Vo、Key、Prog、etc…)、佐藤ニーチェ(Gu)、イイジマタクヤ(Dr、Per)を中心に、ホーンやコーラスなどのサポート・メンバーを迎え、温かみと多幸感に溢れた演奏で人気の高いthe chef cooks meが、待望のオリジナル・アルバム『回転体』をリリースする。

OTOTOYでは24bit/48kHzの高音質WAVでの配信も用意。そして9月3日(火)22時30分、このページの公開とともに開始しているthe chef cooks meと後藤正文の公開インタヴューUstream放送の貴重な内容を原稿化し、あらためて公開する予定だ。

思わず歌い、踊り、しかし、しっかりと心に刻まれるこのアルバムを、まずはぜひ楽しんでほしい。

the chef cooks me / 回転体
【配信形態】
(左)HQD(24bit/48kHz) 単曲300円 / アルバム購入 2,200円
(右)WAV 単曲300円 / アルバム購入 2,200円、mp3 単曲250円 / アルバム購入2,000円

【Track List】
01. 流転する世界 / 02. ケセラセラ / 03. 適当な闇 / 04. パスカル&エレクトス / 05. 環状線は僕らをのせて / 06. うつくしいひと / 07. ゴールデン・ターゲット / 08. 四季に歌えば / 09. 光のゆくえ / 10. song of sick / 11. まちに

※アルバム購入のお客様には、CDと同様の歌詞ブックレット(PDFファイル)が付きます。

彼らと同じように、ゆっくりと時間をかけ、今までよりも多くの人に愛され続ける作品になる

幾度かのメンバー・チェンジを経験し、形態にこだわらず活動を続けるthe chef cooks me。現在はサポート・メンバー含め9人編成の大家族的ブラス・ロック・バンドである。riddim saunterやFRONTIER BACKYARDなどを彷彿とさせるカントリー(ブルーグラス)・サウンド、パーティ要素を持ち合わせ、多くのリスナーを踊らせ、笑顔にしてきた。

そんな彼らが、結成から10年という節目の年に3年半ぶりとなるアルバム『回転体』をリリースした。今作はASIAN KUNG-FU GENERATIONの後藤正文がプロデュースを担当し、磯部正文(HUSKING BEE)、Keishi Tanaka、岩崎愛などがゲストで参加している。プロデュースにあたって後藤は、現在のthe chef cooks meを「収穫期」と評価し、「手を加えコントロールしたいわけではなく、良い音で録音して世の中に発表する機会を与えたかった」と語っている。そして、たしかに牧歌的で風通しのよい「収穫期」という表現も納得のアルバムが完成した。

女性コーラスの掛け合いが印象的な、前向きで心躍らせるマーチ「ケセラセラ」、リード・ナンバー「適当な闇」などライブで馴染みのあるアップテンポな楽曲はもちろんのこと、後藤と共作の「環状線は僕らをのせて」や、泣きのスロー・ナンバー「うつくしいひと」といった楽曲もあり、静と動が惜しみなく詰め込まれている。特に「パスカル&エレクトス」は、彼らが大所帯となってから初めてリリースされた音源であり、新生シェフを象徴する1曲だろう。バスドラムが心臓の高鳴りとシンクロするのを感じ、サビへ向かって音が弾けていくのを待つ瞬間はワクワクする。覚えやすいメロディーの中に飛び道具的なアプローチもそこかしこに感じられ、聴くたびに違う景色を見せてくれる。いずれの曲も歌詞は生命や生活について描かれているが、重すぎない聴き心地だ。アルバム名の「回転体」という言葉は、「環状線は僕らをのせて」で道路がメタファーとなっているように、めぐりめぐる人間の"日々"そのものを指すのかもしれない。それ故どんなシーンにも良く似合い、どこへでも持って行ける音楽だ。


the chef cooks me / 適当な闇

今の彼らは、みずみずしさで溢れている。活動10年で貫禄が出てきたというよりも、10年かけて新しく変わり続けているようだ。きっと『回転体』も彼らと同じように、ゆっくりと時間をかけ、今までよりも多くの人に愛され続ける作品になるだろう。音楽と人生、2つのよろこびにあふれたこのアルバムを聴かない者は、音楽好きにあらず! そう宣言したくなってしまうほど、後悔知らずの大傑作だ。(text by 梶原綾乃)

LIVE INFORMATION

the chef cooks me『回転する僕らと時代』 (ワンマン・ライヴ)
2013年9月7日(土)、8日(日)@下北沢ERA
DAY1 『回り転がり始める1日〜回転体リリース記念ライブ〜』
DAY2 『回り転がり続けた10年〜the chef cooks me 10周年記念ライブ〜』

2013年9月21日(土)@横浜FAD
2013年9月22日(日)@福島アウトライン
2013年11月17日(日)@千葉県千葉市緑区横田ファーム

PROFILE

the chef cooks me

下村亮介 (Vo、Key、Prog、etc...)
佐藤ニーチェ (Gu)
イイジマタクヤ (Dr、Per)

2003年結成。磯部正文(HUSKING BEE)BANDや岩崎愛、LITE、COMEBACK MY DAUGHTERS、そして今回のNANO-MUGEN CIRCUITでは、ASIAN KUNG-FU GENERATIONのサポートとしても活躍するシモリョーこと下村亮介(Vo、Key、Prog、etc...)、佐藤ニーチェ(Gu)、イイジマタクヤ(Dr、Per)、の3ピース・バンド。都内を拠点に精力的にライヴを行い、ポップスやロックなどさまざまな要素を取り入れたサウンドと個性的なライヴ・パフォーマンスで人気を集める。

2006年11月に1stアルバム『アワークッキングアワー』をリリース。2008年6月にミニ・アルバム『ライフスタイル・メイクスマイル コンパクトディスク』を発表し、夏はRIJ、SS、RBなど各地の夏フェスを席巻した。幾度かのメンバー・チェンジを経て、管楽器、コーラスなどサポート・メンバーを迎えポリフォニックなバンド・サウンドとなって、ASIAN KUNG-FU GENERATIONが主催する2013年NANO-MUGEN CIRCUIT2013に出演決定! 『NANO-MUGEN COMPILATION2013』にも参加。

そして2013年9月4日、後藤正文が全精力をかけたプロデュース・ワークのもと、待望のオリジナルアルバム「回転体」がリリース!いよいよthe chef cooks me本格的始動!!

>>the chef cooks me Official HP

この記事の筆者
TOP