album jacket
 How To Buy
TitleDurationPrice
Memory Lane Follows -- LUSRICA  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 04:24
A Day to Remember -- Murohashi Takuya  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 03:34
Memory Lane -- heRajiKa tracks  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 04:28
Moonlight Arpeggio -- Tomoya Naka  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 04:07
Flowery Flat -- Kenichiro Nishihara  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 04:07
Mariana Trench -- Kenmochi Hidefumi  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 04:42
Oriental Wind -- Cloud NI9E  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 03:23
Twilight Is Ours -- Ekayim  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 04:17
Still Beautiful -- ceth  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 03:51
Anchorage -- Rainstick Orchestra  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 04:25
over -- [.que]  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 04:14
eternal moment -- yutaka hirasaka  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 03:08
te to te -- morimoto naoki  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 03:33
melies -- Tomonojo Miyagi  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 03:49
Red Eye -- niha  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 05:19
daydream -- Float 11  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 02:56
Listen the trial version of tracks by clicking the circle Total: 64:17

Discography

Dance/Electronica

「まだ夢を見ている」 近年の[.que]の楽曲に多く取り入れられているピアノをメインに制作されたアンビエント・ピアノアルバム。 [.que]が大人になってから触れ始めたピアノはシンプルながらも美しい旋律で奏でられており、時折聞かせる繊細なエレクトロニクスも相まって、柔らかな雰囲気を生んでいます。 「Dreaming」は睡眠時に見る”夢”、また東京への憧れの”夢”を掛け合わせたタイトル。 夜の静寂、日々の現象やその時の気持ち、上京してからの生活を日記を綴るように奏でられた旋律は一日の終わりである夜にふさわしい音楽となっております。 マスタリングにはこれまでの[.que]の作品に多数関わってきたRallye Labelからのリリースで知られるOne Day DiaryのIEDAが担当。 音楽、ジャケット写真、デザインの全てを[.que]が担当しており、本作の世界観が大いに感じれる作品。 CDでは紙製の引き出し型ジャケットの特別仕様で、音楽からアートワーク、装丁に至るまで、こだわり抜かれた一作となっております。 夢の中のように柔らかく。 美しく、儚く、日々の生活に寄り添う、優しい作品がここに誕生しました。

Dance/Electronica

「まだ夢を見ている」 近年の[.que]の楽曲に多く取り入れられているピアノをメインに制作されたアンビエント・ピアノアルバム。 [.que]が大人になってから触れ始めたピアノはシンプルながらも美しい旋律で奏でられており、時折聞かせる繊細なエレクトロニクスも相まって、柔らかな雰囲気を生んでいます。 「Dreaming」は睡眠時に見る”夢”、また東京への憧れの”夢”を掛け合わせたタイトル。 夜の静寂、日々の現象やその時の気持ち、上京してからの生活を日記を綴るように奏でられた旋律は一日の終わりである夜にふさわしい音楽となっております。 マスタリングにはこれまでの[.que]の作品に多数関わってきたRallye Labelからのリリースで知られるOne Day DiaryのIEDAが担当。 音楽、ジャケット写真、デザインの全てを[.que]が担当しており、本作の世界観が大いに感じれる作品。 CDでは紙製の引き出し型ジャケットの特別仕様で、音楽からアートワーク、装丁に至るまで、こだわり抜かれた一作となっております。 夢の中のように柔らかく。 美しく、儚く、日々の生活に寄り添う、優しい作品がここに誕生しました。

Dance/Electronica

世界中の様々な音楽シーンから高い評価を得るカキモトナオによるソロプロジェクト[.que]。「Memories」は春の昼間の鮮やかな光、温かく柔らかな光が表現されており、 シンプルな旋律が心に染み込むポストクラシカルな一曲。 どこか日本の叙情的な一面が感じられる、魅力的な一曲となっております。この楽曲を収録したピアノメインのアンビエント・ポストクラシルアルバム「Dreaming」が2021年1月20日にリリース予定となっており、今作は先行シングルカットでのリリースとなります。

Dance/Electronica

世界中の様々な音楽シーンから高い評価を得るカキモトナオによるソロプロジェクト[.que]。「Memories」は春の昼間の鮮やかな光、温かく柔らかな光が表現されており、 シンプルな旋律が心に染み込むポストクラシカルな一曲。 どこか日本の叙情的な一面が感じられる、魅力的な一曲となっております。この楽曲を収録したピアノメインのアンビエント・ポストクラシルアルバム「Dreaming」が2021年1月20日にリリース予定となっており、今作は先行シングルカットでのリリースとなります。

Dance/Electronica

世界中の様々な音楽シーンから高い評価を得るカキモトナオによるソロプロジェクト[.que]。 「Tokyo」は夜の東京がイメージされ、叙情的で美しい旋律が奏でられています。 シンプルながらも心に染み込むポストクラシカルな一曲。 この楽曲を収録したピアノメインのアンビエント・ポストクラシルアルバム「Dreaming」が2021年1月20日にリリース予定となっており、今作は先行シングルカットでのリリースとなります。

Dance/Electronica

世界中の様々な音楽シーンから高い評価を得るカキモトナオによるソロプロジェクト[.que]。 「Tokyo」は夜の東京がイメージされ、叙情的で美しい旋律が奏でられています。 シンプルながらも心に染み込むポストクラシカルな一曲。 この楽曲を収録したピアノメインのアンビエント・ポストクラシルアルバム「Dreaming」が2021年1月20日にリリース予定となっており、今作は先行シングルカットでのリリースとなります。

Dance/Electronica

世界中の様々な音楽シーンから高い評価を得るカキモトナオによるソロプロジェクト[.que]。 今作はピアノに焦点を当てたポストクラシカルな一曲。 「Moonlight」は満月の夜がイメージされ、叙情的で[.que]特有の美しい旋律が奏でられています。 この楽曲を収録したピアノメインのアンビエント・ポストクラシルアルバムが2021年にリリース予定となっており、今作は先行シングルカットでのリリースとなります。

Dance/Electronica

世界中の様々な音楽シーンから高い評価を得るカキモトナオによるソロプロジェクト[.que]。 今作はピアノに焦点を当てたポストクラシカルな一曲。 「Moonlight」は満月の夜がイメージされ、叙情的で[.que]特有の美しい旋律が奏でられています。 この楽曲を収録したピアノメインのアンビエント・ポストクラシルアルバムが2021年にリリース予定となっており、今作は先行シングルカットでのリリースとなります。

Dance/Electronica

[.que]の活動初期である2010年 - 2013年にコンピレーションアルバム用に書き下ろした楽曲や展示用に書き下ろした楽曲、CD購入特典用の楽曲、また当時の未発表曲を加えて17曲入りのアルバムとしてまとめたアーカイブ作品。 アコースティックギターを基調に[.que]特有のメロディー、繊細なエレクトロニクスが融合した楽曲が多くを占め、活動初期から[.que]というジャンルが確立されている。 マスタリングにはこれまでの[.que]の作品に多数関わってきたRallye Labelからのリリースで知られるOne Day DiaryのIEDAが担当。[.que]の活動初期に触れる17曲を収録。

Dance/Electronica

[.que]の活動初期である2010年 - 2013年にコンピレーションアルバム用に書き下ろした楽曲や展示用に書き下ろした楽曲、CD購入特典用の楽曲、また当時の未発表曲を加えて17曲入りのアルバムとしてまとめたアーカイブ作品。 アコースティックギターを基調に[.que]特有のメロディー、繊細なエレクトロニクスが融合した楽曲が多くを占め、活動初期から[.que]というジャンルが確立されている。 マスタリングにはこれまでの[.que]の作品に多数関わってきたRallye Labelからのリリースで知られるOne Day DiaryのIEDAが担当。[.que]の活動初期に触れる17曲を収録。

Dance/Electronica

前作「Any」の制作期にストックされていた楽曲群から[.que]の内面を映し出した楽曲をセレクト。 全体を通してノスタルジックでダークな印象を与えつつも、時折聞かせるメロディはこれまでの[.que]らしさが垣間見える。 「Any」に通づる部分がありつつも、より深くパーソナルな一面が表現されている。 今作は以前もリリースしているギリシャにてabsent without leaveのGeorge Mastrokostasによって設立された主にポストロック、アンビエント、エレクトロニカを主にリリースする音楽レーベルSound In Silenceからリリースとなる。 Sound In SilenceのレーベルBandcampではポラロイドを使用したハンドメイドCD-Rが限定枚数でリリース、また[.que]主宰のレーベルEMBRACEでは配信媒体でリリースされる。 マスタリングにはこれまでの[.que]の作品に多数関わってきたRallye Labelからのリリースで知られるOne Day DiaryのIEDAが担当。 [.que]の内面的世界に触れる10曲を収録。

Dance/Electronica

KenmochiHidefumi、新アルバム『たぶん沸く〜TOWNWORK〜』を配信リリース。 アルバムのアートワークは孔雀倶楽部のクワハラヨシユキが担当しており、荒廃したサイファイシティと共に、戦闘隊員に扮したKenmochi Hidefumiの姿が描かれており、シュールでドラマチックなジャケットデザインとなっている。

View More Discography Collapse
Collapse

News

謎の配信企画『進化的に安定な戦略』第一回にKenmochi Hidefumi、xiangyu、テンテンコ、Keita Kawakami出演

謎の配信企画『進化的に安定な戦略』第一回にKenmochi Hidefumi、xiangyu、テンテンコ、Keita Kawakami出演

表参道WALL&WALLから新たに発信される謎の配信企画『進化的に安定な戦略』の開催が決定した。 初回となる今回には、以下のアーティストたちが集結。 6月末にリリースした異次元のフットワーク・アルバム『たぶん沸く〜TOWN WORK』も大きな反響を呼ぶ水

Kenmochi Hidefumi、本日AL『たぶん沸く〜TOWN WORK〜』デジタルリリース

Kenmochi Hidefumi、本日AL『たぶん沸く〜TOWN WORK〜』デジタルリリース

Kenmochi Hidefumiがデジタルアルバム『たぶん沸く〜TOWN WORK〜』を本日6月26日、リリースした。 今作も前作からベースとしているJuke/Footworkのダンスミュージックを軸にKenmochi Hidefumiならではのアプロ

Kenmochi Hidefumi、6/26発売アルバムから「Lolipop」を本日先行デジタル・リリース

Kenmochi Hidefumi、6/26発売アルバムから「Lolipop」を本日先行デジタル・リリース

本日、先週に引き続きKenmochi Hidefumiが今月6月26日にデジタルで発売する『たぶん沸く〜TOWN WORK〜』のアルバムから「Lolipop」を先行で解禁した。 今作もJuke/FootworkのダンスミュージックをベースにKenmoch

Kenmochi Hidefumi、6/26発売アルバムより「Midnight Television」を先行配信

Kenmochi Hidefumi、6/26発売アルバムより「Midnight Television」を先行配信

Kenmochi Hidefumiが今月6月26日にデジタル・アルバム『たぶん沸く〜TOWN WORK〜』をリリースすることを発表、ジャケットアートを解禁した。 また、アルバム内の楽曲から先行で「Midnight Television」をリリース。今作も

Kenmochi Hidefumiが新曲“Bring Me Joy”を本日デジタル・リリース

Kenmochi Hidefumiが新曲“Bring Me Joy”を本日デジタル・リリース

2作連続、2週間ごとにこれまでリリースし、今作も前作から2週間という連続でのリリースを行なっているKenmochi Hidefumiが、本日もデジタル・シングル「Bring Me Joy」をリリースした。 前前作「Neptune」から続くJuke/Foo

Kenmochi Hidefumiが新曲“Bombay Sapphire”をデジタル・リリース

Kenmochi Hidefumiが新曲“Bombay Sapphire”をデジタル・リリース

先日3月6日にデジタル・シングルを発表したばかりのKenmochi Hidefumiが、本日デジタル・シングル「Bombay Sapphire」をリリースした。 前作リリースした「Neptune」と同様にJuke / Footworkのダンスミュージック

View More News Collapse
Kenmochi Hidefumiが10ヶ月ぶりに新曲“Neptune”をデジタル・リリース

Kenmochi Hidefumiが10ヶ月ぶりに新曲“Neptune”をデジタル・リリース

昨年5月にソロ・アルバムを9年ぶりに発表したKenmochi Hidefumiが本日、デジタル・シングル「Neptune」をリリースした。 Juke / Footworkをベースにエモーショナルに昇華した作品となっている。アートワークは前作も担当していた

〈SYNCHRONICITY2020〉第5弾に35組。toe、オウガ、D.A.N.、downy、THE NOVEMBERS、tricot、羊文学  and more

〈SYNCHRONICITY2020〉第5弾に35組。toe、オウガ、D.A.N.、downy、THE NOVEMBERS、tricot、羊文学 and more

2020年4月3日(金)〜4月5日(日)に東京・渋谷にて開催の都市型フェスティバル〈SYNCHRONICITY2020 - 15th Anniversary!! -〉。 その第5弾ラインナップが発表となった。 発表されたのは、4月4日(土)、4月5日(日

EYヨ、パソコン音楽クラブ、Night Tempoらが手がけた、おやホロのRemix ALがアナログ化

EYヨ、パソコン音楽クラブ、Night Tempoらが手がけた、おやホロのRemix ALがアナログ化

ハードコアやクラブ・ミュージックなど様々なジャンルとカルチャーを横断する、八月ちゃんとカナミルによるオルタナティブ・ユニット、おやすみホログラム。 レジェンドから新進気鋭の注目クリエイターまで国内外の総勢10組が参加したリミックス・アルバム『.....』

tofubeats、『うんこミュージアム TOKYO』の公式テーマソング「生きる・愛する・うんこする」楽曲提供

tofubeats、『うんこミュージアム TOKYO』の公式テーマソング「生きる・愛する・うんこする」楽曲提供

昨年オリジナル・アルバム『RUN』を発売、客演アーティストをいれず、セルフメイドとなった最新作は、トラックメーカーとしてのみならず、シンガー・ソングライターとしての彼の魅力に溢れるテン年代J-POPのマスターピースの呼び声も高いアルバムと評価され、確実に

Kenmochi Hidefumi、avengers in sci-fi(in sync)ら出演〈ALPS〉タイムテーブル公開

Kenmochi Hidefumi、avengers in sci-fi(in sync)ら出演〈ALPS〉タイムテーブル公開

新宿MARZにて開催される、トラックメーカー、DJとバンドの融合イベント〈ALPS〉のタイムテーブルが公開された。 今回、ALPSは13回目の開催となり、今までtofubeatsやSeihoやPES(RIP SLYME)やlyrical school等出

おやホロがEYヨ(BOREDOMS)、Night Tempo、ケンモチヒデフミ他による5th ALのリミックスを急遽配信

おやホロがEYヨ(BOREDOMS)、Night Tempo、ケンモチヒデフミ他による5th ALのリミックスを急遽配信

5月29日に5th ALをリリース、現在絶賛リリースツアー中のおやすみホログラムが、本日7月31日24時に5th AL収録曲全10曲のリミックス・アルバムを急遽配信することを発表した。 リミキサーにはEYヨ(BOREDOMS)、Night Tempo、M

8/31(土)〈SYNCHRONICITY〉オールナイト企画開催決定、FNCY、ALI、DALLJUB STEP CLUBなど5組出演

8/31(土)〈SYNCHRONICITY〉オールナイト企画開催決定、FNCY、ALI、DALLJUB STEP CLUBなど5組出演

2019年8月31日(土)にduo MUSIC EXCHANGE(東京・渋谷)にて、都市型フェス〈SYNCHRONICITY〉企画のオールナイトパーティー 〈SYNCHRONICITY'19 - Midnight Summer Dream -〉の開催が決

Kenmochi Hidefumi、本日AL『沸騰 沸く~FOOTWORK~』発売、発売イベント主催イベント2daysも開催

Kenmochi Hidefumi、本日AL『沸騰 沸く~FOOTWORK~』発売、発売イベント主催イベント2daysも開催

先日ソロ・アルバムの発表したKenmochi Hidefumiが本日、5月15日発売のアルバム『沸騰 沸く ~FOOTWORK~』をパッケージとデジタルで全10曲をリリース。また、収録曲から「RoboCop」「Fight Club」「Tiger Balm

〈加賀温泉郷フェス2019〉第3弾アーティスト発表、さらに前夜祭、アフターパーティー出演アーティスト発表

〈加賀温泉郷フェス2019〉第3弾アーティスト発表、さらに前夜祭、アフターパーティー出演アーティスト発表

7月20日(土)に石川県加賀市山代温泉の旅館、瑠璃光を貸し切りで開催される、今年8回目を迎える〈加賀温泉郷フェス2019〉。 その第3弾アーティストと前夜祭、アフターパーティー出演アーティストが発表された。 第3弾アーティストは以下の14組。 amiin

Kenmochi Hidefumi、本日AL『沸騰 沸く ~FOOTWORK~』から3曲先行デジタル・リリース

Kenmochi Hidefumi、本日AL『沸騰 沸く ~FOOTWORK~』から3曲先行デジタル・リリース

先日ソロアルバム・リリースの発表をしたKenmochi Hidefumiが本日、5月15日発売のアルバム『沸騰 沸く ~FOOTWORK~』から先行で3曲「Aesop」「BabyJaket」「Mountain Dew」のデジタル・リリースを解禁。また、そ

Kenmochi Hidefumi、9年ぶりのソロ活動再開、5月15日にアルバムをリリース

Kenmochi Hidefumi、9年ぶりのソロ活動再開、5月15日にアルバムをリリース

Kenmochi Hidefumiが前作、『Shakespeare』から9年ぶりのアルバム『沸騰 沸く ~FOOTWORK~』をTSUBASA RECORDSの新レーベル〈KUJAKU CLUB〉から5月15日(水)にリリースすることを発表した。 自身の

”そこに光があるなら掴み取りたい”[.que]初のバンド編成「Farewell」MVを公開

”そこに光があるなら掴み取りたい”[.que]初のバンド編成「Farewell」MVを公開

フォークトロニカの新星[.que](キュー)が初めて歌、バンド・サウンドに焦点を当てた10月12日(水)リリースのミニ・アルバム『Daylight』より「Farewell」のミュージック・ビデオを公開した。 同時リリースのフル・アルバム『Nightfal

Collapse