How To Buy
TitleDurationPrice
escape -- Valentin  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 03:40
Wayfairing Stranger -- heRajiKa tracks  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 03:48
Sacrifice of the sacrifice -- DJ Whitesmith  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 04:49
Gardens -- Tomy Wealth  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 03:15
against -- Valentin  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 03:21
dont touch us -- olive oil  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 04:02
Red blaster -- Igacorosas  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 04:04
Flowery Flat -- Kenichiro Nishihara  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 04:07
mind drift -- woodblue  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 03:37
Karen -- MABATAKI  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 02:34
Por -- DJ Whitesmith  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 03:52
Blood Price -- Tomy Wealth  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 04:16
sampoon -- Igacorosas  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 05:10
Une mariee solaire -- woodblue  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 02:08
Departure -- heRajiKa tracks  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 04:00
sleepless nights (feat. Nico Collu) -- Nico Collu  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 01:58
Listen the trial version of tracks by clicking the circle Total: 58:41

Discography

Dance/Electronica

今作では、Ovall のドラマーである、mabanua をボーカルとして迎えた楽曲を収録。他にも、ラッパーの Cise Starr をはじめ、Kenichiro Nishihara 作品には欠かせない Substantial 、「Colors」でおなじみの SLik d 、Beckなどを輩出したインディーレーベル“K Records”よりAshley Eriksson (from LAKE)、フィンランドのジャズバンド、Five Coners Quintet より国民的プレイヤーの Jukka Eskola がトランペット・フリューゲルホーンで参加。素敵なアーティストたちと作り上げ、これまでの作品から更に進化した Kenichiro Nishihara 、約4年ぶりの4thアルバム。(2015年リリースCD公式インフォメーションより抜粋)

10 tracks
Dance/Electronica

今作では、Ovall のドラマーである、mabanua をボーカルとして迎えた楽曲を収録。他にも、ラッパーの Cise Starr をはじめ、Kenichiro Nishihara 作品には欠かせない Substantial 、「Colors」でおなじみの SLik d 、Beckなどを輩出したインディーレーベル“K Records”よりAshley Eriksson (from LAKE)、フィンランドのジャズバンド、Five Coners Quintet より国民的プレイヤーの Jukka Eskola がトランペット・フリューゲルホーンで参加。素敵なアーティストたちと作り上げ、これまでの作品から更に進化した Kenichiro Nishihara 、約4年ぶりの4thアルバム。(2015年リリースCD公式インフォメーションより抜粋)

10 tracks
Dance/Electronica

ジャジー・ヒップホップ、クラブ・ジャズの旗手としてアジアを股にかけ活躍するKenichiro Nishihara。その彼が2022年2月16日にリリースした3年ぶり7作目となるオリジナルアルバム 『empath』から、フィンランドのクラブジャズシーンを席巻した伝説のバンドThe Five Corners Quintetとの奇跡のコラボレーションをEPにてリリース。 EP限定で欧米を中心に世界各国で人気を博しているBROCKBEATSのRemixも収録している。

4 tracks
Dance/Electronica

ジャジー・ヒップホップ、クラブ・ジャズの旗手としてアジアを股にかけ活躍するKenichiro Nishihara。その彼が2022年2月16日にリリースした3年ぶり7作目となるオリジナルアルバム 『empath』から、フィンランドのクラブジャズシーンを席巻した伝説のバンドThe Five Corners Quintetとの奇跡のコラボレーションをEPにてリリース。 EP限定で欧米を中心に世界各国で人気を博しているBROCKBEATSのRemixも収録している。

4 tracks
Dance/Electronica

近年大注目のジャンル Lo-Fi HiphopのキーパーソンとされるNujabesとの関連性でも語られることも 少なくないKenichiro Nishiharaがこれまで洗礼させてきたピアノ旋律とヒップヒップ的なビートプ ロ ダクションのアンサンブルを軸に別名儀プロジェクトESNOのエレクトロニックエッセンス、そして 根底にあるJAZZへの愛を惜しみなく発揮したPOPS, JAZZ, HIPHOP, ELECTRONICAの新たな世界 観でまとめあげています。独自のメロディセンスと温かみのある美しい世界観が、ジャンルと国境の垣根を超え幅広い層から の 支持を集めているKenichiro Nishiharaの7枚目のフルアルバム。近年は、SIRUP、mabanua、Michael Kanekoらと共に1000人規模のキャパシティーの会場にて中国 ツアーを実施するなど、アジア各国で の人気が急上昇中しているKenichiro Nishihara。本作はkojikojiからThe Five Corners Quintetといった フィーチャリング勢の驚くべき幅の広さを独自 のセンスでまとめあげた唯一無二の世界観となって います。

8 tracks
Dance/Electronica

近年大注目のジャンル Lo-Fi HiphopのキーパーソンとされるNujabesとの関連性でも語られることも 少なくないKenichiro Nishiharaがこれまで洗礼させてきたピアノ旋律とヒップヒップ的なビートプ ロ ダクションのアンサンブルを軸に別名儀プロジェクトESNOのエレクトロニックエッセンス、そして 根底にあるJAZZへの愛を惜しみなく発揮したPOPS, JAZZ, HIPHOP, ELECTRONICAの新たな世界 観でまとめあげています。独自のメロディセンスと温かみのある美しい世界観が、ジャンルと国境の垣根を超え幅広い層から の 支持を集めているKenichiro Nishiharaの7枚目のフルアルバム。近年は、SIRUP、mabanua、Michael Kanekoらと共に1000人規模のキャパシティーの会場にて中国 ツアーを実施するなど、アジア各国で の人気が急上昇中しているKenichiro Nishihara。本作はkojikojiからThe Five Corners Quintetといった フィーチャリング勢の驚くべき幅の広さを独自 のセンスでまとめあげた唯一無二の世界観となって います。

8 tracks
Dance/Electronica

近年大注目のジャンル Lo-Fi HiphopのキーパーソンとされるNujabesとの関連性でも語られることも 少なくないKenichiro Nishiharaがこれまで洗礼させてきたピアノ旋律とヒップヒップ的なビートプ ロ ダクションのアンサンブルを軸に別名儀プロジェクトESNOのエレクトロニックエッセンス、そして 根底にあるJAZZへの愛を惜しみなく発揮したPOPS, JAZZ, HIPHOP, ELECTRONICAの新たな世界 観でまとめあげています。独自のメロディセンスと温かみのある美しい世界観が、ジャンルと国境の垣根を超え幅広い層から の 支持を集めているKenichiro Nishiharaの7枚目のフルアルバム。近年は、SIRUP、mabanua、Michael Kanekoらと共に1000人規模のキャパシティーの会場にて中国 ツアーを実施するなど、アジア各国で の人気が急上昇中しているKenichiro Nishihara。本作はkojikojiからThe Five Corners Quintetといった フィーチャリング勢の驚くべき幅の広さを独自 のセンスでまとめあげた唯一無二の世界観となって います。

10 tracks
Dance/Electronica

近年大注目のジャンル Lo-Fi HiphopのキーパーソンとされるNujabesとの関連性でも語られることも 少なくないKenichiro Nishiharaがこれまで洗礼させてきたピアノ旋律とヒップヒップ的なビートプ ロ ダクションのアンサンブルを軸に別名儀プロジェクトESNOのエレクトロニックエッセンス、そして 根底にあるJAZZへの愛を惜しみなく発揮したPOPS, JAZZ, HIPHOP, ELECTRONICAの新たな世界 観でまとめあげています。独自のメロディセンスと温かみのある美しい世界観が、ジャンルと国境の垣根を超え幅広い層から の 支持を集めているKenichiro Nishiharaの7枚目のフルアルバム。近年は、SIRUP、mabanua、Michael Kanekoらと共に1000人規模のキャパシティーの会場にて中国 ツアーを実施するなど、アジア各国で の人気が急上昇中しているKenichiro Nishihara。本作はkojikojiからThe Five Corners Quintetといった フィーチャリング勢の驚くべき幅の広さを独自 のセンスでまとめあげた唯一無二の世界観となって います。

10 tracks
Dance/Electronica

2020年12月に発売されたEP『Incarnation』の収録曲'Dry Ice'に、Tomy Wealthの親友である向 達郎(kamomekamome Vo. / ヌンチャク Vo.)をフィーチャリングし、新たに生まれ変わった一曲。 2012年 同様に向 達郎をフィーチャリングした話題曲'Automatism'以来のタッグ。

1 track
Dance/Electronica

2020年12月に発売されたEP『Incarnation』の収録曲'Dry Ice'に、Tomy Wealthの親友である向 達郎(kamomekamome Vo. / ヌンチャク Vo.)をフィーチャリングし、新たに生まれ変わった一曲。 2012年 同様に向 達郎をフィーチャリングした話題曲'Automatism'以来のタッグ。

1 track
Dance/Electronica

2月6日にリリースされた6枚目のフルアルバム『Elastic Afterwords』に収録され、福岡発のバンド”MADE IN HEPBURN”とのフィーチャリング、そしてほぼ初となる日本詞楽曲として注目を集めた”Touched”のMichael Kaneko Ver.が配信限定でリリース!

1 track
Dance/Electronica

デビューから10年、独自のメロディセンスと温かみのある美しい世界観が、ジャンルと国境の垣根を超え幅広い層からの支持を集めているKenichiro Nishiharaの6枚目のオリジナルアルバムをリリース。近年アジアツアーを共にしたMichael KanekoをはじめSIRUP、MARTER、Sam Ock、Pismo、Substantialnなど国内外のアーティスト達をフィーチャリングした楽曲を収録。

10 tracks
Dance/Electronica

10 tracks
Dance/Electronica

10 tracks
View More Discography Collapse
Collapse

News

Tomy Wealth、地元横浜にDJ KRUSHを迎えて活動15周年記念ライヴを開催

Tomy Wealth、地元横浜にDJ KRUSHを迎えて活動15周年記念ライヴを開催

Tomy Wealthが2024年8月17日(土) 横浜BAYSISにて、DJ KRUSHを迎えてツーマンライヴを開催する。 このイベントは、Tomy Wealthが地元・横浜市中区にて今年から立ち上げた新たなイベント〈YOKOHAMA DADA〉の第2

Tomy Wealth、2/10 地元にて新イベント〈YOKOHAMA DADA〉開催 

Tomy Wealth、2/10 地元にて新イベント〈YOKOHAMA DADA〉開催 

ソロアーティストTomy Wealthが地元・横浜市中区にて新たなイベント〈YOKOHAMA DADA〉を2024年2月10日に開催する。 第一回は自身のワンマンライヴに加え、当日は春節(旧正月)であることからスペシャルゲストとしてオープニングに中華獅子

Tomy Wealth楽曲をChieko Kikuchiが奏でる〈CADAVRE EXQUIS〉Xmasバージョンで12/2開催

Tomy Wealth楽曲をChieko Kikuchiが奏でる〈CADAVRE EXQUIS〉Xmasバージョンで12/2開催

Chieko Kikuchiが奏でるTomy Wealth楽曲コンサート〈CADAVRE EXQUIS〉が、2023年12月2日(土)横浜人形の家あかいくつ劇場にて開催される。 8月に行われた『Cadavre Exquis』発売記念公演はソールドアウトと

Tomy Wealth、Chieko Kikuchiとの共作ピアノアルバム『Cadavre Exquis』発売記念ライヴを8/15開催

Tomy Wealth、Chieko Kikuchiとの共作ピアノアルバム『Cadavre Exquis』発売記念ライヴを8/15開催

Tomy WealthとChieko Kikuchi (KAGERO /SaraGrace's OneHotNight) による初の共作アルバム『Cadavre Exquis(カダーヴル・エクスキ)』が2023年7月24日にリリースされる。 今作は、ボ

KAGERO、結成15周年を記念して7ヶ月連続ワンマン敢行

KAGERO、結成15周年を記念して7ヶ月連続ワンマン敢行

2020年に、じつは結成15年目を迎えるKAGERO。 15周年を記念して、7ヶ月連続ワンマン・ライヴを敢行することが明らかになった。 KAGEROは、2005年に白水悠(Ba)、佐々木"RUPPA" 瑠(Sax)を中心に結成。その後、菊池智恵子(Pia

〈FUZZ'EM ALL FEST.2019〉最終でSafi、mahol-hul決定 タイムテーブルも発表

〈FUZZ'EM ALL FEST.2019〉最終でSafi、mahol-hul決定 タイムテーブルも発表

2019年10月5日(土)新宿LOFTにて開催される KAGERO主催の恒例フェス〈FUZZ'EM ALL FEST.2019〉。 本日、最終出演アーティストとして、昨年に続いてmahol-hul、ダンサーのSafiの出演が発表となった。 また、タイムテ

View More News Collapse
KAGERO主催〈FUZZ'EM ALL FEST.2019〉第3弾でI love you Orchestra Swing Style、魁 の出演が決定

KAGERO主催〈FUZZ'EM ALL FEST.2019〉第3弾でI love you Orchestra Swing Style、魁 の出演が決定

2019年10月5日(土)新宿LOFTにて開催される KAGERO主催の恒例フェス〈FUZZ'EM ALL FEST.2019〉。 その第3弾出演者として、I love you Orchestra Swing Style、魁(天体3349 / 絶叫する6

KAGERO主催〈FUZZ'EM ALL FEST.2019〉第2弾でTOMY WEALTH、DJ BAKU出演決定

KAGERO主催〈FUZZ'EM ALL FEST.2019〉第2弾でTOMY WEALTH、DJ BAKU出演決定

2019年10月5日(土)新宿LOFTで開催される KAGERO主催〈FUZZ'EM ALL FEST.2019〉。 その第2弾出演者が発表された。 今回アナウンスされたのは、昨年ニュー・アルバム『Prey』を発表、KAGEROとは今年4月に吉祥寺NEP

さかいゆう最新アルバムから「確信MAYBE」Remixデジタル配信決定

さかいゆう最新アルバムから「確信MAYBE」Remixデジタル配信決定

今年10月7日にデビュー10周年を迎えるさかいゆう。 そんな彼が1月にリリースしたニュー・アルバム『Yu Are Something』から、人気曲でおかもとえみ(フレンズ)との共演が話題を呼んだファンクチューン、「確信MAYBE」のリミックス音源をデジタ

Nujabesの9周忌を追悼するイベントが東京/大阪で開催

Nujabesの9周忌を追悼するイベントが東京/大阪で開催

2010年2月26日に36歳の若さで天国へ旅立った、稀代の天才プロデューサーNujabes(ヌジャベス)の9周忌を追悼するイベントが、2月23日(土)@東京CIRCUS、2月24日(日)@大阪ROCK STAR HOTELで開催される。 公演当日は、Nu

マスロック中心の音楽フェス開催 第1弾でハイスイノナサ、about tessら

マスロック中心の音楽フェス開催 第1弾でハイスイノナサ、about tessら

マスロックを中心とした音楽フェス〈Bahamas Fest 2015〉が10月12日(月・祝)に新宿MARZ、新宿motionの2会場で開催。このたび第1弾として15組のアーティストがアナウンスされた。 今回出演が明らかになったのはハイスイノナサ、abo

Collapse