album jacket
 How To Buy
TitleDurationPrice
こころ  alac,flac,wav,aac: 24bit/96kHz 05:16
たばこをプカプカ  alac,flac,wav,aac: 24bit/96kHz 05:14
怪獣のバラード  alac,flac,wav,aac: 24bit/96kHz 03:47
たぶんハッピー  alac,flac,wav,aac: 24bit/96kHz 03:38
感受性に直行  alac,flac,wav,aac: 24bit/96kHz 05:19
こころ(PARKGOLF RE-MIX)  alac,flac,wav,aac: 24bit/96kHz 04:53
Listen the trial version of tracks by clicking the circle Total: 28:07
Album Purchase Privilege

digitalbooklet.pdf
Album Info

“わたし愛を作りたい こころ宿るような"切なく悲しくも力強いラブソング“こころ"プロデュースは今回もミト(from クラムボン)。サウンドのセバスチャンらしさを残しながらも、感情、アレンジはよりストレートにこころに響く新境地。奇妙礼太郎との素敵すぎるデュエット“たばこをプカプカ"。合唱の名曲“怪獣のバラード"。らしさに溢れ思わず微笑みこぼれる“たぶんハッピー"。セバスチャンのダークサイド?“感受性に直行。そして今作もREMIXを収録した、セバスチャンの醍醐味が凝縮された全6 曲。

Note

アルバム購入者に、デジタルブックレットをプレゼント。ダウンロードいただいたファイルにPDFファイルが同梱されます。



6曲目はハイレゾ楽曲ではありません。 オリジナルファイル44.1kHz16bitを、再生環境の安定性を重視し、 96kHz24bitのフォーマットにコピーしたものです。

Discography

Dance/Electronica

『電音部』に登場する灰島銀華 (CV: 澁谷梓希)が歌唱を担当した「ウサギとカメ (Prod. PARKGOLF)」を収録!

1 track
Dance/Electronica

『電音部』に登場する灰島銀華 (CV: 澁谷梓希)が歌唱を担当した「ウサギとカメ (Prod. PARKGOLF)」を収録!

1 track
Dance/Electronica

今回4年ぶりにリリースされる3rdアルバム「Totem」は、オルタナティブなインディーポップやシンセポップ、ニューウェーブ、ニューエイジなどを軸に新しいPARKGOLFの作風を提示したバラエティ豊かな全10曲となっている。 客演アーティストとして、2MCラップグループ「SUSHIBOYS」、フレンズのボーカルとしても活躍する「おかもとえみ」、台湾から気鋭の女子ラッパー「Mizu98」、前回アルバムでも共演したラッパー「GOODMOODGOKU」が参加。 アートワークはメインモチーフであるトーテムの制作を江頭誠が担当、グラフィックをnico itoが手がけている。 2021年3月31日(水)より「SUSHIBOYS」客演曲である「ルーモス牧島」が先行配信シングルリリースされている。

10 tracks
Dance/Electronica

今回4年ぶりにリリースされる3rdアルバム「Totem」は、オルタナティブなインディーポップやシンセポップ、ニューウェーブ、ニューエイジなどを軸に新しいPARKGOLFの作風を提示したバラエティ豊かな全10曲となっている。 客演アーティストとして、2MCラップグループ「SUSHIBOYS」、フレンズのボーカルとしても活躍する「おかもとえみ」、台湾から気鋭の女子ラッパー「Mizu98」、前回アルバムでも共演したラッパー「GOODMOODGOKU」が参加。 アートワークはメインモチーフであるトーテムの制作を江頭誠が担当、グラフィックをnico itoが手がけている。 2021年3月31日(水)より「SUSHIBOYS」客演曲である「ルーモス牧島」が先行配信シングルリリースされている。

10 tracks
Dance/Electronica

4月14日(水)にリリースが予定されている4年ぶりとなる​3rdアルバム「Totem」​からのシングル カット第2弾となる本楽曲「​ Daylight」​は、フレンズのボーカルとしても活躍する「おかもとえみ」 を客演に迎え、ニューウェイブ・シティポップと呼べるような新境地を開拓する1曲となっている。 アートワークはnico itoが手がけている。

1 track
Dance/Electronica

4月14日(水)にリリースが予定されている4年ぶりとなる​3rdアルバム「Totem」​からのシングル カット第2弾となる本楽曲「​ Daylight」​は、フレンズのボーカルとしても活躍する「おかもとえみ」 を客演に迎え、ニューウェイブ・シティポップと呼べるような新境地を開拓する1曲となっている。 アートワークはnico itoが手がけている。

1 track
Dance/Electronica

4年ぶりとなる3rdアルバム「Totem」からのシングルカット第1弾となる本楽曲「ルーモス牧島」は、FARMHOUSE、SANTENA の2MCからなるラップグループ「SUSHIBOYS」を客演に迎え、壮大なブレイクビーツサウンドにポジティブなメッセージを歌うキャッチーな1曲となっている。アートワークはnico itoが手がけている。

1 track
Dance/Electronica

4年ぶりとなる3rdアルバム「Totem」からのシングルカット第1弾となる本楽曲「ルーモス牧島」は、FARMHOUSE、SANTENA の2MCからなるラップグループ「SUSHIBOYS」を客演に迎え、壮大なブレイクビーツサウンドにポジティブなメッセージを歌うキャッチーな1曲となっている。アートワークはnico itoが手がけている。

1 track
Dance/Electronica

東京のネットレーベル・シーンを代表するプロデューサー/DJ PARKGOLFの連続リリースプロジェクトからの2作目となる "Good Place "は、エモーショナルでスケール感のある初期Future BassやTrapを踏襲して再構築した、エモーショナルなスケール感のあるインスト曲。 最新作 "Mirror "に引き続き、モジュラーシンセやグリッチによる実験的かつカラフルな音色で、急速に進化していくトラックを作り上げる彼のユニークな曲調が発揮されている。 ボーカルチョップ、間のあるビルドアップ、予想外のドロップなど、音のジェットコースターのようにリスナーを楽しませてくれる。 家で聴いても、外出先で聴いても、もちろんクラブのフロアで流しても良し。 PARKGOLFの特徴である "楽しいサウンド "を表現したこのトラックは、クラシックなダンスフロア・アンセム、東京フューチャー・ファンク、そしてFour Tet、Caribou、Floating Pointsのような洗練されたエクスペリメンタル・ミュージックが融合されている。

1 track
Dance/Electronica

東京のネットレーベル・シーンを代表するプロデューサー/DJ PARKGOLFの連続リリースプロジェクトからの2作目となる "Good Place "は、エモーショナルでスケール感のある初期Future BassやTrapを踏襲して再構築した、エモーショナルなスケール感のあるインスト曲。 最新作 "Mirror "に引き続き、モジュラーシンセやグリッチによる実験的かつカラフルな音色で、急速に進化していくトラックを作り上げる彼のユニークな曲調が発揮されている。 ボーカルチョップ、間のあるビルドアップ、予想外のドロップなど、音のジェットコースターのようにリスナーを楽しませてくれる。 家で聴いても、外出先で聴いても、もちろんクラブのフロアで流しても良し。 PARKGOLFの特徴である "楽しいサウンド "を表現したこのトラックは、クラシックなダンスフロア・アンセム、東京フューチャー・ファンク、そしてFour Tet、Caribou、Floating Pointsのような洗練されたエクスペリメンタル・ミュージックが融合されている。

1 track
Dance/Electronica

PARKGOLFの2ヶ月連続リリース1弾 前作に比べ今回はメロウなムードのインスト楽曲。 ビートものから4つ打ち、そしてトラップと自然な流れで展開していく、家でも外でもクラブでもどんな情景でもマッチしそうな楽曲。 R&BやHIPHOPをベースにギター、ピアノ、モジュラーシンセなど様々な要素が詰め込まれたハイブリッドな1曲に仕上がっている。

1 track
Dance/Electronica

PARKGOLFの2ヶ月連続リリース1弾 前作に比べ今回はメロウなムードのインスト楽曲。 ビートものから4つ打ち、そしてトラップと自然な流れで展開していく、家でも外でもクラブでもどんな情景でもマッチしそうな楽曲。 R&BやHIPHOPをベースにギター、ピアノ、モジュラーシンセなど様々な要素が詰め込まれたハイブリッドな1曲に仕上がっている。

1 track
Dance/Electronica

ラッパーとのコラボシリーズ、SUSHIBOISのFARMHOUSEとの楽曲。 PARKGOLF特有のPOPな曲にFARMHOUSEがマッチした一曲。 リリース同日にMVも公開される。

1 track
Dance/Electronica

ラッパーとのコラボシリーズ、SUSHIBOISのFARMHOUSEとの楽曲。 PARKGOLF特有のPOPな曲にFARMHOUSEがマッチした一曲。 リリース同日にMVも公開される。

1 track
Dance/Electronica

PARKGOLF、3カ月連続リリース第2弾 最近のモードを詰め込んだ約1年ぶりのインストEP

3 tracks
Dance/Electronica

昨年のJvcki Waiに続きラッパーとの共作。 今回はSKOLOR & Roof Top「TMDC」や、haruru犬love dog天使やD-Hackらの作品への客演参加などで話題を集めた山梨出身のラッパー/シンガー・YUNGYUを迎えた今作。 PARKGOLF独特の音色や音数の少ないビートに、YUNGYUのボーカルが合致した1曲。

1 track
Dance/Electronica

昨年のJvcki Waiに続きラッパーとの共作。 今回はSKOLOR & Roof Top「TMDC」や、haruru犬love dog天使やD-Hackらの作品への客演参加などで話題を集めた山梨出身のラッパー/シンガー・YUNGYUを迎えた今作。 PARKGOLF独特の音色や音数の少ないビートに、YUNGYUのボーカルが合致した1曲。

1 track
View More Discography Collapse
Collapse

News

PARKGOLFの最新AL『Totem』が待望のLP化

PARKGOLFの最新AL『Totem』が待望のLP化

PARKGOLF4年ぶりとなる最新アルバム『Totem』がヴァイナル・オンリーのボーナス・トラックを追加収録してアナログ・リリース決定! 本作の客演アーティストに、SUSHIBOYSや台湾のラッパーMizu98を始め、前作アルバムにも参加したおかもとえみ

SEBASTIAN X、ホーム吉祥寺WARPのために廃盤の自主制作1stミニAL『LIFE VS LIFE』をDL販売

SEBASTIAN X、ホーム吉祥寺WARPのために廃盤の自主制作1stミニAL『LIFE VS LIFE』をDL販売

SEBASTIAN Xが、現在コロナウィルスによって営業がままならない自分たちのホームである吉祥寺WARPへのドネーションとして、廃盤となっている自主制作ファースト・ミニアルバム『LIFE VS LIFE』をSTORESにてDL販売する。 またSEBAS

岩壁音楽祭×Maltine Recordsコラボフェス〈CAVE TOUR 2020〉決定

岩壁音楽祭×Maltine Recordsコラボフェス〈CAVE TOUR 2020〉決定

話題のフェス〈岩壁音楽祭〉×ネットレーベル〈Maltine Records〉によるコラボフェス〈CAVE TOUR 2020〉が3月28日に開催される。 チャレンジングな活動をする両団体が今回会場として選んだのは栃木県の延べ600mあるといわれる「どうく

GANMI「with U feat.eill (Prod.PARKGOLF)」リリース

GANMI「with U feat.eill (Prod.PARKGOLF)」リリース

ラジオ・オンエアチャート2週連続1位を獲得するなどファーストアルバム「SPOTLIGHT」が話題となった女性アーティスト・eill。 EXIDなどに詞曲提供するなど作家としても頭角を現している彼女がコラボレーション動画を公開するなどで交流が深いダンスアー

Kenmochi Hidefumi、avengers in sci-fi(in sync)ら出演〈ALPS〉タイムテーブル公開

Kenmochi Hidefumi、avengers in sci-fi(in sync)ら出演〈ALPS〉タイムテーブル公開

新宿MARZにて開催される、トラックメーカー、DJとバンドの融合イベント〈ALPS〉のタイムテーブルが公開された。 今回、ALPSは13回目の開催となり、今までtofubeatsやSeihoやPES(RIP SLYME)やlyrical school等出

〈加賀温泉郷フェス2019〉最終アーティストにオサカナ、リリスク、The Wisely Brothersなど20組

〈加賀温泉郷フェス2019〉最終アーティストにオサカナ、リリスク、The Wisely Brothersなど20組

今年8回目を迎える〈加賀温泉郷フェス2019〉が、7月20日(土)に石川県加賀市山代温泉の旅館、瑠璃光を貸し切りで開催する。 その最終アーティスト発表と、タイムテーブルが発表された。 最終発表で決まったアーティストは以下の20組。 加賀温泉郷フェス20

View More News Collapse
SEBASTIAN X 新作『愚かなる大人たちへ』発売決定、12月23日のワンマンで販売

SEBASTIAN X 新作『愚かなる大人たちへ』発売決定、12月23日のワンマンで販売

今年結成10周年を迎えたSEBASTIAN Xが、新作シングル『愚かなる大人たちへ』を、12月23日(日・祝)に渋谷WWW Xで行われるワンマン・ライヴにて、発売することが発表された。 今作は、表題になっている「愚かなる大人たちへ」一曲のみが収録されてお

ジェニーハイ、メンバー全員がラップで自己紹介するスペシャル動画公開!

ジェニーハイ、メンバー全員がラップで自己紹介するスペシャル動画公開!

10月17日にいよいよ発売日を迎えたジェニーハイのメジャー・デビュー作となる1stミニ・アルバム『ジェニーハイ』。その収録曲の中でも、とりわけ強大な存在感を放つ「ジェニーハイのテーマ」のスペシャル映像が公開された。 先日「ランデブーに逃避行(LIVE v

結成10周年を迎えたSEBASTIAN X、東名阪自主企画2マン開催決定!

結成10周年を迎えたSEBASTIAN X、東名阪自主企画2マン開催決定!

今年結成10周年を迎えたSEBASTIAN Xが、結成10周年企画第2弾「燃える!ごあいさツーマン」と題し、東名阪の3カ所で自主企画2マンライブを開催することを発表。 第1弾は、今年2月に「サウンド・オブ・ミュージック 2018」として、完全生音ライブ

あっこゴリラ生誕祭〈ドンキーコング vol.4〉、親交の深い2組が登場! さらに展示やコラボグッズも

あっこゴリラ生誕祭〈ドンキーコング vol.4〉、親交の深い2組が登場! さらに展示やコラボグッズも

ラッパーのあっこゴリラが6月30日に開催する自主企画イベント〈ドンキーコング vol.4〉。その詳細が明らかになった。 本企画は彼女がリスペクトするアーティストを招いて行なうライヴ・シリーズで、今回は親交の深いTempalayとPARKGOLFの出演が決

Pa's Lam System、本日よりデジタル限定1stアルバム配信開始

Pa's Lam System、本日よりデジタル限定1stアルバム配信開始

Pa's Lam Systemが、待望の1stアルバム『Whatever』を配信限定リリースした。 Pa's Lam Systemは、3人組トラックメーカーユニット。クオリティーが高くキャッチーなダンスミュージックを制作し続けており、フロアライクな楽曲が

SEBASTIAN X、新作「メトロポリス」の通販開始 〈春告ジャンボリー〉ライヴ映像も公開

SEBASTIAN X、新作「メトロポリス」の通販開始 〈春告ジャンボリー〉ライヴ映像も公開

SEBASTIAN Xが、4月30日に開催された自主イベント〈TOKYO春告ジャンボリー2017〉で販売した「メトロポリス」を通販でも発売開始した。 「メトロポリス」はSEBASTIAN Xの活動再開後、初の作品で、DL音源+レコードジャケット+Tシャツ

豪華ゲスト陣も参加、PARKGOLFの待望の2ndアルバムがリリース決定!

豪華ゲスト陣も参加、PARKGOLFの待望の2ndアルバムがリリース決定!

お待ちどうさまです。幾度か噂が流れたPARKGOLFの2ndアルバムのリリースが決定です。 リリースは8月9日(水)タイトルは『REO』。 Seiho主催〈Day Tripper Records〉よりリリースした1stアルバム「Par」から、およそ2年ぶ

SEBASTIAN X、新作『メトロポリス』を〈春告ジャンボリー〉で発売!ayU tokiOも追加出演

SEBASTIAN X、新作『メトロポリス』を〈春告ジャンボリー〉で発売!ayU tokiOも追加出演

SEBASTIAN Xが、4月30日に開催する自主イベント〈TOKYO春告ジャンボリー2017〉で、新作『メトロポリス』を発売する。 本作はDL音源+レコードジャケット+Tシャツの特別仕様での販売となる。 また同イベントへの最終追加アーティストとして、a

SEBASTIAN X主催〈TOKYO春告ジャンボリー〉にリンダ&マーヤ追加

SEBASTIAN X主催〈TOKYO春告ジャンボリー〉にリンダ&マーヤ追加

4月30日に開催されるSEBASTIAN X主催のイベント〈TOKYO春告ジャンボリー2017〉の追加出演者が発表。 リンダ&マーヤの出演が発表された。 彼らはロンヴァクアン(ケージ併設飲食店)での演奏となる。リンダ&マーヤの2人は2014年開催の同イベ

SEBASTIAN X主催〈春告ジャンボリー〉にWienners、ハバナイ、笹口ら出演!今年は下北沢3会場で開催

SEBASTIAN X主催〈春告ジャンボリー〉にWienners、ハバナイ、笹口ら出演!今年は下北沢3会場で開催

SEBASTIAN Xが、4月30日に自主企画イベント〈TOKYO春告ジャンボリー2017〉を開催する。 出演者は現在SEBASTIAN Xのほかに、Wienners、Have a Nice Day!、WAIWAI STEEL BAND、笹口春告オーケス

活動休止から2年、SEBASTIAN Xが3年ぶりに自主企画〈春告ジャンボリー〉開催

活動休止から2年、SEBASTIAN Xが3年ぶりに自主企画〈春告ジャンボリー〉開催

SEBASTIAN Xが4月30日に〈TOKYO春告ジャンボリー2017〉を開催する。 1月3日の夜、公式ツイッターで「‪【謹賀新年】‬ 2017.4.30 『TOKYO春告ジャンボリー2017』開催決定!!!続報を待て!」と突如、告知した。 SEBAS

音沙汰が歴史的建造物での公演を収めた初のライヴ盤発売、新曲も収録

音沙汰が歴史的建造物での公演を収めた初のライヴ盤発売、新曲も収録

永原真夏と工藤歩里によるアコースティック・ユニット、音沙汰が初のライヴ盤『荒野の彗星』を10月16日(日)にリリースすることを発表した。 同作は2016年8月13日(土)に東京・早稲田奉仕園スコットホール講堂で行なわれた単独公演の模様を収めたもの。201

永原真夏&工藤歩里ユニット、音沙汰が歴史的建造物で2年半ぶり単独ライヴ

永原真夏&工藤歩里ユニット、音沙汰が歴史的建造物で2年半ぶり単独ライヴ

5月26日に渋谷WWWでソロ1stミニ・アルバム『バイオロジー』のレコ発ツアー・ファイナルを行なったばかりの永原真夏。 ソロ活動もサポートする工藤歩里(Key)とのアコースティック・ユニット、音沙汰(おとさた)として、8月13日(土)に東京・早稲田奉仕園

オトトイの学校受講生によるアイドル・グループ2組がメンバー募集中、講師の田家大知コメントも

オトトイの学校受講生によるアイドル・グループ2組がメンバー募集中、講師の田家大知コメントも

2015年末にオトトイの学校で開催され、レッツポコポコを産み出した講座〈アイドル・グループのつくり方~超実践編~〉。同講座の受講生が実際にアイドル・グループを立ち上げ、2組のアイドル・グループが現在メンバーを募集している。 1組目は〈”女の子の東京をつく

永原真夏が楽曲プロデュース&審査に参加! 新アイドルのメンバー募集中

永原真夏が楽曲プロデュース&審査に参加! 新アイドルのメンバー募集中

永原真夏がプロデュース参加する新アイドル・プロジェクトが始動することが明らかになった。 このプロジェクトはミュージック、カルチャー&サイエンスマガジン「Rocket」を7月1日に発刊する新たに設立された出版社「Rocket Base」が企画・運営するもの

〈オトトイのススメ! vol.5〉開催決定! DE DE MOUSE、アカシック、POPが出演

〈オトトイのススメ! vol.5〉開催決定! DE DE MOUSE、アカシック、POPが出演

OTOTOYとロック・エージェントATFがお届けする”新しいドキドキを生み出す”定期イベント〈オトトイのススメ!〉。 5回目となる〈オトトイのススメ! vol.5〉の開催が決定し、出演者が発表された。 〈オトトイのススメ!〉は、ジャンルを問わず数多くのア

Faint★Star 3rdシングル全曲ダイジェスト映像公開

Faint★Star 3rdシングル全曲ダイジェスト映像公開

HINAとYURIAによるガール・ポップデュオFaint★Star 2万人規模のポップカルチャーの祭典2万人規模のポップカルチャーの祭典〈インドネシア・コミックコン2015〉(ICC)にて観客を魅了した彼女たちが、3rdシングルの全曲ダイジェスト映像を公

Faint★Star 新ビジュアル&新MV公開、ikkubalと対バンも決定

Faint★Star 新ビジュアル&新MV公開、ikkubalと対バンも決定

HINAとYURIAからなるガールズ・ポップデュオFaint★Star。 大沢伸一、HABANERO POSSE、PARKGOLFをリミキサーに迎え新曲2曲を含むニュー・シングル『DESTRUCTION + 2 B rubbed PL4E edition

Collapse

Articles

REVIEWS : 023 「バーチャル・ミュージック」──インターネット発のリアルな現在形(2021年5月)──松島広人

連載

REVIEWS : 023 「バーチャル・ミュージック」──インターネット発のリアルな現在形(2021年5月)──松島広人

毎回それぞれのジャンルに特化したライターがこの数ヶ月で「コレ」と思った9作品+αを紹介するコーナー。今回は松島広人による、すでにマスな規模とも言える、ひとつのカルチャー / シーンとなっているインターネット発の音楽の流れ、その現在を指し示す9枚を紹介! …

SEBASTIAN X、3年目の〈TOKYO春告ジャンボリー〉&音沙汰がハイレゾ音源でリリース!!

インタヴュー

SEBASTIAN X、3年目の〈TOKYO春告ジャンボリー〉&音沙汰がハイレゾ音源でリリース!!

桜が花を咲かせ、ぽかぽかと外でも過ごしやすくなったこのごろ。SEBASTIAN Xが主催する〈TOKYO春告ジャンボリー〉の季節がやってきました。都会のど真ん中にある野外会場で、彼女たちがリスペクトするアーティストたち、そして誰よりも楽しそうに笑うSEBA…

SEBASTIAN X 2ndフル・アルバム『POWER OF NOISE』リリース記念! 楽器隊3人に訊く「永原真夏」とは?

インタヴュー

SEBASTIAN X 2ndフル・アルバム『POWER OF NOISE』リリース記念! 楽器隊3人に訊く「永原真夏」とは?

SEBASTIAN Xからニュー・アルバム『POWER OF NOISE』が届いた。早いものでこれがもう5作目(フル・レングスでは2作目)。制作面で新しいアプローチに挑みながら、誰もが求めるSEBASTIAN Xらしさも見事に捉えた、まさにこの5年間の賜物…

SEBASTIAN X『ヒバリオペラ』リリース! 春告ジャンボリー開催!

インタヴュー

SEBASTIAN X『ヒバリオペラ』リリース! 春告ジャンボリー開催!

いま、日本で一番”春”が似合うバンド、SEBASTIAN X。永原真夏の青空を突き抜ける奔放な歌声と、外へ飛び出したくなるようなリズムとメロディはまさに”春”。今回、OTOTOYでは2000枚限定リリースのシングル『ヒバリオペラ』を配信!! 4月29日に上…

SEBASTIAN X 新作完成記念! 永原真夏と巡る高円寺・古着屋の旅

インタヴュー

SEBASTIAN X 新作完成記念! 永原真夏と巡る高円寺・古着屋の旅

疾走する煌めき! わくわくとセンチメンタルを音に詰め込み爆発させる4人組ロック・バンド、SEBASTIAN Xが新作『ひなぎくと怪獣』をリリース! OTOTOYではこれを記念し、「SEBASTIAN X 永原真夏と巡る高円寺古着屋ツアー」を敢行! 「おいお…

SEBASTIAN X presents『TOKYO春告ジャンボリー』インタビュー

インタヴュー

SEBASTIAN X presents『TOKYO春告ジャンボリー』インタビュー

2011年9月に初のフル・アルバム『FUTURES』をリリースし、同年12月の渋谷CLUB QUATTROでのツアー・ファイナルでは、超満員のオーディエンスの前で進化したバンドの姿を魅せたSEBASTIAN X。その後もJACCSカードのWEBキャンペーン…

SEBASTIAN X『FUTURES』リリース記念 永原真夏×ヌケメ対談

インタヴュー

SEBASTIAN X『FUTURES』リリース記念 永原真夏×ヌケメ対談

待ってました! SEBASTIAN Xのファースト・フル・アルバム『FUTURES』が完成。2枚のミニ・アルバム、配信限定シングル、ツアーやフェス出演を経て、更なる飛躍を遂げた彼ら。エンジニアにクラムボンなどとの仕事で知られる星野誠氏を迎え、初の合宿レコー…

SEBASTIAN X配信限定シングル「光のたてがみ」インタビュー

インタヴュー

SEBASTIAN X配信限定シングル「光のたてがみ」インタビュー

昨年8月にリリースしたセカンド・ミニ・アルバム『僕らのファンタジー』リリース後、吉祥寺WARPでのバンド初のワンマン・ライヴを大盛況に収め、その後も西へ東へとライヴ行脚を重ねてきたSEBASTIAN X。動員、実力共にパワー・アップしていく彼らが、配信限定…

SEBASTIAN X 2ndアルバム『僕らのファンタジー』インタビュー

インタヴュー

SEBASTIAN X 2ndアルバム『僕らのファンタジー』インタビュー

SEBASTIAN Xという、意味はわからないんだけど妙に耳馴染みのよいバンド名を名乗るこの男女4人組のデビュー作『ワンダフル・ワールド』は、リリースから瞬く間に大きな反響を呼び、気がつけばここ1年で現れた新世代バンドの中でも一際注目される存在になった。ま…

今、東京インディー・シーンで起こっていること

コラム

今、東京インディー・シーンで起こっていること

大都会東京。下北沢、渋谷、高円寺、吉祥寺、代官山、秋葉原、小岩... と、都内には実に多くのライブ・ハウスが点在するが、今インディー・シーンで一際目立っているのが新宿。20代前半の次世代ミュージシャンらが、ライブ・ハウス新宿MotionやMARZを中心に切…

SEBASTIAN X『ワンダフル・ワールド』 インタビュー by 渡辺裕也

インタヴュー

SEBASTIAN X『ワンダフル・ワールド』 インタビュー by 渡辺裕也

さあ、早く再生ボタンを押してくれ。出来ればこの記事に目を通す前に、まずまっさらな状態でこの作品と向かい合ってもらいたい。それが面倒なら、とりあえずタイトル・トラックだけでも結構。そこでもし胸の高鳴りを感じたのなら、もう躊躇する必要はない。SEBASTIAN…