artist image

細野晴臣

PopDance/Electronica

1947年東京生まれ。音楽家。1969年「エイプリル・フール」でデビュー。1970年「はっぴいえんど」結成。73年ソロ活動を開始、同時に「ティン・パン・アレー」としても活動。78年「イエロー・マジック・オーケストラ(YMO)」を結成、歌謡界での楽曲提供を手掛けプロデューサー、レーベル主宰者としても活動。YMO散開後は、ワールドミュージック、アンビエント・ミュージックを探求、作曲・プロデュースなど多岐にわたり活動。

デビュー

1947年7月9日、東京都港区白金に生まれる。
1969 年、「エイプリル・フール」に加わりプロとしてデビュー。 1970年、大滝詠一、鈴木茂、松本隆とともに「はっぴいえんど」を結成、優れた日本語による歌詞とサウンド・プロダクションによって高い評価を得、1973年に解散、伝説のグループとなった。 同年、埼玉県の狭山に移住。 豊かな演奏力とユーモアに溢れるファースト・ソロ・アルバム「HOSONO HOUSE」を自宅録音で製作。 このときのプレイヤー、松任谷正隆、林立夫、鈴木茂が核になって後のミュージシャン集団、ティン・パン・アレーが生まれる。 ティン・パン・アレーは1977年まで流動的なサウンド・プロデュース・チームとして活動し、荒井由実、南佳孝、山下達郎、吉田美奈子、矢野顕子、大貫妙子などのレコードに新鮮な音楽を提供、細野晴臣はベーシストとして中核の役割を果たす。
ティン・パン・アレーのセッション・ワークと平行して1975 年、ノスタルジックなポップスの探求がエキゾティックというキイ・ワードによって強化された「TROPICAL DANDY」発表。 日本のポピュラー界に衝撃を与える。 翌年、その傾向をさらに推し進めた「泰安洋行」を発表。 その独特の音楽を自らチャンキー(ごった煮)・サウンドと命名する。

YMO結成

1978年、「はらいそ」のレコーディングに参加した高橋幸宏、坂本龍一と意気投合。 同年、Y.M.O.としての第一作を発表。 Y.M.O.は音楽的にもセールス的にも世界的な成功を収め、音楽界全体の動向にも強い影響を及ぼした。 活動中に唯一のソロ・アルバム、「フィルハーモニー」を発表、またYENレーベルを設立して新人発掘を行った。 この時期は歌謡曲畑や他者のプロデュースでも特に多くの仕事をこなし、独特のサウンド・プロダクションをメジャーな領域で展開しヒット曲「天国のキッス」「禁区」「ガラスの林檎」などによってメロディー・メイカーとしての才能を広く知らしめた。 Y.M.O.は1983年に散開。

YMO散開後

翌年、レーベル「ノン・スタンダード」「モナド」設立、Y.M.O.時代にやり残したポップスや、やりたくても制約の中で実現できなかった形式の音楽を立て続けにリリースする。 1985年、アニメーション「銀河鉄道の夜」の音楽を製作。 翌年、全曲を20世紀の名曲からシュミレーションした越美晴のアルバム「echo de MIHARU」レコーディング開始、1987年発表。 1989年、「Omni Sight Seeing」発表、玉石混交のワールド・ミュージック・ブームに湧く日本に本家の実力を示す。 1991年、一枚のレコードを創るため忌野清志郎、坂本冬美とともにユニット「HIS」を結成、異色の「こぶし」「歌心」へのアプローチがアルバム「日本の人」に結晶した。 1992年と翌年、青森県森田村の野外円形劇場でアイヌ民族や縄文文化に関連するコンサートに出演。 1993年、「近年ようやくたどり着いた」というネイティヴ・アメリカン精神への共感が結実した「メディスン・コンピレーション」発表。
同年、突然のY.M.O.再生。 「火種がくすぶっていたY.M.O.を終わらせるための再生」と発言する。 1995年1月、遊佐未森、甲田益也子、小川美潮を迎え、プロデュースに2年の歳月をかけて完成したアルバム「LOVE, PEACE &TRANCE」を発表。 4月、アルバム「N.D.E」を発表。 8月23日〜9月3日に開催された「1995年ユニバーシアード福岡大会」開閉式・音楽監督として制作。 10月、アルバム「ナーガ」を発表。
1996年3月、Bill Laswellとのコラボレーション・アルバム「インターピーシス・オーガニゼイション」をテイチクより発表。 10月、越美晴とのユニット"swing slow"のソロ・アルバムをマーキュリーよりリリース。 12月には新レーベル"デイジーワールド・ディスク"を発足し、アトムハート、テツ・イノウエとのユニット「ハット」とコンピレーション・アルバム「デイジー・ワールド・ツアー」を発表する。
1997年8月、プロデュース作品としてワールドスタンダードのアルバム「カントリー・ガジェット」、シーナ&ザ・ロケッツの「@HEART」をリリース。 10月には作曲・プロデュース作品として森高千里のシングル「ミラクル・ライト」を発表。 11月には「ハット」の2枚目のアルバム・レコーディングのためにチリへ渡航。 12月にデイジーワールドからリリースされる、ラウンジミュージックのグループ"ヴァガボンド"のクリスマス・シングルにはヴォーカリストとして参加。
1998年、森高千里のアルバム「今年の夏はモアベター」をプロデュース。 6月にはハット名義でアルバム「DSP ホリデー」をリリース。 99年には久保田麻琴とともに「ハリー&マック」を結成し、70年代のスワンプサウンドを彷彿とさせるアルバム「Road to Louisiana」を発表。

2000年代

2000年3月、これまでの活動を4枚のCDに収めた『HOSONO BOX 1969-2000』を発表。 そして2000年11月、鈴木茂、林立夫とともに"ティンパン"を結成し、アルバム『ティンパン』を発表。 12月には東京・大阪でコンサートを開催した。 2001年が明けて、25年来の盟友、小坂忠をプロデュース。 アルバム『People』をエピックレコードより11月にリリース。 2002年には高橋幸宏とYMO以来初めてふたりのバンド「スケッチ・ショウ」を結成。 9月にはアルバム『AUDIO SPONGE』を発表し、12月に初の単独ライブを開催。
2003年2月にミニ・アルバムをリリース。 6月、スペインのバルセロナで行なわれるエレクトリック・ミュージックとアートのためのフェスティバル「ソナー」に、引き続きロンドンで行なわれるフェスティバル「サイバーソニカ'03」にスケッチ・ショウとして出演。 2004年6月、スケッチ・ショウ+ 坂本龍一= Human Audio Sponge名義でバルセロナ「ソナー」、10月には「sonarsound tokyo」に出演。 2005年、オダギリジョー、柴咲コウ主演映画「メゾン・ド・ヒミコ」の音楽を手掛け、オリジナルサウンドトラックを発表。 2006 年9月、初のLIVE DVD「東京シャイネス」リリース。
2007年2月、クラウン時代の楽曲と映像をまとめた「ハリー細野 クラウン・イヤーズ1974-1977」をリリース。 今秋公開のアニメ映画「EX MACHINA」の音楽監修を担当し、8/22にこのテーマ曲『Rescue』をHASYMO(細野晴臣+高橋幸宏+坂本龍一)名義で、YMO 『Rydeen79/07』とともにシングルリリース。 9/26には、Harry Hosono and The World Shyness 『Flying Saucer 1947』をリリース。 10/17に「EX MACHINA Original Sound Track」をリリース。

Official site: http://hosonoharuomi.jp/

Discography

Dance/Electronica
聴き手を異世界に誘う究極のアンビエント・ミュージック。矢野顕子とのデュオボーカルによるセルフカバー"HONEY MOON"や、ファンク色が光る"AIWOIWAIAOU"など歌声が躍動する名曲も収録。 砂原良徳による最新リマスタリング。
10 tracks
Dance/Electronica
80年代後半ワールド・ミュージックの先導的な役割を担っていた細野晴臣の、日本民謡からアラブ、中南米音楽など世界各地の音楽の要素を取り入れた、さながら音楽で世界旅行を体験するかのようなエレクトロニック・ポップの傑作。 砂原良徳による最新リマスタリング。
9 tracks
Dance/Electronica
YMO在籍時に高橋幸宏と共同で設立した、YENレーベルの第1回目の作品として発表されたソロ作品。加藤和彦、立花ハジメ、上野耕路ほかが参加し、自身が設計に関わったLDKスタジオで、じっくり練り上げ制作された傑作。砂原良徳による最新リマスタリング。
10 tracks
Dance/Electronica
時代を30年先取りした驚異のサウンドが甦る! ハイパー・アーティスト横尾忠則と共にインドを訪れた細野晴臣が、深層意識の導くままにクリエイトしたエレクトロ・アンビエンス・テクノ・ワールド。この新鮮な感覚は、未来からの贈り物なのか? 新たなる伝説のはじまり。本人と小池光夫による、デジタル・リマスタリング。
6 tracks
Dance/Electronica
はっぴいえんど解散後、埼玉県狭山の自宅にて録音された、記念すべきソロ第1作。無造作でシンプルな作りながら、何度聴いても圧倒される日本ロック史に燦然と輝く永遠の名作。本人と小池光夫による、デジタル・リマスタリング。
11 tracks
Pop
いつかどこかで、あなたと一緒に歌えたら。短編小説の主人公を演じるように歌う、ラヴ・ソング・カヴァー・アルバム第3弾。デビュー以来、女優・歌手の両方で活躍を続ける原田知世。近年、女優として数々の話題作に出演する傍ら、大人の女性の凛とした美しさと透明感をあわせ持つ唯一無二の歌声で、歌手としても新たなステージに立っています。『ルール・ブルー』(2018年)以来2年ぶりとなるニュー・アルバムは、『恋愛小説』(2015年)、『恋愛小説2~若葉のころ』(2016年)に続く、ラヴ・ソング・カヴァー・シリーズの第3弾。
11 tracks
Pop
いつかどこかで、あなたと一緒に歌えたら。短編小説の主人公を演じるように歌う、ラヴ・ソング・カヴァー・アルバム第3弾。デビュー以来、女優・歌手の両方で活躍を続ける原田知世。近年、女優として数々の話題作に出演する傍ら、大人の女性の凛とした美しさと透明感をあわせ持つ唯一無二の歌声で、歌手としても新たなステージに立っています。『ルール・ブルー』(2018年)以来2年ぶりとなるニュー・アルバムは、『恋愛小説』(2015年)、『恋愛小説2~若葉のころ』(2016年)に続く、ラヴ・ソング・カヴァー・シリーズの第3弾。
11 tracks
Pop
原田知世、ニューアルバム『恋愛小説3~You & Me』より「A Doodlin' Song」
1 track
Pop
原田知世、ニューアルバム『恋愛小説3~You & Me』より「A Doodlin' Song」
1 track
Rock
若手No1.ペダルスティール・ギタープレイヤーとして八面六臂の活躍を繰り広げる[高田漣]の通算4枚目となるソロ・アルバム。ASA-CHANG(perc./ASA-CHANG&巡礼、ex:Toyko Ska Paradise Orchestra etc)、伊藤葉子(ds/キセルetc)権藤知彦(Horn/Anonymous,Sketch Show)、斉藤哲也(key/Nathalie Wise)、鈴木正人(b/Little Creatures,Sigh Boat etc)という錚々たるミュージシャン陣に加え、ゲストボーカルには高橋幸宏、星野源(SAKEROCK)、細野晴臣が参加。ジャンルや形式を超え、いずれも心地よくしかし一筋縄ではいかない12曲。
12 tracks
V.A.
井上陽水の音楽活動50周年を記念してトリビュート・アルバムをリリース。邦楽史におけるシンガーソングライターの草分けとして今日も精力的に活動を続けている井上陽水。 時代を彩った楽曲の数々を、現代の音楽シーンの第一線で活躍しているシンガーソングライターが自由な解釈でカバー。
GOOD PRICE!
15 tracks

News

細野晴臣のライヴドキュメンタリー映画「SAYONARA AMERICA」11/12公開

細野晴臣のライヴドキュメンタリー映画「SAYONARA AMERICA」11/12公開

細野晴臣のライヴドキュメンタリー映画『SAYONARA AMERICA』が、2021年11月12日(金)よりシネスイッチ銀座、シネクイント、大阪ステーションシティシネマ他にて全国順次公開される。 細野の活動50周年を記念して制作された2019年公開のドキ

​​​​細野晴臣“あめりか”な新旧2作のアナログが明日6/12発売

​​​​細野晴臣“あめりか”な新旧2作のアナログが明日6/12発売

細野晴臣がアメリカのルーツ・ミュージックに回帰するきっかけとなったとも言えるアルバムHarry & Mac『Road to Louisiana』、そして2019年に行い、大反響を呼んだUSツアーのライヴアルバム『あめりか』。 “あめりか”な新旧2作のアナ

高橋幸宏と細野晴臣によるSKETCH SHOWのAL3作品が待望のアナログ化

高橋幸宏と細野晴臣によるSKETCH SHOWのAL3作品が待望のアナログ化

高橋幸宏、細野晴臣の2人によるエレクトロニカユニット・SKETCH SHOWが過去に発売したアルバム3作品『audio sponge』『tronika』『LOOPHOLE』が、7月21日にアナログ12inchでリリースされる。 2002年に1stアルバム

コシミハル、YENレーベル期2作品がアナログリイシュー決定

コシミハル、YENレーベル期2作品がアナログリイシュー決定

コシミハルがYEN(エン)レーベル期にリリースした2枚のアルバム『チュチュ』(1983年)『パラレリズム』(1984年)が、6月12日にアナログLPで再発売されることが決定した。 国内のみならず海外でも80年代テクノポップの名盤として高い評価を獲得してい

細野晴臣ら日本の音楽と世界のインディペンデントを紹介レコード・カセットショップ開設

細野晴臣ら日本の音楽と世界のインディペンデントを紹介レコード・カセットショップ開設

日本の音楽史の金字塔はっぴぃえんどや細野晴臣の音楽を現代へ受け継いでいき、他にも独自のフィルターを通してセレクションされた世界中のインディペンデントミュージックのレコード・カセットテープを取扱うHAPPYEND RECORDS & TAPESが開設する。

TVアニメ『キテレツ大百科』のOPテーマ「お嫁さんになってあげないゾ」待望の再発決定

TVアニメ『キテレツ大百科』のOPテーマ「お嫁さんになってあげないゾ」待望の再発決定

1988年に発表された、守谷香が歌うTVアニメ『キテレツ大百科』のOPテーマ「お嫁さんになってあげないゾ」が日本コロムビアよりリイシューされることが発表された。 ジャケットデザインも新たにアナログ7インチで再発される本作のB面には、レギュラー放送開始の前

View More News Collapse
井上陽⽔、細野晴臣ら収録のコンピ盤『Heisei No Oto』アムステルダムのレーベルから登場

井上陽⽔、細野晴臣ら収録のコンピ盤『Heisei No Oto』アムステルダムのレーベルから登場

アムステルダムのレーベル「Music From Memory」から、ユニークなコンピレーション・アルバムがリリースされる。 タイトルは『Heisei No Oto - Japanese Left-field Pop From The CD Age (19

J-WAVEで久保田麻琴によるサウンド・セレクション「OFF BEAT VACATION」が1/25よりスタート

J-WAVEで久保田麻琴によるサウンド・セレクション「OFF BEAT VACATION」が1/25よりスタート

毎週月~土27:00~29:00に日替わりのDJがナビゲーターを務めるJ-WAVE(81.3FM)の番組『TOKYO M.A.A.D SPIN』では、 1月より奇数月の月曜日で久保田麻琴による、 伝説級のサウンド・セレクション「OFF BEAT VACA

2020年度朝日賞、細野晴臣ら4件5氏受賞

2020年度朝日賞、細野晴臣ら4件5氏受賞

細野晴臣が2020年度朝日賞を受賞した。 朝日賞は1929年に創設された賞で、学術、芸術などの分野で傑出した業績をあげ、日本の文化や社会の発展、向上に貢献した著名人に朝日新聞文化財団から贈られるもの。 受賞者は毎年、1月1日の朝日新聞朝刊で発表され、1月

細野晴臣史決定版『細野晴臣と彼らの時代』12月17日発売

細野晴臣史決定版『細野晴臣と彼らの時代』12月17日発売

「はっぴいえんど」「ティン・パン・アレー」「YMO」で彼は何を生み出したのか――音楽活動50周年を迎えた細野晴臣史決定版『細野晴臣と彼らの時代』が文藝春秋から12月17日に発売される。 本書は、細野晴臣本人へのロングインタビューに加え、松本隆、鈴木茂、坂

​​​​細野晴臣、『omni Sight Seeing』『MEDICINE COMPILATION』が最新リマスタリングで本日リリース

​​​​細野晴臣、『omni Sight Seeing』『MEDICINE COMPILATION』が最新リマスタリングで本日リリース

細野晴臣のワールド・ミュージックの先駆的名盤『omni Sight Seeing』と、アンビエントの名作『MEDICINE COMPILATION』が、砂原良徳による最新リマスタリングで、SACDハイブリットと世界配信にてリイシューされた。   『omn

J-WAVE『TOKYO M.A.A.D SPIN』細野晴臣らが日替わりで登場

J-WAVE『TOKYO M.A.A.D SPIN』細野晴臣らが日替わりで登場

J-WAVE(81.3FM)が9月7日(月)~12日(土)にダンスミュージックの祭典「TOKYO DANCE MUSIC WEEK 2020-ONLINE-」(※以下「TDMW2020」)と連動するスペシャル企画 『TOKYO M.A.A.D SPIN(

11/3「レコードの日」にソニー・ミュージックダイレクトより新作、初アナログ化を含む全10タイトルが発売

11/3「レコードの日」にソニー・ミュージックダイレクトより新作、初アナログ化を含む全10タイトルが発売

毎年恒例のアナログレコードの祭典「レコードの日」(主催:(株)東洋化成)が今年も11月3日(火・祝)に開催される。 今回で6回目の開催となるこの祭典に、ソニー・ミュージックダイレクトのアナログレコード専門レーベル〈GREAT TRACKS〉から過去最多と

〈CITY POP on VINYL〉が本日8月8日開催

〈CITY POP on VINYL〉が本日8月8日開催

東洋化成株式会社によるシティ・ポップのアナログ・レコードに特化した新たなイベント〈CITY POP on VINYL〉が本日8月8日、開催された。 “シティ・ポップ”のアナログ・レコードに焦点を当て、各レコード会社より新旧数多くの作品がエントリーされてい

細野晴臣さん、お誕生日おめでとう。ーバースデイ速報

細野晴臣さん、お誕生日おめでとう。ーバースデイ速報

今日は日本を代表する音楽家・細野晴臣さんの72歳の誕生日です。お誕生日おめでとうございます。 1947年の東京生まれ。69年にエイプリル・フールでデビュー後、はっぴいえんど、ティン・パン・アレーやYMO、ソロ活動などで名実ともに、日本や海外の音楽シーンに

水原希子率いる「OFFICE KIKO」、細野晴臣、TOWA TEI 、民謡クルセイダーズらを迎えてオンラインフェス開催

水原希子率いる「OFFICE KIKO」、細野晴臣、TOWA TEI 、民謡クルセイダーズらを迎えてオンラインフェス開催

モデル・女優として世界的に活躍する水原希子率いるOFFICE KIKOが、 オンラインフェス《ONE WORLD HOME PARTY》を 2020年5月24日(日)に開催する。 このフェスはZAIKOからの配信となり、 豪華DJやアーティストがさまざま

細野晴臣プロデュース、小坂忠の名盤『People』がCDとアナログで再発

細野晴臣プロデュース、小坂忠の名盤『People』がCDとアナログで再発

小坂忠の名盤『People』がCDとアナログ盤で19年ぶりに復刻発売されることが決定した。 『People』は小坂忠が細野晴臣プロデュースにより2001年に発表したジャパニーズ・ソウルの大傑作アルバムで、参加ミュージシャンも鈴木茂、佐橋佳幸、佐藤博、細野

KEEPON初のドーナツ盤に、細野晴臣と久保田麻琴がミックスで参加

KEEPON初のドーナツ盤に、細野晴臣と久保田麻琴がミックスで参加

“恐るべし10代!”と称される KEEPON(16歳/高校1年生)が、1973年に細野晴臣が発表した名盤『HOSONO HOUSE』から「パーティー」と「終りの季節」をカヴァーした初のドーナツ盤をリリースする。 自宅スタジオにてひとりで多重録音されたKE

イヴァン・リンス、細野晴臣らがスペシャルバンドとセッション

イヴァン・リンス、細野晴臣らがスペシャルバンドとセッション

2020年3月28日(土)と29(日)に、 渋谷・Bunkamura オーチャードホールにて〈SRP Presents EAST MEETS WEST 2020〉を開催する。 2回目の開催となる今年は、 ブラジルが誇るメロディメイカーのイヴァン・リンス、

細野晴臣50周年記念公演、WOWOWで独占放送決定

細野晴臣50周年記念公演、WOWOWで独占放送決定

今年で音楽活動50周年を迎える音楽家、細野晴臣。 来たる11/30,12/1には2日間に渡り、東京国際フォーラム ホールAで、 音楽活動50周年記念オフィシャル・プロジェクトが開催される。 WOWOWは、初日11/30の模様を独占放送することが決定! 1

大貫妙子MIDI時代のAL『スライス・オブ・ライフ』、『プリッシマ』がアナログ盤復刻

大貫妙子MIDI時代のAL『スライス・オブ・ライフ』、『プリッシマ』がアナログ盤復刻

大貫妙子がMIDI時代にリリースした12枚目のオリジナル・アルバム『スライス・オブ・ライフ』、13枚目のオリジナルアルバム『プリッシマ』がアナログ盤復刻で11月27日に発売されることが決定した。 2タイトル共に、ハリウッドの世界的名匠バーニー・グランドマ

〈細野さん みんな集まりました!〉Day2 & Day4 追加席販売決定

〈細野さん みんな集まりました!〉Day2 & Day4 追加席販売決定

恵比寿ガーデンプレイスにて行われる、細野晴臣の音楽活動50周年を祝う100%ファン目線のイベント〈細野さん みんな集まりました!〉 今回、10/12(土)Day2 「細野さんと観よう! Presented by 映画ナタリー」、10/14(月・祝)Day

TOWA TEI、25周年記念“外仕事集”ベスト盤CD2枚組『ARBEIT』収録内容発表

TOWA TEI、25周年記念“外仕事集”ベスト盤CD2枚組『ARBEIT』収録内容発表

1994年からソロ活動をスタートし、今年で25周年を迎えるTOWA TEI。 記念すべき年に、初のソロ名義でのアルバム『FUTURE LISTENING!』の新規リマスタリングを施したアナログ重量盤と、TOWA TEIのプロデュース・ミックスものを集めた

細野晴臣デビュー50周年記念展「細野観光1969 - 2019」開幕

細野晴臣デビュー50周年記念展「細野観光1969 - 2019」開幕

六本木ヒルズ展望台 東京シティビュー・スカイギャラリーにて、2019年10月4日(金)から2019年11月4日(月・休)までの期間、細野晴臣デビュー50周年記念展「細野観光1969 – 2019」が開催される。 開幕に先立ち行われたプレス向け内覧会ではオ

Collapse