ルーツを表明し、越える──福岡発のニュー・カマー、よあけの1stアルバムを先行配信 & 期間限定フリーDLも!

九州大学のサークル・メンバーで2015年に結成され、はっぴいえんど、山下達郎、PAVEMENT、sea and cake、ミツメ、ホテルドミニク、Mac Demarco...古今東西のポップ・ミュージックたちと、同郷の先達であるNumber Girlをナードな佇まいで咀嚼した、人懐こさと青さ漂うサウンドを鳴らす3人組、その名もよあけ(yoake)。 そんな彼らが九州のオルタナティヴ・シーンにおける最重要人物、PANICSMILE・吉田肇が主宰する〈Headache Sounds〉より初の全国流通作となる1stアルバムをリリース!! OTOTOYでは是非とも多くの人に聴いていただきたく、12月15日の発売に先駆け約1ヶ月の先行配信と、アルバムの楽曲より「MABOROSHI」の期間限定フリー・ダウンロードが決定! レーベル・オーナーである吉田肇のコメント、そしてアルバム・レヴューと共にまずはフリー楽曲の一聴を!


アルバム収録曲より期間限定フリー・ダウンロード!



よあけ / MABOROSHI(期間限定フリーDL)

【配信形態】
ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC / MP3

【配信価格】
FREE

【配信期間】
2017年11月21日(火)〜2017年12月21日23時59分


全国初流通作となる1stアルバムを1ヶ月間先行配信!



よあけ / TOI

【配信形態】
ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC

【配信価格】
単曲 150円(税込) / アルバム 1,300円(税込)

【収録曲】
01. きこえる
02. 抜け殻
03. MABOROSHI
04. 幽霊船
05. ANZ
06. シンク
07. 沈む
08. 失礼
09. たのしい
10. ナムセーウン


よあけ(yoake)/たのしい


レーベル・オーナーであるPANICSMILE・吉田肇からアルバムに寄せて

福岡の新たなバンドを紹介させていただきます。
様々なテンプレート、モードなどが足早に過行くロック・バンド界ですが、ここ福岡も同じくでありまして、いやしかしこの「よあけ」はどこか達観してる感が最初からそのステージに滲んでいまして、タイムマシーンの様な、古今東西の色々なギター・ロックを彼らなりに音にしてる感じにやられました。
シカゴからバンクーバーからシブヤからフッサから各地から跳ねてるビート、漂ってるメロディが生まれますが、2017年、よあけのビートとメロディもここ福岡でしか生まれない音だと確信しております。
是非とも皆様、お聴きください。よあけです。

ヘッドエイクサウンズ / PANICSMILE 吉田

REVIEW : 「〇〇っぽい」との真っ向勝負

自分自身が何者なのか。それを音楽で他者に伝えるとき、どうすれば簡単に伝えられるか。その手法の1つが、オマージュだと私は思う。ルーツの表明。「〇〇っぽい」と呼ばれることが総じて素晴らしいこととは限らないが、そう言われることで受け手のイメージは湧きやすいし、そのバンドをフォローするリスナーが聴いてくれる可能性だってある。「〇〇っぽい」という言葉は音楽を聴いてもらうためのいわばキャッチ・コピーにすぎず、第一歩。このバンドだってそうだ。

よあけ。言ってしまうとミツメっぽい。でもこのミツメっぽさは決して劣化ミツメと言われてしまうような脆弱なものではない。ちゃんとルーツを理解し、自分たちのものにしたうえであえてミツメっぽさを出しているに過ぎないのだと思う。ミツメへのリスペクトは1曲目「きこえる」から如実に表れている。ミツメの「クラゲ」のイントロをオマージュしたようなイントロのギター・リフ。この楽曲をバンドの名刺代わりとなるアルバムの1曲目に置いていることがまさにルーツへの表明だ。

さらにミツメ同様、極端な抑揚とエモーショナルになり過ぎるのを避けるアティチュード。そしてノスタルジックに歌いつつも、シリアスになるのを避けるポリシー。いなたいボーカルと極端に絞られた音数、ローファイな音圧。様々な要素でミツメ、引いては90年代USインディへのリスペクトを感じさせる。彼らのバックボーンにあるのはUSインディだけに留まらず、2曲目「抜け殻」のイントロはギター・ポップの名曲、Tahiti 80の「Heartbeat」からのオマージュに聴こえる。しかしイントロから一転、メロディ・ラインはトラディショナルな日本語ロックのよう。


Tahiti 80 / Heartbeat

そこからアルバムはUSインディらしいリヴァーヴ感とローファイな歪みで不穏感と浮遊感が増していくなか、一方でアヴァンギャルドな日本語ロックのイメージも離れなくなる。

進むアルバムの先に見えてくるのはオマージュに頼ったその場しのぎの消耗品ではなく、よあけそのものだ。音楽を楽曲ごとに聴くのが当たり前となった時代に、このアルバムはすべて聴くことではじめてよあけが垣間見えるのだ。

自身のルーツを表明すること。それは自身を簡単に伝えることはできるものの、受け手のなかで比較対象をつくりあげてしまう諸刃の剣でもある。だとすれば、「〇〇っぽい」と聴きはじめた音楽がそのバンドそのものとして好きになるとき、それはひとえにそのバンドがイメージに打ち勝った証拠といえるはずだ。よあけにはそのパワーがある。

(Text by 高橋秀実)

〈Headache Sounds〉過去作はこちらにて配信中!

RECOMMEND

ミツメ / A Long Day (24bit/96kHz)

過去のミツメがもつポップでキャッチーなサウンドや、詩的で繊細な歌詞はもちろん、近年のミツメがこだわってきたスローに踊らせる楽曲も多く、ストイックなバンド演奏と、優しく包みこむ歌声が混ざり合った完全オリジナルのサウンドが確立されています。


Dinosaur Jr. / Give a Glimpse of What Yer Not

USオルタナ界の重鎮ダイナソーJrが、11作目のオリジナル・アルバムをリリース。より流動的で変化に富んだ楽曲がアルバムにまた違った色を加えつつ、J・マスキスとルー・バーロウの2人による楽曲の共振性は抜群で、ファンを全く裏切ることのない作品となった。


Homecomings / SYMPHONY

リードとなる「PLAY YARD SYMPHONY」 は、バンド史上初めてストリングス・アレンジを取り入れたナンバー。音楽で景色を広げる、Homecomings の真骨頂が更なる成長を遂げ、これまでの代表曲である「I WANT YOU BACK」「HURTS」 を超えた一曲が完成。

PROFILE

よあけ

中原勇作(vox.gt) 芳野大輔(ba) 松本和佳菜(dr) の3人組。
九州大学のサークルメンバーで2015年12月に結成。
翌年から福岡市内を中心に、関東でも精力的にライブ活動を行う。
どことなくナードで、それでいてアヴァンな日本語ポップを鳴らす。

>>Twitter

o

 
 

レヴュー

《12ヶ月連続配信企画、第12弾》──goodtimes、ラストを飾る不器用な彼らなりの愛あるメッセージ
[CLOSEUP]・2018年02月21日・《12ヶ月連続配信企画、第12弾》──goodtimes、ラストを飾る不器用な彼らなりの愛あるメッセージ 10年超のバンド・キャリアを持つ、井上朝陽(Vo&Gt.)、安田そうし(Gt.)の2人が新たにスタートさせたギター・ロック・バンド、goodtimes(グッドタイムス)。2017年3月より《12ヶ月連続音源配信》をOTOTOYで行い、注目を集めている彼らの第12弾シングル最終作「終わりを迎えた後のこと」の配信がスタート。この連載は今回で最終回となるが、あなたのこれからへの願いが込められた楽曲を、ぜひレヴューと共にお楽しみいただきたい。 goodtimesがあなたに贈る12ヶ月連続配信最終作goodtimes / 終わりを迎えた後のこと'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込) 【収録曲】''01. 終わりを迎えた後のこと REVIEW : ラストを飾る、不器用な彼らなりの愛あるメッセージ ついに今回で最後となるgoodtimesの12ヶ月連続配信。今回のシングルは、「終わりを迎えた後のこと」といった失恋後の切なくも優しいラブソング
【REVIEW】Hanah Spring、新たな方向性を獲得した2ndアルバム『Dreamin’』をハイレゾ配信
[CLOSEUP]・2018年02月14日・ソウルはどこを目指す?──Hanah Spring、4年ぶりとなるニュー・アルバム『Dreamin’』をハイレゾ配信 2014年、黒田卓也、Kan Sano、吉田サトシといった同世代の才能たちとともに作り上げたアルバム『Handmade Soul』をリリースしたHanah Spring。ジャズ・ミュージシャンの両親を持ち、幼少から音楽によって育まれてきた彼女による『手作りのソウル』は、温かい中にもストイックなまでのグルーヴが感じられ、そこに彼女の歌声が光る一枚だった。そんな彼女が4年の時を経て世に放つニュー・アルバムのタイトルは『Dreamin’』。表現力豊かな歌声でリスナーを夢中にさせてきた彼女が歌う「夢」とはいったいどんなものなのだろうか。待望の最新作をOTOTOYではハイレゾ配信するとともにレビューを掲載。お楽しみください。 4年ぶりのニュー・アルバムHanah Spring / Dreamin’'【配信形態】(ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC)>>>ハイレゾとは?'【配信価格】単曲 400円(税込) / アルバム 3,000円(税込)【収録曲】1. Dreamin’
by 海老沼 孝男
【REVIEW / ハイレゾ配信】フランツ・フェルディナンド、4年半のブランクを経ての新作!
・2018年02月09日・【REVIEW / ハイレゾ配信】今再びUKロックの着火剤となる、フランツ・フェルディナンドの野心と核心 UKロック・シーンの綺羅星、フランツ・フェルディナンドが4年半ぶりの新作『Always Ascending』をリリースした。本リリースまでの間には、2016年にはオリジナル・メンバーでもあるニック・マッカーシーが育児のために脱退、そして2人の新メンバー、ジュリアン・コリーとディーノ・バルドーが加入し5人組へとその体制を大きく変えた。この、バンドの新たなキャリアのスタートとも言える作品では、ダフトパンクの先輩格とも言えるモーターベースやカシウスといった名義でフレンチ・ハウス・シーンを牽引、またはフェニックスやカイドネスといったアーティストを手がけていることでも知られるフィリップ・ズダールをプロデューサーに起用している。それもあってか、彼らの大きな魅力のひとつでもあるダンサブルなサウンドへとフォーカスした作品と言えるだろう。OTOTOYでは本作をレヴュー、そしてハイレゾ配信でお届けしよう! 24bit/96kHzハイレゾ配信Franz Ferdinand / Always Ascending(24bit/9
by 井草 七海
【REVIEW】Taiko Super Kicks、ミニマムに振り切る新アルバム
[CLOSEUP]・2018年02月07日・Taiko Super Kicksがミニマムに振り切る新アルバム──『Fragment』に見え隠れする確信と自信 2015年、限りなくおおらかなメロディーと軽やかな実験精神でインディ・ポップ・シーンにゆらめきをもたらした『Many Shapes』から約2年、Taiko Super Kicksが、待望の新作フル・アルバム『Fragment』をリリースした。新鮮さと懐かしさが混在する不思議なサウンドと、細やかで広がりのあるアンサンブル、どこまでもしなやかに拡張されていくTaiko Super Kicksの音楽はさらなる成長を遂げている。そんな彼らは今作をひっさげて台湾を含む6都市を回るツアーの開催が決定! OTOTOYではハイレゾ配信もスタートします! ひさびさの新作を読み解く、土佐有明によるレヴューとともにお楽しみください。 2年ふりとなるニュー・アルバムTaiko Super Kicks / Fragment'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/96kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【配信価格】単曲 300円(税込) / アルバム 2,400円(税込)【収録曲】1. たたかいの朝2
F.I.X.RECORDSから待望のAQUAPLUSヴォーカル曲集第11弾をDSDで配信開始
[FEATURE]・2018年01月24日・F.I.X.RECORDSから待望のAQUAPLUSヴォーカル曲集第11弾をDSDで配信開始 様々なゲーム作品をリリースしているLeaf/AQUAPLUSのヴォーカル曲を集めた『AQUAPLUS VOCAL COLLECTION』シリーズの第11弾アルバムが、ついにハイレゾ・DSDで配信開始となった。本作には「WHITE ALBUM2 -closing chapter-」 「WHITE ALBUM2 幸せの向こう側」「ティアーズ・トゥ・ティアラII 覇王の末裔」の楽曲が収録されている。OTOTOYではアルバム購入で歌詞pdfつき。歌姫たちの美声を歌詞とともに酔いしれてほしい。 AQUAPLUS VOCAL COLLECTION VOL.11'【配信価格】(左)DSD(2.8MHz)+mp3 まとめ購入のみ 3,240円(右)WAV / ALAC / FLAC(24bit/96kHz) 単曲 324円 / まとめ購入 3,240円【Track List】''1. 時の魔法 -- 小木曽雪菜2. 心はいつもあなたのそばに -- 津田朱里3. closing -- 上原れな4. Routes -- 小木曽雪菜
by 純三
【REVIEW】《12ヶ月連続配信企画、第11弾》──goodtimes、主人公への可能性を奮い立たす王道ロック
[CLOSEUP]・2018年01月24日・《12ヶ月連続配信企画、第11弾》──goodtimes、主人公への可能性を奮い立たす王道ロック 10年超のバンド・キャリアを持つ、井上朝陽(Vo&Gt.)、安田そうし(Gt.)の2人が新たにスタートさせたギター・ロック・バンド、goodtimes(グッドタイムス)。2017年3月より《12ヶ月連続音源配信》をOTOTOYで行い、注目を集めている彼らの第11弾シングル「ダークヒーロー」の配信がスタート。彼らの魅力にうっとりしてしまう楽曲を、ぜひレヴューと共にお楽しみいただきたい。 goodtimes、背中を押してくれる第11弾goodtimes / ダークヒーロー'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込) 【収録曲】''01. ダークヒーロー REVIEW : 泥臭さ上等。雑草根性で走り抜ける。 12ヶ月連続配信も今回を含め残り2回となった。寂しさが感じられるようになっているあなたは、すっかりgoodtimesの虜になっているはず。2018年になり、goodtimesのスタートは、彼ららしいキャッチーな王道ロックで攻める泥臭さ上等の雑
by ai
【REVIEW】2018年最初の要注目新人登場! 女性SSW・marucoporoporoの初作品をハイレゾ独占配信!
[CLOSEUP]・2018年01月10日・確かな才能の萌芽がここに──今後要注目の女性SSW・marucoporoporoの初作品をハイレゾ独占配信 すごい新人の登場です! 作詞、作曲、編曲そしてミックスまで一人でこなす、23歳(2018年時)の女性シンガー・ソング・ライター、その名もmarucoporoporo。そんな彼女が初音源となるEP『In her dream』を〈kilk records〉よりこの度リリース。力強くも繊細な歌声と、生楽器と電子音が重なり合う幻想的なサウンドは、デビュー作とは思えない完成度の高さに思わず息を呑むこと間違いなし。OTOTOYでは今作のハイレゾ版を独占配信すると共に、レヴューを掲載。期間限定(2018年1月10日(水)〜1月17日(水)23:59)にて音源のフル試聴も行っておりますのでまずは一聴を! OTOTOYではハイレゾ版を独占配信!marucoporoporo / In her dream'【Track List】01. Sunshine02. Touch the hand03. Dear04. Never let me go05. Little boy and girl【配信形態 / 価格】WAV、A
【REVIEW】誰もが心待ちにしていた再始動が遂に!──Ovallが4年ぶりとなるアルバムをリリース
・2017年12月13日・誰もが心待ちにしていた再始動が遂に!──Ovallが4年ぶりとなるアルバムをリリース 2013年に2ndアルバム『DAWN』のリリース後、4年間活動を休止していたOvallが遂に再始動。それに伴い新作アルバム『In TRANSIT [Deluxe Edition] 』をリリースする。今作では〈origami PRODUCTIONS〉のファンサイト限定でリリースされたCD『In TRANSIT』の収録曲をメインとしつつ、新曲「Winter Lights」や既発曲のリミックス・ヴァージョンなど全22曲とボリューミーな内容となっている。そんなOvallの新作をOTOTOYでは配信とともにレヴューを掲載する。 4年ぶりの新作!Ovall / In TRANSIT [Deluxe Edition]'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 205円(税込) / アルバム 2160円(税込)【収録曲】''1. In TRANSIT2. Someday Somewhere3. Mr. Smith 4. Liquid Mental 5. Open Your Eyes
by marvinkei