パブリック娘。インタビュー――モラトリアムな日常をそのままラップで伝える

パブリック娘。左から、清水大輔、斎藤辰也、文園太郎

パブリック・エネミーとモーニング娘。を組み合わせて作ったという、人を喰ったような名前のヒップホップ・ユニット、パブリック娘。(娘と付いているが男3人組)。アルバム『初恋とはなんぞや』は、2008年に大学の同級生で結成、2012年にはSoundCloudで公開した楽曲がバズを起こした… そんな過去を持つユニットにとって、あまりにも遅すぎるデビュー作となった。

本作に収められている楽曲のほとんどは、彼らが大学時代に作ったもの。メンバー全員が自身の初恋話をリレーで告白していく「初恋とはなんぞや」、くすぶった学生の夏休みの一日を描いた「おつかれサマー」、パーティーで女子に近寄ろうと悩む「そんなことより早く、このパーティーを抜け出さない?」など、〈普通の男子のなんてことない日常〉が詰め込まれている。

なにか特別な出来事が起きることを期待しているんだけどなにも起こらない。そんな暮らしぶりをラップする彼らの曲は、やんちゃで調子に乗っていて、なんだか大学生同士の馬鹿話のようにも見えるが実はヒップホップ・マナーを踏襲した、ある種のスタイルが確率された曲が並んでいるのだ。

今回のインタビューでは、初めてのアルバムをリリースすることになった経緯から、ラップに対する姿勢、独特のファッションについてまで、プロデューサーの林(パーシー)を交えた4人に話を伺ってきた。

インタヴュー&文 : 原田星

〈ゆとり世代の最終兵器〉パブリック娘。の初アルバムをハイレゾで

パブリック娘。 / 初恋とはなんぞや(24bit/96kHz)

【配信形態 / 価格】
【左パッケージ(ハイレゾ)】ALAC / ALAC / FLAC / WAV / AAC
価格 まとめ購入のみ 2,300円(税込)

【右パッケージ】ALAC / ALAC / FLAC / WAV / AAC / MP3
価格 まとめ購入のみ 1,543円(税込)

【トラック・リスト】
1. 初恋とはなんぞや
2. 25mプール
3. Summer City
4. おつかれサマー
5. このままこの電車に乗って
6. DATE
7. YOU DON'T STOP
8. おちんぎんちょうだい
9. そんなことより早く、このパーティを抜け出さない? feat.森心言
10. 寄せては返す俺のアティチュード
11. 俺の誕生日
12. そんなことより早く、このパーティから連れ出して。 feat.あまえん


このアルバムで大学の卒業証書を自分に与えたような気持ち(斎藤)

――2011年くらいからSoundcloudの音源が一部の音楽好きに話題になるなど、キャリアは長いと思うのですが今回の作品が初アルバムとなります。リリースまで、どうしてこんなに時間がかかったのでしょうか。

清水 : 元々大学のサークルで結成したユニットなんです。ゆるい環境のなかでやってきて、お互いの関係性も変わらないままで就職して仕事をするようになったら大学時代よりも忙しくなってしまった。

斎藤 : アルバムを出すとして、誰に声をかけたらいいのかとか、誰と繋がりを持ったらいいのかとか、そういうことがわかっていなかったんです。アルバムを出して欲しいという需要がないと思ってたから(笑)、「もっと早く出してもよかったんじゃないか」と言われるのは驚きでもあるしありがたくもある。

文園 : プロデュースをしてくれた林(パーシー)君と出会ったり、ミキサーの方と出会ったり、そういう人たちとの関係を深めるのにも結構時間がかかりましたね。

林 : でもレコーディングをやり始めたら、すぐアルバムができたよね(笑)。

斎藤 : あと、Soundcloudなんかにいろいろと曲をアップしていたので、それを改めてCDにして意味あるの? という気持ちもありました。全部新曲じゃないとアルバムの価値がないんじゃないかって。

清水 : そこはパーシーが説得してくれたよね。「そんなに多くの人がパブリック娘。の曲を聴いてるわけじゃないから大丈夫だ」って(笑)。


パブリック娘。「おちんぎんちょうだい」MV

――資料に書いてある「tofubeats、夢眠ねむ、田中宗一郎がDJでプレイ」って情報もちょっと古いんですよね(笑)。アルバムに入っている曲は2013年までに作られたものがほとんどなわけですが、曲を作った大学時代と働きはじめた今とでは気持ちの変化があるのではないでしょうか。

斎藤 : 昔作った曲と今作った曲の内容が違うのは当たり前だと思うんです。学生の時に書いた曲はやっぱり学生っぽい。でもそれらはライヴで散々やってきたわけで、歌詞の内容が今になって嘘になるわけでもないし、録音してみたら違和感も特になかったんです。このアルバムを出したことで、大学の卒業証書を自分で自分に与えたような気持ちがある。

文園 : あの頃は良かったとか、戻りたいと歌ってるわけでもないからいいのかな。「おつかれサマー」で〈学生時代最後の夏〉って歌ってるのは恥ずかしいけど(笑)。

斎藤 : レコーディングをしたら10年後に聴かれるかもしれないし、結局僕らの手を離れて行くものだしね。

――〈パブリック娘。〉というユニット名についてちょっと伺います。パブリック・エネミーとモーニング娘。を組み合わせて付けた名前、ということですが、例えば今の10代は「LOVEマシーン」や「恋のダンスサイト」を歌っていた、国民的アイドルとしてのモーニング娘。という視点は持っていない。でも記号として使われるモーニング娘。という名前は、彼女たちがヒットを連発していた1998年から2000年くらいまでの間。そういう状況を考えると、2016年の今〈モーニング娘。から名前を拝借〉という行為自体が変な感じがするんです。

斎藤 : 僕らのような平成元年生まれ世代がモーニング娘。と言われて思い出すのがそのくらいの時代なんです。自分も小学校5~6年の頃はビートルズとモーニング娘。が交互に流れるMDを作ってた(笑)。今もですけど、自己紹介は恥ずかしいですね。友達に「ラジオで流れてたよ、パブリック娘。」とか言われるのも反応に困る感じで。

清水 : 最近はクイーンとかアクトレスみたいな感じで、男のグループだけど女性名を名乗るバンドだって紹介するようにしてます。おしゃれでしょ? って(笑)。

斎藤 : なんにせよ、この名前がベストだと思ったことはないですね(笑)。

インディー時代のRIP SLYMEが自分にとっての一つの完成形(斎藤)


パブリック娘。『初恋とはなんぞや』アルバム・トレイラー

――アルバムには、少年時代の思い出や、クラブで女の子とすれ違った話など、甘酸っぱい記憶みたいなものが刻み込まれた歌詞が多くあるように思いました。もう一つ、夏がテーマの曲も多いですよね。「25mプール」、「Summer City」、「おつかれサマー」…。

清水 : トラックが最初に来て、文園が「こういうテーマにしよう」と決めて、それでみんなでリリックを書き始めるんですけど、ビートを聴いてると夏っぽいなって思っちゃう。「このままこの電車に乗って」にも夏って言葉を入れてたんだけど、斎藤に「夏って言葉を入れないでくれ」って言われて歌詞を変えたんです。それまでお互いのリリックに干渉しないのがいいところだったのに。

斎藤 : これ以上夏の曲が増えるとTUBEみたいになっちゃう(笑)。歌詞で夏って言っちゃうと夏のイメージしか出てこないじゃないですか。ア・トライブ・コールド・クエストの「Electric Relaxation」って曲が「これは夏の曲なのか冬の曲なのか」ということで、2ちゃんねるで論争が起こったことがあって。聴いた人がどうとでも解釈できる曲のほうが普遍性があると思ったんです。作る側でイメージを限定しすぎないほうがいい。

清水 : リリックを正されたときにもその話された(笑)。

斎藤 : 夏の曲で言うと、「Summer City」の文園のリリックの展開が面白いんですよ。

文園 : あの歌詞のメインテーマは「時をかける少女」なんです。永遠に作り直される夏。あと「夏の扉」っていうロバート A ハインラインの小説と、キョンキョンの「夏のタイムマシーン」って曲の要素も入ってる。「夏はタイムリープだ」ってことをいろんな過去の作品から抜粋して入れ込んであるんです。


パブリック娘。「Summer City」MV

――夏を表現するのに、アッパーなパーティー・チューンにする表現もあると思うんです。RIP SLYMEの「楽園ベイベー」みたいな。

斎藤 : そんなにアゲアゲな生活を送っているわけでもないし、ファンタジーを歌うようなユニットでもないので。スチャダラパーの「サマージャム '95」のほうが衝撃がありましたね。

――体験していないことをファンタジーとして描くような歌詞は基本的に書かない?

斎藤 : 僕がヒップホップで理想としているのはRIP SLYMEがインディー時代に出した『Talkin’Cheap』に入ってる「真昼に見た夢」なんです。トラックはヒップホップに寄っていて、自分たちの生活をそのまま歌っている。トンチっぽくないから、スチャダラパーとも違う。メジャーに行ってからもいいけど、インディー時代のRIP SLYMEは一つの完成形だと思ってる。

――そういった90年代ヒップホップ感は『初恋とはなんぞや』にも入っているように思います。ザラついた上モノの音色とボトムの太さなんかに。一方で、今ラップ作でファースト・アルバムを出すならビート・ミュージックとかトラップなんかを入れる人が多いんじゃないかと思うんですが、そういったものは取り入れようとは思わなかった?

斎藤 : ビート・ミュージックを作ってるトラック・メーカーが僕らみたいなベタベタなラップに曲を提供しようと思ってくれない(笑)。「2nd Hotel」がギリギリトラップのニュアンスがある程度で。

――世間的な風潮を見て、トラック・メーカーに「こういうトラックが欲しい」という発注をすることはない?

斎藤 : それがなかったから「2nd Hotel」みたいなのがありがたかった。トラップに近づきつつトラップではないし、そのトラックを自分たちのものにできた。

J-POPの一部としてラップをやりたいとは思っていない(斎藤)

――NXNGというサイトのインタビューで、斎藤さんがラップを始めた頃のことを振り返って「ストリート文化の人間でもなく、生活の苦労もない世間知らずの子どもの僕には、言いたいこともなければラップをする資格もないのだという気持ちになることが多々あり、その悩みを周りによくぶつけていました」と書かれていました。その気持はパブリック娘。の表現でも引きずっている?

斎藤 : 中学生の時にエミネムを知って、日本のファンサイトでいろんなことを教えてくれる人と知り合って、ヒップホップという表現のルーツがどこにあるのかを知ったことでリアルな表現とは… みたいなことを考えすぎて観念的になっていたんです。パブリック娘。に関してはそういう悩みはないです。自分がやることしかできないと思ってるから。でも、大学時代にパブリック娘。を結成することになって最初にスタジオに入ったとき、清水くんが作ってきた曲がRhymesterの「B-BOYイズム」のイントロに合わせて「俺ったっちはパブリックムッスメ」って歌ってて、「こりゃ駄目だな…」とは思った(笑)。


パブリック娘。「俺たちがパブリック娘。」2009年のライヴ映像

――今はラップをカジュアルに一つの表現方法として使う人も多いですね。

斎藤 : ラップがポップになる事に文句はないけど、J-POPの一部としてラップをやりたいとは思っていない。アイドルがラップをすることにも、あまり肯定的じゃないし。

清水 : ラップをずっとやってきた人たちは、J-POPのフィールドで作品を出しても、説得力がある。ラップを全く通ってきていない人が誰かに書いてもらった曲を歌うのは行為としてヒップホップ的じゃないから、自分は魅力を感じないです。

斎藤 : その発言は矛盾を感じるな。アルバムに入ってる「そんなことより早く、このパーティから連れだして。」は、サークルの後輩の女の子が歌ってる曲で、「そんなことより早く、このパーティーを抜け出さない?」という僕らの曲のアンサーなんです。僕は人に歌わせるために歌詞は書けないと言って、突っぱねて「~連れだして」には参加しなかった。でも清水くんは参加してるでしょ。言ったこととやってることが合ってないけど、そこについてはどう思ってるの?

清水 : ビーフだ(笑)。あれはふざけて書いた歌詞だし、この曲に反応している人はヒップホップの話ができる人だとは思っていない。斎藤が作詞を断って、森心言(DALLJUB STEP CLUB/Alaska Jam)が歌詞を書いてよかったと思ってるよ。職人的で秀逸な歌詞だったし。

文園 : 「~連れだして。」を作ったのは、自分が書いた曲を使って女の子にラップしてもらって、男サイド(「~抜け出さない?」)と女サイド(「~連れだして」)の両方の気持ちを歌った曲を1枚のアルバムに入れたかったから。「~連れだして」を出すちょっと前にtofubeatsくんがlyrical schoolに歌詞を提供しているのを知って、僕らも女の子がラップしている曲を出せばいろんな人にリミックスされて名前が広まるだろうって思惑もあった。3人で作ったというより僕が勝手に作った曲という感じ。

――音楽と関係がない話になってしまうんですが、今回のアー写とジャケット写真だったり、今日の服装もそうなど、ビジュアル的にみなさんなんというか… グランジ感があるというか…。それをわざとやってるのかどうかというのが気になります。

文園 : グランジ感… 出てますかね(笑)。グループのイメージをいなたい方向に持って行こうとは全然してないんですけど、お金をかけられないからファッションに統一感がない。でも今回はちゃんとカメラマンを入れてアー写を作って、録音もし直して、きっちりパッケージを作ったつもりだったのになぁ。

清水 : もはや服装じゃなくて顔が問題なんじゃないかな(笑)。ふざけてるわけじゃないんです、一生懸命やってコレなんですよ。

斎藤 : YouTubeの動画を見てもらうとわかるんですけど、大学時代はいまよりひどい格好をしていましたから。それに比べると良くはなっているよね。俺たちがSuchmosみたいにかっこ良かったらなあと思うことはありますよ!

RECOMMEND

DALLJUB STEP CLUB 『We Love You(24bit/48kHz)』2015年

「そんなことより早く、このパーティから連れだして。」に歌詞を提供している森心言が在籍している4人組バンド。レゲエ/ダブをベースにしつつ、人力でジューク/フットワークを演奏するなど、バンド形態でビートミュージックへの接近を見せた意欲作。

JABBA DA HUTT FOOTBALL CLUB『QUEST』 2015年

ネットレーベル〈OMAKE CLUB〉から2015年デビューしたニュー・カマーの4MC。泉水マサチェリー(WEEKEND)、森心言(Alaska Jam)、YOSAらがゲスト参加している。

%C『PCT.PEPPER'S LONELY BEATS CLUB BAND』2013年

『初恋とはなんぞや』のプロデューサー、%C(パーシー)のプロデュース・アルバム。HOOLIGANZやHAIIRO DE ROSSIのライヴDJとしても活躍す%Cが、ラッパー・DJ問わず10人以上のゲストを招いて作り上げた豪華作。

Enjoy Music Club『FOREVER』2015年

ポップなトラックと力の抜けたラップ&リリックで、幅広いリスナーを獲得している3人組。思い出野郎Aチーム、Homecomings、中川理沙(ザ・なつやすみバンド)、森雄大(neco眠る)らがゲスト参加。

LIVE INFORMATION

2016年7月30日(土)@タワーレコード渋谷店4Fイベントスペース
スペシャル・ミニライブ&サイン会・特典お渡し会
開演 : 13:30
観覧フリー

PROFILE

ナイティンエリーナイン! 文園太郎、清水大輔、齋藤辰也の3 人による平成元年うまれが集まったラップ・ユニット。2011 年、tofubeats が「初恋とはなんぞや」を率先してリミックスしたことから熱心なヒップホップ・ファンに注目されはじめ、2012 年にはシンガー森心言(Alaska Jam/DULLJAB STEP CLUB)をゲストにむかえ多数のリミックスを生んだ「そんなことより早く、このパーティーから抜け出さない?」をリリースし、全国のクラブでDJ がかける事態となり、クラブアンセム化。

2013 年には〈DUM-DUM〉レーベルからトリプルファイアーとの同時配信リリース、ネット発の人気レーベル〈マルチネ〉や〈アノトラクス〉のコンピへの参加などを経て、2014 年にはYkiki Beat などとファッションZINE『Weary』への曲提供、2015 年には旬のインディーズバンドが集ったコンピレーション『New Action! ~ Compilation Vol.2 ~』に参加し初の全国流通を果たす。

2016 年、満を持して待望の『初恋とはなんぞや』をリリースする。

Twitter: @PublicMusume

>>パブリック娘。 オフィシャルサイト

o

 
 

インタヴュー

音楽は幸せな空間を作れるのか? ──新たなバンド・サウンドを得たAL『NOW PLAYING』を先行配信
[CLOSEUP]・2018年01月10日・音楽は幸せな空間を作れるのか? ──新たなバンド・サウンドを得たAL『NOW PLAYING』を先行配信 小山田壮平と長澤知之がプライベートのアコースティック・ユニットとして数年前に活動をはじめ、そののちに藤原寛、後藤大樹をバンドに迎えて2016年4月に1stアルバム『心の中の色紙』をリリースしたロック・バンド「AL」。そんな彼らが2018年のはじまりに快作の2ndアルバム『NOW PLAYING』をリリースする。今回OTOTOYでは本作の1週間先行配信を実施。本文の中でも語られているように、1stアルバム『心の中の色紙』よりも、よりバンドらしい作品ともいえる『NOW PLAYING』はどのように生まれたのか、ソングライターである小山田壮平、長澤知之の2人に話を訊いた。ちなみにこの2人でのインタヴューはAL史上初! みなさま必見です! よりバンドらしくなったALの最新作を先行配信 AL / NOW PLAYING'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込) / アルバム 2,000円(税込)【収録曲】''1. 会いにいくよ2. NO
MOROHA、結成10周年記念インタビュー【前半】──「茶の間の胸ぐらをつかんで、ライヴ会場に!」
[FEATURE]・2018年01月14日・「茶の間の胸ぐらをつかんで、ライヴ会場に引きずり込め!」──MOROHA、結成10周年記念インタビュー【前半】 魂を震わせるリリックと、互いの持ち味を最大限に生かすためアコースティック・ギターとMCだけの最小編成にて行われるライヴで、彼らの音楽を聴いたもの、観たものを圧倒させるMOROHA。そんな彼らが2018年に10周年を迎える。このタイミングで6月6日(水)には再録ベスト・アルバム『MOROHA BEST〜十年再録〜』のリリース、そして12月16日(日)にZEPP TOKYOにて単独ライブも決定したのだ。着々と多くの人に向けて、彼らの音楽が届くよう歩みを進める彼らであるが、OTOTOYは、お茶の間にもMOROHAの音楽が届く未来がそう遠くないことを確信している! 今回OTOTOYでは、10周年を迎えた今までの活動についてを、インタビューや主宰のボロフェスタに招集する等、時には言い合いをしながらもデビュー当時からずっと応援し続けるOTOTOY編集長の飯田仁一郎と共に振り返る。まずはインタヴューの前半をどうぞ。 元旦リリースの最新曲をチェック!【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1k
by JJ
2018年の始まりにして年間ベスト級デビュー・アルバムーー “エモい”都市生活を鳴らすアイドル・・・・・・・・・に迫る
[CLOSEUP]・2018年01月05日・2018年の始まりにして年間ベスト級デビュー・アルバムーー “エモい”都市生活を鳴らすアイドル・・・・・・・・・に迫る シューゲイザー的な「エモさ」とアンダーグラウンド・パンク的な「ヤバさ」を楽曲コンセプトに活動するアイドル・ユニット「・・・・・・・・・」が、2018年1月12日リリースの1stアルバム『 』をOTOTOY独占で1週間先行でハイレゾ配信開始。日本ドローン界の雄、hakobuneディレクションの元、ノイズやアンビエント等を用いた1トラック72分の1stシングル『CD』がネットを中心に大きな話題を呼んだが、初アルバムとなる今作は、ForTracyHydeの管梓、Mavや、my letterのキヌガサチカラ、あヴぁんだんどやアシモフが手品師で知られるteoremaa等が楽曲提供を手掛け、シューゲイザーから、90sUK、90semo、ローファイ、ドラムンベース、エレポップまで、様々なジャンルを「エモい」にぎゅっと集約した全10曲。アイドルという記号性を取り除くため、アーティスト名もアルバム名も検索に引っかからないなど、コンセプトも練りこまれている彼女たちに改めて迫るインタヴューを掲載し迫った。
コムアイ、ケンモチヒデフミ、Dir.Fとともに振り返る、水曜日のカンパネラの2017年、そして2018年
[CLOSEUP]・2017年12月31日・コムアイ、ケンモチヒデフミ、Dir.Fとともに振り返る、水曜日のカンパネラの2016年、そして2017年 毎年恒例、水曜日のカンパネラの1年間を振り返るインタヴューも今年で5回目。2017年の水曜日のカンパネラは、日本武道館でワンマン・ライヴ、全国を巡るツアー、海外でのフェス参加も増えるなど、より一層グローバルな音楽活動を繰り広げました。さらにタモリ倶楽部に出演したり、NHKで松岡正剛氏と対談、ドラマにも出演するなどテレビでも大活躍。音楽以外の場所でも表現の幅を広げるカンパネラの2018年は果たしてどんな年になるのか? 2017年を振り返るこのインタヴューをご覧になって、2018年を想像してみてはいかがでしょう? 取材 & 文 : ねるねるね〜るね西澤 2017年リリースのデジタル・シングルを絶賛ハイレゾ配信中【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) (全タイトル共通)【配信価格】単曲 540円(税込) (全タイトル共通) INTERVIEW : 水曜日のカンパネラ ーー年末恒例、1年を振り返るインタヴューです。とはいえ、OTOTOYではこれが2017年初インタヴューなので、いろい
by 西澤 裕郎
サブスクで話題の、サニーデイ・サービスのあの作品がさらなる進化を遂げる!
[CLOSEUP]・2017年12月25日・サブスクで話題のあの作品がさらなる進化を遂げる! ──曽我部恵一が語るサニーデイの進化と変容 今年6月、突如Apple MusicとSpotifyにてストリーミング配信のみでリリースされたサニーデイ・サービスの『Popcorn Ballads』。このアルバムに収録された22曲は、ヒップホップやトラップ、そしてファンクの要素までをも含み、新たなサニーデイの進化に、前作『DANCE TO YOU』リリース時と同じく、いやそれ以上にぼくらを驚かせた。そんな衝撃のリリースから半年、このたび12月25日のクリスマスにサニーデイがリリースしたのは『Popcorn Ballads(完全版)』。今回新たに収録された楽曲や、客演を迎えて進化を遂げた楽曲まで…… まさにディレクターズカットと言える完全版の作品が届いたのだ。完成版となった『Popcorn Ballads』はどのように生まれたのか、今年の音楽シーンを振り返るとともに、曽我部恵一に話を訊いた。 サニーデイからのクリスマス・プレゼント、ハイレゾ配信! サニーデイ・サービス / Popcorn Ballads(完全版)'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bi
by JJ
嘘偽りなしのピュア・ハードコア──MILK、待望の1stアルバムを〈KiliKiliVilla〉よりリリース!!
[CLOSEUP]・2017年12月02日・嘘偽りなしのピュア・ハードコア──MILK、待望の1stアルバムを〈KiliKiliVilla〉よりリリース!! 名古屋を中心に活動するハードコア・パンク・バンド、MILK。2014年に〈SummerOfFan〉からリリースの7インチ・シングル『MY E.P.』、2016年に〈Less Than TV〉からリリースしたソノシート『MISFITS E.P.』は発売からあっという間に各地で在庫切れを起こし現在入手困難となる中、待望となっていた1stアルバムをこの度〈KiliKiliVilla〉よりリリース! OTOTOYではアルバムの発売を記念し、バンド単独では初となるインタビューを掲載です! 今の彼らが全て収められた傑作!!MILK / ALL ABOUT MILK'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC 【配信価格】単曲 250円(税込) / アルバム 2,000円(税込)【収録曲】''01. OUTPUNK02. better youth03. MINDSET04. My Say05. 2206. WE07. Role08. Have mine09. そこに
【短期連載】どついたるねん、なぜメジャーは彼らと契約したか?──宮本純乃介(キングレコード)と全裸で語り合う
[CLOSEUP]・2017年12月18日・【短期連載】どついたるねん、なぜメジャーは彼らと契約したか?──宮本純乃介(キングレコード)と全裸で語り合う どついたるねんが、12月20日にキングレコードよりメジャー1stシングル『BOY』をリリース。表題曲「BOY」に加え、ZEN-LA-ROCKとメイリン(ZOMBIE-CHANG)がfeat.で参加した「おならぷーぷーセッション feat. ZEN-LA-ROCK, ZOMBIE-CHANG」、親交のある澤部渡(スカート)がバンド・アレンジを施した「街」、同じく親交の深いミツメの代表曲「煙突」をアレンジした「煙突(モクモク remix)」が収録される。リリース当日には渋谷CLUB QUATTROにて完全無料のライヴ開催も行うなど、怒涛の勢いで突き進むどついたるねんの短期連載を3回に渡り掲載する。最終回は、メジャーレコード会社・キングレコード / EVIL LINE RECORDSのレーベル・ヘッド宮本純乃介を迎えインタヴューを敢行。なぜ、どついたるねんをメジャーで契約したかに居酒屋で迫った。 メジャー1stシングルは12月20日リリース!!どついたるねん / BOY'【収録曲】''1. BOY2.
by 西澤 裕郎
ソロ初の全国流通、そして新バンド・GODの結成&リリース──渦中の人、下津光史が向き合う音楽とは
[CLOSEUP]・2017年12月20日・ソロ初の全国流通、そして新バンド・GODの結成&リリース──渦中の人、下津光史が向き合う音楽とは 踊ってばかりの国のオリジナル・メンバーであり、全作詞、作曲、ヴォーカル、ギターを担当する下津光史が、1stフル・アルバム『下津光史歌集』をリリースする。さらに下津が参加するバンド、GODによる1stフル・アルバム『DOG』も同日リリースすることが決定している。GODのメンバーは下津に加え、濱野夏椰(G / Gateballers)、jan(B / GREAT3、jan and naomi)、照沼光星(Dr / ex. QUATTRO)、日高理樹(G, Syn)と、現在活躍中バンドのメンバーにより構成。まさにスーパー・バンドと呼ぶにふさわしい面々が揃っている。OTOTOYではこの注目すべき両アルバムを、CDリリースも2018年1月10日に先駆けて、3週間先行で配信! さらに、GOD『DOG』はハイレゾ音源も配信中なので、ここでのダウンロードがマストですよー! 今回行った下津へのインタヴューと共にチェックしていただければ、楽曲の理解が深まるほか、両作に収録されている楽曲違いをより強く感じ楽しめること間違いなし! 2