Track TitleDurationPrice
Redbull alac,flac,wav,aac: 24bit/48kHz 03:52  
Future Step alac,flac,wav,aac: 24bit/48kHz 03:34  
Yakedo(skin burn) alac,flac,wav,aac: 24bit/48kHz 03:06  
Futsukayoi alac,flac,wav,aac: 24bit/48kHz 04:33  
No.119 alac,flac,wav,aac: 24bit/48kHz 03:24  
Kawasaki alac,flac,wav,aac: 24bit/48kHz 02:54  
Weekly alac,flac,wav,aac: 24bit/48kHz 02:51  
Future Step (NATURE DANGER GANG Remix) alac,flac,wav,aac: 24bit/48kHz 03:36  
Redbull (LEF!!! CREW!!! Remix) alac,flac,wav,aac: 24bit/48kHz 04:19  
No.119 (D.J.Fulltono Remix) alac,flac,wav,aac: 24bit/48kHz 04:33  
曲番クリックで試聴できます Total: 36:42
作品情報

2012年、元DACOTA SPEAKER.のGOTO(drum / dub / compose)とBENCH.(bass / voice)、そしてWOZNIAK、TESTAV、OUTATBEROのYuta Hoshi(machine / bass fx / voice)の3人を中心として結成。力強いベースサウンドとしなやかで自由奔放なドラムワーク、即興性と実験性に満ちたエレクトロニクスを武器にバンドシーンでの活動を開始。DubstepやJungle、Juke/FootworkからTechno/House、果てはHip Hopまで、あらゆるジャンルを取り込み消化/昇華した真にAlternativeな音を追求している。異なるバックグラウンドを持つメンバーが紡ぎ出すドープな世界観と音像感、ヒューマンビートの”揺らぎ”とマシーンビートの”硬さ”を自由に行き来するそのスタイルは、バンド/クラブという高い壁を軽々と飛び越えるような強烈な個性を放ち、54-71やZAZEN BOYSといった偉大なリズムの冒険者たちとのスリリングな共鳴を感じさせる。2013年にはAlaska Jamのボーカルとしても活動する森 心言(synthesizer / rap)が加入。骨太でミニマルかつドライなファンクネスに、ポップかつエモーショナルなシンセワークとボーカルが融合し、新たなフェイズを見せ始めた。リスナーだけではなく、自らをも裏切り、予測不可能に脱皮し続けるDALLJUB STEP CLUBから目が離せない。

ディスコグラフィー