鳥肌モノのポリフォニー!! UQiYO、斬新すぎるコンセプトの新作をハイレゾで配信

これはすごい。きわめて斬新コンセプトと圧倒的なクオリティをもったアルバムが登場した。Yuqi(Vo / Composer)、Phantao(Key)、Satoshi(Perc / Dr)の3人からなるユニット、UQiYO(ウキヨ)の新作がそれだ。その内容はと言えば、「GIRL to BOY」(=女の子から男の子へ)、「BOY to GIRL」(=男の子から女の子へ)という2種類の曲が交互に繰り返され、そのたびに少しずつ変化していくというもの。しかも、最後にはひとつの曲(「THY LUV」)へと融合し、感動的なポリフォニーを奏でることになるのだ。男女が互いに成長しながら想いを通わせていく様子を、巧みに表現したアルバムと言えるだろう。

もともとは7週間にわたるプロジェクト「2014 Winter」としてスタートし、昨年12月から1曲ずつ発表されてきたこれらの楽曲。このたび、そのすべてを収録したアルバム『THY LUV - Complete +1』が配信開始された。しかも、24bit/48kHzのハイレゾで。ピアノ、アコースティック・ギターを主体とし、生音の魅力を存分に活かした楽曲たちを、唯一無二のコンセプトとともに楽しもう。楽曲やプロジェクトについて詳しく解説したレヴューとともにどうぞ。

※2014 Winter 特設ページ

THY LUV - Complete +1

【配信フォーマット / 価格】
ALAC / FLAC / WAV : 1,500円 (単曲購入は200円)

【収録曲】
01. Girl to Boy 1
02. Boy to Girl 1
03. Girl to Boy 2
04. Boy to Girl 2
05. Girl to Boy 3
06. Boy to Girl 3
07. THY LUV
08. THY LUV featuring MICHIYO HONDA
09. ex1 THY LUV 1
10. ex2 THY LUV 2

男女が互いを育み合い、恋愛していくかのような音楽

2013年12月27日、「2014 Winter」と題されたひとつのプロジェクトが始動した。

UQiYO(ウキヨ)というアーティストが開始したこのプロジェクトは、「GIRL to BOY」(女の子から男の子へ)、「BOY to GIRL」(男の子から女の子へ)という2つの曲が、2月14日までの計7回、毎週少しずつ成長(アップデート)されていくというもの。まるで男女がお互いを育み合い、恋愛していくかのようなストーリー性をもったプロジェクトだ。もうすでに完結しているのでネタばらしをすると、最終日の2月14日、ヴァレンタイン・デーのアップデートで、2つの曲が合わさりひとつになる。リアルタイムで見ていた人にとっては、まるでひとつのドラマを観ているような、今までにないプロジェクトだ。

2014 Winter

最初の楽曲「GIRL to BOY」は、ピアノ主体のシンプルな曲に柔らかな歌声がのった心地良い1曲。次に公開された「BOY to GIRL」も、ギターのリフ主体のシンプルな楽曲だ。次のアップデートでは、「GIRL to BOY」にシンセのリフが追加され、なんともカラフルな雰囲気に。「BOY to GIRL」はシンセだけでなく、ドラムのリズムが加わってダンサンブルに進化。この時点で両曲の雰囲気はどことなく似てきている。男女の距離が近づいてきたのだ。「GIRL to BOY」の2回目のアップデートでは、シンセは控えめに、ストリングスは美しい大人っぽい雰囲気をまとう。「BOY to GIRL」は全体的に音がまとまり、ポップでありながらどこかシックに。男女が大人へと成長していく様子がしっかりと表現されている。そしていよいよ2つの曲がひとつに合わさり、「THY LUV」という楽曲が完成するのだ。今回配信される『THY LUV - Complete +1』には、前述の7曲に加え、「THY LUV」をもとにしたエクストラ・トラックが2曲、そして本田みちよをヴォーカルに迎えた「THY LUV featuring MICHIYO HONDA」が追加収録されている。

最初はバラバラだった2つの曲が…


GIRL to BOY

BOY to GIRL

最後にはひとつの楽曲に。


THY LUV featuring MICHIYO HONDA

Mice Paradeやmumを彷彿とさせるUQiYOの楽曲は、日常を歌ったものでありながら、その洗練されたサウンドと浮遊感のある歌声で、私たちを非日常にいざなってくれる。斬新なコンセプトだけでなく、しっかりと楽曲で聴かせてくれるのが彼らのすごいところだ。今回のプロジェクト以外にも、さまざまなクリエイターたちとコラボし、独特の試みを次々と行うUQiYO。その点、ミュージシャンというよりは、アーティストという表現がぴったりの存在だ。

さまざまな表現方法で、私たちを非日常の世界にいざなってくれるUQiYOから目が離せない。変わらない日常に飽きてしまった人、新しい刺激を求めている人、そういった人たちにこそ、彼らの音楽が届けばいいと思う。(text by 吉野敬一郎)

RECOMMEND

Mice Parade / Candela

これまでとはひと味もふた味も違うMice Paradeの最新作。「これまでのMice Paradeは忘れてほしい。まったく違うものになる。はるかに良いものに」。アダム・ピアース自身がそう語った意欲作。 結成14年、今なお前進&挑戦しつづける彼らの姿は、感動的ですらある。

mum / Smilewound

BjorkやSigur Rosと並び、アイスランドを代表するバンドとして高い評価を受けるmum(ムーム)。彼らが4年ぶりにリリースした2013年作『Smilewound』は、生音をふんだんに使ったポップスから、幻想的なエレクトロニカまで、多彩な表情を持った1枚。日常の喧騒を忘れ、ゆったりと耳を澄ませてみては?

>>特集ページはこちら

本田みちよ / スタート(24bit/48kHz)

OVERROCKETを脱退した本田みちよが、わずか2ヶ月でリリースしたソロ・シングル。「スタート」というタイトル、そしてエネルギッシュな曲調からは、新たな一歩を踏み出そうとする彼女の決意が感じられる。本田自身が「新しくスタートする人への応援歌」と語る、ポジティヴな1枚。OTOTOY独占で高音質配信。

>>特集ページはこちら

PROFILE

UQiYO
"日常を、心地よい非日常-浮世-にいざなう音楽ユニット" 。
Vo / ComposerのYuqiを軸に2010年よりKeyのPhantaoと活動を開始。2014年1月よりPerc / DrのSatoshiが正式加入。「音楽を、音以上の体験として提供したい」という志で、さまざまな試みとともに音源リリースやLive活動を行う。「同期を一切使わずにリアルタイムLooperなど駆使し、濃厚で温もりあるエレクトロの音世界」を繰り広げる。2013年春にリリースした「at the Starcamp」のMVは、webデザイン業界の最注目株であるデザイン・スタジオ「TWOTONE」から協力を得て撮影。宣伝なしで再生回数10,000を超す。同年5月にアルバム『UQiYO』をリリース。自主制作ながらロング・ヒットを続け、More Recordsの「Album of the Month」を獲得し、Flake Recordsから大レコメンドされたことをきっかけに知名度が広がる。今年4月からHMVにて全国展開(一部を除く)。2013年秋にはボトルの中に手紙の音源を入れる商品が完売。一方、劇や映像音楽制作、CMへの楽曲提供などを行う。

>>UQiYO OFFICIAL HP

o

 
 

レヴュー

変化せよ、音楽のように――ヘンリー・グリーン、自然体で「変化すること」を描く1stアルバム
[CLOSEUP]・2018年04月20日・変化せよ、音楽のように――ヘンリー・グリーン、自然体で「変化すること」を描く1stアルバム マッシヴ・アタックやポーティスヘッドといったアーティストを輩出し、その音楽シーンが常に世界中の注目を集めるイギリスの港湾都市・ブリストル。そんな港町のベッドルームから現れたのが、ヘンリー・グリーンという22歳の青年だ。繊細なヴォーカルと、エレクトロニクスとアコースティックを高次元で融合させたサウンド・プロデュースが魅力的な彼が注目を集めたのは2013年、彼がカヴァーしたMGMT「Electric Feel」をノルウェーの人気プロデューサー、KYGOがリミックスしたのが切っ掛けだった。その後もベッドルームから精力的にリリースを続けてきた彼が、待望の1stアルバムがリリースするにあたって本作のテーマに掲げたのは「Shift」、変化ということだ。OTOTOYでは、そんな要注目の一枚をより楽しんでいただくため、ハイレゾ配信を行うとともにレビューを掲載します。 要注目、待望の1stアルバムHenry Green / Shift'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?
by 井上裕樹
【REVIEW】ハイレゾ配信開始! 『からかい上手の高木さん』Music Collection
・2018年04月18日・堤博明が彩る暖かく優しい、からかいの日々 ──『からかい上手の高木さん』Music Collection 2018年1月より3月まで放送され、各メディア、SNSでも話題となった人気テレビアニメ『からかい上手の高木さん』そのオリジナル・サウンド・トラックがOTOTOYでもハイレゾ配信開始! 音楽は『クジラの子らは砂上に歌う』『sin 七つの大罪』等のヒット作を手かげた堤博明が担当。放送が終わってしまい、高木さんロスになってしまっているかたも、改めて作品の魅力を感じたいかたも、本作と共にもう一度あの甘酸っぱいからかいの日々をレヴューと一緒に振り返ってみましょう! (text by 伊達恭平) ハイレゾ音源配信中! 堤博明 / からかい上手の高木さん Music Collection 【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) >>>ハイレゾとは?'【配信価格】''単曲400円(税込) / アルバム3500円(税込) 日常とキャラクターの魅力へ寄り添う、「暖かな」楽曲達 「ゲッサン」(小学館)にて好評連載中、コミックス累計400万部突破!! 照れたら負けからかいコメディ! とある
by 伊達 恭平
【REVIEW】ロックンロール覚醒──春ねむり、目覚めのシャウトを打ち鳴らす初のフル・アルバムをリリース
・2018年04月16日・【REVIEW】ロックンロール覚醒──春ねむり、目覚めのシャウトを打ち鳴らす初のフル・アルバムをリリース 横浜出身のポエトリー・ラッパー、春ねむり。2016年10月に1stミニ・アルバム『さよなら、ユースフォビア』でデビュー、昨年6月に2ndミニ・アルバム『アトム・ハート・マザー』をリリースした。そして3作品目となる、初のフル・アルバム『春と修羅』が完成した。諸刃の剣のように近付けば危うく、力強さすら感じさせる彼女の言葉達は、ラップのリズムに隙間なく詰め込まれ、彼女独特のエモーショナルなサウンドへと変わっていく。さらに今作には客演として突然少年、NERO IMAI、リミックスとして長谷川白紙が参加している。音楽の新しい可能性を追求する彼らとの楽曲は、春ねむりの新たなバック・グラウンドを知るきっかけとなるだろう。そんな本作をより深く楽しんでいただくため、OTOTOYではレヴューを掲載することにした。 自身初のフル・アルバム!!春ねむり / 春と修羅'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込) / アルバム 1800円(税込)【収録曲】''
京都発の大注目バンド“ベランダ”──ポップの旗手としての資質を裏付ける初の全国流通盤
・2018年04月11日・【REVIEW】京都発の大注目バンド“ベランダ”──ポップの旗手としての資質を裏付ける、初の全国流通盤 京都のオルタナティヴ・バンド、ベランダが待望の全国流通盤をリリース。昨年1月にリリースしたミニ・アルバム 『Any Luck to You』 は、 ライブ会場と一部店舗のみでの販売にもかかわらず半年で約900枚を売り上げたほか、くるり岸田やASIAN KUNG-FU GENERATION後藤正文など多くのアーティストからも高い評価を得た。そんな彼らが、親しみやすいメロディの中に、どこか懐かしい空気感を漂わせるその世界観を維持しつつも、さらに表現の幅を広げた2ndミニ・アルバム『Anywhere You Like』をリリースした。彼らにとって初の全国流通盤となる今作をレヴューとともにお届けしよう。リード曲となる「エニウェア」を期間限定で無料配信するので、まずは彼らの世界観を体感してみてはいかがだろうか。 リード曲を期間限定フリー配信!ベランダ / エニウェア'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信期間】''2018年4月18日23:59まで※会員登録なしでもダ
by 阿部 文香
【REVIEW】ヤなことそっとミュート、初となるバンド・セットを披露した2度目のワンマン・ライヴがハイレゾ配信スタート!!
[CLOSEUP]・2018年03月29日・ヤなことそっとミュート、初となるバンド・セットを披露した2ndワンマン・ライヴがハイレゾ配信スタート!! オルタナ、グランジを踏襲したロック・サウンドと、そのパフォーマンスで注目を集めるアイドル・グループ、ヤなことそっとミュート。2017年12月に赤坂BLITZにて行われた、彼女たちの2ndワンマン・ライヴの模様がハイレゾ音源となって蘇ります! この日のライヴではグループ初となるバンド・セットも披露し、グループとしての新たな可能性を提示した1日は、当日ライヴに足を運んだ方はもちろん、彼女たちに初めて触れる方にもおすすめしたい作品! OTOTOYでは音楽評論家、宗像明将によるレヴューを掲載。作品と併せてこちらもぜひ! また、購入者の方にはこの日の模様を収録したライヴDVDのプレゼント企画もありますのでこちらもお見逃しなく! 初のバンド・セットでのパフォーマンスも収録!!ヤなことそっとミュート / 2ND ONEMAN LIVE@AKASAKA BLITZ'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC【配信価格】単曲 400円(税込) / アルバム 3,000円(税込)【収録曲
【REVIEW】ビート・ミュージックのルーツを探る──Dabrye、三部作の完結を記念して過去作のリマスターをリリース
[CLOSEUP]・2018年03月26日・ビート・ミュージックのルーツを探る──Dabrye、三部作の完結を記念して過去作のリマスターをリリース タッド・マリニックスによるヒップホップ・プロジェクト、Dabryeによる三部作シリーズが、彼の12年ぶりとなるニュー・アルバム『Three/Three』を以てついに完結。これを記念して、三部作の一作目『One/Three』にリマスタリングとボーナス・トラック3曲を加えた復刻盤がリリースされる。2001年にリリースされた本作は、現在ではすっかりお馴染みとなっている、エレクトロニカとヒップホップの交差点に位置する「ビート」サウンドの最初期に位置する一枚として知られている。リマスタリングは「LOW END THEORY」、レーベル〈ALPHA PUP〉を主催する、ビート・サウンドにおける最大の功労者のひとり、Daddy Kevが担当。OTOTOYでは、このビート・ミュージック・シーンにおける最重要盤をより楽しんでいただくため、配信を行うとともにレヴューを掲載します。 三部作完結記念、マスタリングはDaddy Kevが担当 Dabrye / One/Three'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bi
by 井上裕樹
【REVIEW】タイの実力派SSWがついに日本デビュー──詩情豊かに織りなされる、苦く美しい過去の世界
[CLOSEUP]・2018年03月18日・タイの実力派SSW、プム・ヴィプリット日本デビュー──詩情豊かに織りなされる、苦く美しい過去の世界 YouTubeにおいてシングル「Long Gone」のミュージック・ヴィデオが公開から半年余りで200万回再生を数え、 アジアのみならず世界中で話題を集めてきたタイのヤング・スターがついに日本デビュー。 ニュージーランド育ちバンコク在住・若干22歳のタイ人シンガー・ソングライター、プム・ヴィプリット。その実力はASIAN KUNG-FU GENERATIONの後藤正文(Gotch)が 2017年ベスト・アルバムに選出したり、方々からの高い評価からもうかがい知れることだろう。ぜひご一聴ください。 クラウド・ファンディングによって制作した待望のデビュー・アルバム!Phum Viphurit / Manchild【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込) / アルバム価格 2,000円(税込)【収録曲】01. Strangers in A Dream02. Run03. The Art of Detaching One's Heart(feat
by 阿部 文香
忘却のカラスと記憶をめぐるマウント・イアリの選択──新アルバム配信スタート
[CLOSEUP]・2018年03月16日・忘却のカラスと記憶をめぐるマウント・イアリの選択──新アルバム『Now Only』配信スタート 昨春、夭折した最愛のパートナーの死をテーマに制作・リリースされ、衝撃と絶賛を浴びた『A Crow Looked At Me』から1年、マウント・イアリから早くもニュー・アルバム『Now Only』が届いた。ジュヌヴィエーヴ・カス トレイ夫人との出会いを綴った「TINTIN IN TIBET」から始まり、前作の続編でありながらも、少年期のエピソードを交えながら、彼の抑制された声と美しいメロディーで奏でられサウンドは、先へと踏み込んだものであるとうかがえられる。OTOTOYでは歌詞対訳デジタルブックレット付で配信します。この1年彼は何を見つめ前へ進んでいったのか、レヴューとともに浸ってみては? 前作からわずか1年で圧巻のニュー・アルバム配信スタートMount Eerie / Now Only'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込) / アルバム 1,500円(税込)【収録曲】''1. TINTIN IN TIBET2. DISTORTION3
by 尾野 泰幸