2008/11/26 00:00

11月に大量にダウンロード可能になったブルーズを一挙に紹介!

アメリカで黒人初の大統領が誕生した11月。recommuniでもまるでそれを祝うかのように多くの名盤ブルーズ・アルバムが配信開始になった。自由の国と言われてきたアメリカの音楽と言えばどんなものを想像するだろうか? ロック? ジャズ? ヒップホップ? カントリー? もちろんそれらもアメリカで生まれた音楽だ。しかし、代表する音楽はやはりブルーズだ。なぜならブルーズは、アメリカが歩んできた歴史と共に成長し進化してきたから。

この機会に、多くの人にもっとブルーズを聴いてほしいのでドドーンと紹介。ブルーズなんて古臭くてよくわからないというあなた! 一度その熱き魂の雄叫びを聴けば、あなたの魂も震える事間違いなし!

ブルーズとは

米国南部でアフリカ系アメリカ人の間から発生した音楽のひとつ。19世紀後半頃に米国南部で奴隷として連れられてきた黒人達が、苦しい生活から、魂を解放するため歌を歌い生み出したもの。つまりは、生きていくための手段。ブルーズの曲にはリアルな生活が投影されている。恋人とのいさかいから生活苦、白人からの迫害と様々なものがある。ブルーズは、奴隷制度、人種問題など20世紀のアメリカの歴史そのもの。さらにブルーズは、ロックに大きな影響を与えてきた。The Beatles、Rolling Stones、Jimi Hendrixなどはブルーズの曲を多くカバー作品として残し、その精神性から形式に至るまで様々な要素を取り入れた。さらにその影響はジャズ、リズム&ブルース、カントリー、ヒップホップ、クラッシクに至るまで見られ、アメリカのルーツ音楽として、今でも多くの人々を興奮させて止まない最大の影響力を持つ音楽なのだ。

作品紹介

■グレイト・ブルーズ・マスターズ・シリーズ

まずは偉大なるブルーズの巨人達に触れてみる作品集。ブルーズってどんな音楽? 聴いてみたいけど何から聴いたらいいの? という疑問にお応えする「グレイト・マスターズ・ブルーズ」。世界で一番有名と言ってしまっても過言ではない「ブルーズの王様」B.B.キングから、「カントリー・ブルーズ界の巨人」ライトニン・ホプキンス、「シカゴ・ブルーズの雄」マジック・サムと、その功績はここには書ききれない。現在のロックへ多大な影響を与えた偉大なる10人のブルーズ・メンのベスト・オブ・ベスト!! まずはこのシリーズを聴いて、ブルーズの燃えたぎる鼓動を感じるべし!


 


 

■さらにディープなブルーズの世界へ

スタンダードだけじゃ物足りない! ブルーズのさらなる深みへ! という、そんなあなたにオススメ! T・ボーン・ウォーカーをはじめ、B・B・キング、アルバート・キング、フレディ・キングと言った、モダン・アーバン・ブルースを代表するブルース・マンから、ライトニン・ホプキンスなどのカントリー・ブルーズ・マンも、必ずといって良いほどフェイバリットに上げる伝説のブルーズ・マンBlind Lemon Jefferson。荒々しさとモダンなスタイルがみごとに同居したJimmy Rogers & Left Hand Frank。マディやエルモアに師事したというダウン・ホーム・スライド・ギタリストの激レア・アイテム『Original Chicago Blues』。シカゴのウェスト・サイドで活躍したブルーズ・ギタリスト、ヒップ・ランクシャンの唯一のアルバム『Original Westside Chicago Blues Guitar』。黄金のリズムセクションThe Acesのメンバーとしての活躍したLouis Myers。聴けば聴くほど味がしみでるブルーズに触れれば、あなたも立派なブルーズ・マン。


 

■ジャパニーズ・ブルーズ

BLUESの熱き魂は国境を越え、ここ日本でもその命脈は燃えたぎっています! 日本を代表するブルース・ハープ奏者石川二三夫に、クレイジー・ケン・バンド横山剣が敬愛するThe Mojos。さらには日本のブルーズの黎明期のパイオニアBLUES HOUSE BLUES BAND。ブルーズは黒人歌手だけの音楽ではありません! 日本に脈々と伝えられるブルーズの魂を侮る事なかれ!


■これもブルーズ!? それもブルーズ!!

偉大なる先人達が残したブルーズのそのフロンティア精神を見事に受け継いだ(!?)21世紀のブルーズ・メン! 大正10年生まれの恐るべきミュージシャン坂上弘。自らの悲惨な経験を歌にしてしまうその荒唐無稽さは、BLUES以外の何ものでもありません。少し捩れたヴォーカルと絶妙なポップ・センスのPete & The Pirates。切り刻むリフとファンキーなリズム、ぶっ飛んだギター・ソロが炸裂するTHE HOWLING HEX。大阪発シカゴ行き“平成のゴッドねえちゃん”大西ユカリと新世界。曲者ぞろいでロバート・ジョンソンもびっくりのトリビュート・アルバム『Up Jumped To The Devil』。ここに挙げたどのアルバムもブルーズなしでは生まれる事のなかった音楽。現代の音楽を聴く事で、更にブルーズの偉大さが実感できます!


ブルーズとは魂である!!

ブルーズは今や時代も国境もジャンルも人種も超えて愛されている音楽である。今後どんなに音楽が複雑になり、機械化されていっても生身の人間が作り出す音楽には、ブルーズの魂が存在し、その音楽は多くの感動を与えるだろう。何百年、いや何千年たってもブルーズの偉人達が残した雄大で力強い歌声は、多くの人を勇気づけ興奮させることだろう。

TOP