坂本冬美

Pop

Discography

Pop
坂本冬美は浪曲の重鎮二葉百合子さんに師事し、2004年からコンサートの柱の1つとして歌謡浪曲を演じてきました。 今作は、コンサートで長く歌ってきた4作品を1枚のアルバムに収録した「坂本冬美歌謡浪曲」集大成のアルバムです。 歌唱監修に二葉百合子さんを迎え、「明治一代女」「沓掛時次郎」を新録。過去の作品に収録されていた「梅川忠兵衛」は、歌を新録しました。 「岸壁の母」は「坂本冬美 全曲集2020」に入っているバージョンを収録。 もちろん収録される作品は長編作品となっています。 まさに、坂本冬美の歌謡浪曲の世界をじっくりと楽しめる作品の誕生です。 *歌謡浪曲とは元々の原曲に歌謡節、セリフなどを加えドラマ仕立てに再構築し、1作で物語を味わえる作品です。
GOOD PRICE!
4 tracks
Pop
坂本冬美は浪曲の重鎮二葉百合子さんに師事し、2004年からコンサートの柱の1つとして歌謡浪曲を演じてきました。 今作は、コンサートで長く歌ってきた4作品を1枚のアルバムに収録した「坂本冬美歌謡浪曲」集大成のアルバムです。 歌唱監修に二葉百合子さんを迎え、「明治一代女」「沓掛時次郎」を新録。過去の作品に収録されていた「梅川忠兵衛」は、歌を新録しました。 「岸壁の母」は「坂本冬美 全曲集2020」に入っているバージョンを収録。 もちろん収録される作品は長編作品となっています。 まさに、坂本冬美の歌謡浪曲の世界をじっくりと楽しめる作品の誕生です。 *歌謡浪曲とは元々の原曲に歌謡節、セリフなどを加えドラマ仕立てに再構築し、1作で物語を味わえる作品です。
4 tracks
Pop
約3年ぶり「俺でいいのか」以来の演歌作品をリリース!! シングル「ブッダのように私は死んだ」からアルバム「Love Emotion」と情念の世界を歌って来ましたが、今作は「雪国~駒子その愛~」、「北の海峡」、「女は抱かれて鮎になる」などの艶唄に久し振りに挑戦! 「酔中花」はどこか艶っぽく凛とした中にも情の深い、“儚くも健気な女性像”を演じている。作家陣は「俺でいいのか」コンビの作詞:吉田旺 作曲:徳久広司、 編曲は南郷達也。 そしてカップリング曲は、先日リリースの「坂本冬美 35th Covers Best」に収録されており、ファンのリクエスト投票でも上位にランクインした「紅とんぼ」を収録。
4 tracks
Pop
約3年ぶり「俺でいいのか」以来の演歌作品をリリース!! シングル「ブッダのように私は死んだ」からアルバム「Love Emotion」と情念の世界を歌って来ましたが、今作は「雪国~駒子その愛~」、「北の海峡」、「女は抱かれて鮎になる」などの艶唄に久し振りに挑戦! 「酔中花」はどこか艶っぽく凛とした中にも情の深い、“儚くも健気な女性像”を演じている。作家陣は「俺でいいのか」コンビの作詞:吉田旺 作曲:徳久広司、 編曲は南郷達也。 そしてカップリング曲は、先日リリースの「坂本冬美 35th Covers Best」に収録されており、ファンのリクエスト投票でも上位にランクインした「紅とんぼ」を収録。
4 tracks
Pop
2021年、坂本冬美はデビュー35周年記念アニバーサリーイヤーの第1弾として5月にオールタイムベスト『坂本冬美35th』、6月にミュージックビデオを集めた『坂本冬美 35th Music Video Collection』を発売。10月には"情念ポップス"を中心としたコンセプトアルバム『Love Emotion』を発売し、精力的な活動を続けてきました。この坂本冬美デビュー35周年記念アニバーサリーイヤーを締め括る作品の発売が2022年2月に決定。坂本冬美は「また君に恋してる」に代表されるアルバム『LOVE SONGS』シリーズやアルバム『ENKA』シリーズなどで 計8枚のカバーアルバムをリリースしてきました。今作はそのカバー楽曲を対象に"坂本冬美35周年アニバーサリー後夜祭"と題してファン投票を実施。投票上位楽曲35曲を収録する2枚組ファン参加型カバー楽曲セレクトアルバムとなります。
35 tracks
Pop
2021年、デビュー35周年の坂本冬美。ここに35周年記念第1弾として『坂本冬美35th』のリリースが決定!!今作は坂本冬美35周年を記念して35曲を選曲し、2枚のディスクに収録。
GOOD PRICE!
35 tracks
Pop
本作品「ブッダのように私は死んだ」は、作家・桑田佳祐が坂本冬美を主人公に見立てて描いた、悲しくも美しい愛に生き、愛に死にゆくある種の「小説」であり、 また「歌謡サスペンス劇場」とでもいうべきジャパニーズ・フィルム・ノワール、一度きりの不埒な大人の歌がここに誕生した。
3 tracks
Pop
本作品「ブッダのように私は死んだ」は、作家・桑田佳祐が坂本冬美を主人公に見立てて描いた、悲しくも美しい愛に生き、愛に死にゆくある種の「小説」であり、 また「歌謡サスペンス劇場」とでもいうべきジャパニーズ・フィルム・ノワール、一度きりの不埒な大人の歌がここに誕生した。
3 tracks
Pop
五木ひろしとのデュエット新録曲「グラスの氷がとけるまで」や最新シングル「俺でいいのか」、さらに代表曲の数々を網羅したベストアルバム
GOOD PRICE!
16 tracks
Pop
坂本冬美にしか歌えない唯一無二の男歌の世界、ここに新たに誕生!! 新しい時代に入り、坂本冬美として初めての作品リリースとなる今作の表題曲「俺でいいのか」(作詞 吉田旺 作曲 徳久広司 編曲 前田俊明)は初心にかえって男歌の王道演歌。 坂本冬美の男歌として大ヒットを記録した「あばれ太鼓」、「男の情話」、「男侠」のような硬派な楽曲ではなく、艶歌的な男歌に初挑戦しています。 まさに、坂本冬美にしか歌えない世界を堪能できる作品の誕生です!
4 tracks
Pop
坂本冬美が、これまで影響を受けた演歌の名曲のかっこ良さを追及し、現代版にリニューアルしたアレンジでカバーして、演歌の魅力を幅広い世代にアピールしヒットを重ねてきた『ENKA』シリーズ第3弾。今作は趣向を変えて、坂本冬美の恩師である猪俣公章の生誕80周年を記念して猪俣公章作品を集めてレコーディング。
10 tracks
View More Discography Collapse
Collapse

News

デビュー35周年の坂本冬美、11年ぶりのMV集は全35曲収録

デビュー35周年の坂本冬美、11年ぶりのMV集は全35曲収録

1987年3月4日に「あばれ太鼓」でデビューし、今年デビュー35周年のメモリアルイヤーの坂本冬美。 4月21日に発売する35曲が収録されたオールタイム・ベスト・アルバム『坂本冬美 35th』に続いて、5月26日に35曲のMVを収録したミュージック・クリッ