祝! 高校卒業! KOTOの新シングル&シャオチャイポン1stシングルをハイレゾ配信開始

この3月に無事高校を卒業したKOTOが3曲入りシングル『JK卒業PACK』をリリース。さらに、”ゆり丸”の愛称で親しまれる平野友里とのユニット、シャオチャイポンの1stシングルもリリース。OTOTOYでは、この記念すべきタイミングでKOTOへのインタヴューを敢行。これまでの芸能生活を振り返ってもらうとともに、今後の活動についても語ってくれた。

KTOTO高校卒業記念シングルがハイレゾで登場!


KOTO / JK卒業PACK(24bit/48kHz)

【配信形態】
ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC
>>>ハイレゾとは?

【配信価格】
単曲 270円(税込) / アルバム 540円(税込)

【収録曲】
1. PoisonGirl
2. るっぱっぱ
3. 甘い果実の物語

シャオチャイポン初となるシングル


シャオチャイポン / URAHARAろまんちっく

【配信形態】
ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC
>>>ハイレゾとは?

【配信価格】
単曲 270円(税込) / アルバム 500円(税込)

【収録曲】
1. URAHARAろまんちっく
2. それが愛だ!
3. シャオ!チャイ!ポン!


シャオチャイポン/URAHARAろまんちっく


INTERVIEW : KOTO

今年3月で高校を卒業し、その後は進学せず、芸能活動に専念するというKOTO。彼女がソロ・デビューした2014年1月は中学3年の終わり。つまり高校の3年間は、そのまま現在のソロ・アイドルとしての地位を築きあげてきた3年間でもあった。この3年間を彼女自身に振り返ってもらうとともに、その成長の軌跡がうかがえる3曲入りの最新音源についてうかがった。

また半年前にはじめたばかりの平野友里とのユニット、シャオチャイポンが待望の初全国流通音源を3月15日にリリースした。結成から半年を経て、彼女自身はユニットをどう見ているのか。さらにKOTOがクラウドファンディングを使って始動させる、新たな"チャレンジ"についても訊いた。さまざまなことに挑戦しながら「自分を貫き通していきたい」と語る彼女の目は、とてもまっすぐだった。

インタヴュー&文 : 前田将博
写真 : 大橋祐希

表現者になりたかった

──無事に高校卒業が決まったそうで、おめでとうございます!

KOTO : ありがとうございます!

──ちょうど高校に入る直前の2014年1月に『ことりっぷ』でソロ・デビューしたんですよね。

KOTO : 昔からリリース時は一週間、毎日リリイベをやるのが決まっているんですけど、当時はそれがはじめてだったし、学校も毎日あったのでワシャワシャしながらやっていましたね。

──高校に入った頃のことは覚えていますか?

KOTO : 覚えていますよ。芸能活動をやらせてもらえる緩いところを選んだのに、思ったより厳しかったので学校に対して不満ばかり言っていました(笑)。メイクはダメとか、地毛が茶色いのもダメで友だちがめっちゃ怒られたりとか。KOTOは小学校くらいのときにピアスをあけたんですけど、それも申告しないといけなくて。

──ほかにも芸能活動をしている人がいる学校だったんですね。

KOTO : いっぱいいるので、そんなに変わったことではないんです。だからKOTOも空気みたいに、普通に授業受けて帰るか、ライヴに行くかみたいな(笑)。

──それまでの活動とアイドルとしての活動はまた違ってくると思うんですけど、学校の両立はいかがでしたか?

KOTO : 昔の方がいまよりライヴの本数が多くて、10日連続でやったりとか、月に30本以上あったりとかしたんです。最近はやっとイベントの遅い時間に出させてもらえるようになったんですけど、当時は出番も早かったので学校は早退ばかりしていました。ただ負けず嫌いなので、忙しいなら勉強も赤点ギリギリでいいんじゃないかみたいに言われることもあったんですけど、一夜漬けとかで朝まで勉強したりしてなんとかやっていました。

──学生ぽいことは経験できました?

KOTO : 行事とかはなかなか参加できなかったですね。修学旅行もちょうどリリースでいけなくて。そのぶん遠征でいろんな場所に行ってますけど(笑)。でも小学校の頃からダンスをやっていて、昔からそういうのは多かったので。学生の本分は勉強だと思っていたし、学校は勉強しにいくって感じでした。

──同級生と遊びに行ったりとかは?

KOTO : ほとんどないですね。学生ってだいたい「今日暇?」って感じに誘われることが多いじゃないですか。でも1ヶ月くらい前から予定を組んでいないとなかなか難しいので、行けないことがほとんどなんです。だから最近は学校の人より、ほかのアイドルさんと遊ぶことが多いですね。

──KOTOさんはソロ活動をはじめたときは、アイドルになろうと思っていたわけではなかったそうですね。

KOTO : 昔から目指してるものはあまり形がなくて、ダンサーとか歌手とかというよりは表現者になりたいなっていうのがありました。もともとダンスをメインにやっていて、歌も好きだから歌のコンテストにチャレンジしたらたまたま合格して、ユニットでライヴをやらせてもらっていたんです。その活動も楽しいかったからソロでも歌ってみようかってなったのがきっかけなので、最初はアイドルって言われるとは思っていなかったですね。歌いながら踊ってるっていうだけで。でもやってることとしては、確かにアイドルだよねって思ったので、最近はソロ・アイドルとしてがんばろうと考えるようになりました。

──そう思ったのは、なにかきっかけがあったんでしょうか。

KOTO : いろんな経験をさせてもらうなかで、がんばれるところまでがんばろうって。いましかできないことをやらせてもらっているので、それはチャレンジしてみるしかないんじゃないかなって。

──いましかできないことというのは、例えばどのようなことですか?

KOTO : KOTOは踊ってるイメージが強いと思うんですけど、いまのまま踊り続けたら体がもたないので(笑)。そう考えると、このパフォーマンスは長く続けられないというか、同じことをずっとやっていくのは物理的に難しいなって。

──なるほど。KOTOさん自身は、アイドルという肩書きにこだわっているわけではないんですかね。

KOTO : いまはステージでパフォーマンスすることが楽しくてやっているので、それを観た方がどう受け取ったかですね。アイドルでもいいし、もうちょっと大人になったらアーティストって呼ばれるのかもしれないし。ダンス&ヴォーカル・ユニットみたいな呼び方もあるけど、受け取った方がそう思うならどう呼ばれてもいいなって思います。

初見の人でも楽しめる現場になっているのかな

──2015年にやった対談でSAWAさんが「ダンス畑で来たからヴォーカルとして、また表現者としてKOTOちゃんにいろんなハードルが立ちはだっていて、それを超えなきゃいけない」みたいにおっしゃっていたのが印象に残っているんですけど、歌手として成長している実感はありますか?

KOTO : 最初の頃はマイクを持ちながら歌うのが下手な部分もあったり、声を出しながら踊るということが難しかったりで、口パク疑惑が出ていたんです。それがすごい悩みで、どうしたらライヴ感が伝わるんだろうって試行錯誤していました。マイクのボリュームを上げるようにしたりとか工夫はしたんですけど、歌の息づかいとダンスの息づかいが全く別物だったりするので、慣れるまで時間がかかりましたね。今でも口パクって言われることはあるんですけど、ライヴを観ている方にはちゃんと伝わっているんじゃないかなと思うので、そこは成長できてきてるのかなと思いますね。やっぱり歌うのもすごい好きだなって、最近は改めて思っています。

──レコーディングでもいろんな曲を歌いこなしていますもんね。

KOTO : いろんな人に楽曲提供していただくなかで、人によって曲調とかも全然違うんですけど、最近はそれに自分が合わせられるようになったのかなと思いますね。(佐々木)喫茶さんの楽曲が多いので結構長い付き合いになるんですけど、レコーディングは昔より早くできるようになりました。

──歌い方に変化は感じます?

KOTO : もともと流れるように「ぬぼー」って歌っちゃうクセがあって、アクセントがないってよく言われていたんですけど、それを喫茶さんが1から作ってくれました。ひとつひとつの言葉をポンポン歌っていく方が合っている曲調なので、「もっとポップに」「もっと元気に」ってエンドレスに言われ続けて(笑)。最初は喫茶さんの曲をKOTOが歌っていいのかなって思ったんですけど、声と合ってると言ってくださる方が多いので、うれしいですね。

──今回配信する3曲も三者三様ですけど、自然に歌いこなしているように感じます。「PoisonGirl」はSAWAさんの楽曲ですが、クールなサウンドが印象的で、歌も大人っぽいですよね。

KOTO : こういう曲もすごく好きですね。だから、がんばって歌いこなそうと思いました。フリも大人っぽい感じになっているんですけど、声を生かすために、歌っているところはあまりフリが入っていないんです。間奏をメインにフリを入れているので、それもいままでと違いますね。

──喫茶さん作曲の「るっぱっぱ」は対照的に、アップテンポでかわいらしい曲です。

KOTO : シングル「舞踏遊戯」とかもそうなんですけど、最近はポップでアゲアゲな曲がソロではなかったので、この曲は超アゲアゲな感じで作ってもらいました。こういう感じは久しぶりだったので、楽しかったですね。

──「甘い果実の物語」はいつも振り付けをしているIGさん作詞で、作曲が喫茶さんです。こちらは3曲のなかで1番等身大な歌詞ですよね。

KOTO : 喫茶さんの色に、IGさん風味が加わっています。乙女な曲だと思うんですけど、甘いお菓子がいっぱい出てくるのはIGさんのKOTOのイメージなのかなって思います(笑)。

──シャオチャイポンも1stシングル『URAHARAろまんちっく』をリリースしました。9月25日の渋谷gladでのお披露目ライヴから約半年が経ちましたが、活動は順調ですか?

KOTO : はじめてから視野が広がった気がしますね。これまでイベントでソロの人ばかり観ていたんですけど、グループさんのライヴもこれまで以上によく観るようになりました。こういう観せ方もあるんだって。あと遠征が多くて、一気にいろんなところに行きました。組んですぐに北海道に行ったし、新潟や大阪にも行ったし。

──移動も一緒なんですよね。

KOTO : そうですね。新潟への移動中に、MCの内容を新幹線で決めていこうねと話していたんですけど、丸ちゃん(平野友里)は寝ていて打ち合わせできなかったです(笑)。そんな感じでお互いマイペースにやっていますね。

──お客さんの反応はいかがですか?

KOTO : ソロを応援してくれている人にはまだ違和感があるかもしれないけど、シャオチャイポンは知らない人が観たときの反応が良いなって思いますね。アウェーだなって思うイベントでも、シャオチャイポンで出ると意外となんとかなったりするんです。ふたりいるっていうのもあるし、いろんな人がノリやすいような曲調にしてもらっているのもあると思うんですけど、ソロよりは初見の人でも楽しめる現場になっているのかなと。

──では新しいファンも増えている?

KOTO : まだ自分たちの主催とかソロと一緒に出ることが多いので、シャオチャイポン単体で来てくれる人はまだあまりいないですね。式神(ファンの名称)さんオンリーみたいな人はこれからなのかなって。今回の1stシングルは全国流通なので、地方の人とかにも聴いてみてほしいし、もっといろんな人にライヴも観てもらいたいですね。

──「シャオ!チャイ!ポン」は会場で販売していたデモCDにも入っていましたが、ほかの2曲は初音源化ですよね。どちらもやはりノリやすそうですが、「それが愛だ!」なんかはすでにキラーチューン感もあります。歌うのは大変そうですけど(笑)。

KOTO : 聴いたときにびっくりしました。「歌詞はやっ」て(笑)。レコーディングのとき、KOTOはたぶん「あわわ、あわわ」ってめっちゃ噛んでたと思う(笑)。シャオチャイポンは丸ちゃんとふたりでレコーディングするんですけど、それも新鮮で、お互いの曲を聴いてアドバイスし合ったりしながら進めていきました。というか、ほぼ励まし合いでしたけど(笑)。喫茶さんがあーだこーだいうんですけど、ふたりでは「いやいや、かわいかったよ」って言ったりとか(笑)。

──タイトル曲の「URAHARAろまんちっく」のサビで一緒に歌っている部分なんかは特に、ソロとは違う華やかさがありますよね。

KOTO : ライヴ感というか、ふたりで作っている感じがしてすごく楽しいです。これが最後にできた曲なんですけど、陰陽師っぽさをコンセプトにしています。最初にできた「シャオ!チャイ!ポン」はユニットがわかる曲、2曲目にできた「それが愛だ!」は楽しい曲って感じで、3曲目はユニットのコンセプトでもある陰陽師を取り入れた曲。

──イントロとか、和のテイストを感じる音が散りばめられていますよね。

KOTO : そうですね。神社とかで正月とかにかかる曲とか、すごい重そうな着物で踊っていそうな音を入れてもらいました。

大人になる前に、もうちょっとステップ・アップできたらな

──ソロでは4月2日に渋谷gladで〈JK卒業ワンマン〉があります。こちらはどんな内容になりそうですか?

KOTO : 1st、2nd、3rdってワンマンをやらせてもらったんですけど、今回は卒業を記念したワンマンなので、普段と違うことができたらなって思っています。KOTOのチャレンジ精神みたいなところも見せていけたらなって。普段はダンスと歌を両方セットで観てもらう感じなんですけど、ダンス・メインのパートも作りたいと考えています。ワンマン前の昼にはKOTO主催で対バン・イベントをやらせていただくので、この日は1日gladさんにいてもらえたらうれしいですね。

──高校卒業後は、芸能活動1本でやっていくんですよね。

KOTO : そうですね。空いた時間ができると思うので、いままでできなかったことにどんどんチャレンジしていきたいですね。

──どんなことにチャレンジしてみたいですか?

KOTO : シャオチャイポンもそういうチャレンジの一貫だと思っています。あと最近ギターをいただいたので、弾き語りができるようになりたいですね。ほかにデザインとかもやってみたいし、ダンスや歌以外にもちょっとでも興味があることはいろいろチャレンジしていきたいなと思っています。

──今度クラウドファンディングでファッション・ブランド「salus」とコラボをして、「vanilla bunnies」というブランドを立ち上げるみたいですが、これもまさにそういう新しい試みのひとつですよね。

KOTO : プロデュース商品を作って発信していきたいというのも、結構前からあったんですよね。それで今回クラウドファンディングという形ではあるんですけど、靴ブランドを作ることが実現して。できた商品はいろんな人に届けられるようにがんばっていきたい思うんですけど、クラウドファンディングなので、そこに行くまで皆さんにご協力していただきたいなと。女の子向けの靴なのでもちろん女の子にも参加していただきたいんですけど、男性の方にも参加できるように、いまいろいろとおもしろいリターンを考えているところです。

──靴はどんなテーマで作ったんですか?

KOTO : KOTOの足のサイズがめっちゃちっちゃいんですけど、SサイズとかSSサイズってもともと作っている数が少ないし、作っていてもみんな欲しいからすぐ売り切れちゃってなかなか手に入らないんです。シンデレラ・サイズっていうんですけど、そのサイズをメインに、かわいい靴を作ることがコンセプトですね。たぶんそういう悩みを持っている人がいっぱいいると思うので、そういう方に手に取っていただければなと思っています。もちろん、KOTOより大きいサイズも用意しています。

──どんなデザインになりそうですか?

KOTO : 最初のものは厚底ですね。でもさらっと履きやすくて、歩きやすい靴を考えています。その上でかわいいものを作りたいなと。サンプルができあがるのが楽しみです。

──ブランドは今後も続けていきたい?

KOTO : この第1弾が発売できたら、そのブランドとしてこれからいろいろ展開していきたいですね。

──高校を卒業したら、あと2年で20歳ですよね。

KOTO : 完全なる大人ですもんね。いまも18になったんだねって言ってもらうんですけど、環境的にはあまり変わっていないので、果たして大人に近づいているのかって考えちゃいます。大人になる前に、もうちょっとステップ・アップできたらなって思っていますね。

──どんな20歳になっていたいですか?

KOTO : もっともっと自分を貫き通していきたいですね。でも同じようなことをずっとやっているだけではダメだと思うので、新しいことを取り入れて新しい人に知ってもらえるようにしながらも、いま見てくれている人たちが飽きないような新鮮な活動をしていきたいなと思っています。

クラウドファンディング詳細

この度KOTOがファッションブランド「salus」協力の元、自身のシューズブランド’’vanilla bunnies’’を立ち上げる事が決定! 現在第1弾のサンプル制作の段階で、発売は2017年6月~7月を予定している。

以前からの夢でもあったというブランドの立ち上げ。しかしこれには多くの資金が必要なため、立ち上げ資金の一部をクラウドファンディングで集めるとのこと。STARTは今月末を予定している。

【ブランド名】
vanilla bunnies
読み方 : バニラバニーズ

【発売時期】
2017年6月~8月予定

【クラウドファンディング実施時期】
2017年3月末~

【協力】
株式会社 サルース
株式会社 ギザギザワークス

過去のインタヴューはこちら

KOTOと平野友里の新ユニット「シャオチャイポン」結成! デビュー曲配信開始

KOTO、6ヶ月連続リリース第2弾をまとめたミニ・アルバムをハイレゾ独占配信!

KOTO、OTOTOY限定アレンジVer.のシングル配信&佐々木喫茶との対談掲載!!

KOTOがバンドを結成、新たな魅力が飛び出すバンド・ヴァージョンを独占ハイレゾ配信!

ソロ・アイドル、KOTOの最新楽曲がついに配信開始!

過去作もチェック!

RECOMMEND

序曲

3776

Album ¥972

3776 / 序曲

富士山ご当地アイドル3776が歌うアイドルソング『序曲』。『さよなら小学生』『みにきて!』など名曲揃いな、3776の3枚目となるリリース。

絵恋 / 絵恋10thシングル「結婚しないとナイト」

インディーズ界のオタサーの姫、絵恋ちゃんの記念すべき10枚目のシングル。絵恋ちゃんが白いドレスとベールをまとったジャケット写真も必見。

LIVE SCHEDULE

2017年3月20日@新宿レッドノーズ
2017年3月23日@HMVアルタ新宿
2017年3月24日@WWW
2017年3月25日@下北沢ライブホリック
2017年3月28日@秋葉原P.A.R.M.S
2017年3月31日@タワレコ渋谷店

JK卒業ワンマン
2017年4月2日@Glad

詳しくはKOTO公式ツイッターにて

PROFILE

KOTO
2012 年日本初のキッズダンス映画『SHAKE HANDS』の主題歌オーディションに数百名から合格し同作品の主題歌で歌手デビュー。
2014年1月に発売したソロ・デビュー・シングル『ことりっぷ』がオリコン初登場20位を獲得。続けて2014年8月に発売した2ndシングル『愛を届けるお人形』がオリコン初登場10位を記録。また2015年には新木場Studio Coastにて自身最大の主催イベントを開催し成功を収める。
圧倒的なダンススキルを武器に独自の世界観を発信する注目のソロ・アイドル。

KOTO公式HPはこちら
KOTO公式ツイッターはこちら
シャオチャイポン公式ツイッターはこちら

o

 
 

インタヴュー

オルタナティヴを突き詰めた“復活作”──CAUCUS、4年ぶりのフル・アルバムをリリース
・2017年12月13日・オルタナティヴを突き詰めた“復活作”──CAUCUS、4年ぶりのフル・アルバム『Sound of the Air』をリリース 邦楽インディーズ / シューゲイザー・シーンで確かな足跡を残し、日本だけでなく海外にもその活躍の場を広げてきたCAUCUS。そんな彼らから4年ぶりのフル・アルバム『Sound of the Air』が届いた。制作期間中の3年半、ライヴも行わず、スタジオでのアルバムの制作に没頭したという。その結果これまでになく濃密な色彩と、繊密な構成が光る楽曲が並ぶ作品になった。OTOTOYでは11月15日にリリースしたLP盤の音源を『Sound of the Air (High DR Master)』としてハイレゾ配信開始! そこから「Shy Girl」を期間限定のフリー配信でお届け。CD版となる『Sound of the Air』もこのタイミングで配信開始しております! 4年ぶりの“復帰作”をぜひインタヴューとともにお楽しみ下さい。 まずはこちらを聴いてみて! 期間限定フリー配信! CAUCUS / Shy Girl (High DR Master)(期間限定フリー配信)'【配信形態】ALAC、
by 岡本 貴之
細かすぎる仕掛けたち!? ──ヘルシンキの橋本が語る『Time,Time,Time』のサービス精神
[CLOSEUP]・2017年12月12日・細かすぎる仕掛けたち!? ──ヘルシンキの橋本が語る、サービス精神旺盛なパッケージと“時の流れ”を感じる楽曲 2017年に自身のレーベル〈Hamsterdam Records〉を立ち上げたHelsinki Lambda Club。これまで、1stシングルにはじまり、1stミニ・アルバム、1stフル・アルバム、1stスプリット…… と、“ファースト縛り”でリリースを続けている彼ら。そして今作も懲りずに、バンド“初”となるアナログ盤とUSBとミニ・トートバッグをセットにした全3曲入りのシングル『Time,Time,Time』をリリース。 もうヘルシンキといえば…… “ファースト縛り”と“パッケージの手作り感”というところでもありますよね。ただそんな“手作り感”満載のパッケージだけがヘルシンキの魅力ではないんです! 今回収録された楽曲も、いままでにないほど深層心理に突き刺さる佗しいものに仕上がっていて、これがなんとも素晴らしい! 今回は、なぜ毎回“手作り感”にこだわるのか、そして本作収録の楽曲について深く掘り下げるべく作詞作曲を務める、橋本薫(Vo&Gt.)へのインタヴューを実施! さらにOTOTOYでは、『Ti
by JJ
渋谷慶一郎のレーベル、ATAKの過去音源配信開始、第4弾
・2017年12月11日・ATAK過去作配信第4弾、今回はパン・ソニックや灰野敬二のライヴを収めた初の動画作品も 2017年9月11日より、毎月11日に、半年に渡って渋谷慶一郎が主宰レーベルのATAK過去作品を配信リリース。OTOTOYでは各作品に関して、毎回、ライター、八木皓平による渋谷慶一郎本人へのインタヴューを行い解説をお送りします。第4弾は、2006年リリースの渋谷慶一郎、中村としまる、ノルベルト・モスランによるスリリングなライヴを収録した『ATAK008』。2007年リリース、渋谷慶一郎の、世界初の三次元立体音響を実現したヘッドフォンによるリスニング専用の作品『ATAK010 filmachine phonics』。そしてレーベル初の映像作品となったライヴ作品『ATAK011 LIVE DVD ATAK NIGHT 3』(動画データを配信)の3作品となっている。インタヴュー : 八木皓平ATAK配信作品のまとめページはコチラ 曲に聴こえるけどこうは作曲できない、僕にとってそこが即興の醍醐味 今回は『008』からだっけ? ──ですです。今回は『ATAK008 Keiichiro Shibuya+Norbert Moslan
by 八木 皓平
過去、現在、そして未来へと繋がるサウンドスケープ──キセル、3年ぶりのアルバム『The Blue Hour』リリース
[CLOSEUP]・2017年12月08日・過去、現在、そして未来へと繋がるサウンドスケープ──キセル、3年ぶりのアルバム『The Blue Hour』リリース 2014年にリリースした『明るい幻』から3年…… 来年結成19周年を迎えるキセルがついに新アルバム『The Blue Hour』をリリース! 3年ぶりに届いた今作も、キセルらしく浮遊感満載のサウンドスケープがひろがる、ファンタジックな楽曲が並んでおります。今作は、インタヴューのなかで辻村豪文が「“4人のバンド”として録りたいというのも思ってました」と語ってくれているように、以前よりキセルをサポートしていたドラムの北山ゆうこと、サックス、フルートの加藤雄一郎の4人が全曲で参加。これまでのキセルにはなかった管楽器というエッセンスを加えたことで、よりキセルのふたりが描く風景が美しく膨らんで聞こえる。3年間待ちわびたみなさん! 『The Blue Hour』を読み解くテキストとしてぜひお楽しみください。 メロウに、ドリーミーに、ミニマムに響く3年ぶりのフル・アルバム キセル / The Blue Hour'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】
by JJ
孤独だからこそ誘われた「warbear」という名の灯り──元Galileo Galilei・尾崎雄貴ソロ・プロジェクトが始動
[CLOSEUP]・2017年12月06日・孤独だからこそ誘われた「warbear」という名の灯り──元Galileo Galilei・尾崎雄貴ソロ・プロジェクトが始動 2016年10月、惜しまれながらもその活動に終止符を打ったGalileo Galilei。そのフロントマンであった尾崎雄貴が新たにソロ・プロジェクト「warbear」を始動させた。札幌にある自身のスタジオでレコーディングされ、弟で元Galileo Galileiのドラマーでもある尾崎和樹や、フィラデルフィアで活動をするサックス・プレイヤーDan Wallaceなどが参加した初アルバム『warbear』が2017年12月6日(水)にリリースされた。いわゆるギター・ロック的なサウンドを鳴らしていた初期のGalileo Galileiからはガラッと印象は変わり、バンド後期に彼らがつくりだしたメランコリックな音楽性の、その先が凝縮されている。 いったいこの作品はどのようにつくられたのか。OTOTOYではワールド・スタンダードに視点を置いた作品群となっている本作を探るべく、ライターの真貝聡による尾崎へのインタヴューを掲載。また、Galileo Galileiの音楽を聴いてロックに目覚めた人も多
by ?
女性SSW・平林純、初の全国流通作『あとのまつり』をハイレゾ配信 & 福島を中心に活動するSSW・Chanoとの対談を掲載
[CLOSEUP]・2017年12月06日・「青臭さ」も「やさぐれ」も、ありのままの自分自身── 平林純×Chano、真逆の世界観を持つ女性SSW対談 2009年に路上ライヴから活動を始め、2015年には日本各地から集まったアマチュア・ヴォーカリストから優勝者を選ぶ番組『Sing! Sing! Sing! 3rd season』に出演し3500組の中からトップ3に選ばれるなどの実力派女性SSW・平林純が初となる全国流通作『あとのまつり』をリリース。バンド・アレンジによる楽曲から弾き語りの楽曲までバラエティに富んだポップな楽曲と毒気のある歌詞が印象的な今作を、OTOTOYではハイレゾにて配信スタート。そして、しなやかな歌声と美しくも力強いメロディが光る2ndアルバム『toi et moi』をリリースしたばかり、福島県いわき市を中心に活動する同じく女性SSW・Chanoとの対談を掲載。同じSSWと言えど、世界観が真逆な2人の対談は一体どうなるのか!? ページの最後にはディスク・レヴューもありますのそちらも是非! 初となる全国流通盤をハイレゾで!平林純 / あとのまつり '【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC【配
楽しい場所にいる自分が本当の自分? それとも…? ──spoon+、触って着せて脱がせる4thアルバム
[CLOSEUP]・2017年12月06日・最新技術を使っても血肉が通うステージでありたい──触って着せて脱がせるspoon+の最新作をハイレゾ配信 “世界を驚きで楽しくする”というテーマをもとに、あこちゅあが立ち上げたspoon+、待望の4thアルバムが完成。プロジェクション・マッピングを使用した映像と音楽を融合させたライヴ・パフォーマンスを特徴とし、作詞・作曲、映像制作、ライヴ演出をはじめ、衣装製作からアートワークと細部にまでセルフ・プロデュース。2016年にはフランスで開催された〈JapanExpoSud〉にライヴ出演、フランスのケーブルテレビ「NOLIFETV」では10週連続リクエストランキング10位以内に入るなど海外にも活動の幅をひろげている、あこちゅあの世界観をより楽しむため、彼女と10年近い付き合いのある宗像明将がインタヴューを敢行。ハイレゾ音源とともにお楽しみください!! 触って着せて脱がせるをコンセプトにつくられた、4thアルバムをハイレゾ配信spoon+ / Dress【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) / AAC【価格】単曲 270円(税込) / まとめ 1,944円(税込) 【収録曲】1. カ
Cojok、3年半ぶり4枚目となるアルバム『Fourtea』をハイレゾ独占先行配信 & インタヴュー掲載
[CLOSEUP]・2017年11月30日・宿命を背負った音の極彩色──Cojok、3年半ぶり4枚目となるアルバムをハイレゾ独占先行配信!! アコトロニカ・ノイズ・オーケストラを貫く孤高のユニット・Cojokが3年半ぶり、4枚目となるアルバム『Fourtea』をリリース。OTOTOYでは一般での販売に先駆け、本作のハイレゾ独占先行配信がスタート! リズム隊に根岸孝旨、タナカジュンという布陣を配し、電子音と生楽器が緻密に組み合わさったその圧倒的な音像は是非ともハイレゾで体感していただきたい作品となっております! 前作に引き続き今回もメンバーであるKco(Vo.Gt)、阿瀬さとし(Gt. Pro)の2人へのインタビューを掲載。こだわりぬかれた今作を紐解くテキストとともに、ぜひその音に触れてみてください! OTOTOYのみハイレゾ独占先行配信!!Cojok / Fourtea'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/96kHz) / AAC 【配信価格】単曲 270円(税込)(M1,6のみ) / アルバム 2,160円(税込)【収録曲】''01. Velce02. Do Do Lou03. Sun Blanket04. Ocean In