KOTO、6ヶ月連続リリースの集大成は「てんこ盛り」! 最新楽曲をまとめたミニ・アルバムをハイレゾ独占配信

KOTO

ダンス・パフォーマンスのキレ具合に中毒者続出のソロ・アイドル、KOTO。2015年9月から2016年2月までの6ヶ月連続シングル・リリース第2弾で発表した全曲をミニ・アルバム化&ハイレゾ配信開始! アルバム購入すると、KOTOと全楽曲を作詞・作曲したレコライド佐々木喫茶との楽しいトークが約22分も収録された音声データ「KOTOラジオ」や、全曲分のジャケット写真・歌詞に加え、ライター・南波一海によるアルバムのライナー・ノーツもついてくる! 特典たっぷりの『てんこ盛りミニ・アルバム』はOTOTOYでしか買えません!

そして、リリース・パーティーの開催が決定。LIVEあり、トークあり、DJありと「てんこもり」の内容に! 司会は音楽評論家、南波一海、DJはまさかのKOTOでお送りします。チケットは現在発売中!

アルバム購入で豪華3大特典つき!
①全6曲分のジャケ写・歌詞データ
②KOTOラジオ音声データ(wav音源)
③南波一海のライナー・ノーツ


KOTO / てんこ盛りミニ・アルバム
【配信形態】
WAV / ALAC / FLAC / AAC (24bit/48kHz)
【配信価格】
単曲 : 324円(税込)
アルバム : 2,160円(税込)
【Track List】
01. おとこのこちゃん
02. きらいリターンズ
03. あのコと
04. お祭りGALAXY
05. たまにきみにまるまって ※フル試聴中!
06. ゆかいなぼくら

KOTO×OTOTOY企画『てんこ盛りミニ・アルバム』リリースパーティー

2016年3月26日(土)@下北沢THREE
OPEN / START 11:00
値段 : 前売2500円(+1D) / 当日3000円(+1D)
チケットはローチケ、e+にて販売中

司会 : 南波一海
LIVE : KOTO(喫茶SET)
TALK : KOTO×佐々木喫茶
DJ : KOTO

佐々木喫茶がこの6ヶ月を振り返る

2014年11月から始まったKOTOちゃん6ヶ月連続リリース・シーズン1、最初にお話をいただいた時はできるのかなあ? って半信半疑だったんですが、やればやる程脳からアイデアが溢れてきて結果的には大成功に終わったかなと。この勢いをそのまま! って事で始まったシーズン2ですが、僕を取り巻く状況も環境もシーズン1の時とはかわっていて、なんやかんや苦労もありました。本当に「あっ」と言う間に過ぎていった6ヶ月だったんですが、改めて1曲ずつ振り返っていきたいなと思います。

【おとこのこちゃん】(2015年9月リリース)
KOTOちゃんの「パラパラが踊りたい」って要望から一気に書き上げた曲。
サビはシンプルに、尚且つ耳に残るって言う、僕の理想のような曲ですね。
シーズン2の中でもとりわけ人気な曲なんですが、こうゆうのってなかなか自分1人では生み出せなかったりして…。
KOTOちゃんのワン・アイデアで余計な雑念が入らなくなると言うか、作曲は奥が深いなと。
とにかく一見さんもその場でバカになって楽しめる曲。
パラパラをマスターすれば倍楽しいかも?


KOTO/おとこのこちゃん

【きらいリターンズ】(2015年10月リリース)
おとこのこちゃんが割とスマッシュ・ヒットしたので、ちょっとテンションさげようかなと思って作った曲。関係者評が1番高い曲ですね。
プラトニックプラネットとかおとこのこちゃんの流れで行くとちょっと影が薄いんですが。
この曲は結構締め切りギリギリで作っていて、夜中で雨がシトシト降っていて。
「金曜に、雨じゃなかったら電話するね」
ってイメージの女の子がふと浮かんで、お互い好きなのに、何ともうまくいかない寂しい歌です。
あんまりKOTOちゃんとリンクした歌詞では無いですね。

【あのコと】(2015年11月リリース)
結構前から「お琴の音色を入れて欲しい」という要望から出来た曲。
琴の音色でバカっぽくする方向もあったんですが、この時期に丁度、KOTOちゃんのライヴが時間の都合で最後の曲が出来ないと言う事態がありまして。
なんかライヴの最後に歌う曲になればなあと思ってこんな感じになりました。
全然最後の曲ってポジションになれてないですが(笑)
最初の仮タイトルは「ラストダンサー」でした。

【お祭りGALAXY】(2015年12月リリース)
こちらもKOTOちゃんの「高速お祭りソングが欲しい」と言う要望から。
これも一気に作りましたね。
余談ですがこの時期にKOTOちゃんと一悶着ありまして(笑)
お祭りソングなんですが、色々あるけど許して踊ろうぜ! って曲になっています。
これもライヴ栄えする曲ですね。
何も考えずワッショイしてもらえれば楽しいと思います!
あと自分で振り付けしておきながら、この曲は疲れるって文句言ってるKOTOさんはすごいと思います。


KOTO/お祭りGALAXY -LIVE MV-

【たまにきみにまるまって】(2016年1月リリース)
これはどストレートなアイドル・ソングを作りたいと思って出来た曲。
打ち曲ってやつですかね。
あんまり、曲の楽しみ方をこっちから提示するって事はしてこなかったんですが
これはもう、おまえらミックスやってください(笑)って感じで。
みんな素直なのでめちゃくちゃやってくれてます。
歌詞はおじさんが書いたとは到底思えない悶絶キュートなので是非一読を。

【ゆかいなぼくら】(2016年2月リリース)
連続リリース最後って事で、この辺で主役をお客さんとか僕にしてみようかなと。
この曲は今までと違って一見殺しと言うか、早くなったり遅くなったり、まあ聞いて覚えてください!
サビでみんなで大合唱! みたいのが理想ですね。
そんな景色を、いつの日か、大きなステージで見れる事を願って作りました。

*******

とまあ、こんな感じでザックリ振り返ってみましたが、曲って成長していきますからねー。
1年後には意外な曲が人気になってたり、歌い手自身がいろんな事を経験して歌詞の意味がわかっていったりね。

と言うわけで1年で14曲、KOTOちゃんに作った計算になるんですがまだまだアイデアありますので!
今後とも宜しくお願いいたします!

KOTO、kotofolic過去作も好評配信中!!

KOTO

KOTO / バレンタインズバレリーナ(オトトイ限定Ver.)

KOTO×佐々木喫茶シリーズの第4曲目にリリースした本作。オトトイ限定Verのアレンジを加えたレア音源!!

>>KOTO×佐々木喫茶 対談特集ページはこちらから

KOTO / ギザギザのロンリナイ

枚数限定でリリースしたCDが発売日当日に完売してしまった、大人気の楽曲。作詞・作曲はアーティスト、プロデューサー、作曲家など多岐に渡る活躍をしているSAWAが担当。

kotofolic


>>KOTO × RIKE 対談特集ページはこちらから

>>KOTO × SAWA 対談特集ページはこちらから

LIVE INFORMATION

KOTO×OTOTOY企画『てんこ盛りミニ・アルバム』リリースパーティー
2016年3月26日(土)@下北沢THREE
OPEN / START 11:00
値段 : 前売2500円(+1D) / 当日3000円(+1D)
チケットはローチケ、e+にて販売中

コト☆ループナイト番外編「KOTOフィルムコンサート」~ザ・ベストセブン~
2016年3月16日(水)@代官山LOOP

サワソニVol.17
2016年3月19日(土)@渋谷Glad

アイドル甲子園FESTIVAL2016 supported by 生メール
2016年3月21日(月)@新木場Studio Coast

PROFILE

KOTO

2012年日本初のキッズ・ダンス映画『SHAKE HANDS』の主題歌オーディションに数百名の中から見事合格し、同作品の主題歌で歌手デビュー。2014年1月に発売したソロ・デビュー・シングル「ことりっぷ」がオリコン初登場20位を獲得。続けて2014年8月に発売した2ndシングル「愛を届けるお人形」がオリコン初登場10位を記録。圧倒的なダンス・スキルを武器に独自の世界観を発信するアイドル。

KOTOオフィシャルサイト

佐々木喫茶

ニューウェーヴ・ロック・バンド「レコライド」の全楽曲の作詞作曲でリーダー。
うるさい音楽と80年代のニオイのするモノが大好物。
エレクトロから歌謡曲まで中毒性のあるポップ・センスとガチャガチャした楽曲を武器に息長く活動中。

レコライド・オフィシャルサイト

o

 
 

インタヴュー

スクールカースト最底辺からの刺客がやってきた! ──ハンブレッダーズ、初の全国流通盤を配信開始
[CLOSEUP]・2018年01月17日・スクールカースト最底辺からの刺客がやってきた!!! ──ハンブレッダーズ、初の全国流通盤がついに配信開始 高校の文化祭に出演する為、同級生によって結成された4人組"ネバーエンディング思春期"バンド、ハンブレッダーズが初の全国流通盤をリリース! Voムツムロによる「イケてない奴」なりの青臭さ全開の歌詞、その歌詞を乗せたメロディックな歌。そんな彼らの楽曲は、青春の1ページを切り取り、終わらない青春をメッセージとしてリスナーに届ける。今回OTOTOYでは、ハンブレッダーズとも所縁の深いライヴハウス、京都のライヴハウス・nanoの店長である土龍(モグラ)と共に対談形式のインタビューを掲載。活動初期の印象や、本作の制作など、どのようなバンドになっていきたいかなど語ってくれています。OTOTOY初登場! 快進撃中のバンドが放つ、初の全国流通盤!!ハンブレッダーズ / 純異性交遊'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込) / アルバム 1,600円(税込)【収録曲】''1. DAY DREAM BEAT2. スクールマジシャンガール(純Mix)
by 阿部 文香
*鳥クルッテル.incが創る、360度音が上下左右から鳴る超常音空間
[FEATURE]・2018年01月15日・驚異の立体音響! 音楽での新たな体験、その可能性を形にする鳥クルッテル.incって何モノ?! 音楽で人と人が結びつけ、新しい音楽の可能性を見い出すためさまざまな音楽イベントやワーク・ショップを企画する2人組、「鳥クルッテル.inc」。彼らのイベントでは、四方を囲むスピーカーにより、一つひとつの音の色や形、動きが見えるように感じる取れる臨場感のある音響システムを使うことによって、360度縦横無尽に音が動き回る新感覚の音楽体験をすることができるという。今回OTOTOYでは、特別な音響システムを使用しなくても、この音楽体験ができる「Kachōfūgetsu 〜fireworks〜」を配信開始。彼らの活動や、サウンドの作り方まで、さまざまな話を訊いた。 OTOTOY配信限定!〈Kachōfūgetsu〉のイメージサウンド鳥クルッテル.inc / Kachōfūgetsu ~fireworks~'【配信価格】WAV、ALAC、FLAC(24bit/96kHz) : 540円AAC : 216円【Track List】1. Kachōfūgetsu ~fireworks~>> 〈Kachōfūgetsu〉特設サイト
by 岡本 貴之
音楽にはユーモアが必要──折坂悠太、新作EP『ざわめき』を独占ハイレゾ配信 & 井手健介との対談を掲載
[CLOSEUP]・2018年01月17日・音楽にはユーモアが必要──折坂悠太、新作EP『ざわめき』を独占ハイレゾ配信 & 井手健介との対談を掲載 後藤正文や小山田壮平など、多くのミュージシャンも賛辞を送るSSW・折坂悠太が初のバンド編成で録音に挑んだEP『ざわめき』をリリース。演奏には2016年から活動を始めたバンド編成でのライヴ・サポートを行なっているベース・寺田燿児、管楽器、弦楽器を扱う青野慧志郎、ドラム・田中久仁彦(yoji &his ghost band)、ピアノ・飯島はるか(に角すい)のほか、フルートに松村拓海(1983、俺はこんなもんじゃない)、トランペット・高橋三太(1983)、ヴィブラフォン・影山朋子が参加しており、弾き語りでは表現することの出来なかった音のダイナミズムと、ブルースや民族音楽、ジャズなどを吸収したのびのびと響き渡る彼の歌声が閉じ込められた作品となっている。そんな今作をOTOTOYのみでハイレゾ配信すると共に、シンセサイザーでアルバムに参加しているSSW・井手健介との対談を掲載。お互いが影響を受けたアーティストから今作に至るまで、たっぷりと語ってもらった。 ハイレゾ版の配信はOTOTOYのみ!!折坂悠太 / ざわめ
音楽は幸せな空間を作れるのか? ──新たなバンド・サウンドを得たAL『NOW PLAYING』を先行配信
[CLOSEUP]・2018年01月10日・音楽は幸せな空間を作れるのか? ──新たなバンド・サウンドを得たAL『NOW PLAYING』を先行配信 小山田壮平と長澤知之がプライベートのアコースティック・ユニットとして数年前に活動をはじめ、そののちに藤原寛、後藤大樹をバンドに迎えて2016年4月に1stアルバム『心の中の色紙』をリリースしたロック・バンド「AL」。そんな彼らが2018年のはじまりに快作の2ndアルバム『NOW PLAYING』をリリースする。今回OTOTOYでは本作の1週間先行配信を実施。本文の中でも語られているように、1stアルバム『心の中の色紙』よりも、よりバンドらしい作品ともいえる『NOW PLAYING』はどのように生まれたのか、ソングライターである小山田壮平、長澤知之の2人に話を訊いた。ちなみにこの2人でのインタヴューはAL史上初! みなさま必見です! よりバンドらしくなったALの最新作を先行配信 AL / NOW PLAYING'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込) / アルバム 2,000円(税込)【収録曲】''1. 会いにいくよ2. NO
MOROHA、結成10周年記念インタビュー【前半】──「茶の間の胸ぐらをつかんで、ライヴ会場に!」
[FEATURE]・2018年01月14日・「茶の間の胸ぐらをつかんで、ライヴ会場に引きずり込め!」──MOROHA、結成10周年記念インタビュー【前半】 魂を震わせるリリックと、互いの持ち味を最大限に生かすためアコースティック・ギターとMCだけの最小編成にて行われるライヴで、彼らの音楽を聴いたもの、観たものを圧倒させるMOROHA。そんな彼らが2018年に10周年を迎える。このタイミングで6月6日(水)には再録ベスト・アルバム『MOROHA BEST〜十年再録〜』のリリース、そして12月16日(日)にZEPP TOKYOにて単独ライブも決定したのだ。着々と多くの人に向けて、彼らの音楽が届くよう歩みを進める彼らであるが、OTOTOYは、お茶の間にもMOROHAの音楽が届く未来がそう遠くないことを確信している! 今回OTOTOYでは、10周年を迎えた今までの活動についてを、インタビューや主宰のボロフェスタに招集する等、時には言い合いをしながらもデビュー当時からずっと応援し続けるOTOTOY編集長の飯田仁一郎と共に振り返る。まずはインタヴューの前半をどうぞ。 元旦リリースの最新曲をチェック!【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1k
by JJ
2018年の始まりにして年間ベスト級デビュー・アルバムーー “エモい”都市生活を鳴らすアイドル・・・・・・・・・に迫る
[CLOSEUP]・2018年01月05日・2018年の始まりにして年間ベスト級デビュー・アルバムーー “エモい”都市生活を鳴らすアイドル・・・・・・・・・に迫る シューゲイザー的な「エモさ」とアンダーグラウンド・パンク的な「ヤバさ」を楽曲コンセプトに活動するアイドル・ユニット「・・・・・・・・・」が、2018年1月12日リリースの1stアルバム『 』をOTOTOY独占で1週間先行でハイレゾ配信開始。日本ドローン界の雄、hakobuneディレクションの元、ノイズやアンビエント等を用いた1トラック72分の1stシングル『CD』がネットを中心に大きな話題を呼んだが、初アルバムとなる今作は、ForTracyHydeの管梓、Mavや、my letterのキヌガサチカラ、あヴぁんだんどやアシモフが手品師で知られるteoremaa等が楽曲提供を手掛け、シューゲイザーから、90sUK、90semo、ローファイ、ドラムンベース、エレポップまで、様々なジャンルを「エモい」にぎゅっと集約した全10曲。アイドルという記号性を取り除くため、アーティスト名もアルバム名も検索に引っかからないなど、コンセプトも練りこまれている彼女たちに改めて迫るインタヴューを掲載し迫った。
コムアイ、ケンモチヒデフミ、Dir.Fとともに振り返る、水曜日のカンパネラの2017年、そして2018年
[CLOSEUP]・2017年12月31日・コムアイ、ケンモチヒデフミ、Dir.Fとともに振り返る、水曜日のカンパネラの2016年、そして2017年 毎年恒例、水曜日のカンパネラの1年間を振り返るインタヴューも今年で5回目。2017年の水曜日のカンパネラは、日本武道館でワンマン・ライヴ、全国を巡るツアー、海外でのフェス参加も増えるなど、より一層グローバルな音楽活動を繰り広げました。さらにタモリ倶楽部に出演したり、NHKで松岡正剛氏と対談、ドラマにも出演するなどテレビでも大活躍。音楽以外の場所でも表現の幅を広げるカンパネラの2018年は果たしてどんな年になるのか? 2017年を振り返るこのインタヴューをご覧になって、2018年を想像してみてはいかがでしょう? 取材 & 文 : ねるねるね〜るね西澤 2017年リリースのデジタル・シングルを絶賛ハイレゾ配信中【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) (全タイトル共通)【配信価格】単曲 540円(税込) (全タイトル共通) INTERVIEW : 水曜日のカンパネラ ーー年末恒例、1年を振り返るインタヴューです。とはいえ、OTOTOYではこれが2017年初インタヴューなので、いろい
by 西澤 裕郎
サブスクで話題の、サニーデイ・サービスのあの作品がさらなる進化を遂げる!
[CLOSEUP]・2017年12月25日・サブスクで話題のあの作品がさらなる進化を遂げる! ──曽我部恵一が語るサニーデイの進化と変容 今年6月、突如Apple MusicとSpotifyにてストリーミング配信のみでリリースされたサニーデイ・サービスの『Popcorn Ballads』。このアルバムに収録された22曲は、ヒップホップやトラップ、そしてファンクの要素までをも含み、新たなサニーデイの進化に、前作『DANCE TO YOU』リリース時と同じく、いやそれ以上にぼくらを驚かせた。そんな衝撃のリリースから半年、このたび12月25日のクリスマスにサニーデイがリリースしたのは『Popcorn Ballads(完全版)』。今回新たに収録された楽曲や、客演を迎えて進化を遂げた楽曲まで…… まさにディレクターズカットと言える完全版の作品が届いたのだ。完成版となった『Popcorn Ballads』はどのように生まれたのか、今年の音楽シーンを振り返るとともに、曽我部恵一に話を訊いた。 サニーデイからのクリスマス・プレゼント、ハイレゾ配信! サニーデイ・サービス / Popcorn Ballads(完全版)'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bi
by JJ