Convex Level渡辺良=rw、初のソロ作品集で相関係数「0.339」の世界へ誘う

photo by前田ユキ

京都が生んだ至宝、Convex Level。1986年に始動して以来、止まらず変わらず淡々と進化を続けてきた彼らの結成30周年記念企画がスタート。その第1弾として、ギター&ヴォーカル担当・渡辺良による初のソロ作品集「0.339」が発表された。彼らしいSF的ロマンチシズムや永遠に枯れないイノセンスをぎゅっと詰め込み、存在しそうでしない、懐かしいようで新しい景色を体験させるような仕上がりの作品となった。OTOTOYでは、24bit/96kHzハイレゾおよびmp3を、少し不思議な歌詞カードのPDFファイル付きで配信する。

0.339

rw

¥ 1,200

r w / 0.339
【配信形態】
[左ジャケット]24bit/96kHz(WAV / ALAC / FLAC) / AAC
>>ハイレゾとは?
[右ジャケット]MP3

【価格】
[左ジャケット]単曲 200円(税込) / アルバム 1,500円(税込)
[右ジャケット]単曲 150円(税込) / アルバム 1,200円(税込)

まとめ購入者には歌詞カードPDFがつきます。

【Track List】
01. alenside
02. blowind
03. burnmyheart
04. evilthroat
05. hereweare
06. lostfounderic
07. mylmus
08. rememberme
09. toneburst
10. zombiepavane
11. zzbottom (hidden track)

彼らしく組み上げられた、少しだけ面影を残した新しい風景

Convex Levelを含め多くのバンド活動を行い、その音源制作の際には自らレコーディングやミキシングをし、他のアーティストのプロデュースやエンジニアリングも多数手掛けてきた渡辺。「rw」名義で発表する今作では、彼が録音してきた数多の素材を活用し、その上から新しい音と新しい歌を乗せ、「DTB(ディスクトップバンド)・サウンド」として再構築した。とはいえ、原曲の形は残っておらず、リミックスでもリメイクでもカバーでもサンプリングでもない、まっさらな新曲として組み上げている。新規で録音されたパートでは、一部でBambi Synapseのミチヨ(vo)がゲスト参加。故Q-ZOと渡辺らが1993年ころに組んでいたバンド「ハイナンバー」の楽曲を再び演奏したものや、Convex Levelの全長23分に及ぶ新曲のデモ音源の一部、違和感がなくなるまで完成度を高くした逆再生ヴォーカルなど、彼ならではの要素が多数追加された。さらに彼は自らプログラミングしオリジナルのソフトウェアを製作。ラヴェル「亡き王女のためのパヴァーヌ」の楽譜の類似度を“ある尺度”で計算させ、原曲との相関係数を「0.339」とし出力。そこにテンポチェンジとエフェクトを加え、「zombiepavane」として蘇らせた。その結果、現実世界に似ているようで似ていない、相関係数0.339の風景を音楽に変換したような作品が完成した。

rw

相関係数0.339。今回の場合は「元の姿の面影を33.9%残している」と捉えれば良いのだろう。新しくて見慣れない、でもなぜか惹かれるドアを開けたその先にあるのは、枯れかけた色をしていて埃っぽいけれど、いつもの美しい街並み。僕もいるし君もいる。ただし、耳にした覚えのない、金属がガチャガチャぶつかるような音が聞こえる。それがすべてのはじまり。33.9%の面影がある、ということは、残りの66.1%は誰も知らない世界だ。見た目は似ているけれど、歌を口ずさんでみれば風に吹かれて浮かんで円を描くし、心臓がカラカラに乾いて燃え上がるし、かと思えば突然真っ暗になり悪魔が生まれ、それが過ぎるとまた穏やかな光景に戻る。元の世界とはなにかの法則が違うのだろう。言葉すらひっくり返って帰り道がわからなくなり、日が暮れると天使が見える。すぐに戻れるようパスワードをかけたはずだが、忘れてしまったし仕込んだ暗号も読み解けない。また君に会えたのは良かったけれど。頭のなかで爆音が鳴るなか、子供の頃の僕たちの後ろ姿を見た。そして、不規則で美しいピアノの音が響く真っ白な場所で、ゆっくりと落ちていき、その先には……

……そんな世界に引き込んでくれる作品が生まれた。

ようこそ、相関係数0.339の世界へ。

(text by qeeree)

RECOMMEND

Convex Level / donotcl(ドゥノットシーエル)

CONVEX LEVEL、結成28年目にして通算6枚目のフル・アルバム。寓話と暗喩に彩られた、ポップでプログレッシヴな13曲。めくるめく不思議な旅を思わせる、圧巻の人情SFロック。

>>特集ページはこちら


Convex Level / CL5

前作『New Moon 1st Contact』より2年半ぶりにリリースされた5thアルバム。収録楽曲のほとんどが日本語詞かつメンバー全員が40歳を超えたとは決して思えない少年っぽさを感じられる作品。そして、その中に垣間見れる活動20年を超えたアレンジ・ワークがいぶし銀の輝きを放つ。

>>特集ページはこちら


Convex Level / DiY1 - Unreleased & Remastered

2010年5月にLIVE会場で発売開始したCONVEX LEVELの未発表曲&リマスター集。数々の名曲達が今甦る。バンド歴20年を越える彼らのこの身軽さといったら。


Convex Level / LIVE JUNK

本作は、2010年4月25日に下北沢Threeで行われたライブの模様を収録したもの。昨年末に突如リリースした『New Moon 1st Contact』収録曲を中心に、80年代に作られた曲まで、数々の名曲が演奏された。全く無駄のない、どこまでも格好良く昇華されたギター・ロック・サウンドに、ただただ圧倒されてください。本作は、もちろんHQD(24bit/48khzのwav)で販売。全音楽ファン必聴のマスト・アイテム。

>>特集ページはこちら


Convex Level / New Moon 1st Contact

キャリア4作目となるフル・アルバム。ここにはポストパンク / ニューウェイヴ期から受け継いだ、冷めた視線と実験性がある。滑らかな転調と変拍子。鉄壁のリズム・セクション。追走するシークエンス。そのすべてが複雑に絡み合いながら、最終的にはポップ・ソングとして結実していく。関西アンダーグラウンド・シーンの至宝、10年ぶりの帰還。

>>特集ページはこちら

LIVE INFORMATION (Convex Level)

2016年4月16日(土)@大阪・梅田 HARD RAIN
w./ kasuppa (+ryo watanabe of Convex Level) / common duck / safari parks

2016年4月17日(日)@大阪・難波 ベアーズ
w./ LOSTAGE / trespass

"creation"
2016年5月14日(土)@横浜 GALAXY
w./ Rebel One Excalibur / Detrytus / one point four three / atrium / hitsujikazoeru

PROFILE

Convex Level

渡辺 良 Watanabe Ryo ’67 (guitars / vocals)
前川 健一 Maekawa Kenichi ’67 (bass guitar / vocal)
中道 圭介 Nakamichi Keisuke ’67 (drums / vocal)

Convex Levelとして渡辺と前川が高校時代に音楽活動を開始。当初は電子音楽ユニットであった。その後同じく高校の同級生のドラマー中道が加わり、渡辺、前川の2人も弦楽器に持ち替え3ピース・バンドとなる。以降、20数年に渡って同じメンバーでライヴ活動を続けている。息のあった演奏力と高度な音楽性で一部の音楽ファンの間で根強い人気を保っている。また、録音、ミックスやマスタリングをすべてメンバーが行い、ギターの渡辺は90年代に関西の数々のインディ・オルタナティヴ・バンドのプロデュースを手がけた。今はなきgreen recordsの主催者でもある。ベースの前川は、山本精一率いる羅針盤に参加するなど幅広い音楽活動を展開している。彼らの音楽からはさまざまなアーティストが想起される。例えば、CAMPER VAN BEETHOVEN、NEIL YOUNG & CRAZY HORSE、PIXIES、SONIC YOUTH、WIRE、JOY DIVISION、THIS HEAT、XTC、KING CLIMSONやPETER GABRIELなど。

>>Convex Level Official HP