〈ぐるぐる回る 2014〉が2014年9月15日に開催決定!! わくわくを抑えきれず、会場下見に同行して写真とってきちゃいました!!

待ってました!! 埼玉スタジアム2002のコンコースを使って開催されるD.I.Yフェス〈ぐるぐる回る 2014〉の開催が決定しました!! サッカーの試合が行なわれるスタジアムのコンコースにライヴのステージが作られ、担当キュレーターがブッキング、そして演出を行う手作り感溢れる大型フェス。〈ぐるぐるTOIRO〉〈ぐるぐるコエド〉など、ぐるぐるシリーズは定期的に行なわれてきたものの、本祭である〈ぐるぐる回る〉の開催は2012年以来2年ぶりなのです。といっても、行ったことのない人は想像しづらいのでは? ということで、埼玉スタジアム2002へ下見に訪れるというぐるぐるスタッフに混じって、会場に行って写真を撮ってきました。ナビゲーターは、キュレーターのひとり、しあわせさん!! まだステージセッティング前の会場と、以前のステージを見比べてイメージを膨らませてみてください!! そして9月15日は、会場でぐるぐる周りながら祝杯をあげましょう!!


埼玉スタジアム2002を会場にしてしまった、あのフェスが2年ぶりの開催!!

ぐるぐる回る 2014

日時 : 2014年9月15日(月、祝)
会場 : 埼玉スタジアム2002のコンコース
開場 : 10時30分 / 開演 : 11時
チケット : 4,000円(1ドリンク付き)
※保護者同伴に限り、小学生以下無料

出演アーティスト
ATATA / アップアップガールズ(仮) / IGAXX 井乃頭蓄音団 / イロメガネ / 内田るん / UHNELLYS / MCホセ&DJメンドーサ(どついたるねん山ちゃん&先輩) / おとぎ話 / Ohayo Mountain Road / xxx of WONDER(南波志帆 × Dr.Usui × フレネシ × 岸田メル × Julie Watai) / 溺れたエビの検死報告書 / おれ、夕子。 / KAGERO / COLOR ME BLOOD RED / CANDLES / Cutie Pai / KIRIHITO / グッバイフジヤマ / CRYV / クリトリック・リス / GEZAN / ゲスバンド / GORO GOLO / Saoriiiii / サイプレス上野 / 笹口騒音&ニューオリンピックス / ジブンジカン / 新生プロレス研究会 DPG VS ブラックDPG / 鈴木秋則町田昌弘西浦謙助 / おかもとえみトミタ栞 / soulkids / TADZIO / TAMTAM / たをやめオルケスタ / CHECK YOUR MOM(倉内太+柴田聡子) / チミドロ / Qomolangma Tomato / DQS / 天才バンド / toddle / NATURE DANGER GANG / Have a Nice Day! / バンドじゃないもん! / FAT FOX FANCLUB / For Tracy Hyde / フジタヒロシX中畑大樹X鈴木秋則 / フジロッ久(仮) / FUCKER / BREAKfAST / BELLRING少女ハート / ぽわん / mothercoat / 三沢洋紀と岡林ロックンロール・センター / ゆるめるモ! / ライムベリー / RIDDIMATES / Limited Express (has gone?) / LUI◇FRONTiC◆松隈JAPAN / LEF!!! CREW!!! / ROTH BART BARON / ロンリー / 忘れらんねえよ and more...



>>>ぐるぐる回る 2014 HP

入口、フードコート

ここが入口になります。1階にはフードカーがずらっと10台くらい並ぶんですけど、今回、フードコートエリアは公園に遊びにきた人やスタジアム周辺の施設にサッカーをしにきた人なんかも入れるようにして、2階に上がるときにチケットをみせてもらいます。

2012年のフードコートの様子

アートマーケットエリア

ここがアートマーケットエリアになります。
アートマーケット出展者募集中!
詳細はこちら

2012年の様子

映像エリア

照明が暗いところでは、映像の展示などが行われます。

2012年の様子

1番 : CXBステージ

CRYV、笹口騒音&ニューオリンピックス、toddle 、For Tracy Hyde 、ROTH BART BARONが出ます。ここのキュレーターは、廃校フェス(ぐるぐる回るの前身イベント)のときからやっている人達ですね。

2012年の様子

CRYV
nhhmbase

2番 : ぐるぐるステージ(メインステージ)

溺れたエビの検死報告書、たをやめオルケスタ、天才バンド、RIDDIMATES、LUI◇FRONTiC◆松隈JAPANが出ます。ここには野外へ向けたステージを組みます。

2012年の様子

BiS
the telephones

3番 : youthfulステージ

井乃頭蓄音団、イロメガネ、おとぎ話、TAM TAMなどが出ます。
しまさんは埼玉最重要若手ですね。

4番 : Riot Grrrlステージ

今年ポイントのアイドルステージですね。ゆるめるモ!がキュレーションするステージです。アップアップガールズ(仮)、バンドじゃないもん!、BELLRING少女ハート、ライムベリーが出ます。

前回の様子

BELLING少女ハート(ぐるぐるTOIRO2014)

5番 : Less Than TV×SCUM PARK 10m モッシュピットステージ

Less Than TVがキュレーションするステージです。パンクと弾き語りと授業をやります。COLOR ME BLOOD RED、KIRIHITO、サイプレス上野、CHECK YOUR MOM (倉内太+柴田聡子)、BREAKfAST、三沢洋紀と岡林ロックンロール・センター、Limited Express (has gone?)、ロンリーなどがでます。

前回の様子

Limited Express(has gone?)(ぐるぐるTOIRO2014)

6番 : Less Than TV×SCUM PARK 1m モッシュピットステージ

… 狭! これは「小さくてすみません!」って土下座ですかね。

ここには、FUCKER、IGAXX、MCホセ&DJメンドーサ(どついたるねん山ちゃん&先輩)、ゲスバンドなどが出ます。

2012年の様子

バロムワン
サツペ

7番 : スタジアムステージ

今年はじめて使うステージです。今年はKAGERO 、GEZAN等が出ます。

8番 : Tokyo eleportステージ

Cutie Paiのレコ発をやります。xxx of WONDER(南波志帆 × Dr.Usui × フレネシ × 岸田メル × Julie Watai)、CANDLES、Saoriiiii、ぽわんなど、ピコピコした音楽をやるアーティストが出ます。

前回の様子

Cutie Pai(ぐるぐるTOIRO2014)
その名はスペィド

9番 : スズキステージ

鈴木さんがキュレーターを務めるステージですね。
グッバイフジヤマ、新生プロレス研究会 DPG VS ブラックDPG、鈴木秋則町田昌弘西浦謙助おかもとえみトミタ栞、DQS、フジタヒロシX中畑大樹X鈴木秋則が出演します。

10番 : モルぐるステージ

モルタルレコードがキュレーションするステージです。ATATA、クリトリック・リス、忘れらんねえよが出ます!

2012年の様子

クリトリック・リス(ぐるぐるTOIRO2014)

11番 : nanofilmステージ

ジブンジカンのレコ発が行なわれます。
UHNELLYS、soulkids、Qomolangma Tomato、mothercoatが出ます。
ひとつのライヴハウスでできることがここで体験できるわけですね。

2012年の様子

ジブンジカン
Qomolangma Tomato

終わりに(ぐるぐるスタッフたちへのミニ・インタヴュー)

ーー2012年から変わったことはありますか?

川瀬拓(以下、川瀬) : ステージの場所を大分変えましたね。あと、スタンドを使うのは今年が初めてです。今まではコンコースだけだったんですけど、今回スタンドに開放感のあるステージを2つ作りました。

ーー今年一番のポイントは何でしょう?

川瀬 : キュレーターやステージの名前が出たことですね。今までは彼らの顔が見えづらかったんですけど、今回はしっかり顔が見えるようにしたので、キュレーターも意志を持って、意識してやっていると思います。

ーーお客さんにはどんなところを楽しんでほしいですか?

川瀬 : やっぱりイベント名の通り、会場内をぐるぐる回るところですよね。たくさん歩いて、何を観るか迷ってほしいです。

ーーぐるぐる回るは、歩いては立ち止まってを繰り返すと会場を1周して全ステージ / 全アクトを観られますからね。

川瀬 : そうですね、それが野外フェスやライヴ・ハウスサーキットとは違うところで。歩いていると何かしら耳に入ってくるから、気になったところに駆け付ければ観られるんですよ。

ーー最後に、お客さんにメッセージをお願いします。

ザック : とにかく歩いて飯食ってビール飲んで、楽しんでほしいです。
しあわせ : いっぱいバンドを観てほしいですね。
川瀬 : キュレーターが皆自信を持ってバンドを呼んでいるので、どこのステージが一番盛り上がっているのか、お客さんの目と耳で確かめてほしいですね。

写真 : 松井誠

ぐるぐる2014 出演者の配信楽曲をチェック!

TATAT

ATATA

Album ¥1,500

BLUE

ぽわん

Album ¥1,234

JOY

RIDDIMATES

Album ¥1,300

PROFILE

ぐるぐる回る実行委員会

音楽・アート・カルチャーを愛する個人または団体で構成。メンバーのバック・グラウンドは、会社員・学生・農家・自営業等多岐に渡る。メンバーは他に生業となる仕事をもちながら所属。大手組織に属さないアーティストや埼玉の代表となる若いアーティストに活動と表現の場所にしてもらえるよう、埼玉に根付くイベントを目的として活動中。

過去のぐるぐる回る特集はこちら!
>>川瀬拓(ぐるぐる回る)×飯田仁一郎(BOROFESTA)対談
>>埼玉音楽の未来会議第2弾
>>川瀬拓(ぐるぐる回る)×辻友哉(ETERNAL ROCK CITY.)対談

o

 
 

インタヴュー

過去、現在、そして未来へと繋がるサウンドスケープ──キセル、3年ぶりのアルバム『The Blue Hour』リリース
[CLOSEUP]・2017年12月08日・過去、現在、そして未来へと繋がるサウンドスケープ──キセル、3年ぶりのアルバム『The Blue Hour』リリース 2014年にリリースした『明るい幻』から3年…… 来年結成19周年を迎えるキセルがついに新アルバム『The Blue Hour』をリリース! 3年ぶりに届いた今作も、キセルらしく浮遊感満載のサウンドスケープがひろがる、ファンタジックな楽曲が並んでおります。今作は、インタヴューのなかで辻村豪文が「“4人のバンド”として録りたいというのも思ってました」と語ってくれているように、以前よりキセルをサポートしていたドラムの北山ゆうこと、サックス、フルートの加藤雄一郎の4人が全曲で参加。これまでのキセルにはなかった管楽器というエッセンスを加えたことで、よりキセルのふたりが描く風景が美しく膨らんで聞こえる。3年間待ちわびたみなさん! 『The Blue Hour』を読み解くテキストとしてぜひお楽しみください。 メロウに、ドリーミーに、ミニマムに響く3年ぶりのフル・アルバム キセル / The Blue Hour'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】
by JJ
孤独だからこそ誘われた「warbear」という名の灯り──元Galileo Galilei・尾崎雄貴ソロ・プロジェクトが始動
[CLOSEUP]・2017年12月06日・孤独だからこそ誘われた「warbear」という名の灯り──元Galileo Galilei・尾崎雄貴ソロ・プロジェクトが始動 2016年10月、惜しまれながらもその活動に終止符を打ったGalileo Galilei。そのフロントマンであった尾崎雄貴が新たにソロ・プロジェクト「warbear」を始動させた。札幌にある自身のスタジオでレコーディングされ、弟で元Galileo Galileiのドラマーでもある尾崎和樹や、フィラデルフィアで活動をするサックス・プレイヤーDan Wallaceなどが参加した初アルバム『warbear』が2017年12月6日(水)にリリースされた。いわゆるギター・ロック的なサウンドを鳴らしていた初期のGalileo Galileiからはガラッと印象は変わり、バンド後期に彼らがつくりだしたメランコリックな音楽性の、その先が凝縮されている。 いったいこの作品はどのようにつくられたのか。OTOTOYではワールド・スタンダードに視点を置いた作品群となっている本作を探るべく、ライターの真貝聡による尾崎へのインタヴューを掲載。また、Galileo Galileiの音楽を聴いてロックに目覚めた人も多
by ?
女性SSW・平林純、初の全国流通作『あとのまつり』をハイレゾ配信 & 福島を中心に活動するSSW・Chanoとの対談を掲載
[CLOSEUP]・2017年12月06日・「青臭さ」も「やさぐれ」も、ありのままの自分自身── 平林純×Chano、真逆の世界観を持つ女性SSW対談 2009年に路上ライヴから活動を始め、2015年には日本各地から集まったアマチュア・ヴォーカリストから優勝者を選ぶ番組『Sing! Sing! Sing! 3rd season』に出演し3500組の中からトップ3に選ばれるなどの実力派女性SSW・平林純が初となる全国流通作『あとのまつり』をリリース。バンド・アレンジによる楽曲から弾き語りの楽曲までバラエティに富んだポップな楽曲と毒気のある歌詞が印象的な今作を、OTOTOYではハイレゾにて配信スタート。そして、しなやかな歌声と美しくも力強いメロディが光る2ndアルバム『toi et moi』をリリースしたばかり、福島県いわき市を中心に活動する同じく女性SSW・Chanoとの対談を掲載。同じSSWと言えど、世界観が真逆な2人の対談は一体どうなるのか!? ページの最後にはディスク・レヴューもありますのそちらも是非! 初となる全国流通盤をハイレゾで!平林純 / あとのまつり '【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC【配
楽しい場所にいる自分が本当の自分? それとも…? ──spoon+、触って着せて脱がせる4thアルバム
[CLOSEUP]・2017年12月06日・最新技術を使っても血肉が通うステージでありたい──触って着せて脱がせるspoon+の最新作をハイレゾ配信 “世界を驚きで楽しくする”というテーマをもとに、あこちゅあが立ち上げたspoon+、待望の4thアルバムが完成。プロジェクション・マッピングを使用した映像と音楽を融合させたライヴ・パフォーマンスを特徴とし、作詞・作曲、映像制作、ライヴ演出をはじめ、衣装製作からアートワークと細部にまでセルフ・プロデュース。2016年にはフランスで開催された〈JapanExpoSud〉にライヴ出演、フランスのケーブルテレビ「NOLIFETV」では10週連続リクエストランキング10位以内に入るなど海外にも活動の幅をひろげている、あこちゅあの世界観をより楽しむため、彼女と10年近い付き合いのある宗像明将がインタヴューを敢行。ハイレゾ音源とともにお楽しみください!! 触って着せて脱がせるをコンセプトにつくられた、4thアルバムをハイレゾ配信spoon+ / Dress【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) / AAC【価格】単曲 270円(税込) / まとめ 1,944円(税込) 【収録曲】1. カ
Cojok、3年半ぶり4枚目となるアルバム『Fourtea』をハイレゾ独占先行配信 & インタヴュー掲載
[CLOSEUP]・2017年11月30日・宿命を背負った音の極彩色──Cojok、3年半ぶり4枚目となるアルバムをハイレゾ独占先行配信!! アコトロニカ・ノイズ・オーケストラを貫く孤高のユニット・Cojokが3年半ぶり、4枚目となるアルバム『Fourtea』をリリース。OTOTOYでは一般での販売に先駆け、本作のハイレゾ独占先行配信がスタート! リズム隊に根岸孝旨、タナカジュンという布陣を配し、電子音と生楽器が緻密に組み合わさったその圧倒的な音像は是非ともハイレゾで体感していただきたい作品となっております! 前作に引き続き今回もメンバーであるKco(Vo.Gt)、阿瀬さとし(Gt. Pro)の2人へのインタビューを掲載。こだわりぬかれた今作を紐解くテキストとともに、ぜひその音に触れてみてください! OTOTOYのみハイレゾ独占先行配信!!Cojok / Fourtea'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/96kHz) / AAC 【配信価格】単曲 270円(税込)(M1,6のみ) / アルバム 2,160円(税込)【収録曲】''01. Velce02. Do Do Lou03. Sun Blanket04. Ocean In
映画版・RO JACK!? 新人発掘の登竜門!──音楽と映画の祭典、〈MOOSIC LAB〉より公式コンピがリリース
[CLOSEUP]・2017年11月20日・映画版 RO JACK!? 新人発掘の登竜門!──音楽と映画の祭典、〈MOOSIC LAB〉より公式コンピがリリース 突然ですが、あなたは〈MOOSIC LAB〉を知っていますか?〈MOOSIC LAB〉とは、『劇場版 神聖かまってちゃん』などをプロデュースした直井卓俊による映画祭。「そもそも何でOTOTOYで映画?」と思ったそこのあなたも、歴代の参加アーティストを見ればドキリとするのでは!? そう。なんと大森靖子、BiSなどのあの作品も、全てはここがきっかけで始まったのです。数々の才能を輩出している"音楽[MUSIC]"と"映画[MOVIE]"の実験室=〈MOOSIC LAB〉、今知っておいて損はないハズ!このたびは本年度の受賞映画から、OTOTOY限定でコンピレーション・アルバムをリリース。なんとこの特集のために書き下ろしの楽曲を提供してくださったアーティストも盛りだくさん! 耳の早いあなたにこそ、是非聴いてほしいラインナップになりました。さらに次ページでは、〈MOOSIC LAB〉主宰やグランプリ受賞監督陣を交えた対談も敢行。併せてお楽しみいただけると幸いです。 ここでしか聴けない楽曲揃いの、OTO
by 阿部 文香
2018年最注目アイドルは全員中学1年生! パンダみっく、1stシングルをOTOTOY独占ハイレゾ配信
[INTERVIEW]・2017年11月29日・2018年最注目アイドルは全員中学1年生!パンダみっく、1stシングルをOTOTOY独占ハイレゾ配信 2016年6月結成の5人組中学1年生のアイドルユニット、パンダみっく。結成から1年5か月にして待望の1stシングル『好きな曜日はxx』がリリース。サウンド・プロデューサーに元『カラスは真っ白』のタイヘイを迎い入れ、カラスは真っ白のカヴァー「ヒズムリアリズム」や、配信限定でリリースされた「白黒イエスノー」、そして表題曲の「好きな曜日はxx」のファンキーな3曲が収録されている。OTOTOYでは本作を独占ハイレゾ配信をおこなうとともに、アルバム購入者にはメンバーからの「寄せ書き楽曲コメントpdfデータ」つき。そして、リリースを記念してサウンド・プロデューサー、タイヘイのメール・インタヴューを掲載。パンダみっくをまだ知らないみなさん、これからの彼女たちには要要要要、要チェックですよ!! アルバム購入でメンバー寄せ書きコメントpdfつき!パンダみっく / 好きな曜日はxx'【収録曲】1. 好きな曜日はxx2. ヒズムリアリズム(rearrange ver.)3. 白黒イエスノー 【配信形態】24bit/96kHz
宇都宮発の美メロ・バンド、Someday's Goneの新アルバムを先行配信開始
[CLOSEUP]・2017年11月29日・アイドル楽曲もおまかせください! 宇都宮発の美メロ・バンド、Someday's Goneの新アルバムを先行配信開始 インディ・シーンを騒がせているバンドを多数生み出し、いま注目を集めている栃木県の宇都宮シーン。その大きな特徴といえば、メロディに比重をおく“メロディ至上主義”だという。そんなシーンの中でもひときわ輝くメロディを響かせるロック・バンド、Someday's Goneが、新作フル・アルバム『Someday You Will Be Loved』を、12月13日(水)にリリースする。The All-American Rejectsをはじめ海外エモ・シーンからHi-STANDARDなどのメロコアなどからも影響を受け、それらをポップスとして昇華し、ジャンルにとらわれない楽曲を生み出している。今回OTOTOYでは、そんな彼らの新アルバムを12月6日(水)より1週間先行にて配信開始、そして1週間の期間限定でリード曲「Giving It Away」のフリー配信も実施! Someday's Goneがどんなバンドなのか、メンバーのニシヤシュン、サトウショウヘイに話を訊いた。 胸が高鳴ること間違いなし10曲を先行配
by 岡本 貴之