元PaperBagLunchboxのヴォーカリスト・ナカノヨウスケが、新鋭バンドModeastと結成した新バンド、Emeraldの1st EP『This World ep』が到着しました! ソロでの活動を開始し、より表現力を増した "歌い手"ナカノヨウスケの歌の世界観を充分に伝えるだけでなく、輪郭のはっきりしたModeastの心地よいグルーヴとアンサンブルがバランスよく鳴っている本作は、静かに、そして高らかに始まりを告げる一枚です。OTOTOYでは、EP収録曲の中から「フラニーの像意」のフリー・ダウンロードを実施。今、ナカノヨウスケの視点の先には何があるのか。生み出された世界の断片から感じとってみてください。

>>「フラニーの像意」のフリー・ダウンロードはこちら

Emerald / This World ep

【収録曲】
1. intro / 2. メロディ / 3. フラニーの像意 / 4. This World

【販売形式】
HQD(24bit/48kHzのwav)

【販売価格】
HQD : 500円

ナカノヨウスケ、新たな旅立ち

元PaperBagLunchbox(以下PBL)のヴォーカル、ナカノヨウスケが新バンドEmeraldとして初の作品『This World ep』を完成させた。昨年PBLの解散後、しばらく弾き語りで活動していた彼が、バンドModeastのベーシスト藤井と出会って新たに結成したバンドがこのEmeraldである。その産声をぜひ聴いてほしい。新バンドの未知なる可能性に溢れた響きを感じるはずだ。

静かに始まりを告げるM1「Intro」からそのままM2「メロディ」へと繋がり、ナカノヨウスケの歌声が聴こえてくる。たゆたうように高音へと流れていく歌声が魅力的で、ヒリヒリするような感傷をもたらす。そしてその儚げな歌声を、Modeastの演奏が優しく包む。PBL後期に既にあったというこの曲は、もしかしたらナカノヨウスケにとって、過去と現在とを繋ぐ曲なのかもしれない。曲の最後に彼は息を吐く。それによってこの曲は閉じられ、と同時にその呼吸からは、バンドEmeraldをこれから始めていくのだという決意のようなものを感じさせる。

photo by Kumiko Kudo

ダブ・ポップのM3「フラニーの像意」では、都会的だがしかし変則的なリズムが、一筋縄ではいかないこのバンドの可能性とそれをこなす演奏力の高さとを同時に示している。そしてラスト・ナンバーM4「This World」。8分にも及ぶこの大作は、ナカノヨウスケとModeastとの出会いのきっかけになった曲という。「君はこの世界そのものだよ/角度が変わるだけさ」というフレーズでヴォーカルのヴォリュームが上がり、それがしっかりメッセージとしてこちら側に伝わってくる。どこで彼の歌声を引き立たせるべきか、演奏はもちろんのこと、アレンジも充分に考えられているのを感じる。

この作品で聴かれるEmeraldの産声を象徴するもの。それはやはりナカノヨウスケの歌声なわけだが、彼の感情をいま支えられるのはおそらくModeastしかいないだろうと思われる。と言うのも、特に「フラニーの像意」「This World」は元々、PBL解散後ナカノヨウスケの弾き語りのなかで出来た曲だった。そのメロディをナカノヨウスケの感情から生み出されたものとしてModeastのメンバーが汲み取り、個々のフレージングによって歌声を支え、新バンドEmeraldの音として見事仕上げたのである。それはまさに邂逅と言うべきかもしれない。ナカノヨウスケがModeastと共に、もう一度バンドを始めようと決意したのも充分頷ける。エメラルドには「新しい旅立ち」という意味があるそうだ。その旅立ちに際し、こうした作品が届けられたことを喜びたいと思う。(text by 小川ワタル)

RECOMMEND

PaperBagLunchbox / Ground Disco

12編の物語から紡ぎあげられた、1本のロードムービー。空白の5年を経て辿りついたのは、2010年代の新たなロックのあるべき姿。5年間に書き貯められた約80曲の中から選び出された究極の楽曲達で描く、トータル・コンセプト・アルバム。

映画 その光-for-a long time- / 空中ループ

京都発の4ピース、空中ループ。彼らが自主レーベルから打ち出す新作は、なんと25分に及ぶ長編曲と映画作品。鮮烈に心ふるわせるメロディーに乗る松井省悟の優しく真っ直ぐな歌声が、眩しい光に溢れる情景を感じさせます。

おとぎ話 / BIG BANG ATTACK

どこまでも自由なファンタジアを打ち鳴らすスーパー・バンド、おとぎ話の5thアルバム『BIG BANG ATTACK』が曽我部恵一のその手腕を最大限に発揮した音作りと、おとぎ話のオリジナリティが炸裂したキュートでポップな甘酸っぱいロックンロール・アルバムです! 大傑作!

LIVE SCHEDULE

10月28日(日)@吉祥寺WARP
w / ao’w / YOI YOI / Sur / fula

11月11日(日)@新宿MARZ 【 Freak’in The Box #07 】
w / egoistic 4 leaves(名古屋) / NINGEN OK(金沢) / MOROHA and more…

【Emerald(ナカノヨウスケ×Modeast) 1st ep「This World ep」レコ発ファイナル】
12月1日(土)@新宿MARZ 【 ばんにねがいを ~Tour Final~ 】
w / おとぎ話 / Chocolat&Akito

PROFILE

ナカノヨウスケがPaperBagLunchbox解散後に作った楽曲をModeastのベーシスト藤井に聴かせたことがきっかけで、2011年6月ナカノヨウスケとModeastの融合バンド【Emerald】が結成された。都内でゆっくりと活動を開始。
2012年2月26日(日)、日の毬との共同企画イベント【NEVERMIND】を立ち上げ、初回は約160人を動員。
2012年5月よりレコーディングに入り、「This World ep」完成。
2012年7月7日(土)、サポート・バイオリンに百瀬巡を加え下北沢ERAにて発売記念ライブを開催、約200人を動員。
2012年9月8日(土)、日の毬との共同企画【NEVERMIND Vol.2】を豪華共演者を迎え、大盛況のうちに終了。

>>Emerald / ナカノヨウスケ WEB
>>Emerald 特設ページ

この記事の筆者