元PaperBagLunchboxのヴォーカリスト・ナカノヨウスケが、新鋭バンドModeastと結成した新バンド、Emeraldの1st EP『This World ep』が到着しました! ソロでの活動を開始し、より表現力を増した "歌い手"ナカノヨウスケの歌の世界観を充分に伝えるだけでなく、輪郭のはっきりしたModeastの心地よいグルーヴとアンサンブルがバランスよく鳴っている本作は、静かに、そして高らかに始まりを告げる一枚です。OTOTOYでは、EP収録曲の中から「フラニーの像意」のフリー・ダウンロードを実施。今、ナカノヨウスケの視点の先には何があるのか。生み出された世界の断片から感じとってみてください。

>>「フラニーの像意」のフリー・ダウンロードはこちら


Emerald / This World ep

【収録曲】
1. intro / 2. メロディ / 3. フラニーの像意 / 4. This World

【販売形式】
HQD(24bit/48kHzのwav)

【販売価格】
HQD : 500円

ナカノヨウスケ、新たな旅立ち

元PaperBagLunchbox(以下PBL)のヴォーカル、ナカノヨウスケが新バンドEmeraldとして初の作品『This World ep』を完成させた。昨年PBLの解散後、しばらく弾き語りで活動していた彼が、バンドModeastのベーシスト藤井と出会って新たに結成したバンドがこのEmeraldである。その産声をぜひ聴いてほしい。新バンドの未知なる可能性に溢れた響きを感じるはずだ。

静かに始まりを告げるM1「Intro」からそのままM2「メロディ」へと繋がり、ナカノヨウスケの歌声が聴こえてくる。たゆたうように高音へと流れていく歌声が魅力的で、ヒリヒリするような感傷をもたらす。そしてその儚げな歌声を、Modeastの演奏が優しく包む。PBL後期に既にあったというこの曲は、もしかしたらナカノヨウスケにとって、過去と現在とを繋ぐ曲なのかもしれない。曲の最後に彼は息を吐く。それによってこの曲は閉じられ、と同時にその呼吸からは、バンドEmeraldをこれから始めていくのだという決意のようなものを感じさせる。

photo by Kumiko Kudo

ダブ・ポップのM3「フラニーの像意」では、都会的だがしかし変則的なリズムが、一筋縄ではいかないこのバンドの可能性とそれをこなす演奏力の高さとを同時に示している。そしてラスト・ナンバーM4「This World」。8分にも及ぶこの大作は、ナカノヨウスケとModeastとの出会いのきっかけになった曲という。「君はこの世界そのものだよ/角度が変わるだけさ」というフレーズでヴォーカルのヴォリュームが上がり、それがしっかりメッセージとしてこちら側に伝わってくる。どこで彼の歌声を引き立たせるべきか、演奏はもちろんのこと、アレンジも充分に考えられているのを感じる。

この作品で聴かれるEmeraldの産声を象徴するもの。それはやはりナカノヨウスケの歌声なわけだが、彼の感情をいま支えられるのはおそらくModeastしかいないだろうと思われる。と言うのも、特に「フラニーの像意」「This World」は元々、PBL解散後ナカノヨウスケの弾き語りのなかで出来た曲だった。そのメロディをナカノヨウスケの感情から生み出されたものとしてModeastのメンバーが汲み取り、個々のフレージングによって歌声を支え、新バンドEmeraldの音として見事仕上げたのである。それはまさに邂逅と言うべきかもしれない。ナカノヨウスケがModeastと共に、もう一度バンドを始めようと決意したのも充分頷ける。エメラルドには「新しい旅立ち」という意味があるそうだ。その旅立ちに際し、こうした作品が届けられたことを喜びたいと思う。(text by 小川ワタル)

RECOMMEND

PaperBagLunchbox / Ground Disco

12編の物語から紡ぎあげられた、1本のロードムービー。空白の5年を経て辿りついたのは、2010年代の新たなロックのあるべき姿。5年間に書き貯められた約80曲の中から選び出された究極の楽曲達で描く、トータル・コンセプト・アルバム。

映画 その光-for-a long time- / 空中ループ

京都発の4ピース、空中ループ。彼らが自主レーベルから打ち出す新作は、なんと25分に及ぶ長編曲と映画作品。鮮烈に心ふるわせるメロディーに乗る松井省悟の優しく真っ直ぐな歌声が、眩しい光に溢れる情景を感じさせます。

おとぎ話 / BIG BANG ATTACK

どこまでも自由なファンタジアを打ち鳴らすスーパー・バンド、おとぎ話の5thアルバム『BIG BANG ATTACK』が曽我部恵一のその手腕を最大限に発揮した音作りと、おとぎ話のオリジナリティが炸裂したキュートでポップな甘酸っぱいロックンロール・アルバムです! 大傑作!

LIVE SCHEDULE

10月28日(日)@吉祥寺WARP
w / ao’w / YOI YOI / Sur / fula

11月11日(日)@新宿MARZ 【 Freak’in The Box #07 】
w / egoistic 4 leaves(名古屋) / NINGEN OK(金沢) / MOROHA and more…

【Emerald(ナカノヨウスケ×Modeast) 1st ep「This World ep」レコ発ファイナル】
12月1日(土)@新宿MARZ 【 ばんにねがいを ~Tour Final~ 】
w / おとぎ話 / Chocolat&Akito

PROFILE

ナカノヨウスケがPaperBagLunchbox解散後に作った楽曲をModeastのベーシスト藤井に聴かせたことがきっかけで、2011年6月ナカノヨウスケとModeastの融合バンド【Emerald】が結成された。都内でゆっくりと活動を開始。
2012年2月26日(日)、日の毬との共同企画イベント【NEVERMIND】を立ち上げ、初回は約160人を動員。
2012年5月よりレコーディングに入り、「This World ep」完成。
2012年7月7日(土)、サポート・バイオリンに百瀬巡を加え下北沢ERAにて発売記念ライブを開催、約200人を動員。
2012年9月8日(土)、日の毬との共同企画【NEVERMIND Vol.2】を豪華共演者を迎え、大盛況のうちに終了。

>>Emerald / ナカノヨウスケ WEB
>>Emerald 特設ページ

o

 
 

レヴュー

セツナブルースター、9年ぶりの復活ライヴを12月3日開催──インディーズ期のデモ音源を期間限定公開!!
[CLOSEUP]・2017年11月16日・セツナブルースター、9年ぶりの復活ライヴを12月3日開催──インディーズ期のデモ音源を期間限定公開!! 10代の心象風景を激しさとせつなさとともに描く楽曲とライヴで話題を呼んだ3ピース・バンド、セツナブルースター。2008年に活動休止を宣言した彼らが、12月3日(日)、マイナビBLITZ赤坂で開催予定の〈DECEMBER'S CHILDREN〉昼の部で復活を果たす。2002年12月11日にリリースされた『キセキ』発売15周年を記念して、ギター倉島大輔の弾き語りを中心に全収録曲演奏、メンバーの島田賢司(B&Vo)と宮下裕報(Dr&Vo)も出演し、公式には9年ぶりにバンド形式の演奏も行われることがアナウンス。それを記念しOTOTOYではインディーズ期の名盤を一挙配信開始。さらにインディ2ndアルバム『「二十歳」より』のデモ音源を期間限定で試聴解禁。彼らの高校の同級生のライター西澤裕郎がレビューでその歩みを振り返る。この機会を絶対に見逃さないように。 >>セツナブルースター「キセキ」リリース15周年特設ページはこちら セツナブルースター、インディーズ時代の名盤を一挙CD音質にて配信開始 記念すべきインデ
by 西澤 裕郎
【REVIEW】ルーツを表明し、越える──福岡発のニュー・カマー、よあけの1stアルバムを先行配信&期間限定フリーDLも!
[CLOSEUP]・2017年11月17日・ルーツを表明し、越える──福岡発のニュー・カマー、よあけの1stアルバムを先行配信 & 期間限定フリーDLも! 九州大学のサークル・メンバーで2015年に結成され、はっぴいえんど、山下達郎、PAVEMENT、sea and cake、ミツメ、ホテルドミニク、Mac Demarco...古今東西のポップ・ミュージックたちと、同郷の先達であるNumber Girlをナードな佇まいで咀嚼した、人懐こさと青さ漂うサウンドを鳴らす3人組、その名もよあけ(yoake)。 そんな彼らが九州のオルタナティヴ・シーンにおける最重要人物、PANICSMILE・吉田肇が主宰する〈Headache Sounds〉より初の全国流通作となる1stアルバムをリリース!! OTOTOYでは是非とも多くの人に聴いていただきたく、12月15日の発売に先駆け約1ヶ月の先行配信と、アルバムの楽曲より「MABOROSHI」の期間限定フリー・ダウンロードが決定! レーベル・オーナーである吉田肇のコメント、そしてアルバム・レヴューと共にまずはフリー楽曲の一聴を! アルバム収録曲より期間限定フリー・ダウンロード!よあけ / MABOROSHI(期間
むすびズム、ラスト・シングルをOTOTOY独占ハイレゾ配信
[REVIEW]・2017年11月21日・むすびズム、ラスト・シングルをOTOTOY独占ハイレゾ配信 ASOBISYSTEM発、5人組アイドル・グループ、むすびズム。12月10日の3周年ワンマン・ライヴをもって解散することになった彼女たちの、4枚目にしてラスト・シングル『恋の戦士』がリリース。前作の『キミに夢CHUXX』に引き続き、今作もSEIJプロデュースによるキャッチーなシンセ・ポップ・サウンドに仕上がっている。OTOTOYでは本作をハイレゾ独占配信するとともに、メンバーからのコメントを掲載。キラキラ可愛い5人のビジュアルと歌声は永遠です!! アルバム購入でブックレットpdfつき!むすびズム / 恋の戦士【A盤】'【収録曲】1. 恋の戦士2. またね 3. 恋の戦士 -Instrumental-4. またね -Instrumental- 【配信形態】24bit/96kHz WAV / FLAC / ALAC / AAC【配信価格】単曲 300円(税込) / まとめ価格 1,200円(税込)むすびズム / 恋の戦士【B盤】'【収録曲】1. 恋の戦士2. 確信のフライデー 3. 恋の戦士 -Instrumental-4. 確信のフライデー -In
現役高校生5人組ロック・バンド、FAITHがポップ・パンクを正面突破
[CLOSEUP]・2017年11月17日・この音楽は勇気で、正義だ──現役高校生5人組FAITHがポップ・パンクを正面突破 すごいやつらが現れた! 長野県伊那が生んだポップ・パンクのニューヒーロー候補、FAITH! 現役高校生5人組、うち3人が日米のダブルという珍しい組み合わせに加え、Vo.ドリチュラーあかりはSPINNSのモデルとしても活躍中。「モデルがファッション感覚で音楽やってるんだろ?」そう思いの方もいるかもしれませんが、すでに実力は折り紙付き! 今夏開催された10代限定夏フェス〈未確認フェスティバル2017〉ではファイナリスト8組の1組に選ばれており、サウンドも往年のエモ / ポップ・パンク好きにはたまらない海外志向の本格派! OTOTOYではそんな期待のニューカマーの記念すべき初全国流通盤を配信とともに、現役大学生の目線から独自のレヴュー掲載! FAITH / 2×3 BORDER【配信形態】ALAC / FLAC / WAV / AAC【価格】単曲 257円(税込) アルバム 1201円(税込)【収録曲】1. Take me away from here2. Bana Pla3. distance4. DON’T FALL5. S
by 中の人
BATHS、シンガーとしての存在感をさらにましたポップな新作──ハイレゾ配信
[CLOSEUP]・2017年11月17日・BATHS、シンガーとしての存在感をさらにましたポップな新作──ハイレゾ配信 ウィル・ウィーゼンフェルトのメイン・プロジェクト、バスの3rdアルバム『Romaplasm』が到着した。もはや老舗アンダーグラウンド・レーベルとなった〈アンチコン〉からリリースされた本作は、開放感に溢れるポップな作品に、また“ビートメイカー”から一歩踏み込んだ、シンガー・ソング・ライターとしての側面も前面に出た作品となった。OTOTOYでは本作をハイレゾ配信。ダディー・ケヴによるマスタリングもぜひとも堪能していただきたい。さらにはレヴューとともに、こちらもハイレゾ配信となっているジオテック名義『Abysma』リリース時の記事も関連作として再掲してお届けします。 Baths / Romaplasm(24bit/48kHz)'【Track List】01. Yeoman02. Extrasolar03. Abscond04. Human Bog05. Adam Copies06. Lev07. I Form08. Out09. Superstructure 10. Wilt11. Coitus12. Broadback【配信形態 /
by 寺島 和貴,河村 祐介
フューチャー・ソウルの新たなページをめくる最新作『ar』──活動再開を果たした吉田ヨウヘイgroupの新作を配信開始!
[CLOSEUP]・2017年11月15日・フューチャー・ソウルの新たなページをめくる『ar』──活動再開の吉田ヨウヘイgroup、最新作を配信開始! 1stアルバム『From Now On』を2013年にリリースして以来、インディ・シーンの注目株として陽の目を観ていた突如、2016年2月に活動を一時休止。同年10月に活動を再開させた吉田ヨウヘイgroupが、『paradise lost, it begins』以来およそ2年5カ月ぶりの4thアルバム『ar』をリリースした。音楽に深い造詣のあるメンバーのセンスや技術が嗜好に寄り添うように体現された本作は、フューチャー・ソウルが盛り上がりをみせる現代の音楽シーンに一石を投じる作品となっている。アルバム全12曲、すべての楽曲で異なる表情を写す吉田ヨウヘイgroupの現在のフェーズが伺える最新作を、OTOTOYでは配信とともにレヴューを掲載する。 吉田ヨウヘイgroupの約2年半ぶりの新作を配信開始! 吉田ヨウヘイgroup / ar'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】 単曲 257円(税込) / アルバム 2057円(税込)【収録曲】''01.
by 中の人
【REVIEW】地に足がついていない!?──愛はズボーン、煎じ詰めた“待望”の1stフル・アルバムリリース
[CLOSEUP]・2017年11月15日・【REVIEW】地に足がついていない!? ──愛はズボーン、煎じ詰めた“待望”の1stフル・アルバムリリース OTOTOYとレコード・プレス・メーカーの東洋化成によるコラボレーション・レーベル〈TOYOTOY〉から初のアナログ盤となる『銀ギラ』のリリースや、自主企画イベント〈アメ村天国〉の開催など、今年は飛躍の年であることがうかがえる、愛はズボーン。そんな彼らがこのたび満を持して、1stフル・アルバム『どれじんてえぜ』をリリースした。本作のジャケットは世界的画家・黒田征太郎が手掛けている。黒田は愛はズボーンのメンバーたちが敬愛している画家で、まさに細部にまで強い想いが込められた作品に仕上がったと言えるだろう。そんな彼らの活躍を良質なハイレゾ音質で感じることができるのは、OTOTOYだけ! 本作をさらに楽しむテキストとして、レヴューも掲載! 未来の音楽濃縮盤をとくとご堪能いただきたい! ハイレゾはOTOTOYだけ! 未来の音楽が濃縮された、1stフル・アルバム愛はズボーン / どれじんてえぜ'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【価格】単曲 2
by 宮尾茉実
《12ヶ月連続配信企画、第9弾》──goodtimes、カップル同士の"あるある"な感情に容赦なく切り込む
[CLOSEUP]・2017年11月15日・《12ヶ月連続配信企画、第9弾》──goodtimes、カップル同士の"あるある"な感情に容赦なく切り込む 10年超のバンドキャリアを持つ、井上朝陽(Vo&Gt.)、安田そうし(Gt.)の2人が新たにスタートさせたギター・ロック・バンド、goodtimes(グッドタイムス)。2017年3月より《12ヶ月連続音源配信》をOTOTOYで行い、注目を集めている彼らが、この度第9弾「アメニモマケル」の配信をスタートした。彼らの魅力にもっと浸ってもらえる楽曲を、ぜひレヴューと共にお楽しみください。 goodtimes、全ての恋愛経験者に捧ぐ第9弾goodtimes / アメニモマケル'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込)【収録曲】''1. アメニモマケル REVIEW : 全ての恋愛経験者が唸る、く人の"あの頃"を刺激する goodtimesは前回のインタヴューで、情景が浮かびやすい曲を作っていると語っていたわけだが、今回も人が「もう触れたくない」としまい込んでいた気持ちに、ピンポイントで突き刺さる"あるある"な楽曲「アメニモマケル」をリリー
by 宮尾茉実
筆者について
同じ筆者による他の記事