eastern youthのニュー・アルバム『叙景ゼロ番地』が完成した。より鋭く、おおらかに歌い切った本作。聞き終えた後にこんなにも言葉が強く残るのは、このバンドが図太い信念を持ちつづけるから。時代に流されず、信念を頑なに譲らず表現し続け、日本のロック/パンク・シーンに影響を与え続ける最重要バンドが、結成24年目を迎えて思うこととは? ゼロの場所に立つ男達の思いとは? OTOTOYでは、新作の発売を記念してメンバー全員に単独インタビューを敢行(インタビュー場所に、他のメンバーはいません)。eastern youthのこれまで、そして今後、本作、そしてメンバーについて、かなり深く切り込んで聞いてきました。全ての音楽好き、そしてバンドマンへ捧ぐ。日本代表eastern youthが、ゼロ番地から今語る!

第2回は、ベーシスト二宮友和。楽曲のボトムを支えるだけでなく、「裸足の音楽社」とイースタンユースの運営を支える男は、実は彼だった。少し遠慮しながらゆっくり話す言葉の重みは、バンドを回す難しさを知っているからだろう。3人の中で、最も生々しい部分が話されたインタビューとなった。バンドマンは、特に読んで欲しいと思う。

インタビュー : 飯田仁一郎(Limited Express (has gone?))
構成 : 宮川純
写真 : yukitaka amemiya


eastern youth / 叙景ゼロ番地

1. グッドバイ / 2. 目眩の街 / 3. 空に三日月 帰り道 / 4. 呼んでいるのは誰なんだ? / 5. ひなげしが咲いている / 6. 残像都市と私 / 7. 長い登り坂 / 8. 地図のない旅 / 9. 驢馬の素描 / 10. ゼロから全てが始まる

販売形式 : 2000円(wavのみ)



>>第1回 田森篤哉インタビューはこちら



>>第2回 二宮友和インタビュー



第3回 吉野寿インタビュー(9/29(土)公開)

二宮友和(ベース) INTERVIEW

――最新作『叙景ゼロ番地』が出来て、吉野さんは「ライヴがしたいんだ! 」と言っていますが、二宮さんはどうですか?

二宮友和(以下、二宮) : 同じですね。前作から間を短くしたのもあって、アルバムのプロモーションの流れの中でライヴをやって、終わったら次のアルバム。だから感覚としては、ライヴがそんなには出来ていないというのがありまして。

――なるほど。作品の間隔を短くしたのには、理由があるんですか?

二宮 : 夏に出したかったんですよ。夏のイメージが残るアルバムを作りたかったんです。夏のシチュエーションの中で聴いてほしかったし、そのイメージでツアーも周りたかったですね。秋になっちゃいましたけど(笑)。

――このアルバムで、二宮さんの中では今までとここが違うぜという部分はあるんでしょうか? あるいはここで苦労したとか。

二宮 : 今回はすごい久しぶりに新しいベースを買って使いましたね。

――へぇ。

二宮 : テレキャス・ベース。オリジナル・プレシジョン・ベース。

――それをまた何故買おうと思ったんですか?

二宮 : 年が明けてから曲を作り始めたんだけど、8ビートのテンポ感のある曲がぽんぽん出て来たから、これは久しぶりにピックで弾いた方が良いなと思ったんです。ずっとフレットレスだったんだけど、ピックでフレッテッドを弾くと 昔の忘れていたグルーヴが自分の中で甦って来たんですよね。それで「今回はフレッテッドだ! ついでにベースも買っちゃおう! 」と思ってヤフオクで3万5千円。

――あははは。オークションなんですね。その“忘れていたグルーヴ”というのはどれくらい忘れていたんですか?

二宮 : ドラムより前にグイグイ行く感覚は、それこそトイズファクトリーの時代に2枚くらいかな。そのあたりでシフトが変って行った感じはありますね。

――なるほど。10年前とかですか? もっと前?

二宮 : 13年くらい前ですかね。要はベースをフレットレスにした事で変わっていったんだけど。

――フレットレスにするとどう変わるんですか?

二宮 : やっぱり弾いているニュアンス、より情緒的に自分の感覚を盛り込められるのが魅力だと思います。

――じゃあ今作はこれまでと大きく違うんですね?

二宮 : 全曲じゃないですけどね。半分くらいはそれを使いました。

オーバーグラウンド、アンダーグラウンドじゃなくて、最前線という感覚

――eastern youthにおける二宮さんの役割はなんだと考えていますか?

二宮 : どうなんでしょうね。割と3人とも大雑把な所があって、もう既にやった事のあるフレーズを気付かずにやっていたりするから、役割的には慎重になって客観視する役割ですかね。あとは音楽的にもうちょっと掘り下げていったり。

――先ほど、吉野さんが「24年目の15作目になると、やった事のあるフレーズ、手癖になる。越えるべき壁は自分」と仰っていました。二宮さんは、どうやって自身を乗り越えていますか?

二宮 : 特に手癖に関しては、しっかり作り込むという事ですよね。手癖でできたフレーズと気が付いたなら変えればいい事なんで。

――レコーディングの時にはバチッとしたフレーズがあるんですね。

二宮 : そうするように心がけてますね。でも今回は敢えて手癖のままいきました。

――それは何故?

二宮 : 今回のテーマは「曲に逆らわない」。ベースを替えたのもそうだし、情緒的な部分が過剰なのが自分のスタイルだと思うけど、それを敢えてやらないで曲にグッと入り込む。前は作り込んで曲をリードする事もあったけど、今回は曲の中に入っていく。

――そこには何かきっかけがあったんですか?

二宮 : 最初はいつも通りの感覚でやっていて、色々試していく中で、出てきたフレーズが薄っぺらい感じがしたんですね。良いとか悪いとかではなくて、曲自体がいつもと何かが違っていて戸惑いがあった中で、さっき言ったような入り込む感じとフレットレッドが繋がってきたわけなんです。

――ベースを替えたりスタイルを変えたり、吉野さんの曲に対する試行錯誤だったんですね。結果的に、はまったのがそれだったと。

二宮 : そうですね。

――eastern youthにとって、運営の面でも二宮さんの役割が大きいとおもうんですけど、その辺りはどうですか?

二宮 : 前の事務所と上手くいかなくなって離れてやろうとなった時に、モチベーションが完全に下がっちゃったんですね。特に他の2人は札幌の頃からの長い付き合いなのもあって、すごくモチベーションが下がっちゃってたんで「バンドも終わるかな」と正直思いました。けど、なんかこんな事で終わるのは嫌だな、頭にくるなと思って「裸足の音楽社」設立の時に、割と俺が突っ走った感じになったんですよね。そのおかげで色々背負い込むはめになったんですけど。あははは。まあでもいいかな。

――「裸足の音楽社」を回しているのは二宮さんなんですね。

二宮 : 実務的な面ではそうですね。地味な部分は。

――以前の事務所で上手く行かなくなった時に、また別の所にお願いするとかは考えなかったのですか?

二宮 : 今考えると協力してくれる所はあったのかもしれないですけど、当時はまず無理だろうなと思ってました。前の事務所との契約上、あと一枚レコードは製作しないとダメだけど、お金は全部前の事務所に行くことになってるから。

――新しく事務所を立ち上げて、今は上手くいっているといっても結構大変ですよね。

二宮 : でも大変だった時は、最初の半年から1年くらいかな。パニック状態だった。それが落ち着いた時は役割分担も出来てなんとかなったかな。

――なるほど。一方、「極東最前線」は、eastern youthにとってどういう存在ですか?

二宮 : あのイベントを始めた頃から持っている感覚があって、対バン・ライヴなんで、面白いものと面白いものが一緒の場所でやる事で何かが産まれる。それを「最前線」という名前に込めて、オーバーグラウンド、アンダーグラウンドじゃなくて、最前線という感覚。それはずっと大事にして守ってますね。自由に自分達でやっていいんだって。

「意思が強い、ぶれない」というよりは「意思の力が強い」

――二宮さんの考える吉野さんはどういう存在ですか?

二宮 : メンバーの事は恥ずかしいな。あははは。

――そうなんですよ。だからこそ!

二宮 : 「意思が強い、ぶれない」というよりは「意思の力が強い」と思いますね。ただ実現するんじゃなくて、そこに強い毒も乗せてくる、それが一つ一つ吹きかかっている。

――音楽的にはどうですか?

二宮 : やっぱり音楽もそうですよ。言葉の一言一言であったりが強い。

――「意思の力が強い」というのはすごい良い言葉。そういう歌詞やギターに対して、二宮さんはどういう反応をしますか?

二宮 : ベーシストには少数派かもしれないけど、リズムのアクセント、楽曲全体のアクセントを踏まえながら、メロディーに絡んでいったりしてますね。歌も結局はリズムで、組み合わせになってるわけです。歌と呼応するようなベースをやったりもしてますね。

――“毒の歌”に対して、毒を際立てようとするのか、隠そうとするのか?

二宮 : そのままですよ。アンサンブルを考えたり、アレンジを考えたりする時にあまりそこをどうするかは考えないですね。楽曲がどういう風な成り立ちになるかだけを考えるから。

――なるほど。吉野さんご本人は、怒りや孤独、絶望が一気に現れるパンチのある方だと感じましたけど、二宮さんも同じ気持ちになるものですか? それとも違うものですか?

二宮 : 各々がそれぞれの考えで生活していると思いますね。普段の会話の中で、時世の事を話したりしますけど、その中で共通の認識もあって感覚的には近いと思いますけど、なんでもかんでも一緒でもないですね。

――吉野さんからは“孤独”をすごい感じたんですけど、二宮さんはそれを感じますか?

二宮 : 俺は感じないですね。

――僕はそれが印象的だったんですよね。メンバーもいるし、周りに仲の良いバンドもいるけど孤独なのかなって。

二宮 : それは一生あの人に付いて回るものなんでしょうね。

――逆に、二宮さんご自身はどんな意識で音楽活動をしているんですか?

二宮 : 普通に一音楽ファンとして、最近足が遠のいてますけど、ライヴを見に行くと酒飲んではしゃいで、普通の人と一緒ですね。

――例えば、なんらかの理由でベースが弾けなくなった時にはどうしますか? 以前「ベースとか音楽にすがりついてた。これしか出来ねえんだよ! 戻りたくねえんだ! 」と仰っていたのがすごい印象的だったんですけど。

二宮 : やっぱり同じですね。自分の得意だと思える事だし、一番好きな事だし。これがやりたいんだ! と思って10代の終わりからずっと、これをやる事を生活の中心にしているというか。ちょっと考えられないですね。(音楽から)引きずりおろそうという力があるのならそれに徹底的に抗いますね。

――奥さんとお子さんもいらっしゃるなかで、生きていくにはそれなりにお金がいるじゃないですか。もし、eastern youthが金銭的に厳しくなってきた場合にはどうされますかね。

二宮 : バイトしながらやるんじゃないですかね。

――即答ですね。それくらいの覚悟があるんですね。

二宮 : はい。

――田森さんは植木職人もされていて、逆に吉野さんと二宮さんは何もやっていないですもんね。それが覚悟につながっているのでしょうか。

二宮 : まあ他に楽器の弾ける仕事がないかなと探すかもしれないですし。何かわからないけど、生活はしなくちゃいけないから、生きていく術を模索するだろうし、でも、バンドもお金が入らないから辞めるという事は、よっぽどの事がない限り思い浮かばないですね。

(ひょうたんは)生活が出来る範囲で活動するというスタンス

――現在も活動しているバンド・ひょうたんはどういう存在ですか?

二宮 : ひょうたんも一緒ですよね。eastern youth に加入したのと同じ年にスタートしたバンドだけど、eastern youthも最初はお金になるとは思ってなかったし。ひょうたんは、15年くらい前にドラムに子供が出来て、ちょっとバンドは出来ないといって,一度活動をストップしたんですね。それから2000年くらいに復活したのかな。復活した時に、生活が出来る範囲で活動するというスタンスがなんとなく共通認識になって、今は全員家庭を持って就職しています。練習でもなんでも、週末しか動けないバンドですね。

――モチベーションの出方が全然eastern youthとは違いますか?

二宮 : 最初は一緒でしたけど、その後の成り行きが違いましたね。何年か前からはまた一緒になりましたね。eastern youthはもう職業だと思っているんで、スケジュールとかはeastern youthを優先しますけど、基本的に音楽を作ったり...。いや、やっぱり違うかな。ひょうたんの方がその名の通り、ひょうひょうと向き合ってるかな。

――ひょうたんをやっている理由はあるんですか?

二宮 : 辞める理由がないからかな。

――二宮さんの曲をやりたくて、というわけではないんですか?

二宮 : 全然そんな事ないですね。

――じゃあ曲というより、メンバーがいてバンドがあるからやるという感じですか。

二宮 : そうですね。

――確かにひょうひょうとしてますね。田森さんはどういう存在か教えてください。

二宮 : なんと言って良いかわからないですね。説明がし辛いですね。あははは。

――あははは。音楽的に言ったらどうですか?

二宮 : まず見たまま聴いたままですよ、音楽的にも。細かい所は気にしないし。でもガッという時には迫力があったり、妙に変な天性のビート感がやっぱりありますよね。

――その天性のビート感と二宮さんのグルーヴはがっちりかみ合ってますよね。

二宮 : そうですね。さすがに20年やって合わないなんて言ったらね。あははは。

――結局は合うんですよね。

二宮 : 曲を作る段階でフレーズ同士の違和感がある場合はたまにあるけど、よほど調子が悪い時以外に演奏してて合わないと感じた事はないですね。これは昔から。

――田森さんの、eastern youthの中での精神的な面での立ち位置を教えてください。

二宮 : 「うーん、まあそうだよなあ」と言っている感じ。

――あははは。なんですかそれ。二宮さんと吉野さんが進めていくのを後ろから支える感じですか。

二宮 : そうですね。まあでも言うより動くタイプかな。「面倒くせえなあ」なんて言いながらテキパキ動いてます。例えばライブ後の撤収で皆がモゾモゾしてて中々片付け始めない時には、率先してパッパッと動いてますね。

――すごい初歩的な質問ですけど、eastern youthってリーダーはいるんですか?

二宮 : 吉野さんがリーダーになるんじゃないかな。

――吉野さんの感じでは「いやあ、二宮君だねえ」という感じでしたけどね。

二宮 : いやいや。

――田森さんにも二宮さんにも家族がいて、家族がいる中で音楽をやり続ける事を苦痛に思った事はないですか?

二宮 : ないですね。一番悪い状況の時に、すごい儲け話がきていたらそっちに行ってたかもしれないですけど、それもないので。バンド辞めて他の仕事するならバイトから始めなければいけなくて、社会生活不適合と言いますか。手に職もなにもないですから。

――もしなんらかの理由でメンバーの誰かがバンドを離れるとなった時、eastern youthはどうなりますか?

二宮 : そうなってみないとわからないけど、たぶん辞めるでしょうね。

――それほど強固なものなんですね?

二宮 : そうですね。ちょっと考えられないですよね。

――24年15作というのはやはり大きいですよね。吉野さんは、レコーディングをしてライヴをして、レコーディングをしてライヴをして、の流れがちょっと単調に感じてきたと仰っていましたけど、二宮さんはどうですか?

二宮 : それは思いますね。

――ライヴと制作は違うものですか?

二宮 : 違うものですよ。曲作りに集中している期間にライヴをいれると、なんかおかしなライヴになりますよ。ライヴをやると作っていた流れがちょっと戻されるし。折り合わないですね。

――ライヴと制作はどちらが楽しいとかはありますか?

二宮 : ないですね。曲があってライヴできるわけだし。まあ楽しいのは、バーッとライヴをやっている方が楽しいですけど。曲作りは、誰でもしんどいんじゃないですかね。ギューッと考えて考えて、割と内にこもっていくので。ライヴが苦痛だと言ったら始まらないですからね!

――そうですよね! ありがとうございます!

RECOMMEND

V.A. / 4-DIMENSION MUSIC THERAPY〜Tribute to GARORINZ〜

ガールズ・パンク・バンドGARORINZ(ガロリンズ)のメンバーであり、様々なイベントの主催や共催、フリー・ペーパー、レコ屋、カフェやライブ・ハウスの運営など、実に多岐に渡る活動を続けてきた、福岡のシーンを語る上では避けて通れない存在・藤井よしえ。彼女と親交の深い15アーティストが集結し、全曲ガロリンズとnoumi yoshie(藤井よしえソロ)のカヴァー楽曲を収録したコンピレーション・アルバム。イースタンユースは「I need I」で参加している。

二階堂和美 / にじみ

大名盤「二階堂和美のアルバム」より5 年。いま待ち望まれているのは、まさに二階堂和美の歌である!多幸感に溢れ、時に優しく、時に鋭く、共に歩み出すアルバムである。二階堂和美の歌には希望が、明日へのめざめが歌われている。ジャパニーズ・ニュースタンダードナンバーが満載!

BEYONDS / ヘイセイムク

新生BEYONDS、 POPGROUP recordingsに移籍し、ドラムに元fOULの大地も復活。老若男女、過去へも未来へも向けて発せられる伸びやかに響く歌声と強烈なグルーヴを帯び たニューアルバム「ヘイセイムク」完成! 約4年ぶりとなる本作は、既に数曲が昨年11月のKAIKOO POPWAVE FESTIVALなどのイベントで披露され、発売前に各所で話題を呼び絶賛と共にオーディエンスに迎え入れられている。間違い無く2012年、多くの人々の心に響く作品といえる今作は、今を生抜くBEYONDSの興奮必至の最新音源。

LIVE INFORMATION

リリースツアー極東最前線/巡業2012「ゼロ番地から彼方の空まで」

2012年10月12日(金)@千葉 LOOK
2012年10月13日(土)@さいたま新都心HEAVEN'S ROCK
2012年10月19日(金)@静岡 SUNASH
2012年10月20日(土)@横浜 F.A.D
2012年10月24日(水)@京都・磔磔
2012年10月26日(金)@福岡 DRUM Be-1
2012年10月27日(土)@広島ナミキジャンクション
2012年10月28日(日)@岡山ペパーランド
2012年11月2日(金)@札幌 cube garden
2012年11月16日(金)@弘前 Mag-Net
2012年11月17日(土)@盛岡 CLUB CHANGE
2012年11月18日(日)@仙台 CLUB JUNK BOX
2012年11月23日(祝)@新潟 CLUB RIVERST
2012年11月24日(土)@金沢 vanvanV4
2012年11月30日(金)@梅田クラブクアトロ
2012年12月1日(土)@名古屋クラブクアトロ
2012年12月15日(土)@渋谷 O-EAST

PROFILE

吉野 寿 : エレキ・ギター、ボイス
二宮友和 : ベース・ギター
田森篤哉 : ドラムス

1988年結成。現在に至る。

>>eastern youth WEB

 
 

インタヴュー

sora tob sakana メジャー1stシングルを先行配信
[POWERPUSH]・2018年07月14日・sora tob sakanaの夏、到来! TVアニメ「ハイスコアガール」OP曲のメジャー1stシングルを先行配信開始 神﨑風花、山崎愛、寺口夏花、風間玲マライカによる4人組アイドル・ユニット、sora tob sakana。TVアニメ「ハイスコアガール」のオープニングテーマを含んだメジャー1stシングル『New Stranger』が7/14から先行配信を開始。夏のはじまり、7月1日に東京国際フォーラム ホールCで行われた昼夜ワンマン・ライヴも成功に終わり、シングルのリリースとともに夏の大規模アイドルフェスに多数参加予定の彼女たちにメールインタヴューに加え、5・7・5で一筆書いてもらいました! まとめ購入者から抽選で3名様に直筆サイン入り全員集合チェキをプレゼント!sora tob sakana / New Stranger 【収録曲】 M1. New Stranger M2. silver M3. 発見【配信形態】24bit/48kHz (WAV / FLAC / ALAC) / AAC【価格】単曲 540円(税込) アルバム価格 1296円(税込)>>通常配信パッケージはこちら☆プレゼント応募要項☆
ハイレゾ配信──M-Swiftの7年ぶりの新作はロンドンのミュージシャンたちと作り上げたグルーヴィー&ソウルフルな逸品
・2018年07月11日・ロンドンのミュージシャンたちと作り上げたグルーヴィー&ソウルフルな逸品──M-Swiftの7年ぶりの新作 ハウス・ミュージックの名門、イタリアの〈イルマ・レコード〉と契約しワールドワイド・デビューし、2000年代後半より、ハウス〜クラブ・ジャズ系のシーンにて、その才能を発揮してきた松下昇平のプロジェクト、M-Swift。2011年のアルバム『12Months』以来、実に7年ぶりにアルバム『Moving with The Changes』をリリースする。多彩なシンガーを迎え、R&B〜ソウルを基調に、ジャジーなフィーリングが心地よいスムースな作品となっている。OTOTOYでは本作のハイレゾ配信とともにインタヴューをお届けしよう。 7年ぶりの新作をハイレゾ配信開始M-Swift! / Moving with The Changes (24bit/44.1kHz)!'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/44.1kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【配信価格】単曲 300円(税込) / アルバム 2.300円(税込)【収録曲】01. Lucky star feat. Nate James!02.
by 河村 祐介
弾き語り、トラック・メイク、会社経営!?──各所で話題を集めまくっている、眉村ちあきって一体何者!?
・2018年07月03日・弾き語り、トラック・メイク、会社経営!?──各所で話題を集めまくっている、眉村ちあきって一体何者!? 弾き語りからトラック・メイク、そして会社経営までこなし、その独自の作曲センスと高い歌唱力で各方面から注目を集めまくっている“天才シンガー・ソング・ライター・カリスマ・アイドル”、眉村ちあき。彼女が5月にタワーレコードにて限定発売した自主リリースのアルバム『Germanium』『海苔汁』『ハタチの女 オブ アメリカ』の3作(こちらもOTOTOYにて好評配信中です!)より選曲した楽曲を再レコーディングした現時点でのベスト盤ともいうべき作品『目尻から水滴3個、戻る』がOTOTOYでもハイレゾにて配信スタート! しかも! なんとOTOTOY限定のボーナス・トラックとしてTV番組『ゴッドタン』の企画「このアイドル知ってんのか!? 2018」にて即興披露した楽曲「ゲロ」の完全版が収録された特別エディション! 配信とあわせて、まだまだ謎に満ちた彼女の正体に迫るインタヴューも掲載! 眉村ちあきって、一体何者なの!? 限定発売だったアルバムが、OTOTOY限定トラック付きでハイレゾ配信!眉村ちあき / 目尻から水滴3個、戻
by 前 田
YOSSY LITTLE NOISE WEAVER、8年ぶりの新作をハイレゾ配信
・2018年07月05日・ポップという実験──YOSSY LITTLE NOISE WEAVER、8年ぶりの新作をハイレゾ配信 生活にすっと入ってくる美しいメロディ、そんなポップスの楽しさに満ちたアルバムだ。伝説的なスカ・バンド、デタミネーションズのメンバー、YOSSY(キーボード / ヴォーカル)とicchie(トランペット / トロンボーン)によるユニット、YOSSY LITTLE NOISE WEAVER。前作『Volcano』から約8年ぶりにニュー・アルバム『Sun and Rain』をこのたびリリースする。それぞれにハナレグミ、Caravan、Mr.Childrenをはじめ様々なアーティストのサポートなどでの活動、そして本ユニットでのライヴ活動を経て導き出された新作は、日本語詞を含めて音楽的表現としては、ある種の“歌ごころ”にフォーカスしたポップなアルバムとなった。OTOTOYでは本作を独占ハイレゾ配信とともにインタヴューを行った。 独占ハイレゾ配信YOSSY LITTLE NOISE WEAVER / Sun and Rain'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC>>>ハイレゾとは
by 河村 祐介
アフロ頭のすごいヤツ、真行寺貴秋徹底特集! 地元川越ぶらり編
・2018年07月04日・メジャーの舞台でもレッツ・パーティー!!──アフロ頭のすごいヤツ、真行寺貴秋を徹底特集! 地元川越ぶらり編 ライヴ会場だけでなくお茶の間までもダンスホールへと変身させてきた、平成最後のファンク・モンスター、BRADIO。昨年2017年に〈WARNER MUSIC JAPAN INC.〉よりメジャー・デビューを果たした彼らが、ついに2018年7月4日(水)にメジャー1stフル・アルバム『YES』をOTOTOYでもハイレゾ・リリース。このタイミングでこそフロントマンの真行寺貴秋の言葉が聞きたい! というOTOTOY編集部の思いから、メジャーに行っても第2弾となる真行寺貴秋特集を敢行。メジャー・デビューや全国ツアー、中野サンプラザやNHKホールでのライヴ、そしてメンバーの脱退など、まさに酸いも甘いも経験した真行寺貴秋はいま何を語る!? 今回は彼の地元、川越での思い出の地をぶらりとしながら、青春時代の思い出から、今作での彼の変化まで語ってもらった。まさに真行寺貴秋を丸裸にしちゃうようなインタヴューをお楽しみください! >>真行寺貴秋特集 第1弾はこちら
by JJ
水曜日のカンパネラ、新作EP『ガラパゴス』 & 初の劇伴を担当した映画サントラをハイレゾ配信!!
・2018年06月27日・水曜日のカンパネラ、新作EP『ガラパゴス』 & 初の劇伴を担当した映画サントラをハイレゾ配信!! 2017年は日本武道館単独公演、全国ツアー、海外公演に加え、コムアイがドラマやバラエティ番組に出演、モデルとしても活躍するなど充実の1年となった水曜日のカンパネラ。アルバム『SUPERMAN』のリリース後は配信限定シングルを4曲リリースしてきましたが、2018年初のリリースとなる作品『ガラパゴス』が到着! 今作はFISHMANSなどの作品のミックスを担当してきたことなどで知られるzAkがエンジニアとして参加。これまでの水曜日のカンパネラとはまた一味違った作品に仕上がっております。また、EPと同タイミングでコムアイも出演、水曜日のカンパネラ初となる劇伴を担当した映画『猫は抱くもの』のサウンドトラック(配信限定!)も配信中。OTOTOYでは今作のリリースを記念し、5月15日(火)に行われた『ガラパゴス』公開取材の模様より、コムアイとケンモチヒデフミによる今作『ガラパゴス』の解説を掲載。過去リリースしてきたEPでは常に新たな挑戦をしてきた水曜日のカンパネラが挑む今作での新たな試みとは? CMソング「見ざる聞かざる言
Q’ulle“ゆずき”の新プロジェクト、YUZUKINGDOMのこれからの展望を訊く
・2018年06月26日・みんなを支える「王になりたい」──Q’ulle“ゆずき”の新プロジェクト、YUZUKINGDOMのこれからの展望を訊く 「歌って踊れるダンス・ロック・アーティスト」Q'ulle(キュール)のメンバー、ゆずきが新プロジェクト「YUZUKINGDOM」をスタートさせた。Q'ulleでもスクリーム・パートを担当していたゆずきが、日本だけでなく海外でも活躍するトランス・メタル・バンド、BLOOD STAIN CHILDとタッグを組んで建国が宣言されたYUZUKINGDOM。果たしてこの王国はどのような未来を歩んでいくのか。現在のQ'ulleでの活動や、YUZUKINGDOMの今後、そしてゆずきが目指すアーティスト像について訊いた。 ソロ・プロジェクト初作品!! YUZUKINGDOM / GENESIS'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【配信価格】単曲 400円(税込) / アルバム 2,000円(税込)【収録曲】1. Gate of the Kingdom2. Trauma3. Eyes Shut Tightly4. National Anth
by JJ
新たなルートへ入った3776──『歳時記・第二巻』OTOTOY独占ハイレゾ配信開始!
・2018年06月26日・新たなルートへ入った3776──『歳時記・第二巻』OTOTOY独占ハイレゾ配信開始! 富士山ご当地アイドル3776(MINANARO)の新曲、『歳時記・第二巻』がOTOTOYにてハイレゾ独占配信開始! 本作のリリースに伴い、OTOTOYでは3776メンバーである井出ちよのと、プロデューサーである石田彰にインタヴューを敢行した。7月には渋谷O-nestにて開催される『3776を聴かない理由があるとすれば』の再現ライヴを控える彼女の、明確な“今の目標”に迫る。 OTOTOYハイレゾ独占配信開始! 購入特典ブックレット付き!【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/96kHz)、AAC【配信価格】アルバム購入 540円(税込) 単曲購入 162円(税込) INTERVIEW : 3776 (井出ちよの) & 石田彰 彼女が歩んできた道は、3776、井出ちよの、LINKモードという確かな経験を経て現在へと至った。そんな“現在の彼女”が目標として掲げたのは、国内最大のアイドル・フェス〈TOKYO IDOL FESTIVAL〉とのこと! 7月にはあの名盤『3776を聴かない理由があるとすれば』の再現ラ
by JJ