artist image

Jinmenusagi

HipHop/R&B

Discography

HipHop/R&B
Jinmenusagi x DubbyMapleによるEPシリーズ: EMOTAPE(エモテープ)の最新作となる「EMOTAPE 2ND」。 タイトルに銘打たれた通り物語の第二章を提示する本作は、デジタル世代の二大巨頭ーージメサギ・ダビメポの原体験に迫る片道切符とも言える。 盟友RAITAMEN(J5P)が相交わった禊で幕を開け、Jinmenusagiのよりパーソナルな葛藤を赤裸々に吐露したナンバーに続き、儚いベッドルーム・チューンを挟むニクい演出も。さらには日本でもフォロワーを増やしつつある新ジャンル: Drill(ドリル)を取り入れた楽曲も含む、DubbyMapleのプロデュース・センスが冴え渡る全6曲/18分間の快いカオス。
6 tracks
HipHop/R&B
Jinmenusagi x DubbyMapleによるEPシリーズ: EMOTAPE(エモテープ)の最新作となる「EMOTAPE 2ND」。 タイトルに銘打たれた通り物語の第二章を提示する本作は、デジタル世代の二大巨頭ーージメサギ・ダビメポの原体験に迫る片道切符とも言える。 盟友RAITAMEN(J5P)が相交わった禊で幕を開け、Jinmenusagiのよりパーソナルな葛藤を赤裸々に吐露したナンバーに続き、儚いベッドルーム・チューンを挟むニクい演出も。さらには日本でもフォロワーを増やしつつある新ジャンル: Drill(ドリル)を取り入れた楽曲も含む、DubbyMapleのプロデュース・センスが冴え渡る全6曲/18分間の快いカオス。
6 tracks
HipHop/R&B
パンデミックにあえぐ東の都。 人々が必要とするのは「BUBBLE DOWN vol.3」だ。 9 年ぶりとなる全楽曲セルフプロデュースの楽曲集、 カタストロフィに向かい加速してゆく第 3 弾がいよいよリリースされる。
5 tracks
HipHop/R&B
パンデミックにあえぐ東の都。 人々が必要とするのは「BUBBLE DOWN vol.3」だ。 9 年ぶりとなる全楽曲セルフプロデュースの楽曲集、 カタストロフィに向かい加速してゆく第 3 弾がいよいよリリースされる。
5 tracks
HipHop/R&B
バッドトリップ電気信号~混沌のエクスタシー~ “Bubble Down” 混沌令和3年、崩壊の絶頂を迎える東京。 Jinmenusagi、少年から大人へと。 「始まりの終わり」を提示する究極かつ至高の傑作。
5 tracks
HipHop/R&B
バッドトリップ電気信号~混沌のエクスタシー~ “Bubble Down” 混沌令和3年、崩壊の絶頂を迎える東京。 Jinmenusagi、少年から大人へと。 「始まりの終わり」を提示する究極かつ至高の傑作。
5 tracks
HipHop/R&B
バッドトリップ電気信号~崩壊の始まり~ 混沌平成3年に生まれ 崩壊始まりの中心地東京で育ったJinmenusagi それから30年/混沌令和3年 緊急事態宣言中、都内マンションの一角にて制作した「Bubble Down vol.1」。 1stアルバム「Self Ghost」以降、9年ぶりの全楽曲セルフプロデュースで行った楽曲集をリリース。
4 tracks
HipHop/R&B
バッドトリップ電気信号~崩壊の始まり~ 混沌平成3年に生まれ 崩壊始まりの中心地東京で育ったJinmenusagi それから30年/混沌令和3年 緊急事態宣言中、都内マンションの一角にて制作した「Bubble Down vol.1」。 1stアルバム「Self Ghost」以降、9年ぶりの全楽曲セルフプロデュースで行った楽曲集をリリース。
4 tracks
HipHop/R&B
『NOT JUST A GAME』部活を頑張ると褒められ、 ゲームに熱中すると叱られる。 プロスポーツ選手を目指すと応援され、プロゲーマーを目指すと心配される。きっとかつてはどんなスポーツでも、プロ選手なんて馬鹿げていると言われていたはず。本物のプレイヤーにとってゲームは 時間潰しでもなければただの遊びでもない。 夢が、目標が、熱狂できるものが、そこにある。彼らの画面の中には 甲子園よりも遥かに大きな舞台が広がっている。彼らの頭脳の中には どんな教科書にも載っていない戦術が詰まっている。彼らの世界の中には 年も人種も関係なく共に戦える仲間達やライバルがいる。プロeスポーツ選手を目指すと 誰もが堂々と言える未来を作るために。一人でも多くの人に夢、衝撃、感動を与えられる存在を作るために。日本からeスポーツのイメージと常識を覆す。所詮ゲームなんて言わせない。
1 track
HipHop/R&B
『NOT JUST A GAME』部活を頑張ると褒められ、 ゲームに熱中すると叱られる。 プロスポーツ選手を目指すと応援され、プロゲーマーを目指すと心配される。きっとかつてはどんなスポーツでも、プロ選手なんて馬鹿げていると言われていたはず。本物のプレイヤーにとってゲームは 時間潰しでもなければただの遊びでもない。 夢が、目標が、熱狂できるものが、そこにある。彼らの画面の中には 甲子園よりも遥かに大きな舞台が広がっている。彼らの頭脳の中には どんな教科書にも載っていない戦術が詰まっている。彼らの世界の中には 年も人種も関係なく共に戦える仲間達やライバルがいる。プロeスポーツ選手を目指すと 誰もが堂々と言える未来を作るために。一人でも多くの人に夢、衝撃、感動を与えられる存在を作るために。日本からeスポーツのイメージと常識を覆す。所詮ゲームなんて言わせない。
1 track
HipHop/R&B
Jinmenusagi x kiki vivi lilyによる当て感抜群の夏チューンが到着。DubbyMapleがプロデュースを手がける本楽曲では、「終わらない夏」をテーマに優しくリスナーの耳に触れてくるkiki vivi lilyのヴォーカルと、Jinmenusagiの軽快かつハッとさせられる言葉選びがパッケージングされており、まさに「エンドレス」で我々の感性を刺激してくる1曲に仕上がっている。
3 tracks
HipHop/R&B
Jinmenusagi x kiki vivi lilyによる当て感抜群の夏チューンが到着。DubbyMapleがプロデュースを手がける本楽曲では、「終わらない夏」をテーマに優しくリスナーの耳に触れてくるkiki vivi lilyのヴォーカルと、Jinmenusagiの軽快かつハッとさせられる言葉選びがパッケージングされており、まさに「エンドレス」で我々の感性を刺激してくる1曲に仕上がっている。
3 tracks
HipHop/R&B
Jinmenusagi x DubbyMapleによる新たなタッグ作品からのシングルカット。 「金稼ぎな」とストレートかつ強烈なフレーズを繰り返すフックは耳から離れなくなる。
3 tracks
HipHop/R&B
Karaoke&Vocal from EMOTAPE SIDE A
10 tracks
HipHop/R&B
2013年の「胎内(Tie-dye)」リリース以来、日本国内のラップ・ムーブメントの先端を更新し続ける、奇才と鬼才によるタッグ。 今なおブームが途切れない「はやいep」により彼らの地位が確立されてから3年の月日が経った2020年。以降のシーンに「サイケデリック・トラップ」を提唱する「EMOTAPE SIDE B/SIDE A」を世に放つ。
5 tracks
View More Discography Collapse
Collapse

News

〈おうち魔物〉がYouTubeでの無料配信へ変更 奇妙礼太郎、ニューロティカあっちゃん追加

〈おうち魔物〉がYouTubeでの無料配信へ変更 奇妙礼太郎、ニューロティカあっちゃん追加

2020年5月17日(日)にZAIKOでの有料配信される予定だった「夏の魔物」の配信イベント〈おうち魔物〉が、急きょ「夏の魔物」公式YouTubeチャンネルにて16時半から無料配信されることになった。チケット購入者には料金が払い戻される。 無料配信になっ

〈おうち魔物〉開催 鎮座DOPENESS、dodo、ジメサギ、Jin Dogg無観客ライヴに吉田豪、掟ポルシェ、ROLLYらのトークも

〈おうち魔物〉開催 鎮座DOPENESS、dodo、ジメサギ、Jin Dogg無観客ライヴに吉田豪、掟ポルシェ、ROLLYらのトークも

「夏の魔物」による初の電子チケット制のライヴ配信〈おうち魔物〉が5月17日(日)に行われることが決定した。 鎮座DOPENESS、dodo、Jin Dogg、Jinmenusagiの4組による無観客ライブ、MR.PAN(THE NEATBEATS)とSu

Sweet William × Jinmenusagi アルバム『la blanka』リリースライヴにラッパー・Jin Doggがゲスト出演

Sweet William × Jinmenusagi アルバム『la blanka』リリースライヴにラッパー・Jin Doggがゲスト出演

〈EPISTROPH〉よりリリースされたSweet William × Jinmenusagi ジョイント・アルバム『la blanka』。 『la blanka』はiTunes ヒップホップ・アルバムでランキング1位獲得、収録楽曲「so goo」のMV

電波少女、ワンマン大盛況でヒッチハイクの旅をついに完走!

電波少女、ワンマン大盛況でヒッチハイクの旅をついに完走!

〈電波少女的ヒッチハイクの旅〉を無事完走してメジャー・デビューが決定したヒップホップ・ユニット、電波少女。そんな彼らが、2月4日(土)にShibuya WWWで〈電波少女 ワンマンライブ「サライ」~電波少女的ヒッチハイクの旅 完~〉を行なった。 今回のワ

Articles

おすすめの2.3枚(2013/11/6~2013/11/12)

レヴュー

おすすめの2.3枚(2013/11/6~2013/11/12)

今週もたくさんの新譜が入荷しました! 全部は聴いていられない! そんなあなたのために、このコーナーでは、OTOTOY編集部がオススメする今週の推薦盤を2~3枚ピックアップし、ライターによるレビューとともにご紹介します。音源を試聴しながらレビューを読んで、ゆ…

Jinmenusagi&CAOSARU Wリリース&Wインタビュー

インタヴュー

Jinmenusagi&CAOSARU Wリリース&Wインタビュー

LOW HIGH WHO?の勢いが止まらない。2011年12月に満を持してリリースされたEeMuのトラック・アルバム『Nothings』から僅か2ヶ月で更に2枚のアルバムをリリース。その名もJinmenusagi(ジンメンウサギ)の『Self Ghost』…