レーベルTuff Beatsが、震災救済楽曲を発表!

7年目を迎えたレーベルTuff Beatsが、東日本大震災を受けてコンピレーション・アルバムを作り上げた。アルバムのテーマは「アンプラグド=節電」。少しでも多くの電力が、被災地や本当に必要な所に行き渡るよう一人一人が節電し、"電気を付ける前にまずは自分のハートに火をつけよう"をコンセプトに、Tuff Beatsゆかりのミュージシャンが集まりアンプラグドで演奏した楽曲を集めた。そして売上の一部を義援金として、日本赤十字社を通して寄付する。Tuff Beatsの熱い心意気に賛同して欲しい。

CD発売日より配信でいち早くお届け!

V.A / Light My Fire
 
【Track List】
1. 明日 / Kieson
2. フレーフレー日本人 / マイク眞木
3. 小さな目 / 児玉奈央
4. SURVIVOR'S JAM / Kenji Suzuki a.k.a. Kenji Jammer
5. 国の花 / 大城美佐子
6. 橋 / 小野一穂
7. 愛燦燦 / Leyona
8. ジャンマ・ジャンマ(Himajayan "Sativa" version 4200 / NAOITO
9. とうめいにんげん / ラキタ
10. slow / 上田耕平
11. しあわせ / NUU


参加アーティストからのコメント

精出せば 凍る間もない 水車かな
ーKeison

バラは必ず咲きます。
ーマイク眞木

今日も歌が歌えることに感謝 これからもずっと発信します もっともっと深くつながりたいから!w/Love a lot
ー児玉奈央

東日本大震災で被災された方々へ心よりお見舞い申し上げます。音楽で少しでも皆さまの気持ちが明るくなっていただければとロンドンより一曲参加させていただきました。一日も早い復興の日が実現されますように。
ーKenji Suzuki a.k.a. Kenji Jammer

被災された皆様に心よりお見舞いを申し上げます。私の唄が少しでも慰めになればという思いを込めてレコーディングしました。一人ひとりの方が安心して暮らせる日が、一日も早く戻ることをお祈りいたします。
ー大城美佐子

大切なメッセージは我々が気付く遥か昔からあった。現代社会が祖先からのメッセージをナイスキャッチできるように改めて自然観や死生観を見つめ直す時かと思います。ジャンマ・ジャンマと鳴る音を分かち合い沢山の愛の種が植えられますよう祈っております。合掌。
ーNAOITO

「ゆっくり、はじめよう。できることからなんでもやりたい。」今、自分にたいしてそんな気持ちでいます。
ー上田耕平(天草、YoLeYoLe)

歌おう 手をつなごう 話そう 笑おう 抱きしめよう 泣こう 生きよう
ーNUU

震災以降、様々な試練が日本列島を襲っています。大好きな日本がダメージを受けているのに心から楽しめない。グレーに冷えてしまった僕の心を少しづつほどいてくれたのは日々の音楽でした。僕の唄でも誰かの心が少し、ほぐれたらいいな。
ー小野一穂

どこにいても どんなときも
愛が燦燦と降りそそぐように
想いを込めて尊敬する美空ひばりさんの
ナンバーを歌わせていただきました

うたが歌い継がれてつながっていくように
人びともあたたかい愛でつながっていると信じています。Love&Smile
ーLeyona

元どうりにはならないだろうけど、亡くなった人や大切な物を胸に抱いて、突き進め!
ーラキタ


足元を照らす灯火のような音楽

音楽は時間を選ばない。けれど、この作品はできれば夜に聴いて欲しい。空が暗くなるにつれて人の心も夜に近づく。深夜になれば家の周りから音が消え、ふと心細さに襲われる瞬間が訪れる。そんな静寂が不安や恐怖を運んでくる時間帯、この優しい曲ばかりを集めたアルバムを聴いて欲しい。心に静かな炎が灯り、夜を越え、明日を迎えるために必要な光と熱を与えてくれるだろう。

レーベル、Tuff Beatsの声かけにより集められた所属ミュージシャン、総勢11組により制作されたこの『Light My Fire』は、売り上げの一部が義援金として日本赤十字を通して寄付される、東日本大震災救済支援のために作られたコンピレーション・アルバムだ。アルバムのテーマは「アンプラグド=節電」。テーマそのままではあるが、アンプラグドで演奏された曲ばかりを集めている。SOUL FLOWER UNIONが阪神淡路大震災時に「出前慰安ライヴ」と銘打ち、電気を使わないチンドン・スタイルで被災地に演奏をしに行ったように、電気はなくとも人の心を躍らせる音楽は生まれる。いやむしろこの作品を聴いていると、電気による装飾の無い裸の音楽の方が、その熱が直で伝わるのではないだろうか。

マイク眞木

先ほど「明日を迎えるための光と熱」と述べたが、『Light My Fire』の一曲目にはまさに「明日」というタイトルが付けられている。Keisonによる楽曲だが、優しい渋みを帯びた声と潮の香りのするギターに、誰もが一聴して心も頭もほぐされるだろう。静岡県出身の彼のオフィシャル・サイトにはサーフィンの写真がアップされている。潮の匂いがするのはそのせいかな、そんな風に考えながら二曲目「フレーフレー日本人」に続くと、Keisonがそのまま歳をとったかのように渋みと癖が深くなった声と、語りかけるように優しいメロディが流れ始める。どんなベテラン歌手だ? と思い資料を見てみれば、マイク眞木の名前があった。俳優のイメージが濃い彼だが、名曲「バラが咲いた」を生んだ歌手であり、サーファーでもある。

続く児玉奈央の「小さな目」の「正義感にかき立てられて 君は戦士にならなくていいよ」という歌詞に、心の中に固く結ばれていた緊張の糸が少しほどかれた。「今、何かしなくては」という気持ちは大切だけれど、その風潮の中で自分の無力さを感じる人も多いのでは。そういう人たちに届いて欲しい曲だ。その後、沖縄民謡の唄者であり、映画「ナビイの恋」「ホテルハイビスカス」「涙そうそう」にも出演した大城美佐子の「国の花」、Leyonaによる美空ひばりのカヴァー「愛燦々」、弾き語りをしながら世界を放浪する旅人NAOITOの「ジャンマ ジャンマ」など、全員が日本人なのに無国籍にすら感じるほど、多彩な音楽が続く。ジャンルレスに良質な音楽を追い続けるTuff Beatsの信念が窺える。

児玉奈央

ボガンボス、どんとの息子であり、惜しまれながら解散したズットズレテルズのボーカル、ラキタの「とうめいにんげん」は、過激なほどに素直な歌詞。この素晴らしさは間違いなくアンプラグドでなければ表現しきれなかっただろう。先日、福島県の方が「上を向いて歩こうなんて、まだ無理です。前を向くのだけで必死です。」と話していたと聞いた。上を向いて歩くには、空が必要だ。しかしその空が青くもなく、雲もなく、星もなく、ただ真っ暗だったら? 今はまだ涙がこぼれないよう無理して上を向かなくていい。ただ一歩一歩ゆっくりでも歩みを進めるために、前の景色を見据えよう。『Light My Fire』は、果てしなくまっすぐ続く道の足元を照らす灯火となってくれる作品だ。(text by 水嶋 美和)

Tuff Beatsの過去作も配信スタート!

Recommend

Wyolica / Castle of wind

99年のデビュー以来知名度、人気ともに音楽リスナーのみならず、アーティスト達への人気も高く、ここまでスネオヘアー、MOOMIN、SOFFet、 FLOW、Steady & Coなどとコラボレーションを果たし、多くの人の心と耳を掴んでいる彼女。フル・アルバムとしては6枚目の今作は7年振りとなる。2009年12月に東京グローブ座でのライブのチケットも即完するなどその健在ぶりをアピール。特有の優しくも切ない路線はそのままに更にバラエティに富んだ楽曲が揃っており、ゲストの椎名純平と唄うバラードの完成度は鳥肌モノ。

V.A / VELVET SONGS

七尾旅人、曽我部恵一、Chocolat & Akito、bird、Wyolicaら13組のアーティストが、様々なアプローチで歌い上げた、豪華カヴァー・アルバム。日本の良質なボップスを数多く送りだしたアルファ・レコードより、荒井由実、吉田美奈子、ガロ、ハイ・ファイ・セットら初期の作品にフォーカスをあてた、新しくも懐かしくもある一枚。

オトトイの支援楽曲もお見逃し無く

東日本大地震救済支援コンピレーション・アルバムです。Vol.1からVol.10まで集まった186曲を収録。タイトルには、「日本の未来のために演奏する」と言う意味を込めています。我々の思いが、少しでも被災地に届きますように。みなさん、一緒に、粘り強く、再建と復興をめざして歩んでいきましょう。

PROFILE

Tuff Beats
所属アーティストにNAOITO、Keison、児玉奈央、Kenji Suzuki a.k.a. Kenji Jammer、大城美佐子、今野英明等が所属しCDの制作と発売、ライヴ・イベントの企画制作、ラジオ番組の企画、楽曲の管理・開発を行い、独自のスタイルを確立。ジャンルや時代にとらわれない音楽を発信するスタイルで2004年8月よりスタート。

Tuff Beats official HP

o

 
 

"Close Up"の最新アーカイヴ

【ハイレゾ配信】8年ぶりの新作『async』について訊く──坂本龍一メール・インタヴュー
[CLOSEUP]・2017年04月17日・坂本龍一『async』について語る──メール・インタヴュー 8年ぶりの新作アルバムとしてリリースされるや、OTOTOYでも一気にチャートを駆け上がった坂本龍一の『async』。往年のファンはもちろんのこと、現在のアンダーグラウンドな電子音響のファンまで、広く聴かれるべき刺激的な作品となっている。OTOTOYでは本作をハイレゾで配信するとともに、アルバムまとめ購入には坂本龍一自らが書き下ろしたライナー、そしてクレジットなどが掲載された、CDと同様の内容のPDFライナーが付属している。そして、ここに坂本龍一からのメール・インタヴューが到着した。 24bit/96kHzハイレゾ+ブックレトPDF付きで配信坂本龍一 / async(24bit/96kHz)'【Track List】01. andata 02. disintegration03. solari04. ZURE05. walker 06. stakra 07. ubi08. fullmoon09. async10. tri 11. LIFE, LIFE12. honj13. ff14. garden【配信形態 / 価格】''24bit/96kHz WA
by 八木 皓平
白昼夢のミニマル・グルーヴ──D.A.N、ミニ・アルバム『TEMPEST』リリース
[CLOSEUP]・2017年04月19日・白昼夢のトロピカル・ミニマル・グルーヴ──D.A.N.の新作『TEMPEST』を巡って 1stアルバム・リリースからわずか1年、あれよあれよという間に、フジロック・フェスなど各種フェスに出演、さらにはリキッドルーム・ワンマンのチケットは即完……そんなバンドへと成長したD.A.N.。まさに飛ぶ鳥を落とす勢いの彼らから、まとまった作品としては1年ぶりとなるミニ・アルバム『TEMPEST』が届いた。すでに昨年末のデジタル・リリース & MVの公開でヒット、さらにはライヴでは定番となっている「SSWB」に加えて、こちらもすでにライヴで披露されている「Shadows」、「Tempest」といった新録曲が収録。今回ミックスを手がけているAOKI takamasaとFumitake Tamura(BUN) のユニット、Neutralの再構築による「Tempest」エデット・ヴァージョンも。またハイレゾ版デジタル・パッケージには、すでに完売となっている12インチ・シングルに収録されていたAOKI takamasaの「SSWB」リミックスがボーナス・トラックとして収録されている。さて本作から、半野喜弘、Jazztronik、
by 河村 祐介
2月13日(月)にツアー・ファイナルを開催のPAELLAS、リミックス・コンテストの結果を発表
[CLOSEUP]・2017年02月10日・【リミックス・コンテスト優秀作品フリーDL】PAELLASがリミックス・コンテストの結果を発表 昨年末にリリースされたPAELLASの『Pressure』。現在の空気にドンピシャなインディR&Bのサウンドを携えたモダンなバンド・サウンドで話題を集めている。このアルバムのリリースに際して、OTOTOYではリミックス・コンテストを開催しました。制作期間は、ほぼ1ヶ月程度とかなりタイトな日程のなかでたくさんのご応募ありがとうございました! ということで本ページにて優秀作品を発表させていただきます。またこの優秀作品は後ほどOTOTOYでも配信開始。 リミックス・コンテスト優秀作品フリーDLPAELLAS / REMIXES(24bit/48kHz)'【Track List】01. girl talk msd.remix 02. P house feat. ENNE blur Like Progressive House Remix03. P house feat. ENNE My Little Bears re:mix04. P house feat. ENNE (Yasuha. Remix)05. P hous
by 河村 祐介
【ハイレゾ配信】トータスのギタリストによるポスト・ディラ・ビートなアルバム
[CLOSEUP]・2017年04月14日・トータスのギタリスト、ジェフ・パーカー、ディラからの影響を公言する作品をハイレゾ・リリース! Chicago Underground、Activities Of Dustをはじめ、現在もトータスのメンバーとして活躍する名手、ギタリストのジェフ・パーカーが2016年6月にリリースしたソロ2作目『The New Breed』の日本盤がリリースされた。日本盤では、レーベルメイトであるシカゴ在住のドラマー、マカヤ・マクレイヴンによる「Logan Hardware Remix」が追加収録されている。シカゴの新興レーベル〈International Anthem〉から昨年リリースされていた本作は、NPR、Observer、New York Times、Los Angeles Times、Aquarium Drunkard、Bandcamp等アメリカの音楽メディアで年間ベストにランクインし、非常に高い評価を獲得している。OTOTOYでは、こちらハイレゾ版のデジタル配信を行うとともに、アルバム全体購入に、CDと同様、柳樂隆光(『JAZZ THE NEW CHAPTER』監修者)によるライナーノーツをPDFで同梱。きめ細やか
by 寺島 和貴
はじめての男性グループ特集ーーまずはこれだけ押さえておこう
[CLOSEUP]・2017年04月07日・はじめての男性グループ特集ーーまずはこれだけ押さえておくべし おかげさまで、OTOTOYでは女性アイドル&グループを取り上げることが増えました。きっかけになったのは新生アイドル研究会ことBiSの存在。当時、インディ・ロックのツボを押さえたエモーショナルな楽曲は新鮮で、BELLRING少女ハート、ゆるめるモ!、Especia、Negicco、おやすみホログラムをはじめ、3776、KOTO、amiinAなど、バラエティ豊かなアイドルたちを特集してきました。いまなお、ヤなことそっとミュートや新しいアイドルたちが登場しており、ワクワクした状況が続いています。 そんな折、OTOTOYでは男性アイドル&グループをほとんど取り上げていないことに気がつきました。BiSをきっかけにいろいろなグループに魅了されたように、男性アイドルやグループにも、たくさんの魅力があるんじゃないか。そう思い立ち、一度男性アイドル&グループ特集を組んでみることにしました。男性アイドル・グループを愛してやまない音楽関係者Mr.Kに話を聴きながら、これは押さえておいたほうがいいというグループをまとめてみました。こんなの常識でしょ? と思われる方もい
by 西澤 裕郎
★STAR GUiTAR、全編インストのベスト・アルバムをリリース&インタヴュー
[CLOSEUP]・2017年04月13日・日常こそスペシャルに──★STAR GUiTAR、全編インストのベスト・アルバムをリリース 華麗なピアノの音色とテクノを基軸にダンス・ミュージックの歴史に挑み続ける「★STAR GUiTAR」。昨年11月にリリースされた歌モノにフォーカスしたベスト・アルバム『Here and There』に続き、今回は彼の真骨頂ともいうべきインスト楽曲のベスト盤をリリース! オトトイではもちろんハイレゾ配信を実施。今作には、JAZZとダンス・ミュージックをクロスオーバーする話題のバンドStill Caravanをはじめ、Chieko Kikuchi(KAGERO)、fox capture plan、H ZETT M、Hidetake Takayama、Hiroko Sebu、MELTEN (JABBERLOOP,fox capture plan)、re:plus、Schroedr-Headzという超豪華な面々が集結。珠玉の楽曲が15曲収録されています。今回のインタヴューでは、インストを手がけるなかで生じた彼自身の考え方の変化や、このアルバムに対する思いなどを語ってもらった。 インスト楽曲のベスト・アルバムをハイレゾで! ★
by JJ
DÉ DÉ MOUSE、祝活動10周年──6thアルバムのハイレゾ版、1ヶ月独占配信
[CLOSEUP]・2017年04月12日・DÉ DÉ MOUSE、祝10周年──6thアルバムのハイレゾ版、1ヶ月独占配信 〈RAW LIFE〉からインディ・ロック・シーンまでに届いたアンセム「baby's star jam」も収録のマスターピース、1st『tide of stars』から10年、DÉ DÉ MOUSEの通算6枚目のアルバムがここに完成した。きらびやかなカットアップ・シンセ・サウンドによるポップなエレクトロ・トラックは、まさに彼の真骨頂にして、そのスタイルの最新型とも言えるサウンドに仕上がり、ここ数年の活発なリリースの勢いをそのまま封入したようなエネルギッシュな作品とも言える。OTOTOYでは本作のハイレゾ版を1ヶ月独占で配信開始する。またリリースを記念して、こちらのアルバムから「pump it up (feat. Anamanaguchi from NY)」を2週間限定フリーダウンロードを開始(4月26日19時まで)! デビュー10周年を迎え、名義も新たに「DÉ DÉ MOUSE」と改めた、彼に話を訊いた。 6thアルバムのハイレゾ版1ヶ月独占配信DÉ DÉ MOUSE / dream you up(24bit/48kHz)'【T
by JJ
長澤知之、全34曲収録のアンソロジー・アルバムをリリース&インタヴュー
[CLOSEUP]・2017年04月12日・「天才」が歩んだ10年間の軌跡──長澤知之、全34曲収録のアンソロジー・アルバムをリリース 長澤知之が2017年4月12日にアンソロジー・アルバム『Archives #1』をリリースする。2006年に驚異の才能でデビューを飾り、以降“孤高の天才”と称された彼の10年間の軌跡が、このアルバムには詰まっている。今回OTOTOYでは金子厚武による長澤へのインタヴューを敢行。10年間の活動を紐解くとともに、長澤知之という人物にもフォーカスしたインタヴューとなっています。ぜひ『Archives #1』を聴きながら楽曲で、そしてインタビューで彼の活動を振り返ってみてください。 デビュー10周年を記念するアンソロジー・アルバム 長澤知之 / Archives #1'【配信形態】AAC【配信価格】単曲 257円(税込) / アルバム 2,400円(税込)【収録曲】''1. あんまり素敵じゃない世界2. フラッシュバック瞬き3. 夢先案内人4. バベル 5. センチメンタルフリーク6. スーパーマーケット・ブルース7. Stop The Music8. バニラ (2014 Acoustic) 9. MEDAMAYAKI10.