春を彩る「うた」が到着!


平賀さち枝 / さっちゃん

いまだあどけなさの残る淡く透き通った歌声と、軽やかなガット・ギターにのせて、春を運ぶ唄い手、平賀さち枝のファースト・アルバム。oono yuuki、シャンソンシゲル(ゲラーズ、トクマルシューゴ&ザ・マジックバンド)、笹口聡吾(太平洋不知火楽団)、後藤勇らが参加。録音/ミックス/マスタリング・エンジニアは、ゆらゆら帝国はもちろん、OGRE YOU ASSHOLE、浜田真理子、などの仕事でも知られる中村宗一郎が担当している。




笹口騒音ハーモニカ&平賀さち枝 / 春の窓から

太平洋不知火楽団の笹口聡吾=笹口騒音ハーモニカと、平賀さち枝の共作/共演曲「春の窓から」が配信シングルとしてリリース。かつて会場限定シングルCD-Rとして販売されていた、笹口の流麗なフィンガー・ピッキングと、切なくも力強いメロディにのせたふたりのヴォーカルが絡み合い、ふたりの魅力が結実した名曲。今回のシングル化にあたり、新たにエンジニア中村宗一郎によって再録とマスタリングが行われている。




オガサワラヒロユキ × ユピトーク / オガサワラヒロユキ × ユピトーク

BOROFESTAやMINAMI WHEELにも出演したシンガー・ソングライターオガサワラヒロユキと、USインディー経由トーキョー発のフォーク・ポップ・ミュージックの歌い手ユピトークのスプリットは、街もサウンドも違えど、2組の共通点である暖かい歌と紡ぎだされる言葉の素晴らしさを濃縮した約20分の物語。ミックス・マスタリングは高橋健太郎が担当。


4人の唄い手によって刻まれる記憶

何をもって「春の匂い」とするのか。鼻に抜けるほどに爽やかな草花の匂いだろうか? 陽に焼けた本や写真の甘く埃っぽい匂いも春を連想させる。出会いと別れ、否が応にもその両方を呼び込んでしまうこの季節を、恨めしく思う人も居れば、感謝する人も居るだろう。多くの人が複雑な感情を寄せるこの4月に、声で言葉を紡ぐシンガー・ソングライターたちから新しい作品が届いた。

まずは、平賀さち枝のファースト・アルバム『さっちゃん』。彼女の曲を聴いた時に最初に連想したのは荒井由実。その中でも初期の方の作品、「ひこうき雲」だった。手を掴まえておかなければ風に吹き飛ばされてしまいそうな儚さ。手を握ってしまえば壊れてしまいそうな脆さ。二階堂和美も連想させるが、あそこまでの器用さはなく、成熟した声でもない。その分、丁寧に声を並べようとする懸命さがなおさら愛おしく思える。この作品は彼女が少女から大人に変化する瞬間を切り取ったかのようだ。一曲一曲の中で成長を見せるので、こちらは一瞬一瞬を聴き逃せない。

そしてこのアルバムに参加している太平洋不知火楽団の笹口聡吾によるソロ・ユニット、笹口騒音ハーモニカとのセッション作「春の窓から」。「春の窓から」何かが吹き込んで来たのだろうか。「春の窓から」何かが見えるのだろうか。高揚感と不安感を抱え、部屋でじっと何かを待つ男女2人の姿が目に浮かぶ曲だ。先ほど書いた「春の匂い」についてだが、彼らのこの曲からは後者の方、陽に焼けた本や写真の甘く埃っぽい匂いがする。平賀さち枝の曲を聴いて荒井由実を連想したように、フォーク独特の寂しい美しさが込められている。

ユピトークオガサワラヒロユキのスプリット・アルバム、タイトルそのままだが『オガサワラヒロユキ×ユピトーク』からは逆に、芽吹いたばかりの草花の爽やかな春の匂いがする。こちらも男女のシンガー・ソングライターによる共演作だが、平賀さち枝笹口騒音ハーモニカとは全く異なる趣を持っている。男女の若さを持て余した音が滴となりキラキラと輝き、メロディ上で跳ねる。セッション作のタイトルもまさに「青」。「いつまでもここにいちゃいけない」と歌詞にある通り、すぐにでも駆け出したくなるような爽快感をもっている。ユピトークオガサワラヒロユキ、それぞれの楽曲も収録されているが、どれも弾む息が聞こえてきそうなほどに軽快で、少しの憂いをもった良質のポップスだ。

記憶の最後に残る感覚は視覚ではなく、聴覚、もしくは嗅覚だという。卒業式と入学式の繰り返しを終え、学生でなくなった今も何故かこの季節によく別れと出会いを迎えている。その時、自分の傍に居てくれた匂いと音が、自分だけの「春の匂い」「春の音」になる。平賀さち枝の『さっちゃん』、彼女と笹口騒音ハーモニカとの共演作「春の窓から」、『オガサワラヒロユキ×ユピトーク』、この三作も誰かの春の思い出に寄り添い、4月が来る度に思い起こされることになるのだろう。(text by 水嶋美和)

今、聞くべきうた

青葉市子 / 剃刀乙女

エヴァー・グリーンな歌声と驚くべき演奏力、そして、卓越したソング・ライティング能力を兼ね備えた青葉市子。OTOTOYで三週連続でリリースした「パッチワーク」「レースのむこう」「日時計」を含む、全八編の叙情詩。青葉市子独特の生々しい音像と、聞く人に美しい情景を思い描かせるハーモニーはそのままに、奥底に隠れていた彼女の小宇宙が覗けるような作品。独自性を持ちつつ、ギター一本で表現する彼女のポテンシャルは今作でも底がない。彼女の第2章がここから始まる。

曽我部恵一 / PINK

曽我部恵一ソロ活動10周年で創り上げた珠玉の9曲。サニーデイ・サービスの再結成、曽我部恵一BANDでの活動… 活発に動き続ける彼が創り上げた最新作は、あまりにもメロウでソウルフル! 制作には木暮晋也、グレートマエカワなど旧知のミュージシャンが参加。そしてマスタリングはNYの名匠Greg Calbiが担当し、これまでの音楽活動の中でも最も贅沢で芳醇な傑作が完成した。優しさに包まれる一枚。

鴨田潤 / 一

2年前に自主で発表した『ひきがたり』以来となる、鴨田潤名義での待望の1stフル・アルバム! イルリメ本来のスタイルとは異なる、「歌とギターの弾き語り」での楽曲群は、シンプルな作りながらも、情景を切り取るような歌詞、味のある歌声とメロディーで、鴨田潤という形でなければ表現出来ない歌が詰まっている。

sominica / White Mini Album

急遽リリースが決定したsominicaの新作は、現在メンバーと離れて福島県二本松市で生活している橋本裕弥が東北地方太平洋沖地震をうけて録り下ろしたという弾き語り集となった。橋本が震災直後に書き上げた「できあい」を筆頭に、彼の才気が溢れ出るような珠玉の6曲が収録された、sominicaによる必聴の「橋本裕弥復興アルバム」が完成!

V.A. / VELVET SONGS

七尾旅人、曽我部恵一、Chocolat & Akito、bird、Wyolicaら13組のアーティストが、様々なアプローチで歌い上げた、豪華カヴァー・アルバム。日本の良質なボップスを数多く送りだしたアルファ・レコードより、荒井由実、吉田美奈子、ガロ、ハイ・ファイ・セットら初期の作品にフォーカスをあてた、新しくも懐かしくもある一枚

o

 
 

"powerpush"の最新アーカイヴ

絡み合うショローの日常──芳垣安洋、大友良英、不破大輔による超強力トリオ、ショローCLUBの音源をハイレゾ独占配信!!
[POWERPUSH]・2017年06月15日・絡み合うショローの日常──芳垣安洋、大友良英、不破大輔による超強力トリオの音源をハイレゾ独占配信!! 日本が誇る超巨大ジャズ・バンド、渋さ知らズを率いる不破大輔、ROVOやオルケスタ・リブレなどで活躍するドラマー・芳垣安洋、フリー・ジャズ / 即興音楽界の鬼才としてはもちろん、近年では朝ドラ『あまちゃん』の音楽も担当した大友良英の3人がバンド・ショローCLUBを結成!! 数え切れないほどのセッションを現在も続けている3人ですが、この3人”だけ”で音を出すのは意外にも初めてだったとのこと。今回リリースされる音源『from 1959』はそんな3人のスリリングな演奏を収めたライヴ盤となっており、盟友・山本精一氏もゲスト参加した超強力な作品に仕上がっています。今作の配信はOTOTOYのみ、しかもハイレゾ、CDよりも安い!! そ・し・て!! ショローCLUBのお三方のインタヴューも掲載!! 音源と共にぜひともチェックを!! ハイレゾ配信はOTOTOYのみ!!ショローCLUB / from 1959'【Track List】01. Lonely Woman02. ラジオのように (原題:Comme à la radio
すべての音楽家に希望を与える新作リリース──8ottoが提示する音楽活動のかたち
[POWERPUSH]・2017年06月09日・すべての音楽家に希望を与える新作リリース──8ottoが提示する音楽活動のかたち 8otto is back!! 2004年の結成から各種フェス出演や海外アーティストとの共演、ドラム・ヴォーカル、4ピースという個性的な編成から鳴らされるグルーヴで多くのロック・ファンを魅了しているバンド・8otto(オットー)。この度2011年リリースの『Ashes To Ashes』以来、約6年ぶりとなるアルバムのリリースが控えている彼らがアルバムに先駆け、先行シングル「Ganges-Fox」を配信開始。ASIAN KUNG-FU GENERATIONの後藤正文がプロデュースを担当した今作は、彼らの新章を感じさせるエモーショナルなロック・ナンバー。リリースから1ヶ月間はハイレゾ版配信はOTOTOYのみ!! 記事の公開と同タイミングでPVも公開されたのでそちらもマスト・チェック!! 1ヶ月ハイレゾ独占配信!!8otto / Ganges-Fox'【Track List】01. Ganges-Fox【配信形態 / 価格】''WAV,ALAC,FLAC(24bit/48kHz) / AAC 単曲 250円(税込) 8ottoの
CAR10 最新作発売記念!!CAR10 × NOT WONK × SEVENTEEN AGAiNによる〈KiliKiliVilla〉3バンド・フロントマン対談!!
[POWERPUSH]・2017年05月31日・CAR10×NOT WONK×SEVENTEEN AGAiNによる〈KiliKiliVilla〉3バンド・フロントマン対談!! 元銀杏BOYZの安孫子真哉を中心に、土地や年代、ジャンルを飛び越えて素晴らしいリリースが続く〈KiliKiliVilla〉を初期から支え、インディー・ロック、ガレージ、パンク、ハードコアと様々なシーンを越境しつつ、栃木・足利を拠点に精力的な活動を続けている3ピース・バンド、CAR10が3rdアルバムをリリース。OTOTOYでは本作の1週間の先行配信を実施中。自身のバンド名をアルバム名に冠したところからも本人たちの自信を伺うことのできる会心の1枚を是非ともチェックしていただきたいと同時に、CAR10のベース、ヴォーカルを務める川田晋也と同じく〈KiliKiliVilla〉よりリリースをしているSEVENTEEN AGAiN・ヤブユウタ、NOT WONK・加藤修平、そしてCAR10・川田晋也の各バンドのフロントマンによる対談を掲載。CAR10の最新作とともに、こちらも楽しんでいただきたい。 24bit/48kHzの高音質音源にて1週間先行配信中!!CAR10 / CAR10'【Trac
Yasei Collective、最新作『FINE PRODUCTS』をリリース!!&アルバムより1曲を2週間独占先行配信!!
[POWERPUSH]・2017年05月10日・本当の意味での新たな”ヤセイ”──Yasei Collectiveの次なるステージを示す最新作より1曲独占先行配信!! 中毒性の高い楽曲と突出した演奏技術で音楽ファンはもちろん、多くの演者たちをも唸らせるバンド、Yasei Collectiveがこの度、最新作『FINE PRODUCTS』をリリースする。メンバーそれぞれがcero、KID FRESINO、Keishi Tanaka、福原美穂などジャンルも様々なアーティストのライヴのサポートやレコーディングに積極的に参加するなど課外活動的な動きが多かった彼らだが、今作ではそれらがバンド自体にも良い方向にフィードバックされた快作に仕上がった。OTOTOYではそんな今作より、ラスト・ナンバーである「Quinty」をアルバムの発売より2週間独占先行配信開始。メンバー全員のインタヴューと共にお楽しみください。 5/24のアルバム発売に先駆け、M-09 「Quinty」を2週間先行配信!!!Yasei Collective / FINE PRODUCTS'【Track List】01. HELLO02. Interlude-103. Shinkado04. Inter
老害と若作りはどっちが恥ずかしい?──谷ぐち順(LessThanTV)×増子真二(DMBQ)×吉田肇(PANICSMILE)によるアラフィフ対談!!
[POWERPUSH]・2017年05月03日・老害と若作りはどっちが恥ずかしい?──谷ぐち順 × 増子真二 × 吉田肇によるアラフィフ対談!! 日本のアンダーグラウンド・シーン最重要レーベル〈Less Than TV〉主宰、そして現在はフォーク・シンガー・FUCKERとして活動する谷ぐち順、日本、果ては世界で轟音を鳴らし続けてきたDMBQのリーダーとしてはもちろん、BOREDOMSへの参加やエンジニアとしても活動をする増子真二、幾度に渡ってメンバーチェンジを繰り返しながらオルタナティヴ・ロックの地平を切り拓いてきたPANICSMILEのギター、ヴォーカル・吉田肇。そんな泣く子も黙る日本のオルタナティブ・シーンの重要人物3人も、思えば50歳目前。今回、谷ぐちが現在ベースを担当するLimited Express(has gone?)企画「LIVE JUNK」にDMBQとPANICSMILEが出演することを記念し、3人によるSkype対談が行われた。谷ぐちと増子は同郷、初期の〈Less Than TV〉を築いてきた2人であるが、増子と吉田は意外にも初めてのコンタクトということで、もちろんこの3人が集まることは初めての貴重な対談となった。アラフィフ3人の同世代
8bitから、より自由に──歌うDTMガール・谷本早也歌の最新作ハイレゾ配信&期間限定フリーDLスタート!!
[POWERPUSH]・2017年05月02日・8bitから、より自由に──歌うDTMガール・谷本早也歌の最新作ハイレゾ配信&期間限定フリーDLスタート!! 作詞・作曲・歌唱を全て自分で務め、チップチューンをベースに独自の世界観を持つ楽曲を収録した『まほうのおんがく』にてデビューを果たした谷本早也歌。愛知のバンド、H△Gとのスプリット・アルバムやアイドル・グループ、ハッピーくるくるへの楽曲提供、NHK Eテレ「シャキーン! 」へのコラボ・ソング参加など各方面で目覚ましい活躍を見せてきた彼女が1年半ぶりとなる新作『箱の中の少女』をこの度リリースした。前作に比べると8bitサウンドは影潜めたものの、彼女の素晴らしい感性が冴え渡る今作をハイレゾにて配信するとともに、彼女へのインタヴューを掲載。また、リリースを記念してタイトル・ナンバーの「箱の中の少女」の2週間限定フリー・ダウンロードも始まっているのでそちらも是非チェックを。 谷本早也歌 / 箱の中の少女'【Track List】01. 箱の中の少女02. クモリノチハレ03. あわいこい04. 水辺にて05. PALPITO06. 待ちぼうけ07. a piacere08. Mysterious Cave09
『うたわれるもの SUPER LIVE 2016』32bit floatで独占配信&Suaraインタヴュー
[POWERPUSH]・2017年04月26日・『うたわれるもの SUPER LIVE 2016』Suaraインタヴュー&32bitOTOTOY独占配信開始 2016年12月19日CLUB CITTA’ KAWASAKIにて行われた『うたわれるもの SUPER LIVE 2016』。Blu-rayでのリリースに続き、ハイレゾでの音源も到着した。OTOTOYでは32bit floatで独占配信とアルバム購入特典で歌詞データが同梱(M.4以外)。「うたわれるもの」シリーズのアニメ、ゲーム楽曲のみで構成され、クロウ役の小山剛志、エルルゥ役の柚木涼香もゲスト・ヴォーカルで出演した記念すべきライヴについて、「うたわれ」とともに歩んできたSuaraにインタヴュー。 アルバム購入者から抽選で1名にメッセージ入りミニ・サイン色紙プレゼント!Suara / うたわれるもの SUPER LIVE 2016'【Track List】01. 不安定な神様 / 02. 君だけの旅路 / 03. adamant faith / 04. まどろみの輪廻 / 05. 夢想歌2016 / 06. 恋夢 / 07. 永久に2016 / 08. 麗しき世界 / 09. 運命-SADAME-
LEF!!! CREW!!! は迎合しない──転機の2017年、パンクとしてのダンス・ミュージックを極めるWSZ80決意表明インタヴュー
[POWERPUSH]・2017年03月17日・LEF!!! CREW!!! は迎合しない──転機の2017年、パンクとしてのダンス・ミュージックを極めるWSZ80決意表明インタヴュー UKやUSのアンダーグラウンド・ミュージックに触発されたパンク・ロッカー、WSZ80(ワシズ・エイティ)によるダンス・ミュージック・ユニットLEF!!! CREW!!! 。彼らの高い熱量を持って繰り広げるDJパフォーマンスとフロアの狂乱ぶりは東京のアンダーグラウンド・カルチャーを語る上で欠かせない物語を生んできた。この度、2016年よりWSZ80のみのワンマン体制となったLEF!!!CREW!!! が転機のEPをリリース。OTOTOYではそのニューEPを、WSZ80へのインタヴューを付してお届けする。 LEF!!! CREW!!! のNEW EPをハイレゾ配信LEF!!! CREW!!! / BOOTLEF 001: STANCE'【収録曲】1. K.I.L.L (short) 2. I Love James Dance, Right? (How To Make A Punk Rock Song)【配信形態】24bit/48kHz WAV / ALAC / FLAC /
筆者について
水嶋 美和 (bobbiiiiie)

酒と音楽と漫画と映画とお笑いに囲まれながら、何かしらとにかく書き続ければと思います。

同じ筆者による他の記事