クラムボン20周年、でもまだまだまあだだよ――これまでとこれからを繋ぐ、菅野よう子とのコラボ新曲ハイレゾで!

2015年2月11日『クラムボン 祝! 結成20周年スペシャルフリーライブ at 代々木公園』 photo by yoshiharu ota

〈もういいかい? ん まあだだよ 諦めて 諦めきれなくて 朝だよ〉ーー柔らかくも決意を秘めた歌声からはじまる新曲「yet」。2014年から2015年にかけて、結成20周年アニバーサリー・イヤーとして、精力的にライヴやリリース活動を行ってきたクラムボンから、久々のオリジナル作品が届きました。今作は「サラウンド」に大胆なオーケストラ・アレンジを施し話題を呼んだ菅野よう子が再びクラムボンとコラボレーション。アニメ「カウボーイビバップ」や「マクロス」シリーズの名曲をはじめ、ゲーム、CM、ドラマ、そしてさまざまなアーティストへの楽曲提供、プロデュース・ワークで知られる菅野が「yet」に魔法のように鮮やかなストリングス・アレンジを施し、まさに「名曲」と呼べる作品の誕生です。カップリングにはその菅野がアレンジした「サラウンド」を新たにミトがフルRemixした「サラウンド-出戻Re-mix-」、そして「yet」のインスト音源を収録。24bit/96kHzのハイレゾ音源だからこそ感じる音の重なり、響きで、この作品をこれからずっと愛してください。そして、本日発表となりました9枚目のフル・アルバム『triology』(トリオロジー)の発売、3月25日をお楽しみに!!

さて、追加になりますが、『yet』の発売日である2月11日に行われた代々木公園野外ステージにて行われたフリー・ライヴ。その写真が届きました。5000人を超える観覧者が集まりリリースを祝福したこの日の模様も、あわせてじっくり味わってください。

クラムボン / yet

【配信形態】
WAV / ALAC / FLAC(24bit/96kHz)

【配信価格】(各税込)
単曲 432円 / アルバム 1296円

【Track List】
01. yet
02. サラウンド-出戻Re-mix-
03. yet-instrumental-

変わり続ける不変のクラムボン、その旅の道中

photo by yoshiharu ota

未来はのんびり待っててもやってこないもの。今をひたすらにただ重ねておくもの。そう教えてくれたのはアルバム『2010』に収録されている「NOW!!!」だった。焦りの時には心を落ち着かせてくれるし、だらけている時には心を逸らせてくれる。クラムボンにはそんな万能薬のような楽曲が多々あって、聴けば喜びは増し、悲しみは軽くなり、焦りは地を蹴り出す一歩となる。思春期からお世話になり続けて早10年以上、クラムボンの音と言葉を添えることで、なんとかこなせてきた日が幾度となくあった。そのかつての「今」の重なりが、今も少し先の未来を想像させてくれている。

そんな音楽の作り手である3人ももちろん「今」を重ねてきた訳で、音楽の専門学校で出会いセッションしたあの今、その集まりに「クラムボン」という名前を与えたあの今、今、今、今たちが積み上がったものの上に20年という文字が浮かんでいる。そしてさらにその上に置かれようとしているものが本作『yet』。クラムボンの歌詞にはいつも本人たちを直接連想させない匿名性があるが、本作は明らかにバンドのこれまでを思わせる内容になっている。歌詞だけでなく、楽曲も走馬燈のように思い出を含んで駆け巡るかのよう。彼らの本領発揮とも言える耳なじみの良い美しいメロディーが、様々な音を絡め取りながらドラマチックに展開していく。本作のストリング・アレンジはJ-POP、CM、アニメ、ゲームなど多分野で多くの音楽作品を世に出してきたプロデューサー、菅野よう子が担当。オーケストラのように壮大で感傷的な音色たちは、決して偶然ではなかったこの20年、3人それぞれあらゆる感情を経てのこの20年、クラムボンの20年の重みを伝えている。曲単体が持つ強さは、同作に収録されているインストゥルメンタルのヴァージョンを聴いて頂ければより伝わるだろう。

ここに来てまた新しいバンドの顔を見た。いや、それは作品が出る度に思っていることで、今までも各々のソロ活動を大事にしていたり、アルバムの枚数を重ねる度に実験的な曲が増えたり、最近ではトリビュート・アルバムをリリースするなど、彼らは解体と構築を繰り返し、自らを更新し続けてきた。それは姿勢でもあり、挑戦でもあり、シンプルに興味でもあっただろう。ただ今回のコラボレーションに於いては、絶対的ないい曲を生み出す為に菅野よう子を巻き込んだという、今までにないほどの強い意図を感じる。この曲を最初に聴いて込み上げてきたものは、喉につまって私の胸と頭を熱くした。あれはきっと、「ずっと信じてきたものが間違ってなかった」という安堵と喜びだったのだと思う。

曲の中で原田郁子はこう歌う。〈百年先で 待っていてね と 夢みたいに そう 思う〉彼らの作品群の中に、2000年にリリースされた『苦楽無凡』というタイトルのアナログ盤がある。ずっとダジャレだと思っていたが、彼らの活動をたった四文字で表せと言われたらこれ以外にはあり得ないだろう。苦楽を携えた平凡ではない旅の道中、彼らはこの曲の上に立って20年の過去と100年の未来を見渡している。来た道のでこぼこさと行く道の果てしなさを実感しながら、過去が今に繋がり今が未来に繋がることを確認し、先を進む覚悟をこの歌に記している。クラムボンは続く。「yet(まだまだ)」と繰り返しながら。(text by 水嶋美和)

クラムボン 祝! 結成20周年スペシャルフリーライブ at 代々木公園

photo by yoshiharu ota

日時 : 2015年2月11日(水・祝) 14:00〜
会場 : 代々木公園野外ステージ

【セットリスト】
01. Re-ある鼓動 / 02. シカゴ / 03. パンと蜜をめしあがれ / 04. 茜色の夕日 / 05. 波よせて / 06. アジテーター / 07. yet / en. サラウンド

クラムボン過去作

Why not Clammbon!?~クラムボン・トリビュート

結成20周年アニバーサリー・イヤー記念作品!!
ストレイテナー、蓮沼執太フィル、salyu × salyu、レキシ、ハナレグミ、NONA REEVES、Buffalo Daughter、downy、GREAT3、TOKYO No.1 SOUL SET、HUSKING BEE、青葉市子、マイス・パレード、そして最後に小室哲哉。結成20周年を記念した総勢14組による豪華すぎるトリビュート・アルバム。

>>全曲解説はこちら

クラムボン / NOW!!! (24bit/48kHz)

OTOTOYがハイレゾをはじめるきっかけとなった作品!!
2009年、OTOTOYの前身"レコミュニ"時代、高音質配信を検討していた我々とクラムボンより高音質で出したいという希望が合致し実現。24bit/48kHzのミックス・マスターをノン・マスタリングで配信。8ビートで刻まれるピアノが鼓動を高め、クラムボンとしては類を見ないほどアップ・テンポな曲に仕上がっている。

クラムボン他過去作

原田郁子 Works

原田郁子&ウィスット・ポンニミット / Baan

原田郁子(クラムボン)と、タムくんの愛称でお馴染み、タイの人気漫画家ウィスット・ポンニミットによるコラボレーション・アルバム。かねてより競演を重ねてきた2人による今回のアルバムは、タイのタム宅で録音され、ピアノ、アコースティック・ギター、ドラムによるシンプルな演奏に、やわらかく響く歌声で構成されている。ライヴで数回披露された曲と書き下ろしの新曲ばかり。

>>特集ページはこちら

独占音源!!!
原田郁子 / 「cocoon」サウンドトラック

マンガ家・今日マチ子の「cocoon」を原作に藤田貴大が主催する演劇団体「マームとジプシー」によって舞台化。舞台の音楽を手掛けたのはクラムボン、原田郁子。舞台のために書き下ろされた新曲「とぅ まぁ でぃ」をはじめ、ソロ曲「青い闇〜」や「風色夏恋」の新録、フィッシュマンズやbloodthirsty butchers、ニール・ヤングなどのカヴァー曲を含む、全32曲。

>>購入・特集ページはこちらへ

独占音源!!!
原田郁子+高木正勝 / TO NA RI (2.8MHz dsd + mp3)

レコーディング・スタジオでの一発録りをライヴとして公開し、そこでDSD収録した音源を配信するイベント“Premium Studio Live”。その第2弾として、クラムボンの原田郁子と、映像作家としても活躍する高木正勝の2人を招いて行われた際の記録。天井高のあるスタジオに2台のグランド・ピアノ… STEINWAYのフル・コンサート・サイズとセミコンサート・サイズを設置。良質な響きの中で、原田と高木がそれぞれ自由にピアノを弾きながら、お互いの作品を変奏し合うようなセッションが繰り広げられる。原田の力強いボーカル、高木の繊細なボーカルそれぞれの魅力を存分に味わうことができるほか、飛び入りで参加したOLAibiを交えてのリズミックなパートも聴きもの。

>>特集ページはこちら

ミト Works

配信限定
田上トパーズ! オリジナル・サウンドトラック

NHK-BSプレミアムで全国放映された滋賀発の地域ドラマ「田上トパーズ!」(たなかみトパーズ)。大人気アニメ「けいおん!」のモデル地である滋賀県・豊郷を舞台としたガールズ・バンドの物語であり、”リアル「けいおん!」”とも呼ばれるこの物語の音楽を担当するのがクラムボンのベーシスト、ミト。アニメ好きのミトが作り上げた珠玉のサウンドトラックがが配信限定リリース。

>>特集ページはこちら

mito / DAWNS

ソロ3部作を発表した前作からは、5年ぶりの新作。初となるmito名義の『DAWNS』は共同レコーディングに美濃隆章(toe)、マスタリングに砂原良徳、演奏他参加では柏倉隆史(toe)、徳澤青弦カルテット、コトリンゴ、Ametsub、agraph、haruka nakamura、Uyama Hiroto、益子樹(ROVO)、斉藤哲也(UooB)が参加。さらに、作詞では盟友である磯部正文(ex HUSKING BEE)、細美武士(the HIATUS)、 中川翔子や平野綾などの作詞・楽曲提供で活躍中のmeg rock(メグロック)、 そして、対訳にパーソナリティのクリス智子が参加。

>>特集ページはこちら

伊藤大助 Works

太陽と月、ひとつになるとき -EP(24bit/48kHz)

2012年の1月に高野寛とクラムボン伊藤大助で新結成された2人組バンドの音源が到着。バンド名も決まらぬうちに始まったツアーのライヴ会場で限定販売していた音源3曲に、新曲「太陽と月、ひとつになるとき」の新録が加わった4曲入りEP。

PROFILE

クラムボン

福岡出身の原田郁子(Vo, Key)、東京出身のミト(Ba)、北海道出身の伊藤大助(Dr)が専門学校で出会い、1995年に結成。シングル『はなれ ばなれ』で、1999年にメジャー・デビュー。当初よりライヴやレコーディングなどにおいて様々なアーティストとのコラボレーションを重ね、楽曲提供、プロデュース、執筆活動など多岐に渡る活動を続けながら、バンドとして独自のスタンスを築き上げている。2011年4月には2枚のベスト・アルバムをリリース。来年で結成20周年を迎えるにあたり、2014年よりさまざまなアニバーサリー企画を予定している。第1弾に初のPV集、第2弾にメンバー監修のバンドスコアを発売。12月3日にトリビュートアルバム『Why not Clammbon!?~クラムボン・トリビュート』を発売し、2015年初頭には5年ぶりとなるオリジナル・アルバムをリリースする。

>>クラムボン Official HP

o

 
 

"Close Up"の最新アーカイヴ

カネコアヤノの音楽は生活を“ちょっとだけ”楽しくする──18歳の女子インターンとその魅力を語り合う
[CLOSEUP]・2017年04月26日・カネコアヤノの音楽は生活を“ちょっとだけ”楽しくする──18歳の女子インターンとその魅力を語り合う 飾らない言葉と心地よい歌声、ポップネス満載のメロディーを奏でるシンガー・ソングライター「カネコアヤノ」。昨年11月に発売した『さよーならあなた』では、ギタリストとして林宏敏(ex.踊ってばかりの国)がバンド・メンバーに加わった。それによってカネコアヤノの音楽性はさらに飛躍を遂げた。そんな彼女が2nd EP『ひかれあい』を4月26日にリリース。OTOTOYではハイレゾ配信もスタートしました。〈かわる! かわる! かわってく覚悟はあるはずだ〉と歌うリード曲「とがる」には、新たなフェイズへと躍進する彼女の強い意志と勢いを感じざるを得ない。 今回のリリースにあたり、過去2回カネコアヤノのライヴ・レポートを行ってきた女性インターンのYさん(18歳)に、今作を聴いてみてどのようなことを感じ取ったか、18歳の女性インターンにとっての「カネコアヤノの魅力」とは何なのかを訊いてみた。どうせならカネコアヤノ本人も呼んで、その話を聞いてもらうことに。 カネコアヤノの2nd EPをハイレゾ配信中! カネコアヤノ / ひかれあい'【配
by 西澤 裕郎
さよならだけが人生さと唄う18歳ーーシンガー・ソングライター、山﨑彩音の心の底に迫る
[CLOSEUP]・2017年04月26日・さよならだけが人生さと唄う18歳ーーシンガー・ソングライター、山﨑彩音の心の底に迫る 18歳のシンガー・ソングライター、山﨑彩音が4曲入り音源『キキ』をリリース。15歳から東京・神奈川のライヴハウスで活動をはじめ、16歳のときに声と言葉、全曲詩先による作風、唄とギターのみの一発録音、6曲中2曲がカセットテープ・レコーディングされた1st E.P『Yer』をライヴ会場と通信販売のみで発表。2016年には仲井戸“CHABO”麗市、GLIM SPANKYのオープニング・アクトを務め、〈FUJI ROCK FESTIVAL 2016〉にシンガー・ソングライター史上最年少で出演するなど話題を集めてきた。〈さよならだけが人生さ〉と唄い出す今作は、言葉と空間を響かせる、余計なものが一切入っていない。削っていく、捨てていくというよりは、鳴っているべき、必要な音しか入れない、声と音の間の空気や静寂を鳴らしている。西野カナ、aiko、ハナレグミ等のエンジニア / マニュピュレーター / キーボーディストとして活躍する山本哲也と共に作り上げられた本作をOTOTOYではハイレゾ配信し、山崎彩音への初インタヴューを掲載する。 同世
by 岡本 貴之
名門Ghostly Internationalから、Bathsが放つGeoticのカラフルなテクノ・アルバム
[CLOSEUP]・2017年03月30日・Bathsのアンビエント・プロジェクト、Geotic、待望の新作をハイレゾ&特別ライナー&インタヴューPDF付きで配信 先日のWWWやCIRCUS TOKYOでの来日公演での熱演も記憶に新しいLAを拠点に活動しているビートメイカー、Bathsことウィル・ウィーゼンフェルド。そのサイド・プロジェクトとしてこれまでにコンスタントに自主制作で作品をリリースしてきた名義、Geoticとしてアルバム『Abysma』をリリースする。リリースはエレクトロニック・ミュージックの名門、昨年グラミーにノミネートされたティコなどを擁する〈Ghostly International〉。これまでGeotic名義では10作以上のアンビエント作品を自身のBandcampで発表してきたが、名門レーベルからの本名義で初のオフィシャル・リリースとなる(日本では〈Tugboat〉からのリリース)。これまで彼がアンビエント的なアプローチで展開してきた穏やかなメロディのシンセに、緩やかなグルーヴがミックスされたカラフルなテクノ・アルバムとなっている。日本先行となる本作をOTOTOYでは独占ハイレゾ&特別版のライナーノーツ&インタヴューPDF(LAビ
by 寺島 和貴
DÉ DÉ MOUSE、祝活動10周年──6thアルバムのハイレゾ版、1ヶ月独占配信
[CLOSEUP]・2017年04月12日・DÉ DÉ MOUSE、祝10周年──6thアルバムのハイレゾ版、1ヶ月独占配信 〈RAW LIFE〉からインディ・ロック・シーンまでに届いたアンセム「baby's star jam」も収録のマスターピース、1st『tide of stars』から10年、DÉ DÉ MOUSEの通算6枚目のアルバムがここに完成した。きらびやかなカットアップ・シンセ・サウンドによるポップなエレクトロ・トラックは、まさに彼の真骨頂にして、そのスタイルの最新型とも言えるサウンドに仕上がり、ここ数年の活発なリリースの勢いをそのまま封入したようなエネルギッシュな作品とも言える。OTOTOYでは本作のハイレゾ版を1ヶ月独占で配信開始する。またリリースを記念して、こちらのアルバムから「pump it up (feat. Anamanaguchi from NY)」を2週間限定フリーダウンロードを開始(4月26日19時まで)! デビュー10周年を迎え、名義も新たに「DÉ DÉ MOUSE」と改めた、彼に話を訊いた。 6thアルバムのハイレゾ版1ヶ月独占配信DÉ DÉ MOUSE / dream you up(24bit/48kHz)'【T
by JJ
CUBERS、1st EP『シアン』をハイレゾ配信開始
[CLOSEUP]・2017年04月20日・【REVIEW】“聴けるボーイズユニット”CUBERS、音楽的実験を見せた1st EPをハイレゾ配信 “聴けるボーイズユニット”CUBERSが1st EP『シアン』を完成させた。ブラックミュージックを軸に制作された1stアルバム『PLAY LIST』から一歩足を踏み出し、本作ではアイドル・ポップ然とした楽曲から、ギターリフが印象的なロック調、キャッチーなメロディとアレンジで構成された楽曲まで、バラエティに富んだ6曲を収録。そんな本作をOTOTOYではハイレゾ配信し、レビューとともにお届けする。 聴けるボーイズユニット、1st EPをハイレゾ配信スタートCUBERS / シアン'【配信形態】WAV / ALAC / FLAC / AAC【価格】単曲 200円(税込) アルバム 1,080円(税込)【収録曲】''1. Circus2. NANDE3. サイケ4. Today5. Tic Tac6. 神様は忙しい REVIEW : 「聴けるボーイズユニット」だと思わず膝を叩かざるをえない 先日「はじめての男性グループ特集ーーまずはこれだけ押さえておくべし」という記事を公開した。 これは、男性グループに詳しい
by 西澤 裕郎
【ライブ・レポート】京都の若きノスタルジー・バンド、バレーボウイズ
[REVIEW]・2017年04月19日・【ライヴ・レポート】京都の若きノスタルジー・バンド、バレーボウイズ いま京都では、ギリシャラブや本日休演、台風クラブなど、ノスタルジックなサウンドで懐かしさを醸し出しているバンドが1つのムーヴメントになりつつある。京都のインディー・シーンは今、彼らの話題で持ち切りなのだ。かつてくるりやキセルなど、京都の音楽シーンに注目が集まっていた時代があった。そんな時代の再来を期待させるような火種が、京都には転がっている。そしてその火種の1つに名乗り上げようとしているのが、超若手の7人組ノスタルジック・ロックバンド、バレーボウイズである。avex、DUM DUM LLP.、HOT STUFF、lute、ULTRA-VYBEが合同で開催し、特別審査員として中尾憲太郎(ex.ナンバーガール、Crypt City)、松田“CHABE”岳二(LEARNERS、CUBISMO GRAFICO)、MC.sirafu(片想い、ザ・なつやすみバンド)が参加した無差別級ライヴ・オーディション「TOKYO BIG UP! 」ではグランプリを獲得するなど、着々とその名を広めるバレーボウイズのライヴ・レポートをお届け。 テキスト : 水上健汰
【ハイレゾ配信】8年ぶりの新作『async』について訊く──坂本龍一メール・インタヴュー
[CLOSEUP]・2017年04月17日・坂本龍一『async』について語る──メール・インタヴュー 8年ぶりの新作アルバムとしてリリースされるや、OTOTOYでも一気にチャートを駆け上がった坂本龍一の『async』。往年のファンはもちろんのこと、現在のアンダーグラウンドな電子音響のファンまで、広く聴かれるべき刺激的な作品となっている。OTOTOYでは本作をハイレゾで配信するとともに、アルバムまとめ購入には坂本龍一自らが書き下ろしたライナー、そしてクレジットなどが掲載された、CDと同様の内容のPDFライナーが付属している。そして、ここに坂本龍一からのメール・インタヴューが到着した。 24bit/96kHzハイレゾ+ブックレトPDF付きで配信坂本龍一 / async(24bit/96kHz)'【Track List】01. andata 02. disintegration03. solari04. ZURE05. walker 06. stakra 07. ubi08. fullmoon09. async10. tri 11. LIFE, LIFE12. honj13. ff14. garden【配信形態 / 価格】''24bit/96kHz WA
by 八木 皓平
白昼夢のミニマル・グルーヴ──D.A.N、ミニ・アルバム『TEMPEST』リリース
[CLOSEUP]・2017年04月19日・白昼夢のトロピカル・ミニマル・グルーヴ──D.A.N.の新作『TEMPEST』を巡って 1stアルバム・リリースからわずか1年、あれよあれよという間に、フジロック・フェスなど各種フェスに出演、さらにはリキッドルーム・ワンマンのチケットは即完……そんなバンドへと成長したD.A.N.。まさに飛ぶ鳥を落とす勢いの彼らから、まとまった作品としては1年ぶりとなるミニ・アルバム『TEMPEST』が届いた。すでに昨年末のデジタル・リリース & MVの公開でヒット、さらにはライヴでは定番となっている「SSWB」に加えて、こちらもすでにライヴで披露されている「Shadows」、「Tempest」といった新録曲が収録。今回ミックスを手がけているAOKI takamasaとFumitake Tamura(BUN) のユニット、Neutralの再構築による「Tempest」エデット・ヴァージョンも。またハイレゾ版デジタル・パッケージには、すでに完売となっている12インチ・シングルに収録されていたAOKI takamasaの「SSWB」リミックスがボーナス・トラックとして収録されている。さて本作から、半野喜弘、Jazztronik、
by 河村 祐介
筆者について
水嶋 美和 (bobbiiiiie)

酒と音楽と漫画と映画とお笑いに囲まれながら、何かしらとにかく書き続ければと思います。

同じ筆者による他の記事